中森明菜おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中森明菜おすすめの曲ランキング

 

10位タイ.中森明菜 「Dear Friend」(2票)

YouTube動画はこちら

中森明菜「Dear Friend」がおすすめの理由

中森明菜さんの曲で一番好きです。さわやかなメロディでまた素敵な歌詞でカラオケでも良く歌っていました。(40代女性)

とても懐かしいです。昔夏休みに家族旅行に出かけた時にウォークマンで何度も聴いていました。夏にぴったりのメロディーで未だに大好きです。(40代女性)

 

 

10位タイ.中森明菜 「サザン・ウインド」(2票)

YouTube動画はこちら

中森明菜「サザン・ウインド」がおすすめの理由

明菜さんが一番輝いていた頃の曲ではないでしょうか。作曲は玉置浩二さん。こういったテンポのいい曲も実は明菜さんに会うと思います。(40代男性)

数ある名曲の中でも、サザンウィンドは、唯一、満面の笑みで、振付けも可愛く、生き生きと歌ってる姿に衝撃を受けた曲です。元気を貰えるので大好きです。(50代女性)

 

 

10位タイ.中森明菜 「ジプシークィーン」(2票)

YouTube動画はこちら

中森明菜「ジプシークィーン」がおすすめの理由

初めて聴いたころはまだ子供だったので歌詞の意味とかよくわからないなかったんですが、大人になってから聴いてみると失恋して次の恋にさ迷う歌なのかな、とわかりました。イントロがとても綺麗で印象的な歌です。(40代女性)

1986年に発表されたヒット曲。エキゾチックな雰囲気の曲。都会で生きる女性の孤独と、別れた恋人への深い愛を歌った曲。サビのロマンティックで悲しい歌詞が魅力的です。(40代女性)

 

 

10位タイ.中森明菜 「愛撫」(2票)

YouTube動画はこちら

中森明菜「愛撫」がおすすめの理由

中森明菜の振り付けも格好良く、悲哀感も感じられる歌だからだと思います。そしてビブラートが特徴的な彼女の声を良く引き出す歌となっていて、名曲だと思います。(30代男性)

数々のヒット曲がある中森明菜さんですが、この曲はあまり誰もが知っている感じではないかと思います。皆様にもっとこの曲を知ってほしいと思い、オススメさせて頂きます。小室哲哉さんが作曲で転調も多い曲ですが、明菜さんの低音でセクシーな歌声が堪能できる曲です。また、曲だけではなくダンスも独特で声と姿両方が楽しめる一曲です。明菜さんらしくないといえばそうかもしれませんが、逆に明菜さんのさらなる魅力を感じさせる一曲だと思います。(40代女性)

 

 

10位タイ.中森明菜 「北ウイング」(2票)

YouTube動画はこちら

中森明菜「北ウイング」がおすすめの理由

飛行機に乗ると、自然と頭に浮かんでくる曲、サビの高音が伸びやかで気持ちよく、カラオケでも歌いたくなる。(50代女性)

明菜ちゃんは幅広い世代で大人気だし、北ウイングはカラオケで歌うと明るすぎず暗すぎず程よいノリでちょうどいいです。(30代女性)

 

 

7位タイ.中森明菜 「セカンド・ラブ」(4票)

YouTube動画はこちら

中森明菜「セカンド・ラブ」がおすすめの理由

中学生の頃は、歌詞の内容も分からず聞き流していましたが、二十歳を過ぎた頃に、聞き直してみて歌詞の素晴らしさに驚き、好きになりました。(40代男性)

1987年11月にリリースされたシングル。彼女初の週間オリコンチャート1位となり、その後通算6週1位とな渥美理恵ちゃんました。彼女のシングルの中でも最大の売上枚数をほこります。中森明菜のデビューして間もない初々しさを感じられる、切ない乙女心を歌った曲です。(40代女性)

来生えつこ・たかおの切ない歌詞、繊細なメロディーから始まるのに途中で恋情を表現する盛り上がりなど、詞・曲ともに秀逸です。これをまだ17歳だった中森明菜が歌い上げていたなんて全くもって明菜は凄すぎます!!!(40代女性)

私的には不倫や浮気相手の心情を描いた歌詞に感じます。世代ではないのですが大人になってから聞くとしっとりした重みのある内容の歌詞だと感じました。(30代女性)

 

 

7位タイ.中森明菜 「ミ・アモーレ」(4票)

YouTube動画はこちら

中森明菜「ミ・アモーレ」がおすすめの理由

南米の ラテン系の 情熱的で 秘めた感じがある所が 好きで 中森明菜の 声と 歌い方が 曲の感じと ベストマッチ。カラオケでも 気持ちよく歌いやすい。(50代女性)

当時19才とは思えない歌唱力、表現力、振り付けの美しさ、大人っぽい彼女の持ち味が生かされた曲です。低音から伸び上がる歌声がラテン調のリズムと出会い異国情緒漂う独特の明菜ワールドに引き込まれます。(40代女性)

小さいころに良く真似をしていた曲で思い出すと懐かしい気持ちになります。同時は意味など分からずに歌っていましたがかなり熱い曲です。(40代女性)

これぞ大人の恋愛といった感じに惹かれます。 リオのカーニバルが舞台というスケールの大きさが素敵です。 大きな舞台に負けずのびのびと歌う明菜ちゃんがかっこいいです。(50代女性)

 

 

7位タイ.中森明菜 「十戒」(4票)

YouTube動画はこちら

中森明菜「十戒」がおすすめの理由

友達が昔ファンでした。いやぁ、見る目があったなぁと思います。今の集団のグループを見ている人たちに見て欲しいです。カッコいいし、可愛いです。(40代女性)

中森明菜の声量の強弱が凄い聞いて飽きない今のアイドルに無い歌唱力全ての技が詰まった曲だと思います。今は中々聞けない。(40代男性)

歌詞がよいのと女性の強さがでてる。男の本質、結局自分で決めれない男が多いので、この歌詞の気持ちがよくわかる(30代女性)

今の自分よりも若いはずなのに、ものすごく大人びていて格好いいし、曲の雰囲気も現代の若者には新鮮に聴くことができるから。(20代男性)

 

 

6位.中森明菜 「飾りじゃないのよ涙は」(5票)

中森明菜「飾りじゃないのよ涙は」がおすすめの理由

明菜の悪女のイメージがこの曲で更にクールに。井上陽水が明菜のために作詞作曲した、アイドルポップソング。カバーソングとしても愛されている。(40代女性)

中森明菜の曲の中でもよく知られ、今聴いてもかっこいいと思う曲です。カラオケで歌うとすっきりするところも好きです。(30代女性)

80年代アイドルブームの中で、綺麗で可憐なアイドルのイメージから脱却し、衝撃的でセクシーな現実味を帯びたこの曲は驚きでした。井上陽水さんが楽曲し、アイドルソングとしては類の無い傑作だと思います。(40代女性)

井上陽水が作詞作曲を手掛けた曲で、独特のメロディと語りかけるような歌詞が魅力です。今までのアイドル路線とは違い、大人の女性を意識した曲で、この頃の明菜も大人の魅力で色っぽかったです。(40代女性)

泣いたことがないという強がっている女性の歌で、中森明菜さんがセクシーかつ迫力のある歌声で歌っているところは特に現代の若者に聞いてもらいたい一曲。歌が上手いというのは中森明菜さんのような歌手のことだと思う。(30代女性)

 

 

5位.中森明菜 「少女A」(6票)

中森明菜「少女A」がおすすめの理由

聞いていた当時17歳のイメージが自分から見たら大人だと思っていました。子供から大人になる境い目の大人びた風な背伸びをしたいる歌詞が中森明菜の大人っぽい雰囲気とあっていて印象深い曲だからオススメです。(40代女性)

アイドルなのに「かわいい」ではなく「カッコいい」曲。少女が大人になりかけている(なりたがっている)心情を見事に表現しています。「これぞ、中森明菜」という曲で大好きです。(40代男性)

とても人気で有名な曲。カラオケに行って歌うと盛り上がるし、ほとんどと言っていいほどみんなが知ってるのでオススメです。(20代女性)

中森明菜の少し低めの声によく合う歌詞です。少し不良っぽいところが好きです。テンポもとても良い曲なので大好きです。(50代女性)

17歳の少女の歌だが異様に大人っぽい所が危なっかしくて好きな歌です。中森明菜さん本人も色々やらかした人生なので曲にリンクする。(20代女性)

中森明菜の名を知らしめたセカンドシングルです。当時、かなりインパクトがあり、アイドル感を覆すヤンキーチックな曲です。(40代女性)

 

 

3位タイ.中森明菜 「TATTOO」(8票)

中森明菜「TATTOO」がおすすめの理由

とにかく中森明菜がかっこいい。容姿もだけど歌詞がかっこいい。最近の曲よりもずっと頭に残ってしまうメロディーですごく好きです。少女AやDESIRなどがメジャーなのかと思いますが、私はTATOOがおすすめです!(20代女性)

中森明菜が20代前半とは思えないセクシーさと歌声でスゴくカッコいい。昭和の歌姫の代表的な一曲なので。(40代女性)

スタイルのいい体にきらめくボディコンと古いマイクの演出が印象的で女王様に見え家で一人でまねをしていました。(40代女性)

中森明菜のセクシーな衣装とダンスが独特で、凄くヒットした曲です。今でも明菜ちゃんファンはカラオケで必ず熱唱します。(40代女性)

イントロからノリノリで、とてもかっこいい曲です。昔の曲ですが、今聴いてもステキです。いろんな人が歌っていますが、本人が一番いいです。(40代女性)

小学生の時、カッコ良さに衝撃を受けました。 Aメロの低音からサビに向かってのワンコーラス全体にクレッシェンドをかけて盛り上げる歌唱力はすごい!(40代女性)

テンポが良くて歌が上手い衣装も曲とあっていてダンスもかっこいいです。曲調も覚えやすいので歌いやすい。(20代女性)

80年代好きな人にはたまらない曲です。中森明菜の中でもテンポが良い曲で、テンションが上がります。バックダンサーの男性3人組のトランペットもカッコいいです。(30代女性)

 

 

3位タイ.中森明菜 「スローモーション」(8票)

中森明菜「スローモーション」がおすすめの理由

ルックス重視でアイドルが活躍するケースが多いなか、とっても歌が上手くて、大人っぽくて、歌詞のひとつ、ひとつをとっても大事に歌うところがおすすめです。(50代男性)

中森明菜のデビュー曲であり、当時のアイドルは明るい曲が主流でしたが、この曲はどこか陰のある独特の雰囲気がありました。(40代男性)

メロディーと歌詞がとてもマッチしていて、心地良い気分になります。そしてなんといっても、昭和の歌姫の記念すべきデビュー曲のため。(50代女性)

来生たかおさん作曲のメロディーが軽いかつてのJーPOPの黄金時代を感じさせてくれます。とても良いメロディーラインです。(50代男性)

小さい頃によく真似して歌っていた曲で今でもときどきカラオケで歌います。とても懐かしく思いでのある曲です。(40代女性)

中森明菜のファンでした。ノリのいい曲もいいですけど、スローモーションみたいなバラード系の歌もとても好きです。(40代男性)

このデビュー曲から伝説のアイドルにまで一気に駆け上がるとは当時誰が予想しただろうか。曲も最後のアウトロ終わりがまたいい。(40代男性)

新婚旅行先のパリで和食料理店をガイドさんの車の送迎の途中でかけてくれた曲で懐かしく聞いていたことを思い出します。(60代男性)

 

 

2位.中森明菜 「難破船」(11票)

中森明菜「難破船」がおすすめの理由

彼女の歌唱力、表現力を極限まで引き出す曲です。曲と彼女自身の悲しい恋、人生がリンクしていて聴いていると心が痛くなります。とても辛く悲しい曲なのに、一枚の美しい絵のように目を離せない、聴き惚れてしまいます。彼女の為にある曲で、彼女で無かったらこの曲を表現しきれなかった曲です。(40代女性)

ちょうどプライベートでの失恋の時期と重なってしまったこともあり歌への思い入れが深くなりすぎたのか歌番組で涙を流してしまう様子が当時の彼女の心境を物語っており名曲となりました。(40代女性)

40代はみんな知ってると思いますが、必ずと言っていいほどこの歌を歌う時は明菜ちゃんはいつも泣きながら歌うのでこっちも感情移入して感動出来る1曲と思います。(40代男性)

作曲が加藤登紀子さん。30年近く前の曲ですが、名曲は風化する事なく記憶に残る。中森さんの悲しい歌声が胸を締め付ける1曲。(30代男性)

ただならぬ情念を感じます。他の誰が歌ってもこんなに心に響かない。中森明菜のすべてが詰まったような曲です。(30代女性)

加藤登紀子さんの曲を中森明菜さんがカバーしました。失恋をしてどこまでも堕ちたい方にはお薦めの曲です。(40代女性)

覚えているのはちょうど近藤真彦と別れたあとにこの曲だった記憶。グッと痩せて、全てを芸に還元させるというのは過酷過ぎると可哀想に思ってみていたものです。それを置いて聴くと切なくて確かにいい曲ではあります。(40代女性)

今のアイドルとは比べ物にならない歌唱力と表現力で歌い上げる恋の歌。はじめて聞いた時はまだ子どもでしたが、その時の「きれいな人」「きれいな声」という印象はいつまでたっても変わらない。(40代女性)

アイドル歌手だった中森明菜さんが22歳という若さで、突然この曲から大人っぽく変化し、感情のままに歌詞に心を吹き込んで泣きながら歌う姿に、聴いていても切なくなり涙してしまう名曲です。(40代女性)

友人とカラオケに行って、薄幸シバリの際は 必ずこの曲は歌います。加藤登紀子さんの難破船と違い、中森明菜の歌う難破船の最後の部分、「なんばーせーんーーー」と沈んでいく感じが 尚更 薄幸感を際立たせます。(30代女性)

恋人との別れの歌詞が切なくて心に響き、聴いていたら泣けてくる。歌詞と中森明菜の声がマッチしていてこの曲が一番好き。(30代女性)

 

 

1位.中森明菜 「DESIRE」(23票)

中森明菜「DESIRE」がおすすめの理由

とにかくカッコいいです。色んな人がモノマネをしていて、したくなる曲です。ですが、本人が一番ステキです。皆で歌ったら盛り上がります。(40代女性)

大ヒットした曲で明菜の中でも一番好きな曲です。曲調はアップテンポで同世代ならほとんどの人が踊りながら歌える曲だと思います。この時の明菜のボブカットに着物風の衣装、ブーツという組み合わせが、今までのアイドルではなかったモードなスタイルでとても恰好良かった思い出があります。(40代女性)

初めて中森明菜という歌手を認識したのがこの曲でした。和服と洋服を見事に調和させた衣装に魅せられ歌に聞き惚れました。ファンが合いの手を入れるのがお決まりでカラオケでも盛り上がることのできる歌です。(40代女性)

カラオケの定番ソングのように、昔はダンスつきてよく歌う人を見ていました。なんとも懐かしい、たまには熱唱したくなる歌です。(40代女性)

自分は幼稚園のころ母が好きで聴いていたのですが、表現力、歌唱力、全てが完璧な中森明菜さんの歌だと思いました。迫力があり、1度聞いたら忘れられない歌であるところがおすすめです。(30代女性)

初めて聞いたのがドラマで真似をされているのでした。踊りも独特で、衣装も独特。歌詞も曲調もどこか耳に残る。(20代女性)

昭和の曲ですが、歌唱力の高さには圧倒されます。若い頃にこんな歌を、色っぽく歌えるとはまさに昭和の歌姫だと思います。(30代女性)

アップテンポでノリのいい曲です。何年も前の曲ですが、よくカラオケでも歌います。当時の明菜さんの振り付けや、歌声もカッコいいです。(30代女性)

あきなちゃんのだんだん力強くなる歌声が魅力的です。昔の歌ですが平成の子が歌っているのも見かけるのでおすすめです。(30代女性)

この衣装をすべて自分で考えて用意していたと後で知りました。カッコいい衣装ですしとても個性的。今の歌手は口パクが当たり前になっていてすっかり歌手は生で歌うということが出来ることを忘れていました。皮肉ではなく、この頃の明菜ちゃんは本当にかっこいいし歌が上手い。(40代女性)

声が真似しやすいので、カラオケでモノマネをして歌うと盛り上がるからです。歌っている方もテンションが上がるのでおすすめです。(20代女性)

中森明菜の代表曲。7週連続ザ・ベストテン一位、前年のミ・アモーレに続き第28回レコード大賞に輝いた。彼女の低いパンチの効いたのびやかな声を存分に堪能できる曲です。独特の前下がりボブと、着物と洋服をアレンジした奇抜なファッションは当時衝撃を受けました。(40代女性)

AKBなどのアイドルがすごく苦手で、むしろ嫌いなのにテレビでチヤホヤされているのが理解できません。そんな時に歌謡曲にはまり中森明菜さんや山口百恵さんの歌がものすごく好きになりました。このDESIREは女の力強さを感じられる曲ですごく勇気をもらえます。人に媚びない姿勢とかも理由の一つかもしれないです。(20代女性)

母がよく聞いていて自然と曲が頭に残っています。親から子へ伝わる文化。どんどん新しい物が生まれる世の中だからこそそういうものが大切だと思います。だからずっと聞きます。(30代男性)

カラオケの定番曲っていう言葉が生まれたのは、この曲からじゃないかな?曲の途中「なんてね」の後に合いの手「はあ、ドッコイ」を入れたりした自然発生的な感じを作り出した。ある意味革命的な曲。(40代男性)

昭和の曲ですが、平成生まれのわたしでも口ずさみやすいフレーズで歌いやすいなと感じています。 なかなか低音は出ないですが、カラオケで歌うのが好きです。(20代女性)

仕事でイライラした日の帰り、カラオケに寄って1人で歌うとスッキリします。踊りつきで本人になりきって本気で歌うと爽快感が増すとともに、できる女として自分に自信がつきます。(20代女性)

中森明菜の曲の中で一番テンションがあがるので、好きです。曲調もいいが、あのド派手な衣装に驚かされました。あの衣装は中森明菜によく似合っててよかったです。(40代女性)

私の世代よりも昔の歌ですが知っていて、最近の歌手にカバーもされているのでカラオケでもたまに歌います。一度聞いたら、ずっと耳に残って口ずさみたくなる歌です。(20代女性)

私の世代よりも昔の歌ですが知っていて、最近の歌手にカバーもされているのでカラオケでもたまに歌います。この歌は一度聞いたら耳に残って口ずさみたくなる歌です。(20代女性)

中森明菜のアイドルではない、格好よさを表した代表作。そして、和服の洋風な着こなしのアレンジも素晴らしい。(40代男性)

中森明菜さんの高い歌唱力と、ベターながらも盛り上がりのある作曲がとてもよくマッチしていて、聞いてて気分のいい曲です。(20代女性)

Aメロ、Bメロは大人しく静かな曲調ですが、サビになるとそれまで抑えていた感情を爆発するように激しくなる感じが好きです。溜めて溜めて…一気にスカッとできるので(30代男性)

 

 

1票入った中森明菜おすすめの曲も紹介

 

中森明菜 「1/2の神話」

YouTube動画はこちら

中森明菜「1/2の神話」がおすすめの理由

当時、アイドルが歌うようなキラキラな曲ではないという印象がありました。でも、そこがリアルで共感が持てた曲です。10代の女の子に聞いてほしいですね。(40代女性)

 

 

中森明菜 「AL-MAUJ」

YouTube動画はこちら

中森明菜「AL-MAUJ」がおすすめの理由

わずか数分、テレビだともっと短い。それでもこの曲の世界感をいかんなく表現する中森明菜の真骨頂。アイドルの枠を越え、表現者としての域に達している。ビブラートが凄い。(40代男性)

 

 

中森明菜 「BABYLON」

YouTube動画はこちら

中森明菜「BABYLON」がおすすめの理由

20代の頃聞いていたと思いますが、とても魅惑的な歌詞が印象的です。頭の中でその映像を浮かべながら世界観に引き込まれます。(50代女性)

 

 

中森明菜 「Everything」

YouTube動画はこちら

中森明菜「Everything」がおすすめの理由

2000年、10/25にシングルリリースされ2000年11月オリコン月間チャート1位に輝きました。 同タイミングでフジテレビの大ヒットドラマ、松嶋菜々子主演やまとなでしこの主題歌となり日本人離れした歌唱力とロマンティックなラブバラードはドラマを一層盛り上げた。(40代女性)

 

 

中森明菜 「TANGO NOIR」

YouTube動画はこちら

中森明菜「TANGO NOIR」がおすすめの理由

とにかく中森明菜の魅力が凝縮されている。曲名のタンゴをイメージしたドレスを着こなし、颯爽と踊りながら歌う姿がとても美しい。(50代女性)

 

 

中森明菜 「サンドベージュ」

YouTube動画はこちら

中森明菜「サンドベージュ」がおすすめの理由

当時の中森明菜は「北ウイング」や「ミ・アモーレ」など紀行をテーマにした曲が多くありましたが、この曲もその一つです。この曲は割と静かでゆっくりと流れるのですが、イントロから異国感が素敵です。当時の衣装もスタイルの良い中森明菜さんに非常に似合っており、魅力の一つとなっています。美しい一曲です。(40代男性)

 

 

中森明菜 「禁句2」

YouTube動画はこちら

中森明菜「禁句2」がおすすめの理由

色気と可愛らしさが揃ってる上に歌が凄くうまい。子供の頃は暗くてヤンキーだと思っていましたが、何てことはない、可愛いしおしゃれ、喋るとまた可愛いかたではないか。(40代女性)

 

 

中森明菜 「秋桜」

YouTube動画はこちら

中森明菜「秋桜」がおすすめの理由

秋桜はとても美しい曲だと思っています。何度も聞いたら、懐かしいことを思い出して、泣いてしまいます。中森明菜の声は私にとっては特別な存在です。(20代女性)

 

 

中森明菜 「水に挿した花」

YouTube動画はこちら

中森明菜「水に挿した花」がおすすめの理由

なんとく晩年の明菜ちゃんの人生と被る。とても良い曲なんですが、凄く悲しい気持ちになる。泣きたいときにしっくりきます。(40代女性)

 

 

中森明菜 「瑠璃色の地球」

YouTube動画はこちら

中森明菜「瑠璃色の地球」がおすすめの理由

悲しいとき、辛いとき、疲れたときなどに、必ず地球が回って、明日の朝がくると思えるのが癒しになりますよ。(40代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました