名曲揃い!1990年代おすすめの曲ランキング

Pocket

Contents

 

スポンサードリンク




1990年代おすすめの曲ランキング

 

 

7位タイ.安室 奈美恵 「CAN YOU CELEBRATE?」(2票)

安室 奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」が1990年代の曲でおすすめの理由

しっとりとして少し暗い雰囲気ですが、柔らかく優しい印象です。当時は結婚式に流す曲として人気でした。今聞いても心にしみる曲です。(30代女性)

フジテレビのドラマ『バージンロード』の主題歌で20年前の曲ですが、未だに人気が高く、結婚式で使われる定番曲になっています。新しい門出を誓うふたりという歌詞がとても素敵だと思います。(30代女性)

 

 

7位タイ.globe 「FACE」(2票)

globe「FACE」が1990年代の曲でおすすめの理由

90年代ヒットした音楽グループといえばglobeですが、globeの楽曲の中で、私が一番お勧めする曲です。 歌詞を口ずさんでしまうくらいカッコよくて、KEIKOの歌声も良いんです。(30代女性)

globeの2枚目のミリオンヒット曲で、globe独特の宇宙観、世界観のある歌です。ボーカルKEIKOさんの歌声でないと本物には聞こえないので、KEIKOさんの一刻も早い回復を願ってやみません。(30代女性)

 

 

7位タイ.久保田利伸 「LA・LA・LA LOVE SONG」(2票)

久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」が1990年代の曲でおすすめの理由

ドラマ「ロングバケーション」の主題歌として有名ですが、とにかくキラキラした楽曲と大人な歌詞が光る歌です。(30代女性)

大ヒットドラマ『ロングバケーション』で一躍有名になりました。リズミカルなおしゃれな曲で、気持ちも昂ります。(30代女性)

 

 

7位タイ.大事MANブラザーズ 「それが大事」(2票)

大事MANブラザーズ「それが大事」が1990年代の曲でおすすめの理由

人生の応援ソングです。受験勉強中に、社会人では仕事で挫折したとき、がんばる人たちに聞いてほしい楽曲です。(30代女性)

嫌なことがあった時や 頑張りたい時 何もかもを忘れてしまいたいとき 前に進みたいときに この曲を聴くと元気になれます。(20代女性)

 

 

7位タイ.小田和正 「ラブ・ストーリーは突然に」(2票)

小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」が1990年代の曲でおすすめの理由

冬に聴きたくなってしまう曲で アイススケートしながら彼氏と この曲を聴くとより良いムードになるので オススメします。(20代女性)

ドラマの主題歌でした。当時は、男の人の恋人への一途な想いを歌っている曲です。恋人のことを思いながら一人で聴くのもいいですが、やはり恋人と二人で聴いた方がより良く心に響いて来るかもしれません。(40代女性)

 

 

7位タイ.広瀬香美 「ロマンスの神様」(2票)

広瀬香美「ロマンスの神様」が1990年代の曲でおすすめの理由

冬になると必ず思い出す曲です。力強く聴きやすい伸びのある歌声に、冬の景色がはっきりと浮かび上がります。(30代女性)

私の好きなスポーツはスキーでスキー場でよく聴きました。ゲレンデマジックを彷彿させる曲で実際に起きてくれないかなと思います笑(10代女性)

 

 

7位タイ.class 「夏の日の1993」(2票)

class「夏の日の1993」が1990年代の曲でおすすめの理由

自分が生まれたら次の年に発売されていて、 小学生のときに懐かしの曲で出た時に とても懐かしいような新しいような不思議な気持ちになりました。 とてもオススメです!(20代女性)

聞くたびに青春時代の思い出に浸ってしまう名曲。1990年代ドンピシャの時代の人だけではなく、現代の若者にもカラオケの定番曲としても人気です。(30代男性)

 

 

3位タイ.稲垣潤一 「クリスマスキャロルの頃には」(3票)

稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」が1990年代の曲でおすすめの理由

クリスマスの時期になると毎年あちこちの店でこの曲が流れてくるのだが、全然色褪せる事なくいつまでも変わらない彼の甘いハイトーンな歌声に聴くたびに感動したのでおすすめの理由にしました。(40代男性)

とても透明感のある歌声で切ない男心を歌っています。毎年クリスマスの頃には必ずかかる名曲です。ドラマの主題歌にもなりました。(50代男性)

今の時代になってもクリスマスシーズンには耳にすることがあるほどの名曲。また作詞が秋元康なのも注目すべきところです。(30代男性)

 

 

3位タイ.スピッツ 「ロビンソン」(3票)

スピッツ「ロビンソン」が1990年代の曲でおすすめの理由

季節の変わり目になると、口ずさんでしまいます。家やカフェで少しゆっくりしたいとき、なぜかこの曲をききたくなります。(30代女性)

歌詞もメロディーもせつない曲です。 せつない曲でありながらスピッツ特有の軽やかな音の運びが何度でも聴きたくなるような一曲になっています。(20代女性)

曲が比較的短く、爽やかな曲調とボーカルの美しい声ですごく聴きやすいです。 また、当時CMソングに使われていたので知名度があって友人等といる際にBGMとして流したりもします。(30代女性)

 

 

3位タイ.KAN 「愛は勝つ」(3票)

KAN「愛は勝つ」が1990年代の曲でおすすめの理由

口ずさみやすいメロディ、またポジティブな歌詞が歌っていて元気になります。今の時代でもみんなを前向きにさせる名曲と思います。(30代女性)

テンポが良くメロディーが覚えやすいです。歌詞も『必ず最後に愛は勝つ』と明解で気持ちいいです。カラオケでは大合唱間違いないでしょう。(30代女性)

落ち込んだ時に聞くととても元気がでる。 KANさんの歌声がとても優しい声なのでいつまでも聞いていたくなる。(10代男性)

 

 

3位タイ.Kiroro 「長い間」(3票)

Kiroro「長い間」が1990年代の曲でおすすめの理由

両親が聞いていて自分が生まれたこともあり好きになりました。 今時のアップテンポではなく昔の曲って感じがいい。 未だにいろいろなアーティストがカバーしているので若い子も聞きやすい。(20代男性)

最近はあまりいない実力派歌手!ゆっくりしたテンポで、歌いやすいのも好き。流行っていたのでそのころを思い出す青春の1曲。(20代女性)

結婚式の余興でよく歌われていて何度も聞きました。切ない歌声に聞き惚れます。大切な人と一緒に聞きたくなる一曲です。(30代女性)

 

 

2位.Kinki Kids 「硝子の少年」(4票)

Kinki Kids「硝子の少年」が1990年代の曲でおすすめの理由

男女問わず、カラオケで歌いやすくて、盛り上がるので、これまで何度も歌いました。たまには、振り付けが完璧にできる人もいて盛り上がります。(30代女性)

KinKi Kidsのデビュー曲で、何年経っても歌える曲をという作曲者・山下達郎さんの思いが込められた作品です。 その言葉通り現在でもコンサートやテレビでもよく歌われている名曲です。(20代女性)

当時のジャニーズの曲としては斬新で新鮮で、ずっと釘付けになっています。2人の声、メロディー、歌詞、そのバランスが絶妙でした。(30代女性)

KinKi Kidsのデビュー曲ですが、ジャニーズらしくない、マイナーなメロディーラインが新鮮で老若男女問わず幅広い人気を得ている名曲だと思います。(30代女性)

 

 

1位.SPEED 「White Love」(5票)

SPEED「White Love」が1990年代の曲でおすすめの理由

冬が近づいてくると、必ず歌いたくなります。冬は苦手ですが、この歌を歌うと、少しだけ冬が好きになれるような気がします。(30代女性)

まだ小学生だったけど、みんな曲と振り付けを覚えて、踊っていた。若き青春の思い出って感じで、背伸びした感じの歌詞がまたいい。(20代女性)

付き合い始めたばかりの男女のピュアな恋愛の歌詞にキュンとします。学生時代の恋愛感情とリンクするので、とても想い出に残っている曲です。(30代女性)

私の青春です!友達とスピードの曲を口ずさみながら下校したのが思い出です。また、教室でこの曲のダンスをみんなで完全コピーするほど大好きでした。(20代女性)

1990年代を代表する曲で、色々な思い出が蘇ります。冬に必ず聴きたくなる名曲です。(20代)

 

 

1票入った1990年代おすすめの曲も紹介

 

川本真琴 「1/2」

YouTube動画はこちら

川本真琴「1/2」が1990年代の曲でおすすめの理由

言葉が沢山詰まった歌詞、個性的なメロディーと歌声、当時も斬新でしたが、現在でも似たような曲は他にないと思いますので、おすすめです。(30代男性)

 

 

宇多田ヒカル 「Automatic」

YouTube動画はこちら

宇多田ヒカル「Automatic」が1990年代の曲でおすすめの理由

英語の歌詞がかっこよく融合されています。10代の女の子が作ったとは思えない現代的なメロディーに驚嘆です。(30代女性)

 

 

B’z 「BLOWIN’」

YouTube動画はこちら

B’z「BLOWIN’」が1990年代の曲でおすすめの理由

この曲はそれまでのB’zの曲と違った印象で、この曲からアメリカンロックのイメージが強くなってきたように思います。(40代男性)

 

 

安室奈美恵 「Body Feels EXIT」

YouTube動画はこちら

安室奈美恵「Body Feels EXIT」が1990年代の曲でおすすめの理由

小室哲哉プロデュースの初めての曲で、安室さんの転機になった曲だと思います。出だしからとてもインパクトがあり、全体的にノリが良いので、カラオケで歌うとスカッとします。(30代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY 「BURN」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY「BURN」が1990年代の曲でおすすめの理由

重く暗い印象の曲ですが、挫折の先にあるものに向かって飛び立っていくようなイメージの曲です。とにかく世界観に引き込まれます。(30代女性)

 

 

安室奈美恵 「Chase the Chance」

YouTube動画はこちら

安室奈美恵「Chase the Chance」が1990年代の曲でおすすめの理由

若い頃の安室奈美恵さんが歌っている曲です。 私の青春を思い出させてくれる曲で、たまに聞いて昔や初心を思い出します。(30代男性)

 

 

MOON CHILD 「ESCAPE」

YouTube動画はこちら

MOON CHILD「ESCAPE」が1990年代の曲でおすすめの理由

詩も曲もとてもかっこいいと思います。ちょっと退廃的な感じのする曲調が好みです。ボーカルの佐々木さんの声も艶があって曲にぴったりあっていると思います。(40代女性)

 

 

globe 「Feel like dance」

YouTube動画はこちら

globe「Feel like dance」が1990年代の曲でおすすめの理由

この曲を初めて聞いたときTRFと思ったのですが、globeのデビュー曲でした。明るい曲でボーカルの声も聞きやすいので今でも聞いています。(40代男性)

 

 

宇多田ヒカル 「First Love」

YouTube動画はこちら

宇多田ヒカル「First Love」が1990年代の曲でおすすめの理由

私の世代を代表する歌手、宇多田ヒカルの記念すべきデビューソング。歌唱力があって、歌詞も胸キュンするもので大好きです。(20代女性)

 

 

浜田麻里 「Heaven Knows」

YouTube動画はこちら

浜田麻里「Heaven Knows」が1990年代の曲でおすすめの理由

浜田麻里さんが、ヘヴィメタルからポップロック路線に転向して、暫く経った時の曲です。煙草のクラリスライトボックスのCMソングでしたが、パワーのある歌声でありながら、夜帰宅した後に一息つきたい時にお薦めです。(40代男性)

 

 

My Little Lover 「Hello, Again 〜昔からある場所〜」

YouTube動画はこちら

My Little Lover「Hello, Again 〜昔からある場所〜」が1990年代の曲でおすすめの理由

90年代半ばに突如現れた小林武史プロデュースのMy Little Loverのヒット曲。Akkoの透明な歌声が秀逸でずっと聞いていたくなる感じ。(50代女性)

 

 

Spiral Life 「HERSEE’S CHOCOLATE」

YouTube動画はこちら

Spiral Life「HERSEE’S CHOCOLATE」が1990年代の曲でおすすめの理由

車谷浩司の、澄んでいる声で、力強いのに少し気だるい感じのする歌い方が好きです。洋楽っぽいところもオシャレだと思います。(40代女性)

 

 

GLAY 「However」

YouTube動画はこちら

GLAY「However」が1990年代の曲でおすすめの理由

英単語である「GLAY」の意味も「HOWEVER」の意味もわからない時から、歌っていた曲。切なくなるのが好き。(20代女性)

 

 

尾崎豊 「I LOVE YOU」

YouTube動画はこちら

尾崎豊「I LOVE YOU」が1990年代の曲でおすすめの理由

切ない歌詞、甘い声、すべてに魅了され、ここまでよくできたラブソングってもう世に出てこないのでは?と思うほどの名曲です。(30代女性)

 

 

華原 朋美 「I’m proud」

YouTube動画はこちら

華原 朋美「I’m proud」が1990年代の曲でおすすめの理由

開放感があり、体全体で歌っているような気持ちのいい曲です。独特の高い声が胸を貫くようで爽快感があります。(30代女性)

 

 

SOPHIA 「Like Foever」

YouTube動画はこちら

SOPHIA「Like Foever」が1990年代の曲でおすすめの理由

関西出身のメンバーが、阪神淡路大震災で被災した故郷を思って出来た曲です。故郷と底に住む人々への温かい思いが伝わってきます。曲調は明るいけど、切ない曲です。でもとても温かい。そこがいい。(40代女性)

 

 

DREAMS COME TRUE 「LOVE LOVE LOVE」

YouTube動画はこちら

DREAMS COME TRUE「LOVE LOVE LOVE」が1990年代の曲でおすすめの理由

誰もが耳にしたことがあるDREAMS COME TRUEのせつないラブソングです。 この曲は、ゆったりとしたリズムとメロディーが聴いていても歌っていても心地が良いです。(20代女性)

 

 

モーニング娘。 「LOVEマシーン」

YouTube動画はこちら

モーニング娘。「LOVEマシーン」が1990年代の曲でおすすめの理由

聞くと元気が出る曲で、ノリもよく見よう見まねで踊れてしまうところです。 また、歌う人だけでなく合いの手を入れるところもあるので大人数でも楽しめるところもおすすめです。 一度聞けばメロディーが頭に残る名曲だと思うのでおすすめさせてください。(20代女性)

 

 

V6 「MUSIC FOR THE PEOPLE」

YouTube動画はこちら

V6「MUSIC FOR THE PEOPLE」が1990年代の曲でおすすめの理由

サビの2回目の「翼を広げて」では、後列の人が前列のしゃがんでいる人の左から右へ足でアーチを描くようなパフォーマンスがあります。 このパフォーマンスを20年以上続けているからか、キレが良くなっているところに魅力を感じます。(20代女性)

 

 

今井美樹 「PRIDE」

YouTube動画はこちら

今井美樹「PRIDE」が1990年代の曲でおすすめの理由

キラキラした恋心のような甘酸っぱい感覚が曲を聞いているとそんな気持ちになります。曲調がキラキラして、歌声も優しいので寝る前のヒーリング曲として聞けるのでお薦めします。(20代女性)

 

 

JUDY&MARY 「RADIO」

YouTube動画はこちら

JUDY&MARY「RADIO」が1990年代の曲でおすすめの理由

JUDY&MARYの曲の中で、1番可愛いと思う曲だからです。特に英語の歌詞で呼び掛けるところが好きです。(30代女性)

 

 

原田知世 「Romance」

YouTube動画はこちら

原田知世「Romance」が1990年代の曲でおすすめの理由

スウェーデンのヒットプロデューサーによる北欧の香りがする原田知世の名曲。春風と透明感を感じる爽やかさが魅力の曲です。(50代女性)

 

 

SMAP 「SHAKE」

YouTube動画はこちら

SMAP「SHAKE」が1990年代の曲でおすすめの理由

カラオケに行って、SMAPメドレーを必ず歌う人がいるので、その後にSHAKEだけを歌うのもお決まりの選曲になっています。みんなで盛り上がれて良いです。(30代女性)

 

 

ブラックビスケッツ 「Timing」

YouTube動画はこちら

ブラックビスケッツ「Timing」が1990年代の曲でおすすめの理由

バラエティー番組から生まれたユニットの曲ですが、今でも大好きです。特徴の違うボーカルお三方の声がとても魅力的で、ノリが良く、元気がもらえる曲です。疾走感のある曲調で、聞いているとわくわくしてきます。(30代女性)

 

 

岡本真夜 「TOMORROW」

YouTube動画はこちら

岡本真夜「TOMORROW」が1990年代の曲でおすすめの理由

確か阪神淡路大震災が発生した直後に登場した楽曲だったと思います。この歌を聞いてだいぶ励まされ、生きる活力をもらいました。(40代男性)

 

 

Jamiroquai 「Virtual Insanity」

YouTube動画はこちら

Jamiroquai「Virtual Insanity」が1990年代の曲でおすすめの理由

メロディー、アレンジ、曲の完成度の高さなどスタイリッシュでキャッチーなアシッド・ジャズサウンドに当時はインパクトを受けました。 ユニークでクオリティーの高いプロモーションビデオも含めてジェイ・ケイのクリエイティブな音楽と映像の世界観をおすすめします。(30代女性)

 

 

V6 「WAになっておどろう」

YouTube動画はこちら

V6「WAになっておどろう」が1990年代の曲でおすすめの理由

元気付けてくれる前向きな歌詞と、明るくポップなメロディーを聴くと自然と体が動き出してしまうV6の名曲です。(20代女性)

 

 

rough laugh 「WEEKENDのJAZZMAN達へ」

YouTube動画はこちら

rough laugh「WEEKENDのJAZZMAN達へ」が1990年代の曲でおすすめの理由

とにかくおしゃれでカッコイイ曲調とシュールな歌詞。ジャズ好きなら初っ端から引き込まれると思います。もちろん間奏も抜かりなしで、最後までアップテンポで楽しく聴けるところもいいです。(30代女性)

 

 

GLAY 「Winter, again」

YouTube動画はこちら

GLAY「Winter, again」が1990年代の曲でおすすめの理由

真っ白な雪の光景が思い浮かぶ曲。胸を締め付けらるような寒さと、誰かを想う気持ちがひしひしと伝わってくるような曲です。(30代女性)

 

 

CHARA 「YEN TOWN BAND Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」

YouTube動画はこちら

CHARA「YEN TOWN BAND Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」が1990年代の曲でおすすめの理由

どこか昔懐かしくなるような、ノスタルジックなメロディが心地よいです。チャラさんのベビーボイスと曲調がマッチしています。(30代女性)

 

 

B’z 「ZERO」

YouTube動画はこちら

B’z「ZERO」が1990年代の曲でおすすめの理由

稲葉さんのかっこよさと松本さんのギターのうまさがきわだっています。いやなことがあったり、人生をリセットさえたいとか思ったときにピッタリの曲かな。(50代男性)

 

 

奥田民生 「イージューライダー」

YouTube動画はこちら

奥田民生「イージューライダー」が1990年代の曲でおすすめの理由

この曲は私が一番好きな奥田民生の曲です。のんびりした感じの曲で、何回聞いていても疲れないのでいいです。(40代男性)

 

 

LINDBERG 「いますぐkiss me」

YouTube動画はこちら

LINDBERG「いますぐkiss me」が1990年代の曲でおすすめの理由

90年代で一番好きな曲です。 カラオケでも歌たったり 口ずさみながら盛り上がれる曲で 他の歌手も歌っていて私は好きです。(20代女性)

 

 

BBクィーンズ 「おどるポンポコリン」

YouTube動画はこちら

BBクィーンズ「おどるポンポコリン」が1990年代の曲でおすすめの理由

子どもたちが毎日の様にこの歌を大きな声で歌っていたのを思い出します。陽気で賑やかなリズミカルなテンポは大人も自然に一緒に歌い始める曲でした。当時はどこの幼稚園、小学校の運動会で流されていた曲でとても懐かしく感じると同時に子どもたちの成長に感謝です。(70代女性)

 

 

SMAP 「オリジナルスマイル」

YouTube動画はこちら

SMAP「オリジナルスマイル」が1990年代の曲でおすすめの理由

カラオケに行くと、SMAP好きな方がいたら、必ずみんなで歌う歌の一曲です。元気になれそうな歌詞がとても良いと思います。(30代女性)

 

 

SMAP 「がんばりましょう」

YouTube動画はこちら

SMAP「がんばりましょう」が1990年代の曲でおすすめの理由

選抜高校野球の行進曲に使われたり、震災の応援ソングとしても歌われたりと、いろんな場面で日本を勇気づけてきた曲だからです。(30代女性)

 

 

たま 「さよなら人類」

YouTube動画はこちら

たま「さよなら人類」が1990年代の曲でおすすめの理由

おとなになって、この曲の良さが分かりました。 少し個性的な音楽と、意味深な歌詞が魅力的すぎる曲だと思います。(30代女性)

 

 

ミスターチルドレン 「シーソーゲーム」

YouTube動画はこちら

ミスターチルドレン「シーソーゲーム」が1990年代の曲でおすすめの理由

この曲はミスターチルドレンの曲の中でもアップテンポな曲で気分が上がります。ドライブに出かけたときなどに聞くと一番いいです。(40代男性)

 

 

スピッツ 「チェリー」

YouTube動画はこちら

スピッツ「チェリー」が1990年代の曲でおすすめの理由

幼い恋心がきゅんと来る。こう思い起こせば、90年代には今にないキュンキュンする歌詞の歌が多かったなあ。(20代女性)

 

 

森川美穂 「ブルーウォーター」

YouTube動画はこちら

森川美穂「ブルーウォーター」が1990年代の曲でおすすめの理由

疾走感のある歌。 済んだ透明感のある歌声。 伸びやかでツヤがあり魅力的。 ルックスも最高。 お勧めの曲。(40代男性)

 

 

JITTERIN’JINN 「プレゼント」

YouTube動画はこちら

JITTERIN’JINN「プレゼント」が1990年代の曲でおすすめの理由

男にもらったプレゼントをただ羅列している歌詞は斬新、でもなんだか理解できてしまう不思議な曲。メロディーもキュンとくるのでお気に入りです。(30代女性)

 

 

SOPHIA 「もしも君が迷ったなら」

YouTube動画はこちら

SOPHIA「もしも君が迷ったなら」が1990年代の曲でおすすめの理由

とにかく歌詞がいいです。特に2番。飾らずに真っ直ぐに、当時の彼らのリアルな思いが伝わってくる気がします。辛い時に元気にしてもらいました。(40代女性)

 

 

大黒摩季 「ら・ら・ら」

YouTube動画はこちら

大黒摩季「ら・ら・ら」が1990年代の曲でおすすめの理由

子育て真っ最中に流行したした曲で子供と一緒に口ずさみました。『すっとずっとずっと…一緒にいようね』という歌詞が娘と自分に安心感をもらえました。(50代女性)

 

 

Something Else 「ラストチャンス」

YouTube動画はこちら

Something Else「ラストチャンス」が1990年代の曲でおすすめの理由

テレビを見ていたら偶然流れてきた曲で、歌詞がストレートに聴く人の印象に残るものだと思います。 解散してしまったのが残念です。(20代男性)

 

 

KinKi Kids 「愛されるより 愛したい」

YouTube動画はこちら

KinKi Kids「愛されるより 愛したい」が1990年代の曲でおすすめの理由

「愛されるより愛したい」と、初めて考えるきっかけを与えてくれた曲です。2人の伸びのある声が心地よく響いていました。(30代女性)

 

 

B’z 「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」

YouTube動画はこちら

B’z「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」が1990年代の曲でおすすめの理由

長い曲のタイトルを聞いた時はびっくりした。この曲は学生時代に運動会の応援歌に使われた曲なので、印象が深い。(30代女性)

 

 

KinKi Kids 「雨のMelody」

YouTube動画はこちら

KinKi Kids「雨のMelody」が1990年代の曲でおすすめの理由

昭和の歌謡曲のような、どこか懐かしい感じのするメロディーが耳に心地いい曲です。激しい失恋を経験した男性目線の歌詞ですが、女性でも共感できるところがあり、あまり悲壮感を感じないという、不思議な魅力があります。(30代女性)

 

 

ゆず 「夏色」

YouTube動画はこちら

ゆず「夏色」が1990年代の曲でおすすめの理由

青春真っ盛りの時に聴いた曲でとても思い入れがある曲です。みんな知ってる曲カラオケでも必ず盛り上がります。(30代男性)

 

 

竹内まりや 「家に帰ろう(マイスイートホーム)」

YouTube動画はこちら

竹内まりや「家に帰ろう(マイスイートホーム)」が1990年代の曲でおすすめの理由

1992年に発表された竹内まりやの代表曲といってもいい曲。恋愛の歌が多かった中で夫婦や家族をテーマにした曲で、当時としてはとても新鮮だった。ドラマの主題歌やCMにも器用された。(50代女性)

 

 

中島みゆき 「空と君のあいだに」

YouTube動画はこちら

中島みゆき「空と君のあいだに」が1990年代の曲でおすすめの理由

小学生のとき大流行したドラマの主題歌だったからです。 子どもながらに中島みゆきさんの強い歌声に感動したこともよく覚えています。(30代女性)

 

 

Mr.Children 「君がいた夏」

YouTube動画はこちら

Mr.Children「君がいた夏」が1990年代の曲でおすすめの理由

歌詞に共感できる。切ない感じとかが好きです。また、Mr.Childrenが好きなのでデビュー曲をおすすめ曲として選びました。(20代女性)

 

 

米米クラブ 「君がいるだけで」

YouTube動画はこちら

米米クラブ「君がいるだけで」が1990年代の曲でおすすめの理由

当時ヒットしていたし、ボーカルのカールスモーキー石井の声がよいと思います。明るい雰囲気が90年代っぽいなと思います。(40代女性)

 

 

スピッツ 「君が思い出になる前に」

YouTube動画はこちら

スピッツ「君が思い出になる前に」が1990年代の曲でおすすめの理由

中学生の頃に、友人から誕生日プレゼントとしてもらったベストアルバムに収録されていた一曲で、ボーカルの草野さんの透き通った歌声と、切ないメロディーがたまらなく素敵で、カラオケでよく歌います。聴くたびにいいなぁと思える名曲です。(20代女性)

 

 

DREAMS COME TRUE 「決戦は金曜日」

YouTube動画はこちら

DREAMS COME TRUE「決戦は金曜日」が1990年代の曲でおすすめの理由

これから告白する時などの、ドキドキやワクワク、不安や期待を全て織り交ぜて表現してくれている曲。物事を決断する時に聴きたい、勇気の出る曲です。(30代女性)

 

 

高橋洋子 「魂のルフラン」

YouTube動画はこちら

高橋洋子「魂のルフラン」が1990年代の曲でおすすめの理由

1990年ってアニメ全盛期だったと思うんですよね。 数々の名作アニメがあってそれを盛り立てるOP、ED曲もまた全盛期だったと思います。 色々名作アニメがあった中、何が一番盛り上がったかなと考えた時、エヴァンゲリオンが一番世間的には盛り上がっていたなと思います。 当時は僕自身も漫画を買っていました。 エヴァの名曲で残酷な天使のテーゼと魂のルフランがあります。どちらがいいかなと思いましたが個人的に好きな魂のルフランにしました。 何よりかっこいいし力強いですよね!(30代男性)

 

 

松任谷由実 「春よ、来い」

YouTube動画はこちら

松任谷由実「春よ、来い」が1990年代の曲でおすすめの理由

美しい日本語の歌詞と、どこか切なく懐かしいメロディーが、松任谷由実さんのハスキーな歌声にマッチして、とても心にしみます。(20代女性)

 

 

サザンオールスターズ 「真夏の果実」

YouTube動画はこちら

サザンオールスターズ「真夏の果実」が1990年代の曲でおすすめの理由

毎回これを聞くと夏を思い出すので。少し悲しくなるせつない恋愛ソングです。メロディーと歌詞がとてもいい。(20代女性)

 

 

WANDS 「世界中の誰よりきっと」

YouTube動画はこちら

WANDS「世界中の誰よりきっと」が1990年代の曲でおすすめの理由

この歌はバージョンが色々あり、特に有名なのがWANDS&中山美穂さんのバージョンなんですが、賑やかなバージョンより少しバラード系の方が好きだという方は、WANDSさんの方をオススメしたいと思います。織田哲郎さんのバージョンはこのバージョンよりもっとバラード系になります。(30代女性)

 

 

SMAP 「青いイナズマ」

YouTube動画はこちら

SMAP「青いイナズマ」が1990年代の曲でおすすめの理由

「GET YOU!」のところは、カラオケに行ってマイクを回しながらみんなで歌えるので、年齢に関係なく一緒に盛り上がれます。(30代女性)

 

 

森高千里 「渡良瀬橋」

YouTube動画はこちら

森高千里「渡良瀬橋」が1990年代の曲でおすすめの理由

とても落ち着いた曲調で、実際の渡良瀬川のある情景が表現されており、のどかな風景も目に浮かんでくるようです。離れられないくらいいい街の様子が表現されています。(50代男性)

 

 

森高千里 「二人は恋人」

YouTube動画はこちら

森高千里「二人は恋人」が1990年代の曲でおすすめの理由

この曲は私の中で森高千里のイメージが変わった曲です。それまでのイメージでは変わった曲が多いように思い敬遠していましたが、この曲を聞いてイメージが一新されました。(40代男性)

 

 

平松愛理 「部屋とYシャツと私」

YouTube動画はこちら

平松愛理「部屋とYシャツと私」が1990年代の曲でおすすめの理由

最初聞いた時は衝撃的な歌でしたが、結婚した今ではその歌の意味がよく分かります。 結婚する前によ頭の中に流れていた曲です。(30代女性)

 

 

DREAMS COME TRUE 「未来予想図Ⅱ」

YouTube動画はこちら

DREAMS COME TRUE「未来予想図Ⅱ」が1990年代の曲でおすすめの理由

ドリカムの中で一番よく聴く楽曲で詞の内容がやさしく、元気がでる歌だと思います。風景や物語が頭に浮かんできます。(40代女性)

 

 

T-BOLAN 「離したくはない」

YouTube動画はこちら

T-BOLAN「離したくはない」が1990年代の曲でおすすめの理由

恋愛がテーマの曲です。「離したくはない」の歌詞のリフレインが情景をよく思い浮かべられます。森友嵐さんの低音から高音のシャウトまで聞くことができる曲です。(50代男性)

 

 

篠原涼子 with t.komuro 「恋しさと せつなさと 心強さと」

YouTube動画はこちら

篠原涼子 with t.komuro「恋しさと せつなさと 心強さと」が1990年代の曲でおすすめの理由

今では女優として大活躍する篠原涼子が、小室哲哉プロデュースで女性ソロとして初めてダブルミリオンを達成した曲です。(30代女性)

 

 

鈴木雅之 「恋人」

YouTube動画はこちら

鈴木雅之「恋人」が1990年代の曲でおすすめの理由

男性から女性への思い、恋人への思いがよく表現されています。恋愛が不確実性であることを歌い上げて、将来は恋愛成就を成し遂げたいという思いがよく表現されている。(50代男性)

 

 

米米CLUB 「浪漫飛行」

YouTube動画はこちら

米米CLUB「浪漫飛行」が1990年代の曲でおすすめの理由

JAL沖縄のcmソングでしたね。私はもともと沖縄の海に憧れを持っていたのですが、cmと音楽が夏の沖縄!という感じでインパクトが強く、すごく印象に残っています。私もトランクひとつで出かけたくなりました。(40代女性)

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です