映画「ズートピア」の感想、レビュー


評価点

平均点:89点

タイトル

ズートピア

 

内容

動物たちの“楽園”ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディ。でも、ひとつだけ問題が…。警察官になるのは通常、クマやカバのように大きくてタフな動物たちで、小さく可愛らしすぎる彼女は半人前扱いなのだ。だが、ついにジュディも捜査に参加するチャンスが! ただし、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう…。頼みの綱は、事件の手がかりを握るサギ師のキツネ、ニックだけ。最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら、ある行方不明事件の捜査を開始。だが、その事件の背後にはズートピアを狙う陰謀が隠されていた…。

「ズートピア」の感想・レビュー

80~100点

100点 あたたかい気持ちになれた。偏見でものを見ないこと、夢を諦めないということ。(30代女性)

100点 ものすごく面白かった映画です。6回位見ました。そもそも動物が主役でやっている映画が大好きで、出てくる動物達がホントに可愛かったです。映像もとても綺麗で、それぞれの動物の特徴を上手く出せていると思いました。なんだか前向きにさせてくれるような、笑いもありの最高な映画でした!(20代女性)

98点 動物のもふもふ感が好きです。肉食動物と草食動物が共に暮らす世界という設定が面白いと思います。ウサギ警察官ジュディと、キツネ詐欺師ニックの2人の友情(愛情?)の部分も好きです。(20代女性)

90点 動物たちの特徴がうまく描かれている映画です。秘密を知ってしまったジョディホップス巡査が追いかけられる最後の方の列車のシーンが好きです。さすがはディズニー映画、大人が見ても面白い内容です。(30代女性)

90点 CMや予告でなんとなくストーリーを想像していて、評判も良く、期待が高い状態で観たのですが期待以上でした。ニックやジュディをはじめとするキャラクター達も魅力的ですが、何よりストーリーがとても面白かったです。きれいに伏線を回収していく展開が爽快でした。(20代女性)

85点 可愛いうさぎちゃんが努力して報われる話かと思ったら大間違いでした。美しくて楽しい世界観、差別や偏見に立ち向かい真実を見極めるストーリー、よく作り込まれた良作です。(20代女性)

80点 大きさや生態の違う動物が暮らす世界を丁寧に描いている。差別についての深いテーマも素晴らしい。(30代男性)

80点 動物たちの描写が細かくて良かった。雑誌で知ったのですが、動物たちに靴をはかせていないのはジュディから見える視点でも誰だか解るかっていうのを拝見して見たので一層面白めました。(20代女性)

80点 様々な動物が暮らす街の様子がわくわくする。生態系や大きさの違う動物の共存を見事に描いたから(20代男性)

60~79点

無し

40~59点

無し

20~39点

無し

0~19点

無し

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です