コメディ映画おすすめ62選(邦画編)

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめのコメディ映画(邦画編)

 

1.ステキな金縛り

コメディ映画(邦画)「ステキな金縛り」がおすすめの理由

三谷監督作品で笑いが盛りだくさんあり元気をもらえます。霊が証人というあり得ない設定に惹き付けられコメディーですが最後には感動も待っていて心が暖まる映画です。難しい話しではないので親子で楽しめておすすめです。(30代女性)

何より発想からテンポ全てが良いです。 映画を見に行ったのですが、要所要所で周りから笑い声も聞こえ普段の静かな映画とは全く違うものでした。 最後もとても良く終わってエンディングまで楽しく見させてもらいました。(30代男性)

とにかく西田敏行さんのお芝居が面白いです!絶妙なセリフの間と表情に大爆笑間違いなしです。そしてさすが三谷作品!出演陣が豪華過ぎます。基本コメディなのかと思いきや最後はホロリと泣ける映画になっており、分かりやすく見易い映画だと思います。(20代女性)

幽霊が裁判の証人をするという斬新ながら興味深い設定の中、様々な幽霊モノあるあるを活かしたシーンがあり、西田敏行さんの演技も相まってコメディ作品としてとても洗練されていると思います。特定の人にしか、見えない、声が聞こえないと言う設定がありましたが、ファミレスでソーダを泡立てる段階で見えない、触れない、声が聞こえなくとも風か息を使った何かで、やり取りをするんだろうなと言うことは容易に想像できてしまうかと感じました。最後で、裁判で上手くいったので肝心なところで、父親が見えないと言う展開に持っていったのは、なるほど、素晴らしい。と感じました。父親にハグされるシーンでも、抱きしめられているから動けない。父親は霊なので金縛りの状態。素敵な金縛りだなとタイトルにもなるほどと感じる作品でした。(50代男性)

とにかく面白いです。落武者の幽霊役の西田敏行さんが、流石の演技。深津絵里さんもとても可愛らしいです。落武者の幽霊に法廷での証言を依頼するという、現実にはあり得ない突拍子もないストーリーなのに、どんどん引き込まれていきました。展開の速さと脇役にも有名人がどんどん出てくるので、目が離せないのです。笑って泣ける映画でした。エンディングの深津さんと西田さんの歌も素晴らしかったです。(40代女性)

人気監督の三谷幸喜作品です。まさに三谷ワールド全開でした。これはまさかの幽霊まで登場するといった内容で、落ち武者扮する幽霊の西田敏行がもう本当面白く、深津絵里とのかけあいは最高でした。また音楽もとてもよかったです。(30代女性)

 

 

2.銀魂

コメディ映画(邦画)「銀魂」がおすすめの理由

大人気ジャンプ漫画「銀魂」を実写にしてしまうという大胆さ。漫画のぶっ飛び感を豪華な俳優陣で全力でやってしまい、色んな業界からから怒られるのではないかという、ある意味ドキドキハラハラなコメディ映画です。とにかく俳優が豪華です。原作が大好きな私は、俳優によるコスプレ大会だと思っていましたが、原作を愛する気持ちがしっかり出ていることや、その内容の濃さに感服しました。そこまでやっていいの!?というこの映画を是非オススメしたいと思います。(20代女性)

人気コミックの実写で主演の小栗旬や菅田将暉や橋本環奈が共演していてとにかく笑って泣けてギャグコメディーで面白いです。適役の高杉晋助の堂本剛がクールで素敵でした。主人公の坂田銀時を演じた小栗旬と適役の岡田以蔵を演じた新井浩文のバトルシーンは迫力があり面白く全体的に見ていて楽しい作品でした。(40代女性)

初めて見たときは、その奇想天外振りに驚くが、そのハチャメチャ振りがとても楽しい.ぶっ飛んだ内容と出てくる人物がみんな個性的で魅力溢れる作品に仕上がっています。特に、主演の小栗旬さんの剣使いが素晴らしくて、戦いのシーンは迫力一杯。とにかく楽しめる作品です。(50代女性)

原作のストーリーを忠実に再現した映画になっており、ギャグの内容も面白いです。また、コメディ要素だけでなくアクションシーンもあり、出演キャストも豪華です。 みんなで楽しく映画を見たい時や、辛いことがあった時にも面白いギャグとスカッとするアクションが盛り込まれたこの映画はおすすめです。(20代男性)

漫画の実写版は、いつもは観ないのですが、予告が面白くて観ました。予告だけでなく、本編もとても面白く、配役が、ハマっていると思います。特に、神楽役の橋本環奈が、おもいっきり変顔している所が可愛いくて、神楽に寄せて頑張っています。漫画やアニメの雰囲気は、実写で出すのは難しいですが、それをカバーするバラエティ力があります。(30代女性)

漫画が原作であるこの作品は、原作を忠実に再現しているため原作ファンにはとても嬉しい作品。コメディ漫画らしく、見ているこっちをワクワクさせる演出がたくさんあります。もちろん原作を知らない方でも笑って泣けるストーリーです。(20代女性)

 

 

3.謝罪の王様

コメディ映画(邦画)「謝罪の王様」がおすすめの理由

コメディタッチで、ストーリー展開が軽快で早い割に全ての話が繋がっているので、最後まで飽きずに見る事が出来ます。阿部サダヲさんの個性豊かなキャラクターをはじめ、周りの方々も個性的です。伏線が多いので、話になっている以外にも伏線があるのかもと考えてしまうからです。(30代女性)

阿部サダヲさん最高です!出てくるキャストの皆さんもキャラが濃くて、なんかやりそうな雰囲気に、ずっとうすら笑い浮かべて見てました。岡田将生さんもすごいハジけた俳優さんなんですね。振り幅ひろい役者さんだなぁと感心しました。(40代女性)

基本的に阿部サダヲが出演している作品は面白いと思っています。 この映画はE-girlsの曲で盛り上がるようなところがあると思っています。 曲と俳優さんの演技がマッチしていて見ていて気分もいいし、面白いし、見終わった後も「楽しかったな~」と思えます。 何度も見たい作品です。(30代女性)

謝罪をテーマにした映画は初めてみました。今までにはないような映画で面白いと感じました。謝罪を極めたら最高級の謝罪をすることができると面白い考えがユーモアがあり笑いを誘いました。おもしろいのでとてもおすすめです。(20代男性)

謝罪を専門の会社を経営する主人公が、様々な悩みを抱えた依頼人たちの要望に応えていくストーリーです。コメディタッチで笑える場面も多く、依頼人それぞれの人生についても触れられていて、見ていて飽きない映画です。(20代女性)

 

 

4.THE 有頂天ホテル

コメディ映画(邦画)「THE 有頂天ホテル」がおすすめの理由

元々三谷幸喜の作品が好きということもあったので見てみようと思ったのが最初のきっかけでした。内容は期待を裏切らず、クスッと笑える箇所がたくさんあり、爆笑できる箇所ももちろんあり、でも登場人物のそれぞれの人生の悩みや大変なところも出てきて、ただただ面白いだけでなく、同感したり一緒に悩んだりできる所もあり、充実した内容でした。そして最後にはハッピーエンドという事も好きなところです。(30代女性)

三谷ワールド全開であり、著名な役者陣をふんだんに使い、舞台のようなカメラワークで、テンポよく進みます。ユーモアたっぷりでありながら、まさに笑いあり涙ありの演出で、最後は全て伏線を回収するという鮮やかさを見せます。(50代男性)

大晦日を迎えて慌ただしさが増していく高級ホテルを舞台にして、三谷幸喜監督が贈る劇場公開映画第3弾になります。豪華なキャストが繰り広げていくコミカルな演技と、次から次へと舞い込んでくる予想外のトラブルが楽しかったです。(30代男性)

三谷幸喜監督作品のドタバタ喜劇です。新年のカウントダウン・パーティーを、あと2時間で迎える大晦日のホテルで起こるドタバタ喜劇を、役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取信吾それに篠原涼子などのそうそうたる俳優陣が演じてくれます。このカウントダウン・パーティーを成功裏に行うことが副支配人の新堂平吉に課せられた責務です。この副支配人役に役所広司が扮してシリアスな役とはまた違った役どころで見事な演技を見せてくれます。ご家族お揃いで見られても面白い作品だと思います。(70代男性)

 

 

5.テルマエ・ロマエ

コメディ映画(邦画)「テルマエ・ロマエ」がおすすめの理由

古代ローマ人が現代にタイムスリップという発想がユニーク。顔の濃い日本人キャストがローマ人を演じているのも面白い。原作がマンガだけあって、主演の阿部寛のオーバーな演技ひとつひとつが笑いを誘う。BGMも世界観にマッチ。(30代女性)

とにかく日本の濃すぎる顔した有名俳優陣を全て集められているような感じです。相変わらず渋いコメディが本当にうまくておもしろい阿部寛。銭湯の話でこんなにおもしろおかしく、しかもこのローマ人役でアカデミー賞をとった作品です。(30代女性)

古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまうという古代ローマと現代日本の“風呂”をめぐる冒険を描いたファンタジックコメディ映画です。過去と現在で変わった文明、考え方、一方で過去も現在も変わらない人々の温かさや活力を、お風呂というものを媒介として、コミカル且つ感動的に描いていた。タイムスリップという現象に対する登場人物の動揺を描くシーンが限りなく少なくなるように省かれていて、テンポが早く観やすかった。劇中での主言語が日本語とラテン語にそれぞれが入り混じった状態でコロコロ交代していくのは新しいアイデアで、映像でしかできない工夫だと思った。(50代男性)

現代にタイムスリップしたローマ人が、日本のお風呂文化を学ぶコメディ映画。阿部寛、市村正親、小澤征悦など日本人なのにローマ人にしか見えない濃い顔のキャスティングが絶妙!日本人のことを「平たい顔族」と呼んだり、言葉のチョイスも笑いを誘う映画。(30代女性)

 

 

6.舞妓Haaaan!!!

コメディ映画(邦画)「舞妓Haaaan!!!」がおすすめの理由

阿部サダヲ演じるこの映画は阿部サダヲのユーモアのある演技でとても面白い映画だと思います。舞妓さんの世界が映画の中で詳しく取り上げられるものがあまりないとおもってましたので、私の中では新しい感情で見ることができとてもよかったのでおすすめします。(20代男性)

主人公の演技がかなり良く本当に笑える映画です。キレイな舞妓さんもじっくり見ることが出来で良かったですし、尚且舞妓さんの世界も知ることができるので、その点も興味深かったです。京都の古き良き町並みも映画から観ることができ日本ならではの映画でした。(20代女性)

人気俳優の阿部サダヲと人気脚本家の宮藤官九郎との最強タッグの映画です。阿部サダヲを存分に生かされた笑いがいっぱい詰まっています。妖艶な舞妓さんも素敵でしたが、健気に頑張る柴咲コウもとても良かったです。(30代女性)

阿部サダヲ長編映画初主演で、宮藤官九郎脚本と、面白いこと間違いなし。舞妓はんと野球拳がしたい主人公があの手この手で、舞妓はんに気に入られようと奮闘する。七変化も見所。京都の人もイントネーションが気にならないくらいおすすめ。(30代女性)

 

 

7.カメラを止めるな!

コメディ映画(邦画)「カメラを止めるな!」がおすすめの理由

評判を聞いて映画館に足を運びました。 最初は「え、本当にこれが人気あるの?!」と思っていましたが、シーンが切り替わった瞬間まるで見える世界がかわりました。今までの謎や不思議なカメラワークの謎が解け、出演者たちも愛着が持てるようなキャラクターでとても好きになりました。 一つの作品が色々な角度から楽しめとても面白かったです。 どんでん返しが面白いので最初つまらなくても騙されたと思って最後まで見てほしいです。(20代女性)

内容としては始まってしばらくの間はゾンビもののホラー映画だと思っていました。特に内容的にもB級以下で何が面白いのかと思っていましたが、所々謎な部分があったりしたのでなんだろうと思っていたらゾンビ物の映画を撮影するという内容の映画でなんでこうなっていたのかという謎も後にしっかり分かりスッキリしましたし、何より後半からの面白さが半端ないです。ただこの映画どんな内容かを多少でも知ってしまうと面白さ半減なので知らない方がいいと思います。(20代男性)

ホラー映画は苦手でしたが、必ず笑える、絶対ネタバレでしてはいけないという前評判のSNSを見て、あまり劇場には行かない私が劇場に足を運びました。前半部分の映像にはややグロさを感じましたが、やはり評判通り後半はネタバレのオンパレードで、しかもほろっとさせる場面があり、日本中で話題になる映画はちがうと感じました。(40代女性)

 

 

8.ザ・マジックアワー

コメディ映画(邦画)「ザ・マジックアワー」がおすすめの理由

笑えるところもあり面白いコメディ映画だと思います。現実味はまったくない話ですが、その世界観に入ることができて、引き込まれます。キャスト陣も豪華で見ごたえがあり、ちょっと元気を出したいときでも見れるおすすめな映画です。(30代女性)

暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を取られる代わりに伝説の殺し屋を連れてくると約束するが見つけられず、無名の俳優に映画の主役をして欲しいと嘘をついて、伝説の殺し屋の芝居をさせるというのがメインのストーリーです。無名の俳優の役の佐藤浩市さんは、熱いキャラだけれども凄く天然で、途中どうして気付かないの?ということが繰り返されてて、とても面白いです。ボスの役の西田敏行さんは暗黒界のボスのときはとても恐ろしい雰囲気があるのですが、愛人の前ではコミカルでかわいらしいギャップのあるキャラです。そこがすごく面白くて魅力的です。佐藤さんと、西田さんの演技力抜群な2人のキャラクターに、ぐっと引かれる作品です。(40代女性)

三谷幸喜監督の作品で、役者が豪華な布陣になっており、そして内容が面白く佐藤浩市の演技が素敵すぎます。深津絵里や妻夫木聡といった役者さんたち、常連の西田敏行といった役者さんたちもコミカルに盛り上げています。(20代男性)

 

 

9.HK変態仮面

コメディ映画(邦画)「HK変態仮面」がおすすめの理由

凄くバカバカしいですが、本気でやってるところがめっちゃ笑えます。絶対にあり得ないけど、最後にはストーリーにハマっていきます。そのタイトル通りで、ただの變態ですがそのために肉体も作ってる鈴木亮平さんって俳優さんですね。(40代女性)

子供が見てもよろしいものか迷う点はありますが、映画では人間の欲というものを最大限に表現している映画だと感じています。変態が変態から地球を救うという奇妙なシチュエーションではありますが、見ていておもしろいのでおすすめします。(20代男性)

 

 

10.ギャラクシー街道

コメディ映画(邦画)「ギャラクシー街道」がおすすめの理由

普段はコメディな映画やドラマに出ないような俳優さんがたくさん出ています。地球に住んでいる私達にはわからない、宇宙人の当たり前の生活を見せてくれているような感じです。面白い意味不明な場面や、最後には意味不明な感動を感じさせてくれます。(20代女性)

舞台は宇宙の地球でいうと主要の道路にあるレストランで起きるさまざまな怪事件が見所の映画です。出てくるのはエイリアンを演じる人たちばかりでユーモアあふれる内容になっています。変な人たちの集まりみたいになっていますが、とてもおもしろいのでおすすめです。(20代男性)

 

 

11.サバイバルファミリー

コメディ映画(邦画)「サバイバルファミリー」がおすすめの理由

東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。ある朝突然、電気を必要とするすべての物が使えなくなる。1週間経っても電気は戻らず、不自由な生活が続く中、冴えないお父さんが東京を脱出する決断をする。電気で暮らしてる人間って、こういう事態になるとホント弱いなって思う。一番強いのは農家。ラスト、あのまま海の街に住み続けることはしなかったのかと少し残念に思いました。(50代男性)

絶望的な状況下で人々が演じる悲喜こもごもの人間模様が楽しい。本作は決して悲観的にならず、むしろ一貫して観客を笑わせにくる姿勢には脱帽。ラストは想像通りだが、そこまでの展開に気持ち良く裏切ってもらえる。主人公夫婦のドラマが核になっていて、それが最高に楽しい作品である。(40代男性)

 

 

12.トリック 劇場版

コメディ映画(邦画)「トリック 劇場版」がおすすめの理由

仲間由紀恵と阿部寛を世に送り出した傑作。懐かしのギャグやおふざけをふんだんに取り入れられていて、笑いながら見ていられる。二人の、つかず離れずの距離感がもどかしく感じさせるのもいい。結婚を発表したときに出したコメントも、両方ともに秀逸だった。(50代男性)

ドラマシリーズの映画版。仲間由紀恵と阿部寛, 生瀬勝久さんのやり取りがおもしろい。監督の堤 幸彦さんの作品のの中でもこのトリックシリーズが一番のおすすめであり最高の作品だとおもいます。何度見ても飽きません(30代男性)

 

 

13.ハッピーフライト

コメディ映画(邦画)「ハッピーフライト」がおすすめの理由

面白いだけではなく、社会人として働くこと、接客の仕方、トラブルがあったときの対処法も学べました。そしてなにより女性のあこがれの職業であるCAが普段どういった仕事をしているのか知ることができて興味深かったです。(20代女性)

まず主人公の綾瀬はるかがCAの制服もぴったり似合っていて可愛い、綺麗。女の子の憧れの職業CAの裏側も垣間見れて、とても面白かったです。機内だけでなく飛行機一機飛ばすのに多くの人が携わっていることもわかります。1フライトの中に、様々な人の人生が映し出されていて、心が温まる映画でした。(30代女性)

 

 

14.ハンサム★スーツ

コメディ映画(邦画)「ハンサム★スーツ」がおすすめの理由

谷原章介と塚地武雄のダブル主演映画作品です。脚本は人気脚本家の鈴木おさむでオリジナルなるなんですが、この対照的な二人のルックスを存分に使い、人生やはり見た目も大事だと考えさせられる爆笑しまくりの作品です。(30代女性)

気楽に観れる映画でした。見た目や、役職、名称などを気にする日本人。そんな中、人は見た目だけでは無いという事を改めて教えてくれました。コメディーでありながら、人間性について教えてくれる、内容のある映画でした。(40代女性)

 

 

15.下妻物語

コメディ映画(邦画)「下妻物語」がおすすめの理由

ロリータとヤンキーの友情物語という設定自体がすでに面白いですが、ストーリーもかなり笑えます。ですがただ面白いだけではなく、系統が全く違う2人がそれぞれの特技を活かしながら助け合い距離を近づけていくというストーリーがしっかりとしているところも好きです。(20代女性)

この「下妻物語」の主人公は、ロリータ・ファッションを愛する高校生として深田恭子が主演している。そしてレディースと茨城県から東京の代官山まで行くという楽しい話である。バイクに乗って2人で代官山までいくのだが、ロリータ・ファッションのままバイクにまたがっていく姿が可愛らしかった。(50代女性)

 

 

16.鍵泥棒のメソッド

コメディ映画(邦画)「鍵泥棒のメソッド」がおすすめの理由

売れない役者が銭湯で転んで記憶喪失となった殺し屋とコインロッカーのカギをすり替えて入れ替わって生活する話です。主人公の自殺未遂理由は貧困ではなく女性問題とのことだが、それは泥棒の理由にはなってなくて、どんな言い訳しようと性根の悪さは否定できませんと思います。堺雅人演じる桜井のパートになると、どうも歯痒いものがあったり、水嶋香苗と、自分を桜井だと思い込んでいるコンドウ二人のパートになるとどうにも目が離せず、程良いテンポで話が進んでいきます。(50代男性)

この映画は殺し屋という怖い人物をとても面白いものにしています。殺し屋の人生を役者が歩むことがとてもおもしろいです。最初っから最後まで逆転の世界なのでハラハラする場面やドキドキの場面が多くあり、面白いです。(20代男性)

 

 

17.超高速!参勤交代

コメディ映画(邦画)「超高速!参勤交代」がおすすめの理由

東北にある1万5千石の弱小藩が「5日以内に参勤交代しないと藩を取り潰す」と江戸幕府に宣告され、藩の存亡をかけて前代未聞のスピードで参勤交代に向かう話です。お金が無いためどんな手段でも厭わずに様々な困難に立ち向かう主人公たちの様子が、とても滑稽で笑いが止まりません。また所々に友情や恋愛のドラマも見られ、笑いと同時に涙も誘う名作映画です。(20代女性)

豪華俳優陣が出演、時代劇のあん金交代をコメディタッチで描く面白い作品だった、キャストの個性も面白く描かれている、様々な難問を知恵と行動力・判断力で解決していく痛快コメディでありながらアクションシーンは迫力満点。(40代男性)

 

 

18.釣りバカ日誌

コメディ映画(邦画)「釣りバカ日誌」がおすすめの理由

この映画は、ただ面白いです。浜ちゃん、すーさん、みちこさん、はっちゃん、みちこさんは石田エリの方ですよ、こっちの方がかわいいからです。浜ちゃんとみちこさんの合体が良いです。エロい事がこんなにもエロく無い映画は無いですね。(40代男性)

後にシリーズ化され20作も作られるとは原作者、映画関係者、キャストも予想してなかっただろう痛快ハチャメチャコメディ。大人がコメディをやるとちょっと引くけど、最初の作品でありながらアドリブ全開で観る人を楽しませてくれる。(40代男性)

 

 

19.12人の優しい日本人

コメディ映画(邦画)「12人の優しい日本人」がおすすめの理由

当時裁判員制度がなかった日本で、気の弱い一般人が殺人事件を裁くことになったらどうなってしまうのだろう、という発想がとにかく面白いです。大真面目にバカみたいな発想を話し合ったり突飛なことを検証する彼らの姿に笑ってしまいます。(40代女性)

 

 

20.50回目のファーストキス

コメディ映画(邦画)「50回目のファーストキス」がおすすめの理由

この映画は、福田雄一さんが監督されているコメディ恋愛物語です。この映画のオススメポイントは俳優さんの真面目にふざけながらの演技をしている所が面白いです。内容は病気を患って1日で記憶がリセットされてしまう女性にプレイボーイの男性が惚れこんでしまうという切なさもあり、最後には感動出来ます。(30代女性)

 

 

21.DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団

コメディ映画(邦画)「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」がおすすめの理由

人気のアニメ「秘密結社鷹の爪」と、アメコミ映画「ジャスティス・リーグ」による夢のコラボ企画が実現しています。相も変わらず予算不足に悩まされている鷹の爪団が、伝説のヒーローと繰り広げる騒動がユーモアたっぷりです。(30代男性)

 

 

22.ST赤と白の捜査ファイル

コメディ映画(邦画)「ST赤と白の捜査ファイル」がおすすめの理由

わたしは刑事物が好きでよく見ているのですが、この映画はドラマから映画化したもので、主演の岡田将生と藤原竜也の絡みはもちろん他の出演者達のと絡みはとても面白いのが魅力です。頭がいいSTのメンバーはカッコいいし謎を解きながら観るのがオススメです。(20代女性)

 

 

23.That’sカンニング!史上最大の作戦?

コメディ映画(邦画)「That’sカンニング!史上最大の作戦?」がおすすめの理由

単位をとるためにカンニングをして乗り切ろうとする大学生の物語。カンニング自体は良くないことだけどおもしろくて明るい気持ちになれる作品。若さとか友情に感動がある。元気がほしいときに見たい。安室奈美恵さんが出演しているレアな映画。(30代女性)

 

 

24.UDON

コメディ映画(邦画)「UDON」がおすすめの理由

この映画を見るととりあえずうどんが食べたくなります。出演陣もすごく、田舎の景色も人も言葉も、心に響くものが多かった。食に関する仕事をしていることもあり、親父さんの「うまいもん食わせて笑わせることが最高!」という言葉にハッとさせられた。(40代男性)

 

 

25.あぶない刑事

コメディ映画(邦画)「あぶない刑事」がおすすめの理由

ふたりの息がぴったりで見てて楽しいし、面白い。他のメンバーも個性豊かでハラハラ、ドキドキする。シリーズも何作もあって、毎回楽しみしてた。ドラマも、映画もおススメです。刑事ドラマらしからぬ自由なユージ、タカです。(30代男性)

 

 

26.エイプリルフールズ

コメディ映画(邦画)「エイプリルフールズ」がおすすめの理由

7つのエイプリルフールにまつわる「嘘」がテーマのエピソードをクロスオーバーさせながら、それぞれの物語の一見関係なさげな部分の伏線が絡み合い、やがて絶妙に回収されていく流れは小気味よく、内容的にはコメディ寄りのハートフルストーリーなので最後まで安心して楽しめます。ここで繋がるかっていうのが楽しいし、この映画の場合は、それプラスエイプリルフールの「嘘」の要素が加わっていました。(50代男性)

 

 

27.オケ老人!

コメディ映画(邦画)「オケ老人!」がおすすめの理由

若いキャストが頑張って何か結果を出す映画はよくあるけど、老人たちが頑張っている映画は珍しい。主人公の杏は映画初主演が意外だったが、奮闘する姿が可愛らしくベテラン俳優陣をよく束ねていたと思う。現代の高齢化社会を映し出す鏡のような作品。(40代男性)

 

 

28.キサラギ

コメディ映画(邦画)「キサラギ」がおすすめの理由

豪華俳優陣によるミステリーコメディ。話が進むにつれ意外な事実がどんどん判明し最後には全て解決、というところがとてもスッキリするから。一部屋で話が完結しているのも大変おもしろい。2度、3度と見てしまう映画。(10代女性)

 

 

29.ごくせん THE MOVIE

コメディ映画(邦画)「ごくせん THE MOVIE」がおすすめの理由

この映画は凄く面白いです。主人公のヤンクミこと仲間由紀恵が学校の先生で組長の娘で生徒たちとハプニングがあり、最高です。最後はちょっと感動しているし見ごたえがあるので凄く好きです。仲間由紀恵もはまり役でいいです。(40代男性)

 

 

30.サマー・タイムマシンブルース

コメディ映画(邦画)「サマー・タイムマシンブルース」がおすすめの理由

ちょっとおバカな大学生(SFサークルなのにSFの意味を知らない)の青春ドタバタコメディのように思えるけれど、実はきちんと相対性理論の沿っており、伏線もしっかり張られている何度でも観たいスルメ映画です。(20代女性)

 

 

31.サンブンノイチ

コメディ映画(邦画)「サンブンノイチ」がおすすめの理由

品川ヒロシが監督なのでどうかなと思っていましたが、見始めたら映画に引き込まれました。いい意味でタランティーノっぽい感じで、タランティーノへの敬意を込めているのだと思います。スピード感があって、みんなカッコイイ。(40代女性)

 

 

32.シーサイド・モーテル

コメディ映画(邦画)「シーサイド・モーテル」がおすすめの理由

海もないのに“シーサイド”と名付けられた、山奥のさびれたモーテルを舞台に、偶然居合わせたワケあり男女11人が4つの部屋で巻き起こす騙し合いをハイテンションかつエキサイティングに描いたアンサンブル・ストーリーです。全体的にテンポがいいため、引き込まれるシーンも多くあり、それを演じる俳優陣もまた良かったです。それぞれの部屋で客人が紡ぐ物語を軽快なテンポで視点を切り替えながら描いていく客人たちの物語はどれも異質で、そんな客人たちの物語が時に交わり、思いもよらぬ方向へと進んでいくのが面白かった。(50代男性)

 

 

33.シャ乱Qの演歌の花道

コメディ映画(邦画)「シャ乱Qの演歌の花道」がおすすめの理由

97年、ヒット曲も落ち着き何か面白いことをやろうと模索していたシャ乱Qが演技に挑戦。しかも演歌歌手というまたノリと勢いだけで作った感じもあるが、売れなかった時代のエピソードも入れつつ、フジテレビ制作ということもありアナウンサーも多数出演。昔のクレイジーキャッツやドリフのオマージュ的な要素もある。(40代男性)

 

 

34.スウィングガールズ

コメディ映画(邦画)「スウィングガールズ」がおすすめの理由

勉強も特技もない女子高生がジャズと出会い、魅力的な女性になる物語です。主人公の上野樹里をはじめ、楽器未経験者の役者が本気で取り組んだ笑いあり、感動あり楽しい映画でおすすめです。また、ジャズに興味がない人や音楽に縁がない人にも夢中になって楽しめると思います。(20代女性)

 

 

35.デトロイト・メタル・シティ

コメディ映画(邦画)「デトロイト・メタル・シティ」がおすすめの理由

松山ケンイチが大ブレークしだした頃の作品です。このカメレオン役者の演技はさすがです。普段は平凡なポップスが好きな青年が、メタル界で帝王とされているヨハネクラウザーII世として活動するギャップが面白かったです。(30代女性)

 

 

36.テルマエ・ロマエⅡ

コメディ映画(邦画)「テルマエ・ロマエⅡ」がおすすめの理由

古代ローマでテルマエという浴場を作る技師ルシウスと漫画からライターへ転身した真実が、風呂文化を通じて古代ローマと現代日本をタイムスリップしながら、分断した古代ローマの危機を救おうとする笑える場所が随所にある作品です。涙を流すとタイムスリップするという設定も妙ですが、ツッコミどころ満載であるものの独特の世界観が魅力的です。(50代男性)

 

 

37.トリガール!

コメディ映画(邦画)「トリガール!」がおすすめの理由

大学入学早々、ひと目惚れした圭先輩に誘われるまま人力飛行サークルのパイロット班に加入した鳥山ゆきなは、ひょんなことから圭先輩とふたりで飛ぶことを決意するという青春コメディです。 気になったのがパイロット最終決定の時坂場が推薦したゆきなをエンジニア陣は否定していたが、トラウマ改善できていない坂場は特につっこまれず、もう搭乗確定なのは腑に落ちなかった。直前のテスト飛行でもパニクって撃墜してキャプテン怪我させたのは坂場、 トリ大破、作製したエンジニア陣に特に言葉なし。コメディ要素や練習シーンが多くていまいち鳥人間コンテストの内容への理解は深まらなかったけど、それでもかなりの感動を覚えた。素晴らしい、片時も目を離せない作品でした。自転車で走り回りたい気分になる。(50代男性)

 

 

38.のだめカンタービレ 最終楽章

コメディ映画(邦画)「のだめカンタービレ 最終楽章」がおすすめの理由

のだめカンタービレシリーズのファイルになります。千秋とのだめは果たしてどうなるのかとてもドキドキで楽しめます。笑いあり涙ありの作品でこれで話が終わってしまうのが持ったいないくらいです。どの世代が見ても楽しめるのでおススメです。(20代女性)

 

 

39.バーバー吉野

コメディ映画(邦画)「バーバー吉野」がおすすめの理由

飛行機の機内で何気なく観たのですが、強烈な印象を残すいい映画に出会えたなと思いました。でも決して過激な出来事が起こるわけではないです。子供たちが大人の押し付けに反抗して成長していく話です。もたいまさこさんがいい味を出しています。「早めに摘もう非行の芽。子供はやっぱり吉野刈り」という町内放送が頭から離れません。(20代女性)

 

 

40.ぼくたちと駐在さんの700日戦争

コメディ映画(邦画)「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」がおすすめの理由

アホらしいアイディアで警察に捕まらないように奮闘する姿が笑えます。物語もテンポよく進んでいくので、飽きることなく観ることができ、むしろもう終わりかという感じでした。続編も作って欲しいくらい面白い映画でした。(20代女性)

 

 

41.モテキ

コメディ映画(邦画)「モテキ」がおすすめの理由

たくさんのバンドがでてきて、音楽が聞けるので楽しいです。自分の好きなバンドや知っている音楽がでてきたらテンション上がります。フェスに行っているシーンを見て私も行きたくなりました。題名通りモテ期の話なので、綺麗な女優さんがたくさんでてきてファッションとか参考にしたいと思いました。(20代女性)

 

 

42.ヤッターマン

コメディ映画(邦画)「ヤッターマン」がおすすめの理由

主演のヤッターマンは嵐の櫻井翔。ドロンジョ役に深田恭子。アニメでお馴染みのお色気シーンあり、ラブシーンぽいのもあり、元祖のアニメ声優三悪人がキャストとしてカメオ出演するなど子供たちよりむしろ1970年代に子供だった世代に観て欲しい。忘れかけた夢や冒険、童心に帰ってあの頃を思い出させてくれる。(40代男性)

 

 

43.ラブ★コン

コメディ映画(邦画)「ラブ★コン」がおすすめの理由

キュン死にという言葉が映画の中でも出てくるようにキュンキュンする映画です。お互いに身長がコンプレックスのチビな男の子と巨人な女の子の凸凹カップルの絡みが漫才のような掛け合いで面白く見ててほっこりします。漫画が原作なので原作ファンの方にもおすすめしたいです。(30代女性)

 

 

44.リングサイド・ストーリー

コメディ映画(邦画)「リングサイド・ストーリー」がおすすめの理由

プロレスが大好きな売れない役者が巻き起こしていく騒動を、瑛太の主演で描いているロマンティックコメディーになります。甲斐性なしでプライドだけは高い彼氏を、健気に支え続ける彼女の優しさには心温まるものがありました。(30代男性)

 

 

45.映画あたしンち

コメディ映画(邦画)「映画あたしンち」がおすすめの理由

第1作目の映画でとても人気がありヒットした映画で、母とみかんが突然入れ替わってしまうストーリーです。家族の温かさがとても伝わってくる映画だと思います。コメディ的で面白い笑える映画だと思います。とても楽しんで見れる映画です。(20代女性)

 

 

46.鴨川ホルモー

コメディ映画(邦画)「鴨川ホルモー」がおすすめの理由

とにかく、くだらなくて笑えます!山田孝之さんの、濃いのに何にでもなれる演技力が本当に素晴らしいです!馬鹿馬鹿しい事をみんなで真剣にやっている事によって生まれる笑いで、ファンタジー、ラブロマンス、青春等の要素も入っていますので、とってもお勧めです。(40代女性)

 

 

47.銀の匙

コメディ映画(邦画)「銀の匙」がおすすめの理由

主演の二人は凄く自然体でとても演技が上手かった。主役の中島くんは、こんな地味な役も出来たのかと感心しました。イケメンオーラを消して将来に悩む今時の高校生をリアルに演じていました。広瀬アリスは躍動感というか全編に渡って生き生きしていて、主人公が惹かれるヒロインを爽やかに演じていました。(40代男性)

 

 

48.銀魂2 掟は破るためにこそある

コメディ映画(邦画)「銀魂2 掟は破るためにこそある」がおすすめの理由

アニメ銀魂の実写版で第二弾で、第一弾もすごくギャグ性に富んでておもしろかったのですが、第二弾も、ギャグ性に加えて、ドラマチックな演出、豪華なキャスト、感動する場面もあり、とても見応えのある、カッコイイシーンも盛り沢山、とてもおもしろい作品でした。(30代女性)

 

 

49.嫌われ松子の一生

コメディ映画(邦画)「嫌われ松子の一生」がおすすめの理由

色の使い方や映像の取り方がとても面白いです。実写なのに背景が絵だったり、急にエフェクトがキラキラしだしたりとミュージカル調の映画にとてもマッチしています。話自体は決して明るいハッピーエンドとはいえませんが、見ている最中は笑いがとだえることなく、最後はほろりとさせてくれる作品です。中谷美紀さんの歌う曲が耳に残る歌も映像も最高に楽しい作品です。(20代女性)

 

 

50.後妻業の女

コメディ映画(邦画)「後妻業の女」がおすすめの理由

主人公の大竹しのぶ演じる小夜子は金持ち老人らを色香で虜にし後妻になって金品を巻き上げる女で、これまで8人の男と結婚を繰り返していた。前妻の娘たちや私立探偵が小夜子の正体を暴こうと対立する最中に、次のターゲットを狙う小夜子。結婚とは、恋愛とは、幸せとは、家族とは?様々な角度で考えさせられる。(40代男性)

 

 

51.七人のおたく

コメディ映画(邦画)「七人のおたく」がおすすめの理由

当時大ブレイク中だったウッチャンナンチャンや江口洋介、山口智子らが共演し話題に。今となっては珍しくなくなったが当時オタクはあまりいいイメージではなかった。その長所をあえて能力として役立て、母親から奪われた赤ん坊を救うヒーローという切り口は斬新だった。(40代男性)

 

 

52.女の子よ死体と踊れ

コメディ映画(邦画)「女の子よ死体と踊れ」がおすすめの理由

個人的な理由としては、主役の『あのちゃん』が可愛いから。バライティー番組に出演している時と違う声を聞けるので嬉しいです。殺された女の子が生き返って、また死ぬ為に飛び降りたり、焼却炉に入ったり、チェーンソーで身体を切ったりして身体がバラバラになりますが、グロ要素は弱いので、ホラーが苦手な人も見れると思います。ホラーではなく、コメディー要素が強いです。最後には感動もあり、ストーリーも楽しめます。(30代男性)

 

 

53.星降る夜のペット

コメディ映画(邦画)「星降る夜のペット」がおすすめの理由

カメラマンとして独立を目指す青年が、独立資金のためにレンタル彼氏のアルバイトに応募するロマンティックコメディです。自由気ままな雇い主に振り回されていくうちに、何時しか本気で彼女を愛してしまう様子に笑わされました。(30代男性)

 

 

54.大空港2013

コメディ映画(邦画)「大空港2013」がおすすめの理由

佐賀から東京へ向かった飛行機が羽田空港の天候不良により、長野の松本空港を代替え空港として着陸します。普段、離発着の少ない地方空港に一時避難的に降り立つ乗客には、騒動を引き起こす家族には隠し事を抱える父親、娘、祖父、嫁、義理の兄に加え、空港の地上職員にもトラブルを抱えた職員の存在があり、それらの一時的なつながりで起きるドタバタを面白おかしく描かれています。(50代男性)

 

 

55.大誘拐

コメディ映画(邦画)「大誘拐」がおすすめの理由

「日本一のおばあちゃん女優」こと北林谷栄主演のコメディ映画。刑務所を出所したばかりのダメダメ3人組が一発逆転を狙って計画したのは、和歌山県の大富豪柳川とし子刀自の誘拐。誘拐には成功したものの、その後の計画は色々と穴だらけ。それを指摘して、更に的確なアドバイスを与えるのは、何と誘拐された当人であるとし子刀自だった。完全に「首謀者」となってしまったとし子刀自。彼女の意図はどこにあるのか…?(40代男性)

 

 

56.探偵はBARにいる

コメディ映画(邦画)「探偵はBARにいる」がおすすめの理由

大泉洋さんと松田隆平さんの名コンビが活躍するヒット映画の第1作です。 コメディものですが、笑いあり、アクションあり、涙ありで色んな感情を揺さぶる笑って楽しめる映画です。 原作を読まなくても楽しめるようになっているので、万人にお勧めできる作品です。(30代男性)

 

 

57.帝一の國

コメディ映画(邦画)「帝一の國」がおすすめの理由

男子高校生たちの青春が面白くてカッコイイ今注目の俳優さんがたくさんでているいる映画です。主人公の恋も面白く注目の高い作品です。俳優さんの上半身裸の姿が見えて、好きな俳優がでているや笑いが必要な人にはオススメです。(10代女性)

 

 

58.日本以外全部沈没

コメディ映画(邦画)「日本以外全部沈没」がおすすめの理由

日本沈没のパロディとして書かれた筒井康隆の短編小説の映画化で本家日本沈没の2006年版に合わせる形で制作された作品で、地球最後の陸地となった日本列島に外国からの避難者が押し寄せ、それに対して日本人が舞い上がり傲慢にふるまっていく様がブラックな笑いとともに描かれています。1973年の映画版とTV版でそれぞれ主人公の小野寺役を演じた藤岡弘、と村野武則さんが防衛相(?)と首相を演じるといったキャスティングの妙も楽しめ、2006年版のオファーも受けていた寺田農さんがこちらを選んだのも納得といえます。(40代男性)

 

 

59.脳内ポイズンベリー

コメディ映画(邦画)「脳内ポイズンベリー」がおすすめの理由

恋愛やその他のことに対して頭の中で自分の中だけの会議を複数の人によって行なっているという発想がとても面白いと思いました。物事の決断の際に頭の中では どのような会議が行われて実際の答えに導いているかというのが映画の中で描かれていてとても面白いと感じました。(20代男性)

 

 

60.明烏

コメディ映画(邦画)「明烏」がおすすめの理由

展開の読めないストーリー構成と、ぶっ飛んだキャラクター達がとても魅力的な作品です。基本的に登場人物がみんなおバカキャラなので、ストーリー内容的に困窮していても、何故だか安心して見ていられるのも、私個人的には高ポイントでした。(20代女性)

 

 

61.免許がない!

コメディ映画(邦画)「免許がない!」がおすすめの理由

映画スターで何をやらせるにも完璧な主人公が自動車免許がないことをコンプレックスに抱いていて、収録映画の撮影を中断させてまで免許を取りに行く話。当時「あぶない刑事」などでバリバリのアクションをこなしていた舘ひろしが初のコメディ役で話題に。(40代男性)

 

 

62.踊る大捜査線 THE MOVIE

コメディ映画(邦画)「踊る大捜査線 THE MOVIE」がおすすめの理由

テレビシリーズの最初の映像です。いかりや長介さんがまだ元気に演技していましたね、副総監を副社長と言ったり、面白おかしくなっていましたが、織田裕二の決め台詞、事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているだ、は流行りましたね。面白かったですよ。(40代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました