おしゃれな家具を探すのにオススメな実店舗があるリーズナブルで安い家具店・インテリアショップ26店

 

おしゃれな家具を探すのにオススメな実店舗があるリーズナブルで安い家具店

大好きな本を収納する素敵な本棚を買う際は、やはり実物を見て買いたいものです。今回色々な店を回ってきたので、実店舗があり、リーズナブルな家具を扱うおすすめの家具店やインテリアショップを紹介ししたいと思います。 数千円から高くても数万円で買える店を基準に選びました。IKEAやニトリなど定番どころも一応載せております。ぜひ参考にしてみてください。

 

1.NOCE

家具・インテリア通販のNOCE

NOCEの家具が、皆様に忙しく流れていく日々に忘れてしまいそうな時間を取り戻していただくお手伝いが出来ればと思っています。

そのためNOCEは、気取らず、使い始めたその日から、 まるでそこに長く在ったかのような家具をご提供できればと、 デザインと価格のバランスを整え、出来るだけ多くのお客様にご提供させていただけますよう、 常にお求めやすい価格設定を心がけています。

家具は限られた人だけの物ではないと、NOCEは思っています。 価格を下げるために、流行やこだわりを捨ててしまってはいけないとも思っています。 コーディネートやスタイルの発想は常に自由で強制するものではないと思っています。

そしてNOCEはいつもお客様の手の届くところにいなければならないと強く思っています。 NOCEの家具ひとつひとつにそんな思いがこめられています。 NOCEの家具ひとつが、僅かでも日々の生活に暖かさと潤いを与える事が出来ればと願っています。

 

 

2.B-COMPANY

B-COMPANY

ゆったりと身体をあずけ、のんびりくつろぐリビングのソファ。 美味しい料理を囲み、会話が弾むダイニングのテーブル。 憩いのひとときをほのかに照らし出す、やさしい照明。

うるおいある暮らしは、お気に入りのインテリアとともにあるもの。 私たちは、そう考えています。 毎日使うものだからこそ、ベーシックな中に、ひとさじの遊び心を。

B-COMPANYでは各店舗が、それぞれ独自の目線で、 アイテムを一つひとつ丁寧にセレクトしています。 トレンドもしっかり取り入れつつ、ご来店いただくお客さまに、 いつでもワクワクしていただけるようにーー。

私たちはそんなブランドを目指して、店舗づくりに取り組んでいます。

 

 

3.unico

インテリアショップ unico | ブランドサイト

ただひとつ、という名前の部屋で。

そこは、どんな場所にも似ていない。

いつのまにか集まっていた、いろいろなものたち。

新しい感覚がある、懐かしい感触がある。

色も形もそれぞれだけど、ひとつの何かで通じあう。

なんとなく好きなもの、どうしようもなく気になるもの。

目には見えない、自分らしさのようなもの。

それをずっと、近くに感じて暮らしていたい。

きっとここでしかふれられない、大切な何かだから。

“unico”はイタリア語で

「たったひとつの」「大切な」「ユニークな」

などの意味を持つ言葉。

ここであなたの「たったひとつ」を見つけてください。

 

 

4.salut!

salut!サリュ – ナチュラルなお部屋づくりをお手伝いする雑貨屋さんです。

ナチュラルなお部屋づくりをお手伝いする雑貨屋さんです。“salut!”とは、フランス語で「やぁ!」という気軽な挨拶の意味。服を着替える感覚で、もっと気軽にお部屋の模様替えを楽しみたい、もっと素敵な「お部屋ライフ」を過ごしたい、salut!はプチプライスと洗練された商品で、そんな願いを叶えるお手伝いをします。

 

 

5.STYLICS

家具インテリア STYLICS(スタイリクス)

みんなが幸せに暮らしていくには、ひとりひとりが心のゆとりを生む真の豊かさが必要です。そのゆとりは、日々の暮らしを、自分にとって快適なライフスタイルで過ごすことから生まれてきます。

私達は、困った時に、気軽に安心して相談できる、ライフスタイル作りのプロフェッショナルとして、皆様のお役に立ちたいと考えています。その為に、ただ商品を売るのではなく、その商品が届いた後の暮らしの満足を真剣に考え、価値ある情報とノウハウ、クリエイティブな視点を持って、生活に根ざしたアドバイスやライフスタイルのトータルコーディネートができるように、日々努力を重ねていきます。そして、暮らしを楽しみながら、人生を前向きに生きたい人々に、最も選ばれるブランドを創っていきたい。

多くの人々に、「こんな生活がしたい」という夢を、手軽に叶えて頂くために。その夢が叶うことでゆとりが生まれ、共に暮らす家族、共に働く仲間、共に生きる友人を思いやる心となり、人々の幸せを広げていけるように。

 

 

6.GEORGE’S

GEORGE’S | ジョージズ

ジョージズの原点は、1989 年、京都・修学院で創業したインテリアショップ「GEORGE’S FURNITURE」にあります。木のぬくもりを感じられる家具がならぶ、小さなお店でした。そこには、繋がりを大事にする創業者・天野譲滋のもとにいろいろな人が集まってきました。流行に敏感な若者だけでなく、共通の趣味を持つ仲間達、世代を超えた家族たち。「こないだ息子と旅行に行ってきたんだ」とお客さんが持ってきた紙焼の写真が壁に貼ってあるような場所。いつも幸せな空気が流れていました、当時から現在まで、核にある思いは変わっていません。
集まってくる人々を温かく迎え入れ、豊かな生活のお手伝いをする。ジョージズはそんな思いを込めて明日を迎えたく思っています。

 

 

7.ASHLEY

【ASHLEY】輸入家具-アシュレイホームストア-正規販売店 | 全米売上高No,1アメリカ家具ブランド

私たち ASHLEY FURNITURE HOMESTORE は魅力ある商品を、魅力的なプライスで提供しております。この10年足らずで、アメリカにおいて家具売上高No,1ブランドに成長し、アメリカをはじめカナダ、メキシコ、中南米、ヨーロッパ、アジアそして日本とアメリカ国内から海外まで広がり、現在では世界中で愛されるブランドとなりました。
“We Want to be the BEST Furniture Company”
私たちASHLEYのミッションステートメントです。
適切なマーケティング、魅力ある商品、最先端の生産技術の開発を追及し、常にお客様に満足していただけるよう、時代の先駆者として前進し続け、最高の家具ブランドであることをお約束しております。
本社はWisconsin 州 Arcadia という人口2,300人ほどの小さな街にあります。
1945年にカーライル・ワインバーガーによって販売組織として設立され、1970年にこのArcadiaに工場をオープンさせ、現在では製造、販売、流通センターの基点となっております。
ASHLEYの最大の魅力はトータルコーディネイト出来る製品作りにこだわり、リビング・ダイニング・ベッドルームにおいて、沢山の組み合わせから、素敵なライフスタイルを提供出来る点にあります。
私たちASHLEY FURNITURE HOMESTORE は憧れのライフスタイルを魅力的なプライスで提供し、あなたの住まいを思い描いたイメージ通りの居心地の良い空間を演出することをお約束いたします。

 

 

8.journal standard Furniture

journal standard Furniture

時流を加えたファッションのようなスタイルを提案するJOURNAL STANDARDのインテリアショップ。

ヴィンテージを今に解釈したスタンダードなオリジナルアイテムと、
​ ​トレンドが感じられる国内外の旬なブランドを組み合わせたテイストミックスのスタイルを提案します。

 

 

9.niko and… FURNITURE & SUPPLY

HOME | FURNITURE & SUPPLY | niko and…

「余白」のある家具。
これからの暮らしに必要なアイデアやヒントを提案するために
〈niko and … 〉は、インテリアの新ブランド、
〈niko and … FURNITURE & SUPPLY〉を本格的にスタートさせました。

目指したのは、テイストやスタイルのお仕着せではなく、
使う人の発想とアレンジ次第で、洋服のようにシーンに合わせて
多彩なコーディネートが楽しめる「余白」のある家具。

鉄や木といった〈niko and … 〉のショップインテリアにも通じる
“ウォーム&クール”な素材感を打ち出した家具は、
力強い直線的なフォルムもさることながら、
日本の住空間を意識したコンパクトなサイズ感、
長く使うことを想定した普遍的なデザインも特徴です。

年齢や性別を問わず、それぞれの暮らしのカタチに応える
多様性と異なるキャラクターを持った全4シリーズ。
“人にスタイルを、くらしにスタイルを、その生活にスタイルを”。
自分らしく暮らしたいと思う、すべての人へ。
〈niko and … 〉から住まいづくりの新しい提案です。

 

 

10.MONO natural

MOMO natural | モモ ナチュラル – オフィシャルサイト

高い空に光る手の届かない星よりも、肌にぬくもりを伝えてくれる小さな灯になりたい。 時代のファッションリーダーであるよりも、永遠のスタンダードメーカーでありたい。そんな想いを込めて、家具を作り続けています。

製品のほとんどに使われているニュージーランド産の木材は、地球への負担を少しでも軽減したいという気持ちから、30年間サイクルで計画的に植林されたもの。長い歳月をかけて育った木々は良質な集成材となって日本に運ばれ、岡山県の静かな環境に佇む工場でゆっくりと家具に生まれ変わります。カット、研磨、塗装、組み立てなど、ひとつひとつの行程に人の手が加えられる製法は時間も手間もかかるけれど、出来上がった家具は愛情をかけて育てられた子供のように、やさしくまっすぐな表情を持っています。

そして数年後、数十年後、共に暮らした家具の表情をもう一度じっくりと眺めてみて下さい。歳月を重ねるごとに飴色を帯びてゆく木肌や、使う内にできてしまった傷跡、小さな子供の落書きさえも、その家具になくてはならない個性になっているはずだから。これまでも、そしてこれからも、使い込むほどに魅力を増してゆく家具、そばにあると心休まるあたたかな家具を、「Simple & Natural」のスピリットと共に。

 

 

11.Re:CENO

インテリアショップ Re:CENO TOKYO&KYOTO

Re:CENO(リセノ)は、「作り手のこだわり」や「製品が生まれる背景」、「特長や使い方」「スタイリング方法」など、
<製品の魅力や成り立ち=ストーリー>を引き出し、編集し、届けることで、インテリアの楽しさを伝えていくインテリアブランドです。

デザインの良さのみを判断基準とせず、普段使うものだからこそ、
インテリアプロダクトが持つ魅力をきちんと理解し、気持ちを込めて、毎日使う。
使っていくうちに、さらに自分自身のストーリーを製品とともに紡いでいく。

そんな「人とインテリアの良い関係」を作り出し、より多くの人たちにインテリアの楽しさを伝えていきます。

 

 

12.SEMPRE

インテリアショップ SEMPRE.JP

心地よい暮らし。それは肩肘張らずに長く付き合える愛すべきモノたちと、じっくり時間をかけて付き合うことかもしれません。たとえば家族と過ごすように、友達と付き合うように、モノと一緒に暮らす。年月を重ねるごとにモノが暮らしに寄り添い、なじみ本当に自分らしい心地よさが出来上がってゆく。センプレはそんな心地よい空間づくりのために、インテリアをトータルに提案するセレクトショップです。素材やデザインにこだわって世界中から選び抜いたモノたちはきっと、「生活が豊かになる予感」をもたらしてくれると思うのです。

 

 

13.BICASA

インテリアショップBICASA -SHOP-

 

 

14.リグナ

リグナテラス東京ショールーム | リグナ

リグナは、世界中の上質な家具インテリアをセレクト販売する、日本最大級のデザイナーズ家具百貨店です。
世界の家具の辞典を目指し、2004年に産声を上げたリグナは、現在では、デザイナーズ家具、
インテリア小物・雑貨等、5600商品を超える大型インテリアショップにまで成長しました。
世間の良い家具選びの基準として、安価な家具、無名ブランドの家具は粗悪、
そして、高価な家具、有名ブランドの家具は良質、といった判断がなされる場合があります。
果たしてその考え方は正しいのでしょうか?
いえ、必ずしもそうではありません。
もちろん、安価=粗悪品 といった例は事実多いです。
実際高いお金を支払えば、上質な家具はいくらでも手に入ります。
しかしセンス良く、本質的に優れた家具は、価格帯に関係なく世界中に点在します。
確かに手ごろな価格で、良質なセンスの良い家具を見つけることは非常に困難です。
きっと世界中駆け回って、やっと見つけることが出来るか出来ないかでしょう。
それを私たちリグナが実現したのです。
もう家具を探すのに日本中、いや世界中を駆けまわらなくてもいいのです!
「より多くの皆様に、手頃な価格で、センス良き素晴らしい家具を使っていただきたい」
そんな想いでリグナは運営されています。
Choose by sense and quality, Not price or brand.
値段やブランドからではなく、センスや品質から家具を決めるべきなのです。
あなたの人生の花になるような素晴らしい家具を、リグナで見つけてください。

 

 

15.D&DEPARTMENT

D&DEPARTMENT

D&DEPARTMENT PROJECT(ディアンドデパートメントプロジェクト)は、2000年にデザイナーのナガオカケンメイによって創設された、「ロングライフデザイン」をテーマとするストアスタイルの活動体です。47都道府県に1か所ずつ拠点をつくりながら、物販・飲食・出版・観光などを通して、47の「個性」と「息の長い、その土地らしいデザイン」を見直し、全国に向けて紹介する活動を行っています。

 

 

16.arenot

arenot|インテリアショップ|北欧家具

私達アーノットは、後世に残るであろう、もしくは何年も前にデザインされたにも関わらず今なお愛されていたり使用されているプロダクトに目を向け国内外問わず、世界中から様々なプロダクトを集め販売することを目的として設立されました。

しかし、それがどういったデザインであるとかどういった用途のプロダクトかということにこだわりを持ちません。

デザインやインテリアなどのモノに対するこだわりは、特に販売する側の人間が持っていなくても、購入するお客様ひとりひとりが持っていていただれば良いとアーノットは考えます。

10人の人間がいれば10通りの考えなり嗜好なりライフスタイルなりがあり、そのプロダクトが素晴らしいとかグッドデザインであるとか、 また逆に悪いとかバッドデザインであるということは一概に誰しもが判断できるものではなく、それは誰にでも共通するものでもありません。

価値観の多様化した現代においては、それらの概念や範疇といった枠組みは、特定の誰かが好きであったり、欲しいと考えるモノであればいらないのかもしれません。

見る側であったり、買う側であったり、一人でもより多くのデザインを愛するお客様が楽しめる空間がそこに在れば良いとアーノットは考えます。

 

 

17.KEYUCA

KEYUCA -インテリアショップ ケユカ

Simple & Naturalに暮らす。

Simpleとは、すっきりと整えながら素直に暮らすこと。

Naturalとは、移りゆく季節を愉しみながら自然体で暮らすこと。

私たちは、モノづくりを通して、

日々の暮らしを心地よいものにしたいと考えます。

 

 

18.Francfranc

Francfranc(フランフラン)公式サイト|家具・インテリア雑貨

何気ない毎日を「楽しい生活」に。 Francfranc(フランフラン)は、日常を豊かでポジティブに彩る空間作りを叶えるインテリアショップです。 さまざまにコーディネートすることで生きてくる、ファッション性の高いインテリア雑貨や家具を揃えて、心地よいライフスタイルを提案します。

 

 

19.IKEA

イケア・ジャパン 株式会社 – IKEA

 

多くの人々のために
イケアコンセプトは、豊富な品ぞろえのホームファニッシング製品を限られた人々だけでなく、多くの人々に届けるというアイデアから始まります。それを達成するには、優れた機能性と品質、デザイン、価格を適切に組み合わせ、さらにサステナビリティにも配慮しなければなりません。イケアコンセプトは、デザインや調達、梱包、流通からビジネスモデルに至るまで、イケアのあらゆる段階に反映されています。私たちの目標は、より多くの人々がよりよい暮らしを送るためのサポートをすることです。
イケアコンセプトを形にする
イケアコンセプトは、世界中のイケアストアや、イケアカタログ、ウエブサイト、スマートフォンのアプリなどを通じて、さらにもっとも大切な世界中の何百万もの家庭で、アイデアから形となって実現します。

 

 

20.ニトリ

ニトリの店舗・営業時間を見る|住まいのトータルコーディネートをサポートする 家具&インテリアショップのニトリ

ニトリは真のチェーンストアを目指し、本格的なマス・マーチャンダイジングシステムづくりの原点に立つことができました。
そして2010年8月、ニトリグループの組織を一新し、「株式会社ニトリホールディングス」を発足させ、持株会社体制への移行を果たしました。
ニトリグループは、ホームファニチャー、ホームファッションの小売の株式会社ニトリ、インドネシアとベトナムで家具を製造している株式会社ニトリファニチャー、物流の株式会社ホームロジスティクス、宣伝・広告の株式会社ニトリパブリック、そして、ファシリティサービスの株式会社ニトリファシリティ等によって構成されています。
グループ内の機能分担や責任を明確にすることによって、これまで以上に機動的かつ柔軟な経営を可能にし、変化の激しい環境下においても企業価値の向上を目指してまいります。
今後もニトリグループは、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する。」というロマン(志)のもと、長期ビジョンを描き、その実現に向けて全力を尽くします。

 

 

21.無印良品

無印良品

無印良品は衣服、生活雑貨、食品という幅広い品ぞろえからなる品質の良い商品として、
1980年に日本で生まれました。無印良品とは「しるしの無い良い品」という意味です。

無印良品は今も変わらず、3つの原則を基本にしています。

1. 素材の選択
2. 工程の見直し
3. 包装の簡略化

極めて合理的な生産工程から生まれた商品はとても簡潔です。
言わば「空っぽの器」のようなもの。単純であり空白であるからこそ、
あらゆる人々の思いを受け入れられる究極の自在性がそこに生まれます。

 

 

22.村内ファニチャーアクセス

家具・インテリアの専門店 村内ファニチャーアクセス | 家具は村内

村内ファニチャーアクセスは、
新しい暮らしの文化を創造し続けます。

新しい暮らしの文化とは、
「暮らしの道具が毎日を新鮮にする、心豊かな生活様式」のことを意味します。

私たちの暮らしに、家具があることは当たり前になりました。
「家具」ということばの意味は
「家に備え付け、日常使用する道具類。たんす、机、いすなど」です。
《引用辞書;大辞泉》

家具は毎日使う道具。
つまり、日々の暮らしの「道具」です。

その「道具としての家具」について、
お話をしたいと思いますので少しお付き合いください。
たんす・学習机・椅子のお話です。
普通の家具とその暮らしですが、でも何かが違う。
それは何か、ちょっと気にしてみてください。

 

 

23.ルームズ大正堂

家具・インテリアを東京・神奈川でお探しなら、ルームズ大正堂へ

1.わたくし達は、お客様のより豊かな“住まいとくらし”のために、 心のこもった商品と情報で、限りない幸せの提供を追求します。
1.わたくし達は、清廉で厳しい社風に誇りをもち、企業の永遠の発展と社員の幸福のためにお互いの個性と能力を尊重し、より高い近代経営を推進します。
1.わたくし達は、企業にかかわるすべての人々に対して、常に健全で良好な関係を保ち、事業活動を通 じて国と社会に貢献します。

 

 

24.TOKYU HANDS

東急ハンズ – ここは、ヒント・マーケット。

ここは、ヒント・マーケット。

コンビニは「便利」を売る。ブランドショップは「豪華」を売る。
魚市場は「イキのよさ」を売る。
では、東急ハンズは何を売るところですか?とたずねられたら、
「それはヒントです!」と言いきりたい。

そう、ここには「できあいの答え」は、ひとつも置いてありません。
全フロアが、何かをつくりたい人、はじめたい人にとっての
「きっかけ売り場」であり、「発想の一歩目」である。
心動かすことぜんぶ!が、ひとつのビルに、ぎゅっと詰めこまれている。
「アレがあるから行く」にとどまらず、
「何だかわからないものに出会えるかもしれないから行く」・・・な
発見買いのヨロコビがあふれている。
素材がうりのお店だから、
流行のスタイルをまるごとそのまま提供はしないけれど、
ここにあるパーツやヒントを組あわせていけば、
実現できない夢は、きっとなさそうだ。

だから、新しい東急ハンズは、
いまのあなたにとっての「ヒント・マーケット」。
お客さまがハンズでヒントを見つけ、くらしを創りだし、
そして私たちもお客さまから明日のハンズのヒントをもらっていく。
そんな幸せな関係を、もっともっとふくらませていきたい。

モノ・コト・ヒトのすべてが出会い、
すべての新しい価値がそこからうみだされる、うれしい場所へ。
ヒトにヒントを、いままで以上に送り出していけるお店へ。
東急ハンズの、ハンズらしい進化は、続いていきます。

 

 

25.TOKYORECYCLE

総合リサイクルショップは東京都世田谷区のTOKYORECYCLE imption

 

 

26.THE GOODSCRAP

THE GOODSCRAP

 

2016年に観て面白かったおすすめ映画ランキング

 

2016年に観て面白かったおすすめ映画ランキング

映画好き100人に2016年、映画館で観て面白かったおすすめの映画を聞きました!1位はあの作品。まだ観ていない方は是非観てみてください!

 

8位タイ. GANTZ:O(2票)

「GANTZ:O」がおすすめの理由

漫画原作をフルCGで作成し、原作どおりの迫力満点の展開になっていました。最近多い漫画の実写化などとは比べ物にならないほど完成度が高く、何よりCGなのでキャラがそのまま立体になっているのです。最高でした。めちゃくちゃかっこよかったです。5点引かせてもらった理由は、尺が足りずにカットされたキャラがいたことです。しかしそれは尺の都合上仕方ないことであり、それらをカットしてもつじつまの合う脚本の再構築はすばらしく、本当に最高の映画でした。面白かったです。(20代男性)

原作の良さを残しており、派手なアクションシーンが良かった。
CGが実際の人間のように綺麗だったのと、声優に違和感がなかったところも良かった。(20代男性)

 

 

8位タイ. アーロと少年(2票)

「アーロと少年」がおすすめの理由

すごく月並みなストーリーで、どんでん返しはないのだけれど、感動した。次がどうなるか予測出来るのに、感動できるのは、絵の動きがキレイで、世界に引き込まれるからだと思う。(30代女性)

アニメ映画の上映の長さ、ストーリー展開内容で楽しさあり、怒りありそして涙ありという点で家族全員が楽しめました。(40代女性)

 

 

8位タイ. アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅(2票)

「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」がおすすめの理由

不思議の国のアリスの続編にして過去から現在の真実が明らかになるストーリーはまさに「時間の旅」というテーマに沿った内容で、アリス好きにはたまらないとても面白い作品となっていました。不思議の国のアリスと言えば「お茶会」ですが、なぜお茶会が開かれていたのか、なぜ登場人物たちはそのお茶会でアリスを待っていたのか、付け足したストーリーとは思えないほどよくできていました。ハートの女王が意地悪になってしまった過去の原因を知った時には涙が出ました。ただ、洋画なので当然言語は英語なため、個人的にはとても好きなシーンですが英語がわからない人には理解できないジョークが含まれる場面があり、日本人目線として-10点ですが、そこを除けば150点の作品です。(20代女性)

このシリーズは前作から大好きで今回は特に面白かったので2回映画館で観ました。
マッドハッター役のジョニーデップがはまり役だしかっこいい。あの独特な世界観はハマってしまうとなかなか抜け出せません。今回の作品で最後みたいなので残念です。(20代女性)

 

 

8位タイ. スター・ウォーズ フォースの覚醒(2票)

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」がおすすめの理由

以前から好きなシリーズもので、旧来からのキャラクターだけでなく、新しいキャラクターが登場し、ストーリーも新たな展開があり面白かった。(40代男性)

何といっても人気シリーズの続編。話しの流れが程よいピッチで展開していたし、前3部作の登場人物も程よいタイミングかつ適度な露出で登場していて、前作の焼き直し感がほとんどなかった。(50代男性)

 

 

8位タイ. 名探偵コナン 純黒の悪夢(2票)

「名探偵コナン 純黒の悪夢」がおすすめの理由

名探偵コナンの映画シリーズは毎回楽しみにしています。今回は劇場版では初の黒の組織とFBIの対決、また公安やCIAの絡みも初でアニメ本編では見れない作品となっていて劇場に見に行った甲斐がある白熱した内容でした。黒の組織のナンバー2も出てきてアニメ本編もいよいよ黒の組織と直接対決になるのではないかと期待できる終わりで、今から楽しみです!(20代女性)

自分の好きなキャラクターが出ていたからというのが一番の理由ですがFBI赤井秀一と公安の安室透が敵対しながら時にはコナンの仲裁により共闘して黒の組織を撤退させる作戦が見てて面白かったです。ハラハラドキドキさせられる部分もありました。やっぱりコナンの映画はアクションの派手さが魅力でありますがそこが面白いもう一つの要因であります。(30代女性)

 

 

6位タイ. ONE PIECE FILM GOLD(3票)

「ONE PIECE FILM GOLD」がおすすめの理由

もちろん、原作のファンで見に行ったのですが、ワンピースの映画は正直あまり面白くないのが多く期待してなかったのですが、原作者も監修しておりストーリーがしっかりしており楽しかったです。(30代男性)

ゾロを助けるために団結して進んで行くのにいつも感動します。ブルックが時々お笑いを突っ込んでくるし、最後まで闘うルフィーに感動します。ゾロの闘う姿にはカッコいいと興奮します。(40代女性)

おなじみのアニメワンピースですが、やはり期待を裏切らなかったです。泥棒猫時代のナミの過去が、話の伏線となっています。舞台がカジノとあって、場面場面がきらびやか。スリル満点の戦いも必見です。また、林ゆうきさんのテーマ音楽やBGMがすごくカッコよかったです!(40代女性)

 

 

6位タイ. ペット(3票)

「ペット」がおすすめの理由

私たちの飼っているワンちゃんもこんな風にお留守番してるのかな?なんて想像しながら見てしまいました。(笑)飼い主が他のワンちゃんを連れてきた途端にヤキモチを焼いたり、争ってみたり、飽きることもなく、子供にも楽しめる作品で、もし出来るならばわたしたちの愛犬も一緒に映画館で観れたらよかったのになーなんて思いました。(20代女性)

ペットたちが可愛かった。自分の飼っているわんちゃんも、私が仕事に出掛けている間、もしかしたら色んな冒険をしてるかもしれないなと思えたから。(20代女性)
6歳の娘の付き添いで見にいきました。子どもが見たがったので最初は仕方なく見ていましたが、劇中に使われてる音楽がとても良く、物語も子ども向けなのでただ面白い!な感じの内容で、純粋に楽しめました。(40代女性)

4位タイ. シン・ゴジラ(4票)

「シン・ゴジラ」がおすすめの理由

単なる怪獣映画ではなかったところです。本当に、現代の日本に未確認巨大生物が現れたとき、政府・国民・自衛隊はどのような対応を取るのかというのがリアルに伝わってきました。また、アメリカに対するブラックジョークのようなセリフも多々含まれていて、今までの日本にはないようなものだと思いました。それから、特撮技術も資金の少ないのを理由にどこか世界に劣るような映像の邦画ですが、今回のシン・ゴジラではそれを忘れさせるぐらいの映像でした。ゴジラシリーズは第3作目からは子供向けの娯楽映画として位置付いていましたが、シン・ゴジラは娯楽要素一切なしの、むしろ日本政府のドキュメンタリー映画として描かれています。このシン・ゴジラを機に、これからの日本映画業界の歴史が変わっていくことを期待させられるような映画だったと思いました。(20代男性)

従来のゴジラ映画に描かれていた無駄な恋愛シチュエーションが削られ、如何にしてゴジラという巨大生物を排除するのか?をリアルにシミュレーションしたあたりが怪獣映画の新しい見せ方を切り拓いた感じがします。(40代男性)

ありえない出来事のはずなのに、現実よりもリアリティがあるように感じた。ただの怪獣映画ではない点が良い意味で期待を裏切った。(20代女性)

最近はDVDで映画を観賞することが多かったが、映画館の大画面で見るゴジラの迫力や音響が臨場感があって良かった。(40代女性)

 

 

4位タイ. ズートピア(4票)

「ズートピア」がおすすめの理由

動物たちの特徴がうまく描かれている映画です。秘密を知ってしまったジョディホップス巡査が追いかけられる最後の方の列車のシーンが好きです。さすがはディズニー映画、大人が見ても面白い内容です。(30代女性)

CMや予告でなんとなくストーリーを想像していて、評判も良く、期待が高い状態で観たのですが期待以上でした。ニックやジュディをはじめとするキャラクター達も魅力的ですが、何よりストーリーがとても面白かったです。きれいに伏線を回収していく展開が爽快でした。(20代女性)

動物たちの描写が細かくて良かった。雑誌で知ったのですが、動物たちに靴をはかせていないのはジュディから見える視点でも誰だか解るかっていうのを拝見して見たので一層面白めました。(20代女性)

動物のもふもふ感が好きです。肉食動物と草食動物が共に暮らす世界という設定が面白いと思います。ウサギ警察官ジュディと、キツネ詐欺師ニックの2人の友情(愛情?)の部分も好きです。(20代女性)

 

 

2位タイ. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(6票)

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」がおすすめの理由

100点 私はハリーポッターが大好きで、魔法関連のファンタジーがとても好きだからです。また、ハリーポッターの物語を連想させるような用語や関連した人物などの話がでてきたのと、続編を思わせるような物語の展開だったので非常にワクワクしました。
また、ハリーポッターよりも残虐性がなく、最初から最後まで安心した気持ちでみることができたのも非常に良かったです。思いもよら無いような物語の展開で、飽きることなく、むしろどんどん物語の中に引き込まれるかのような気持ちになりました。(20代女性)

90点 私も魔法使いだったらいいのになと思うような映画でした。テンポが良くあっという間に上映時間が終わってしまいました。魔法動物たちがとても可愛かったです。(20代女性)

90点 ハリーポッターシリーズのファンがハリポタとファンタビの細かな繋がりに気付き楽しめるのはもちろんのこと、今までハリーポッターを観たことのない人でも楽しめる新しい物語になっているからです。主人公ニュートのトランクから逃げ出した可愛い魔法動物たちも見どころの一つです。(20代女性)

80点 可愛いものからこっけいなものまで、たくさんの魔法動物が出てきます。俳優陣もカッコイイのですが、魔法動物から目が離せませんでした。(30代女性)

100点 「ハリーポッター」シリーズのスピンオフというのでしょうか。ハリーポッターファンにはたまらない作品です。この作品はハリーポッターの作者が脚本で参加しているの為、作者の考えがダイレクトに映画に映し出されています。ハリーポッターでもらったワクワクドキドキがこの作品にもしっかり残っていて最初から最後まで「飽きる」という単語が出ない面白い作品でした。(30代女性)

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の感想、レビュー – BOOKCASE

 

 

2位タイ. ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー(6票)

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」がおすすめの理由

80点 スターウォーズの始まりエピソードの前の名もなき英雄たちの大義が描かれていて、今までの作品の見方が変わりました。(20代男性)

90点 待望のスターウォーズ最新作。エピソードIVの直前に起きた、デス・スターの設計図を命がけで手に入れた反乱軍の姿を、圧倒的なスケールで描いた大作。主だったキャラクターが全て死ぬという、今までのスターウォーズ作品にないダークさがある一方で、主人公ジンの精神的成長と、同士との絆が厚みを持って描かれていたのが印象的でした。(30代女性)

98点 スターウォーズのスピンオフ作品なのにおもしろくないはずがありません。エピソード4につながるデス・スターの設計図をいかにして手に入れたか。長い年月をかけてひとつにつなげてくれた素晴らしい作品でした。(40代女性)

90点 スターウォーズシリーズが大好きで、スピンオフということであまり期待はしていなかったのですがストーリーも含めすごく面白かった。最後のダースベーダーの登場シーンはしびれるほどかっこよかった。(20代女性)

75点 スター・ウォーズらしかったからです。スター・ウォーズは全部好きです。今回の映画も番外編としてわるくない感じでした。ほかにも映画はみたけど、やっぱり一番面白かった気がします。(30代女性)

映画「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の感想、レビュー – BOOKCASE

 

 

1位. 君の名は。(33票)

「君の名は。」がおすすめの理由

100点 時空を超えた恋する気持ちがすごく伝わり、ハラハラするシーンやドキドキするシーン、話が進むほど楽しめました(40代女性)

98点 映像美と音楽のバランスのよさに加え、ハッピーエンドの起承転結が綺麗なストーリー、岐阜の方言や入れ替わり時など声優さん、女優さん、俳優さんの演技力の高さがとても素晴らしかったからです。(20代女性)

100点 ストーリーはもちろん、背景描写がとても美しかった。キャラも魅力的で映画にあっという間に引き込まれ、とても楽しめた。(20代女性)

100点 ネットの評判がよく見にいったのですが、グイグイ引き込まれる内容で、面白かったです。もう3回ぐらいリピートしています。(40代男性)

98点 ストーリー内容はもちろん、絵とは思えない映像美に驚かされ引き込まれました。声優さんも合っていて、挿入歌も素晴らしかった。(20代女性)

映画「君の名は。」の感想、レビュー – BOOKCASE

 

 

1票入った映画もご紹介

この世界の片隅に

「この世界の片隅に」がおすすめの理由

95点 のんびり屋さんでおっよこちょい。でも真っすぐで、人を笑顔にしてくれる優しい”すず”さん。戦時中の広島の呉市に見初められて嫁ぎ、皆が荒んでもおかしくない時代、に”すず”さんの性格は、とても周りの人達に癒しを与えてくれたと思います。子供の頃から絵を描くのが好きで得意だった”すず”さんが姪と空襲に会い、その直後、不発弾で自分の右手と姪を失った時、そして義理の姉に責められた時、とても涙が出ました。それは多分、すずさんを責めてはいけないとわかっていても責めずにいられない義理の姉の心、姪の事を自分のせいで死なせてしまったと自分を責めるすずさんの心がとても伝わってきたからだと思います。でも”すず”さんも大事な右手を失ってしまった。そんな中で、ひどい空襲続きの生活にも適応して毎日嫁ぎ先の家族と共に生きている。本当に涙が出ました。この映画は今までの戦争の悲惨さではない、戦時中の市民の生活ののどかな部分を描いていると聞きます。それは、”すず”さんという女性が、戦時中の悲惨の中で出会った人達の心を自然と癒せる素敵な女性。それから何よりも、旦那様を愛していたから呉で頑張っていたんだなと思いました。(40代女性)

映画「この世界の片隅に」の感想、レビュー – BOOKCASE

 

 

DEADPOOL

「DEADPOOL」がおすすめの理由

ハチャメチャでコミカルさすら感じさせるバイオレンスな主人公が己のため恋人のために大暴れする様が実に爽快でした。 ヒーローとは呼べないような人格にも言動にも問題のありすぎる主人公、何よりもアメコミ映画のビッグタイトルでは珍しいR指定という変わり種の作品ですが、ストーリーライン自体は王道の恋愛アクションなので取っつきやすかったです。各所に散りばめられた映画等のネタはマニアックでわからないものもあったものの、絶妙に挿入されているため知っているネタが出るたび笑いを堪えるのに大変でした。何より原作のアメコミ「DEADPOOL」を最大限にリスペクトした作風に、原作ファンとしても感激しきりでした。 笑えて燃えて感動もできる、まさしく娯楽映画の大作であり、今年度最高の映画であったと思います。

 

 

KING OF PRISM

「KING OF PRISM」がおすすめの理由

プリティーリズム・レインボーライブで一番好きなキャラクターだった、速水ヒロが登場する新作と聞いて、もともと注目していたのですが、公開初日に見に行って世界観に飲み込まれました。応援上映などでも注目をあつめ、予想していたよりもたくさんの人と盛り上がることが出来たことが大きな要因です。もちろんストーリーや演出が素晴らしく、劇場には20回以上足を運んでいます。

 

 

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」がおすすめの理由

地獄に落ちてしまった主人公が、地獄専属ロックバンドに出会って成長する姿を、コミカルに描いていて面白かったです!

 

 

エル

「エル」がおすすめの理由

好きなアーティストの曲が実写化したため、違う楽しみ方ができた。挿入歌ももちろん好きな曲ばかりで、出演者も、かなり良い演技でした。

 

 

オデッセイ

「オデッセイ」がおすすめの理由

何と言ってもとにかくポジティブな主人公。 火星ひとりぼっちのキャッチコピーで公開前から宣伝がされていたのでもっと孤独で辛い映画なのかと思っていたのですが、主人公の諦めない気持ちと救出を試みる地球側の思いにぐっと来ました。

 

 

キャロル

「キャロル」がおすすめの理由

裕福だが不幸な結婚生活をしている優雅な女性と、百貨店で売り子をしている若い女性との同性愛を描いた映画です。 主人公のマダムを演じるのはケイト・ブランシェットですが、とても謎めいた妖艶な雰囲気で素敵でした。 彼女に惹かれ次第に恋に落ちる相手役を演じたのはルーニー・マーラですが、まだ若く未成熟で自分が何者かもわかっていない初心さを見事に演じていて良かったです。 人生の不幸に悩みながらも、お互いを求めあうことで人生に向き合い、より美しくより大きくなってゆく姿が美しかったです。

 

 

グッバイサマー

「グッバイサマー」がおすすめの理由

青春時代を思い出すことができた。ウンザリする毎日から抜け出して自由に楽しもうとする主人公にすごく勇気付けられた。

 

 

クリーピー 偽りの隣人

「クリーピー 偽りの隣人」がおすすめの理由

普段は洋画がほとんどですが、西島秀俊さんと香川照之さんの組み合わせが好きで観に行きました。最初から最後まで不気味な雰囲気が漂っていて、この人が怪しいとわかりつつもすべての行動に引き込まれ、最後まで集中して楽しむことができました。香川さんの細部にわたる怪演がすばらしく、本当にぞっとさせられました。

 

 

ゴーストバスターズ

「ゴーストバスターズ」がおすすめの理由

キャラクターひとりひとりの個性が強く、エンディングまで楽しむことができました。 特に私はホルツマンのキャラクターが好きでした。

 

 

ジャングルブック

「ジャングルブック」がおすすめの理由

IMAX-3Dで見て、映像もキレイですごく迫力があった。出演は男の子一人というのもすごいと思いました!

 

 

スキャナー

「スキャナー」がおすすめの理由

話の展開が全く予想できなくて面白かったです。また、主演の野村萬斎さんがお笑い芸人を演じていたのも新鮮で面白かったです。

 

 

デスノートLight up the NEW world

「デスノートLight up the NEW world」がおすすめの理由

デスノートは原作ファンも多く、以前に上映された藤原竜也主演の映画も大ヒットしたので期待がかなり大きかったと思いますが、どちらのファンが見ても面白い内容だったと思います 。

 

 

ハドソン川の奇跡

「ハドソン川の奇跡」がおすすめの理由

実際には4分程度の航空機の不時着劇を、その前後の出来事を巧みに配置しながら100分の映画として仕上げたクリント・イーストウッド監督の手腕は見事というしかないです。ラストのジョークも暖かい。

 

 

ブリジット・ジョーンズの日記ダメな私の最後のモテ期

「ブリジット・ジョーンズの日記ダメな私の最後のモテ期」がおすすめの理由

二人の男性がそれぞれ優しくて重いと言いながらも一生懸命彼女を力を合わせて病院まで運んで痛い思いをしながらも世話をしてあげた所です。

 

 

ブルーノ

「ブルーノ」がおすすめの理由

イギリスのコメディ俳優サシャ・バロン・コーエンが、命ギリギリのところまで他人をおちょくる姿に、報復絶倒すると同時に、胸が熱くなりました。

 

 

ヘイトフル8

「ヘイトフル8」がおすすめの理由

さすがタランティーノ!と唸りたくなるストーリー展開(得意の時間軸弄り)、アクションシーンに入るまでの執拗なくらい長い静寂。緊張感。そして拘りの詰まった映像美。とても楽しめました。

 

 

ミュージアム

「ミュージアム」がおすすめの理由

息つく間もないほどの急展開の連続であっという間の2時間半でした。カエルの覆面男による犯行内容がグロテスクで恐ろしく、次は誰がどんな目に遭うんだろうとドキドキしながら見ていました。緊張感があって非日常を味わうことができました。エンターテイメントとしてすごく良かったです。

 

 

ルドルフとイッパイアッテナ

「ルドルフとイッパイアッテナ」がおすすめの理由

人間の知らないところで動物たちはこんな風に会話しているのかなと想像したくなる作品だったから。あと、ストーリーもしっかりしていて、主人公の成長していく姿に感動したので。

 

 

映画魔法つかいプリキュア奇跡の変身キュアモフルン

「映画魔法つかいプリキュア奇跡の変身キュアモフルン」がおすすめの理由

ナシ魔法界の住人と魔法界の住人の交流ワクワクします魔法界で行われたイベント大魔法フェスティバル参加してみたかったですね。みらいちゃん、りこちゃん、はーちゃんの 友情すばらしいです。

 

 

映画妖怪ウォッチ空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!

「映画妖怪ウォッチ空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」がおすすめの理由

アニメと実写をどう組み合わせるのかなと思っていたけど、お互いの世界での違いがあったり、切り替わっても違和感なく楽しめたから。

 

 

帰ってきたヒトラー

「帰ってきたヒトラー」がおすすめの理由

21世紀にヒトラーがタイムスリップするという設定が、独裁社会よりの、トランプの台頭など、今の世界情勢を考えさせられる事があったこと。また、ブラックコメディで今までの発想にはないストーリーで面白かった。

 

 

後妻業の女

「後妻業の女」がおすすめの理由

テーマの「愛と金」を巡る人間模様。ろくでもない部分が惜しげも無く堪能できる映画。後妻業をコミカルに描いているので最初から最後まで笑えます。大竹しのぶさんと豊川悦治さんのお2人はまり役でした。

 

 

黒崎くんの言いなりになんてならない

「黒崎くんの言いなりになんてならない」がおすすめの理由

原作コミックが好きだったので実写化するという事で興味があり観ました。今は実写化映画はあまり良いイメージがないと言われていますが、黒崎くんの言いなりになんてならない。は原作通りに再現されていて醍醐味とされているエロキュンがしっかりと入っており、無理やりな演出ではなく、自然な流れの演出で終始ドキドキしてコメディさも兼ね揃えているのでとても満足な気持ちで見る事が出来ました。

 

 

四月は君の嘘

「四月は君の嘘」がおすすめの理由

広瀬すずさん演じる宮園かをりが、ひたすら純粋で心が洗われました。後悔のないよう目標を達成しようとする姿がとても丁寧に描かれていてよかったと思います。

 

 

植物図鑑

「植物図鑑」がおすすめの理由

ムズキュン、胸キュンストーリーの先駆けである、女の子なら誰でも憧れるストーリーがとても魅力的であるところ。

 

 

信長協奏曲

「信長協奏曲」がおすすめの理由

ドラマも真剣見ていて、ドラマからの続きだったので気になっていた。続きがどうなったのか、主人公は現代に戻れたのか、どのように戻ったのかがわかってスッキリした!

 

 

世界から猫が消えたなら

「世界から猫が消えたなら」がおすすめの理由

大切なものをひとつづつ消していく切なさ、特に猫、そして家族への思いは、自分の両親、家族の大切さを改めて考えさせられました。タイトル以上に深い映画だと思います。

 

 

存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48

「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」がおすすめの理由

映画は、それしか見てないんですが、自分の好きなアイドルの映画なんで楽しいのは当然ですよね。笑 歴史が分かって嬉しいものです。でも、もう少し、光の当たってないメンバーにも注目して欲しいなあと思いました。あたしの推しが出てなかったので、その部分も含めての点数です!

 

 

怒り

「怒り」がおすすめの理由

夫婦殺人事件の犯人を探している中で3人の謎の男達か゜現れ、それぞれのストーリー生活の中で自分の愛した人を信じきれるのかどうかとゆうところが面白かったとゆうかものすごくよかったです。

 

 

聲の形

「聲の形」がおすすめの理由

簡単に言ってしまえば、人生私のように20年程度生きていれば誰でも感じられる衝撃を得られる作品でした。今までの人生を回顧するようでとても印象に残ったので選びました。 発達途中ともいえる小学生のうちに「非日常」的な環境が現れ、知らない環境への恐れ、今まで築いてきた価値観を脅かす存在への戸惑いからうまく対応出来ず、「非日常」をとりまく周りの人間たち一人一人が自分らしく、正しくはないがただそれだけが悪いとも言い難い行動をその環境に素直にぶつけてしまうところも、仕方ないようででもあってはならない事で、言葉に出来ない共感と衝撃がありました。少し大人になった時の心境の変化による人間関係の変化の描写が細かくとても素晴らしかったです。 小学校という大人的思考に向かっている途中の、素直で率直で、だからこそ残酷な時代に聴覚障害を持つ子どもが新しく自分の環境に侵食してきたら、どうしたらいいか分からなくて悪い行動に走ってしまうのもうなずけてしまうような気にもなりましたし、大人になった彼らを見てからは、友達の定義とは、という正解の無い論議を何度も心の中で行いました。とても考えさせられる良い作品でありました。

 

100人が選んだ2016年上期に観て1番面白かったおすすめ映画ランキング

 

2016年上期に観て1番面白かったおすすめ映画ランキング

今日から2016年下期。2016年上期に観た映画の中で、1番面白かった映画を100人の方に聞きました。その結果をご紹介したいと思います。1位は…あの作成です。

 

11位タイ. 怒り(2票)

『悪人』『横道世之介』などの著者・吉田修一の同名小説をもとにした映画『怒り』。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮﨑あおい、妻夫木聡など日本映画界を代表するオールスターキャストが結集した李相日(リ・サンイル)監督最新作。 音楽を担当するのは、世界の坂本龍一。主題曲にはあの2CELLOSが参加! 「怒」という血文字を残して未解決となった殺人事件を巡って、千葉、東京、沖縄の3つの舞台で描かれる群像劇。「信じたい」。殺人者かも知れない、と向けた疑いは思いの形を変え、そして事件を、思わぬ形で収束に向かわせる―― この9月、日本映画史に新たに刻まれる傑作が誕生する。

コメント

今まで見た役者の印象が全て覆され色々考える映画で涙が止まらなかった(30代女性)

ストーリーが惹きこまれていく内容で、俳優さん達の演技が素晴らしかった。(30代女性)

 

 

11位タイ. ONE PIECE FILM GOLD(2位)

世界中の大富豪たちが集い、昼夜問わずショーやアトラクションが繰り広げられる世界最大のエンターテインメントシティ“グラン・テゾーロ”へ乗り込んだ麦わらの一味。 そこは世界政府すら手を出すことのできない“絶対聖域”で、海軍も海賊も関係なく、誰もが街のルールに則ってカジノやアトラクションに興じていた。

コメント

小学生の甥のリクエストで一緒に観ました。私も楽しめたし、甥はもう一回観たかったそうです!(40代女性)

ワンピース史上迫力もあり、内容も豊富で満足ししてしまいました。(20代女性)

 

 

11位タイ. TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2票)

フツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんのことが大好き。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは―深紅に染まった空と炎、ドクロが転がり、人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!!なんで俺だけ!?まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図を率いる赤鬼のキラーK。キラーKによると、なんと、えんま様の裁きにより現世に転生するチャンスがあるという!キラーKの“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた、大助の地獄めぐりが幕を明ける!!!!!

コメント

神木隆之介演じる大助が地獄に落ちてしまい、地獄での奮闘ぶりや、地獄でのバンドのライブシーンなどが見ていて面白かったです。(20代女性)

地獄図の曲もキャッチーでよかったし、さすがクドカンさんだけあって、小ネタも満載でとても面白かった。アイスやスムージーが飲める日常の大切さが身に染みた。(20代女性)

 

 

11位タイ. オオカミ少女と黒王子(2票)

高校に入学したばかりの篠原エリカは恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブ話を語る“オオカミ少女”。恋愛経験豊富な友達にその存在を疑われ、街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏として写真を見せて、その場をしのごうとする。ところが、その彼は同じ学校に通う、学校イチのイケメン“王子”佐田恭也だった!事情を打ち明けると、彼氏のふりをしてくれることになった恭也。しかし、彼が出した条件はエリカの“絶対服従”。ドSな恭也にふりまわされるうちに、ウソから始まった2人の関係が発展して・・・?

コメント

二人の主人公が最後どうなっていくのか展開が気になって仕方なかったし、二人の一緒にいるときの行動も言動も面白いです。(40代女性)

主人公とイケメンが少しずつ気持ちが通い会うところが、胸がキュンキュンした。
映像がとても綺麗なのがよかった。(30代女性)

 

 

11位タイ. スーサイド・スクワッド(2票)

バットマンやスーパーマンでは世界は救えない!? 人類の未来は、クレイジーな“悪党”たちに託された! 迫り来る世界崩壊の危機を前に、政府は、あるとんでもない決断を下す。 それは、バットマンやスーパーマンによって捕らえられた悪党たちによる最「狂」軍団を結成するというものだった。 情に厚い凄腕暗殺者、地獄の炎を操る小心者、唯我独尊を貫く女侍、コンプレックスを抱える怪力男、 トラブルメーカーのブーメラン使い・・・そして、予測不可能までにぶっ飛んだ女ピエロ、ハーレイ・クイン。 思いがけず“正義のヒーロー”を任された寄せ集めの悪党たちは、世界を救えるのか!?

コメント

登場人物のキャラクター設定がそれぞれ異色的でとても面白かったです。(20代女性)

ハーレークインがとてもセクシーだった。デットショットの娘への愛が感動した。(20代男性)

 

 

11位タイ. デッドプール(2票)

全世界まさかの記録的大ヒット!自己チュウで無責任な”R指定”ヒーロー降臨!望まぬ人体改造を施した組織への復讐と愛する彼女を守るために、不死身の男デッドプールの華麗なアクションが炸裂する!

コメント

アメリカンコミックの映画化です。最低なヒーローが敵を倒していくのが見どころです。(30代男性)

今までのヒーロー像の概念を無視した設定がとても斬新で面白かったです。(20代女性)

 

 

9位タイ. ペット(3票)

「ミニオンズ」のイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオがタッグを組んだ長編アニメーションで、飼い主がいない間にペットたちが巻き起こす騒動を描いた。ニューヨークで暮らすテリアのミックス犬マックスは、大好きな飼い主ケイティと幸せな毎日を送っていた。ところがある日、ケイティが毛むくじゃらの大型犬デュークを保護して連れて帰ってくる。互いに自分が優位に立とうと反発しあうマックスとデュークだったが、ひょんなことから2匹は大都会のど真ん中で迷子になってしまう。ケイティが帰宅するまでに家に帰るべく奔走する2匹だったが……。「怪盗グルーのミニオン危機一発」のクリス・ルノー監督と、同作のプロダクションデザインを手がけたヤロウ・チェニーが共同監督。日本語吹替版では、マックスの声をお笑いコンビ「バナナマン」の設楽統が、デュークの声を同じく日村勇紀がそれぞれ担当。

コメント

実際ペットを飼ってる人がいたら自分の子のことも考えてニヤニヤしてしまうこと間違いなしです。飼ってなくても笑いあり感動ありでとても楽しかったです。(20代女性)

可愛いくて個性的なキャラクターが多く、内容もしっかりしていたのでとても楽しめた。(20代男性)

それぞれのキャラクターがユニークで笑いが止まらなかった。動物好きな人にはたまらない映画だと思う。(20代男性)

 

 

9位タイ. ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ(3票)

2016年7月16日公開のテレビアニメ『ポケットモンスター』の劇場版第19作目の作品。 キャッチコピーは「熱き魂の声が聞こえるか!?」未知なる力を秘めた人造ポケモン、マギアナをめぐる物語が幕を開ける!

コメント

ポケモン史上なかなかの感動作品でした。感情を失ったポケモンが、仲間の友情の強さによって感情を取り戻すのが感動的でした。(20代女性)

今年のポケットモンスターの映画は面白かったです。ボルケニオンとサトシのやり取りやみんなでマギアナを助ける時のシーンなど子供たちもずっと集中してみていました。(30代男性)

ポケモン映画は毎年見に行っているんですが、今年の映画は去年、一昨年より内容や設定、世界観が素晴らしく感動できるストーリーだった。大好きな映画です。(20代女性)

 

 

5位タイ. ファインティング・ドリー(4票)

ドリーの秘密は、≪人間の世界≫に隠されていた。
あなたにとって、忘れられない<思い出>は何ですか? それはきっと、かけがえのないあなたの宝物。そして、過去から未来へと、あなたを導く“羅針盤”。いま、ひとつの<思い出>を信じて、小さな魚たちが大きな海原に旅立ちます。それは誰も見たことない、奇跡に満ちた冒険の始まり──。

【ストーリー】
「ファインディング・ニモ」の奇跡の冒険から1年。カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》。「今度は僕がドリーを助けてあげる」──ニモと父マーリン、そしてカメのクラッシュや個性豊かな新しい仲間たちも加わり、ドリーの家族を探す感動の冒険が始まる。その秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた…。

【監督】アンドリュー・スタントン、アンガス・マクレーン

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

コメント

ドリーのハチャメチャながらも一途で一生懸命なところがとても素敵でした。(30代女性)

ニモの続編ですが、CGで精巧に作られており、映像もすごくきれいです。見ごたえがある映画です。(30代女性)

多分、私にとって今年一番の映画になるでしょう。ドジで忘れん坊だけど、みんなに愛されキャラのドリーが必死に両親を探す姿。とても感動的で忘れません。(30代女性)

前作ファインディング・ニモを小学生の頃に見ていたので、公開すると決まった時から楽しみにしていました。前作の伏線を拾うようなストーリーで、とても楽しめました。(20代女性)

 

 

5位タイ. ジャングルブック(4票)

1868年に公開されたディズニーアニメ『ジャングル・ブック』をディズニーが遂に実写映画化した映画「ジャングル・ブック」が8月11日公開決定。 「パイレーツ・オブ・カリビアン」のディズニーが最先端の映像テクノロジーを駆使して贈る、“生きる力”にあふれた奇跡のエンターテイメント巨編作品。

コメント

CGがリアルで、人間以外全てCGとは思えない迫力がありました。伊勢谷さんが吹き替えしているシアカーンの声がカッコいいです。(20代女性)

子供と一緒に日本語吹き替え版を見に行きましたが、大人でも十分楽しめました。
吹き替えの声優の声がすごくハマっていました。(40代男性)

ディズニー映画らしく、とても迫力があり、退屈する暇もないくらい面白い映画でした。(30代女性)

CGがあまりにもリアルで本物の動物が出演しているみたいでドキドキしました!主人公の少年を演じた子役の名演技にも涙しました!(30代女性)

 

 

5位タイ. ズートピア(4票)

動物が人間のように暮らす楽園、ズートピア。誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見るウサギのジュディ。夢を忘れたサギ師のニックを相棒に、彼女は奇跡を起こすことができるのか…?「アナと雪の女王」「ベイマックス」のディズニーが夢を信じる勇気にエールを贈る感動のファンタジー・アドベンチャー。

コメント

期待していた以上に内容が奥深く、とても考えさせられる映画でした。見た目や体格等で、能力を図ることは人種差別についても言えることで、問題視しているのかなと感じました。(20代女性)

ディズニー映画ですが、大人から子供まで幅広い年齢層の人が楽しめる映画でした。また、王子さまとお姫さまといったファンタジーの世界観ではなく、男女バディ物だったのでアクションアニメとしても楽しめました。(20代女性)

うさきが警察官を目指すなんてかっこいい!できないと言われていることに挑戦する素晴らしさ、(20代女性)

子供から大人まで楽しめる王道な映画だと思います。見て損は無いです。(20代女性)

 

 

5位タイ. 超高速!参勤交代リターンズ(4票)

前作で見事江戸への参勤を成し遂げた湯長谷藩だったが、そもそも参勤交代とは、〈参勤〉だけでなく、藩に帰る〈交代〉まで終えてこそ完結するもの。湯長谷藩の参勤交代は、まだ終わっていなかった・・・!今度は故郷を目指し、ゆっくり江戸を出発した一行だったが、その道中、湯長谷で一揆が起きたとの知らせが入る。2日以内に一揆を収めなければ、藩のお取り潰しは免れない。彼らは行きの倍の速さで帰るはめに。そしてなんとか命からがら湯長谷にたどり着くが、すでに城は乗っ取られた後だった・・・。果たして彼らは城を奪い返し、民を守ることができるのか?今度はどんな作戦で挑む!?

コメント

コミカルな演技の中にも忠誠心や信頼関係があってヒューマンコメディとしてなかなか面白かったです。(30代男性)

前回も面白かったですか、今回は殺陣のシーンがとっても迫力があり格好良かったです。(40代女性)

前作を観ていたので、江戸へ向かう参勤のいきさつを知っていたことが面白さを増したと感じました。出来れば、前作を観ることをお勧めします。(60代男性)

前作に引き続き、ストーリーの展開が面白く時代劇なのにユーモアがありとても楽しむ事が出来ました。前作を観ていなくても楽しめる映画です。何回も観たくなる映画でした。実際に3回ほど観てしまいました。何回も観る事で色んな事に気づくのでお勧めです。(20代女性)

 

 

4位. ゴーストバスターズ(5票)

2016年のアメリカ合衆国の超常現象コメディー映画。1984年の映画『ゴーストバスターズ』のリブート作品。レイモンド、イーガンの科学者3人組が結成したオバケ撃退部隊”ゴーストバスターズ”。派手な宣伝のおかげで3人が一躍人気者になった頃、ニューヨークでは”門の神ズール”と”鍵の神ビンツ”が出会おうとしていた。2つの神が人間の体を借りて結合した時、世界は悪魔の支配下におかれてしまう。おまけにゴースト貯蔵庫から無数のオバケが解放され、街はいよいよ大混乱に。世界の危機を救うため、”ゴーストバスターズ”がついに立ち上がった・・・。

コメント

俳優さんの演技力がとても良かった。映像も迫力があり、観ていて圧倒されました。子ども(4歳、7歳)も楽しんで観ていました。(30代女性)

旧作とはまた違った雰囲気が新しく、俳優や女優の演技も面白かったです。(20代女性)

リメイクされたものですが、子供と一緒に見て素直に笑える映画でした。(40代女性)

リケ女に雇われているトボけた男性が面白かった。お化けの話だが、おどろおどろしくなくて、楽しめた。ひっそりと解決するのではなく、ヒーローになれたので良かったと思う。単純なコメディーで深く考えてもよかった。鑑賞後、明るい気分になれた。(40代女性)

リケジョ達が立ち向かうのが非科学的なものであるゴーストだということがまず面白いと思います。普通の生活をしている女性がゴーストに立ち向かうために研究を重ね、いろいろな発明をし、町中に注目されるなど、生活が次々と変わっていき、リケジョに希望をもたらす映画だと感じました。(20代女性)

 

 

3位. 名探偵コナン 純黒の悪夢(6票)

劇場版『名探偵コナン』シリーズの20作目! ある漆黒の夜、日本警察にスパイが侵入。イギリス、ドイツ、アメリカなど各国の謀報機関、さらにはFBIの 機密データを持ち出そうとするが、間一髪のところで安室透率いる公安が駆けつける。スパイは車を奪って逃走する が、FBI赤井秀一のライフル弾に打ち抜かれ、道路の遥か下へ転落していった…。

コメント

小学校のころからやっているコナン。黒の組織との対決の映画はいつも見ものです。今回は黒の組織の幹部との接触だったのでハラハラドキドキしながら見れました!(20代女性)

劇場版20周年ということもあり、コナン達と黒ずくめの組織との対決や派手なアクションシーンなど盛りだくさんで良かった。(20代女性)

名探偵コナンの20周年の映画です。天海祐希の声優はすばらしいものでした。(20代女性)

黒の組織が登場するコナンの映画は、とにかく面白いです。息を飲むようなスリル感、劇場版ならではのスケールの大きさが最高です。(10代女性)

最初のカーチェイスのところから臨場感あふれる映像と音に驚きました。(20代女性)

コナンの世界に思わず引き込まれてしまった。安室と赤井のカーアクションシーンは手に汗握るものだった。(30代女性)

 

 

2位. シン・ゴジラ(15票)

第1作の『ゴジラ』(1954年)が公開されてから約60年、現在までに国内で計28作品が製作され、1億人に迫る累計観客動員数を記録するなど、日本を代表するシリーズ映画として君臨する「ゴジラ」。その人気は国内に止まらず、記憶に新しい2014年にはハリウッド版『GODZILLA』が全世界で興行収入570億円以上、国内でも32億円と大ヒットを記録し、日本で誕生したゴジラというキャラクターは、世界の「Godzilla」となり、”キングオブモンスター”として人気を博しています。そして今回、日本版ゴジラ復活の声が高まる中、完全新作のオリジナル脚本にて新しい日本版「ゴジラ」が誕生します。

コメント

今の日本にゴジラが現れたらどうなるかという、シュミレーションのような映画でした。日本で対処しきれない場合の諸外国の考え方もわかり、ちょっとドキドキしました。(30代女性)

エヴァンゲリオンの監督さんの作品だからと見に行ったら、予想以上に面白かった。作りが音楽・映像・テロップともに完全にエヴァでテンション上がった!
見てる最中にDVD買おうと思った映画は初めてだった。本当に面白かったです。続編があるといいのに。(30代女性)

ゴジラが破壊していく街のセットにリアリティがあった。科学的な知識を要する場面には少し疑問が残ったが、楽しく見れる映画だった。(20代女性)

ゴジラが進化するというのが衝撃的過ぎました。「えっ?これ何?これが敵?これがゴジラ?!そんな馬鹿な?!」と始まってから度肝を抜かれてばかりでした。長い歴史と多くのファンを持つゴジラをここまで新解釈するのは大冒険で勇気がいったことと思います。(20代女性)

ゴジラの出現という非現実と、日本という国家がその非現実に立ちむかう描写がリアルかつスピーディに繰り広げられ、観る者を引き込む素晴らしい映画でした。(30代男性)

非常にリアリティがあってよかったです。今の日本の状況(特に政治)もよく描かれていると思いました。(40代男性)

新世紀エヴァンゲリオンを見ていた世代だったので、映画のBGMの中でエヴァの曲が流れた際にはテンションも上がったし全体的に迫力があって面白かった。映画を見終わった後にまた見たいと思えた。(20代男性)

登場するゴジラが全編CG、いままでの着ぐるみのゴジラとはリアル感が違いました。大人が楽しめる映画です。(50代男性)

ゴジラシリーズを今まで見たことはありませんでしたが、非常に楽しんで見ることができました。(20代男性)

ゴジラをめぐる様々な人間の葛藤や生き様をえがいた傑作だと思いました。(30代男性)
最初から最後までスピード感あふれる展開で素晴らしい作品です。ゴジラという架空の生物への日本政府の対応には、我が国が抱えている危機管理の弱点を目の当たりにするように考えさせられました。(50代男性)

監督の熱量が分かる映画だった。発声可能上映など、新しい映画の楽しみ方が提案されたのも面白かった。(30代女性)

ここ10年で私が見た映画の中で一番面白かったといっても、過言ではありません。最近に珍しく長い映画でしたが、最初から最後まで少しも飽きることなく、画面に引き込まれていました。政府の会議の様子がリアルで、現実社会の様々な問題を重ね合わせてしまい、いろいろと考えさせられました。(40代女性)

ターゲットを絞っていたので、ハマる人にはハマる作品だったと思う。「より多くの人に」という浮ついた狙いは感じられなかった。内容はスリリングでやけに現実味があり、今までの特撮怪獣映画とは一線を画していた。(30代女性)

エヴァンゲリオンが好きな人は、かなり楽しめる映画だと思います(30代男性)

 

 

1位. 君の名は。(22票)

『秒速5センチメートル』(07年)、『言の葉の庭』(13年)など意欲的な作品を数多く作り出し、 次世代の宮崎駿、ポスト細田守と称される気鋭のアニメーション映画監督・新海誠。 美しい色彩で描かれるすれ違う男女の物語を、精緻な風景描写と繊細な言葉によって紡ぎ出す“新海ワールド”は 世代や業界、国内外を問わず大きな刺激と影響をおよぼしてきた。 その新海誠監督の待望の新作となる『君の名は。』でキャラクターデザインを務めるのは、 『心が叫びたがってるんだ。』(15年)などで新時代を代表するアニメーターとなった、田中将賀。 また、『千と千尋の神隠し』(01年)など数多くのスタジオジブリ作品を手掛けた、アニメーション界のレジェンド、 安藤雅司を作画監督に迎えるなど、日本最高峰のスタッフがスタジオに集結。音楽はその唯一無二の世界観と旋律で、 熱狂的な支持を集めるロックバンド・RADWIMPSが担当する。 声の出演として、三葉が夢の中で見た男の子・瀧役に同世代の中でひときわ異彩を放つ演技派俳優、神木隆之介。 そして、自らの運命に翻弄されていくヒロイン・三葉役を、オーディションでその役を射止めた上白石萌音が務める。 山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉、そして、東京に暮らす男子高校生の瀧。 出会うはずのない二人は、ある日、お互いの存在を知る。それは、心と身体が“入れ替る”、不思議な夢の中で……。 少年と少女が経験する恋と奇跡の物語。世界の違う二人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」。 新海誠はその物語を圧倒的な映像美とスケールで描き出す。 誰もが経験したことのない、アニメーションの新領域。 新たな“不朽の名作”が、この夏、誕生する!

コメント

これまで荒んでいた心が一気に浄化された気持ちになりました。希望を持ち続けることの大切さを感じました。(30代男性)

登場人物の感情の描写とかそういったものより、なにより、ストーリー性がものすごく高い。話題にもなっているし、先に見ることによってまだ見てない人に優越感を抱ける作品だと思います。(30代女性)

予想以上に面白く観終わった後も長く余韻が残る映画でした。日本のアニメのレベルの高さも確認できる映画でした。(40代女性)

私は普段アニメは見ないのですが、この映画は大人でも楽しめて、感動できる作品でした。また、ストーリーの中に、ふせんがたくさんあるので、何度も見返したくなってしまいます。(20代男性)

妻と映画「君の名は」を見てきました。ストーリーもさることならが一緒に見れたのが妻でよかったと思いました。とても気分のよくなる映画でした。(30代男性)

アニメの映画を観るのは初めてでしたが、純粋に楽しんで見ることができました!心が洗われた気がしました。(20代女性)

絵がとてもきれいでした。内容は不思議でしたが、とても切ない気持ちになりました。
主題歌も映画に合っていると思いました。(40代女性)

思春期における男女の繊細の感情の交流は、先行きが気になり見ていて面白かったです。(40代男性)

公開される前から気になっていて、公開日初日のファーストショーに行ってきました! 予想していた以上に素晴らしい作品でびっくり!! 私も朝起きたら東京に住んでいる男の子入れ替わっていやしないかと馬鹿みたいなことを考えながら毎日床に就いています……(20代女性)

予想を裏切る展開と、新海監督の素晴らしい映像の美しさが印象的な作品です。高校生が主人公なので青春の甘酸っぱさも感じました。何度でも見たい映画です。(30代女性)

とても感動的で心に残る作品でした。絵も綺麗でストーリーがとても面白かったです。
新海誠監督の作品は全て見た事がありますが、この作品が一番面白かったです。(20代女性)

とにかく映像がキレイでした。ストーリーはラブストーリーとSFを割ったような話ですが、分かりやすく胸にストンと入るもので良かったです。忘れられない映画になりました。(30代女性)

恋に落ちた時には忘れていた「大切」という感情を再認識させてくれました。(20代女性)

内容は単純ではなく、ストーリーを見てる方も考えながら進んでいく映画。一度だけではなく、2回、3回と重ねてみると内容がどんどん深まっていく。とても絵が綺麗で心を奪われる、そんな映画。(20代女性)

映画を観た後、心がとても満足した気分になりました。しっかり笑えて、しっかり感動できる映画でした。(20代女性)

内容はもちろん、何と言っても映像が綺麗で見入ってしまいました。また挿入歌も、ストーリーに合っていて良かったです。(20代女性)

とにかく感動して泣いた。途中からいろいろつながってきたのがおもしろかった。(30代女性)

子供向けの映画かと思いきや、ストーリーは意外な展開で引きこまれました。風景などの映像も本当に綺麗で、この映画は家でDVDになってから鑑賞するよりも映画館の大きいスクリーンで観た方が絶対いいと思います。久しぶりに何度も観たいと思える映画に出会えました。(30代女性)

監督の世界観の壮大さにビックリしました。こんなことないだろうと思いはしたものの、謎が多い作品になっており考えれば考えるほど映画に引き込まれていきました。(20代男性)

アニメの映画で初めて面白いと言える映画でした。また観たいと思います。(20代男性)

映像がとにかく綺麗で、RADWIMPSの音楽もマッチして幻想的な映画でした。(30代女性)

作品のストーリーだけでなく、背景や音楽、細かなところまで見る人の心に響くものがある素晴らしい映画だった。(20代男性)

 

 

1票だった映画も紹介

ランキング入りはしませんでしたが1票入った作品も紹介します。素晴らしい作品もあり、ぜひ観てみてください。

 

64 -ロクヨン-

昭和64年1月5日。 関東近県で漬物工場を営む雨宮芳男(永瀬正敏)の娘・翔子が誘拐された。犯人はサトウと名乗り、身代金要求額は2000万円。翌日、犯人は金をスーツケースに入れ、 雨宮に車で運ぶことを指示した。喫茶店や美容室など様々な店の電話を次の指令の受け取り場所に指定して各所を移動させ、警察の捜査班を翻弄する。 深夜、郊外の橋から身代金の入ったスーツケースは指示に従って川に投下され、やがて回収されたスーツケースから金は紛失していた。後日、被害者の少女も死体となって発見される…

コメント

ミステリーということもありますが、人間関係なども深く考えさせられました。(20代女性)

 

 

キング・オブ・エジプト

「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス監督による冒険スペクタクルアクション。神と人間が共存し、「生命の神」オシリス王の統治により繁栄を誇っていた古代エジプト。しかし、弟セトのオシリス謀殺により王座は奪われ、人々は暴虐なセトに苦しめられていた。オシリスの子で、王座と視力を奪われたホルスは、コソ泥の青年ベックと手を組み、エジプトの王に君臨するための鍵を握る重要なアイテム「神の眼」を盗み出すべく、困難極まりない冒険の旅に出る。主人公ベック役に「マレフィセント」のブレントン・スウェイツ、ベックの恋人役に「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のコートニー・イートン。「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズのニコライ・コスター=ワルドウ、「300 スリーハンドレッド」のジェラルド・バトラーらが脇を固める。

コメント

神々が変身して戦うシーンが迫力があり面白かったです。ストーリーがわかりやすかったので楽しめました。(50代女性)

 

 

さらばあぶない刑事

舘ひろし、柴田恭兵主演の刑事アクション『あぶない刑事』の劇場版第7弾。定年退職を5日後に控えたタカとユージがド派手なアクションとアドリブ満載の愛すべき掛け合いを繰り広げる。お馴染みのレギュラーメンバーに加え、吉川晃司と菜々緒が出演。

コメント

舘ひろしと柴田恭兵のタッグが最高にカッコよかった!ハラハラドキドキのラストスパート。誰が生き延びてラストはどうなるのか見ている途中でも楽しみでした。もう一度見たいなと思った映画です。(20代女性)

 

 

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

第88回アカデミー賞®主演男優賞ノミネート・第73回ゴールデン・グローブ賞 主要2部門ノミネート 『ローマの休日』を世に送り出した稀代の脚本家トランボの生き様を描いた感動の実話。 20世紀半ばのハリウッド黄金期、当時最も人気のあった脚本家ダルトン・トランボの家族愛、映画へのパッションを描いた実話に基づく物語。 監督は『オースティン・パワーズ』シリーズや『ミート・ザ・ペアレンツ』シリーズで知られるジェイ・ローチ。トランボ役には、TVシリーズ『ブレイキング・バッド』で数々の賞を受賞したブライアン・クランストン。

コメント

テーマとしては重くなりそうな内容なのに、ストーリーや会話のテンポがよくあまり気負わず鑑賞できた。登場人物も個性的で見ていて楽しい。最後のスピーチは本当に心に残る。(20代女性)

 

 

マジカルガール

白血病で余命わずかな12歳の少女アリシアは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。彼女の願いはコスチュームを着て踊ること。 娘の最後の願いをかなえるため、父ルイスは失業中にもかかわらず、高額なコスチュームを手に入れることを決意する。 どうしても金策がうまくいかないルイスは、ついに高級宝飾店に強盗に入ろうとする。まさに大きな石で窓を割ろうとした瞬間、 空から降ってきた嘔吐物が彼の肩にかかるー。心に闇を抱える美しき人妻バルバラは、逃げようとするルイスを呼び止め、 自宅へと招き入れる。 そして…。バルバラとの“過去”をもつ元教師ダミアンは、バルバラと再会することを恐れている。 アリシア、ルイス、バルバラ、ダミアン―決して出会うはずのなかった彼らの運命は、交錯し予想もしない悲劇的な結末へと加速していく…。

コメント

ラストまで全く先が読めない展開で、ドライな雰囲気が好きでした。(20代女性)

 

 

レヴェナント 蘇りし者

1823年、毛皮ハンターの一団はアメリカ西部の未開拓地を進んでいた。隊長のヘンリーを先頭に、ガイド役のヒュー・グラスとその息子のホーク、そしてグラスに対して敵意を抱いているフィッツジェラルドたち一行だったが、ある時、先住民に襲撃され多くの犠牲者を出す事態に。生き残ったグラスたちは危険な川を避け、船を捨てて陸路で砦に戻ろうとするが、グラスは巨大な熊に襲われて瀕死の重傷を負ってしまう。隊長のヘンリーは余命わずかに見えるグラスを残して行くことを決断。息子のホーク、金に釣られて居残ることにしたフィッツジェラルド達にグラスの最期を看取るよう命じるが……。

コメント

二時間半、エマニュエル・ルベツキ撮影監督の圧倒的映像力と、坂本龍一の音楽がとても印象的。物語で語るのではなく、心で全てを物語る様はもう感情的というレベルではない。素晴らしい一作でした。(10代男性)

 

 

闇金ウシジマくんpart3

派遣の仕事で食いつなぐ真司はある日街で撮影中のタレントのりなを見かける。一生縁がなさそうな美人に社会の格差を実感する真司。「誰でも稼げる」という塾を主宰するネット長者・天生翔のウサンくさい広告を見て半信半疑で無料のセミナーに出席した真司は、人生の一発逆転を狙って億単位のマネーゲームに巻き込まれていく。一方、サラリーマンの加茂は妻がいながらブスな愛人からカネを借りてキャバクラに通う日々。加茂にとってのマネーゲームは、美人キャバ嬢・花蓮を落とすことだった。彼らの行く手に、トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸すアウトローの金融屋・ウシジマが立ちはだかる。

コメント

映画第三弾の今回も、丑嶋のもとに様々な事情を抱えた人間が金を借りに来る。妻帯者なのにキャバ嬢に貢ぐ最低な不倫ゲス野郎や、ギリギリの生活から這い上がり、のし上がろうとする青年の人生を懸けたマネーゲームなど、観る者を一秒たりとも飽きさせないのがさすが。ドラマシリーズからのレギュラーメンバーに加えゲストも豪華キャスト終結で、映画完結作となる連続公開予定の次作が早くも待ち遠しい。(30代女性)

 

 

化け物の子

『おおかみこどもの雨と雪』の細田守監督が人間界とバケモノ界がパラレルに存在する世界を舞台に描いた冒険活劇アニメ。ある日、バケモノ界に迷い込んだ人間界の少年はバケモノの熊徹と出会う。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった。

コメント

映像のミスチルの歌もマッチしてとても感動しました。オオカミと人間の家族愛がとてもよかったです。(20代女性)

 

 

帰ってきたヒトラー

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら? 「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、 長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。 自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。 しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた<ホンモノ>で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

コメント

原作を読んでいて、今ドイツ語を勉強しているので見に行きました。ヒトラーを演じる役者さんがとても良く、ブラックユーモアもあり、今世界情勢を考えさせられる映画でした。(20代女性)

 

 

四月は君の嘘

『四月は君の嘘』は、新川直司による日本の漫画作品で『月刊少年マガジン』(講談社)にて2011年5月号から2015年3月号まで連載され、単行本は全11巻。2012年度マンガ大賞ノミネート。2013年、講談社漫画賞少年部門受賞。2014年10月から2015年3月までに2クールに渡ってフジテレビ系“ノイタミナ”にてテレビアニメ化。2016年に広瀬すず、山﨑賢人主演で実写化される。

コメント

主演の2人が相当練習したであろうバイオリンやピアノを弾く場面は、とても見入ってしまいました。原作の漫画とは話がだいぶ異なるそうですが、これはこれでひとつの作品として素晴らしいと思いました。(20代男性)

 

 

死霊館 エンフィールド事件

「ソウ」シリーズのジェイムズ・ワン監督が、実在の心霊学者夫妻が体験した衝撃の事件を元に描くホラー第2弾。ウォーレン夫妻が様々な不可解現象に苦しむ少女とシングルマザーを救うべく、恐怖の元凶と対峙する。

コメント

ホラー映画も大好きなのですが、今まで見てきている中では驚いてしまうシーンや怖いシーンのタイミングが読みづらいこともあり、ストーリー性含め怖さと面白が楽しめる作品でした。(40代男性)

 

 

植物図鑑

東京で一人暮らしをしている23歳のさやかは、何のとりえもない普通の女の子。ある冬の夜、アパートの前でお腹をすかせて動けなくなっている、見ず知らずの若い男性・樹に遭遇する。 「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。噛みません、しつけのできた良い子です。」 酔っぱらっていたさやかはどうせ夢の中のできごと、と、子犬を拾うように、お腹をすかせた樹を家にあげる。翌朝、いつの間にか眠ってしまっていたさやかが目を覚ますと、キッチンには樹がありあわせの材料で作った朝食が並べられていた。自炊や手作りの料理とは無縁の生活を送っていたさやかは、朝食のおいしさ、あたたかさに思わず涙を流してしまい、「行くところがないならうちにいなよ」と言ってしまう。そして、樹に家事全般を担ってもらうことを条件に「半年間」という期限付きの同居生活が始まる。

コメント

久しぶりにキュンキュンした映画でした。高畑光希さんと岩田さんが自然体で可愛かったです。(20代女性)

 

 

真田十勇士

関が原の戦いから14年。徳川家康は天下統一を目前にするが、豊臣秀頼の母・淀君は“豊臣の世をふたたび”という妄想に駆られ、徳川と対立を深めていく。戦力の乏しい豊臣方にあって、天下の名将として名高い真田幸村と真田十勇士に期待が寄せられるが、実は幸村は男前が過ぎるばかりに周囲に勘違いされただけの凡庸な武将だった。

コメント

加藤和樹さんのファンで、見ましたが迫力があって、圧倒されました。ストーリーも面白かったです。(20代女性)

 

 

人狼ゲーム プリズン・ブレイク

心理ゲーム“人狼ゲーム”をモチーフに描く川上亮の小説の実写映画化第4弾。拉致・監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生き残った者には1億円が与えられる“人狼ゲーム”。いつの間にか“私”がゲームに参加していた…。小島梨里杏主演。

コメント

人狼ゲームシリーズの中で1番面白かったです。狂人サイドの主人公なので、今までの人狼ゲームとは違う視点から見れるのが面白かったです。(20代女性)

 

 

世界から猫が消えたなら

映画デビュー作『ジャッジ!』が高い評価を得た永井聡監督が川村元気のベストセラー小説を佐藤健主演で映画化。余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員。そんな彼の前に、突然同じ姿形をした悪魔が現れ…。共演は宮崎あおいほか。豪華版。

コメント

自分の寿命と引き換えに、何かを失ってしまう。1つの出来事や物から、人脈や色々なストーリーが崩れてしまっている。主人公の想いや葛藤など、魅入ってしまいました。とても感動しました。(20代女性)

 

 

青空エール

初心者だけど、高校の名門吹奏楽部に入部した私「小野つばさ」。私の夢は、野球部を、球場のスタンドからトランペットで応援すること。そんな私が出会ったのは、甲子園出場をめざす野球部の山田大介くん。大介くんと同じ夢をおいかけるうちに、私は大介くんのことが好きになってしまって…。勇気をだして告白するけど…!?小学上級・中学から。

コメント

別冊マーガレットで読んでいた作品なので、見て見ましたが、キャラクターを壊すことなく、楽しめて見ることができて満足しました。(50代女性)

 

 

殿、利息でござる!

中村義洋監督、阿部サダヲ主演による時代劇コメディ。江戸時代、仙台藩の重い年貢に苦しむ宿場町では破産と夜逃げが相次いでいた。町の将来を心配する十三郎は、藩に大金を貸して利息を巻き上げる作戦に出るが…。

コメント

夫が見たいというので、付き添って見に行きました。さして期待はしなかったのですが、なかなかおもしろかったです。史実に基づいていることもあって、リアリティある話の展開が飽きませんでした。(30代女性)

 

 

僕だけがいない街

三部けい原作の同名コミックを藤原竜也、有村架純共演で映画化。売れない漫画家・悟に、同じ時間が巻き戻る「リバイバル」現象が起こる。数日後、誘拐未遂を目撃した母が殺害され、バイト仲間・愛梨も命を狙われる。

コメント

原作をみないまま映画を見たのですが面白かったです。藤原竜也さんの演技は素晴らしいし、有村架純ちゃんもとっても可愛かったのですが、なんと言ってもお母さん役の石田ゆり子さんのお母さんっぽくないチャーミングさと方言がよかったです。(40代女性)

 

2016年に読んで面白かったおすすめ本24選

1.桜ほうさら 

桜ほうさら

桜ほうさら

 

 

「桜ほうさら」がおすすめの理由

父の死に関わる陰謀を追っていく笙之介の身の回りに起きる出来事。そして「桜の精」との恋の行方など。最後まで目を離せないストーリーになっています。これが、この本が一番面白かった理由です。

 

 

2.コンビニ人間

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

「コンビニ人間」がおすすめの理由

読み始めると、コンビニの世界に吸い込まれるようにあっという間に読めてしまった。主人公に感情移入して、コンビニで働いているかのような感覚に陥った。この本を読んでからコンビニに入ると、お店の方が皆コンビニ人間に見えてしまう。主人公の恵子さんの視点はドキッとされられる。 「普通」という言葉が一番怖いし、静かな棘を持っていると思った。

 

 

3.ハリーポッターと呪いの子

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

  • 作者: J.K.ローリング,ジョン・ティファニー,ジャック・ソーン,松岡佑子
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

「ハリーポッターと呪いの子」がおすすめの理由

演劇の脚本形式で書かれているので、新鮮でした。そして、翻訳者が同じなので、すぐに物語にひきこまれました。

 

 

4.愚者の連鎖 アナザーフェイス7

愚者の連鎖 アナザーフェイス 7 (文春文庫)

愚者の連鎖 アナザーフェイス 7 (文春文庫)

 

 

「愚者の連鎖 アナザーフェイス7」がおすすめの理由

異色のシングルファーザー刑事、大友鉄の奮闘ぶりを描いたシリーズ第7弾です。刑事らしからぬ優男である大友のスマートなかっこよさと、正義を貫こうとする覚悟に胸打たれる作品です。小さな窃盗犯の取り調べから始まり、徐々に背後にある大きな事件の全貌が明らかになっていく展開は、面白くて読み応えがありました。

 

 

5.天国でまた会おう

天国でまた会おう(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

天国でまた会おう(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 

「天国でまた会おう」がおすすめの理由

「その女アレックス」でファンになったピエール・ルメートルの作品だからと、上質のサスペンスであること。

 

 

6.彼女のこんだて帖

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)

 

 

「彼女のこんだて帖」がおすすめの理由

人間が生きていく中で避けて通れない「食」にまつわるストーリーなので自分と重ねることができ読んでいて面白かったです。小説内に出てくるメニューはどれも魅力的で読み終わった後は暖かい気持ちになると同時にお腹が空いてしまう一冊です。

 

 

7.岳飛伝

岳飛伝 1 三霊の章 (集英社文庫)

岳飛伝 1 三霊の章 (集英社文庫)

 

 

「岳飛伝」がおすすめの理由

北方謙三先生の水滸伝シリーズの最後の本が今年出版されました。水滸伝から始まる中国の長い長い内容がついに完結してしました。 今年の初めから延べ51冊一気に読みましたが丁度最終巻が出版されたのでタイミング的良かったのも幸いしました。 中国のお話ですが、ほぼ登場人物以外は北方先生のこうだったらいいのにというような内容ですが、それがまたいいのです。とても面白かったです。

 

 

8.メビウス・ファクトリー

メビウス・ファクトリー

メビウス・ファクトリー

 

 

「メビウス・ファクトリー」がおすすめの理由

三崎亜紀が作者ですが、彼は「非日常」を書く事が多く本作も「非日常」をテーマにした内容でした。情報遮断された町で造られているロボットが全国に出荷して日本にはなくてはならない存在になっていると信じて疑わない住民の中から、異分子の考えも持った人間がいたらどうなるか、情報が遮断された町に情報があふれたらどうなるかなど現実にありそうな話で進められていき、思考力がなく依存して生きていく場合の結末が描かれていて面白いし、ぞっとする内容でした。

 

 

9.カエルの楽園

カエルの楽園

カエルの楽園

 

 

「カエルの楽園」がおすすめの理由

現在のある国を象徴的に描いた寓話です。 カエルが平和に暮らせる場所を求めてある平和な国に到達し、日々を過ごすのですが やがて事件が起こります。 一見ほのぼのとした世界にほっこりしながら読むのですが だんだんと恐ろしく、ページをめくる手が止まらなくなります。 ぜひ、この感覚を味わい、どうすればいいのか考えて欲しいと思います。

 

 

10.また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた

 

 

「また、同じ夢を見ていた」がおすすめの理由

まずはタイトルに魅力があり、読み終える頃にはそのタイトルの重大さのからくりが理解できています。 そして主人公たちの性格、個性に楽しませてもらえます。

 

 

11.恋のゴンドラ

恋のゴンドラ

恋のゴンドラ

 

 

「恋のゴンドラ」がおすすめの理由

東野圭吾さんの本はミステリーが多いのですが、恋愛ものでひさびさにほのぼのできました。 短編集かと思いきや、次々につながっていく感じがおもしろかったです。

 

 

12.侠飯3

侠飯3 怒濤の賄い篇 (文春文庫)

侠飯3 怒濤の賄い篇 (文春文庫)

 

 

「侠飯3」がおすすめの理由

既に1巻、2巻が発売されていたシリーズの最新作ですが、ヤクザとグルメという一見不釣り合いなテーマを食事をキチンと作り食べる描写や時折入る人情や恋愛要素が1つの物語に紡ぎ上げてどんでん返しで締める爽快感が良かったと思います。

 

 

13.首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫)

 

 

「首折り男のための協奏曲」がおすすめの理由

伊坂幸太郎さんの作品に登場するキャラクターは皆とても魅力的なのですが、中でも特に好きな黒澤さんが久々に活躍していて、嬉しくなりました。各話間での登場人物やできごとのリンク、様々なギミック、登場人物たちの小粋な会話など、伊坂作品の醍醐味が詰め込まれた短編集だと感じました。

 

 

14.望郷 

望郷 (文春文庫)

望郷 (文春文庫)

 

 

「望郷」がおすすめの理由

湊かなえさんの小説の世界観が好きで購入したのですが、この本は少しいままで読んできた湊かなえさんの小説とはタイプが違い、新鮮で面白かったです。 短編集でとても読みやすかったです。

 

 

15.怒り

怒り(上) (中公文庫)

怒り(上) (中公文庫)

 

 

「怒り」がおすすめの理由

1つの事件に巻き込まれる三組の人間関係。どれも共通して言えるのは、目の前にいる大切な人を心から信頼できるのか、本当に大切に思えているのか。目の前にいる人が犯罪者だとしても、大切な人を最後まで信じることができるのか。大切とはどういうことなのか。読んだ後、締め付けられるほど切なく、苦しくなりました。本を読んでこんなにもしんどくなったのは久しぶりでした。

 

 

16.火花

火花

火花

 

 

「火花」がおすすめの理由

芸人界にもよくありそうな話でリアリティがあり、またそれが、自分の人生にも照らし合わせ、多くの共感、感銘できるところがあったから。

 

 

17.また次の春へ 

また次の春へ (文春文庫)

また次の春へ (文春文庫)

 

 

「また次の春へ」がおすすめの理由

面白い、というより心の奥のほうに届く本です。重いのでもなく悲しいだけでもなく切なさもあり、何かきっと言葉にできないものがそれぞれの読者に残る、重松さんだからこその物語です。震災の内容が盛り込まれ、死をただ悲しいというもので終わらせるのでもなく、悲しみの中にも少し光を見出すようなそんな作品です。

 

 

18.ストーリーセラー

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)

 

 

「ストーリーセラー」がおすすめの理由

表紙が可愛かったので買いましたが、切なくもあり温かくもある内容で泣けました。小説では珍しく別視点の物語を一冊に収録していたのも面白かったです。

 

 

19.京都ぎらい 

京都ぎらい (朝日新書)

京都ぎらい (朝日新書)

 

 

「京都ぎらい」がおすすめの理由

同じ日本でありながら、まるで外国人が日本の文化やしきたりを知るような目線で読んでしまった。日本の興味深い部分を発見できた面白さがある。

 

 

20.2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム

2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム (文春e-book)

2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム (文春e-book)

 

 

「2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム」がおすすめの理由

あの勝間さんまで断捨離を始めたのかと驚いた。私自身も断捨離に断捨離に身を入れている時期だったので、気持ちを重ねて読んだ。

 

 

21.「文系学部廃止」の衝撃

「文系学部廃止」の衝撃 (集英社新書)

「文系学部廃止」の衝撃 (集英社新書)

 

 

「「文系学部廃止」の衝撃」がおすすめの理由

私が元来理系志望であったにも拘らず、高校時代に文系クラスに進むことになり、大学は私立文系大学に進学したので、興味深く内容でした。一部マスコミによってセンセーショナルに取り上げられた、国立大学の文系学部廃止についての記事からこの本は始まっていますが、私が高校時代に感じたことでもある、国立大学が「理工医科大学」であることがストレートに書かれていて、一気に読み進められました。文系学部というの儲からず、文系学部は私立に任せるというのが国の方針ではないのかというところなどは、頷ける様な気がしました。その上で、必ずしも国の側が「文系学部廃止」を打ち出したものではないということを克明に記述している点で、この本はマスコミ報道だけでは大学についての国の方針は簡単に理解できないということを指し示しています。今後の大学の在り方を知ろうとする側には読んでおいた方が良い本であると思いました。

 

 

22.スタンフォードの心理学講座 人生がうまくいくシンプルなルール 

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール

 

 

「スタンフォードの心理学講座 人生がうまくいくシンプルなルール」がおすすめの理由

非常にわかりやすい具体例を元に心理学としては面白い切り口で記載されている内容が盛り沢山なのでその分析力がとても役に立つ。

 

 

23.プロフェッショナルマネージャー

プロフェッショナルマネジャー

プロフェッショナルマネジャー

 

 

「プロフェッショナルマネージャー」がおすすめの理由

経営に関するセオリー・秘訣・金銭的報酬・条件などの教えが面白かったです。ハロルド・ジェニーンという一人の人間にとても興味外湧きました。

 

 

24.見てる、知ってる、考えてる 

見てる、知ってる、考えてる

見てる、知ってる、考えてる

 

 

「見てる、知ってる、考えてる」がおすすめの理由

著者はまだ小学生なのですが、子供だからできる自由な発想・言葉に、大人だってもっと自由でもいいんだと気づかされるものがありました。

 

大学生になる息子や娘にプレゼントしたいオススメの本20選 – 大学新入生への入学祝い

大学生になる息子や娘にプレゼントしたいオススメの本20選

大学生になる息子や娘に入学祝いでプレゼントしたいオススメの本を20冊選定しました。ぜひ入学祝いでのプレゼントの参考にしてみてください。

 

1.D・カーネギー「人を動かす」

あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない。著者の信ずるところによれば、経済的成功の15パーセントは専門的知識から生み出されるが、残りの85パーセントは「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。人と接する際の基本的な原則を基に、自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるようなスキルを教示する。また、操られていると相手に感じさせないようにしながらつき合う基本的な手法にも重点を置いている。カーネギーは、誰かに自分が望むことをさせるには、状況を一度自分以外の視点に立って観察し、「他人の中に強い欲望を喚起させる」ことで可能になると述べる。更に本書を通じて、相手に好かれる方法、自分の考え方に相手を引き込む方法、相手の感情を害することなく、あるいは恨みを買うことなくその人の考え方を変える方法を学ぶことができる。例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法などである。また、歴史上の人物、産業界のリーダー、そして市井の人々の逸話を交えながら、著者の論点が分かりやすく解説されている。(Joan Price, Amazon.com)

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

この本は私が高校生の時に出会ったものです。読みやすく、当たり前のことばかりが書かれていますが、子どもを持つ親になった今、改めて読み返すことが多いです。 内容はいたってシンプル。自分が他人に対してどういう態度で接すれば相手がどう動いてくれるかわかりやすく書かれています。 人間として知っているべきこと、当然わかっているべきことばかりですが、なかなかそうはできない人が世の中増えているような気がします。 みんながこの本の内容をもう一度自分の中で理解し、行動できれば、小さないざこざも、いじめも、大きくは戦争もなくなるのになと思います。

大学に入学すると親元を離れて生活することになると思います。近くにいれば相談に乗ったりできますが、電話やメール・LINEなどでは難しいこともあると思います。そうなると身近に相談できる相手が必要になってくると思います。「人を動かす」は人とのコミュニケーションのとりかたが書かれています。親が直接言うとうるさいなと思うことでも本ならば聞きやすいのではないかと思います。古い本ですが根本的なことは変わっていないですし、具体的に書かれているのでわかりやすいと思います。社会人になってからも役に立つ本だと思います。

有名な本過ぎて、なぜか読んだ気になっており、最近改めて読んだら思っていた内容と全然違い、とても感銘をうけました。内容は、若すぎても理解できず・腑に落ちず、歳をとってから読んでも実践するには遅いと思ったので、息子が大学生になるくらいがほんとにちょうどいいと思いました。特に男性向きの本で、これから社会に出ていく人に読んでおいてほしいと思います。一般的な自己啓発本に若干近い部分も感じましたが、それでも実践しても誰も損をする人がいないところがいいです。サービス業や営業マンでなければ本の内容を徹底的に実践する必要はないとも思いますが、知っておいた方がいいことだと思います。

 

 

2.加藤ゑみ子「淑女に見える気品のルール」

『気品のルール』『淑女のルール』合計15万部のベストセラーが、ひとつになって再登場! 「淑女」というイメージは、自分から遠いものだと思っていませんか? 実は、日常のささいなことに気をつけるだけで、ぐんと気品溢れるオーラが生まれます。 持って生まれた美貌はいつか失われますが、気品は一生モノ。 生涯、「素敵な女(ひと)ね」と言われるために、周囲から一目置かれる女性になるために。 淑女に変身するためのコツを、基本編と実践編に分けてご紹介します。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

大学時代には是非いろいろなことを学び考え、経験をして、素敵な大人になるための土台作りをして欲しいです。高校までと違って広い世界に出て行かなくてはなりません。そんな中での毎日は、時にとまどい、傷つき、これまでの自分は何だったのだろうかと悩み自分のことがわからなくなったり、大切な事を見失ってしまう時があると思います。そんな時にこの本を読んで欲しいです。この本には人にとって本当に大切なものが何であるかが書かれています。この本を参考に自分の目指すべきものが何かを掴んで欲しいと思います。

 

 

3.木下威征「新しい人生のつくり方」

【どんな過去も、未来の武器になる】 「人生をもう一度やりなおしたい」 「戻れるものなら、あの頃に戻りたい」 そんな思いを持ちながらも、 「でも、今さら無理なんじゃないか……」 とあきらめている方がいるかもしれません。 でも、大丈夫。 新しい人生をスタートさせるのに、 【年齢】も【才能】も 【人脈】も【お金】も いっさい関係ない! と言い切る人物がいるんです。 それが、 本書の著者、木下威征です。 【カネなし】【学歴なし】 【人脈なし】【経験なし】という 不良あがりの超ダメ人間が、 今や、予約のとれない 超人気オーナーシェフになれたのです。 著者はこう言います。 「きっとあなたは、すでにあのときの僕より、 スタートラインが上のはずだ」 お金も人脈がないのはもちろん、 「This is a pen」もわからない学力レベルから 現在のポジションを築き上げた著者が、 新しい人生をスタートさせるのに必要な 【夢】【仕事】【人生設計】 【人間関係】【お金】の 思考法&実践法を徹底的に伝授します。 本書は、 マイナス地点からの「人間力」養成バイブルです。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

予約困難なフレンチ料理店の有名シェフのバイブル本です。 高校時代までヤンキー育ちで、全く学もなかった木下シェフ。将来にも希望が持てず自暴自棄になっていた時期に、先輩から貰った雑誌に載っていたフレンチ料理の専門学校生徒募集のページを見て「これだ!」と思いつき入学〜あらゆる困難に立ち向かい首席として卒業〜フランス留学・帰国してから現在までの人生が書かれています。 難しい言葉は書かれておらず、読書が好きでない子供でもサクサクと楽しく読める内容ですしとてもタメになる言葉も沢山書かれています。

 

 

4.ロバート・キヨサキ「金持ち父さん貧乏父さん」

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。 変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれ続けるベスト&ロングセラー、待望の改訂版。 □最初に読むべき「お金」の基本図書 毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。 そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から13年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。 その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。 「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。 現在は日本やアメリカのみならず51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

これからの時代は、いい大学に入っていい会社に就職すれば、一生安泰の時代ではなくなると思います。子供は、まだ上の子が3歳10ヶ月です。まだまだ先の話ですが、実力.成果がキーワードの時代となるため、大学時代はそのために色々考えるための時間に使って欲しいと思います。 私は、大学を卒業して東証一部上場企業に勤務しておりますが、バブル期のように会社は守ってくれませんし、こちらも忠誠心がありません。大学にいって、勉強も含め、勉強以外の色々なことを学んで欲しいからです。特にお金のこと。

将来的に間違ったお金の使い方をして、お金に苦しむ人生を送ってほしくはありません。大学に入学するとアルバイトも自由にでき、お金を収入として得る機会が増えてきます。そんなお金を得る機会である初期段階において、正しくお金の扱い方、考え方の基礎を身に着けてほしいと思うからです。そうすることで、この時に身に着けたお金に対する扱い方、考え方が、その後の社会人生活、ゆくゆくは人生そのものにおいて役立つことになるからです。

 

 

5.スティーブン・R・コヴィー「7つの習慣」

第1部 個人と人間関係の効果性(原則中心リーダーシップの特徴/「7つの習慣」を復習する/三つの決意/真の偉大さとは/過去との決別 ほか)/第2部 マネジメントと組織の発展(豊かさマインド/七つの慢性的な問題/原則中心の学習環境/魚釣りを覚える)
コヴィー,スティーブン・R.(Covey,Stephen R.)(コヴィー,スティーブンR.) タイム誌が選ぶ世界でもっとも影響力のあるアメリカ人25人の一人に選ばれている。国際的に高く評価されるリーダーシップ論の権威、家族問題のエキスパート、教育者、組織コンサルタントとして活躍した。世界屈指のプロフェッショナルサービス企業フランクリン・コヴィー社の共同創設者。ユタ州立大学商経学部終身教授、リーダーシップ学において同大学の名誉職ジョン・M・ハンツマン・プレジデンシャル・チェアに就く。妻、家族とともに米国ユタ州で暮らした。2012年7月、79年の生涯を閉じた

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

学生時代はとかく勉強の成績などに重点を起きがちですが、これは人生で大切なことが、バランスよく説明されている本だと思います。勉強、仕事が大事なのはもちろんですが、家族のことや、他人とどう関わっていくかなど、あらゆる視点から総合的に、どうしたら心身ともにバランスの取れた人になることができるか、筆者や色々な人の体験談をもとに丁寧に教えてくれます。 子供には公私ともに充実した人生を送ってもらいたい、という親の気持ちがよく通じる一冊ではないかと思います。

大学に入学すると、高校までとは違って、一気に周りの世界が変わります。例えばバイト、下宿生活、交際相手、サークル仲間場合によっては上京したり他県に移ることもあって、人間関係の幅が広がると思います。人間関係で悩まず、円滑な大学生活を送るためにもこの「7つの習慣」はお勧めです。人間関係で仲間や大切な人を作る、その関係を維持するにはとても大事な原則が書かれているからです。この原則が出来ていない人は、社会人になってもたくさんいます。私自身もそうでした。なので、今のうちにこの原則(特に、相手のことを理解してから理解される)を学んで実践すると将来の人間関係やコミュニケーションにとても役立つと思っています。

 

 

6.佐藤美由紀「世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉」

豊かさとは何だろう?人生で大切なこととは何だろう?心にしみるスピーチで世界中に感動を与える、南米ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカ。“世界でもっとも貧しい大統領”と呼ばれるムヒカのスピーチやインタビューから選び出した名言を、解説とともに紹介。2012年国連リオ会議の「もっとも衝撃的なスピーチ」も掲載。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

月1000ドル程度で生活している世界で最も貧しいウルグアイの大統領、ホセ・ムヒカ氏の思想と哲学を名言から読み解く本です。 彼の生い立ちや思想のバックグラウンドなどを知るにはこの本だけでは十分でありませんが、彼の名言集として人生の様々な場面で思い出して欲しいと思います。 大学生活は人生の中でもっとも自由な時期です。それでいて社会経験はまだ乏しく、人として成熟する為に必要な経験を望めば得られる時間的な余裕のある時期でもあります。 この本の中にも「自分の時間を好きなことに使っているときが本当に自由なときなのです。時間であふれることこそ自由なのです」という一文があります。 自分の時間を自由に満喫出来るチャンスのある大学生だからこそ、自分のこれからの生き方を見つめる為に、時間を有効に使って欲しいと思います。 また、ムヒカ氏が教えてくれる消費社会に対する苦言や人生観を読み解くことで「本当の幸せとは何か」、「貧乏とは何か」を考えるきっかけにして欲しい1冊です。

 

 

7.中島義道「ウィーン愛憎 ヨーロッパ精神との格闘」

学士号2つに修士号を1つ得ながら学問への心残り絶ち難く、33歳にしてウィーンに赴いた青年を待っていたのは、“高慢”にして“偏見”に満ちたヨーロッパであった。他人の不正に敏感で、自己の権利を頑迷に主張する高飛車な人々の中で、諦めてひそやかに暮すか、姿勢を硬くして耐えるか。青年は決意する、後悔や不安を残さぬため、理不尽な言動に対しては断固戦うと。潔癖な憤りと涙と笑い溢れる、4年半のウィーン喧嘩留学記。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

私も大学を卒業して10年近くが経つけれど、未だに大学の教員になることが出来ずにいて、自分よりも若い後身の学生が博士課程を修了し助教になっていて焦る事ばかりです。この本の作者の中島義道氏も東京大学を卒業したものの30近くまでなかなか自分の仕事の意義を見出すことが出来ず、それでいて大学での勉強を続けたくてウイーン大学に私費留学してヨーロッパの異文化との戦いについて描かれています。自分の息子も大学教員になる道を選んでうまくいかなかったらこの本を読んで参考にしてもらいたいと思っています。

 

 

8.東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

東野作品史上、もっとも泣ける感動ミステリー、待望の文庫化! 悩み相談、未来を知ってる私にお任せください。 少年3人が忍び込んだ廃屋。 そこは過去と未来が手紙でつながる不思議な雑貨店だった。 悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか? 3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが……。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

私が今まで読んだ本の中で一番読み終わった後にホッコリした気持ちになった本だからです。大学受験の為に猛勉強して心も疲れているだろうから、読んで気持ちがホッコリして欲しいのとこの本を通して人の気持ちとかこれから先の事とかを少しでも考えて欲しいと思います。あまり本を読まない私の息子でも、構えて読むことなく入り込みやすい本だと思います。大学生になって、しんどいことがあった時に思い出して気持ちにゆとりができてくれたら良いなぁと思います。

 

 

9.シュリーマン「古代への情熱 シュリーマン自伝」

トロイア戦争は実際にあった事に違いない。トロイアの都は、今は地中に埋もれているのだ。――少年時代にいだいた夢と信念を実現するために、シュリーマンは、まず財産作りに専念し、ついで驚異的な語学力によって十数カ国語を身につける。そして、当時は空想上の産物とされていたホメーロスの事跡を次々と発掘してゆく。考古学史上、最も劇的な成功を遂げた男の波瀾の生涯の記録。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

今よりもテキストや学ぶ環境が少なかった時代に、独学で勉強し何ヶ国語もを習得したシュリーマンのこの自伝を読む度に彼を尊敬します。 学ぶ場やテキストも豊富にあり、またネットなどを使って勉強もできるという学ぶ環境に恵まれている現代に生まれたことを感謝しながら大学で勉強をして欲しいので、この本を推薦します。どんな目的を持って何を学ぶのか。学んだ知識をどのように人生や社会に活かすのかを考えながら勉強して欲しいです。

 

 

10.バルタザール・グラシアン「バルタザール・グラシアンの賢人の知恵」

善人が損をするのは善良だからではなく、世間を見る目が甘いからだ” 時代を超えて読み継がれる最強の処世訓! バルタザール・グラシアンは、17世紀のスペインで活躍した著述家であり。イエ ズス会の修道士です。彼の残した著作は世界中で翻訳され、多くの人々に愛読さ れています。 神学者アルトゥール・ショーペンハウエルはグラシアンの著作のドイツ語訳を手 がけ、また日本では森鴎外が部分的な日本語訳を発表しました。哲学者フリード リッヒ・ニーチェは「ヨーロッパはいまだかつて、これほど精妙にして複雑な人 生の道徳律を生んだことはなかった」と記して、またショーペンハウエルも「人 生のよき手引書である」という言葉を残しています。 そして現代においても、高名なテノール歌手であるルチアーノ・パバロッティが 愛読書としてグラシアンの書を挙げているなど、欧米では今もマキヤベリ『君 主論』と並ぶ不朽の名著として読み継がれているそうです。 聖職者の書いた人生訓、というと、皆さんは生真面目で禁欲的、理想的な内容 を想像されるかもしれません。しかし全くそんなことはありません。むしろグラ シアンが主張し続けたのは、冷静な視点で現実を見つめ、思慮分別と洞察力を もって柔軟に物事に向き合うことです。その背景には、当時のスペインの不安定 な政情や社会に対する思いもあったのでしょう。ともあれ彼の教えは、400年の 時を超えて、私たちに自分を高めることの大切さを与えてくれます。 インターネットやテレビによる情報が氾らんし、世の中が恐ろしいほどの速さで 移り変わっている現代において、自分を見失わずに成功を手にするためにはどう すればいいのか? そのヒントがたっぷり詰まっているのが本書です。ぜひあな たの傍らに置いて、ご活用いただければ幸いです。 (「はじめに」より)

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

大学入学から就職・結婚・子育てにおいて、私が大人には教えてもらえなかったことが、この本にびっしり書かれています。自己啓発の本は自分が何かに悩んだときに本屋にふらっと立ち寄った際、自分の状況にあった本を見つけて読み、心が軽くなるというものです。私も自分の親から、大学入学の頃に違う本ですが自己啓発本をプレゼントされました。読みはしたもののその時はピンときませんでした。でも、就職試験やその後就職先・で悩んだとき、また子育てで悩んだときに手に取り読んでみると、心にグサッと突き刺さったのを覚えています。ですので、自分自身も子供が大学入学するときには、今後の人生に役立つ「賢人の知恵」を送りたいです。

 

 

11.マルセル・プルースト「失われた時を求めて」

ひとかけらのマドレーヌを口にしたとたん全身につたわる歓びの戦慄―記憶の水中花が開き浮かびあがる、サンザシの香り、鐘の音、コンブレーでの幼い日々。重層する世界の奥へいざなう、精確清新な訳文。プルーストが目にした当時の図版を多数収録。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

長期休暇が多く、体力・気力・知力全てがに充実している大学時代は、人生で一番本が読めるときだと思います。そんなときこそ古典の名作、しかも一度読んだだけでは十分内容が理解できないような、難解な長編を読んでほしいと考えています。この「失われた時を求めて」は私が卒業論文のテーマに選んだものです。子どもの進路が理系でも文系でも、この大作を読了することが思考のトレーニングになると思いますし、内容を楽しんでくれればなおさら嬉しいことです。

 

 

12.シェル・シルヴァスタイン「おおきな木」

幼い男の子が成長し、老人になるまで、温かく見守り続ける1本の木。 木は自分の全てを彼に与えてしまいます。それでも木は幸せでした。 無償の愛が心にしみる村上春樹訳の世界的名作絵本。 あとがきに訳者の想いがあふれています。 「あなたはこの木に似ているかもしれません。 あなたはこの少年に似ているかもしれません。 それともひょっとして、両方に似ているかもしれません。 あなたは木であり、また少年であるかもしれません。 あなたがこの物語の中に何を感じるかは、もちろんあなたの自由です。 それをあえて言葉にする必要もありません。 そのために物語というものがあるのです。 物語は人の心を映す自然の鏡のようなものなのです。」 (村上春樹/訳者あとがきより)

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

ある1本の木が少年と出会い、その成長を見守っていくお話しです。少年が幼いころには一緒に遊んだり、傍にいてそっと寄り添ってあげたりしていますが、少年の成長と共に彼らの関係性も少しづつ変化していきます。少年は大人になるにつれ、木に会いに行くことは少なくなるのですが、ふと少年が戻ってきた時には喜んで手助けをするのです。自らの姿がどうなろうとも。 今現在幼い我が息子が成長し大人になって家を出た時、何か困難な事を抱えてしまったり、前に進めず苦しい思いをするようなことがあった時、ふと私たち親の存在を思い出してくれたらいいな、と思うのです。例えばこの木のように極端なことはできなくても、私たちはあなたの親であり、いつもここにいて見守っているから。そう伝えたい一冊です。

 

 

13.「平家物語」

「平家物語」は一大叙事詩として、また国民文学の白眉として古くから親しまれてきた。一貫して流れる仏教的無常感は、音楽性豊かな名文によって多彩な人生絵巻きをくりひろげながら、読者の心を打つ。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

大学に入学する時というのはお祝いムードに包まれていることがほとんどで、諸行無常がテーマである平家物語などという本は相応しくないと思われがちですが、逆に何事にも浮かれずに気を引き締めて生きて行ってもらいたいという願いが伝わるのではないかと思います。 年齢的にも古文が読めるでしょうし、またそれまでなかった悩みも出てくる頃でしょう。 その後歩む人生も乗り越えなくてはならないことがたくさんあるはずです。 平家物語の無常観はどこか心を強くしてくれますし、日本人として読んでおいて損をしない古典作品だと思います。

 

 

14.アレクサンドル・デュマ・ペール「モンテ・クリスト伯」

200年の長い間、世界各国で圧倒的な人気をあつめてきた『巌窟王』の完訳。無実の罪によって投獄された若者ダンテスは、14年間の忍耐と努力ののち脱出に成功、モンテ・クリスト島の宝を手に入れて報恩と復讐の計画を着々進めてゆく。この波瀾に富んだ物語は世界大衆文学史上に不朽の名をとどめている。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

運良く愛に包まれて育った我が子はあまり人を疑わず、怠け者ながら明るい子に育ってくれています。 世の中の理不尽さや、嫉妬から謀略を企て自分に危害を加える人間がいるなどと想像もせず、日々楽しく過ごしている我が息子に、物語を通して、どれだけ人間が残酷か読み取って欲しいと思います。 陥れられようとも、考える事をやめず、這い上がって行く主人公の姿にも感化されて欲しいです。 単純に面白い本である事も、進めたい理由の1つではあります。

 

 

15.筒井康隆「最後の伝令」

肝硬変末期、全身が衰弱しつつある窓際会社員の体内で情報細胞の最後の旅が始まった。行く先々で様々な情報を蓄えつつ、めざすは延髄末端の十二番街。臓器という都市の混乱を緊迫した筆致で描く表題作ほか、現実と虚構の融合を語る「瀕死の舞台」。桜の木が切々と陳述する「樹木法廷に立つ」等、SF回帰と熱狂的に迎えられ、“死”をめぐる文学的野心作とも激賞された傑作14編。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

大学生くらいで、ようやく解禁してもいい書籍だと思う。キラキラした青春や美しい日々だけでなく、ナンセンスや、ブラックユーモア、若者ならではの暗さや哀愁をこの書籍を通して堪能して欲しいし、大学生はそうした時間を過ごすのにとても向いていると思います。自分独りで楽しめる世界観や、リアリティを持ってほしいし、センスを磨いてほしい。考える時間や遠回りするであろう最後の青春の時間に、少し癖のあるこの書籍を是非贈りたいです。

 

 

16.ティナ・シーリング「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学 集中講義」

「決まりきった次のステップ」とは違う一歩を踏み出したとき、すばらしいことは起きる。 常識を疑い、世界と自分自身を新鮮な目で見つめてみよう。 ――起業家精神とイノベーションの超エキスパートによる 「この世界に自分の居場所をつくるために必要なこと」。 本書は「起業家精神」と「イノベーション」に関する最良のテキストであると同時に、 「人生への贈り物」とも言える言葉がいっぱい詰まった自己啓発書です。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

私はこの本に30代で出会いましたが、読み終わってから、これをもっと早く、学生の頃に読んでおきたかったと思いました。 この本では、スタンフォード大学の教授が学生たちに投げかける問いとそれに対するアメリカの学生たちのユニークな回答や行動の具体的な事例が紹介され、それとともに、教授が「何故その問いや課題を学生に課そうと思ったのか」、また学生たちは「それに応えたことで何を学んだのか」も丁寧に語られています。 そこには、2つの魅力があります。1つは、日本の大学や日本の生活の中では思いつかないような発想や、異文化の価値観に触れる刺激。2つ目は、文化に関係なく学び続ける人に向けてのアドバイスです。常識を疑い、新しい価値を見つける楽しさを知り、人の可能性の大きさを示してくれています。 何歳で読んでも価値がある面白い本だと思いますが、大学生になる前に読めば、スタンフォード大学の教授や学生の行動や意図がリアルタイムに意識・共感でき、また同年代だからこそ気づける点が多々あると思います。 大学入学前に読んで、さらに長く大切にして欲しいと思える一冊です。

 

 

17.高橋歩「愛し合おう。旅にでよう。」

海。空。花。夢。旅。 Life is Beautiful…. さまざまな人々と出逢い、飲み、語りながら。 ときには、ひとりで、風に吹かれ、空を見上げながら。 旅をしながら刻んだ言葉と写真を綴った、愛と自由の旅ノート。 飛び出すように、ひとり旅に出た。 コースや目的地は決めず、ナビも持たず、 ただ、自分のワクワクセンサーに従って、 自由に車を走らせながら、「いいじゃん!」と感じたときに、 デジカメのシャッターを押し、心に溢れてきた言葉をノートに メモりながら、旅を続けた。 旅をしながら刻んだ言葉と写真を集めたら、 この本が出来上がった。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

人生は旅だ。 愛する人を見つけに旅に出よう、愛する人を確かめに旅に出よう。 愛に溢れたこの一冊。 私からの言葉だけでは足りない何かを息子が感じ取ってくれるのではないかと感じています。 歩さんの温かいことば、世界各地のたくさんの方々の愛。 愛とは生活しているそこに常にあるものなんだって、旅の中で気付いて欲しい。 そして、人生そのものが旅であり、愛なんだということに気づいて欲しい。 たいせつな息子がいつか誰かを愛して、新たな旅へ進むとき。そのときが来るまで、たくさん旅をして、たくさんの愛をもらい、たくさんの愛をプレゼントできるような、そんな人生を送って欲しい。

 

 

18.藤子・F・不二雄「ドラえもん」

四次元ポケットの中からいくらでも出てくる、ふしぎな道具とゆかいなお話。日本中を笑いでつつむ、人気者ドラえもん。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

大学に入るとこれまで生きてきた世界から考えられないくらい広い世界へと飛び立ってしまいます。 携帯やパソコンで遊び、友人と飲みに行ったり遊んだりで、 小さな頃に思いを馳せた夢や希望など忘れ去ってしまいます。 それでも悩んだり困ったり、人には相談できないこともでてきます。 そんな時に、小さな頃に親しんだもので、今風のものではないものを読んで、 今の自分が悩んでいるのはそんなちっぽけな悩みなんだと、 読んで気付けるようになってほしいから、この壮大な夢と希望にあふれた本を送ってあげたいです。

 

 

19.フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」

世界最高の小説は何か。候補の筆頭につねに上げられるのが、こ の作品だ。だが、日本では同時に、翻訳が難解とも言われてきた。ドストエフス キー研究者・亀山郁夫は、この訳業を自分の課題として引き受けた。作者の壮絶 な「二枚舌」を摘出する新訳は、流れ、勢いを損なわない。人物たちが[立って いる]。主人公アリョーシャが、初めてリアルな人間として描かれ、物語を導い ていく。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

「東大教師が新入生にすすめる本」の中で1位にランクされたこともある世界文学屈指の名作です。私が初めてこの本を読んだのは30歳を過ぎてからですが、読み終えてすぐに思ったことが「10代のうちに一度読んでおけばよかった」ということです。この本には人生の中で直面する様々な困難や疑問の解答があります。今振り返ってみると、私も20代の頃、多くの失敗を経験しましたが、もし10代の時にカラマーゾフを読んでいれば、そのいくつかは回避できたような気がします。かなり長い小説ですが、ぜひ若い頃に読み切って、その後の人生に備えてもらいたいと思います。

 

 

20.石川達三「青春の蹉跌」

生きることは闘いだ、他人はみな敵だ――貧しさゆえに充たされぬ野望をもって社会に挑戦し、挫折していく青年の悲劇を描く長編。

大学への入学祝いでプレゼントしたい理由

学歴だけではダメだと言うことをあえて教えてやりたいから。司法試験に合格したエリートと呼ばれる男子学生の転落を描いた小説なのだが、主人公の彼には冷たいところや打算的なところがあったし、逆に若さや経験不足からくる甘さから付け込まれてしまったところもあったと思う。大学に合格したからには、学力や勤勉さは十分にあったのだと思う。だからこそ、これからはそれだけじゃないんだぞ、本当の意味で世間に太刀打ちできる賢さや優しさがないと足を掬われてしまうぞ、と教えてあげたいから。