「HYGGE(ヒュッゲ)」に関する本おすすめ34選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの「HYGGE(ヒュッゲ)」に関する本

 

1.マイク・ヴァイキング ニコライ バーグマン[解説] アーヴィン香苗 [訳]「HYGGE 365日シンプルな幸せのつくり方」

ヒュッゲに関する本 マイク・ヴァイキング ニコライ バーグマン[解説] アーヴィン香苗 [訳]「HYGGE 365日シンプルな幸せのつくり方」がおすすめの理由

デンマークの人はどんなことでも、「いかにヒュッゲか」を大切にしていることがわかる。また、“本当に安心できるものに囲まれて”という部分に僕と同じ感覚なんだと共感できた。安らかにに満ち足りていることこそ必要なものだと思いました。リフレッシュしてリラックスするお手本ですよ。(20代男性)

心地良いこと。心が満ち足りること。人と人との繋がりから感じる温かさ、ぬくもり。ヒュッゲな時間を過ごすことは、幸せを感じると思いました。北欧の暮らしや文化も知れてよかったし、装丁やイラストの色使いやデザインも素敵です。(30代女性)

ヒュッゲとは満ち足りることという意味のノルウェー語に由来している。デンマーク人は自宅をヒュッゲにするため、インテリアや照明にこだわりお金と労力を惜しまない。デンマークの幸福度が高いのは、ワークライフバランスがうまくとれ、家族や友人と過ごす時間が十分に持てているから。自分が持っている物に目を向け、今ある物に感謝する事が大事だと教えられます。(50代女性)

世界一幸せな国デンマークのライフスタイルについて書かれた本です。幼い頃、家族と過ごす時間に感じた温かいものが蘇り、胸が一杯になりました。頭の記憶ではなく、胸で感じた記憶。子供にもこの温かな気持ちを持っていてほしいなと思います。その為の良いヒントになりました。(50代男性)

「ヒュッゲ」のある北欧のライフスタイルのことがよくわかります。せかせかとした日本人だからこそ、こういう暮らしが世の中にありそのすばらしさを知るべきだと思います。近年北欧のデザインや雑貨が注目され「ヒュッゲ」も知られるようになって来ましたが、この本を読めば上面だけでなく概念がわかります。(40代女性)

本屋で見かけた表紙がしっかりしていて、見るからになんだか癒される本。 デンマークとか北欧っておしゃれですよね。 毎日の暮らしをすこやかに過ごしましょうというメッセージでほんわか出来ますよ。 とてもオススメです。(40代女性)

時代の変化と共に、便利さが最優先され、物や情報に溢れた日常の中で生活している現在。ぼーっとしても良いはずなのに何故かできなくて、ほっと息つく暇もなく、せかせかと働いて、動いてしまう。そんなことに疲れてしまって、自分は本当は何を一番求めているのだろうとシンプルに戻りたくなって見つけた本でした。(20代女性)

 

 

2.ピア・エドバーグ「Hygge(ヒュッゲ) 北欧生まれの「世界一幸せなライフスタイル」実践法」

ヒュッゲに関する本 ピア・エドバーグ「Hygge(ヒュッゲ) 北欧生まれの「世界一幸せなライフスタイル」実践法」がおすすめの理由

今までは外としての自分を生きすぎていたから疲れていたのかもな、これからは、外では自然体の自分を全てさらけだして生きるとまでは言えないけれど、少しネジをゆるめて生きていこうと思わせてくれた。それが難しければ、せめておウチいる時ぐらいは自然体の自分とこの空間と、そのひとときを楽しんでゆったりとできたらなと思いました。(50代男性)

忙しい日本人には実践するのは難しいかも知れないと感じましたが、それでも読んでいるだけで癒されます。 ちょっとした時間に安らぐ時間は作りたいですね。 ヒュッゲとは日本でいうと、リア充とでも言うか、日々のくつろぎを楽しみましょうというもの。 オススメです。(40代女性)

よくよく読んで考え思い出してみれば日本には日本の「ヒュッゲ」があると感づかされました。田舎暮らしと広めの平屋。暖炉ではなく囲炉裏とスローな時間。都会に生まれ都会に育った人間はそうは居ないですよね。ただ単純にオシャレに感じるか感じないかだけじゃない?違いって。だって海外から日本の農村に移り住んで「ヒュッゲ」してる人って日本人自身が知らないだけで結構いますよ。近所にもね。(50代男性)

毎日の心地よさを感じる気持ちがとても大事。 つい忙しくて、疲れていても、そのままにしてしまいがちな自分のセルフケア。 日毎に癒してあげることがやはり必要な事に気付かされました。 せかせかしてる人、オススメいたします。(40代女性)

hyggeの本場デンマーク出身の著者が、無理なく心地よく暮らす様々なコツを紹介。考え方、気持ちの持ち方はじめ、具体的な家事、働き方、服装について在り方を語る。ミニマリズムとヒュッゲの違いなど視点が色々と面白い。(30代女性)

 

 

3.ヘレン・ラッセル「幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年」

ヒュッゲに関する本 ヘレン・ラッセル「幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年」がおすすめの理由

今世界中で話題のヒュッゲについて、デンマーク出身の著書が面白わかりやすく解説しています。仕事やお金に囚われないヒュッゲな生き方が、日本にもっと浸透したらいいなぁと思いました。ヒュッゲ以外にも、デンマークという国を詳しく知ることができておすすめです。(20代女性)

イギリスで生活していく上で、自身が幸せになれていないと思っていた彼女が、幸福度が高いといわれるデンマークに引っ越し、自身でデンマークの幸せの根幹『ヒュッゲ』を体験したことを著書にした一冊になっています。豊かさよりも幸福度が重視されていってる中でデンマークがなぜ幸福度が常に高いのかがはっきりとわかります。(50代男性)

デンマークの事が良く解りますよ。 大抵、こういった本だと良いところしか紹介されないことが多いのですが、悪いところもきちんと紹介されています。 ヒュッゲという言葉通り、健やかに生きやすい国な反面、喫煙大国だったり、鬱病患者が多かったりとそういったことにも触れています。 オススメです。(40代女性)

イギリスの高級ファッション誌の編集者が、パートナーの転職でデンマークへ引っ越すことになったことをきっかけに自分の生活を見直し、なぜデンマーク人は幸せなのかを取材したもの。ヒュッゲな生活、試してみたいかもと思いました。(30代女性)

 

 

4.芳子ビューエル「世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし」

ヒュッゲに関する本 芳子ビューエル「世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし」がおすすめの理由

この本を見ていると北欧風の家具が欲しくなります。 デンマークでは家具にお金をかけるのが普通の習慣のようですね。 日本で言う、畳、和の家具などなのでしょうが、日本は和式の家がほぼ無くなりつつありますね。 日本にも良さがあるのでしょうが、それは多分、機能性、デザイン性で現代では洋風のものの方が質が良いのでしょう。 ヒュッゲはそういったデンマークの生活習慣が垣間見れる本です。(40代女性)

ミニマムでも豊さを感じる国、デンマークの生活を写真と言葉で紹介してくれるエッセイ本です。 照明や椅子などの家具ひとつで、生活の豊かさを感じさせてくれる日々には、憧れを感じます。”ヒュッゲ”を感じたい人におすすめの本です。(30代女性)

デンマークにおけるライフスタイルや生活空間、ヒュッゲを実践した生活を知ることができる一冊です。デンマークの人々の暮らしや精神が詳しく書かれていて、日本との違い、漠然とした北欧のイメージをはっきりとさせてくれます。(50代男性)

 

 

5.ルイーザ・トムセン・ブリッツ「はじめてのヒュッゲ~北欧の幸せな毎日のつくり方~」

ヒュッゲに関する本 ルイーザ・トムセン・ブリッツ「はじめてのヒュッゲ~北欧の幸せな毎日のつくり方~」がおすすめの理由

ヒュッゲを自身の生活に取り入れたい!という方におすすめな本になります。自分の支えになっているのはどんな行動や習慣かといった問いかけから、自身が幸せを感じる上での大切なことを気づかせてくれます。お茶を飲んだり家族とゆっくりした時間を日常に持っている、社会全体が自然とそうなっていることが素晴らしいと思っていました。(50代男性)

本の表紙を見ているだけで乙女に戻れる、そんな本です。 中身も問いかけてくるような内容で、読んで実践しやすくなっています。 ヒュッゲの本では特にお気に入りですから、非常にオススメいたします。 キャンドルをともしてゆっくりお風呂に入りたくなりますよ。(40代女性)

 

 

6.イェンス イェンセン「日本で、ヒュッゲに暮らす」

ヒュッゲに関する本 イェンス イェンセン「日本で、ヒュッゲに暮らす」がおすすめの理由

多くの人が自分にとってのヒュッゲって何だろう。自分はヒュッゲを作れているのだろうか、と感じるのではないでしょうか。そしてヒュッゲが欲しくなるはずで、生活に隠れてるヒュッゲ探し、早速やってみます。また、仕事時間の長さはどうにもならないけど、こうした生活をほんの少しの時間でも出来るようにしたいと思いました。(50代男性)

文章がくだけていて、とても親しみを覚える感じです。 日本でヒュッゲは現代社会ではなかなか難しいけど、意識して生活空間をシフトすると心も体も落ち着くんだと思います。 忙しない世の中、たまには安らぎの空間をオススメします。(40代女性)

 

 

7.森 百合子「3日でまわる北欧 in コペンハーゲン」

ヒュッゲに関する本 森 百合子「3日でまわる北欧 in コペンハーゲン」がおすすめの理由

うわぁ!素敵!と思わず声に出してしまった。 北欧ならではのおしゃれ雑貨、景色、お店など、実際にコペンハーゲンを堪能できる旅の本です。 人生で一度は行ってみたい! 読んでいると夢が膨らむ、そんな一冊です。 オススメです。(40代女性)

 

 

8.ジェイミー・オリヴァー(コントリビューター) 他2名「THE BOOK OF YOU 自分を「整える」365日の本」

ヒュッゲに関する本 ジェイミー・オリヴァー(コントリビューター) 他2名「THE BOOK OF YOU 自分を「整える」365日の本」がおすすめの理由

キレイな写真がちりばめられていて、とても癒されました。 1日、一枚の日めくり形式で、夜寝る前に少しづつ読んでいます。 安らぎながら眠りにつけるのでとても気分が良いです。 朝の目覚めも気分いい。 オススメの一冊です。(40代女性)

 

 

9.MeikWiking「The Little Book of Hygge」

ヒュッゲに関する本 MeikWiking「The Little Book of Hygge」がおすすめの理由

装丁が凝っていてかわいくて、本を持っているだけで癒されます。 ストレスが多く、見えない何かにせかせかしている毎日に、自分を取り戻す方法を教えてくれます。 心の豊かさって大事だなと、あらためて気づかせてくれる素敵な一冊です。(40代女性)

 

 

10.清水 香那 他1名「クリスチャニア 自由の国に生きるデンマークの奇跡」

ヒュッゲに関する本 清水 香那 他1名「クリスチャニア 自由の国に生きるデンマークの奇跡」がおすすめの理由

デンマークの首都、コペンハーゲンに奇跡の街があるそうで、そのお話がぎっしり詰まっています。 クリスチャニアというそうですが、自然と自由がある素敵な街だそうで、夢があります。 日本では考えられないくらい素晴らしい発想。 とてもオススメです。(40代女性)

 

 

11.トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」

ヒュッゲに関する本 トーベ・ヤンソン「たのしいムーミン一家」がおすすめの理由

家族や友達とのゆったりとした時間を大切にすること。それが、ヒュッゲやフィーカなどのもととなっている精神です。ムーミンはこういった精神の発祥の地である北欧で生まれた物語です。ムーミンたちのゆったりとした生活を追体験できる本です。(30代女性)

 

 

12.マリー・トレル・スナベア 他1名「デンマーク・ヒュッゲ・ハンドブック 幸せになる52通りのヒント」

ヒュッゲに関する本 マリー・トレル・スナベア 他1名「デンマーク・ヒュッゲ・ハンドブック 幸せになる52通りのヒント」がおすすめの理由

デンマークのレシピもついています。 家事をすることが苦痛になっていた私にとって、なんとなく癒しになりました。 優雅でゆったりするデンマークの家庭をイメージしながらくつろぎの一時に読みたい本です。 アロマキャンドルが欲しくなります。(40代女性)

 

 

13.中島 明子「デンマークのヒュッゲな生活空間―住まい・高齢者住宅・デザイン・都市計画」

ヒュッゲに関する本 中島 明子「デンマークのヒュッゲな生活空間―住まい・高齢者住宅・デザイン・都市計画」がおすすめの理由

デンマークは幸福度ナンバーワンな国だそうで、そこの考え方がヒュッゲと言われるものなんですよね。 それが、高齢者社会にも適応してるなんて、さすがです。 そもそも日本も、ゆるりとした良い国。 共通するところはあるはず! オススメです。(40代女性)

 

 

14.マリアンネ・イサガー「デンマークの暮しから生まれたニット」

ヒュッゲに関する本 マリアンネ・イサガー「デンマークの暮しから生まれたニット」がおすすめの理由

可愛いニットがたくさん! どれもこれも編みたくなりますが、まずはスカートから取りかかろうと思っています。 カーディガンのような形状はちょっと難しいので、習いにいこうと思っています。 形が素敵なのでとてもオススメいたします。(40代女性)

 

 

15.マレーヌ ライダル 他1名「デンマーク人が世界で一番幸せな10の理由」

ヒュッゲに関する本 マレーヌ ライダル 他1名「デンマーク人が世界で一番幸せな10の理由」がおすすめの理由

デンマークが羨ましくなります。 日本は税金を納めても国民に帰ってきている実感がなく、福祉なども心配なだけ。 年金なんて全然あてになりませんしね。 デンマークに移住したくなる、そんな本です。 社会情勢がわかります。(40代女性)

 

 

16.銭本 隆行「デンマーク流「幸せの国」のつくりかた−世界でいちばん住みやすい国に学ぶ101のヒント」

ヒュッゲに関する本 銭本 隆行「デンマーク流「幸せの国」のつくりかた−世界でいちばん住みやすい国に学ぶ101のヒント」がおすすめの理由

社会制度にも触れていて、ためになりました。 ヒュッゲ、デンマークと言えば自己啓発的な本が多い中でこういった現実的な本は、めずらしいかもしれません。 ダークな部分にも触れていますが、それでもやはり行ってみたい国ではあります。(40代女性)

 

 

17.kukkameri(クッカメリ) 他2名「とっておきのフィンランド 絵本のような町めぐり かわいい、おいしい、幸せ体験」

ヒュッゲに関する本 kukkameri(クッカメリ) 他2名「とっておきのフィンランド 絵本のような町めぐり かわいい、おいしい、幸せ体験」がおすすめの理由

素晴らしい景色に惹かれて購入。 ああ、どうして日本と違って透明な空気感があるのでしょう? 憧れの北欧です。 旅に役立つ情報が満載で、読んでいるだけで行った気分になれました。 見ているだけで癒されます。 オススメです!(40代女性)

 

 

18.真理亜「ヒュッゲ 女性が素敵に老いる為の72のレッスン」

ヒュッゲに関する本 真理亜「ヒュッゲ 女性が素敵に老いる為の72のレッスン」がおすすめの理由

ピンク色のバラの表紙がキレイだったため、購入しました。 素敵に年を重ねるのってなかなか難しいんです。 特に女性は若い方がモテるし、色んな意味で需要もありますから。 中年の私にはとても参考になったし、心も豊かになれました。(40代女性)

 

 

19.佐々木 勝「ヒュッゲの国から―デンマーク流人生の楽しみ方」

ヒュッゲに関する本 佐々木 勝「ヒュッゲの国から―デンマーク流人生の楽しみ方」がおすすめの理由

デンマークの今の国の体制が良く分かる本です。 福祉のこと、税の事など日本もどうにか真似できないものなのか?頭をひねっています。 日本の体制の悪さに嫌悪感すら感じます。 ヒュッゲを読んでデンマークへ移住したくなりました。(40代女性)

 

 

20.モニカ・ルーッコネン「フィンランド人が教えるほんとうのシンプル」

ヒュッゲに関する本 モニカ・ルーッコネン「フィンランド人が教えるほんとうのシンプル」がおすすめの理由

本の装丁がすでにシンプルで美しいです。そして内容もシンプルな生活とはどのようなものかを、わかりやすく教えてくれます。語り掛けるような優しい口調の文体なので、読んでいるだけでヒュッゲな気持ちになれます。(30代女性)

 

 

21.世界文化社「ヨックモックが教えるクッキーレシピ」

ヒュッゲに関する本 世界文化社「ヨックモックが教えるクッキーレシピ」がおすすめの理由

簡単に作れて美味しく出来ました。 素人の私ですが、クッキーってなかなか難しいんです。 好みのレシピが見つからなかったのですが、さすがヨックモック!まさか強力粉を使うとは。 デパートの味です。 オススメいたします。(40代女性)

 

 

22.クリスティーナ ビョルク、 アンデション,レーナ「リネアの12か月」

ヒュッゲに関する本 クリスティーナ ビョルク、 アンデション,レーナ「リネアの12か月」がおすすめの理由

ヒュッゲやフィーカといったリラックスした時間の過ごし方が実際に生活にとりいれられている北欧、スウェーデンで書かれた作品です。リネアというストックホルムに住む女の子が四季を通じてどのような生活を送ったかが素敵なイラストとともに描かれています。読むだけでリラックスできる本です。(40代女性)

 

 

23.矢口岳 他1名「家庭で作れる 北欧料理 スウェーデンの家庭で毎日食べているおいしいレシピ」

ヒュッゲに関する本 矢口岳 他1名「家庭で作れる 北欧料理 スウェーデンの家庭で毎日食べているおいしいレシピ」がおすすめの理由

北欧料理、スェーデンのレシピ本です。 キレイでため息が出ちゃいます。 いくつか作って見ました。 本のようにはなかなか起きませんが、美味しくいただきました。 食材が手に入りにくいものもありますが、満足です。 素敵です。(40代女性)

 

 

24.夏目漱石「吾輩は猫である」

ヒュッゲに関する本 夏目漱石「吾輩は猫である」がおすすめの理由

初めて小説を読んだ時の作品でしたが、読みやすく、猫の観点から人間関係や感情、情景を捉えているところが面白く、想像しながら読んでみると面白い。自分も猫を飼っているがこんな風に人間を見ているのかと思うとつい猫に話しかけたくなります。(20代男性)

 

 

25.結城アンナ「自分をいたわる暮らしごと」

ヒュッゲに関する本 結城アンナ「自分をいたわる暮らしごと」がおすすめの理由

仕事と家事とプライベートの中で、どうしても仕事は比重が重くなります。 でも、それによって得られない安息の時間は何より宝物。 アンナさんの生き方にとても憧れます。 自分も果たしてそうなれるのか? 女性にオススメの一冊です。(40代女性)

 

 

26.マルガレータ・マグヌセン 他2名「人生は手放した数だけ豊かになる―――100歳まで楽しく実践!1日1つの“終いじたく” (三笠書房 電子書籍)」

ヒュッゲに関する本 マルガレータ・マグヌセン 他2名「人生は手放した数だけ豊かになる―――100歳まで楽しく実践!1日1つの“終いじたく” (三笠書房 電子書籍)」がおすすめの理由

今はやりの断捨離は生活での話だが、こちらは人生においての断捨離のお話。 人生最後の旅立ちには、ほぼ何もいらないと言った考え方です。 確かにあの世には現世のお金は持っていけませんからね。 うーん。勉強になります。(40代女性)

 

 

27.クリスチャン・ステーディル 他1名「世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ 発想力の鍛え方」

ヒュッゲに関する本 クリスチャン・ステーディル 他1名「世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ 発想力の鍛え方」がおすすめの理由

デンマークは資源に乏しい国だそうで、そこは日本と似ていると思いました。 だからこそ、発想が豊かで絵画や芸術、音楽が発展するのかもしれません。 発想の転換はピカイチ! ここからクリエイティブなものが学べそうです。(40代女性)

 

 

28.マーガレット シルフ 他2名「世界中から集めた深い知恵の話100」

ヒュッゲに関する本 マーガレット シルフ 他2名「世界中から集めた深い知恵の話100」がおすすめの理由

数々の逸話、知恵が詰まった本です。 世界の知恵袋とも言うべきです。 読んでいて、なるほどー。と思うこともあるのですが、良くわからない話もあったりします。 そこがまた面白いのかも。 ページをめくる手が止まらない一冊です。(40代女性)

 

 

29.宝島社「暮らしと私と北欧と。 vol.3 (バラエティ)」

ヒュッゲに関する本 宝島社「暮らしと私と北欧と。 vol.3 (バラエティ)」がおすすめの理由

ムーミンのミーのバッグがついていて可愛い、ムック本です。 ファッション、インテリア満載でくつろぎのひとときにのんびりできる本です。 コーヒーのお供に最適です。 北欧インテリアが好きな人に特にオススメいたします。(40代女性)

 

 

30.シグナ・ヨハンセン「北欧が教えてくれた、「ヒュッゲ」な暮らしの秘密」

ヒュッゲに関する本 シグナ・ヨハンセン「北欧が教えてくれた、「ヒュッゲ」な暮らしの秘密」がおすすめの理由

ノルウェー出身の著者が、本当に豊かで満たされた暮らしとは何か、ヒュッゲな暮らしを紹介しています。北欧ならではの暮らしが詰まっていて、自分の生活を見つめ直す機会になると思います。また差し込まれている写真もとても綺麗で心地よいです。(30代女性)

 

 

31.おさだゆかり「北欧スウェーデンの旅手帖 雑貨がつなぐ街めぐり」

ヒュッゲに関する本 おさだゆかり「北欧スウェーデンの旅手帖 雑貨がつなぐ街めぐり」がおすすめの理由

ヒュッゲが生まれた北欧の文化がわかる本です。雑貨を中心に、北欧はスウェーデンの街のおすすめスポットを美しい写真と軽やかな文章で紹介してくれている本です。コーヒーとお菓子を傍らに、ソファでゆっくりと楽しめる本です。(30代女性)

 

 

32.ピア・エドバーグ「北欧生まれの「世界一幸せなライフスタイル」実践法Hygge」

ヒュッゲに関する本 ピア・エドバーグ「北欧生まれの「世界一幸せなライフスタイル」実践法Hygge」がおすすめの理由

著者がヒュッゲと出会ったきっかけから書かれているので読み物として読みやすいからです。また、具体的な実践法もたくさん書かれていて、特にヒュッゲに欠かせない生活品やお菓子の作り方が詳細に書かれているので、自分にもできそうと思えたからです。(20代女性)

 

 

33.ingectar-e「北欧風のかわいい布と暮らしの雑貨 -ハンドメイドレシピ付き-」

ヒュッゲに関する本 ingectar-e「北欧風のかわいい布と暮らしの雑貨 -ハンドメイドレシピ付き-」がおすすめの理由

北欧好きにはたまらない一冊です。 手作りのヒントがいっぱい。 手芸が好きな女性に特にオススメです。 デンマークでは日照時間が少ないため、家にこもる時間が長いのではないでしょうか? だから、こういった文化も発達するのかもしれません。 オススメです。(40代女性)

 

 

34.高津 理絵「毎日が「幸せなこと」でいっぱいになる本」

ヒュッゲに関する本 高津 理絵「毎日が「幸せなこと」でいっぱいになる本」がおすすめの理由

私自身が、うつ病になってしまって、ネガティブになっていた時に出会った本で、どのページを開いても、心が軽くなるというか、考え方が前向きになれるので、この本には本当に助けられています。毎日、パッと開いたページに書かれている言葉を、マイノートにメモして、1日を前向きに過ごせています。(40代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました