ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)おすすめの曲ランキング

 

 

9位タイ.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「ブルートレイン」(2票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「ブルートレイン」がおすすめの理由

イントロが電車の「ガタンゴトン」という音を彷彿とさせるようなメロディになっており、疾走感のあるさわやかな曲になっています。(20代女性)

何と言っても伊地知のドラミングが光る。特にイントロからBメロまでのきめ細やかなハイハット、ライドの音が演奏全体に緊迫感をもたらしているが、他のメンバーとのブランドによりさらりと聴かせるところがすごい。並みのバンドではこうはならないだろう。(40代男性)

 

 

9位タイ.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「ムスタング」(2票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「ムスタング」がおすすめの理由

とても綺麗なメロディで、聴くたびにやっぱり好きだと何度でも思える曲です。どんな気分の時でも心に響きます。(30代女性)

大学時代に通いの電車の中でよく聴きました。イントロの気だるさからのサビの盛り上がりが、試験に追われたり、好きな人との別れなど、日々の喪失感を流し、また明日へ向かわせてくれる、特に雨の日に聴きたくなる曲です。(20代女性)

 

 

9位タイ.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「或る街の群青」(2票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「或る街の群青」がおすすめの理由

耳に残るギターリフから始まる有名な曲です。切なさを前面に押し出したイントロから、勢いのあるバンドサウンドに移り変わってからも、どこかノスタルジックを感じる旋律に胸が震えます。叶えられなかった夢や、大切な人との別離を連想させる歌詞を、ボーカルの後藤氏が見事に歌い上げます。月日が経っても色褪せない名曲です。(20代男性)

都会の朝焼けを思わせるイントロから、サビに向けてだんだんと盛り上がっていく勢い、歌詞の真っ直ぐさが心を打つ素敵な曲だと思うからです。(20代女性)

 

 

9位タイ.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「月光」(2票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「月光」がおすすめの理由

イントロがドビュッシー「月の光」のピアノ演奏から始まります。ピアノがデクレッシェンドでフェイドアウトするのに重ねてベースがクレッシェンドで重なってくるところがとてもカッコいいです。(40代女性)

イントロから1コーラスまではドラムが頭打ち、2コーラス目からはバックビートに代わるトリッキーな曲。この頃からアジカンのリズム隊はかなりテクニカルな演奏をするようになり、後藤のワンマンバンドではないことをうかがわせる。(40代男性)

 

 

8位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「荒野を歩け」(3票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「荒野を歩け」がおすすめの理由

夜は短し、歩けよ乙女、という映画の主題歌です。登場人物の女の子にも、主人公の男の子にもピッタリの雰囲気と歌詞を持ち合わせた曲で、映画のワンシーンを思い出しながらいつも聞いています。(20代女性)

私がこの曲をお勧めする理由としては、人生を比喩するような歌だなと思ったからです。 この曲では「あっちへ ふらふら」「ゆらゆら歩むんだ」という歌詞が良く出ており、 人生という荒野を選択してなんとか進むんだという意志を感じる歌だと思いました。(20代男性)

この曲を聞いているとどこまでも歩んで行けそうな気がします。 とてもかっこいい! 困難も果敢にチャレンジできそう。(40代女性)

 

 

7位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「遥か彼方」(4票)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「遥か彼方」がおすすめの理由

みんなで歌うと盛り上がる曲の1つになります。早いテンポでカッコいい曲になっているのでおススメです。某アニメのオープニングにも使われていました。(20代女性)

冒頭からギターとドラムが奏でるビートが好きです。歌詞もメロディーも心に響く、そしてはじめから終わりまでわくわくするとにかくノリノリの曲なので、ランニングの際などワークアウトソングにぴったりです。(30代女性)

アニメNARUTOが好きでオープニング曲に起用されており、作品のまだ若く泥臭い青さにぴったりな曲でとても印象に残っており、私の中でアジカンといえばこの曲だと思っております。(20代女性)

サビの綺麗な歌声で歌ってるわけじゃなく全力で歌ってる感じが魅力的です。何かを伝えようとして歌ってるのが伝わってくる一曲です。(20代女性)

 

 

6位タイ.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「アフターダーク」(5票)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「アフターダーク」がおすすめの理由

アニメのオープニングに使われていた曲。個人的にアジカンっぽさ全開な格好良いロックだと思っています。サビの歌詞で、「夢なら覚めた だけど僕らはまだ何もしていない 進め」という部分の歌詞が素敵。(20代女性)

「前に進む」という強いメッセージ性を感じる、激しいロックサウンドが耳に心地いい曲です。ドラマのように展開するPVも必見。挫折や苦悩に対峙した時、聴いた人の肩を押してくれるような説得力と全能感に満ちています。この曲に救われた人は少なくない筈です。(20代男性)

アジカン特有のカクカクとした感じの曲調でありながら、歌詞の独特な表現と癖になるメロディーが素晴らしい歌です。アジカンの3本指に入るおすすめ曲の1つです。(20代男性)

淀んでいる気持ちを払拭できるような歌詞が膿んでいる日常の気分を変えてくれるような気がするので好きです。(20代女性)

思わず口ずさんでしまうのと曲調がかっこいいです。また明日から頑張ろう!という気持ちになるので是非聴いてみてください。(20代男性)

 

 

5位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「君という花」(6票)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「君という花」がおすすめの理由

イントロから引き込まれる。音、歌詞、リズム、何を取っても最高。聞く度にベース、ドラム、ギターの音を夢中で追ってしまう。何年経っても色あせていない。辛気臭い曲かと思いきや立派な応援歌だと思う。(20代女性)

アジカンの中でも特に有名な楽曲で、初期の頃の曲です。 アジカンらしいサウンドで、アジカン初心者にもおすすめです。 あと、マメ山田さんとバンドメンバーが踊るMVが不思議でおもしろい。(30代女性)

私が初めてハマったバンドでよくライブに行っていました。ライブで絶対に盛り上がるというか一体になれる曲です。合いの手を覚えて参戦したい曲の1つです。(40代女性)

このアジカンの唄は凄くノリノリでかっこよく、パワフルな所とか一直線な所が伝わってくるから素晴らしいです。(40代男性)

通勤中に聴いていると満員電車も朝の憂鬱も乗り越えられました。励まされているような気持ちになる、おすすめの曲です。(30代女性)

アジカンの恋愛曲といえばこれ!というロックとバラードがミックスされた恋愛曲です。曲調だけではなく歌詞も聴きどころです!(20代女性)

 

 

3位タイ.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「Re:Re:」(7票)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「Re:Re:」がおすすめの理由

アニメ「僕だけがいない街」の主題歌であり、曲の序盤からサビの盛り上がりがあってとても良いです。サビの部分も歌詞が深く最高です。(20代男性)

この曲は歌詞もリズムもかっこよくなっていて聞いていてノリの良い曲になっています。フェスで盛り上がる1つの曲です。(20代女性)

分かりやすいシンプルな展開が印象的な曲。言い様によっては単調と言われてしまうかもしれませんが、そこからひしひしと感じられる「らしさ」に、これぞアジカンだ!という感想を抱かずにいられません。暗い曲調というわけではありませんが、何故か悲しいことがあった時に聴きたくなる曲です。(20代男性)

アニメ「僕だけがいない街」のOP曲として起用された曲で、僕だけがいない街のストーリーを彷彿させるような歌詞が特徴です。アニメも合わせて視聴すればかなり曲の世界に入れるのでどちらも視聴してほしいです。(20代男性)

曲がリリースされてからだいぶ時間が経ってからアニメの主題歌に採用されて、懐かしい気持ちで聴いたけどやっぱり良い曲だと思った。 イントロがかっこいい。(30代男性)

テンポの独特さが当時は衝撃的でした。はじめは違和感があったのですが、何度も聞いているうちに癖になりました。(30代女性)

僕だけがいない街の主題歌に起用されていてこの曲を知りました。後悔してんだよって言い逃したあの日という歌詞が好きで、自分とリンクさせながら聞いてしまいます。また、メロディーが何とも言えない切ない気持ちにさせます。(20代女性)

 

 

3位タイ.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「君の街まで」(7票)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「君の街まで」がおすすめの理由

高校時代よく聞いていて学校の帰り道とかに、辛い時や悲しい時に聞いているとシミジミと頑張ろうと思える曲(20代男性)

とにかくPVの訳の分からなさのインパクトが面白い。曲自体はとても爽やかで疾走感がある良い雰囲気なのに、そこで何故か行われる前半のシンクロナイズドスイミングと後半の展開は必見です。(30代男性)

PVが斬新でおもしろい。アジカンの初期の曲で、最近にはないポップな曲です。歌を聴いてると頭の中に鮮やかに情景が浮かんでくる印象的な歌詞が好き。(30代男性)

まずイントロで音数が少なく静かに始まります。そしていきなりギタードラムが入って盛り上がる形になり心が湧きあがります。サビの裏声の使い方は初めて視聴した時には感動を覚えました。曲の終わり方もすぱ!っと終わり無音により余韻を感じられます。そして何より、PVがコメディ色あり見入ることができます。(30代男性)

曲はとてもいい。 でも、この曲のピーブイには突然プールに巨大なザリガニが出てきます。 不思議な感じがします。(40代女性)

離れていく彼女への想いを彼女の住む街まで届けたい、という曲です。歌詞は切ないのですが、曲調がポップでクセになります。(20代女性)

メロディと歌詞がいいのに、全然歌詞に関係ないPVが面白い。プールサイドでたんたんと演奏するシュールさと、衝撃のラストになんとも言えない気持ちになる。(30代女性)

 

 

2位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「ソラニン」(19票)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「ソラニン」がおすすめの理由

映画の主題歌でしたが、若い時代の鬱屈したエネルギーや絶望感を表した曲でとてもかっこいいのでおすすめします!(30代女性)

浅野いにお原作の漫画・ソラニンの実写映画化の主題歌です。 大学生から社会人になる、あの夢から醒めてしまう様な焦燥感。子供から大人になってしまった切なさ。 ソラニンとはジャガイモの芽にある毒である。ジャガイモも放っておけば芽が出て、やがて毒が出る。 周りに流されて大人になっていって本当に自分はこれでいいのかと烈しく問い質される曲です。 同じような世代の方におすすめです。大人になってしまった方にもあの頃のノスタルジックさを感じられる一曲です。(20代女性)

イントロのギターのリフからエモーショナルで大好きな曲です。後藤さんの切ない歌声と歌詞がものすごく胸に響く一曲です。(20代女性)

アジカンの曲はほとんどメンバー(特にボーカルの後藤さん)が作詞しています。このソラニンは原作の漫画の中に既に歌詞が書かれていて、それに対してアジカンがメロディをつけた曲になっています。アジカンの中で1.2を争う代表曲だと思います。(20代女性)

この曲は別れの楽曲でもありますが、あまり重くもなく聞きやすいと思います。悲しい気持ちをこらえて、僕もどーにかやるさという歌詞が本当にたまりません。(20代女性)

同名の映画の中で、女優の宮崎あおいさんがこの曲を熱唱していたシーンが印象的でしたが、本家の楽曲も切なくて素晴らしい曲です。(50代男性)

映画、漫画のイメージにぴったり。メロディも歌詞もいい。切ない歌詞にアップテンポの曲調にゴッチの声が抜群にマッチしてる。(20代女性)

歌詞がとても好きな歌です。「あのときこうしていれば」と昔を想い、「どこかで元気でやれよ 僕もどうにかやるさ」と前を向いて一歩踏み出す感じで、聞くと前向きになれる歌です。(10代女性)

恋愛映画の主題歌であり溢れる想いをストレートに表現している歌詞がとても甘酸っぱく青春時代を思い出します。(20代女性)

すこしセンチメンタルな歌詞が印象的です。自分と重ね合わせて聞いてしまいます。後半にかけて盛り上がっていき、引き込まれます。(20代女性)

別れを想ったせつない内容が、アジカンらしい淡々として、なのにパワーのある歌いで余計に際立っています。(30代女性)

同名の映画の主題歌。ギターの切ないメロディーでしっとりと入り、サビに向かってエンジンが加速していく感じがよくわかる。(20代男性)

宮崎あおいが主演の映画「ソラニン」の主題歌で、疾走感が感じられてとても聞いてて気持ちいいです。イントロを聞くだけで「キター!」となります。(20代女性)

映画にもなっていて、観た時の感動が蘇ってくる。 メロディもよいし、歌詞を聴いてるとなんか頑張ろうって気になる曲。(30代男性)

同名タイトルの映画(映画に合わせて作曲?)の主題歌兼作中挿入歌です。宮崎あおいちゃんが懸命に歌うシーンの方が印象的だったりします。(30代女性)

生きていれば良いことも、悪いことだってある。 でも、じゃがいもの毒のように、どちらもないと成長出来ない。 そんな歌です。(40代女性)

淡々とした失恋の曲、それでもロックしてるのがアジカンの良さだと思います。吐き捨てるような歌い方がマッチした、染みる曲です。(40代男性)

この曲はゆったりしたいときによく聴いています。心の中にすぅっと入ってくるこの曲はとてもオススメで大好きな曲です。(20代女性)

映画の主題歌だったのですが、この曲を聞くと、映画のシーンがプレイバックされます。気怠い感じの歌いだしから、シャウトに移っていくところが最高です。(20代女性)

 

 

1位.ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「リライト」(30票)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「リライト」がおすすめの理由

カッコいい始まりでノリの良いテンポです。聴いていて楽しい気持ちになります。ライブやフェスでは必ず盛り上がる曲で良いです。(20代女性)

アジカンの代表的な曲で、 ライブで聞くととてもテンションが上がる。 歌詞もとても好きです。 かっこいいです。(30代女性)

アジカンの中でも特に有名な一曲ですね。 サビの「リライトしてー!」はカラオケで大声出して歌うとめちゃくちゃ盛り上がるのでおすすめです。(30代女性)

この曲は落ち込んで悔しかった時に聞くと、その悔しい気持ちをどうにかしてやろうともう一度頑張ろうと思える曲です。(20代女性)

この曲はカラオケでよく歌う楽曲でもあり、疾走感あって想いをぶつけている感じが好きです。この曲を聞くとアニメも同時に思いだします。(20代女性)

とにかくノリが良いので、カラオケにおすすめです。特に、曲のサビの部分は皆で歌って楽しめると思います。(20代女性)

大人気アニメ鋼の錬金術師の主題歌でもあり激しいアップテンポがテンション上がります。カラオケでサビのところでは喉が痛くなるくらい叫び歌います!笑(20代女性)

疾走感あふれる曲であることが特に気に入っています。サビも盛り上がるし、ドライブに行くには必須な曲と考えているため(30代男性)

聴いてるとテンションが上がります!またカラオケで歌うと盛り上がる曲です!リライトしてーーは歌いたくなります!(20代女性)

歌うとストレスが発散される歌です。何もかも消して修正(リライト)したいときに聞くとすっきりします。カラオケでも人気の曲です。(10代女性)

あまりアジカンを知らない人でも一度は聞いたことがあるくらい有名で人気な曲です。MVも有名で、アニソンとしても知られています。また、コピーバンドでもよく演奏されています。(20代女性)

軽快なメロディーと分かりやすい歌詞でカラオケで歌うと気持ちよく発売から14年たった今でも全く古さを感じることなく、今でもよく聞く1曲です。(40代男性)

イントロのギターラインがかっこよくて疾走感があり、1日の始まりに聞くのにピッタリな楽曲なので、大好きです!(20代女性)

鋼の錬金術師の主題歌だった影響で好きになりました。サビの盛り上がりが好きでイヤホン付けなてよく一人で騒いでます(20代女性)

ロックな音調がとても心地よく感じました。そして歌詞を読んでみると考えさせられる部分もあり、ストレス発散にもなる気がする曲だと思います。(40代男性)

物凄く日本語が沢山詰まった歌詞だな、といつも思います。特に難しい言葉は使ってないんですが、要所要所に尊厳と自由、とか存在の証明、とか印象的な言葉がでてきます。「リライト」以外は全部、日本語です。カラオケで歌うと短編小説を読んだような気分になります。(40代女性)

特にサビが好きで、ライブで聴くとノリノリになるし盛り上がる曲です。特徴がある歌声も素敵なのでオススメです。(30代女性)

アジカンの名曲中の名曲です。数年前に人気アニメの主題歌となり、文字通りリライトされた一曲です。発表当時もかなり流行っていた曲ですが再び脚光を浴びているのはファンとして嬉しいです。(30代女性)

アニメの主題歌だったため、人気、知名度が高い。カラオケで音程的にも歌いやすく、みんなで一緒に盛り上がることができる。(20代男性)

テレビアニメでしていた鋼の錬金術師が大好きでこの歌の時のオープニング映像で各キャラクターの動きと凄いマッチしていて何度も聴きたくなって歌いたくなってカラオケにも通ってました(30代女性)

揖屋な過去は自分でリライトできます! 無かった事にしたって前向きになれればそれで良いですよね。 そんな気持ちを楽にしてくれる歌です。(40代女性)

鋼の錬金術師というアニメの主題歌で、初めてこの曲を聞いて心が動かされました。 このリズムと音程、ボーカルの声がたまらなく耳に残りこの歌が流れるたびに鼻歌を歌ってしまうほどノリにのってしまいます。(20代女性)

人気アニメの主題歌ですが、疾走感と言葉の強さに引き込まれます。rewriteという書き直すというタイトルですが、歌詞に散りばめられてる言葉が曲のタイトルとマッチングしてとても素敵な一曲だと思います。(20代女性)

サビの部分で一気に想いを吐き出す感じの歌い方と歌詞が好きです。年を重ねるごとにリライトしたいことが積み重なって、定期的に聴きたくなる曲です。(20代女性)

緩やかな始まりから一気に盛り上がるサビで、急になんの前触れもなくリズムが変わるため最高で聴いていて興奮する。(20代女性)

昔よくカラオケで歌っていた曲です。ストレス発散するのにもってこいでした。曲名からして書き換えると言っているので、嫌なことがあると聞いて忘れ去ります。(30代女性)

2004年の8月にアニメ『鋼の錬金術師』のオープニングソングとしてリリースされました。アニメの内容にあっていたのと曲調が好きだったのでとても印象にのこりました。訴えかけるような歌詞を、力強く歌い上げる感じが好きです。(30代女性)

疾走感が半端なくて、イントロを聴いた瞬間から心が折れ高鳴って自然とリズムを刻みたくなります。この曲を聴いたらロックを好きになること間違いないと思います、(30代女性)

歌詞と絶妙にあったメロディーと、その爽快感が魅力の楽曲だと思います。サビで叫んでいるような歌い方は、カラオケでも盛り上がること間違いなしだと思います。(20代男性)

アジカンの曲でも王道で聴いてて飽きない、かっこいい曲のため。また、バンドで演奏した際に盛り上がりやすい曲のため。(20代男性)

 

 

1票入ったASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)おすすめの曲も紹介

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「All right part2」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「All right part2」がおすすめの理由

歌詞の頭文字を五十音順にした言葉遊びをしているところが面白くて好きです。チャットモンチーの橋本さんのハモリも後藤さんと相性が良くていいなと思います。(20代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「flashback」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「flashback」がおすすめの理由

君繁ファイブエムのアルバムに入っている一曲目の曲で、この曲を聞くだけでアジカンの良さがわかるはず。終盤でギターとベースが抜けてボーカルだけの部分からの盛り上がりが最高である。(20代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「アンダースタンド」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「アンダースタンド」がおすすめの理由

自分自身ですら自分を肯定できないほど落ち込んだりふさぎ込んだ時に、「大変だね、わかるわかる」って全肯定してくれる存在がどれほどありがたいことか。一方的にそのような対象としてこの曲とは付き合っています。(20代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「サイレン」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「サイレン」がおすすめの理由

イントロが少し、長いのでカラオケでは少し、飽きてしまいますがギターとドラムの入りがカッコいいです。この「サイレン」とカップリングの「サイレン#」はぜひ、セットで聞くべきです。同じ時間軸で男と女のそれぞれの気持ちが歌われています。同じメロディなんですが同時に再生しても微妙にテンポが違って重なりそうで重ならないメロディが重なれずに離れていく歌詞の世界観を現していて深いなーと思います。(40代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「センスレス」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「センスレス」がおすすめの理由

イントロからギターとベースがハードロックな感じでめちゃくちゃカッコ良い曲です。一度聴いたらクセになるオススメな曲です。(20代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「ブラックアウト」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「ブラックアウト」がおすすめの理由

ブラックアウトはトリビュートアルバムにも選曲されるくらい人気の曲です。カラオケでも男女問わず歌いやすいのも良いところです。(20代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「ボーイズ&ガールズ」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「ボーイズ&ガールズ」がおすすめの理由

スローテンポな曲に合わせて歌われる暖かい歌詞が心に響きます。上手くいかないことばかりだけど、まあもう少し頑張ってみようかと、そう思わせてくれる1曲。(20代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「ホームタウン」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「ホームタウン」がおすすめの理由

新しいアジカンの魅力が発見される曲。 今までにない曲調だと思います。 とても素敵なのでオススメいたします。(40代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「ループ&ループ」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「ループ&ループ」がおすすめの理由

名曲中の名曲です。PVの映像がかなり印象的でした。店舗も歌詞もメロディーも大好きです。「とめどない青」というフレーズが、情景の想像が容易で一番のお気に入りです。(30代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「ワールドアパート」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「ワールドアパート」がおすすめの理由

サビで後藤さんが叫ぶ感じに歌う歌詞がものすごく響きます。メロディーも疾走感があってカッコいい大好きな曲です。(20代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「海岸通り」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「海岸通り」がおすすめの理由

しっとりした感じの曲で、歌詞とメロディーで情景が浮かぶ名曲です。夕暮れどきに聴くのがオススメな曲です。(20代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「新世紀のラブソング」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「新世紀のラブソング」がおすすめの理由

歌詞に社会的メッセージもありながら、自分の心の中に残るほんの小さな抜けないトゲについてを思い出させてくれる重みのある楽曲です。(20代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「藤沢ルーザー」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「藤沢ルーザー」がおすすめの理由

サーフブンガクカマクラという、江ノ電沿線の駅をテーマにした曲だけが入ったアルバムの1曲です。アップテンポな曲で、聞いていて楽しさを感じられ、心が沈んでいても元気をもらえる曲です。(20代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「未来の破片」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「未来の破片」がおすすめの理由

最近の曲調は少し落ち着いている気がしますが、この曲をリリースしたときはバンド成長期っていうのでしょうか。少し尖がっている曲調で、若々しさがあるので、一日の始めでヤル気を出したい時などに聴いています。(30代女性)

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン) 「迷子犬と雨のビート」(1票)

YouTube動画はこちら

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)「迷子犬と雨のビート」がおすすめの理由

四畳半神話大系、というアニメの主題歌でした。ゆったりとした雰囲気や、前向きに進んでいこうと思える歌詞が魅力です。(20代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました