懐かしの名曲!1980年代おすすめの曲ランキング

Pocket

Contents

 

スポンサードリンク




1980年代おすすめの曲ランキング

 

 

4位タイ.尾崎豊 「15の夜」(2票)

尾崎豊「15の夜」が1980年代の曲でおすすめの理由

15の夜がリリースされたのは、思い起こせば私が反抗期の頃でした。学校へ通う意味、勉強する事の意味も分からない。そんな時期に15の夜を聴くと非常に心が落ち着きました。そんな懐かしい曲を今でもたまに聴きたくなります。(40代男性)

大人びた歌詞に、どうしてこんなメロディーが思い浮かぶんだろうと感心させられます。歌声も唯一無二で深みがあります。(30代女性)

 

 

4位タイ.渡辺美里 「My Revolution」(2票)

渡辺美里「My Revolution」が1980年代の曲でおすすめの理由

1986年のTBSのドラマ「セーラー服通り」の内容と相まって落ち込んだ時に元気になれそうな曲なのでいいと思います。(50代男性)

私は当時まだ生まれていなかったが よくMステの番組で聴いてて いい曲で綺麗な声で 心に響く名曲だからです。(20代女性)

 

 

4位タイ.THE BLUE HEARTS 「TRAIN-TRAIN」(2票)

THE BLUE HEARTS「TRAIN-TRAIN」が1980年代の曲でおすすめの理由

ストレートな気持ちが刺さります。自分たちらしく、という言葉がぴったりのバンドで、たくさんある名曲のうちの一つです。(30代女性)

出だしの歌詞「栄光に向かって走って走る、あの列車に乗っていこう」という部分というところから、ただ普通のJRの電車が走ってるんではなくて、夢の電車、空の上を通る銀河のような「新たな世界に向かって」とか「また新しい旅が始まる」という希望がわくようなドキドキ感があるカッコいい曲だと思います。(30代女性)

 

 

4位タイ.チェッカーズ 「ギザギザハートの子守唄」(2票)

チェッカーズ「ギザギザハートの子守唄」が1980年代の曲でおすすめの理由

ノリがいいのに哀愁を感じられて、流行した時代を知らなくても十分楽しめる曲です。 昔なつかしの不良の心が歌われていて、キュンときます。(30代女性)

まだ生まれて1歳になるかならないかぐらいでした。父が音楽が好きで色々なレコードを持っていました。その中で私が気に入ってた曲だったそうです。(30代男性)

 

 

4位タイ.もんた&ブラザーズ 「ダンシング・オールナイト」(2票)

もんた&ブラザーズ「ダンシング・オールナイト」が1980年代の曲でおすすめの理由

「シワガレ声」のインパクトがすごい。演歌と言うかムード歌謡に近いロック、両方の「おいしい」ところを全て盛り込んだ曲で大好きです。カラオケで良く歌います。(60代男性)

なつかしのヒット曲などの番組でみて好きになりました。大人っぽいメロディーにしゃがれ声が、色っぽく気に入っています。(30代女性)

 

 

4位タイ.wink 「愛が止まらない」(2票)

wink「愛が止まらない」が1980年代の曲でおすすめの理由

80年台末期に流行した、いわゆるユーロビートのカバー曲です。 日本語詞や編曲も凝っていて当時はとても斬新でした。(40代男性)

歌もかわいい衣装も踊りも好きでした。ドラマ主題歌になっていたのでドラマもよく見ていました。歌番組にもよく出ていてテレビの前で一緒に歌っていました。縦長のシングルCDが出始めたころだったと思います。お小遣いで買った記憶があります。(40代女性)

 

 

4位タイ.長渕剛 「順子」(2票)

長渕剛「順子」が1980年代の曲でおすすめの理由

歌詞がとても馴染みやすく、一つ一つの部分に深い意味を感じるから!!また、長渕さんのギターの音色が心に残るから!(20代男性)

この歌が流行っていた当時は、『順子』のところを自分の彼女の名前に置き換えて歌うのが流行っていたと、会社の上司がよく言っていたので覚えました。(30代女性)

 

 

4位タイ.岡村孝子 「夢をあきらめないで」(2票)

岡村孝子「夢をあきらめないで」が1980年代の曲でおすすめの理由

今は学校で教材として使われているとも聞きますが納得できます。人生苦労したり困難にぶち当たる事もありますが、この歌の歌詞をしっかり見つめ前向きに生きる糧にしていきたいです。(40代男性)

応援ソングだと思います。今は別れがあっても夢に向かって皆旅立っていく、がんばれという内容で、自分が迷った時でも誰かが応援してくれている気持ちになります。自分の気持ちはその都度変わっていきますが、その度、前向きになれるような歌詞だと思います。(40代女性)

 

 

2位タイ.TM NETWORK 「Get Wild」(3票)

TM NETWORK「Get Wild」が1980年代の曲でおすすめの理由

最近のバラエティー番組では笑いの起きる曲として扱われ、イントロもしくはサビ部分だけを耳にすることが多いのですが、改めてフルコーラス聴いて欲しいです。とても勢いがあってかっこよく、気分を上げたい時やストレス発散したい時にぴったりだと思います。(30代女性)

アニメのシティハンターを観ていて好きになりました。イントロからカッコ良すぎてテンションが上がります。(30代女性)

30代ならおそらく誰でも知っているシティーハンターのエンディングです。イントロの段階ですでに引き込まれます。間奏もサビもどこも全てが聞いていられる曲です。 アレンジが変わっても歌うひとが変わっても良い曲にしかならない不思議な曲ですね。(30代女性)

 

 

2位タイ.PRINCESS PRINCESS 「M」(3票)

PRINCESS PRINCESS「M」が1980年代の曲でおすすめの理由

高校時代、ギター部の友人が文化祭で歌っているのを聞いて感動したため。世代を超えても愛される名曲というのはこういう曲のことをいうんだなぁと思ったのを覚えています。(20代女性)

Mは、テレビ番組のものまね対決で初めて知りました。この曲を知った時、ちょうど失恋していた私は、この歌を何度も友達と聴いてうたって涙を流しふっ切れました。切ない曲を聞きたい人にオススメだと思います。(20代女性)

このしっとりとした感じが、今ではあまりない歌だと思います。 失恋したけど、大声で熱唱したい気分ではなく、悲しい感じで歌いたい時は、この曲がピッタリです。(30代女性)

 

 

1位.プリンセス・プリンセス 「Diamonds」(6票)

プリンセス・プリンセス「Diamonds」が1980年代の曲でおすすめの理由

私が子供の頃に人気が高かったプリンセスプリンセスの代表する楽曲です。この曲を聞くと、本当に元気がでます。(30代女性)

プリプリブームの絶頂期の曲でテンポが良くて口ずさむと1980年代だなあと実感します。自分が子どもの頃よくどこでもかかっていた曲なのですごく懐かしいです。(30代女性)

現在では運動会の定番曲になっている曲です。日本のガールズバンドとしては先駆けの存在であり、かつ1989年度の年間オリコン1位であった点でオススメします。(20代女性)

ガールズバンドの先駆け的存在の奏で出す、女性独特の可愛さと、男性にも負けないパワフルな歌声がとても素敵です。(30代女性)

メロディーがとてもキャッチ―でわかりやすく、テンポも良く明るい歌なので、聞いていて元気になるしカラオケなどでも盛り上がれるため。また、有名な曲なのでこの歌の世代の人じゃなくても聞いたことがあり、皆で盛り上がれるため。(30代女性)

1989年に発表された曲であるにもかかわらず、 今聴いても、全く古さを感じさせないし、 聴いているだけでポジティブになり、元気をたくさんもらえるからです。(30代女性)

 

 

1票入った1980年代おすすめの曲も紹介

 

やしきたかじん 「やっぱ好きやねん」

YouTube動画はこちら

やしきたかじん「やっぱ好きやねん」が1980年代の曲でおすすめの理由

今聴いても鳥肌が立つほど、歌い手の魂の入った曲だと思います、またこの曲を聴いてると関西人の心も感じるほどの一曲だと思います。(40代男性)

 

 

B’z 「BAD COMMUNICATION」

YouTube動画はこちら

B’z「BAD COMMUNICATION」が1980年代の曲でおすすめの理由

B’zらしいなぁという歌詞、曲です。きいているだけで気分が高揚してやる気が出るので、心をスカッとさせたいときにおすすめです。(30代女性)

 

 

尾崎豊 「BOW」

YouTube動画はこちら

尾崎豊「BOW」が1980年代の曲でおすすめの理由

この曲は必死にもがき苦しみながらも懸命に生きて行く様が描かれていています。何があっても負けてはいけない、くじけてはいけないと励まされます。今でも私のバイブルの曲です。(40代男性)

 

 

男闘呼組 「DAY BREAK」

YouTube動画はこちら

男闘呼組「DAY BREAK」が1980年代の曲でおすすめの理由

アイドルがバンドで歌う姿が衝撃でとても格好良かったです。小学校のクラスの女子は成田くんファンがたくさんいました。今から思うと歌も上手だし時代の最先端を行っていたような気がします。(40代女性)

 

 

HOUND DOG 「ff(フォルティシモ)」

YouTube動画はこちら

HOUND DOG「ff(フォルティシモ)」が1980年代の曲でおすすめの理由

HOUND DOG 大友康平さんが大好きで特にこの曲は大友康平さんの魅力を引き出した曲だと思っています。カラオケでも大変盛り上がります。(50代女性)

 

 

永井真理子 「Fight」

YouTube動画はこちら

永井真理子「Fight」が1980年代の曲でおすすめの理由

よくドライブの時に聴いていた永井真理子さんのこの曲、大好きでした。小柄な身体からは想像できない位、パンチのあるよく伸びる歌声。メロディーラインもすごくいいです。この曲を聴くたびに本当にファイトがでました!青春の1曲です!(40代女性)

 

 

尾崎豊 「Forget me not」

YouTube動画はこちら

尾崎豊「Forget me not」が1980年代の曲でおすすめの理由

この曲がリリースされた自分丁度私は思春期でした。人生とは何か、愛とは何か、幸せとは何かとか。そんな事を日々考えてて過ごしていた気がします。そんな時期にこの曲を聴いてそれが少し分かったような気がしたのです。今でも思い出の曲です。(40代男性)

 

 

チェッカーズ 「Jim&Janeの伝説」

YouTube動画はこちら

チェッカーズ「Jim&Janeの伝説」が1980年代の曲でおすすめの理由

80年代に一世を風靡したチェッカーズの歌。他にもっと有名なヒット曲がたくさんある中で、アイドルとしてのチェッカーズから抜け出して成熟した魅力が感じられる曲。(50代女性)

 

 

kool and the gang 「Joanna」

YouTube動画はこちら

kool and the gang「Joanna」が1980年代の曲でおすすめの理由

とてもダンサンブルでしっとりとした曲。落ち着いた曲なのでリラックスしたいときに聴きたい名曲。夏の夕暮れ時に海沿いのカフェで聴いてみたい。(50代男性)

 

 

Wham! 「Last Christmas」

YouTube動画はこちら

Wham!「Last Christmas」が1980年代の曲でおすすめの理由

クリスマスシーズンに掻き立てられる切ない気持ちを前面に押し出した優しくメロディアスなサウンドが印象的です。 何度聴いても飽きない普遍性と時代を経ても新鮮さを失わないクリスマスシーズンにはおすすめします。 軽いキーボードのリズムが一面の雪をイメージさせ、曲の中に散りばめられた鈴の音は亡き人たちへの哀悼の意を込めた神聖なイメージを醸し出しています。 また、伸びやかに歌い上げるジョージ・マイケルのヴォーカルがソウル・ミュージックの才能(ポテンシャル)を感じさせます。(30代女性)

 

 

Anthrax 「Madhouse」

YouTube動画はこちら

Anthrax「Madhouse」が1980年代の曲でおすすめの理由

当時のスラッシュメタル四天王の一角、Anthrax。兄が聴いていたので、私も自然に口ずさむようになりました。やはりスケートボードにムチャクチャ合う曲だと思いますし、「佐藤はダサいシルバー作ってるのに曲の趣味はいい」と褒めてもらえます。(30代男性)

 

 

レベッカと 「Motor Drive」

YouTube動画はこちら

レベッカと「Motor Drive」が1980年代の曲でおすすめの理由

テンポが良くて聞いていると元気になれるところ。 「やりたいことーありすぎるよー」の歌詞が当時の自分と重なって懐かしくなる。(40代女性)

 

 

爆風スランプ 「Runner」

YouTube動画はこちら

爆風スランプ「Runner」が1980年代の曲でおすすめの理由

高校野球の応援歌として有名ですが、テンポの良いリズムに体も自然と弾みます。気合いを入れたいときに聴くと良いです。(30代女性)

 

 

光GENJI 「STAR LIGHT」

YouTube動画はこちら

光GENJI「STAR LIGHT」が1980年代の曲でおすすめの理由

当時小学校のクラスの女子のほとんどがファンでした。音楽番組でローラースケートをはいて歌って踊る姿を見たときは衝撃でした。道路でローラースケートの練習をする小学生がたくさんいました。(40代女性)

 

 

WHAM(ワム) 「WAKE ME UP BEFORE YOU GO GO」

YouTube動画はこちら

WHAM(ワム)「WAKE ME UP BEFORE YOU GO GO」が1980年代の曲でおすすめの理由

とても明るくてノリの良く楽しい曲です。元気がないときに聴くと元気が戻ってきます。ジョージ・マイケルの声もめちゃくちゃ素敵です。(40代女性)

 

 

USA For Afrika 「We Are The World」

YouTube動画はこちら

USA For Afrika「We Are The World」が1980年代の曲でおすすめの理由

アメリカの有名アーティストたちが奇跡的に集合し、アフリカの飢餓と貧困のために歌ったチャリティーソングです。全世界的ヒットを放ち、救済運動として大成功を収めた点でオススメします。(20代女性)

 

 

Wham 「Wham Rap!」

YouTube動画はこちら

Wham「Wham Rap!」が1980年代の曲でおすすめの理由

直近のH&MのCMの挿入歌 あのLast Christmasを歌っているWhamの曲 曲の雰囲気はDISCOソングだが 古い感覚はなく若い世代には新感覚であり 中年世代には懐かしい曲なのではないでしょうか。 聞くたびに踊り出したくなる曲であることは間違いない(20代女性)

 

 

光GENJI 「ガラスの十代」

YouTube動画はこちら

光GENJI「ガラスの十代」が1980年代の曲でおすすめの理由

光GENJIは80年代のトップアイドルだと思います。当時はやっていましたし、べたな感じも当時の雰囲気という感じがするからです。(40代女性)

 

 

近藤真彦 「ギンギラギンにさりげなく」

showkasi>YouTube動画はこちら

近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく」が1980年代の曲でおすすめの理由

ロングヒットの近藤真彦の代表曲です。当時は、いつも流れていたイメージがあります。80年代は、マッチが大ブームでした。(40代男性)

 

 

ブロンディ(blondie) 「コール・ミー(call me)」

YouTube動画はこちら

ブロンディ(blondie)「コール・ミー(call me)」が1980年代の曲でおすすめの理由

ボーカルのデボラ・ハリーがとても色っぽくてキュートである。見た目からは想像できない自由奔放なデボラハリーの魅力と。心に響く歌声。(50代女性)

 

 

山口百恵 「さよならの向こう側」

YouTube動画はこちら

山口百恵「さよならの向こう側」が1980年代の曲でおすすめの理由

最近は、山口百恵さんの息子も歌っていて、有名な歌なので、送別会の時には主役の人に歌ってもらうのが私の部署の伝統になっています。(30代女性)

 

 

大滝詠一 「さらばシベリア鉄道」

YouTube動画はこちら

大滝詠一「さらばシベリア鉄道」が1980年代の曲でおすすめの理由

声がとても素敵です。大瀧詠一さんの曲が大好きで若い時には車の中でいつも聴いていました。特にこの「さらばシベリア鉄道」は今聴いても飽きない曲です。(50代女性)

 

 

岩崎宏美 「タッチ」

YouTube動画はこちら

岩崎宏美「タッチ」が1980年代の曲でおすすめの理由

昔の彼が漫画タッチを見ていた時に、この曲がよく流れていたので耳に焼き付いています。 また若者から年配まで知っている曲なので、カラオケでも盛り上がる歌です。(30代女性)

 

 

グレイトフル・デッド 「タッチ・オブ・グレイ」

YouTube動画はこちら

グレイトフル・デッド「タッチ・オブ・グレイ」が1980年代の曲でおすすめの理由

グレイトフル・デッドの曲はどれも格好良いけれど、タッチ・オブ・グレイはその中でも特に格好が良い。ファンであれば好きな人が多いのではないかと思う。(30代女性)

 

 

荻野目洋子 「ダンシングヒーロー」

YouTube動画はこちら

荻野目洋子「ダンシングヒーロー」が1980年代の曲でおすすめの理由

テンポ、リズムがよくて踊り易い。子供のころ、歌番組やバラエティーでよく使われていて親しみがあるから。 パワフルな歌声で元気になれる(30代男性)

 

 

YBO2 「ドグラマグラ」

YouTube動画はこちら

YBO2「ドグラマグラ」が1980年代の曲でおすすめの理由

私が生まれていない頃の曲ですが、その頃にもこんな感じの変則的なドラムの曲があると知って驚きました。 歌詞は同名小説、夢野久作『ドグラマグラ』の中の文章です。 曲も小説もただただ狂っています。(20代男性)

 

 

稲垣潤一 「ドラマティックレイン」

YouTube動画はこちら

稲垣潤一「ドラマティックレイン」が1980年代の曲でおすすめの理由

稲垣潤一さんの、3rdシングルですが、この曲は、稲垣潤一さんと秋元康さんが初めてコラボした歌です。この歌で秋元康さんは、ブレイクする切っ掛けになりましたが、稲垣潤一さんのこの歌で、男女についての在り方が変わったとも云われています。そういった意味で、この歌は、稲垣潤一さんの歌の奥の深さを味わってみるのに最適と思います。(40代男性)

 

 

長渕剛 「とんぼ」

YouTube動画はこちら

長渕剛「とんぼ」が1980年代の曲でおすすめの理由

東京へ行く憧れをもった地方出身者が当時多かった中、自身もその中のひとりでした。東京へ行きたいといった夢を抱きながら人生そのものの応援歌のような感じで、勇気をもらいました。(50代男性)

 

 

クリストファー・クロス 「ニューヨークシティセレナーデ」

YouTube動画はこちら

クリストファー・クロス「ニューヨークシティセレナーデ」が1980年代の曲でおすすめの理由

当時、何度も何度も聞いた曲です。切ないメロディと透き通る歌声。今聞いてもとても良い曲です。ニューヨークに憧れるきっかけになりました。未だ聞いた事が無い人には是非聞いて頂きたいです。(50代女性)

 

 

光GENJI 「パラダイス銀河」

YouTube動画はこちら

光GENJI「パラダイス銀河」が1980年代の曲でおすすめの理由

この曲をきくと、なつかしい気持ちなります。はつらつとした若者、夢いっぱいの未来、いろんな明るいものが想像できます。(30代女性)

 

 

ゴダイゴ 「ポートピア」

YouTube動画はこちら

ゴダイゴ「ポートピア」が1980年代の曲でおすすめの理由

神戸ポートアイランドの建設と同時に発売された曲。 神戸ポートピアにいきたい。が合言葉でした。いい思い出です。(40代女性)

 

 

石川ひとみ 「まちぶせ」

YouTube動画はこちら

石川ひとみ「まちぶせ」が1980年代の曲でおすすめの理由

この曲が流行っていた当時は小学生で、片思いの男の子の事を想いながら聴いていました。胸がキュンとする思い出の曲です。(40代女性)

 

 

マドンナ 「マティリアルガール」

YouTube動画はこちら

マドンナ「マティリアルガール」が1980年代の曲でおすすめの理由

マドンナらしく可愛い曲と覚えやすい曲だったので好きな曲でした。女の子の気持ちがわかる 曲で女性に人気な曲だっと思います、(40代女性)

 

 

中森明菜 「ミ・アモーレ」

YouTube動画はこちら

中森明菜「ミ・アモーレ」が1980年代の曲でおすすめの理由

1980年代を代表する歌姫「中森明菜」の代表曲であり、曲調が彼女に合っています。1985年レコード大賞に輝いていており、男性が歌ってもなかなか良い曲です。(50代男性)

 

 

わらべ 「めだかの兄弟」

YouTube動画はこちら

わらべ「めだかの兄弟」が1980年代の曲でおすすめの理由

多分初めて覚えた歌です。子供向けの番組を親と見ていて、両親と一緒に真似しながら踊ったりしていました。家族団欒のいい思い出の曲です。(30代女性)

 

 

ラッツ&スター 「め組のひと」

YouTube動画はこちら

ラッツ&スター「め組のひと」が1980年代の曲でおすすめの理由

仲間と集まってお喋りを楽しんでいるときに、みんなで盛り上がるのに最も適した曲のひとつです。カラオケでも音域があまり高くないので、気軽に歌えるのもまた魅力的です。(50代男性)

 

 

西田 敏行 「もしもピアノが弾けたなら」

YouTube動画はこちら

西田 敏行「もしもピアノが弾けたなら」が1980年代の曲でおすすめの理由

最近は俳優として大活躍している西田敏行さんの最大のヒット曲で優しく人に語りかけるような歌い方がピアノの音のメロディにマッチして個人的にもカラオケで結構お世話になった歌いやすい曲なのでおすすめの曲にしました。(40代男性)

 

 

浜田省吾 「ラストショー」

YouTube動画はこちら

浜田省吾「ラストショー」が1980年代の曲でおすすめの理由

高校の先輩である浜省の曲の中で最高に大好きな曲です。ドライブにはかかせない青春の1曲でした。今聴いても色あせることなく、曲、歌詞ともにものすごいパワーのある曲だと思います。浜省の声が最高に輝く曲だと思います。(40代女性)

 

 

レベッカ 「ラズベリー・ドリーム」

YouTube動画はこちら

レベッカ「ラズベリー・ドリーム」が1980年代の曲でおすすめの理由

パワフルでかっこいいです。ノリノリで歌いたくなります。カラオケで思いっきり歌うとすごく気持ちいいです。(30代女性)

 

 

欧陽菲菲 「ラブ・イズ・オーヴァー」

YouTube動画はこちら

欧陽菲菲「ラブ・イズ・オーヴァー」が1980年代の曲でおすすめの理由

圧倒的な歌唱力と、妖艶な魅力がつまった素敵な歌です。大人っぽく深みのある歌詞と、力強いサビが圧巻です。(30代女性)

 

 

ボンジョビ 「リビングプレーヤ」

YouTube動画はこちら

ボンジョビ「リビングプレーヤ」が1980年代の曲でおすすめの理由

ボンジョビのファンで1番ヒットした曲だから 好きになりました。また、ライブでもこの曲がかかると1番盛り上がりました。(40代女性)

 

 

THE BLUE HEARTS 「リンダ リンダ」

YouTube動画はこちら

THE BLUE HEARTS「リンダ リンダ」が1980年代の曲でおすすめの理由

聞いたことのない素直でまっすぐで火の玉みたいな歌詞、曲が当時ものすごく衝撃的だった。今聞いても元気がでる。色あせていないのがスゴイ、本物。(40代女性)

 

 

寺尾聰 「ルビーの指輪」

YouTube動画はこちら

寺尾聰「ルビーの指輪」が1980年代の曲でおすすめの理由

今聴くと懐かしく感じても古く感じないし、都会的でオシャレな気がするので。最近の曲で代わりになるような作品を知らないので、若い人にも聴いてもらえると思う。(50代女性)

 

 

久保田早紀 「異邦人」

YouTube動画はこちら

久保田早紀「異邦人」が1980年代の曲でおすすめの理由

サビだけなら、ほとんどすべての年代の人が知っているといっても良いほど有名な曲なので、懐メロが好きな上司も一緒に歌えます。(30代女性)

 

 

尾崎豊 「永遠の胸」

YouTube動画はこちら

尾崎豊「永遠の胸」が1980年代の曲でおすすめの理由

この曲は私が思春期の頃の曲です。当時人生とは何か、生きる事とは何なのかと日々悩んでいた気がします。そんな時に時にこの曲を聴くと、思い悩んでいるのは自分だけではないのだと励まされた記憶があり、今でも思い出に残る曲です。(40代男性)

 

 

竹内まりや 「駅」

YouTube動画はこちら

竹内まりや「駅」が1980年代の曲でおすすめの理由

学生時代から就職して数年間東京に住んでいたため、駅にまつわる思い出がたくさんあり、この曲を聴くとその思い出たちや若かった頃の自分がよみがえってきます。(60代男性)

 

 

少年隊 「仮面舞踏会」

YouTube動画はこちら

少年隊「仮面舞踏会」が1980年代の曲でおすすめの理由

1986年レコード大賞新人賞に輝いていまして、何と言っても三人の歌の加えて『ダンス』!!これが凄いです。ジャニーズ史上一番難しい振り付けではないかというほど難しいです。そのダンスの激しさ難しさが魅力であり、ノリノリの曲調や冒頭のトゥナイヤヤヤヤ、ティア!が頭に響きます。カラオケで歌って盛り上がる曲です。(50代男性)

 

 

稲垣潤一 「夏のクラクション」

YouTube動画はこちら

稲垣潤一「夏のクラクション」が1980年代の曲でおすすめの理由

夏のクラクションの他にもおすすめの曲は沢山ありますが、暑い夏の黄昏時に聞きたい曲の一つです。ワクワク感というより切ない感の曲ですが、素敵な夏を思い出す曲の一つです。(40代女性)

 

 

長渕剛 「乾杯」

YouTube動画はこちら

長渕剛「乾杯」が1980年代の曲でおすすめの理由

中学校の操業式の日に仲間と一緒に聴いた曲です。この曲を聴いて皆で涙を流しました。今でも忘れない思い出の曲です。(40代男性)

 

 

ポリス 「見つめていたい( Every Breath You Take)」

YouTube動画はこちら

ポリス「見つめていたい( Every Breath You Take)」が1980年代の曲でおすすめの理由

1980年代を代表する一曲だと思います。イントロが印象的な曲です。 ボーカルのスティングの声が耳から離れません。 グラミー賞も受賞したポリスのこの曲は本当におすすめの曲です。(40代女性)

 

 

NOA 「今を抱きしめて」

YouTube動画はこちら

NOA「今を抱きしめて」が1980年代の曲でおすすめの理由

結婚をされてほぼ露出のなくなってしまった仙道敦子と吉田栄作デュエットです。クリスマスイヴという、私の青春時代にヒットしたドラマの主演二人による曲で、今も色あせずに思い出に残っています。仙道敦子と1歳違いなので、子役のころから、なんて美人なんだろうと、ずっとファンだったのもありますが、とにかく女優さんなのに声の美しさには驚かされます。(40代女性)

 

 

Wink 「寂しい熱帯魚」

YouTube動画はこちら

Wink「寂しい熱帯魚」が1980年代の曲でおすすめの理由

小学生の時、どれほど踊りと歌を真似したことか。可愛い衣装に可憐な雰囲気、でも無表情。たまらなかった〜。音楽もなにげにユーロビートで、ダンサブルで、凝ってて、一度聴いたら忘れられない。キャッチーな感じが良かったと思います。(30代女性)

 

 

尾崎豊 「十五の夜」

YouTube動画はこちら

尾崎豊「十五の夜」が1980年代の曲でおすすめの理由

この曲は、80年代を代表する名曲だと思います。歌詞も歌声も最高にかっこいい曲なので本当におすすめです。(30代女性)

 

 

松田聖子 「渚のバルコニー」

YouTube動画はこちら

松田聖子「渚のバルコニー」が1980年代の曲でおすすめの理由

今聞いてもノリノリなメロディでむしろとても歌いやすいと思います。テンポもそう早くないので懐かしさと共に聖子ちゃんカットを思い出します(70代女性)

 

 

中森明菜 「飾りじゃないのよ涙は」

YouTube動画はこちら

中森明菜「飾りじゃないのよ涙は」が1980年代の曲でおすすめの理由

30年くらい前の曲ですが、今聞いてもかっこいいところです。20代の私が聞いても共感できるものなのでオススメです。(20代女性)

 

 

松田聖子 「青い珊瑚礁」

YouTube動画はこちら

松田聖子「青い珊瑚礁」が1980年代の曲でおすすめの理由

会社の先輩がカラオケに行くと必ずと言って良いほど歌う松田聖子メドレーのおかげで、私もほとんど歌えるようになりました。アイドル全盛期に見てみたかったです。(30代女性)

 

 

松田聖子 「赤いスイートピー」

YouTube動画はこちら

松田聖子「赤いスイートピー」が1980年代の曲でおすすめの理由

まだ小学生だったころ、春らしいかわいい歌だとときめいたものです。松田聖子さんのイメージにぴったりの歌だと思いました。(40代女性)

 

 

尾崎豊 「卒業」

YouTube動画はこちら

尾崎豊「卒業」が1980年代の曲でおすすめの理由

子供の頃にふと聞いた時には歌詞の意味がわからなかったのですが、少しずつ大人になっていくにつれて意味がわかってくるようになりました。 そして、ある時本当の卒業の意味について考えた事もあるぐらい思い入れのある歌だからです。(30代男性)

 

 

あみん 「待つわ」

YouTube動画はこちら

あみん「待つわ」が1980年代の曲でおすすめの理由

当時、友だちとハモっていました。私は加藤晴子さんのパート。一生懸命覚えて、横ステップを踏みながら教室で歌っていました。(40代女性)

 

 

KAN 「東京ライフ」

YouTube動画はこちら

KAN「東京ライフ」が1980年代の曲でおすすめの理由

「愛は勝つ」がヒットする前にリリースされた曲。音が良くて、東京暮らしを描いた歌詞もピッタリハマっていて明け方とかに聞くと涙出ると思う。地方出身で東京住まいの20代にオススメ。(40代男性)

 

 

安全地帯 「熱視線」

YouTube動画はこちら

安全地帯「熱視線」が1980年代の曲でおすすめの理由

とにかくかっこいいの一言です。セクシーな玉置浩二さんの声と曲と歌詞と全てがマッチしていて、何度聞いてもドキドキしてしまいます。(30代女性)

 

 

杏里 「悲しみが止まらない」

YouTube動画はこちら

杏里「悲しみが止まらない」が1980年代の曲でおすすめの理由

80年代半ばから90年代前半にかけてヒット曲を多く出した杏里の名曲のひとつ。バブル景気に向かって日本中に元気があった頃に登場したかっこいいお姉さんシンガーというイメージでした。(50代女性)

 

 

斉藤由貴 「悲しみよこんにちは」

YouTube動画はこちら

斉藤由貴「悲しみよこんにちは」が1980年代の曲でおすすめの理由

めぞん一刻というアニメで主題歌がこの悲しみよこんにちはでした。元気がでる明るい曲でアニメとぴったりな曲で、いつまでも忘れられない曲です。(40代女性)

 

 

竹内まりや 「不思議なピーチパイ」

YouTube動画はこちら

竹内まりや「不思議なピーチパイ」が1980年代の曲でおすすめの理由

母と一緒にカラオケに行くと、時々、この歌を歌っていました。しっとりした感じの曲が多い印象の竹内まりやさんでしたが、母の歌を聴いて好きになりました。(30代女性)

 

 

尾崎豊 「僕が僕であるために」

YouTube動画はこちら

尾崎豊「僕が僕であるために」が1980年代の曲でおすすめの理由

歌詞がとても良くて心にしみてきます。世間の冷たさとか、人の温かさとか、若い頃にこの曲を聴きながらいろんな事を考えたなーと思い出します。(30代女性)

 

 

中村あゆみ 「翼の折れたエンジェル」

YouTube動画はこちら

中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」が1980年代の曲でおすすめの理由

世代ではないのですが自分の世代でも知っている人が多いのでみんなで聴いてもとても盛り上がれます。ボーカルの中村あゆみさんの歌声が力強くでオススメです。(20代女性)

 

 

工藤静香 「嵐の素顔」

YouTube動画はこちら

工藤静香「嵐の素顔」が1980年代の曲でおすすめの理由

髪型は自分でやっていたとテレビで言っていたのを記憶しています。衣装も踊りも格好良かったです。大人っぽすぎてとても真似できませんでした。歌唱力がどんどんよくなっていくのが子供心にもわかったので、努力しているんだなと尊敬していました。(40代女性)

 

 

チェッカーズ 「涙のリクエスト」

YouTube動画はこちら

チェッカーズ「涙のリクエスト」が1980年代の曲でおすすめの理由

音楽番組で見て歌もおしゃれな衣装もとても好きになり、親にお小遣いをもらって初めて買ったカセットがこの曲でした。毎日ラジカセで聴いていた思い出の曲です。(40代女性)

 

 

松山千春 「恋」

YouTube動画はこちら

松山千春「恋」が1980年代の曲でおすすめの理由

メロディー、歌詞、そして松山千春の声、その三拍子どれをとっても切ない。けれどそのバランスが完璧で、胸に迫るものがあります。(30代女性)

 

 

小林明子 「恋におちて -Fall in love-」

YouTube動画はこちら

小林明子「恋におちて -Fall in love-」が1980年代の曲でおすすめの理由

イントロのピアノを聴くだけで切なくなります。「ダイヤル回して手を止めた」今の若い人に電話のダイヤルを回す時のドキドキ感が伝わるかわかりませんが、ここの歌詞が大好きです。(30代女性)

 

 

チャゲ&飛鳥 「恋人はワイン色」

YouTube動画はこちら

チャゲ&飛鳥「恋人はワイン色」が1980年代の曲でおすすめの理由

デビュー当時フォークソング色がまだ強かったですが、この頃からポップな感じの曲をつくりはじめ、とても軽やかな感じで良かったです。その後の『SAY YES』や『YAH YAH YAH』といったヒット曲に繋がった曲だと思います。また、お酒を飲める年齢になりデートで一緒にワインを飲むときのBGMにもいい感じでした。(50代男性)

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です