全部読みたい!2巻以内で完結する漫画おすすめランキング

Pocket

Contents

 

スポンサードリンク




2巻以内で完結する漫画おすすめランキング

漫画好きの方100人に2巻以下で完結する漫画をお聞きし、ランキング形式でまとめました。2巻以下ということで短くてサクッと読めますが、深い作品も多く、面白い作品ばかりです。ぜひ読んでみてください。

 

5位タイ.All You Need Is Kill(2票)

「All You Need Is Kill」がおすすめの理由

映画もあるので映画を見て面白いから漫画を読んでみることやまたその逆も出来ます。映画を先に見れば話もわかりやすくスムーズに漫画を読めると思います。また2巻で完結することから漫画を読むのが長く続かない方でもすぐ読めると思います。(20代男性)

小説から漫画化され、ハリウッドではトム・クルーズ主演で映画化もされました。主人公は戦争に行かされ、死んでしまいますが、気がつくと何故か出撃前日の朝に戻っています。何度も何度も死んでは前日の朝に戻ります。死なないように、周りも死なないようにと成長していきます。そして、それは自分だけでは無かった。死なないように出来た時の後は?とても続きの気になる漫画です。映画も良かったです。(30代女性)

 

 

5位タイ.グレイトフルデッド(2票)

「グレイトフルデッド」がおすすめの理由

白と黒のコントラストを強調した絵のタッチはアメリカンコミックを思わせ、全体にスタイリッシュな仕上がりとなっている。内容は青年向けではあるが、コミカルな展開で重々しくグロテスクな場面もすんなり受け入れられ、女の子がゾンビを倒していくというストーリーに活劇的な要素を加えたひとつひとつのシーンは読み手にワクワク感を与えている。絵柄にクセがあるので読者層を選ぶ漫画ではあるが、ハマるとまた読みたくなる作品としてオススメだ。(50代女性)

中華テイスト満載のバトルアクションであり、霊幻道士もの。主人公は日中は娼館で娼婦として仕事をするヒロインで、夜になるとキョンシー相手に大立ち回りを演じているという、少々変わり種の設定(昼間こんな職業をしているのにも、ちゃんと理由がある)。絵柄も実に個性的で、作者の初連載作品だったこともあり、現在の画風になる通過点ではあるが、その片鱗は既に出ており、特にシルエットや陰影を強くつけた見せ方は独特で、一度目にするとちょっと忘れない絵柄だと思います。(50代女性)

 

 

5位タイ.バオー来訪者(2票)

「バオー来訪者」がおすすめの理由

荒木飛呂彦の初期の作品です。荒木と言えば「ジョジョの奇妙な冒険」ですが、この作品は後のジョジョのエッセンスが全て含まれているといっても過言ではありません。正直、画力がまだ未熟な時期で読みにくさはありますが、SF、ホラー、サスペンスがごっちゃになってせまってくる勢いがあります。ぜひ、今の荒木飛呂彦の画力でセルフカバーしていただきたいですね。(40代男性)

今をトキメク「ジョジヨの奇妙な冒険」の作者、荒木飛呂彦先生が作成した短編連作物です。 当時から斬新で独特な描写は一見の価値があると思います。 主人公の不幸な運命、報われない思い、その中で少しばかりの希望が切なく描かれている名作です。(40代男性)

 

 

5位タイ.まる三角しかく(2票)

「まる三角しかく」がおすすめの理由

同じ苗字の女の子2人が同じ男の子を好きになる三角関係のお話です。友達以上恋人未満の関係が続きますが、2巻完結のためだらだら進まずすっきりと読み終えることができます。明るくて楽しく、少しだけ切ない漫画です。(20代女性)

「僕等がいた」の作者である小畑先生の昔の作品です。心理描写が細かくて何度もキューンとします。タイトルもひねってあって素敵だなと思います。三角関係、四角関係が出てくるからです。最近、表紙の絵をリニューアルして再出版されたみたいです。僕等がいたが好きな人にもオススメです。(20代女性)

 

 

5位タイ.親なるもの断崖(2票)

「親なるもの断崖」がおすすめの理由

歴史の教科書では知ることのできない遊女のはなしを知ることができます。もちろん、フィクションではあるのですが、当時こういった運命の女の子たちはたくさんいたのであろうなということを痛く想像できます。このような悲劇を繰り返さないためにもたくさんの人に読んでほしいです。(20代女性)

戦時中の北国を舞台に女性の地位の低い時代に女郎として売られた少女達の人生を描いています。戦後まだ70年ですが日本にこんな時代があったのかと絶句してしまいました。親が子どもを売る現実と性処理として女性が虐げられていた事実が生々しく書かれていて読みごたえがあります。(30代女性)

 

 

3位タイ.百万畳ラビリンス(3票)

「百万畳ラビリンス」がおすすめの理由

仮想現実世界に、リアルに捕らえられている主人公二人。途方に暮れて諦めるのではなく、不思議な世界を探検しながら仕組みをどんどん紐解いていき、逆手にとって征服しようと試みます。物語の始まり方、展開、結末、全て洗練されていて面白いです。(30代女性)

「このマンガがすごい!」でもランキングに入った作品です。主人公は木造アパートが四次元的に絡み合う迷宮に迷い込んでしまいます。 そこはゲームのバグのように、「森の木が全てコピペでできており、一つの木を切るとすべての木が倒れる」「下に落としたものが上から降ってくる」などの 不思議な現象があり、それを活用して冒険する様子が面白いです。(30代男性)

ゲームのような異世界を舞台にした漫画。主人公二人がその世界を冒険します。このマンガがすごい!にもランクインしました。(30代男性)

 

 

3位タイ.さよならソルシエ(3票)

「さよならソルシエ」がおすすめの理由

女性向けコミックとして発売されていますが、男の自分が読んでも面白かったです。有名な画家ゴッホとその兄をモデルとして一生を描いた話です。もちろん史実とは異なると思いますがフィクションとして楽しめます。ゴッホが亡くなった後、彼を有名にするんだ!と言い切る兄のシーンはぐっとくる一ページです。(30代男性)

天才画家ゴッホの兄弟に焦点をあてためずらしい作品です。悲劇の画家であるゴッホの純粋な心と、それを十二分に知ったうえで、思いもよらない手段でゴッホを世に知らしめるソルシエ。ふたりの異なる愛のカタチが印象的です。(20代女性)

この漫画がすごい!の2014年1位だったので読んでみました。表紙の絵がイケメンだったのも手に取った理由です。本当の伝記ではないので、フィクションなのですが登場人物の気持ちが丁寧に描かれた話です。街の様子がとてもオシャレでヨーロッパに行ってみたくなります。(20代女性)

 

 

2位.ソラニン(7票)

「ソラニン」がおすすめの理由

とにかくわたしは泣きました。バンドマンの話なのですが人物名や歌詞の内容、ストーリーがうまく絡み合っててよかったです。 特に何があったわけでもないけど勢いで仕事を辞めてしまった主人公と芽のでないバンドマンの彼氏、そして大学時代からの友人のバンドメンバー達。 現代社会の20代と言う感じでとても感情移入できました。(30代女性)

とにかくほろ苦いです。夢を追っているけれど、うまくいかない現実とか、「本当にこのままで良いのか?」という焦りとか。若い頃に経験した苦さを思いきり思い出しました。2巻で完結ですが、読後の余韻は長引きます。(30代女性)

何にたいしてもやる気のない不安だらけの主人公が、種田と知り合って関わっていくうちに、イキイキと笑顔になっていく姿が共感が持て、自分のやる気にもつながりました。すぐに読み切れたので、時間がないときにもおすすめです。(20代女性)

映画化もされているソラニンです。1つ1つの言葉が重く心に響きます。大人になるって?生きていくって?など自問自答する漫画です。歌詞がリアルに種田の気持ちを表していて切ないです。この歌詞を描くことで種田は大人になったのかなと思わせといての急展開です。読んだ後は放心状態になるので気を付けてください。(20代女性)

浅野いにおさんの映画にもなった有名な漫画です。普通に暮らしている日々こそがどれだけ幸せか実感させられます。日々退屈している芽衣子と音楽の夢を捨てきれないフリーター2人の恋人の物語です。退屈だとおもっていた毎日が1番幸せだったと気づくのは1番大切なことを失った時だと感じました。(20代女性)

若者が就職、結婚、自分の夢など色々な岐路に立たされた時に、何を思いどう動くかなど葛藤が見事に書かれていて、引きずり込まれる話だと思います。 キャラクターの表情だけで魅せる部分もあり、何度読み直しても新しく気付く表現があったりと、読み応えがあると思います。(20代女性)

まず、2巻で終わるので金銭的に手を出しやすいところです。お話はネタバレしていいのか分からないので詳しくかけませんが、この漫画を書いている作者は浅野いにおさんなので、独特の世界観が引き寄せられます。映画で実写化もされているので、気になる方はレンタルでもいいのでみてみてください。年齢は高校生〜20代向けです。(10代女性)

 

 

1位.先輩と彼女(8票)

「先輩と彼女」がおすすめの理由

高校生の甘く切ないラブストーリーです。自分の好きな人には好きな相手がいて、どうにもならない切ない想いに胸が締め付けられます。でも彼のことを思い続ければ、ハッピーエンドにもなれるんだという胸キュンが詰まった漫画です。(20代女性)

先輩と後輩の青春ラブストーリーです。エピソードは漫画ならではのことが多いですが、女の子があこがれるシチュエーションばかりで、王道少女漫画が好きな方にはおすすめです。1つしか年が変わらないのに妙に大人っぽい先輩との恋はあこがれます。(20代女性)

話の後半までずっと先輩を振り向かせるために主人公は努力して頑張りますが、それでも先輩には好きな人がいて振り向いてもらえず諦めることを決意します。その時、主人公が好きだという気持ちを先輩に伝えながら静かに泣くシーンがとてもキュンと来ます。2巻完結と短いですが、片想いの切なさがとても身にしみる漫画でした。(20代女性)

高校生のの恋愛漫画で、憧れの先輩との恋、思わずキュンキュンしてしまうシーンがたくさんあるからです。しかしその先輩には忘れられない元彼女がいて、切なくなるシーンもあるのですが、その先輩が卒業する日に主人公に告白をするという、甘酸っぱい青春ラブストーリーなところがオススメです。(20代女性)

高校に入学したばかりの女の子が部活に入り、その部活の先輩である3年生に恋をするお話です。でも先輩には好きな人がいて、その好きな人はもう卒業した部活の先輩という最初から心が苦しくなるようなスタートです。でもその彼女には恋人がいて先輩の恋は叶わない。それなのに彼女を好きな先輩、そんな先輩を好きな主人公。みんなのまっすぐな想いがとても切ないシーンもあり、ほっこりしたりおもしろいシーンもあるとてもオススメの漫画です。(20代女性)

自分が好きになった相手には好きな人がいるという切ないストーリーです。実生活ではよくある話でもありますが、少女漫画の世界でこの状況を描くのはあまりないことと思います。とても敵いそうにもないライバルの存在があっても一生懸命に相手を思う主人公の姿に心が打たれます。(20代女性)

高校生の青春ラブストーリーです。自分が好きになった先輩には好きな人がいる。とても切ない状況ながらも大好きな先輩を想い続ける主人公を誰もが応援したくなる、そんな物語です。また、先輩もなかなか自分の好きな人には振り向いてもらえない苦しさと、いつもそばにいて自分を想い続けてくれる後輩の間で揺れ動く気持ちにも寄り添いたくなります。(20代女性)

主人公の女の子が高校に入学して先輩に恋をしてしまうという青春ラブストーリーです。 学生の頃に先輩に憧れる人は多いと思うし、また自分も先輩に恋をしていたので、懐かしい気持ちでキュンキュン読むことができます。 好きになった先輩にはさらに年上の好きな先輩がいて、諦めたいけれど諦められないという甘酸っぱいストーリーです。 定番の学園恋愛なのでだれでも楽しんで読むことができると思います。(20代女性)

 

 

1票入った2巻以内で完結するおすすめ漫画も紹介

せっかくなので1票入った2巻以内で完結するおすすめの漫画も紹介します。惜しくもランキング入りはしませんでしたが、面白い作品ばかりですので、ぜひ読んでみてください。

 

「ガンダム」を創った男たち。

「「ガンダム」を創った男たち。」がおすすめの理由

『警死庁24時』『大魔法峠』の大和田秀樹が『機動戦士ガンダム』制作秘話を描くとどうなるのか。虚々実々織り交ぜ「多分これはフィクションだろうがもしかしたらやりかねねない」という謎の説得力を持つ超展開。ガンダムシリーズのアニメブームのオタクの黎明期は幕末よりも熱い!と感じさせる快作です。個人的に「バイトの井上くん」が好きです。(40代女性)

 

 

40ベイビーズ

「40ベイビーズ」がおすすめの理由

ちょっと古い(いやかなり古いか)漫画ですが、もうストーリーやキャラクターの疾走感が凄いです。高校に馴染めないヤンチャなギタリスト少年に惹かれていくマジメ女子の話ですが、とても30年近く前の作品とは思えず、いまの時代で出版したとしても違和感なく読めると思います。画風もラフに見えて、実は背景などの描写も細かく書かれているところも◎です。(40代女性)

 

 

Challenge Up!

「Challenge Up!」がおすすめの理由

テニスがテーマの漫画で、主人公の女の子が小さい頃に男の子と約束したウィンブルドンでの試合を夢見て練習に励む姿が描かれています。主人公の成長を描きつつ、ライバルとの友情、コーチや約束の人などの周囲の男性陣との恋模様をほのめかしながらテンポよく話が進んでいきます。2巻で終わるのがもったいないと思う作品です。(20代男性)

 

 

game over

「game over」がおすすめの理由

私が始めて読んだ水谷フーカさんの作品だったのですが、この作品を読んで水谷フーカさんの作品の虜になりました。 本作は、OLさんと学生さんの歳の差恋愛の本なのですが、ほのぼのした雰囲気の中に2人の駆け引きにきゅんとする部分もあり、とても読後感が良い作品です。 この作品が気に入りましたら、同じ作者さんの別短編集にも本作の主人公2人の別エピソードが少し収録されていますので、そちらも合わせて楽しめると思います。(20代女性)

 

 

half&half

「half&half」がおすすめの理由

2人のうちのどちらかが1週間後に死ぬ。しかもそれが自分の最愛の人。最初は互いに嫌いだったのに好きになっていく。読んでいるうちに恋愛って、人生ってなんだろう?って考えられる漫画でした。二巻で終わったのがもったいないくらいです(20代男性)

 

 

HANADA

「HANADA」がおすすめの理由

シンデレラストーリーの逆バージョンのような作品です。おすすめの理由はいくつかあります。絶対に貧乏とは結婚しないと思っている主人公のお嬢様が許嫁の男の子と出会い、徐々に考えが変わっていきます。その主人公の気持ちの変化を楽しめます。ライバルも登場し、四角関係となるのでラブストーリーとしても面白いし、所々にギャグシーンも盛り込まれているので、笑える作品を読みたい人にも楽しめると思います。またライバル達が色々と迷惑な行動を起こしますが最終的には主人公のおかげで、大きく発展するのでスカッとした気分が味わえるるからです。(20代女性)

 

 

MiSS

「MiSS」がおすすめの理由

過去にいじめを受けた経験があり、他人と深くかかわるのが怖くなってしまった高校生の女の子のお話です。嫌われることを恐れて当たり障りのない人間関係しか築けずにいましたが、ある男の子と接していくうちに明るさを取り戻していきます。少しずつ自信を取り戻しいていく主人公に勇気をもらえるおすすめの漫画です。(20代女性)

 

 

MW(ムウ)

「MW(ムウ)」がおすすめの理由

天才手塚治虫の作品です。だいぶ古い漫画ですが、いまでも通用するリアルでドロドロした犯罪ドラマです。 主人公は手塚作品でも屈指のキャラクターですね。美しく両性的で悪の魅力が炸裂しています。 すさまじく悪い男ですが、嫌いになれない人間的な部分もあります。 どろどろしたドラマですが読後の充実感は素晴らしいです。(40代男性)

 

 

NKJK

「NKJK」がおすすめの理由

親友のお母さんに娘を笑わせてほしいと言われたことをきっかけに、主人公がお笑いの研究を始めるお話。人を笑わすことは大変な労力だと感じました。辛い現実でも背中を押してくれる優しい世界。とてもとても優しい世界だと感じました。(30代女性)

 

 

SHIROBAKO 上山高校アニメーション同好会

「SHIROBAKO 上山高校アニメーション同好会」がおすすめの理由

2014年10月から半年に渡って放送されたアニメ、SHIROBAKOのスピンオフ漫画ですが、この作品はアニメ制作について描かれた作品でアニメ、漫画好きには非常に興味深い作品だと思います。その中で全2巻のこの漫画はアニメより時系列が過去で、主人公達の高校時代について描かれています。またアニメでは主人公は宮森あおいでしたが、漫画では安原絵麻が主人公扱いで、絵麻がいかにしてアニメーターになったのかが書かれており、絵麻好きならぜひ見るべきです。絵麻ファンでなくてもSHIROBAKO好きならぜひみていただきたいです。(20代男性)

 

 

あした青空

「あした青空」がおすすめの理由

劇場型格闘系漫画が好きな方に絶対おすすめ!漫画としては古い漫画ですが、大事な女性を守る為に強くなった弱虫な男の子。その力強い格闘シーンとは裏腹にとってもセンチでシリアス満載の展開がたった2巻でも充分に伝わる。この作者、天才です。(40代男性)

 

 

あやまち運命論

「あやまち運命論」がおすすめの理由

簡単に説明させて頂くと、以前お付き合いをしていた男性と後に職場にて再会することになるお話なのですが、この元カレにはプロポーズまでされそのプロポーズを断ってしまったヒロインが過去と今の気持ちにゆらゆらと心揺れてしまうお話です。そんなお話のこのあやまち運命論という漫画はとにかく絵が綺麗で、女性から見てもヒロインは可愛らしく思えますし何より男性キャラがとても格好いいところが魅力的です。もちろん格好いいことだけが魅力というわけではありませんが、30代の私だからこそ共感できる部分も多いのではと思えるところもありました。(30代女性)

 

 

アンサンブルプレイ

「アンサンブルプレイ」がおすすめの理由

今まで彼氏なしの主人公がシェアハウスに入り恋愛をしていくストーリー。仕事から帰って来ると誰かがいつも「おかえり」と言ってくれる環境に安心する。そして特別な人ができお互いの恋愛に対してのトラウマを2人で消していくラブストーリーでとても共感でき面白いのでおすすめします。(20代女性)

 

 

イビツ

「イビツ」がおすすめの理由

ゴミ捨て場に現れる異様な雰囲気のゴスロリ少女が巻き起こすホラーなのですが、そのゴスロリ少女の絵柄のみが独特な絵柄で更に恐怖心を煽られます。またそのゴスロリ少女が「イモウト」になる事に執着し過ぎる心理的な恐ろしさも上手く表現されており、結末も衝撃的です。(30代女性)

 

 

イリビノデ

「イリビノデ」がおすすめの理由

闘技場を舞台に主人公が姉との再会の目的を果たすために勝ち抜いていくストーリーです。バトルが凝っていますので、試合に迫力を感じています。主人公が雇い主のために悪役をクールに演じていますので非常に面白いです。(30代女性)

 

 

ウツボラ

「ウツボラ」がおすすめの理由

ストーリーがとても難解なところがおすすめです。一度読み始めたらどんどん続きが気になってしまい読む人それぞれが違う解釈ができる内容で作者である中村明日美子先生の読む人を引きつける独特な絵もおすすめです。(20代女性)

 

 

うみべの女の子

「うみべの女の子」がおすすめの理由

中学生の恋と性と青春の漫画です。 思春期真っ只中!という感じです。 最初の動機は不純でも身体を重ねていくうちに男の子のことを好きになっていく女の子。 女の子のことが好きだったので身体だけの関係を受け入れてしまった男の子。 心だけが繋がっていない関係。 「してもしても何か足りない気がするのはなんでだと思う?」 とても惹き込まれるストーリーでした。(30代女性)

 

 

オオカミにくちづけ

「オオカミにくちづけ」がおすすめの理由

母親が亡くなってから、弟たちの面倒をみながら家事をこなしている紅音と、表の顔はイケメン生徒会長で裏の顔はドS男子の唯人との甘酸っぱい感じがみてて面白いです。二人の気持ちが通じあってからの唯人のツンデレも見所です。(30代女性)

 

 

おしゃべりな時間割

「おしゃべりな時間割」がおすすめの理由

りぼんで人気の作家水沢めぐみの作品です。主人公の千花がひょんなことから圭介に助けてもらいその後も何かと同じ班になったり互いに親しくなっていくが、引っ越しや進学を理由に離ればなれになってしまいます。しかし、中学3年の時の同窓会で再開し付き合うことになります。そんな甘くて切ない恋愛が見所です。2巻で簡潔するので読みやすいです。(30代女性)

 

 

オリンポス

「オリンポス」がおすすめの理由

あきさんによる繊細ながら美しい登場人物による、古代ギリシア神話を元にした哲学要素多めの作品です。常識とはどこからきたのか、神とは何かを考えさせられ、読み終わった後になんともいえない気分になります。あまり考えすぎずに読むのがいいのかもしれません。(30代女性)

 

 

クールにいきましょう

「クールにいきましょう」がおすすめの理由

可愛い顔をしたプレイボーイな男の子、でも五歳児という少女漫画には珍しい主人公のお話です。ギャグなので単発で読みやすいですしお姉さんから幼稚園児まで女の子がみんな可愛いらしいです。主人公の口説きが面白く可愛いくおすすめです。(20代女性)

 

 

けだものにロリポップ

「けだものにロリポップ」がおすすめの理由

ロン毛とぶっ飛んだ言動で悪目立ちしまくる紫園寺くんが、なぜか学校でキャーキャー言われてアイドルのような存在になっているというクレイジーなストーリーが面白い漫画です。絶妙なギャグ要素がつぼにハマると笑いが止まらなくなります。紫園寺くんとひまりのでこぼこコンビぶりもおかしくて、不思議で楽しいファンタジーの世界に魅了されるおすすめの作品です。(30代女性)

 

 

ケモノキングダム

「ケモノキングダム」がおすすめの理由

今流行りのけものフレンズよりも先に出た動物擬人化物のコメディ漫画なのですが、絵柄が綺麗で魅力的で個性的なキャラクターが多いので見飽きる事がありません。また舞台が上野動物園となっており、行った事のある人だと一層楽しめる内容となっています。時々挟み込まれるシリアス回も普段の回のギャップがあってとても良いと思います。(30代女性)

 

 

コードネームはセーラーV

「コードネームはセーラーV」がおすすめの理由

セーラームーンの外伝で、最初に戦士として目覚めたセーラーヴィーナスがセーラーVとして活動していた時のお話です。セーラームーンにく比べてポップでコミカルな雰囲気ですが、ヴィーナスとしての過去の記憶を取り戻すあたりのシリアスさは、本編の幕開けに相応しいものです。セーラームーンをまだ読んでいない人にも、軽く読みやすいボリュームとなっています。(30代女性)

 

 

シャーリー

「シャーリー」がおすすめの理由

二十世紀初頭のロンドンが舞台のこの作品は、バリバリ仕事をしているある二十代後半の女性のところに、年若いメイドがやってくるところから始まるのですが、そこには大事件が起きるわけでもなく、登場人物に特異な能力が備わっているわけでもありません。そこに描かれるのは、その時代のロンドンの日常風景であり、人々の息遣い。当時の人々のありふれた生活や、特に仕事を持つ女性への考え方やスタンスといったものが、実に丁寧に描き込まれていて実に好感が持てます。そういったどちらかといえば、淡々としたある時代の異国の日常を、わかりやすく絵で見たいという人にはきっとお薦めだと思います。(50代女性)

 

 

スイッチ

「スイッチ」がおすすめの理由

教師が苦手な少女が担任の教師を好きになり、小細工なしに気持ちをぶつける話です。よくある教師と生徒の恋愛漫画なのですが、望月花梨先生の独特な絵が高校生の清らかさと生々しさを絶妙なバランスで表現しています。一度読んだら忘れられなくなる作品です。(30代女性)

 

 

スミレはブルー

「スミレはブルー」がおすすめの理由

彼女のいる男の子を好きになってしまうお話です。三角関係ですが、登場人物は高校生のため、さわやかなストーリーになっています。断られても断られても好きでい続ける主人公は、ひたむきで応援したくなる女の子です。絵も可愛いのでおすすめです。(20代女性)

 

 

たらんたランタ

「たらんたランタ」がおすすめの理由

高校生のキラキラした感じが読んでいて楽しいです。主人公は兄を亡くしてしているんですが、それでも前向きに新たな高校生活を送ろうとしている姿が健気で可愛らしくて、応援したくなる主人公が魅力です。ギャグも散りばめれているので面白くて思わず吹き出してしまう様なシーンも多々あります。槙ようこさんが描かれる絵も可愛いくて大好きです。(20代女性)

 

 

チア男子

「チア男子」がおすすめの理由

実際の話を元に小説化したものが漫画になりました!実家が道場のためなんとなく柔道を続けてきた主人公が、幼馴染みと一緒に男子だけのチアをやることに。集まってきたメンバーはみんな癖ありで……。チアを通して各々が成長する青春ストーリーです!個性的なメンバーの中にあなたの推しメンが必ずし見つかる(笑)!そして学生時代に戻りたくなるほどの一生懸命さに懐かしい気持ちになります。とてもおすすめです。(20代女性)

 

 

ティンクルティアラ

「ティンクルティアラ」がおすすめの理由

SFラブコメディというだけあってファンタジーな設定でキャラの見た目や世界観、マスコットキャラクターなどが可愛いです。ヒロインの女の子が運命を信じていたりと可愛らしく愛されキャラなところも魅力です。二巻でテンポよく読めます。(20代女性)

 

 

となりのメガネ君。

「となりのメガネ君。」がおすすめの理由

絵がかわいくてほのぼのする。ありがちな血のつながらない姉弟設定だが、ふたりの微妙な空気感がすごくにやにやしてしまう。ヘタレな弟(?)が最後にすごく頑張るシーンは全開で顔がゆるむこと間違いなし。また周りで見守る大人たちの目線も織り込まれており、登場人物みんなが素敵に見える漫画です。(30代女性)

 

 

どれだけ甘いシナリオだって

「どれだけ甘いシナリオだって」がおすすめの理由

夢に向かって努力するもなかなか結果が出ない主人公と、業務成績のために主人公の夢に手を貸す男性の恋の話です。恋愛の感情を学ぶため疑似恋愛を行うことになる主人公ですが、いつしか本当の愛情が芽生えてきます。年齢や恋愛・結婚など、オトナの女性は夢を追うのが難しくなってきますが、そんな中でもひたむきに頑張っていく主人公に感情移入ができ、自分も頑張ってみよう、と励ましてもらえる作品となっています。(20代女性)

 

 

ハニバニ!

「ハニバニ!」がおすすめの理由

地球外生命体が乗り移ったイケメンと、地味目な女の子の恋の物語です。と聞くとものすごくファンタジーですが、登場人物たちの心の動きが繊細でリアルなので、こんなこともあるのかも?!と、乙女心が揺れ動きます。今実写化も多い、いくえみ綾の短編作品というのもオススメポイントです。(30代女性)

 

 

バラードまでそばにいて

「バラードまでそばにいて」がおすすめの理由

人気少女漫画家、矢沢あいの初期作品です。主人公の広美は何をやってもダメな女の子。しかし、同級生宮本の歌手デビューをきっかけにに広美の心は揺れ動き、自分も歌手になりたいと決心します。切ない恋心を描いた作品です。(30代女性)

 

 

ひぐらしのなく頃に

「ひぐらしのなく頃に」がおすすめの理由

動画でも見ることができます。少しグロくミステリーな作品になっており、怖いのが好きな方はとても面白いと思います。実はコミック用に新たに書き起こした新しいキャラとエピソードになっていてひぐらしの世界観がうまく表現されています。(10代男性)

 

 

ぶらざーず こんふりくと ぷるぷる

「ぶらざーず こんふりくと ぷるぷる」がおすすめの理由

あの恋愛ゲームやアニメ化で人気のブラザースコンフリクトがゆるキャラにとなって漫画になったものです。アニメやゲームだとおとなしい主人公が人を投げたり、ヘビをさばこうとしたりなどサバイバルな感じになって登場します。 四コマなので読みやすいです(20代女性)

 

 

フラワーフェスティバル

「フラワーフェスティバル」がおすすめの理由

バレエ漫画というのが子供の頃からありましたが、華やかで競争が激しく女の子たち嫉妬渦巻く世界、というイメージでした。 萩尾望都さんのこのバレエ漫画は、予定調和的ではありますが、さらりとしていて明るい結末の好きな彼女らしい少女漫画だと思います。(50代女性)

 

 

ベイビーポップ

「ベイビーポップ」がおすすめの理由

とにかく笑えます。軽く下ネタが混じりますが、主人公の渚と継父のりゅうの掛け合いが最高です。だんだん渚が本当の家族のようにりゅうに気持ちを許していく姿が丁寧にかかれています。りゅうが普段はチャラいけど、本当に愛してたんだなとわかるシーンには感動します。(20代女性)

 

 

ホームスイートホーム

「ホームスイートホーム」がおすすめの理由

同じ高校に通う静香と太郎は野良猫がきっかけで話すようになり、恋人になるが、なんとお互いの親が再婚することになり兄妹になってしまう。突然兄妹になってしまった二人の話や、日常で起こる様々な出来事がなかなかドラマチックに素敵に描かれています。(30代女性)

 

 

やっぱ愛でしょう!

「やっぱ愛でしょう!」がおすすめの理由

中学生の初々しさ、恋愛模様が可愛いです。少女向けなので小中学生にはちょっとドキドキするようなところもあります。一巻から仲のいいお互いを意識する二人がどうなっていくのか、両片想いが好きな人におすすめです。(20代女性)

 

 

ロボット刑事

「ロボット刑事」がおすすめの理由

石ノ森章太郎先生による、異色の(非変身)ヒーローの漫画版です。ある日突然警視庁に送り込まれたロボット刑事・Kと、機械嫌いの老骨の刑事・芝がコンビを組まされ、相次ぐ凶悪犯罪を追うストーリー。テレビ版と異なる、悲哀に満ちた雰囲気が全編を覆っています。クライマックスのかっこよさは必見。仮面ライダー、キカイダーにひけをとらない、石ノ森先生こだわりのKのデザインも秀逸です。(40代男性)

 

 

英会話スクールウォーズ

「英会話スクールウォーズ」がおすすめの理由

現在「インヘルノ」を連載中のマツモトトモさんの作品です。驚くほど英語嫌いの主人公と英会話スクール講師のテンポ良い掛け合いがとてもほほえましいです。欄外にあるマツモトさんが経験した英会話スクールでの体験に基づくコメントも面白いので何度も読み返しています。(20代女性)

 

 

俺のスキきな子がブラコンすぎる!!

「俺のスキきな子がブラコンすぎる!!」がおすすめの理由

この作品はツンデレが大好きな人にはたまらない作品です。主人公岡野修が10年片思いしてる尾形紗瑛はとんでもないお兄ちゃん大好きっこ。そんなブラコンツンデレ幼馴染を主人公が男として意識させようと頑張る話です。尾形ちゃんのツンデレ&岡野の包容力に私はキュンキュンしまくりました。この本は短編集で他の作品も少女漫画の王道でサラッと楽しめますので、何も考えず、気軽にキュンっとしたい人にお勧めしたいです。(20代女性)

 

 

観用少女

「観用少女」がおすすめの理由

甘いミルクとたっぷりの愛情を糧に生きる「観用少女」と呼ばれる人形たちを中心とした一話完結のハートフルストーリーです。毎回違うドールが出てくるので見ていて楽しいですし、ドレスもその子に合ったものが丁寧に描かれていて眺めていると実際にほしくなってきます。繊細なレースやフリルにふわりと広がるスカート。乙女の憧れです(30代女性)

 

 

巨乳ハンター

「巨乳ハンター」がおすすめの理由

古いマンガですが、安永航一郎の爆笑マンガです。テーマは巨乳。ギャグマンガなのであっという間に読めて楽しい一時を過ごせます。ひたすらに下らないマンガです。一巻二巻ではなく、左乳編、右乳編という構成になっております。(30代男性)

 

 

金魚奏

「金魚奏」がおすすめの理由

柔らかいイラストのタッチが気になり購入したのが金魚奏でした。いざ、読み進めてみると、話の内容はとても考えさせられました。高校2年生の飛鳥と和太鼓奏者で大学生の雅生が出会い、恋人同士になるラブストーリーですが、雅生は病気により耳が聞こえません。聞こえる飛鳥、聞こえない雅生、双方が歩み寄り、悩みや試練を乗り越えていきます。音が聞こえない世界を金魚鉢に喩え、重たく暗くならないよう作者の表現と思いがつまっています。是非、手に取っていただきたい作品です。(20代女性)

 

 

君しかいらない

「君しかいらない」がおすすめの理由

90年代の作品で少し古いんですが少女漫画好きなら一度は目にしたことがあると思う吉住渉先生の作品になります。二巻なので一巻からがとにかく濃い内容になってます。語り部が男の子で進むのが面白く、奥手な初恋の男の子と見た目とのギャップの多い女の子が魅力です。(20代女性)

 

 

孤独のグルメ

「孤独のグルメ」がおすすめの理由

主人公、井之頭五郎が仕事先で見つけた町のお店で一人食事を楽しむ。自分だけの世界に浸り、ひたすら食べ続ける姿を描写は他の漫画にはない独特さがあります。漫画よりもテレビドラマで人気が出た作品です。主演は松重豊。(40代男性)

 

 

国民クイズ

「国民クイズ」がおすすめの理由

最終勝利者の希望が法律すら無視してかなえられると言う無茶苦茶な設定です。失格した場合のペナルティは強制労働とか懲役刑の犯罪者待遇という一面からも、荒唐無稽な世界であることは明白ですが結構楽しめます。絵柄も単純ですが生命力に溢れる表情豊かな登場人物が、実際にやったら怪我人続出な程度の躍動感をもって描かれていることも魅力の一つです。(40代男性)

 

 

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」がおすすめの理由

桜庭一樹さんが書く何とも重たい小説が杉基イクラさんの可愛い絵とミックスされて残酷感が増します。不思議な世界観で話が進んでいきますが、決して現実離れした内容ではなく少年少女の心の闇や大人の恐ろしさや、やりきれない現実を生きていかなければならない辛さが渦巻いていてとても濃いです。読み終わると重たい気持ちになりますがまた読み返したくなります。(20代女性)

 

 

子供はわかってあげない

「子供はわかってあげない」がおすすめの理由

2015年のマンガ大賞2位にランクインした作品です。かわいらしいタッチで高校生の甘酸っぱい恋愛を描いた作品です。 新興宗教の教祖失踪事件、性転換した探偵の兄などの事件が絡み合いつつも、おだやかで優しい雰囲気が素敵です。(30代男性)

 

 

執事少女とお嬢様

「執事少女とお嬢様」がおすすめの理由

百合とギャグが軽妙にミックスされてテンポよく進行するストーリーで、あっという間に2巻を読み終えてしまいます。こういう言い方は失礼かもしれませんが、暇つぶしにはちょうどいいボリューム感です。キャラクターは個性豊かで飽きさせませんし、設定も他に類を見るありふれたものですが、それを面白く読ませる作者の力量が感じられます。(30代男性)

 

 

邪馬台幻想記

「邪馬台幻想記」がおすすめの理由

私が個人的に大好きで思い出深いからです。まず、作者である矢吹健太朗先生はこの漫画を10代の頃に描かれているのですが、だからこそ荒削りであるものの、師匠が小畑健先生だったからか、少年誌にしては優しく女性も好感を持てる絵柄となっています。今ではジャンプの作家として有名な矢吹先生ですが、私はこの頃の彼の純粋な絵柄に惹かれて読んだ純粋なストーリーにもとても感銘を受けました。舞台は珍しく邪馬台国を取り扱っているので、本人の腕次第でどうとでも広げられるのですが、残念なのは2巻で打ち切りとなっている点です。ですがそれがまた良い余韻となっていて、無理に引き伸ばされたりすることなく、作品の性質が持つ少年の純粋な戦いのテーマを保ったまま綺麗に終わっていることが、いつまでも私の心に残っています。(30代女性)

 

 

召喚獣になる!

「召喚獣になる!」がおすすめの理由

異世界に関する漫画はどうしても派手な世界観や技、いわゆるチートみたいなジャンルを取り入れたものが多いです。しかし、この漫画はその作品とは一線を画しているほど派手さはないです。しかし、ストーリー性と世界観、何より登場人物達の個性や存在は物語を良い意味で邪魔せずラストまで駆け抜けるように終わるような、とてもスッキリする2巻完結のおすすめの漫画です。(20代男性)

 

 

深夜のダメ恋図鑑

「深夜のダメ恋図鑑」がおすすめの理由

駄目男を成敗する様にスカッとします♪( ´▽`)笑 3人の女性の恋模様が描かれており、それぞれ異なるキャラクターでとっても面白いです。こんな男性いるいるー!と、共感できます。世の女性が言いたいことを代弁してくれている漫画です。(10代女性)

 

 

星守る犬

「星守る犬」がおすすめの理由

人生に疲れた飼い主と犬の孤独で切ない日々を描いた作品ですが、誰にでも起こりうる人生の苦難にそっと寄り添う犬のけなげな姿に心を打たれます。犬を飼っている人、飼いたい人が読むと改めて愛情が沸き起こる作品だと思います。(40代女性)

 

 

青春攻略本

「青春攻略本」がおすすめの理由

花とゆめコミックなので女性向けですが、主人公は青春謳歌中の男子高校生4人組。女子には分かりづらい青春時代の少しおバカな男子高生の心の内や、自分に素直になって行動する無邪気さが見られて、男の子もいいなと思わせてくれる作品です。舞台は男子校、隣の女子高に通う1学年上のマドンナが卒業してしまうところから話は始まります。最後に会えるチャンスは卒業式のみ、自分の定期試験と日程が重なってしまったがどうしても会いたい。自分の欲に素直な主人公たちは策をねってテストも恋愛も全部取る為にこの瞬間しか出来ない精一杯の行動をとる。あの頃の懐かしいムズムズ甘酸っぱい気持ちになれる作品です。(30代女性)

 

 

朝も、昼も、夜も。

「朝も、昼も、夜も。」がおすすめの理由

昔、受験に失敗した男からイタズラされそうになり、それから男性不振になってしまった忍と、その男に似た人気者の横溝潤との恋の駆け引きがたまりません。そして、横溝潤の忍への一途な思いにグッときます。胸キュン間違いなしです。(30代女性)

 

 

熱烈台風娘

「熱烈台風娘」がおすすめの理由

私の様なおじさんがまさかの少女漫画ですが、これは面白い。格闘要素ありギャグ要素ありで見応えがあります。少女漫画らしい画で非常に可愛らしく、それでいて読んでいるとたまにとんでも無いキャラと展開に爆笑しちゃいます。これはおすすめ!(40代男性)

 

 

敏感アイドルと快感ゴースト

「敏感アイドルと快感ゴースト」がおすすめの理由

とても絵がきれいですがストーリーも良いですし、タイトル通りエロくておすすめです。20歳を越えて普通の少年漫画みたいな条例に引っ掛からないエロより、このくらいあからさまにエロを前面に出す作品の方が清々しいからおすすめですと言いたくなるほどエロいです。(20代男性)

 

 

武士沢レシーブ

「武士沢レシーブ」がおすすめの理由

みなさんピューと吹くジャガーはご存知でしょうか。うすた京介さんの代表的な漫画ですが、わたしはもっと前からうすたさんの作品が大好きですごいよ!マサルさんのときから大ファンです。今回おすすめする武士沢レシーブはピューと吹くジャガーのようなシュールかつ爆笑の的を得た作品で笑い転げること間違いなし。読むときは周りに人がいない環境で読んだほうが良いです。(20代女性)

 

 

文庫版ニューヨークニューヨーク

「文庫版ニューヨークニューヨーク」がおすすめの理由

羅川真里茂さんのアメリカ人のゲイ物の漫画です。気性の激しい警察官の男と金髪で美形の優しく大人しい男性の恋愛物。ゲイにも種類があったり、親へのカミングアウトについても知らない事だらけなので色々参考になりました。そして2人が事件に巻き込まれてしまいます。ラストもとても良い!もうこれはハリウッドで映画化してくれてもいいんじゃないか!と私は思います。(30代女性)

 

 

夢幻スパイラル

「夢幻スパイラル」がおすすめの理由

女子高生でありながら実は霊術師という裏の顔を持つ主人公の弥生が、妖と戦うストーリーです。少女漫画なのにここまでバトル要素の強い作品は珍しいのではないでしょうか。ファンタジー要素、恋愛要素も盛り込まれた見どころ満載のお話で、全2巻という短い中にたくさんの魅力がぎゅっと凝縮されているおすすめの一冊です。(30代女性)

 

 

夜さん

「夜さん」がおすすめの理由

「マイガール」でおなじみ佐原ミズさんの作品です。透明感あふれる絵と、人と人との温かいつながりにじんわり、ほっこりする漫画だと思います。大判コミックで通常よりもサイズが大きいので佐原さんのきれいな絵を十分に堪能できると思います。(20代女性)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です