「マーケティング」に関する本おすすめ65選

Contents

スポンサードリンク




おすすめの「マーケティング」に関する本

 

1.佐藤義典「ドリルを売るには穴を売れ」

マーケティングに関する本 佐藤義典「ドリルを売るには穴を売れ」がおすすめの理由

マーケティングにおいて、「要は何をしなければならないのか」について、簡潔明瞭に書いてある良書です。ビジネススクールなどでマーケティングを学ぶと、膨大な量の学説、フレームワークを紹介されます。しかし、その情報を、現実のシチュエーションでどう有機的に結び付けて使いこなすかについては、案外いい参考書が少ないのが現状です。この本は、その「応用編」を、具体的な事例を扱いながら順序良く説明してくれています。この本で紹介されている事例を、自分が直面している状況に置き換えて考えてみれば、紹介されている分析テクニックなどもすぐに使いこなせるようになると思います。実効性が高いマーケティング参考書として、おすすめです。(40代女性)

顧客が求めているのは、商品そのものではないということを分かりやすく教えてくれる一冊だからです。すなわち、ドリルを買う人にとって、ドリルそのものの価値はそれほどでもなく、じつは穴を掘るというところにメリットを感じるからこそそのドリルでなければならないという発想になるという逆転の発想でマーケティングを考えられるところが面白いです。(30代女性)

商品を売るには,顧客にとっての『価値』から考えよという意味。価値がそれをえるための対価より大きいことが大切。マーケティングには「一貫性」が非常に大事だということが理解できた本です。そして一番大きかったのが、自分の購買行動を分析するのが勉強になるということです。(50代女性)

これからマーケティングの勉強をしようと思っている方に、まず読んでいただきたいおすすめの書籍です。マーケティングの基本から本質に関する内容について、MBAを取得したマーケティングのプロが、誰にでもわかりやすい解説と小説形式で書き記しているので、ビジネス本の中でもすんなり読むことができる書籍です。(50代男性)

廃業危機にあるお店を復活させるというストーリーを用いながらマーケティング理論をわかりやすく解説しています。マーケティング入門本としてマーケティング理論の基礎を学びたい人にはぴったりの本です。文章がとても読みやすく、頭にすぐ入ってきます。(20代女性)

なぜ売れるのか売れないのか、現状を理解するには現場を知る必要がある。マーケティングは身の周りで起こっている、広く難しく考えることはない。各章ごとに説明とストーリーが続いており、かなり読みやすかった。マーケティングとは理論立てて小難しく考えるものではなく、身近で起きている、買手になれば簡単に分かるものであるということです。(50代男性)

 

 

2.森岡毅「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」

マーケティングに関する本 森岡毅「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」がおすすめの理由

マーケティングで有名なP&G出身の著者がUSJをどう変えていき今のように盛り上げているかが面白い。マーケティングがいかに人の動きや考え、商品の売り上げに影響するかが勉強になる。またセールスの視点からも学ぶことが多いと思う。(20代女性)

マーケティングについて自身の体験をもとに書かれているためとても分かりやすかった反面、自分が、今まで携わったことのない分野のため繰り返し読んで勉強したいと感じました。USJはマーケティングに注力することによって収益を改善しました。USJを立て直した具体的な事例も取り入れており面白い。短所を補うのではなく長所を伸ばす事や会社では無く職能で仕事を選ぶなど感心する事多かった。(50代男性)

日本に欠けているマーケティングの思考法を、自身が立て直したUSJの例を元に説明している。マーケティングの思考法がメインのため、そこまでマーケティングに関して詳しく書かれているわけではないが、マーケティングという仕事の面白さや、これからの仕事への取り組み方など参考になることがたくさん書かれていました。(50代男性)

とても分かりやすくマーケティングの基礎が理解できる本でした。重要なポイントを分かりやすく説明されていて、僕のような素人にも理解できます。マーケティングの大切な要素が見事に詰まっています。戦略と戦術がどちらが大切か、やマーケティングフレームワーク(目的、目標、戦略、戦術の順)を使用する前の戦況分析など、実務ですぐに使える情報が満載です。(20代女性)

この本を読むことで、今までの生活で何も気づかずに使っていたものや聞いていたものが、実はマーケター達が意図的に仕掛けていたものなのだと気づくことができるようになります。マーケティングについて汎用性の高い考え方を紹介してくれるので、とても参考になる本です!(30代女性)

 

 

3.岩崎夏海「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

マーケティングに関する本 岩崎夏海「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」がおすすめの理由

マネジメント、マーケティングといえばお堅いイメージがあり難しそうに感じる。しかし、これらを高校野球という私たちにとって身近なものにマネジメントやマーケティングを取り入れることにより難しさが減り、分かりやすくなる。この本はドラッカーの著書の解説書のような役割を果たしてくれているのでオススメする。(10代男性)

大学の専門は経営学です。まさかに勉強したマネジメントは野球と合体して小説になりました。読んだら、とても面白かったです。マネジメントや経営学をわからない人も気軽に勉強できます。もし小説中の野球チームは現実に現れたら、どうなるでしょうか?(30代男性)

最初に出会ったのは、中学校の図書館。流行したのでなんとなく選びましたが、ただのキラキラストーリー編成でなく、不真面目な部活が経済本で大きくかわっていくのを見て、 自分の部活もこんな風に変えたいと参考にしたのを覚えています。大学生になってもう一回読み、経済と青春ものをここまで一緒に楽しめる本はありません!(10代女性)

ピーター・F・ドラッカーの書いたマーケティングのことが漫画形式になっており、高校生やビジネス初心者にも理解できる漫画本です。 高校野球マネージャーの女子高生が入院してしまい、その子の友達がマネージャーになるという話です。しかし、マネージャーになった子はマネージャー初体験でした。なので、本屋で店員におすすめの本を訪ね、買ったのがドラッカーの『マネジメント』という本でした。 そして、野球部員に「甲子園に連れて行く」と言ってしまいます。しかし、最終的に「マネジメント」を参考に甲子園まで行けるというエピソードが書かれた話です。(20代男性)

 

 

4.ジェイ・エイブラハムズ「新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方」

マーケティングに関する本 ジェイ・エイブラハムズ「新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方」がおすすめの理由

世界的なマーケティングの大家が書いた本で実践的な内容が載っている。今現在活躍しているマーケッターのほとんどが影響されている本です。 高額なセミナーで受けられる情報と同じ情報が書籍に書かれているのでお得です。(40代男性)

この本ではマーケティングの観点から、いかに戦略的に売り上げを増やしていくかを分かりやすい事例とともに学ぶことができる。今までにマーケティングを学んだことのない方でも分かりやすいよう書かれており、身につけアウトプットしやすい内容となっている。(20代女性)

マーケティング界の巨人で日本のマーケッターの人も元ネタにしているような本です。 マーケティングの実績では世界のトップランナーです。この本に書いている内容を実践すれば 売上が何倍にもなることが間違いなしです。気づきの多い教科書的な本です。(40代男性)

 

 

5.永井孝尚「「あなた」という商品を高く売る方法 キャリア戦略をマーケティングから考える」

マーケティングに関する本 永井孝尚「「あなた」という商品を高く売る方法 キャリア戦略をマーケティングから考える」がおすすめの理由

市場が成熟した現代社会の中で、自分がいかに仕事で生き残っていくかというセルフブランディングの指南本。相手が求めていて自分しか提供できない価値である「バリュープロポジション」を育てていくことが自分の強みとなることを教えてくれる。(40代女性)

元日本IBMの社員だった著者が、在職中と独立してからの自らの経験をもとに、現代社会で主体的に生きていくための智恵を教えてくれます。サラリーマンで、このままずっと会社にすがっていていいのかと考えている人には、非常に参考になる一冊です。(50代男性)

 

 

6.永井孝尚「これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング」

マーケティングに関する本 永井孝尚「これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング」がおすすめの理由

身近にあるものを例にわかりやすくマーケティングについて説明されています。ちょっとした豆知識、話のネタにできそうな面白い話も多く、とても読みやすい内容になっています。また、漫画版も発売されていて、活字が苦手な方でも手に取りやすい作品です。(10代男性)

著者はビジネスで戦うための3つの方法として、①業界で最も低コストを目指す「コストリダーシップ戦略」、②顧客の特定のニーズに対してベストを目指す「差別化戦略」、③狭い市場で徹底的な差別化を目指す「集中戦略」をあげている。ブックオフやまんだらけなどの実例とともに解説がなされているので理解しやすい。(40代女性)

 

 

7.マーク・ジェフリー「データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標」

マーケティングに関する本 マーク・ジェフリー「データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標」がおすすめの理由

マーケティングを効果的に行う方法として効果を測定する指標を導入し、施行→評価→改善のプロセスを行っていく事が重要と説く。最適な意思決定をする為には、人間のバイアスを排除し、データとその評価に機械的に即していくべきとしている一方で、どんな指標を使うか、何を測定すべきかに、人がアートを発揮する余地が残っているとも書かれており、AI時代の人間が果たす役割についてヒントとなる。何故、と考え続け、兆候を捉え、仮説を立てる、こういった思考のサイクルを意識的に行う事が、自分の価値の維持につながるのかもしれない。(50代男性)

データの分析方法、分析指標の説明で、マーケティングという成果が分からないものを評価する方法が書かれている。 分析により利益がマイナスの顧客が判明しそれをどうするかとか、対照実験のための地域を用意しておくなどデータをどう得てどう活かすかの話があり分かりやすい。(50代男性)

 

 

8.音部大輔「なぜ「戦略」で差がつくのか。―戦略思考でマーケティングは強くなる―」

マーケティングに関する本 音部大輔「なぜ「戦略」で差がつくのか。―戦略思考でマーケティングは強くなる―」がおすすめの理由

戦略・目的・戦術といった言葉の定義がわかりづらいものについて、それぞれの違いがわかりやすく語られている。マーケティングをしている人でもしていない人でも、一読して自分の仕事に当てはめて考えてみると考え方が変わってくると思う。(40代女性)

学術的な本だか、端的に戦略の説明をしてくれているお陰で、実践に移しやすいと感じる。目的を達成する為に使える資源は限られる。この資源をどのように利用するのか指針を示す事が戦略だ。「戦略は実行過程で入手可能な資源に従う」という言葉にも驚かされた。資源がとにかく大事。目的を決定し、資源を洗い出し、指針をしめす。この行動こそが戦略的だとシンプルに説明できる事が、このほんの優れているところだと思います。(50代男性)

 

 

9.W. Chan Kim「ブルー・オーシャン戦略」

マーケティングに関する本 W. Chan Kim「ブルー・オーシャン戦略」がおすすめの理由

この本は「減らす」「取り除く」ことによる低コスト化と同時に「増やす」「付け加える」ことによる顧客にとっての高付加価値は両立し得ると主張している本なのですが読むと本当に具体的な事例とともに分かりやすい解説で誰でも簡単に楽しくマーケティング本が読める点でオススメです。(20代男性)

既存の路線とは違ったところに新たな海を切り開く戦略をとってきた企業に関するケーススタディがまとめられた一冊。これからの時代において、新規性のあるイノベーションは必要不可欠になってくると思われるので、大企業病に陥っている会社にとって学ぶべきポイントは多いだろう。(10代男性)

 

 

10.西野亮廣「革命のファンファーレ」

マーケティングに関する本 西野亮廣「革命のファンファーレ」がおすすめの理由

お金というものは時代によって様々な形に変化しますが、この作品は現代のお金の稼ぎ方が記されています。著者である西野亮廣氏は芸人として活動されているため、ユーモアたっぷりの作品になっているので、とても読みやすく為になるのでおすすめです。(30代男性)

クラウドファンディングやSNAなど現代では定番となったツールをうまく利用し、自分の活動へリンクさせた手腕や考えは必見の価値アリです。 なんとなく食わず嫌いだった西野さんへの見方が良い意味で変わった意外性のある本ですね。(20代男性)

 

 

11.松村真宏「仕掛学」

マーケティングに関する本 松村真宏「仕掛学」がおすすめの理由

「人を動かす」または「人に動いてもらう」技術を実例と共に紹介する図書です。日常によく見られる、駅ホームの足型ペイント、自転車置き場の誘導ライン、男子用小便器の的など、人に行動を自然に促す仕組みは、読んでいて納得できる、興味深い発想ばかりです。(30代男性)

心理学や行動経済学に根ざした、「人を動かす」または「人に動いてもらう」技術を具体的に紹介する著書です。「価格が3種類の商品を並べれば、多くの人はそのうち真ん中の価格の商品を選びがち」といった行動が、実は企業側に仕組まれたものであると気付くきっかけとなりました。(30代男性)

 

 

12.みうらじゅん「「ない仕事」の作り方」

マーケティングに関する本 みうらじゅん「「ない仕事」の作り方」がおすすめの理由

先人が手をつけておらずまだジャンルとして確立されていないものを広めるという、著者の活動を紹介する著書です。いわばブームを作り出そうとする努力を紹介したもので、ネーミングや流行らせる仕掛けの重要性、更には編集者を巻き込む地道な努力などが具体的に描写されていました。(30代男性)

 

 

13.大松孝弘,波田浩之「「欲しい」の本質~人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方」

マーケティングに関する本 大松孝弘,波田浩之「「欲しい」の本質~人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方」がおすすめの理由

先進国ではモノは溢れ、売れるものが簡単には見つからない時代になりました。最早昔ながらのマーケティング手法では何が売れるかの予測は困難な状況です。そんな中、本書で紹介されているのは人間心理に踏み込んだ画期的な手法です。(50代男性)

 

 

14.「1からのマーケティング」

マーケティングに関する本 「1からのマーケティング」がおすすめの理由

マーケティングの基礎知識がわかりやすく書いてあります。マーケティングを初めて勉強した一冊でしたが、すんなり頭に入ってきます。事例も記載されていますので、イメージがつきやすいです。内容は初級者向けなので、マーケティングがどんなものか知識が少ない人にはオススメです。(20代男性)

 

 

15.「1からの商品企画」

マーケティングに関する本 「1からの商品企画」がおすすめの理由

マーケティングの中でも、プロダクト(商品)を開発するためのプロセスについて書かれています。そのため、商品開発の流れがつかみやすくて良いです。また、開発した後のプレゼンテーションについても触れられているので、実際に役立ちます。(20代男性)

 

 

16.成毛 眞「amazon 世界最先端の戦略がわかる」

マーケティングに関する本 成毛 眞「amazon 世界最先端の戦略がわかる」がおすすめの理由

Amazonがどうして安くそして早く商品を提供できるのか、そして、Amazonはネット通販会社ではないことがこの本を読むことでわかります。また、自分達への投資を惜しみなく実施することが会社が成長するのに重要だとこの本は紹介しており、オススメのビジネス本です。(20代男性)

 

 

17.ベン・パー「ATTENTION」

マーケティングに関する本 ベン・パー「ATTENTION」がおすすめの理由

現代のマーケティングには人の注目をいかに集めるかがポイントとなるということを、著者の経験や有名人の事象を例に挙げて解説しています。翻訳もわかりやすいですし、マーケティング初心者の私でも一気に読み進めてしまいました。(20代女性)

 

 

18.林信行「Googleの決断思考」

マーケティングに関する本 林信行「Googleの決断思考」がおすすめの理由

グーグルの柔軟さを紹介した著書です。東日本大震災発生後、グーグルは2時間以内に情報特設サイトを立ち上げ情報配信を行いました。この強さは、柔軟なワークスタイルやプロジェクトの進め方に裏打ちされていたと背景が紹介される、興味深い著書です。(30代男性)

 

 

19.安倍徹也「MBA戦略思考の教科書」

マーケティングに関する本 安倍徹也「MBA戦略思考の教科書」がおすすめの理由

MBA課程で学修する内容の基礎的な部分が誰にでも分かりやすく記載されているため、これから経営学を学びたい方や、今後MBA課程に進もうと考えている方にはとてもおすすめです。特に経営学を専攻したいと考えている方には必読かと思います。(20代男性)

 

 

20.デーヴィス ダイアー,ロウェナ オレガリオ,フレデリック ダルゼル「P&Gウェイ: 世界最大の消費財メーカーP&Gのブランディングの軌跡」

マーケティングに関する本 デーヴィス ダイアー,ロウェナ オレガリオ,フレデリック ダルゼル「P&Gウェイ: 世界最大の消費財メーカーP&Gのブランディングの軌跡」がおすすめの理由

社史でありながら読み物としても面白い。世界中にブランドを確立するためにしたありとあらゆること。失敗の過程からそこからの回帰、躍進。結果的に成功しましたよ、の合間に書かれた大幅な人員削減や経営陣の入れ替えという言葉にゾッとした。これが外資系か。まるで会社自体が生き物のよう。会社存続こそが最大の目的。しかし、その為の英断や、従業員を大切にする姿勢、ニーズを追い求める企業努力はやはりさすがです。マーケターも読むべき本。(50代男性)

 

 

21.中村悦子「SNSであなたのファンを増やす!」

マーケティングに関する本 中村悦子「SNSであなたのファンを増やす!」がおすすめの理由

私はTwitterでファンを増やして行きたいと思ってます。自分の好きな事や趣味を発信して勇気を与えれたり、興味持ってくれると良いと思ったものの、どうすりゃいいんだ!?って疑問が生まれちゃったんです。そこからこの本を読んで勉強しよう!と買いました!とても分かりやすいし、ポジティブになれます。(20代女性)

 

 

22.森岡毅「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか」

マーケティングに関する本 森岡毅「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか」がおすすめの理由

人々にとって馴染みのあるテーマパークであるUSJが低迷していたところからV字回復させたその裏側について記されていますが、一般的なビジネス本と比べ、かたくなく、中高生でも読めるような易しい表現や書き方が多く引き込まれてしまうからです。(20代女性)

 

 

23.森岡毅「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」

マーケティングに関する本 森岡毅「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」がおすすめの理由

USJの経営再生についての物語が描かれた本です。マーケティングの手法を軸に、描かれており、マーケティング初心者の方でも、理解しやすい内容となっています。USJという身近なテーマパークを題材にしているので、若い方でも読みやすいです。(30代男性)

 

 

24.宗像 淳,亀山 將「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り」

マーケティングに関する本 宗像 淳,亀山 將「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り」がおすすめの理由

コンテンツマーケティングについてわかりやすく説明されていて勉強になりました。初心者だけでなく、ウェブサイトやECサイトの運営に携わっている方で現状に行き詰りを感じている方にも、気づきになるようなノウハウやテクニックが きっとあるはずで、単なる概念に留まらず、実践的にコンテンツマーケティングを学びたい全ての方におすすめです。(50代男性)

 

 

25.朝岡崇史「エクスペリエンス・ドリブン・マーケティング」

マーケティングに関する本 朝岡崇史「エクスペリエンス・ドリブン・マーケティング」がおすすめの理由

いまの広告会社の進むべき方向としてとても明解で体系的だなと思う一方、現場でこういう指導が全くないのが残念でならない。各自インプットして実行してみて身につけるべしということなのだろうけど、励行する人くらいいてもいいのでは。現場からすると、絵に書いた餅なのかもしれないが、餅は食ってみないとわからない。(50代男性)

 

 

26.田中クミコ「クイズで学ぶデザイン・レイアウト」

マーケティングに関する本 田中クミコ「クイズで学ぶデザイン・レイアウト」がおすすめの理由

効果的な広告デザインをマルバツ形式で説明している本で、広告について詳しく学んだことが無い私でも視覚的に、感覚的に広告デザインのポイントについて知ることが出来た。文字の配置や色彩一つにしても全て広告としてなぜその位置に絵があるのか、なぜその色にしたのかという理由があることを知ってこの本がきっかけで広告に関してとても興味が湧いた。(20代女性)

 

 

27.「グロービスMBAマーケティング 第3版」

style=border:none

マーケティングに関する本 「グロービスMBAマーケティング 第3版」がおすすめの理由

経営大学院を運営しているグロービスが提供しているマーケティングの本であるので、教科書的な役割がしっかり果たせています。 この1冊を読んでおけば、少なくとも上位私立大学の講義にて学べるマーケティングの基礎知識をあらかた網羅できるので、教養としてお読みいただくことも可能な点が素晴らしいです。(20代男性)

 

 

28.フィリップ・コトラー,恩藏 直人「コトラーのマーケティング・コンセプト」

マーケティングに関する本 フィリップ・コトラー,恩藏 直人「コトラーのマーケティング・コンセプト」がおすすめの理由

学者のことばや実在する企業を各々のキーワードの解説の中に組み込んでいるので、内容に奥行きがあるように感じた。今日のマーケティングの重要性を考えると、マーケッターでなくても、広く多様なビジネスマンに読んでもらいたい。(50代男性)

 

 

29.フィリップ・コトラー,ヘルマワン・カルタジャヤ,イワン・セティアワン「コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則」

マーケティングに関する本 フィリップ・コトラー,ヘルマワン・カルタジャヤ,イワン・セティアワン「コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則」がおすすめの理由

ますます多くのマーケターが、広告からコンテンツ・マーケティングに移行している。マーケティング4.0は、企業と顧客のオンライン交流とオフライン交流を統合する。マーケティング4.0のコンセプトは、顧客を認知から推奨に進ませることを究極の目標とする。人間中心の時代に顧客を引きつけるために、ブランドはますます人間的特性を採り入れるようになっている。共感的リサーチ・もっと前進する企業やブランドは、製品・サービスに加えて魅力的な顧客経験も提供する、とても勉強になりました。(50代男性)

 

 

30.安原 智樹「この1冊ですべてわかるマーケティングの基本」

マーケティングに関する本 安原 智樹「この1冊ですべてわかるマーケティングの基本」がおすすめの理由

マーケティングの基本フレームワークをほぼ網羅してると思うので、日々の業務の参考書として使いたいと思います。体系立てており各項目も理解しやすい。特に役立ったのは社内企画書の書き方。会社の机に置いておき、事あるごとに読み返して参考にしています。(50代男性)

 

 

31.山本 昭二「サービス・マーケティング入門」

マーケティングに関する本 山本 昭二「サービス・マーケティング入門」がおすすめの理由

モノからサービスに生産、消費の軸が移っていく中で、従来のような製造業(モノを売る)を主とするマーケティングではなく、無体財を対象に顧客管理やコミュニケーション、品質評価などを取り扱っている。顧客だけではなく、サービス提供者もマーケティング対象に含むインターナルマーケティング、CRMやカスタマーエクスペリエンスなどにつながる概念が整理されているなど入門書として読み応えがあった。(50代男性)

 

 

32.「スターバックスの感動サービスの秘密」

マーケティングに関する本 「スターバックスの感動サービスの秘密」がおすすめの理由

スターバックスに行ったことがなかったわたしが、人気なコーヒーショップの名に引かれて読んでみました。ただのコーヒーショップで感動?とも思いましたが、読み終えたあと、気付いたら真っ先にお店に行っていました。されどコーヒーショップでした。店員の対応や気配りで、こんなにもお店の雰囲気が変わるのかと思いましたし、名言が詰まっている一冊です。(20代女性)

 

 

33.菊原智明「たった一つのことを続けられるバカが成功する」

style=border:none

マーケティングに関する本 菊原智明「たった一つのことを続けられるバカが成功する」がおすすめの理由

今はだめでも何か一つのことを地道に続け、確かな一歩を積み重ねる人が最終的に人生の勝者となる。たった一つのことをコツコツと頑張ることが自信につながりいつかは夢がかなう、そのためのノウハウが紹介され、私は参考になりました。(40代女性)

 

 

34.牧田 幸裕「デジタルマーケティングの教科書」

マーケティングに関する本 牧田 幸裕「デジタルマーケティングの教科書」がおすすめの理由

データドブリンマーケティングとは、ビッグデータを使ってOnetoOneマーケティングを実現する手法。オムニチャンネルはあらゆる販売チャンネルから顧客が快適な購買体験をできる状態のこと。しかし、オムニチャンネルはユーザーがメインで使う媒体を中心に形成されることになると思われるので、必ずしも全てのチャネルが同じように使えるような状態とは限らないかもしれないなとも思う。(50代男性)

 

 

35.岩永嘉弘「ネーミング全史 商品名が主役に躍り出た」

マーケティングに関する本 岩永嘉弘「ネーミング全史 商品名が主役に躍り出た」がおすすめの理由

ブランディング(モノやコトの持っている特性を策定して、他ブランドと一線を画す、くっきりとした姿を作り上げること。ひとつに凝縮した意味やイメージを、人びとの心の中に鮮やかな姿として定着させていくこと)に関する本。イメージ・ブランディングとメッセージ・ブランディングの2つの手法が紹介されている。実例が多く参考になる。(40代女性)

 

 

36.谷本理恵子「ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則」

マーケティングに関する本 谷本理恵子「ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則」がおすすめの理由

女性目線で書かれた内容で、男性とは違った提案の仕方だったり、女性の気持ち重視なところにちゃんと寄り添うことに重きを書かれていた点がとても勉強になり、よかったです。 あまり女性が書いたマーケティングの本や、女性を対象にしたマーケティングの本がなかったので本当に参考になりました。(30代女性)

 

 

37.本田 直之「パーソナル・マーケティング」

マーケティングに関する本 本田 直之「パーソナル・マーケティング」がおすすめの理由

マーケティングの考えを個人に当てはめるって感じなのかな。マーケティングって商品の武器を一回ちゃんと見えるようにして、それをちゃんと効果的に使えるように考えろってことなのかな。前に読んだマーケティングの本とか自己啓発本とかと被ってるような事が書いてあって、よく分かったような気がした。(50代男性)

 

 

38.ピーターティール「ピーターティール ゼロトゥワン」

マーケティングに関する本 ピーターティール「ピーターティール ゼロトゥワン」がおすすめの理由

開発の仕事をしている私にとって、そもそものや考え方や考え方のヒントが沢山ある本です。また、成功するスタートアップ企業はこれからの市場をつくるのに参考になるのでスタートアップ企業の事も多く書かれているところも良い点です。(50代男性)

 

 

39.横山 隆治,海老根 智仁,鹿毛 比呂志「ビッグデータ時代の新マーケティング思考」

マーケティングに関する本 横山 隆治,海老根 智仁,鹿毛 比呂志「ビッグデータ時代の新マーケティング思考」がおすすめの理由

ビッグデータを押しすぎて少し気持ち悪かった。 ビッグデータという割には、単純にネット経由のデータをしっかり活用しましょうという内容。 なので、対象読者はネットで認知させることなんて無理でしょと思っているひとたち。 すでにネット経由のデータの重要性を知っている自分にはもっと突っ込んだ内容も欲しかった。(50代男性)

 

 

40.五味一男「ヒット率99%の超理論」

style=border:none

マーケティングに関する本 五味一男「ヒット率99%の超理論」がおすすめの理由

通称「生涯打率9割のヒットメーカー」。成功作があれば失敗作も多いテレビ界において、手掛けた番組全てをメガヒットさせた伝説のテレビマンが、失敗しないヒット理論を伝授する。その理論はテレビだけではなく、あらゆるジャンルのマーケットに役立つという。ポイントは、多数派ユーザーの声なき声(サイレントマジョリティー)に応えること。人類の根本的な欲求は、どんな分野でもどんな時代でも変わらない。携帯電話もネット通販も低価格衣類もウォシュレット…それら全てが、この理論を具現化しメガヒットしたものだ。この著書では、非常に難しいとされるサイレントマジョリティーを探し当てるコツを分かりやすく伝授してくれる。ビジネスマン必読の一冊だ。(40代男性)

 

 

41.伊藤和子「ファストファッションはなぜ安い?」

マーケティングに関する本 伊藤和子「ファストファッションはなぜ安い?」がおすすめの理由

先進国で暮らす、私たちの多くが好んで利用している、ファストファッションブランドの裏側を赤裸々に書き綴っている。これからの自分の消費生活のあり方を考えるきっかけになるため、おすすめします。ファストファッションの仕組みについて知りたい方はぜひ。(20代女性)

 

 

42.「ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得」

マーケティングに関する本 「ブランド 元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得」がおすすめの理由

元、スターバックスCEOの著者が自分ブランドを作る秘訣を公開している本で、心理学やコミュニケーション学でよく使われるジョハリの窓のアレンジ版にとても納得させられました。ブランドの作り方だけでなく、崩壊する原因まで書いてあったので最後まで楽しく読めましたし、FBやアメブロの発信もしているので、自己価値を上げていくのにも有効だなぁと感じました。(40代女性)

 

 

43.早川タダノリ「プロパガンダ・ポスターにみる日本の戦争」

マーケティングに関する本 早川タダノリ「プロパガンダ・ポスターにみる日本の戦争」がおすすめの理由

戦争時に制作された、戦意高揚と戦争動員のためのポスターを紹介する著書です。人々の心理に働きかけ、自然と服従させる仕掛けが巡らされていました。また、当時世界で流行した近代的なデザインが採用されており、人心を操る仕掛けを実例から学べます。(30代男性)

 

 

44.アル・ライズ,ジャック・トラウト,フィリップ・コトラー(序文)「ポジショニング戦略」

マーケティングに関する本 アル・ライズ,ジャック・トラウト,フィリップ・コトラー(序文)「ポジショニング戦略」がおすすめの理由

国と時代の違いから、事例紹介は自分の記憶と合わなかった。 しかし、企業名や文化の違いはあれど、お題26項目のほとんどは今の自分でも参考になることであり、ポジショニングの考え型を理解できた。あとは、実践のタイミングで復習する。(50代男性)

 

 

45.森岡 毅「マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド」

マーケティングに関する本 森岡 毅「マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド」がおすすめの理由

マーケティングを商品開発の核と捉え、経営層を巻き込みながら提案を実現していくノウハウを学ぶことが出来ます。前半は、マーケティングが機能する組織論で参考にはなるが結構規模の大きい話でした。アクション・サマリなどは参考になるが周囲を巻き込みながら実践するのは、ちょっと難しい。後半は、社内マーケティングで提案を通すノウハウの解説で、難易度は高いが、こちらは極めて実践的でした。(50代男性)

 

 

46.岸田 雅裕「マーケティングマインドのみがき方」

マーケティングに関する本 岸田 雅裕「マーケティングマインドのみがき方」がおすすめの理由

学者のことばや実在する企業を各々のキーワードの解説の中に組み込んでいるので、内容に奥行きがあるように感じた。今日のマーケティングの重要性を考えると、マーケッターでなくても、広く多様なビジネスマンに読んでもらいたい。(50代男性)

 

 

47.山本 直人「マーケティング企画技術―マーケティング・マインド養成講座」

マーケティングに関する本 山本 直人「マーケティング企画技術―マーケティング・マインド養成講座」がおすすめの理由

常に外部環境の変化をどう活用するかが最も重要で、ブランディングとは、顧客を選ぶということです。誰もが喜ぶようにという選択はブランドにとって賢くない。顧客からの支持の継続こそがブランドの収益の源泉で、送りてが頭のなかでポジショニングをすることは難しくはない。しかし、その位置取りが受け入れられるかどうかは別の問題で、想定したポジションも生活者視点からは全く違った物となる可能性があります。(50代男性)

 

 

48.数江 良一「マーケティング思考法 ―考えて行動するための実践的手引書」

マーケティングに関する本 数江 良一「マーケティング思考法 ―考えて行動するための実践的手引書」がおすすめの理由

主要なFWの具体的で実践的な利用方法やFW間の相互関係(どうつなげるか)について知ることができました。一般的なマーケティングの本よりも実例を深掘りした内容が多く、新たな気づきがいくつかありました。マーケティングの教科書的内容でした。(50代男性)

 

 

49.ジョン・スカリー「ムーン・ショット」

マーケティングに関する本 ジョン・スカリー「ムーン・ショット」がおすすめの理由

元アップルCEOによるビジネス指南書です。人物紹介が控えめですが、各人物の得意分野がそれぞれ示されているのが特徴。ビジネスは民主主義に馴染まず、経営者一人が決断する必要があるため、助言者の重要性が強調されることが具体的に伺えました。(30代男性)

 

 

50.井元康一郎「レクサス」

マーケティングに関する本 井元康一郎「レクサス」がおすすめの理由

世界企業トヨタが力を入れているブランド「レクサス」にまつわる、競争を紹介する著書です。メルセデス・ベンツやBMWなどライバルからはかけ離されている状況の中で、いかに世界市場で勝てるかを予想したもので、レクサスとトヨタの性格をうかがい知れます。(30代男性)

 

 

51.堀内圭子「快楽消費する社会」

マーケティングに関する本 堀内圭子「快楽消費する社会」がおすすめの理由

卒論を書くために借りましたがただ単に消費といっても色々あり、その中でも私たちは生活の中で快楽消費をしていることをこの本を読んで改めて気付かされました。読んでいくと、もっともっと消費について興味が湧いてきます。(20代女性)

 

 

52.森 行生「改訂 シンプルマーケティング」

マーケティングに関する本 森 行生「改訂 シンプルマーケティング」がおすすめの理由

イノベーター理論、プロダクトコーン理論、クープマンの目標値、プロダクトライフサイクル、記号論、ブランドマネジメントなどの定番のあれこれにちょっとひねりを加えて、新人マーケターにもわかりやすく解説されている。全部ではないけど、必要最低限というところか。試験対策で丸暗記しただけというような人や、ちょっとカジっておきたいなんて人にはよいかもしれません。(50代男性)

 

 

53.百田尚樹「海賊と呼ばれた男」

マーケティングに関する本 百田尚樹「海賊と呼ばれた男」がおすすめの理由

主人公は型破りで行動力のある豪快な性格から海賊と周りからは呼ばれていました。ある時、下関の港を油の大手特約店が仕切り、門司にいた主人公の店は大手の「テリトリー」から弾かれそうになりました。そんな中にあって、誰も考え付かないような発想で、活路を見つけ出して、目的を達成させるという意気込みに読み応えがあります。マーケターも読むべき本。(60代男性)

 

 

54.ダニエル・コーシャン「奇跡のスーパーマーケット」

マーケティングに関する本 ダニエル・コーシャン「奇跡のスーパーマーケット」がおすすめの理由

2014年に全米から注目を集めたスーパーの顛末が紹介されます。従業員のと顧客を第一に考えていたスーパーが利益優先に方針を変えたところ、社員や取引先など200万人が抗議する騒ぎに発展した事件を紹介。合理性追求のデメリットが、具体例として紹介されます。(30代男性)

 

 

55.山田 英夫「競争しない競争戦略 ―消耗戦から脱する3つの選択」

マーケティングに関する本 山田 英夫「競争しない競争戦略 ―消耗戦から脱する3つの選択」がおすすめの理由

経営学者による、競合戦略分類とその事例。タイトルの通り、消耗戦からの脱却がテーマ。競争のメリットを挙げながら、不要、或いは過度の競争を避けるためのヒントを提示している。 大きくは、質と量を鍵に限定市場を作るニッチ、リーダーの資産やポジションを逆手に取る不協和、周辺業者のバリューチェーンを活用する協調、との整理。引用事例も多く、ヒントの多い内容です。(50代男性)

 

 

56.梅田悟司「言葉にできるは武器になる」

マーケティングに関する本 梅田悟司「言葉にできるは武器になる」がおすすめの理由

コピーライターの著者による、人のこころに響く言葉の生み出し方の本。①頭にあることを書き出す、②なぜ?それで?本当に?と内なる言葉を拡張し、解像度を上げていく、③同じ仲間を分類する、④足りない箇所に気付き埋める、⑤時間を置いてきちんと寝かせる、⑥真逆を考える、⑦違う人の視点から考えるという7つのプロセスが順をおって書かれている。非常に実践的な1冊。(40代女性)

 

 

57.渡辺潤平「広告コピーの筋力トレーニング」

マーケティングに関する本 渡辺潤平「広告コピーの筋力トレーニング」がおすすめの理由

広告コピーとは人を振り向かせるための武器である。広告を目にした人のこころをキャッチする力強い言葉を書き、太くて大きな矢印となって、人びとの意識をひとつの方向に導くのがコピーライターの役割。コピーとは「言葉を用いた発見」だというフレーズに私のこころもつかまれた。(40代女性)

 

 

58.西 俊明「最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書」

マーケティングに関する本 西 俊明「最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書」がおすすめの理由

技術・ノウハウや実績・経験、想いをストーリーにし、顧客ターゲットを絞り自分ごとだと思わせ、数字を使って具体的なベネフィットを明らかにし、キャッチコピーを掲載することが重要という事でした。具体的な事例とともに解説してくれて、Web担当で経験がある方でも、用語の真の意味やリスティングやSEOに手法について新たな発見があると思います。(50代男性)

 

 

59.高井 紳二「実践ペルソナ・マーケティング 製品・サービス開発の新しい常識」

マーケティングに関する本 高井 紳二「実践ペルソナ・マーケティング 製品・サービス開発の新しい常識」がおすすめの理由

どのように実行ベースに落としていけばいいのか分からない人のための入門書で、事例付きで初心者にもイメージが湧きやすいです。全体的によくまとまっているが、ただ実例は、結果しか記載されていないので、どういったデータやインタビューからどんなペルソナを導き出すかは実地で訓練する必要があります。(50代男性)

 

 

60.佐藤義典「実践マーケティング戦略」

マーケティングに関する本 佐藤義典「実践マーケティング戦略」がおすすめの理由

本書はタイトルの通りマーケティング戦略を『実践』で使いたい人への手引書です。現状維持や10パーセント程度のパフォーマンス改善ができればいいという人は読まなくてもいいかもしませんが、頑張ってもうまくいかないとか現状を劇的に変えたいと考えている人には戦略を利用する手法を学べるのでおススメです。(20代男性)

 

 

61.阿部誠「大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる」

マーケティングに関する本 阿部誠「大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる」がおすすめの理由

マーケティングの学習初心者に特におすすめの一冊です。全てのトピックが見開き1ページでまとめられており、左ページに文章、右ページに図解という構成です。マーケティングの基本事項が体系的にまとめられているため初心者の学習に最適です。(20代男性)

 

 

62.松尾茂起「沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘」

マーケティングに関する本 松尾茂起「沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘」がおすすめの理由

Webマーケティング初心者にオススメです。 一部マンガで書かれているので初心者のもわかりやすく、けれど詳細に説明してくれる部分もあるのでとても勉強になります。 結構なボリュームがありますが、ゆっくり読み進めて行くことで知識になって行くと思います。(30代女性)

 

 

63.ロジャー・ドゥーリー「脳科学マーケティング 100の心理技術」

マーケティングに関する本 ロジャー・ドゥーリー「脳科学マーケティング 100の心理技術」がおすすめの理由

ニューロマーケティングと呼ばれる脳の働きを理解し、その知識を活用してマーケティングと商品を改善する方法論による100のテクニックを紹介している。マーケティングとは広告により生活習慣を作ってしまうこと。たとえば結婚指輪ならダイヤモンド。バレンタインデーはチョコレート。クリスマスはクリスマスケーキだれもが逆らえない文化、イベントを作ってしまう。(50代男性)

 

 

64.佐藤 義典「売れる会社のすごい仕組み」

マーケティングに関する本 佐藤 義典「売れる会社のすごい仕組み」がおすすめの理由

ストーリー仕立ての読みやすい本です。分かりやすい言葉で書いてくれてあるので、とても理解しやすいです。勝てる戦略は具体性と一貫性が重要だと書かれてあり、すぐに実践できることがいくつか書かれており、すぐに取り組むことができます。(40代女性)

 

 

65.佐藤 義典「白いネコは何をくれた?」

マーケティングに関する本 佐藤 義典「白いネコは何をくれた?」がおすすめの理由

仕事も恋愛もうまくいかないサラリーマン、実直と不思議な白いネコ、ボロが出会い、マーケティングで人生を変えていく模様を描いています。マーケティング視点で人生に戦略を持てば、実際の仕事の場における営業、経営、企画、販促にも、その考え方が反映され、結果を出すことがより容易になります。(50代男性)