「フリーランス」に関する本おすすめ47選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの「フリーランス」に関する本

 

1.きたみりゅうじ「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」

フリーランスに関する本 きたみりゅうじ「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」がおすすめの理由

フリーランスが確定申告をどのようにすればよいか教えてくれる本です。 めんどうな申告、どうすればいいか解りませんものね。 この本ではそういった「ハテナ?」を解消してくれますから、買って良かったと思いました。(40代女性)

著者の方はフリーのイラストレーターだそうです。 なので、挿し絵も何となく個性を感じますし、そのおかげで楽しく、しかも分かりやすく感じました。 このようにインパクトがあると、税の事などの細かい決まりも覚え安くて良いと思いました。(40代女性)

フリーランスを目指す自分にとっては、正に痒い所に手が届く本でした。気になっていた、税金や社会保険の仕組みについて、よく分かりました。イラストが多いので視覚的に分かりやすいのと、ほっこりさせられる4コマ漫画(ただし、役に立つ)で、ストレスなく知識を吸収できる。(40代男性)

フリーランスが持つ、確定申告にまつわる疑問をずばずばと答えてくれる一冊。非常にざっくばらんに面白く、知りたいことの要点だけをおさえてくれている。少なくとも教科書を読んでいるような感じは全くない。実用的な知識を蓄えられるはず。(30代女性)

フリーランスであれば切っても切れない縁の確定申告。ですが税金はとてもとっつきにくい表現が多く、またわかりにくく頭を悩ませている方も多いと思います。そのような方向けにとてもわかりやすく、フリーランスで生きていこうと思った人たちが知りたいことを解説してくれいるので、内容がすっと頭に入ってくるような内容の本です。フリーランスを始めたいと思ったら一度読んでおくことを勧めします。(30代女性)

自分がフリーランスになるにあたって、引っかかっていたのが確定申告でした。周りでフリーランスをしている人がいないため、どのようなことをするのか聞くことができず困っていました。具体的な確定申告の書き方の書籍よりもまずざっくりと知りたいという思いに答えてくれました。また、中の文章も会話形式で進むため、空き時間でサクサク読めてしまいます。(30代女性)

 

 

2.井ノ上 陽一「フリーランスのための一生仕事に困らない本」

フリーランスに関する本 井ノ上 陽一「フリーランスのための一生仕事に困らない本」がおすすめの理由

いずれは誰しもが『ニート』になるんですよね。若いとかとし食ってるかは関係ないですから。でもその時最低限でも暮らしていくに必要なものは『お金』です。ニートになってから困らないうちに読んでみてはいかがでしょうか。(50代男性)

著者は知識や経験がゼロの状態から収入を得るノウハウに精通しており、不安定になりがちなフリーランスの仕事を安定させるための方法が書かれている。フリーランスとしてのお金の生かし方についても解説されており、フリーランスとして安定した生活を望む人におすすめの本である。(20代女性)

税理士である著者は、フリーランスの方が、自分の仕事を自分で選ぶ、という意味で、会社勤めより自由度が高いと記述しています。「自分が目指すのはどこか?」という指針を作ることによって、それが会社勤めであってもフリーランスであっても、迷うこと無く働けるようになる。こんな「働き方」についてのヒントに興味深さを感じます。(60代男性)

 

 

3.竹熊健太郎「フリーランス、40歳の壁――自由業者は、どうして40歳から仕事が減るのか?」

フリーランスに関する本 竹熊健太郎「フリーランス、40歳の壁――自由業者は、どうして40歳から仕事が減るのか?」がおすすめの理由

タイトルの通り、自由業者は40歳を境に仕事依頼が減り、キャリアの危機が訪れやすい傾向のこと。竹熊自身が40歳の壁にどうやって乗り越えてきたのかの赤裸々な記録です。40歳以下の人よりはむしろ50代のフリーランサーが深く共感できそう。(30代女性)

フリーの作家さん、編集者さんなどクリエーターに読んで欲しい本です。 四十代はまさに壁だということを、思い知らされています。 この本は苦難の経験から脱出した事がたくさん書いてあります。 ぜひオススメいたします。(40代女性)

 

 

4.山田竜也「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」

フリーランスに関する本 山田竜也「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」がおすすめの理由

フリーランスは不安との付き合い方が大事。フリーランスで長期的に仕事をしたい人は必読だと思います。仕事が増えすぎてパンパンになったとき、時間だけがとられる仕事への対応、法人成りのタイミングなど参考になる話が詰まっています。(30代女性)

会社なんて辞めて自営業で独立して働きたくなりました。 そんな時に可愛いマンガ絵で解説されているこの本に出会いました。 税の考え方など丁寧に教えてくれます。 クリエイターで創作作家より、商売向きだと思います。(40代女性)

 

 

5.高田ゲンキ「フリーランスで行こう!」

フリーランスに関する本 高田ゲンキ「フリーランスで行こう!」がおすすめの理由

フリーランス目指してる人からフリーランスというお仕事はどんな風なのかが分かりやすい分かる本です。内容は漫画で描かれているのでとても見やすく、内容は全て著者の経験です。amazonでのレビューやSNSの反響など見つつフリーランスになりたい自分が悩んでいることを少しでも解決してくれる本だと思います。(20代女性)

著者が正社員からフリーランスになり、挫折を味わったり営業したりしつつフリーランスとして充実した日々を送るようになるまでが描かれています。フリーランスにとって重要な「営業」と「権利(法律)」の部分がしっかりと書かれており、よくある「会社に縛られない気楽なワークスタイル」とは少し違った印象を抱きました。漫画ですのでテンポよく読めます。(30代女性)

 

 

6.見田村元宣「フリーランスの教科書」

フリーランスに関する本 見田村元宣「フリーランスの教科書」がおすすめの理由

インターネットの普及により、フリーランスとして働く人も多くなってきたがフリーランスとはそんなに甘いものではないという事を詳しく解説している本です。税金、保険、年金、法人化、契約などについて税理士と保険労務士が隣にいて直接教えてくれているような感覚で読む事が出来ます。地に足をつけて強く生きていこうと覚悟した人にとってとても心強い味方になってくれる本だと思います。(50代女性)

フリーランスとして生計を立てる上で必須知識となる、契約、税金、保障、法人の4項目について、僕と社労士さん、税理士さんが対談形式で解説する内容です。わかりやすい。サラリーマンがいかに制度的に恵まれているのかもわかります。(30代女性)

 

 

7.吉見夏実「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」

フリーランスに関する本 吉見夏実「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」がおすすめの理由

著者は、フリーランスとして独立してWebライターの仕事をされていて、全国的にも知名度か高く憧れの的です。そんな彼女が書いた本なので、ライティングに限らず、フリーランスとしての生き方が垣間見られます。 私も、この本を手に取って読んでみましたが、クライアント様へ提案するコツや記事ネタの探し方などが網羅されていますので、これからレベルアップをしていきたい人にとっておすすめな本です。 また、ライティングはクラウドソーシング以外にも、自分のブログ執筆やyou tubeの投稿するヒントになるかもしれません。 電車の移動時など時間がある時は、この本を常に携帯するほどお気に入りの本です。(40代男性)

この本は文章の書き方ではなく自分の書いたものの売り方を指南している本です。 ただ良い文章が書けるだけでは売れないのです。 要はどのように売り込んでいくかなんですよね。 そのあたりが丁寧に書かれている本です。 駆け出しのウェブライターにとてもおすすめです。(40代女性)

 

 

8.上田惣子「自営業の老後」

フリーランスに関する本 上田惣子「自営業の老後」がおすすめの理由

自営業の作者が53歳になって、老後不安に陥ってそこからいろんな専門家さんに話を聴きに行きます。生涯収支を計算したり、年金、住宅ローン、保険の見直しなどを体験することで老後不安が小さくなります。私も自営業者なので、漠然と将来に不安でしたがこの本を読んで何が不安なのかわかり参考になりました。(50代女性)

自営業者が会社員でいう定年と呼ばれる年齢を迎えた時に、受け取れる年金の事、社会保険の事、病気になった時の事などが、作者の方の実体験をもとに漫画で分かりやすく解説されていて、これからフリーランスになろうとする人には楽しく自営業の老後が理解できる点でおすすめです。(30代女性)

 

 

9.前田 めぐる「前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?」

フリーランスに関する本 前田 めぐる「前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?」がおすすめの理由

ごく普通の主婦でもその特技や趣味、資格等を磨くことでフリーランスとして活躍できることを、具体的なテクニックを通して解説されていて勉強になります。こういった多様な働き方があるのか、と知ることができるだけでも価値がある本だと思いました。(30代女性)

やはり独立するなら、自分には何が向いているかを突き止めてからでないと怖い。 見通しや、これなら私にもできるなど。 やみくもに始めるのは良くない。 主婦でも出来ることなど、大変参考になりました。 ありがとうございました。(40代女性)

 

 

10.堀江貴文「多動力」

フリーランスに関する本 堀江貴文「多動力」がおすすめの理由

私がこの本を手に取ったのはメンタルクリニックの待合室でした。やわらかい内容の絵本に混じってというか浮いて、並んでいました。ホリエモンの著書を拝読したのは初めてだったのですが、予想に反して暑苦しさはなく、むしろライトな読み心地でした。見出しが小分けにされており飛ばし読みしやすい構成だったせいもあるのかもしれません。会社員、学生、主婦、フリーター、おそらくニートであっても、どんな環境の人間が読んでも応用がききそうな内容でした。自分自身の市場価値の正確な測り方とはどういったものなのか?無駄を省き必要な部分を強化する作業はどう進めたら効率的か?どんな時間の使い方がミッション達成までの速度を上げ周りをその速さに巻き込んでいけるのか?語彙力の乏しい私の文章では所謂意識高い系の印象を与えてしまいますが、そうではありませんでした。少なくとも私は読み終わった時に「だからここに置いてあったのかな」と穏やかな気持ちになれました。方向なんて定めなくてもいい。やらなければいけない事に追われるよりも、それらに囲まれているのを楽しみながら、面白そうなものには臆さず手を出しまくっていこう。やってみてしっくりこなければ投げ出せばいい。そんな大らかで優しい提案が散りばめられているように感じました。意欲をもって暮らしていける、そんな気分になる一冊でした。(30代女性)

この先の10年後の日本の未来が見えます。私も社会人として20年以上会社ではベテラン扱いされますが、サラリーマン社会、日本の会社員生活はもう詰んでいるというのは周知の事実です。人間としての生き方お金の価値はだんだん下がっていく人類でどう生きていき仕事(遊び)で自分の時間を精一杯生きていくヒントになります。この先お金に縛られない社会が到来しますが(10年先?)その時はどう生きるかは自分次第です。(40代男性)

 

 

11.中尾 亜由美「“あなたらしさを出せば、自然と行列ができる! 無理せず楽に楽しく、 好きな仕事で自立する方法」

フリーランスに関する本 中尾 亜由美「“あなたらしさを出せば、自然と行列ができる! 無理せず楽に楽しく、 好きな仕事で自立する方法」がおすすめの理由

ネットとSNSを使って通販を始められる本。 指南書のような感じで、具体的です。 売りたいものがあって、商売したい人にはもってこいの本です。 これなら出来るかも。やる気が出てきます。 とてもオススメいたします。(40代女性)

 

 

12.波多野卓司「「ひとり会社」の起こし方・育て方〜1400人を成功に導いた起業塾のカリスマが教える!」

フリーランスに関する本 波多野卓司「「ひとり会社」の起こし方・育て方〜1400人を成功に導いた起業塾のカリスマが教える!」がおすすめの理由

この本を読んで、一人親方という言葉を思い出しました。 著者の波多野先生は有名な方で、計画をたててコツコツタイプの理論波です。 何度も読み直してじっくりと考えて参考にしたいと思っています。 数年先の見通しをたてたい人に。(40代女性)

 

 

13.松崎麻子「「女の子」は努力しないほうがうまくいく。」

フリーランスに関する本 松崎麻子「「女の子」は努力しないほうがうまくいく。」がおすすめの理由

「美意識」が高い女性の思考の仕方について読みやすく書かれています。フリーランスだと生き方に悩むことがあるかもしれませんが、この本はとても参考になると思います。最後に著者がお勧めする有名な女性たちの紹介があり、そちらも面白いです。(20代女性)

 

 

14.塚田 祐子「【2017-2018年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 事業所得用・申告ソフト付」

フリーランスに関する本 塚田 祐子「【2017-2018年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 事業所得用・申告ソフト付」がおすすめの理由

この本を買ってしまえば、白色申告ではなくて、青色申告で節税が出来る!というところに惹かれて購入しました。 しかし、私にはそこが何が違うのかあまり理解出来ていません。 それでも、こちらの本に従ってデータ入力していけば簡単に申告できますし、何よりWindows用ソフトのダウンロード機能がついています。 便利です。(40代女性)

 

 

15.高田 ゲンキ「【マンガ】フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」」

フリーランスに関する本 高田 ゲンキ「【マンガ】フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」」がおすすめの理由

著者はベルリン在住のイラストレーターだそうで、漫画形式で楽しく拝見できました。 どちらかというと、法的な細かい手続きなどではありません。 しかしながら、内容はフリーランスを目指している人にとっては大変勇気付けられる、そんな本です。(40代女性)

 

 

16.クリス・ギレボー「1万円起業」

フリーランスに関する本 クリス・ギレボー「1万円起業」がおすすめの理由

1人もしくは数人で事業を営んでいる人達に著者が直接話しを聞き、共通している項目がまとめられていたり、事業者のコメントが載っています。 紹介されている人達は最初から事業をやろうとしたのではなく、ささいな事から事業化した事例が多いです。すでに持っている能力を転用したり、組み合わせたりする事で十分に仕事になり得る場合もあると分かります。(40代男性)

 

 

17.坂本 憲彦「6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する」

フリーランスに関する本 坂本 憲彦「6つの不安がなくなればあなたの起業は絶対成功する」がおすすめの理由

独立したいのに今一勇気がでずに、「ふわっと」フリーランスになりたいと夢を持っているだけの私。 この本を手にとってみました。 ページをめくって目次を見るとすでに熱意が感じられます。 順序だてて教えてくれるので、私みたいな人にとてもおすすめ!(40代女性)

 

 

18.ゆうこす「SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方」

フリーランスに関する本 ゆうこす「SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方」がおすすめの理由

自分のやりたいことで生きていけるって素晴らしいです。 叶えられそうもない? いや、やってもみないでわからないな!って希望が持てる感じがしました。 夢を持ってる人にかなりオススメ。 SNSの使い方なども書いてあるので実用的です。(40代女性)

 

 

19.大橋博之「webライター入門」

フリーランスに関する本 大橋博之「webライター入門」がおすすめの理由

在宅でできる仕事として人気があるのは、コンテンツなどの記事促成をするWebライターです。Webライターは、パソコンがあれば仕事ができるので、他のジャンルとは違い初期投資しなくても、副業から始めることが可能なのです。 具体的に、旅行やグルメなど、カテゴリー別に事例が紹介されているので、ネタ探しの基本としてはとても参考になります。 書くことが苦手では、たった一度だけでもクライアント様から承認を受けると、自然とモチベーションもアップしてきますよ。 また不思議に、タイピングするだけでもテンションが上がればしめたものです。 毎日、書くことが楽しくなってきますよ。(40代男性)

 

 

20.敷田憲司「webライティングのネタ出しノート」

フリーランスに関する本 敷田憲司「webライティングのネタ出しノート」がおすすめの理由

更新してアクセス数を稼ぐという会社の方針。それは良いんだけど、ネタが無い。一つのネタから、最低三つは記事を書きたいけど、どうやって書けばいいの?この本のおかげで、作業の効率化ができ、残業が減らすことができた。(30代女性)

 

 

21.山田壮夫「コンセプトのつくり方」

フリーランスに関する本 山田壮夫「コンセプトのつくり方」がおすすめの理由

ビジョンを達成するためのコンセプトのつくり方、そしてコンセプトに基づく行動の起こし方が書かれています。具体例が多く、頭に入ってきやすいです。難しい内容を極力優しく、シンプルに説明してくれています。この本を理解して、書いてある通りに戦略と直感を持って動けば、自分の理想の世界が作れるんだろうなと感じます。誰かに貢献したい、自分のやりたいことを実現したい人に、明確な方法を教えてくれるのでおすすめです。(20代女性)

 

 

22.山口 揚平「そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか」

フリーランスに関する本 山口 揚平「そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか」がおすすめの理由

私がそろそろ会社を辞めようと思っているので購入しました。 社畜という言葉がありますが、本当にバカらしい。 この本は生きる知恵を教えてくれるので、私のような方に是非オススメいたします。 読んでみると知らなかった事を教えてくれます。(40代女性)

 

 

23.大原扁理「なるべく働きたくない人のためのお金の話」

フリーランスに関する本 大原扁理「なるべく働きたくない人のためのお金の話」がおすすめの理由

現代の暮らしに行きづらさを感じてる方は是非読んでほしいです。著者の大原扁理さんは20代の頃から、隠居生活をされてます。詳しく読んでいくと、週休5日で、月に8日しか働かない、年収90万円でハッピーなど、一見理解し難い生活をされてますが、そこには無理のない、落ち着いた、現代人が生き抜くヒントが散りばめられていました。(30代男性)

 

 

24.笠原清明「フリーで仕事を始めたらまっさきに読む 経理・税金・申告の本」

フリーランスに関する本 笠原清明「フリーで仕事を始めたらまっさきに読む 経理・税金・申告の本」がおすすめの理由

「経営者になるために」ではなく「経営者になった上で」の本でした。 ですから、会社設立した後の税金の事です。 題材にもそのように書いてありますが、これを履き違えるとワンクッション早すぎるため、もちろん役にはたちません。 ただ、読んでみると手順が事細かに書いてあるので勉強になりますし、早めに知っておいて損はないと思います。 オススメです!(40代女性)

 

 

25.福島宏和「フリーランス・個人事業の絶対トクする!経費と節税: 確定申告専門税理士がホンネで教える!」

フリーランスに関する本 福島宏和「フリーランス・個人事業の絶対トクする!経費と節税: 確定申告専門税理士がホンネで教える!」がおすすめの理由

私はフリーランスという立場は弱いとばかり思っていましたが。実はこんなに強いんだという事を『税金対策』という観点から見て書かれていました。書かれたモノ全てが通用するとは思いませんが、とても為になりました。(50代男性)

 

 

26.三好康之「フリーランスSEとして生きる道」

フリーランスに関する本 三好康之「フリーランスSEとして生きる道」がおすすめの理由

著者は、ITコンサルタントの本業の傍ら、SE向けの資格取得講座を開設して、高い合格率を達成しています。この豪腕の著者がSEに最適な働き方を「正社員」、「フリータ-」と比較しながら軽快なテンポでのフリーランスへの記述は興味深いものがあります。(60代男性)

 

 

27.望月 重樹「開業から1年目までの個人事業・フリーランスの始め方と手続き」

フリーランスに関する本 望月 重樹「開業から1年目までの個人事業・フリーランスの始め方と手続き」がおすすめの理由

独立したい。 でもどうすればいいの?という、悩める脱サラ計画の人間にとって参考になる本です。 会社に頼っていたことを一人でやらなくてはならないという現実を上手く乗り越えるにはやはりこういった参考書が必要です。 オススメいたします。(40代女性)

 

 

28.西野亮廣「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」

フリーランスに関する本 西野亮廣「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」がおすすめの理由

とにかく読みやすいです。読むのが早い方だと1日で読めると思います。それでも内容はギッシリあります。細かく名言集のようにもなっており心にも残ります。発想の自由さと細やかな説明も良いですし、芸人さんならではの笑えるエピソードも沢山散りばめられているので飽きずに読めます。(30代女性)

 

 

29.井上 達也「起業を考えたら必ず読む本」

フリーランスに関する本 井上 達也「起業を考えたら必ず読む本」がおすすめの理由

私は独立したくてこの手の本をたくさん読んでいます。 この本を書いた著書も実際に独立していますので、経験者は語るといったところでしょうか。 参考になります。 その分、私には無理かも?と、壁も感じましたが、包み隠さないところがいい。 とてもオススメです。(40代女性)

 

 

30.桑原清幸「駆け出しクリエイターのための お金と確定申告Q&A」

フリーランスに関する本 桑原清幸「駆け出しクリエイターのための お金と確定申告Q&A」がおすすめの理由

この著者の本を他にも持っています。 こちらは具体的な税の申告などの、より実践的な内容です。 質問形式で書かれているので理解もしやすく、分かりやすい内容となっております。 独立をしたいクリエーターさんにはぜひオススメいたします。(40代女性)

 

 

31.桑原清幸「駆け出しクリエイターのための お金と独立準備Q&A」

フリーランスに関する本 桑原清幸「駆け出しクリエイターのための お金と独立準備Q&A」がおすすめの理由

クリエーター、これ自体がお金になるのでしょうか? 私にしてみたら写真、イラスト、などゼロから何かをつくるクリエイティブな仕事は独立するのに勇気がいります。 しかし、準備を念入りにするというスタンスの本なので信頼できました。 オススメいたします。(40代女性)

 

 

32.藤村靖之「月3万円ビジネス」

フリーランスに関する本 藤村靖之「月3万円ビジネス」がおすすめの理由

月3万円稼ぐためのエコでローカルなビジネスの例が紹介されていて、面白いです。エネルギーとお金を使わなくても実現できる豊かさを説いていて、こんなビジネスもあるのだと勉強になります。起業・副業をしたいフリーランス人におすすめの一冊です。(20代女性)

 

 

33.中野裕哲「個人事業の始め方」

フリーランスに関する本 中野裕哲「個人事業の始め方」がおすすめの理由

オールカラーでイラストも多く、知識のない人にとっても大変わかりやすいため。用語の解説や書類の書き方の見本が乗っており、非常に親切と感じた。フリーランス一年目なので確定申告などに不安を感じていたが、この本を読んでやってみようと思った。(20代女性)

 

 

34.堀江貴文「後悔しない生き方」

フリーランスに関する本 堀江貴文「後悔しない生き方」がおすすめの理由

著者が「やりたいことをやれ、仕事は遊びにしちゃえばいい」と最初から最後まで主張していて、読むとやりたいことを見つけて仕事にする勇気が出てきます。著者が「学歴も職歴も資格もクソだ」とはっきり言い切ってしまうところも気持ちがいいです。フリーランスで起業したい人にオススメの本です。(20代女性)

 

 

35.堀江貴文「好きなことだけで生きていく」

フリーランスに関する本 堀江貴文「好きなことだけで生きていく」がおすすめの理由

ホリエモンこと堀江貴文さんが、サラリーマンは楽しくない、好きなことを仕事にするにはということを説いています。フリーランスとして働きたい身としてはなるほどなと思うことが多く、また具体的にどうすればいいか書いてあり面白かったです。(20代女性)

 

 

36.東京書店「国内最大級ハンドメイドマーケット minneの売り方講座」

フリーランスに関する本 東京書店「国内最大級ハンドメイドマーケット minneの売り方講座」がおすすめの理由

ハンドメイド作品をミンネなどのネット通販に登録しようとしている人向けの本です。 一番有名なのにはそれだけの理由があるものです。 その、秘密に探る?!というか、知ってて損はない本です。 とてもオススメいたします。(40代女性)

 

 

37.中野 裕哲「失敗しない! フリーで個人で力強く独立できる本 (アスカビジネス)」

フリーランスに関する本 中野 裕哲「失敗しない! フリーで個人で力強く独立できる本 (アスカビジネス)」がおすすめの理由

夢を見るだけでなくて現実もきちんと見れる本です。 気付けば、何の計画もなく独立をしようとしている人も多いのではないでしょうか。 やはり基礎固めは大切です。 こう言った参考になる本を読まないとダメです。 オススメです。(40代女性)

 

 

38.小山 竜央「神速スモール起業」

フリーランスに関する本 小山 竜央「神速スモール起業」がおすすめの理由

この著者の本は最小限のことで素早く実践に移し起業しようという本です。 スモール~と掲げているように、コンパクトに全てがまとまっています。 私のように隅々までわからないといけないような要領の悪い人間には不向きですが、的を得てスイスイ事を運ばせたい人にはピッタリだと思います!(40代女性)

 

 

39.月野るな 他1名「人生とビジネスを変える自分メディアの育て方」

フリーランスに関する本 月野るな 他1名「人生とビジネスを変える自分メディアの育て方」がおすすめの理由

似たような本がとても多い中で、ハウトゥまで書いてあるものはなかなかありません。 ブログやSNSは元手にかかるお金がほぼなく、あとはどのように「見ている側」を喜ばせるかが鍵の商売。 これはもう、ほぼ、エンターテイメントです。 そういった事が理解できる本だと思います。(40代女性)

 

 

40.大村大次郎「税務署員だけのヒミツの節税術」

フリーランスに関する本 大村大次郎「税務署員だけのヒミツの節税術」がおすすめの理由

税に明るく無い者にも読みやすく、わかりやすい内容だった。副題に、「あらゆる領収書は経費で落とせる」と大胆に書いてあるが、もちろん脱税の勧めではなく、元国税調査官だからこそわかる詳細な「節税」の仕方が記されていた。(20代女性)

 

 

41.ビジネス・ブレークスルー大学大学院 ビジネススクール教授陣 大前 研一 他2名「大前研一と考える 営業学」

フリーランスに関する本 ビジネス・ブレークスルー大学大学院 ビジネススクール教授陣 大前 研一 他2名「大前研一と考える 営業学」がおすすめの理由

経営学ならぬ営業学というところに惹かれて購入しました。 悩める営業をする人にぜひ読んでもらいたい。 ビジネススクールの講師から客観的にみた営業戦略とは? いかほどなものか。 突破口があります。 ぜひオススメいたします!(40代女性)

 

 

42.ヤマザキマリ「男性論 ECCE HOMO」

フリーランスに関する本 ヤマザキマリ「男性論 ECCE HOMO」がおすすめの理由

漫画「テルマエロマエ」を書いたヤマザキマリさんのエッセイです。この作品の中では、自分の芯をしっかりと持ち、型破りに生きた面白い人々が紹介されています。閉塞感が強く息苦しさを感じる現代で、どうしても安定した生き方を選びかちですが、そういう世の中でも自分の思う道を邁進する人々の背中を押してくれる一冊になっています。自分の力で道を切り開いていくフリーランスの人にとっておすすめです。(30代女性)

 

 

43.山崎寿人「年収100万円の豊かな節約生活」

フリーランスに関する本 山崎寿人「年収100万円の豊かな節約生活」がおすすめの理由

ヨーグルトをいちいち買うことがいかにムダ遣いであるか書いてあり、同じ一人暮らしなのに、この作者の二倍は食費を使っている身としては、非常に反省したわけです。マネしがたいのは交通費で一ヶ月589円、旅行大好きのあたしにとっては、とても耐えられません。 食事を工夫するだけで結構生活変わりそうだなーと思った。 節約は、無駄な物は買わないで、必要な物にはコストをかけるのがコツだと思った。(50代男性)

 

 

44.たかはし あや「売れっ子ハンドメイド作家になる本」

フリーランスに関する本 たかはし あや「売れっ子ハンドメイド作家になる本」がおすすめの理由

どんなに良いものを作れても、売れなかったら意味ありません! この本は商売のノウハウが書いてあるので、読んでいるのと読んで無いのとではやはり違ってくるとおもいます。 ぜひ、これから独立したい人へオススメいたします。(40代女性)

 

 

45.中尾 亜由美 他1名「売れるハンドメイド作家の教科書」

フリーランスに関する本 中尾 亜由美 他1名「売れるハンドメイド作家の教科書」がおすすめの理由

手作り作家は大変そう。 五百円の物を売ってた人が二万円のものを売れるようになるなんて、夢のようです。 それでも、その、ノウハウが詰まったこの本はこれから独立したい人にはオススメです。 手作りのよさもあるのでハンドメイドは素敵。(40代女性)

 

 

46.鈴木 絢子「普通の女子がフリーランスで年収1000万円稼ぐ本 「好き」を「お金」に変える夢のワクワク・ライフ (大和出版)」

フリーランスに関する本 鈴木 絢子「普通の女子がフリーランスで年収1000万円稼ぐ本 「好き」を「お金」に変える夢のワクワク・ライフ (大和出版)」がおすすめの理由

題名に惹かれて購入しました。 私も独立して稼ぎたい!という本音。 しかし。その勇気が出ずに会社に居残ってしまうんですよね。 この本を読むと、自分でもやれそうな気がする!と勇気がでます。 何度も熟読してモチベーション維持したいと思います。(40代女性)

 

 

47.中村 繁夫「放浪ニートが、340億社長になった!―世界90か国で学んだ人生を楽しむ仕事術」

フリーランスに関する本 中村 繁夫「放浪ニートが、340億社長になった!―世界90か国で学んだ人生を楽しむ仕事術」がおすすめの理由

本当なのか? 疑問が沸いて手に取った本です。 読んでみて思ったのは、こういう人って基礎が違うというか、根本的な考え方が違うんですよね。 そこら辺も何が違うのか? 興味を持って読むことをオススメいたします。新しい未来が開けます。(40代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました