アデル(Adele)おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アデル(Adele)おすすめの曲ランキング

 

6位タイ.アデル(Adele) 「Send My Love (To Your New Lover)」(2票)

アデル(Adele)「Send My Love (To Your New Lover)」がおすすめの理由

タイトルは日本語で「私からの贈りもの」となりますが、別れた恋人に「私に捧げるはずだった愛を、新しい別の恋人に送ってほしい」という穏やかな感じの歌です。いつも激しい情熱を歌うアデルですが、今回は大人対応ですね。(30代女性)

アデルによって2016年にデジタルダウンロード・リリースされたトラックで、カリプソの雰囲気を特徴としています。アメリカやカナダ、アイスランド、イギリスのチャートでNo.1を獲得しました。(50代男性)

 

 

6位タイ.アデル(Adele) 「When We Were Young」(2票)

アデル(Adele)「When We Were Young」がおすすめの理由

彼女の歌声は胸に突き刺さるような響きを与えてくれ、彼女自身が若いころを想起して作詞されただけあって、若かったころの思い出がフラッシュバクされるような曲です。(50代男性)

タイトルは日本語で言うと、「あの頃」になりますが、少し自分の昔を振り返りたくなるような、そんな歌です。アデルが歌うのは映画のような素敵な彼の思い出…。どんな素敵な人なのか、気になっちゃいますよね。(30代女性)

 

 

5位.アデル(Adele) 「Set Fire to the Rain」(4票)

アデル(Adele)「Set Fire to the Rain」がおすすめの理由

アデルは本当に辛い恋をしてきたんだなと思わずにはいられない曲ですね。それと同時にとてつもない情熱を抱えた女性だなと感じます。だからこそこの曲は人を感動させられるんだろうな。(30代女性)

アデルの迫力ある歌声とドラマティックなメロディーに圧倒されて、壮大でありながら憂いを帯びていて、何度聴いても感動する1曲です。グラミー賞の最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞を受賞した曲です。(50代男性)

アデルの曲はどれを聞いても声量がすごくて圧倒されますが、この曲は特に強い女性を感じられてアデルらしいように思います。(40代女性)

イギリス人女性ソロシンガーとしては、初めてマジソンスクエアガーデンでライブを行ったというアデルの、深い女心を歌った曲。歌詞が深く心に重くのしかかる珠玉の作品。(40代男性)

 

 

4位.アデル(Adele) 「Skyfall」(7票)

アデル(Adele)「Skyfall」がおすすめの理由

「007スカイフォール」のテーマ曲になっていたので、聞いたことがある人も多いと思います。007の世界観がかなり強く出ていますし、いつものアデルらしさはあまりないかもしれません。でも、すごくかっこいいですよね。歌の意味も映画のストーリーとあいまって色々な解釈ができ、深い曲だと思います。(30代女性)

007シリーズ第23作目となる「007 スカイフォール」主題歌で、この映画のために書き起こされた曲です。アカデミー賞歌曲賞を受賞しました。(50代男性)

007スカイフォールの主題歌です。映画がテーマとしている老いや孤独にマッチした楽曲で、アデルのしっとりと歌い上げている様に切なさが募ります。(20代男性)

歌詞の内容は分からないが、『007/スカイフォール』にピッタリ合う。今作の冒頭に流れ、ぐっとその世界に引き込まれた。アデルはパワフルな歌声が魅力。(40代女性)

アカデミー賞受賞映画が始まったかと思うような壮大なスケール感のある曲です。こういった曲をもっとリリースして欲しいとおもうくらい素敵で好きな曲です。(30代女性)

洋画007スカイフォールのテーマ曲。映画のストーリーと曲を一緒に聴くと、映画の世界観に入ったような感覚を感じるところがおすすめです。ストーリー内容を知っているのに曲の解釈が人によって変わるところもおすすめポイントです。007シリーズ好きな方にはぜひ聴いてほしい一曲です。(20代男性)

2012年公開の映画 「007 スカイフォール」の主題歌で 第85回 アカデミー賞 歌曲賞を受賞したスカイフォール。妖艶なハスキーボイスに思わず引き込まれてしまう。アデルの曲を聴くと この人の決意や人生が垣間見れる気がして こちらも真剣に聞いてしまうのは何故だろう。(40代女性)

 

 

3位.アデル(Adele) 「Rolling in the Deep」(14票)

アデル(Adele)「Rolling in the Deep」がおすすめの理由

アデルさんはハスキーボイスがかっこよくて、パワフルで声量もある実力派の歌手なので、この曲をオススメします。(30代女性)

アデルを代表する大ヒット曲なので、誰でも一度は耳にした事があると思います。その力強さをひしひしと感じる失恋ソングです。めちゃくちゃ迫力があってかっこいいんですよね。(30代女性)

英語がさほど得意なわけではないし、意味がわかっているわけでもないのですが、力強い歌声と覚えやすいメロディや歌詞が忘れられなくなりました。(20代女性)

力強い彼女の歌声と、ゴスペルのコーラスが非常に迫力のある、アップチューンとなっていて、グラミー賞3部門で受賞したシングル曲で、彼女は同年にこの曲が収録されたアルバム「21」等で計6部門での受賞をし、瞬く間にトップスターとなりました。(50代男性)

とにかく迫力があって、イントロから彼女に引き込まれて彼女の凄さが分かる映像です。シンプルな映像ですが何度も観たくなります。(40代女性)

落ち着いた感じから始まり、サビで一気に情熱的に盛り上がる所がこの曲の大好きな所です。またアデルの声がとても美しく、聞き応えがありおススメです。(20代女性)

Adeleが世界的に有名になるきっかけになった代表曲で、Adeleの歌唱力の高さが際立った曲でおすすめです(30代男性)

聴いた瞬間、何か違うと感じた。それは、私が真剣な恋愛をしてこなかったから。失恋した女性の恨み節は、心苦しいものがある。(30代女性)

アデルの艶のある低音と迫力のある歌声が非常に魅力的な曲です。特にサビの臨場感と迫力がまるで映画を観ている様な感じで曲に引き込まれます。(30代女性)

アデルのハスキーな歌声が生かされている曲だと思います。英語が分からない人でも曲調から好きになってもらえる曲だと思うのでぜひ洋楽を聴かない人にも聴いてほしいです。(20代女性)

アデルは、日本人でも知ってる人が多いと思います。とにかく歌が上手い。声がハスキーでかっこいい。特に私のおすすめの曲Rolling in the Deepは、彼女の一番有名な曲かもしれません。この曲を聴いてアデルを知った人が世界中にたくさんいると思います。楽器を多く使用していないシンプルな音がアデルの歌の良さをより際立てています。日本人には歌えない難しい曲なのでカラオケなどでは人気はないかもしれませんが、それが彼女が唯一無二の存在であることを証明していると思います。せひこの曲をまだ知らない人がいるのなら聞いてほしいです。(30代女性)

失恋を思わせるような歌詞ですが、どこか悲しいだけではない力強さを感じます。訴えかけるような歌声がマッチしていて心を打たれます。(20代女性)

振られたからといって落ち込んでばかりいられないが、やはり未練は残るところを、アデルの力強い歌声で聞かせてくれるからです。(30代男性)

アデルの大ヒット曲。失恋経験から数多くの歌詞が生まれているという彼女の歌詞は、あまりにリアルで切なく聴き手の心を掴んで離さない。日本人はおろか、同じイギリス人でさえ思いつかない感性の持ち主だと思う。(40代男性)

 

 

2位.アデル(Adele) 「Someone Like You」(16票)

アデル(Adele)「Someone Like You」がおすすめの理由

失恋ソングで、強い感情の込められた曲なので、大人で失恋したけどすぐに立ち直りたい気分な人にとてもおすすめです。また、過去の恋愛にも共感できる曲です。(20代女性)

アデルの曲で、始めて聞いたのがこのSomeone Like Youでした。出だしの語り掛けるような曲調から、サビの部分へかけてどんどん盛り上がっていく感じが大好きです。英語なのに口ずさんでしまえるゆったりとしたシンプルな歌詞も気に入っています。(40代女性)

元彼が結婚することを聞いて、未練を歌った曲。 アデルといえば、Hello Rolling in the Deepも有名です。 この曲は英語が理解できない人でも曲調で伝わる失恋ソング。ピアノの旋律が失恋の切なさを物語ります。 しかし、そんな切なさの中に相反するアデルの豪快かつ奥深い声。それがまた際だっていて、未練を歌う女性の強がりが伝わってきます。(30代男性)

アデルは本当に失恋の歌が多いですね。ただこの歌は恨み節ばかりではなくて、立ち直って前に向かって歩いて行こうとする清々しさが感じられます。(30代女性)

メロディもセンチメンタルで失恋したばかりの人に聴いてもらいたい曲で、しかし、失恋してただただ悲しいということではなくて、わたしは大丈夫、すぐにいい相手を見つけるんだから!!と少し強がる主人公に誰もが共感できると思います。(50代男性)

失恋ソングで、別れた彼をまだ忘れられないけどなんとなく強がっているような、すごく苦しくなる歌詞でとても共感できて、メロディもとてもスローで歌詞にぴったりな曲調で、すごくおすすめです。(20代女性)

発売された当時は20代前半でしたが、ベテラン歌手を思わせるような落ち着きとパワフルな歌声がとても魅力的です。(30代男性)

男前なハスキーボイスと、悲しげな曲想が印象的です。ピアノの伴奏も落ち着いていて、サビからの盛り上がり方がかっこいい曲です。(20代女性)

Adeleの歌声や歌唱力もとても魅力的ですが、歌詞もぐっときます。もう別れてしまった彼氏にまだ少しは想いが残っていても、彼のためを思った、彼に向けた愛のこもった気持ちが込められています。(10代女性)

アデルの曲はどれもメッセージがとても強いです。この曲は失恋ソングですが、落ち着いた気分になれる気がして寝る前などによく聞いています。(20代女性)

切ない歌詞が、彼女のハスキーだけど甘さがあり、透き通った歌声にぴったりです。失恋しても前向きになれる曲だと思います。(20代女性)

わかりやすく聞き取りやすい菓子なので、英語の勉強にも最適です。感情が込められていて聞きごたえがあります。(10代女性)

この歌は一度聞いたら忘れられない、アデルの代表的な失恋ソングです。好きな彼が結婚してしまった気持ちを歌い上げています。おすすめの理由はそんな複雑な女性の心理状況をアデルの歌唱力で、力強く表現されているところです。ぜひ聞いて見てください。(30代男性)

失恋してその元彼が結婚して、その幸せを願っているという歌です。が、どちらかと言うと、まだ未練があるような感じに聞こえます。あなたに似た誰かを見つけるから大丈夫と言っている。あなた似た人ですから。英語のnever mind という言葉。気にしないでという意味を実は、その逆の意味にも取れる。日本語のような気を使った使い方では、ないかと思います。never mindは、覚えました。(40代女性)

失恋といえばこの曲でしょう。相手の幸せを祈りつつ、でも忘れないでほしい、というのは女性の正直な気持ちだと思います。(30代女性)

随分前のドラマの挿入歌で気になって聴いてみた、ピアノのみの伴奏にアデルのハスキーな歌声が心地良い、儚くも力強い曲。(40代男性)

 

 

1位.アデル(Adele) 「Hello」(37票)

アデル(Adele)「Hello」がおすすめの理由

オープニングが静かに始まり、じんわりと身体に彼女の声がしみわたってくる。序盤になると心に彼女の声が届くのか、涙があふれるくらいの臨場感があります。(40代女性)

とてもディープな曲です。過去の恋愛を振り返って、元パートナーへのメッセージを送るこの曲は、共感できる曲です。(20代女性)

このアデルの曲を初めて聞いた時、感情の起伏を激しく表現し、情熱的で迫力のある歌声に引き込まれました。(40代女性)

アデルは歌が本当にうまいからです。歌詞も共感できるし、心に響くからよく聞きます。切ない曲ですが、ぜひ女性に聞いてほしい歌です。(20代女性)

別れてしまった元恋人に対する後悔を電話越しに語る歌詞が印象的です。何度も電話をかけますが、数年たってしまった懺悔は時既に遅しと言うように留守番電話になってしまうのがなんだか切ない印象です。(20代女性)

この曲は失恋の曲なのですが電話にでてくれない思い人のことを歌っています。同じような経験がある私はこの曲に感情移入してしまいました。アデルの重量感のある声が更に圧倒されます。(30代女性)

歌詞の内容や、リズムが他の歌手と違い、好きだからです。PVを見たときに、切ない気持ちと感情が溢れ出たのを思い出します。(20代女性)

アデルが好きになったのはアルバム「19」を聞いてからです。年齢が若いわりには声が太く聞きやすい。それでいて落ち着く。helloもそんな曲です。(30代男性)

タイトルの「Hello」は「もしもし」って言う意味で使われていますが、別れた恋人に送るメッセージソングです。もう戻る事はできない過去を思い、とても切なくなる歌です。アデルはこういう歌が本当に得意ですよね。(30代女性)

電話が繋がらなくて、聞いてもらえるかわからないメッセージを残す。あの、もどかしい様子を上手く表現している。(30代女性)

昔の、若い頃?の終わった恋を想った歌なんですが、アデルのあの低くて響く声が雰囲気をすごく出していて好きです。そして、出だしのあたり「I was wondering〜」のあたり、ラップを彷彿させるような歌い方が特徴的でそこも気に入ってます。(30代女性)

アデルの重厚な歌声がゆっくりとしたメロディーで流れて、心に深く染み渡る感じがとても心地よく聴きやすいからです。(20代女性)

サビの音楽がとても壮大な雰囲気で耳に残りやすいです。歌詞は電話越しで語りかける様な切ない内容で、和訳された歌詞を見た後に曲を聞くと更に感情移入することができます。前半が切なくサビが壮大な構成になっていて分かり易いので、ダンスの創作などにも使いやすい曲だなと思います。(10代女性)

この曲のタイトルは、3年間の休憩のあとのアデルの音楽への復帰を記念して付けられ、カナダの俳優であり監督のXavier Dolanによるミュージック・ビデオは、モントリオール近郊の田舎で撮影されました。アルバム「25」からのシングルです。(50代男性)

この曲は寂しいがで悲しくなる曲ですが、たまに聞くと今の自分でいいのかな?というように自問自答できる曲なのでそういう時に聞いています。あとは泣きたい時に聞いちゃいます。(20代女性)

とにかく歌が上手く、聴いていて心地よいので幅広い年代の方に聴いてもらいやすいと思うのでおすすめします。(30代女性)

最初はスローのテンポから始まりサビのところになると訴えてくるような声で歌っているのを聴き、とても印象に残ったのを覚えています。タイトルは誰でも知っているような英単語でも曲の中身自体は深いもので、普段は英語で聴きながらふとした時に和訳をユーチューブで見てみたりなどもおススメであり、同じ単語が繰り返し出てくるので今歌っているのはどういう意味か、などがわかりやすく親しみやすくなっています。(60代女性)

アデルのアルバム「21」から5年後に発表された「25」のリード曲Helloは待ちに待ったアデルのバラード。アデルは「21」は別れがテーマだったが「25」は償いをテーマにしたアルバムと語っています。出だしのハローの一声が見事に償いの気持ちを表現しています。ミュージックビデオはモノクロ映画を見るようで引き込まれます。(60代女性)

この曲は失恋の曲で、私が以前恋人とお別れした時に聞いていた曲です。アデルの伸びのある声と、声量が大好きです。インパクトのある声量で、失恋の歌なのになぜかスッキリ感も感じられる曲でもあります。また、ワンオクロックのTAKAがカバーした事でも有名になり、カバーした曲の方もまた違った雰囲気なのでそちらもオススメです。(20代女性)

Adeleの特徴的な歌声が好きです。この、Helloという歌を聴いてAdeleのことを知りました。特にサビの部分が好きでいつも口ずさんでいます。(20代女性)

ADELEの歌全体的に言えることとして、歌唱力がすごい。特にこの曲ではその歌唱力が発揮されている上に、簡単な英語の歌詞なので聴きやすい。(30代女性)

この歌は過去の自分、過去の恋人に向けた歌だと私は思っています。問いかける歌詞に注目して聴いてみてください。本人が歌ってるHelloも好きですがONE OK ROCKのtakaが歌うHelloもすごくいいので聴いてみてください。(10代女性)

リズムが良い 歌詞が切ない。失恋した人にはお似合いの曲だと思います。 アデルの声を聴くと落ち着くからです。(20代男性)

電話に出てくれない相手。一方通行の恋を上手く表現している。決して暗い曲ではない。片想い中の人に聴いて欲しい。(30代女性)

2015年10月にリリースされた曲。「これは特に誰かに対しての曲では無いの。友達かもしれないし、元恋人、自分自身、家族、ファンに対してかもしれない。」失恋ソングのように捉えられるが、アデル自身はこう語っている。聞き手によって様々な捉え方ができる曲である。また、ONE OK ROCKのボーカルTAKAがカバーしており普段洋楽を聴かない人達もこの曲知ってる人が多いから(10代女性)

一番分かりやすいおすすめ個所はアデルの歌唱力です。冒頭の低めの声からサビの力強い声がとても良いです。加えてしっかり通る力強い声の間に入るファルセットが何とも言えない大人の女性の魅力があります。歌詞の内容ももう終わりで未来はないと分かっていても、なかなか未練を断ち切れない女性の恋心が描かれているので共感が出来る人が多いと思います。そして、しっとりとしつつもパンチ力のあるメロディーが素敵です。(30代女性)

最初はしっとり歌い、サビで一気に盛り上がるところが鳥肌もの。カッコいい声でこの声量は聞いていてとても心地いいです。(30代女性)

歌詞を聞いて、切ない気持ちになるが、アデルの歌声の魅力はHelloに一番表れていると思う。アデルだからこそ、この曲の深みが活きている。(30代女性)

何と言っても彼女の魅力は圧倒的な歌唱力です。この曲はそれがヒシヒシと感じられる一曲だと思います。ONE OK ROCKのタカさんがカバーしているのも必見ですが。(20代女性)

強弱のある歌声が際立って聴こえるところがおすすめです。代表的な曲なので色々なアーティストがカバーしていて違った雰囲気を味わえるところもこの曲の好きなところです。ハスキーなアデルの声がとても合う素敵なバラードです。(20代女性)

曲も歌詞も全て好きな一曲です。 アデルは歌うの本当にうまいです。 でもこの曲は聞いていると胸が苦しくなり泣きたくなります。 誰にでも一度は紹介したくなる一曲です。(30代女性)

力強いのになぜか悲しげな雰囲気があります。あまり、英語が得意ではないのですが、メロディー等から引きつけられました。ワンオクのTakaがカバーしてたのでそれも聞いてほしいです。(20代女性)

アデルの有名な曲といえばこれ!というぐらい再生回数の多い曲です。英語圏の国なら誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。過去の自分へのメッセージソングのような歌詞で、メロディもとても力強く、アデルの歌唱力に魅了される一曲です。(20代女性)

とある人に語りかけているような歌詞が美しもあり悲しい曲です。メロディがゆったりとしてるのとアデルの綺麗でかつ繊細な声が、より一層悲しみを増させてきます。ゆっくりと泣きたい時や心を落ち着けたい時におすすめの曲です。(20代女性)

別れた恋人に送る最後のメッセージという内容です。相手には届いてなくて切ない想いも決別の心と一緒に綴られている歌詞がポイント。ONEOKROCKのTAKAがカバーして歌っていたことがあり日本でも知名度の高い曲です。(20代男性)

アデルの持つ特徴的な声、ハスキーだけどパワフルな歌声が、Helloで最大限に生かされていて、聞いていて心地がいいからです。(30代男性)

有名な曲で、いろんなアーティストがカバーをしています。ワンオクのタカもカバーしていて、私はそこからアデルを知りました。歌詞の内容が好きです。きっと元恋人に自分から別れを告げて別れたけど、、、気持ちはまだ残ってる。電話でもなんでも、この気持ちを伝えたいけど、、、あなたはもういないのね。みたいな、内容だと思いました。恋愛の終わり方、わかるなぁと思います。(40代女性)

 

 

1票入ったアデル(Adele)おすすめの曲も紹介

 

アデル(Adele) 「All I Ask」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「All I Ask」がおすすめの理由

Smeezingtonsプロダクションの同僚であるPhilip LawrenceとAri Levine、そしてBruno MarsとAdeleによって書かれたピアノ・バラードで、彼女は2016年のグラミー賞で、Greg Phillinganesによるピアノの演奏でこの曲をパフォーマンスしています。(50代男性)

 

 

アデル(Adele) 「Chasing Pavements」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Chasing Pavements」がおすすめの理由

アデルの原点ともいえる切ないラブソングです。そんなに難しい曲ではないので、カラオケでも歌える曲だと思います。(30代女性)

 

 

アデル(Adele) 「Cold Shoulder」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Cold Shoulder」がおすすめの理由

アデルとマーク・ロンソンによるコラボレーションで、イギリスのソングライターであるSacha Skarbekと一緒に書かれた曲です。2008年10月18日の「サタデーナイト・ライブ」に彼女がゲスト出演した際に「Chasing Pavements」と共にパフォーマンスされました。(50代男性)

 

 

アデル(Adele) 「Daydremer」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Daydremer」がおすすめの理由

アコースティックギターでの弾き語り、アデルのハスキーな歌声とアコースティックギターが見事にマッチ、悲しげなギターの音色が染みる。(40代男性)

 

 

アデル(Adele) 「Don’t You Remember」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Don’t You Remember」がおすすめの理由

誰もが共感できるような歌詞にアデルの訴えかけるような歌声がとてもよくあっていて胸に突き刺さり、彼女の歌唱力の素晴らしさも印象に残ります。心が離れてしまった恋人にかつて自分を愛していた理由を思い出してと切に願う曲です。(50代男性)

 

 

アデル(Adele) 「Hometown Glory」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Hometown Glory」がおすすめの理由

当時18歳のアデルによって書かれた曲で、アメリカのTVドラマ「グレイズ・アナトミー」の2008年のシーズン・フィナーレで使用されたことでも話題になり、2007年の初めに、限定版7インチ・シングルとしてリリースされました。(50代男性)

 

 

アデル(Adele) 「Lay Me Down」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Lay Me Down」がおすすめの理由

バンクーバーのシンガーソングライターであるTobias Jesso Jr.と書かれた曲で、彼女がこれまでに書いた好きな曲のひとつとされています。(50代男性)

 

 

アデル(Adele) 「Make You Feel My Love」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Make You Feel My Love」がおすすめの理由

アデルのハスキーな歌声と美しいピアノの音色が印象的な号泣ソングです。結婚式や披露宴のBGMにすれば、しっとりとしたロマンチックなムードを演出してくれるはずです。(50代男性)

 

 

アデル(Adele) 「Million Years Ago」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Million Years Ago」がおすすめの理由

シンプルなサウンドがアデルの類いまれなる美しい歌声をこの上なく引き立てていて、思わず涙がこぼれます。胸が締めつけられるような切ない歌詞も素晴らしいです。過去を思い出して恋しがる気持ちをつづった曲です。(50代男性)

 

 

アデル(Adele) 「My Same」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「My Same」がおすすめの理由

自分とは正反対の友達とすごく仲良くなって、かけがえのない存在になることって本当にあります。アデルはライブに来ていた親友に向かって「私たちって全然違うのよね」と言っていたことがあるそうで、その彼女とのことを歌っているのだなと思います。(50代男性)

 

 

アデル(Adele) 「Remedy」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Remedy」がおすすめの理由

そっと優しく元気付けてくれるような言葉がちりばめられており、疲れた時にぜひ聴いてほしい曲で、この曲が収録されているアルバム「25」は過去を修復するというテーマのアルバムで、他の曲もオススメです。(50代男性)

 

 

アデル(Adele) 「River Lea」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「River Lea」がおすすめの理由

タイトルのリア川とはアデルの故郷であるトッテナムを通る川で、彼女の故郷への想いの強さが汲みとれて、彼女の声を重ねてつくったというコーラスのようなサウンドが素敵です。自分は変わらないということを歌った曲です。(50代男性)

 

 

アデル(Adele) 「Rumour Has It」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Rumour Has It」がおすすめの理由

アデルのハスキーボイスが見事に表現されているから。暗めの曲だけど、リズムがはっきりしているのでとても上がる曲である。(20代女性)

 

 

アデル(Adele) 「Take it All」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Take it All」がおすすめの理由

ジャズ調のピアノから始まるかっこいい曲、ハスキーながら骨太の歌い方も魅力的、アデルはどんな曲調の歌を歌ってもとにかくうまい。(40代男性)

 

 

アデル(Adele) 「Turning Tables」(1票)

YouTube動画はこちら

アデル(Adele)「Turning Tables」がおすすめの理由

アデルと、アメリカのソングライターのRyan Tedderによって書かれたピアノ・バラードで、TVドラマ「Glee」の2011年4月19日のエピソードで、女優のGwyneth Paltrowによってパフォーマンスされたことでも知られています。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました