かりゆし58おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

かりゆし58おすすめの曲ランキング

 

7位タイ.かりゆし58 「ウクイウタ」(2票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「ウクイウタ」がおすすめの理由

毎日を必死に生きる人への応援ソングです。故郷を離れ、違う場所で暮らしている方が聴けば地元に帰りたくなります。(50代男性)

この曲は地元から離れた友人に向けた内容で都会で苦しんでいる、大変な思いをして働いている友人の背中を押してくれる、やさしく見守っている仲間がいるんだぞ、という心温まる歌詞にジーンとくるところがとてもおすすめです。(30代男性)

 

 

7位タイ.かりゆし58 「会いたくて」(2票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「会いたくて」がおすすめの理由

ロックもレゲエだけでなくバラードもこなすところがかりゆし58のすごさの一つだと思います。かつての恋人のことを思い出す内容の歌詞は、多くの人が共感できるのではないでしょうか。2010年リリースの「めんそーれ、かりゆし」に収録されている、「泣き」のギターが気持ちいい正統派バラードです。(50代男性)

この曲は遠距離恋愛している人は、特に共感できると思います。会いたいと思う気持ちは男女一緒なんだなと感じるし、曲調が沖縄っぽくて好きです。(20代女性)

 

 

7位タイ.かりゆし58 「全開の唄」(2票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「全開の唄」がおすすめの理由

なにごとも全力でやり遂げるのはむずかしいかもしれませんが、ほどよく気張っていきたいです。「ぶちかましてやろう」という歌い出しから、なにか猛烈にやる気が湧き出てきます。3枚目のアルバム「めんそーれ、かりゆし」に収録されている「全開の唄」です。(50代男性)

人生色々あるけれど、前進あるのみ、今日も一日頑張ろうと思える曲です。pvも芸人さんが出ていて面白いです。(30代女性)

 

 

7位タイ.かりゆし58 「恋唄」(2票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「恋唄」がおすすめの理由

若い頃の初恋がテーマの「恋唄」で、全力で恋を生きた様子を「裸足のまま」と表現しているところにとてもグッときます。(50代男性)

この曲はとても青春という感じが強くて、懐かしく聞けます。大人になっても甘酸っぱい青春や初恋は、記憶に残っているからです。(20代女性)

 

 

6位.かりゆし58 「さよなら」(3票)

かりゆし58「さよなら」がおすすめの理由

出だしからあの有名なサビで圧倒されるこちらの曲は「さよなら」。2009年に放送されていた日テレのテレビドラマ「銭ゲバ」の主題歌の主題歌ということで、ドラマの泥臭い内容とよくマッチしていた印象があります。(50代男性)

この曲を聞くと、毎日後悔ないように過ごさないといけないなと感じます。二度と戻ることはない日々だからこそ大切に生きていこうと思えるからです。(20代女性)

ぼくが生きる今日は、もっと生きたかった誰かの明日かも知れないからという歌詞が心に刺さります。毎日を大切に生きようと思える一曲です。(40代女性)

 

 

4位タイ.かりゆし58 「手と手」(4票)

かりゆし58「手と手」がおすすめの理由

落ち着いた沖縄らしい音楽で気持ちが楽になります。 何か嫌なことがあった時に聞くと、もう一回頑張ろうという気持ちになります。(20代男性)

仕事でうまくいかなかった時、一人で落ち込んでいる時に聴くと、一人じゃない!仲間がいる!皆んなで乗り越えよう!と言われているような気がします。(20代女性)

季節を問わず聴いていると気持ちよくなれます。仲良くやっていきましょう、というメッセージがこめられているようです。手拍子や口笛がとても陽気な気分にさせてくれる、「そろそろ、かりゆし」に収録されている「手と手」です。(50代男性)

この曲は心細い時に、寄り添ってくれる温かさのある楽曲です。不安な時ほどこの曲が心に響きます。何度も助けられる強く明るい楽曲だからです。(20代女性)

 

 

4位タイ.かりゆし58 「電照菊」(4票)

かりゆし58「電照菊」がおすすめの理由

この曲のおすすめはむかし懐かしい音楽と歌詞田舎に帰った時の感じを思い出します。ボーカルの声もぴったりで聴き心地が良い。(30代男性)

電灯が照らす夜の沖縄の田舎の風景がとてもうつくしいです。2007年リリースのファーストアルバム「そろそろ、かりゆし」の一曲目をかざるメロディック・パンクな曲です。かりゆし58の数あるミュージック・ビデオの中でも1,2を争う良さだと思います。(50代男性)

電照菊は地元でよく見かける美しい光景で親しみがあるので、それを切ない恋の歌詞で表現されているところが心に沁みます。かりゆし58の曲では一番好きな一曲です。(20代女性)

沖縄で電照菊はキクミネーションと言われるほど綺麗で人気です。電照菊の光で大切な人の道を照らしてほしいと思います。この歌を聞くと故郷に帰りたくなります。(20代女性)

 

 

2位タイ.かりゆし58 「オワリはじまり」(11票)

かりゆし58「オワリはじまり」がおすすめの理由

この曲を聴いていると一日一日を大切に生きないといけないなとう気持ちになります。メロディーと歌詞が完璧です。(30代女性)

姪の卒園式で歌ったらしく、その時初めて知って聴いてみたのですが、青春の中の切ない別れを歌っているようで卒業式にはとても合うと思いました。もうすぐ今日が終わる という歌詞から始まるのが印象的です。終わりだけれどもまた別の始まりがあるんだと思える歌で気に入っています。(20代女性)

夕日を観ながら聴きたい曲で、1日1日を大事にしようと思える。明日はもっと頑張ろう、いい1日にしようと、希望を持たせてくれる曲。(20代女性)

1日の終わりに聞きたくなる曲です。あたたかい音楽と、あたたかい歌声に自然と目を閉じて聞き入ってしまいます。この曲を聞くと当たり前のように続く毎日、当たり前の1日とは思わず大切な1日と感じるようになります。(30代女性)

青春時代を思い出すような歌詞で好きです。子供の終わりで大人の始まりを表しているような歌詞で素敵だなと思います。(20代女性)

夕日が照らす沖縄の海がバックになったミュージック・ビデオが、この曲の味わいを何倍にもしています。曲のタイトルからもわかるように、「終わり」がテーマになっています。1日の最後に聴いてその日を振り返るのもよし、これまでの人生に思いを馳せるのもよし、という感じです。(50代男性)

1日の終わりに聴いてほしい楽曲です。明日への希望も湧いてきます。歌詞も分かりやすく、ボーカルのまっすぐな歌い方も嫌味が無くて、好感が持てます。(40代男性)

もうすぐ今日がおわる、やり残したことわないかいって歌詞のとおりに、1日がはやくおわることにいろいろ気づかされます(20代女性)

この曲は小学生の時に友達に教えてもらった楽曲で、卒業間近になると、本当に涙が溢れそうになる切なさがあってたまに聞くと思い出すからです。(20代女性)

切なさを感じる歌詞ですが、普段の生活にやり残したことや後悔があるときに聞くと元気をもらえる曲で、落ち込んだ時に聞くと心が和みます。(20代男性)

かりゆしといえば、オワリはじまりです。当時学生時代に歌われていたけど、みんな聞いてましたね。わりと、ゆったりとしたメロディで語りかけるような歌詞がストレートに胸に刺さりました。今でもユーチューブで聞いたりしています。(30代女性)

 

 

2位タイ.かりゆし58 「ナナ」(11票)

かりゆし58「ナナ」がおすすめの理由

すべてをかけて守るべきものを見つけたよ!なんて言われたらすごく嬉しいですよね。 素直に純粋な愛を歌った歌(20代女性)

元々かりゆしが好きで他にもアンマー・電照菊など素敵な曲がたくさんありますが、ナナは知り合いの結婚式でサビの’ナナ’の部分を奥様の名前にして新郎が歌っているのを聞いて以来、聴くととても幸せな気持ちになります。(20代女性)

初夏を思わせるレゲエサウンドが気持ち良いです。バンドらしく、中盤にはしっかりと味わい深いギターソロが登場しています。タイトルにちなんで7,777枚のみのリリースとなった激レア曲です。愛するひとに宛てたメッセージが美しく、結婚式などで聴けば感涙モノです。(50代男性)

この曲を聴くと若い頃、私もこんな恋愛してたなーっと思い出に浸ってしまいます。こんな真っ直ぐでピュアな恋愛を思い出してキュンキュンしてしまいます。(30代女性)

ナナという名前の女性との出会いから付き合いはじめ、付き合っている最中からプロポーズに至るまでの時系列が歌詞の中に入っています。それはどんな恋愛でも似たようなエピソードがあると思うので、自分の想い出を想像しながら聴ける泣ける歌です。(30代女性)

優しい歌詞のラブソングです。特にサビが印象的で、プロポーズにこう言われたい!と思うような素敵な曲です。さわやかで聞きやすいので、かりゆし58を聞いたことがない人にもお勧めです。(20代女性)

プロポーズをして結婚する歌なのですが、とにかく歌詞が可愛らしく身近な感じです。明るい曲なので聴いていて楽しい気分になります。(30代女性)

妻と結婚する前は、ナナの歌詞のような状況がたくさんあって、昔を思い出して懐かしく感じることができるから。特に、まだ怒っているの?→つられて笑うところ。(20代男性)

歌詞のまんま大好きです。ストレートな告白と、今まで過ごしてきた日常のことを唄にしているところです。何回聴いても心にグッとくるところがオススメで、聞いたことない人とか恋愛の歌を聴かない人、告白しようとしてる人とかにも聴いてほしい曲です。(20代女性)

とても純愛な感じで心に響きます。彼女ができたらこの曲を歌いたくなります。大サビで私はたまに涙が出そうになります。(20代男性)

とあるカップルの結婚までのデート内容、喧嘩もあったけど俺が幸せにする!という男性目線の歌詞にグッときます。PVの女優の矢野さんも可愛くて曲に合っています。(30代男性)

 

 

1位.かりゆし58 「アンマー」(45票)

かりゆし58「アンマー」がおすすめの理由

この曲は歌詞も曲調ももちろんいいのですが、PVがいいです。ほっこりとする気持ちになれて暖かい気持ちになれます。(20代女性)

この曲を聴くと私も母親として息子たちにはたっぷりの愛情を注いであげたいと思えるところです。そして、大きくなった息子がこの歌のような気持ちになってくれるといいなと思います。(30代女性)

島人の方言が入っていて、PVが島でとてもよく、すんごい不良だったのが親に感謝の歌を歌っているのでとても感動しました。(20代男性)

反抗期を振り返り、お母さんの変わらない愛情に感謝する歌です。自分と重なる部分が誰しもあるのではないかと思います。終盤、自分の子供にお母さんの1番好きな花の名前をつけたという歌詞が何とも言えません。自分の母親を思い出し、聞いていると心がほっこりするので大好きです。(30代女性)

お母さんの事を歌った歌ですが、同じ体験をしていなくても誰もが心に突き刺さる歌詞です。母親の無条件の愛情を再認識できる曲です。(30代女性)

「アンマー」は、かりゆし58のヒットアルバムの1つである曲です。アンマーとは沖縄で母という意味であり、かりゆしの故郷である島の情景と共に母への感謝を歌う感動ソングとなっています。その歌詞の1つ1つが大人になった人の心へ刺さります。とてもいい曲なので、語り継がれていってほしいですね。(20代女性)

結婚式でこの歌を流しました。色々あったけど、母親への感謝の気持ちを忘れないこと、そして親になった今は親がこどもを思う気持ちを痛感しています。親子の愛が伝わってきて、この曲を聴くと大切な家族のことを想います。(20代女性)

やんちゃして母親に反抗してた頃があったからこそ今母親の大切がわかったという歌詞。ボーカルの経験からできた曲で母親大切にしなきゃなと思わせてくれる曲です。(20代女性)

親の大切みがわかるし、この歌が流行り出す前からCDを取り寄せて買うぐらい好きな曲。沖縄ということもあり穏やかな所もあるが伝えたいことが大きすぎてグッとくる(20代女性)

誰でも昔母親に反抗する時ってあると思います。それを大人になってあの時あーだったな、こーだったなと思い返して反省し感謝するところがいい。(20代女性)

母が子に対する愛情と、子が大人になってから分かる母の気持ちが歌われています。聞くたびにほっこりした気持ちになります。(30代女性)

ボーカルの方が実際にやんちゃしていたんだけど、今大人になって子供も生まれて、お母さんのあの時の優しさとかが、わかって感謝しているところが、聞いてて、歌ってて、泣きそうになります。(20代女性)

初めて聞いた時から歌詞にぐっと引きつけられ、母へ対する思いに共感できたから。いつ聞いてよ泣きそうになる歌です。(20代女性)

母親へのいろんなメッセージが詰まった歌詞が特徴の曲です。実際に結婚式の際にも使用しました。母親の偉大さに感謝しなければならないと改めて教えてくれます。(20代女性)

母親からの無償の愛に気付かず反抗してしまったり、傷付くようなことも言ってしまったのに、それでも子供を愛し続ける親の偉大さを感じます。(20代女性)

ボーカルの前川真悟さんの声もどこかトーンが高くて高い印象を抱きます。おそらくかりゆし58でもっとも認知度の高い楽曲だと思われます。(50代男性)

親しみやすいメロディと、耳に残る歌声が素敵です。この曲を聞くと母という存在のありがたみを感じることができます。結婚式などに使用したい1曲です。(30代女性)

いかにも沖縄という風景のプロモーションビデオ。母の無償の愛、思いやり、偉大さ、寛大さが大変素晴らしく忠実に込められている曲です。改めて私を産んでくれた母を大切にしないとと思い直させる一曲です。(30代女性)

お母さんに対する思いを素直に表した歌詞がとても感動します。お母さんに感謝の気持ちを伝えたい人におすすめです。(20代女性)

母親の温かい思いと母親への気持ちを歌に乗せて伝えているような音楽で心にグッときます。心温まる音楽でおすすめです。(20代男性)

母親の偉大さ、無条件の愛を感じる曲です。私も兄弟の母として奮闘する毎日ですが、この曲を聴くと改めて子供たちにたくさん愛を注いで育ててあげたいと思います。(30代女性)

親子の絆が強く感じられる曲です。自分もやんちゃしてた時期に親に迷惑をかけたりしたけど、大人になって親孝行して自分の子供ができて、親の偉大さをしみじみと感じました。とても心に響きます(20代女性)

お母さんを思う子供の気持ちを表現している数少ないバラードだと思っています。泣けてくるような歌詞にはグッときます。(30代男性)

古臭く、派手ではないが、その分歌詞が頭の中にスッと入ってくる。入ってくる歌詞は大抵の男性が感じたことのある感謝と後悔、謝罪の念と密接に関わっており、感動できる。その為、この曲をオススメする。(20代男性)

沖縄の言葉でアンマーは母というらしく、この曲はボーカルの方と母親の実話を歌にしています。アンビリーバボーで取り上げられていたのですが、今まで何気なく聞いていましたが、その事を知りアンマーを聞き直し感動しました。(20代女性)

母のことを思い出させてくれると同時に自分の子供時代、どれだけ大変な思いをしながら育ててくれたかがとても染み入るので、聞いたことがない人は是非聞いてみてほしいです。(20代女性)

地元を離れ一人暮らしで孤独を感じるた時に聞くと、とても心にしみわたるからです。親孝行しようと思わされます。(20代男性)

この曲は母親に対して反抗的になることもあった時期がある方はすごく心にくる曲だと思います。 自分を育ててくれ、見守り大きな愛情を注いでくれた母親の偉大さに気付かされる曲です。(30代女性)

自分の親に向けた歌詞がとても大好きです。ゆったりとした音楽でとても聴きやすい音楽だと思います。カラオケでとても歌いやすいのでおすすめです。(20代男性)

この曲を聞くと母親の強さとやさしさか見に染みます。大人になると本当に尊敬できる存在だなとこの楽曲を通じて感じるからです。(20代女性)

母を思う歌詞が本当に泣けます。聴いてるとジーンとしてくる内容。実体験を歌にしたと聞いたので、この歌詞は、おそらくすべての母親の方が共感するのではないでしょうか。(20代女性)

アンマーとは沖縄弁で「おかあさん」という意味です。その名の通りお母さんへ向けて歌った歌で、とても心がほっこりします。(20代女性)

歌詞は悪かった息子が改めて母親に感謝する内容です。よくある内容であるが、かりゆしのボーカルの声と沖縄弁が、本当に母親を思ってるというのが伝わります。(20代女性)

子供の頃の自分のすべてを大きく受け入れた沖縄の偉大なお母さんの歌で、とても感動的な歌詞とポップな曲調がお勧めできます。(40代女性)

初めて聴いた時、感動して涙が出ました。アンマーは沖縄の言葉で、お母さんという意味です。自分の母と重ね合わせて聴いてしまいます。(20代女性)

かりゆし58をあまり知らない人でも聞いたことのあると思う有名な曲です。母親のことを思っている歌詞がとても感動します(20代女性)

お母さんに歌ってあげたい曲ナンバーワンです!間違いなく号泣ですね。お母さんのこと思い出しながらこの曲を聴いています。(30代女性)

以前テレビ番組で「アンマー」の制作秘話があっていた。お母さんへの思いを聞いた後にこの曲を聞くとさらに自分の母親に感謝の気持ちが湧いてくる。私が結婚するときは絶対に流したい曲です(20代女性)

この歌を聴くと自分を産んでくれた親のことを思い出します。切なくもなりますが優しい気持ちになれるのでおすすめです。(20代女性)

メンバーの不良時代とその時の母親との触れ合いを描いた曲。情景がとても想像しやすく、その分感動も多い。曲を聴いているだけなのにすごく分かりやすい。(10代男性)

アンマー(母)に対する歌詞がいいです、お母さんへの愛が伝わってきます。ライブできいたときもすごく感動しました(30代女性)

かりゆし58のこのアンマーは、ちょっと切ないし、いつも母親に思っていることをこの歌詞に込めているから好きです。(40代男性)

この曲を聴くと母親を大事にしなければいけないということに気づかされるからです。普段は何も考えず口に出してしまうこともこの曲を聴いた後だとあんなこと言わなければよかったと思うし謝るキッカケをくれる曲だからです。(20代男性)

親への思いを綴った曲で聞いていて自分の親を思う気持ちが溢れてきます。テンポもよくてとてもいい曲なのでおすすめです。(20代男性)

実話からできた歌です。青春時代に何度も聞きました。今聞いても心にしみる曲です。結婚式とかに使われたら泣ける一曲です。(30代女性)

 

 

1票入ったかりゆし58 おすすめの曲も紹介

 

かりゆし58 「アナタの唄」(1票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「アナタの唄」がおすすめの理由

「うそ」と「待つ」という言葉の関連性は、遠くにあるようでとても近いものかもしれません。そんなことを考えながら聴いてしまう1曲です。(50代男性)

 

 

かりゆし58 「ウージの唄」(1票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「ウージの唄」がおすすめの理由

こちらはライブ映像なのですが、CDなどで聴くのとは違った体験ができそうです。メッセージがより伝わってくるのではないでしょうか。2006年リリースのセカンド・ミニアルバム「ウージの唄」に収録されているタイトルトラックです。(50代男性)

 

 

かりゆし58 「オリーブ」(1票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「オリーブ」がおすすめの理由

胸に突き刺さるような深い歌詞が心に残ります。宗教、価値観、生活習慣などによる差別や戦争はもちろんのこと、自分の周りの小さな争いについても考えさせられる歌です。(30代女性)

 

 

かりゆし58 「このまちと」(1票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「このまちと」がおすすめの理由

少しオリエンタルな雰囲気なギターリフで始まるこの曲は、東日本大震災の直後、福島県浪江町を追われた友人からのメールをきっかけに作られた曲です。個人的にはサビ前の歌声に心が震わされます。(50代男性)

 

 

かりゆし58 「ただひとつだけ伝えたいこと」(1票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「ただひとつだけ伝えたいこと」がおすすめの理由

ミディアムテンポなレゲエの演奏にのせて、君に対してポジティブなメッセージを送っています。人に対してこういうマインドでいられたらいいなと思う1曲です。(50代男性)

 

 

かりゆし58 「まっとーばー」(1票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「まっとーばー」がおすすめの理由

「おっちゃん」の言っていた口癖を思い出すという手の込んだ歌詞の手法は、どこか説得力があります。スポーツだけでなく、「戦う」人を応援してくれる楽曲です。(50代男性)

 

 

かりゆし58 「青春よ聴こえてるか」(1票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「青春よ聴こえてるか」がおすすめの理由

レゲエ調のギターがおだやかできもちよく、昼下がりに聴きたくなります。「おーおーおー」という耳に残るコーラスとともに、青春を歌った歌詞が心にしみるようで、南国の蒸し暑い風が吹いてきそうな曲です。(50代男性)

 

 

かりゆし58 「恋人よ」(1票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「恋人よ」がおすすめの理由

認めたくてもなかなか認められない感情が素直に歌われています。シンプルなメッセージと演奏の中に、これから進むべき道筋が見えたような気がする1曲です。(50代男性)

 

 

かりゆし58 「嗚呼、人生が二度あれば」(1票)

YouTube動画はこちら

かりゆし58「嗚呼、人生が二度あれば」がおすすめの理由

4つの別々の道をそれぞれが歩いて行く様子から、「あったかもしれない別の道」というテーマが浮かんできます。しかし歌詞にもある通り人生は「片道」であって、二度とは戻れません。いろいろなメッセージが込められています。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました