受験生も社会人も必読!勉強法に関するおすすめの本まとめ

Pocket

Contents

 

スポンサードリンク




勉強法に関するおすすめの本まとめ

受験生も、定期テストを控える学生も、資格取得に励む社会人も勉強を効率よく進めるにはまずは勉強法を抑えるべきです。勉強法に関する内容をまとめた、いわゆる勉強本のおすすめをまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

 

1.大合格 参考書じゃなくてオレに聞け!

「大合格 参考書じゃなくてオレに聞け!」がおすすめの理由

秀才で有名なオリエンタルラジオの中田さんが執筆した本なのですが、飽きずに勉強を続ける為にはどうするべきかや、日常生活を送りながらいかに勉強を取り入れるかが書かれていました。勉強といえば今までは何時間机に向かえるかの勝負だと思っていましたが、考えを覆される内容で、詰め込みの勉強は意味がないということがわかりました。(30代女性)

芸人のオリエンタルラジオの田中さんが書いたと言うことで初めは興味本位で買ったのですが、これがマルチに勉強する方法が変わるんです。こんな方法あるのか?とか初めは疑問だらけでしたが、実際やってみると身についているのがビックリで、おかげで仕事も覚えるのが早くなりました。ただの試験勉強ではなくマルチに役立つ、アレンジの効く勉強方が載っているので本当に買って良かったです。(20代女性)

オリエンタルラジオの中田敦彦さんの新作です。自らの慶応大学合格の体験を通して受験に対してどうアプローチすれば成功するのかを熱弁しています。受験だけでなく試験や資格、仕事のミッションへの取り組み方などにも応用できるので、勉強する意欲が湧く本ですね。(20代男性)

 

 

2.「1日30分」を続けなさい!

「「1日30分」を続けなさい!」がおすすめの理由

作者は古市幸雄。もう10年ほど前に発売された本ですが、日々忙しい中でどうしたら勉強時間を捻出できるのかとか、勉強に集中するための食事やツールの紹介、効率的に勉強するための効果的な休憩のとり方、勉強計画や目標設定方法が分かりやすく書かれているので、何かについてこれから真剣に勉強したいと思っている人にはとてもオススメの一冊です。(30代男性)

この本はいわゆる参考書と言った形の問題集の類や問題の解き方がわかりやすく記載されている本ではなく、あくまで勉強に対する取り組み方が書かれた本になっております。一週間のうちある日だけに集中して勉強に取り組むのではなく、毎日のコツコツとした積み重ねの大切さを教えてくれます。勉強を取り組もうとする方におすすめの一冊です。(40代男性)

社会人になって勉強しようとするとナカナカまとまった時間をとるのが難しいし、時間があっても身が入らなくて困ってる方におススメです。この本は「30分集中して15分休む」を1セットで何回か繰り返す勉強法や、ノートのとり方、勉強に入る前のワンポイントなどが記述されています。(30代女性)

 

 

3.「超」勉強法

「「超」勉強法」がおすすめの理由

社会人になってから、この本に出会いました。この本のおかげで初めて勉強方法というものがわかり、正しくアプローチする方法を知ってさえいれば、試験なんて怖くないことがわかった本です。(40代男性)

特定の科目や年代に向けた勉強法ではなく、中高生から社会人までどんな科目を勉強するときも役に立つ普遍的な勉強法を教えてくれる。(30代男性)

教科毎にどのような勉強をすればいいのか解説されており、とおりいっぺんに勉強すればいい訳ではないのだなと思いました。作者の方がしっかりと個々の勉強や、試験等に向き合い、リサーチしてきたのだなと思いました。私の学生時代の学習の効率化に一役かった本です。(20代女性)

子供の勉強からビジネスマンなどの大人までに共通して使用できる勉強法について記載されています。何か変わった道具をつかったり、目新しい方法ばかりではなく、勉強ができる人であれば自然と身についていることも少なくないと思います。しかし、効率的に楽しく学習を継続するには欠かせない知識ばかりなので、一読の価値はあります。(20代女性)

 

 

4.ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法

「ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法」がおすすめの理由

参考書を読む→問題を解く→答えを見る、ではなく、答えを見る→問題を見る→参考書を読む、の順で覚えること。忘れることを前提に何度も何回も覚える。それぞれに使う時間の使い方や、優先順位など詳しく書いていて、わかりやすい。(30代女性)

試験に必要となる暗記について、「教科書のページ全てを暗記するのではなく必要な項目に絞る」「暗記を習慣づけ、あまり短期に詰め込みすぎない」などの心構えが紹介されます。一見当たり前なのですが、「教科書より先に問題の解答・解説を読め」など実践的知識も紹介されている点は、お得な気分です。(30代男性)

 

 

5.ムダにならない勉強法

「ムダにならない勉強法」がおすすめの理由

堅苦しい文体ではなく、比較的読みやすい文体なので、やり方が頭に入ってきやすいからです。なので、実践もしやすいです。(20代女性)

情報量がとても多いので、一回読んだだけでは全部身につかないかもしれないが、学びを頑張るな、3つでいいとのこと。最も重要なのはアウトプット。インプットとアウトプットは3:7ということ。簡単なことから行動に移すと良いと思った。(30代女性)

 

 

6.京大芸人

「京大芸人」がおすすめの理由

芸人であり作者が綴った、相方がいかにして京大に合格したかが分かる小説です。笑わせる要素をもたせながら分かりやすく書いていますので、読むのが苦にはなりません。教科ごとの勉強法と、時期によっての勉強の仕方も説明しているので、書いてある通りに真面目に勉強すれば、志望校以上の学校に受かるのでは?と思わせてくれます。(20代女性)

ロザンの菅広文さんが書いた著書です。歴史や数学など各教科の勉強方法が細かく書かれていて、面白いストーリーも交えながら楽しく勉強することが出来る良書だと思います。(30代男性)

 

 

7.受験脳の作り方

「受験脳の作り方」がおすすめの理由

脳研究者が、脳の仕組みを活かした勉強法を書いたものなので、説得力があります。脳科学というと難しい印象ですが、読みやすくわかりやすい内容になっています。頑張っているのに成果が出ないときなど、問題点や解決策を見つけるのに役立つ一冊です。(40代女性)

現役の脳科学者が現在の脳科学の理論をもとに効率的な学習法を説明。といっても奇抜なものではなく、よく行われている学習法に理論的な根拠を与えるもの。読みやすいのに内容は本質的なことが書いてあるため、受験生にはいいと思う。(30代女性)

空腹時に勉強すれば頭に入りやすいなど、ちょっとした工夫が点数に大きく影響します。時間が無いと焦らずに、一度読んでみてください。(30代男性)

 

 

8.超高速勉強法

「超高速勉強法」がおすすめの理由

勉強が苦手と思っている人に勇気がいる本で、ためになります。不器用でも不器用なりに自分にあった勉強法が探し出せる気がしてくるし、自分の動きを変えてみたいと思えます。効率と工夫を常に常考する姿勢を持ち続けたいと思えました。(30代女性)

勉強が苦手だと思っている人に勇気をくれる本。不器用でも不器用なりに自分に合った勉強法が探せる気がしてくるし、自分の動きを変えてみたいと思える。また、これからの努力は自分の力を信じること、実現可能性を否定しないことを念願におきたい。(30代女性)

 

9.勉強法をはじめからていねいに

「勉強法をはじめからていねいに」がおすすめの理由

勉強ですが漫画形式の本です。科目別に種類が分かれているので、苦手な科目を克服するために集中的に勉強できます。特に、必勝法や勉強のコツが分かりやすく書いてますので、漫画を読みながら大事なことが理解できる点で、勉強が苦手な方にもおすすめです。(30代女性)

 

 

10.東大合格生のノートは必ず美しい

「東大合格生のノートは必ず美しい」がおすすめの理由

勉強をするときはやはりノートやペンなどを必ず使用すると思います。試験前は要点をまとめたノートを復習したりして臨んだものです。では、勉強に必須のノートの書き方を日本一頭のいい大学、東大合格生のを参考にするのがその勉強の根本をしれると感じましたし、まねができると感じたからです。(20代女性)

ノートの画像がたくさん載っていて参考になるし、一人一人のノート詳しく解説しているためノートの書き方に説得力がある。また、教科ごとにオススメのノートの取り方が記載されており、実践しやすくなっている。(10代女性)

 

 

11.脳を活かす勉強法 奇跡の「強化学習」

「脳を活かす勉強法 奇跡の「強化学習」」がおすすめの理由

ちょうど良いボリュームで2〜3時間もあれば、さらっと読み終えることができます。また、学校の勉強から仕事など多方面に応用できるようなノウハウが簡単な言葉で分かりやすく書いてあります。小学生から大人までおすすめする、勉強や仕事を楽しむヒントが隠された本です。(20代女性)

私は、これまできっちりと勉強時間を確保して勉強すべき、苦手でも努力すべきと考えていたのですが、自分自身の固定概念を打ち砕かれました。というのも、この本では脳科学的な検証から、興味のあるものから、スモールステップで、集中力をもって勉強を進めるよう書かれています。記述通りに通勤時間のほんの細切れ時間を利用して、興味あるものから簡単な問題から資格試験勉強を進めた結果、情報処理の資格試験に合格することができました。その経験から、この本をオススメにしたいです。(30代女性)

 

 

12.東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法

「東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法」がおすすめの理由

この勉強法は、書籍を読み流すだけで、つまり、短時間で書籍の内容が記憶出来るからです。短時間で書籍の内容が記憶出来ることによって、さらに蓄積する情報量が増加すると思います。時間の有効利用になるとも思います。(20代男性)

7回読む勉強法というのが、目からウロコでした。とても簡単な方法ですが、高校生のときに政治・経済が苦手で声に出して何度も読んだら、次のテストで100点をとったことを思い出しました。理にかなった良い方法で、読み方がわかりやすく説明されています。(30代女性)

内容は簡潔で、「同じ内容を繰り返し勉強する」ことの大切さが説かれています。2~3回目は認知を、5~7回目は理解を、といったように、同じ学習を繰り返すことで知識が身に付く流れが分かります。人によって向き不向きの分かれる勉強方法かもしれませんが、部分的にであれ学べる項目があります。(30代男性)

この本にのっている勉強法は誰にでもすぐ使えることが書いてるので説得力があると思います。誰にでも実践できることが私のおすすめの理由です。(20代男性)

今まで様々な勉強法に関する本を読んできましたが、読んでとても納得し、私自身がこの本に書かれていることを今実践しています。「7回読み」というタイトルにもあるようにこの本では「始めから理解しようとしない」「何度も繰り返し読んで覚える」という勉強法が具体的な実践の仕方と共に書かれており、資格の勉強やプログラミングなど新しいことにチャレンジするのが怖くなくなりました。(30代男性)

いきなりテキストを熟読しようとして、壁にぶつかることが多いだけに、さらさらと繰り返し読むメソッドに新鮮さを感じた。何事を匙を投げずに、やってから話は始まる。あれこれ頭で考えずに素直に7回読むように実践しようと思えた。(30代女性)

まず大きな一つの理由として、ペンやノートが必要ないということがあげられる。さらには内容を理解しなくてもとりあえず読み進めればいいという大雑把な勉強の始め方をするので、特に心構えも必要なくとっかかれるというのが良い。しかしながら、数学や物理など計算がメインとなる科目では七回読みならぬ七回解きになるので注意が必要。何回も同じことを繰り返すというのは、飽きがくる一方で、しかしながら記憶には非常に有用である。七回といった数にこだわることなく、覚えられるまで、何回も素早く繰り返すという作業はどの科目においても応用が効く勉強法だと思われる。(20代男性)

 

 

13.「1分スピード記憶」勉強法

「「1分スピード記憶」勉強法」がおすすめの理由

高速大量回転法をベースにした勉強法を紹介している本です。CFPや行政書士、宅建にも合格されている筆者がいかに最短で、物事を覚えているのかが分かる内容になっております。速読や記憶術にも詳しいので内容は盛り沢山となっております。(30代男性)

 

 

14.16倍速勉強法

「16倍速勉強法」がおすすめの理由

ノウハウもさることながら、自分の心から望む高い目標を、多少無茶でも設定することで、本気が出せる、ということが最重要。計画倒れする人には特におすすめです。いきなり全てはやれないので、少しずつこの本をいかせればと思いました。(30代女性)

 

 

15.1分間験勉強法

「1分間勉強法」がおすすめの理由

勉強が最も集中できる時間帯は、最初の1分間にかかっています。最高潮のモチベーションを見据えて、勉強に励むことをこの本は教えてくれます。(30代男性)

 

 

16.ずるい勉強法

「ずるい勉強法」がおすすめの理由

ずるくない、とても真っ当な勉強法が書いてあります。が、ネーミングに惹かれて読んでみました。言われてみればなるほどと思えると思える勉強なよ仕方。書かれている勉強法を身につければ役に立つことが非常に多いと思えた。(30代女性)

 

 

17.できる人の勉強法

「できる人の勉強法」がおすすめの理由

安河内哲也氏が予備校のカリスマ講師で、長年の生徒指導の経験があることです。生徒がどうすれば勉強が出来るようになるのか、熟知している先生の本なので、説得力が違います。(50代女性)

 

 

18.テストの花道

「テストの花道」がおすすめの理由

このはまず、薄くてカラーなので読みやすい。そして内容が濃い。難関大学受験の勉強法だけでなく、この時期はこれをやれ!というようなことも書いてあり、モチベーションもあがる。(20代女性)

 

 

19.ひとつひとつ わかりやすく

「ひとつひとつ わかりやすく」がおすすめの理由

私には子供がいます。親からの遺伝でしょうか、勉強が苦手です。教えてあげたくても、学年が大きくなると勉強も難しくなります。そこで見つけたのが、学研の【ひとつひとつわかりやすく】シリーズです。学年と教科に分かれており、見開き1ページに一つの項目が本当にわかりやすく説明されてます。子供だけでなく、大人も何かの試験の前の復習として利用できると思います。(40代女性)

 

 

20.マインドマップ資格試験勉強法

「マインドマップ資格試験勉強法」がおすすめの理由

覚えたいことや、習慣などを関連づけにして、枝分かれさせていく地図のようなものを書きながら覚えていく、頭を整理していく勉強法です。資格試験だけでなく、日頃気をつけていきたいことや暗記科目などにも役立ちます。関連づけて芋づる式に思い出したりできるので、覚えていくという感覚はなく、頭の中身を整理しながら効率よく学べると思います。(20代女性)

 

 

21.レバレッジ勉強法

「レバレッジ勉強法」がおすすめの理由

レバレッジ勉強法という勉強本をお勧めします。この本は勉強をする前段階で、いかに全体を俯瞰して、計画を立てて、必要最低限の力で合格する勉強方法が紹介されています。例えば100点満点で60点で合格の資格があった場合、100点を目指すのではなく、出題傾向を掴みどこを重点的に勉強して60〜65点を取るかという考え方が書かれています。(40代男性)

 

 

22.医学で合格る勉強法

「医学で合格る勉強法」がおすすめの理由

脳の仕組みと心の働きを知れば、最小の努力で効率的に合格できるというのが帯に書いてある通り、現役の心療内科医の先生による本です。大人になってから資格勉強する際に学生時代の受験勉強の方法でなかなか良い結果が出ずに悩んでいた時に出会いました。目からウロコの内容がたくさん書いてあるので今の勉強法に疑問がある人にぜひ見て頂きたい一冊です。(30代女性)

 

 

23.一生モノの勉強法

「一生モノの勉強法」がおすすめの理由

一生モノの勉強法を楽しみながら続けよう!という本です。仕事の核となる知識の身につけ方、教養を磨く勉強法、周囲の人にうまく伝えるためのコミュニケーション技術など、著者自身が実践してきた勉強のテクニック満載でとてもためになります。(30代女性)

 

 

24.一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらく

「一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらく」がおすすめの理由

記憶法は、誰もが習得するべき技術だと思います。勉強の基本は覚えることであり、記憶法を習得すれば、短時間で大量の情報を記憶できるようになります。勉強時間が半減できたり、日常のちょっとした物忘れもなくなると思います。記憶力の向上に伴い知識が増え、発想力・問題解決力が高まるといった、さまざまなメリットを享受できる前向き思考のノウハウの詰まった本です。(40代男性)

 

 

25.学校では絶対教えてもらえない 受験勉強法 こうして僕は、京大にトップ合格した

「学校では絶対教えてもらえない 受験勉強法 こうして僕は、京大にトップ合格した」がおすすめの理由

京大トップ合格の「頭脳王」として最近はテレビ出演もしている著者が、自分が実践した勉強法をまとめた物である。受験に関係のない授業中は主要科目の内職をしたり、ヘタな授業しかできない先生を認めなかったり、保護者側からすると決して誉められない内容も多いが、現実的には実際の受験生が日々当たり前にやっている事ばかりである。勉強の理由ややる気を出す方法だけでなく、各科目の攻略法を具体的に細かく説明している。現役の大学生(現在は大学院)の実践した方法と言う点に何より説得力を感じる。又、巻末に各教科のお薦め参考書も掲載されている。(50代女性)

 

 

26.学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」がおすすめの理由

ストーリーが面白く、映画になり話題になっただけではなく、塾の講師をしている坪田先生が実際に取り組ませた勉強方法を詳しく載せてくれているから。勉強嫌いな人にも嫌いじゃないけど苦手という人にも優しいところから取り組めそうな方法がばかりで役に立ちそう。(20代女性)

 

 

27.京大首席合格者が教える 「やる気」と「集中力」が出る勉強法

「京大首席合格者が教える 「やる気」と「集中力」が出る勉強法」がおすすめの理由

高校時代最高偏差値95を取得、京都大学トップ合格、京都大学主席、クイズ番組「頭脳王」のファイナリストである「粂原圭太郎」さんの勉強法が詳しく記載されている本です。主に学生を対象とした勉強法が書かれている本なのですが、一般的な色々な試験にも役立つ勉強法が書かれている本でもあります。これまで常識であった勉強法を覆すような京大主席である著者の勉強法が満載で、効率的かつ効果的な勉強法を教えてくれる本です。これから勉強を始めたい人や現在勉強法に悩んでいる方に大変オススメすることが出来る本です。(20代男性)

 

 

28.現役東大生がこっそりやっている頭がよくなる勉強法

「現役東大生がこっそりやっている頭がよくなる勉強法」がおすすめの理由

この本は勉強法と言っても公式やノートの取り方などの方法が細かく書いてある訳ではなく、勉強をするにあたってのコツや考え方、行動パターンなどが書いてあります。「ノートを取るときは覚えてから書く」や「すぐに調べる。すぐに聞く!そうすれば忘れない。」など意識改革も含めて書いてあるので、学生だけでなく社会人の方にもオススメです。
まずは行動を変える事から劇的に良くなりますよ。(40代女性)

 

 

29.勉強法が変わる本

「勉強法が変わる本」がおすすめの理由

勉強しなさいって耳にタコができるくらい言われたけど、勉強法って習ったっけ?そんなふと思った疑問を認知心理学の分野からアプローチしてみようではないかと思い、この本を手に取りました。記憶すること、学習することを見直せる本です。(30代女性)
 

30.最初のペンギン ストーリーでわかる!らくらく外国語習得術

「最初のペンギン ストーリーでわかる!らくらく外国語習得術」がおすすめの理由

語学を勉強することが、すごく楽しいことだとわかる本です。社会人になってから自主的に語学を習得しようとしても、途中で挫折してしまうことが多いと思います。この本は特定の語学を勉強するための問題集ではないですが、何かを学習するのに本来必要なマインドを思い起こさせてくれると同時に、効率的に学習するヒントが詰まっているので、これを読んでから実際の学習をはじめると取り組み方が変わります。(20代女性)

 

 

31.最新科学が証明する最強の勉強術

「最新科学が証明する最強の勉強術」がおすすめの理由

タイトルにある通り科学的に裏付けのある勉強法の本です。ムック型で表やイラストも豊富で何故この方法が良いのかということが説明されています。(40代女性)

 

 

32.最短で結果が出る超勉強法

「最短で結果が出る超勉強法」がおすすめの理由

著者の経験をもとに書かれた本書は、とても分かりやすく書かれている。著者が弁護士だということで暗記に関するコツが詳細に書かれており、すぐにでも実践できてしまうノウハウが多い。孫引きのような他からの引用などもなく、目から鱗が落ちる内容となっている。(20代男性)

 

 

33.三色ボールペンで読む日本語

「三色ボールペンで読む日本語」がおすすめの理由

赤一色で何もかもを単一的に事柄を捉えるのでははなく、青で「まあ大事」、赤で「すごく大事」、緑で「おもしろい」と事柄に対して三色で色々と重要度によって事柄を区分しているところがとてもおすすめ出来る点だと思います。(30代男性)

 

 

34.子どもに教えてあげたいノートの取り方

「子どもに教えてあげたいノートの取り方」がおすすめの理由

私の子供がタブレットばかり使っていて、字を書けないという時期がありました。ノートもぐじゃぐじゃで、何が書いてあるのかわかりません。この本を読ませたところ、かなり改善されました。(30代男性)

35.思考の整理学

 

「思考の整理学」がおすすめの理由

広い視野そ持って自分で考える事の楽しさや大切さが著者みずからの体験に則して具体的に書かれてあって、どんな勉強にも適用できる内容の本だから。また、エッセイのような書き方がされてあって読みやすいのもおすすめポイント。(30代女性)

 

 

36.試験勉強の技術

「試験勉強の技術」がおすすめの理由

人生を通して、私たちは、たくさんの試験を受けてきました。学校では教えてくれませんが、試験勉強には技術が必要です。頭の良し悪しではありません。試験勉強の技術とは、何であるのか。何で勉強するのか。その方法とヒントは当たり前な内容にも感じますが、勉強中、自信を失くしたときにこの本を開くと、自信が回復して試験に向けての気持ちがブレませんでした。どんな試験勉強にも通じる一冊だと思います。(40代女性)

 

 

37.資格マエストロがこっそり実践する驚異の『合格』勉強術

「資格マエストロがこっそり実践する驚異の『合格』勉強術」がおすすめの理由

私は独学で資格取得を目指しているので独学で勉強された方の本を探していました。作者の方は独学で東京大学理工学部に合格、行政書士、中小企業診断士からアロマテラピー検定1級、ニュース時事能力検定1級、パンシェルジュ検定1級など、ほぼ毎週のペースで資格試験に臨んでいます。なので資格別の勉強方法やモチベーションの上げ方、試験・当日の過ごし方、参考書の選び方・読み方・使い方まで載っていて私が知りたかった内容が充分に入っています。勉強法、記憶術の本なら沢山出ていますが、1冊の本に凝縮されていて、この1冊あれば勉強法がマスター出来ると思います。(30代女性)

 

 

38.資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法

「資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法」がおすすめの理由

開成高校、東京大学、東京大学在学中司法試験合格した資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」代表の鬼頭政人社長の勉強法を伝授してくれる本、通称「受か落ち本」はどの試験にも使える勉強法が書かれている本で、「生活習慣から勉強テクニック」まで詳しく書かれているオススメの本です。(20代男性)

 

 

39.自分を操る超集中力

「自分を操る超集中力」がおすすめの理由

勉強に限らず、仕事や試合が近い時など集中力が必要になると思います。その集中力を飛躍的に上がるメソッドが書かれた本です。食事、睡眠、運動、時間など多岐に渡った方法とやり方が非常にわかりやすく記されており、とてもおすすめです。(20代男性)

 

 

40.捨てる勉強法 試験は参考書の3割で一発合格できる

「捨てる勉強法 試験は参考書の3割で一発合格できる」がおすすめの理由

少しでも効率の良い勉強をしたかったのと、モチベーションを上げる為にこの本を購入してみました。色んな試験でも応用できる勉強法が書かれてますし、塾講師が書いた本ということで説得力もありました。また私の勉強法と似てる部分があり、私自身の自信にも繋がりました。(30代男性)

 

 

41.勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術

「勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術」がおすすめの理由

勉強法で重要になってくるのが覚えること、記憶することです。あらゆる教科、科目、資格試験でも覚えるという作業がほとんどなのでいかに記憶するかが重要です。この本は記憶するためにはどういう思考回路で、何と結びつけて記憶するのかなど記憶に関するメゾットが豊富に記載されています。勉強する上で必ず役にたつ本ですね。(20代男性)
 

42.勉強が続く人の45の習慣

「勉強が続く人の45の習慣」がおすすめの理由

勉強をしようと思った時に1番ネックになってくるのがやる気が出ないことだと思うのですが、この本には、人間の本能や脳の働きがわかりやすく説明されているので自分は意志が弱いのではなく自分の考え方を理解できてなかっただけなんだとシフトチェンジして勉強の取り組み方を改善することができるのでおすすめです。(20代男性)

 

 

43.出口汪のマンガでわかるすごい! 記憶術 本当に頭がよくなる一生モノの勉強法

「出口汪のマンガでわかるすごい! 記憶術 本当に頭がよくなる一生モノの勉強法」がおすすめの理由

初めは「マンガで分かる心療内科」で有名なゆうき ゆうさんが絵を描いているので手に取って軽く立ち読みし、おもしろかったので即購入。マンガで分かる心療内科も好きな人にはすんなり入って行く内容で、実際記憶力も上がり、仕事取引先の人の名前やそれに関するサブ情報までしっかりと記憶できるようになりました。仕事にも勉強にも役立つ本だと思います。(20代女性)

 

 

44.寝る前5分暗記ブック シリーズ

「寝る前5分暗記ブック シリーズ」がおすすめの理由

カラーでとても見やすいこと、イラストなども多いのでわかりやすく見ていて楽しいです。必要な部分、大切な部分のみ載っていて、特に覚えるところはオレンジ色の文字で書かれていて、赤シートが付いています。小さいサイズで持ち運びにも便利です。私は高校入試の際、中学1、2年復習付きの中3まとめのものを購入しましたが、いろいろなシリーズがあるようです。(10代女性)

 

 

45.人間は9タイプ

「人間は9タイプ」がおすすめの理由

ビリギャルで有名になった塾講師の方の別の本です。一見すると勉強法の本には見えませんが、自分の性格タイプにあった勉強法のヒントが隠されています。仕事や人間関係にも応用できます。1〜2時間あれば読めてしまうので、自分にどんな方法が合っているのか悩める方におすすめします。(20代女性)

 

 

46.図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術

「図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術」がおすすめの理由

勉強ができない人ほど妙にきれいなノートをとっている、というのはもはや勉強あるあるだと思いますが、この本を読んでからだと見た目がきれいなだけのノートも、きれいだとは認識しなくなってきます。正しい勉強法にはノートが不可欠だと再認識できます。(10代女性)

 

 

47.世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか

「世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか」がおすすめの理由

自分の生活習慣から見直すことができ、いかに自分が時間を無駄にしてきたかを痛感することができます。また、勉強に対しての取り組み方や、一つひとつの行動を無駄なく自分の力に変えるための意識付けをしてくれる本だと思います。内容自体仕事の仕方ですが、自分のキャリアアップのために、いくらでも応用ができる内容だと思います。(30代女性)

 

 

48.世界記憶力グランドマスターが教える 脳に任せる勉強法

「世界記憶力グランドマスターが教える 脳に任せる勉強法」がおすすめの理由

脳を騙して記憶するという本の教えは結構衝撃的だった。記憶力とはセンスと根性と偶然の上に成り立つと思っていたが、読んでみて脳の使い方に納得。その方法に基づいたトレーニングで著者は40才から記憶力のチャンピオンになったというのだから感心してしまう。(30代女性)

 

 

49.成功術 時間の戦略

「成功術 時間の戦略」がおすすめの理由

様々な本からの引用があり、時間の使い方について説得力のある示唆を与えている。また、作者の視点が独特で面白い。(20代女性)

 

 

50.誰でもできるストーリー式記憶法

「誰でもできるストーリー式記憶法」がおすすめの理由

何かを覚えようとした時に、一度読んで終わりではなく、何回か読んで記憶を定着させようという本。ではどのタイミングで読み返せばいいのか?また、ただ詰め込むのではなく、ストーリーとして覚える、感情とセットにして覚えるなど、学校の勉強だけでなくあらゆる勉強に応用がきく。(30代女性)

 

51.勉強法の王道

「勉強法の王道」がおすすめの理由

記憶術、時間術、自己管理術について書かれていて、どんな分野の勉強にも適用できる内容であり、効果的に勉強するための心構えや生活習慣まで説かれているから。また、先の姿を考える大切さにもふれてあり、モチベーションの維持にも良いから。(30代女性)

 

 

52.直感力を高める 数学脳のつくりかた

「直感力を高める 数学脳のつくりかた」がおすすめの理由

数学の勉強法は誰でも悩むもの。その原因は様々ながら、要するに「公式・定理を覚えきれない」ことに集約されるのではないだろうか。本書はなぜ公式・定理を覚えることが大切か、問題を解いていく上で何が大切か、それらを脳科学の知見から丁寧に読み解いている。数学だけでなく、「ある種の理論を覚える→応用する」という手順は様々な資格試験に応用の効くものだろう。(30代男性)

 

 

53.伝える力

「伝える力」がおすすめの理由

試験において自分の意図や解答を短く的確に伝える事が重要である。この本はそれについてのノウハウが非常に分かりやすく明記されている。それだけでなく、調べ方学び方についても詳しく書いてある。本の分量も多くないのですぐに読めて、内容を定着させやすい。続編も出ているので合わせて読むのがおすすめ。(10代男性)

 

 

54.東大家庭教師が教える 頭が良くなる記憶法

「東大家庭教師が教える 頭が良くなる記憶法」がおすすめの理由

東大と書いてあるだけで、ハズレ感があったのですが、とりあえず一読はしておこうと購入。著者が家庭教師と言う、能力値の違う個人個人への教育を行っていた経験からなのか、誰でもすぐに実践可能で実用的な内容やコツが書かれており、言葉遣いも難し過ぎないため、とっつきやすい一冊でした。(20代女性)

 

 

55.東大教授が教える独学勉強法

「東大教授が教える独学勉強法」がおすすめの理由

考えてわからなかったときにどこまで粘るか。目標達成よりも理解度を優先して基本をおさえる。おさえたら基本を揺らして応用する。アウトプットする。勉強というものはなにか、勉強に対する心構えを教えてくれる本です。(30代女性)

 

 

56.東大合格生のノートはかならず美しい

「東大合格生のノートはかならず美しい」がおすすめの理由

勉強法の本はたくさんありますが、この本はノートの取り方と頭の整理の方法を丁寧に教えてくれます。だれにでもすぐに実践できる内容の勉強法だったので、おすすめします。(30代女性)

 

 

57.勉強の哲学 来たるべきバカのために

「勉強の哲学 来たるべきバカのために」がおすすめの理由

勉強に対する哲学が簡単な文体で書かれています。着眼点が面白く、「そのような考え方でやればいいのか」と気づかされる点が多くありました。(30代女性)
 

58.東大生が教える!超暗記術

「東大生が教える!超暗記術」がおすすめの理由

東大生が教えるとタイトルにありますが、受験勉強以外にも使えるいろいろな記憶術が載っていて役に立ちます。効率の良い暗記法を知らない人におすすめです。(20代女性)

 

 

59.東大生が選んだ勉強法

「東大生が選んだ勉強法」がおすすめの理由

この本は現役東大生約8000人が所属する「東大家庭教師友の会」が著作しているのでまず信頼性があります。そして東大合格者が実践した約50を超える記憶術、ノート術、読書法、時間の使い方、続ける技術をみっちり紹介していて読んでいて面白いです。例えば、覚えた本は捨てる、何冊もの参考書に手を出さずに一冊の参考書を完璧にする、マンガを利用した勉強法、などユニークな方法が沢山紹介されていおり読者が自分に合ったやり方をいいとこ取りできる本です。(30代男性)

 

 

60.頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」がおすすめの理由

ノートの取り方一つで、出来・不出来に作用することを自分の子供で実体験しました。ノートの取り方を学べば、勉強の仕方が変わります。勉強本の基礎中の基礎です。(50代男性)

 

 

61.頭がよくなる勉強法

「頭がよくなる勉強法」がおすすめの理由

大学受験生でも高校受験生でもその他の勉強でも、あらゆる勉強に応用が利く勉強法が紹介されています。内容もわかりやすく丁寧にまとめられているので、すぐに読むことができ、すぐに実践することができます。勉強の合間に読むとモチベーションも高められると思います。(20代女性)

 

 

62.脳が認める勉強法

「脳が認める勉強法」がおすすめの理由

記憶を強化するために覚える方法、時間、場所などは比較的変えた方が強い刺激になる、いつも同じパターンでの練習は出来たつもりになるため色々な変化をつけた方が良い等、一般的な受験テクニックとして使われているものもあるが、なぜ有効なのかという理論的なバックボーンがわかる。(30代女性)

 

 

63.脳にいい勉強法

「脳にいい勉強法」がおすすめの理由

著者が脳機能に詳しいだけあって、脳の機能や特徴を生かした勉強法が学べるます。巷に溢れてる勉強法と違って科学的な内容の割に読み易いのも特徴です。また、脳機能特殊音源が付属で付いているため、おいっを聴きながら勉強する事で効率を上げる事ができます、(30代男性)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です