井上陽水おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

井上陽水おすすめの曲ランキング

 

8位タイ.井上陽水 「いっそセレナーデ」(2票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「いっそセレナーデ」がおすすめの理由

甘い口づけ~と井上陽水さんの歌声から始まりますが、最高です。声がとても素敵で、何度も聴いてしまいます。(40代女性)

大人になり年とともに心に響く名曲です。井上陽水の声があってのこの歌詞です。泣きたい大人は一度聞いてみてください。(40代男性)

 

 

8位タイ.井上陽水 「いつのまにか少女は」(2票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「いつのまにか少女は」がおすすめの理由

当時はシングル盤のB面の曲で、ファン以外にはあまり知られていない曲です。歌詞がすばらしく、まるで純文学の世界です。曲と歌唱も抜群で、まさに隠れた名曲です。(50代男性)

井上陽水のヒット曲といえば「夢の中へ」だけどそのシングルB面に収録されているのが「いつのまにか少女は」、当時陽水ファンに圧倒的に支持された名曲中の名曲、後に持田香織にもカバーされている。(50代男性)

 

 

8位タイ.井上陽水 「夏の終わりのハーモニー」(2票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「夏の終わりのハーモニー」がおすすめの理由

井上陽水と彼のバックバンドをつとめていた玉置浩二率いる安全地帯による楽曲で、作詞は井上陽水、作曲は玉置浩二となっています。2人の歌声の素晴らしさが心に染みる曲で、サビの部分でハモる2人の歌声には鳥肌が立つような気分になります。(50代男性)

この曲は夏の終わりの切なさをうまく歌詞におとしこんでいるからハーモニーは最高に素晴らしいからかなり好きです。(40代男性)

 

 

4位タイ.井上陽水 「Make-up Shadow」(4票)

井上陽水「Make-up Shadow」がおすすめの理由

井上陽水さんマジックに引き込まれていきます。妖艶で、ちょっと間違ったら異様な世界につれていかれる、歌い方をマネしたい名曲です。(50代男性)

誰にでもあるであろう、あまり触れられたくない記憶と心を芯から揺さぶる曲です。歌詞は一聞すると殆ど意味がわかりませんが、わからなくとも、聴く人の心の奥まで響き、不思議と懐かしさの溢れてくる名曲です。懐かしさに浸りたければ、これ以上ないオススメです。(20代男性)

少女が大人の女性に移り行く様を、陽水氏独自の歌詞、世界観で描き切った名曲です。世間的に知られている曲はたくさんありますが、良い意味で少し歌詞の理解が難しく、いかにもマニア受けしそうな作品です。(30代男性)

織田裕二さんと浅野温子さんが主演したドラマの主題歌で、当時そのドラマが大好きでめちゃくちゃ見ていて、とでも印象的です。(30代男性)

 

 

4位タイ.井上陽水 「リバーサイドホテル」(4票)

井上陽水「リバーサイドホテル」がおすすめの理由

1980年代に流行った曲調でありながら埋もれない個性があり井上陽水の良さを引き出していると思います。落ち着きたいときに聞いてほしい歌です。(30代女性)

この曲を聴くと誰かがモノマネをしているの思い出します。 それほど流行にもなりました。 大人のイメージソングです。(40代女性)

大人のラブソングです。「ベッドの中で魚になったあと」は名フレーズだと思います。高校生の頃に流行ってましたが、直接的過ぎない、ちょっと粋な性描写にドキッとしてました。(40代男性)

親の影響で井上陽水のファンになりましたが、20代で井上陽水好きと言うと周りにモノマネしてと言われる。憂鬱。こんなに色気のある歌手はいないと思う。この時代には素敵な歌手がたくさんいましたね。(40代男性)

 

 

4位タイ.井上陽水 「帰れない二人」(4票)

井上陽水「帰れない二人」がおすすめの理由

懐かしい気持ちにさせてくれる、名曲だと思います。独特の歌詞回しで、表現力がすごいし魅力的な声が合っている。(40代女性)

古い時代の曲ですが恋しているときの気持ちが良く伝わってくる歌い方で上手いです。繊細なメロディも感傷的な気分にさせてくれます。(30代女性)

切なすぎる・・この曲を聴くと高校時代の付き合ってた彼女を思い出してしまいます。 きっと誰もが青春時代を思い出せる素敵な歌です。(40代男性)

忌野清志郎と一緒に作った曲です。LPでは陽水一人で歌っていましたが、陽水と清志郎が共演しているyoutubeを見ると、清志郎の歌い方もこの曲にぴったりだったので二人の共作なんだと改めて思った。(60代男性)

 

 

4位タイ.井上陽水 「夢の中へ」(4票)

井上陽水「夢の中へ」がおすすめの理由

曲調が軽やかですが、すごく深い歌詞だと思います。自分の人生、どう進んでいったらいいか、試行錯誤していた若かりし頃の心に染みました。何人ものアーティストがカバーしていますが、やはり井上陽水本人の歌が一番いいです。(50代女性)

この曲はいろんな人がカバーする位有名です。でも、やっぱり本人の唄が最高に素晴らしいからけっこう好きです。(40代男性)

井上陽水の有名な一曲です。印象的なイントロと「探し物は何ですか」という歌詞は誰もが一度は聞いたことがあるはずです。多くのアーティストがカバーしており、親しみやすい名曲です。(20代男性)

探し物している時ついつい口づさんでしまうような歌です。探しものはなんですか♪でも詩は奥が深いんだなぁ…。あの頃の若者の心が見えるようで。井上陽水の甘い声も素敵です。(60代女性)

 

 

3位.井上陽水 「傘がない」(5票)

井上陽水「傘がない」がおすすめの理由

初めて聴いた時、歌い出しの歌詞を聴いて「なんて歌だ!!」と驚きました。歌の歌詞としては普通躊躇してしまうような言葉をあっけらかんと歌うあたりが、いかにも陽水さんらしいです。新聞で見た世の中の問題なんかどうでも良くて今自分にとっての問題は彼女に会いに行く為の傘がないという事を歌ってます。個人的にはギター弾き語りを初めて2曲目にマスターした思い出の曲。コードも簡単なのでギターをやる人で奇をてらった選曲をしたい人におすすめの1曲でもあります!(40代男性)

初期の井上陽水を代表する曲。「都会では自殺する若者が増えている。」衝撃的な歌詞から始まる曲だが1972年のこと。46年経ってもこの現状に悲しいかな変わりはない。(40代男性)

悲しい暗い歌詞ですが、何故か時々無性に聴きたくなる不思議な魅力のある曲です。こんな歌も歌う井上陽水さんが素敵です。(40代女性)

当時の世相を背景として見事なメッセージソングになっている井上陽水の代表曲。じっくり聴くといろいろと考えさせられる。(50代男性)

渋くてかっこよくてよく通る声がすごいです。結構過激な言葉を使っているけれど、心に染みます。人生経験が豊富な人でないと歌いこなせない歌です。(40代女性)

 

 

2位.井上陽水 「氷の世界」(6票)

井上陽水「氷の世界」がおすすめの理由

始めて聴いた時、いったいこのシュールな詩は何なんだと衝撃を受けました。今でも何を意味するものなのか、考えさせられるものがあります。またフォーク全盛の頃の曲ですが、意外に激しくロックしているのがすごいです。(50代男性)

ファンの人には人気の曲だと思いますが、一般的にはこういった曲調のイメージが陽水さんにはあまりないかもしれません。ファンクっぽい曲でかなりカッコ良いです。詞の世界観は見事な陽水ワールド。歌い出しから強烈なインパクトです。(40代男性)

この曲を含む同タイトルのアルバムはデータがある限りの日本の音楽史上初のミリオンセラーアルバムという記録を持つ。当時は学生運動などで社会が混沌としていた時代。そういう層に受け入れた歌手でもある。(40代男性)

フジロックで生で見て相当かっこよくて、メロディと陽水のなんとも言えない歌声を堪能できる一曲です。頭からはなれなくなるほど濃いです。(30代女性)

若者の破壊願望を表現した斬新な詩が面白い。井上陽水は独特な世界観を持っているんだろう。りんご売りなんて…。思いっきり発散して歌える歌で大好きです。(60代女性)

今でも時代を感じさせない新鮮さ、歌詞の意味も深くて何回聞いてもメッセージ性を強く感じます。独特の世界感は聞いているうちにはまります。(40代男性)

 

 

1位.井上陽水 「少年時代」(49票)

井上陽水「少年時代」がおすすめの理由

親が井上陽水が大好きなので、よく聞いていました。この曲が出た頃の時代は知らないのですが、なぜか懐かしい気持ちになる歌です。(20代女性)

夏になると耳にする曲です。レトロな曲調と歌詞を聴くと、なんだか懐かしい気持ちになります。夏の曲でありながら、少し切なさがあるところが好きです。(20代女性)

2度と戻れない少年時代、そんな情景がこの歌を聴くと脳裏に浮かびます。優しい歌声とメロディで懐かしい気持ちになれる、名曲です。(30代女性)

なんとも叙情的な歌詞。カラオケで下手くそな人に歌われると憤りさえ感じるリスペクトしている一曲。歌い継がれて欲しい名曲。(50代女性)

この少年時代をかなり素晴らしいです。井上陽水さんらしく凄くスケールの大きい感じが凄くステキですだから好きです。(40代男性)

井上陽水さんの歌声はねっとりとしていて特徴的。 だから心に響く素敵な歌が後世にもずっと残るんでしょうね。(40代女性)

中学生のときの合唱コンクールで歌った曲です。当時を思い出す懐かしい思い出です。世代ではありませんが、幅広く親しまれてると思い選びました。どの世代にも言えると思います、それぞれの懐かしい甘くほろ苦い記憶を蘇らせてくれると思います。(20代男性)

歌詞については井上陽水独自の色が出ていて意味が分からない部分もありますが、今はもう戻れない少年の頃を思い出し懐かしく感じる名曲です。(30代男性)

ゆったりとしたトーンで昔懐かしい時代や少年の心情を分かりやすく歌っているところが魅力的なのでオススメです。(20代女性)

この曲はスローテンポで音域がかなり狭く、音程が上下することもないため大変歌いやすい曲といえます。盛り上がる曲ではないですが、思わず口ずさんでしまうようなすてきな1曲です。誰もが一度は聴いたことのある超有名曲です。(50代男性)

この曲を聴くと子どもの時夏休みをどう過ごしていたか思い出してしまう。入道雲が浮かんでいる青い空、また同時に夏の終わりのもの寂しさを感じて感傷的になってしまう良い曲です。(40代男性)

この曲は井上陽水さんの中でも自分が一番好きな曲です。歌詞と歌声が凄く広がりを感じて素晴らしいから好きです。(40代男性)

インパクトがあり個性的な歌詞の曲を作る井上陽水さんが、こんなに日本情緒漂う流れるような名曲も作れると知り、アーティストとしての幅の広さと日本を代表する歌い手なのだということを再認識しました。(40代女性)

夏に終わりになると思わず口ずさんでしまうこの曲、短い曲の中に日本語の美しさと日本を彩る夏の美しい情景が目に浮かぶ名曲。(30代女性)

奥深い曲だと思います。ゆったりしたりがピアノと、とてもあっていて心地いい。歌詞に造語が入っていますが、昔を思い巡らすことができる素敵な曲です。(50代女性)

中学生の時に合唱で歌ってから歌詞がとてもひびき、今では思い出の一面の曲となりました。今でも聞くの中学生の時の楽しかった思い出を思い出します。(20代女性)

ゆったりとした曲調と陽水のネットリとした甘い声がマッチして、心に残る名曲だと思います。少年時代の淡くはかない思いとか心情を写し出した耳に残る曲です。私個人としては、友人の御主人が、35歳の若さで亡くなった葬儀の最後に流れた曲で、彼の顔と彼がたどってきたであろう歴史、彼女との出会いが走馬灯のように写し出され、見送る彼女の顔が、今もはっきりと思い起こされ、私にとっては、とても物悲しい一曲になってしまいました。(50代女性)

うちの父親がカラオケにいくと必ず歌います。曲調がとても穏やで何度でも聴きたくなる曲で、今では私もカラオケに行くと歌います。(30代男性)

私の親や祖父母の世代の曲ですが、初めて聞いたときにすぐ好きになりました。日本らしさが感じられて、夏の終わりに聞くと泣きたくなる曲です。(10代女性)

青春時代を思い出させる歌詞とスローテンポな音楽がいい。私の中学時代に流行った音楽でこの曲を聴くと一気にそのころを思いだします。(30代女性)

中学生の頃、音楽の授業で習いました。この曲が、井上陽水さんの曲とは知らなくて、初めて聴いたときに、独特な声で、耳から離れなくなり、何度も聴いていて落ち着く曲だなと思います。(30代女性)

とても懐かしい日々を思い出せるような歌詞とメロディが心をほぐしてくれそうな曲です。世代を超えていく名曲です。(30代女性)

この曲を聴くと夏の終わりという印象があり昔の思い出が蘇る気がして好きです。陽水さん独特のワールドが素敵です。(40代女性)

いつまでも名曲を出し続ける井上陽水の歌ではナンバーワンだと思います。切なくて半端ないいい歌でなけます(30代女性)

懐かしさが心の過ぎる曲子供の頃を思い出させてくれる。井上陽水の曲は心もよう・傘がない・夢の中へと素晴らしい曲は谷もありますが、その中でも一番心に残っています。(60代男性)

夏が終わり秋のなぜだか寂しい感じの季節がくると、やはりこの曲を思い出しては陽水の声に切なさを重ねてしまう自分がいるので。(30代女性)

この歌の一番の魅力は「風あざみ」という単語が出てくるのですが、これは日本語の単語ではありません。これは井上さんが語呂合せで美しい響きだなと思って作られた単語に魅了されました。(30代女性)

外見とは全く違う声に、唖然とした曲です。凄い綺麗な柔らかい声にめちゃくちゃ惹かれます。曲調も陽水さんにとってもマッチしています。(50代男性)

毎年夏になると聞いています。夏の思い出や幼かった頃の出来事を思い出したりして切なくいい曲です。また、年代が進んでも皆が知っている有名な曲です。(30代男性)

千年たっても色褪せない曲だと思います。というコメントを拝見したことがあるんですが、ほんとその通りだなと思った一曲です。(40代男性)

この曲は年齢を重ねて聴くと無邪気な幼少期の頃の色んな思い出が蘇ってきてその頃にしか味わえない楽しい日々が懐かしく思いました。(30代女性)

景色が浮かぶような歌詞と、どこか懐かしいメロディが聞いていてとても心地よい歌です。陽水さんの声もとても合っていて、田舎に帰りたくなります。(40代女性)

夏といえば!で思い出される曲の1つです。カラオケでは1年中歌ってます。ゆっくりな曲のテンポと優しい感じの井上陽水さんの声がすごくいい気分にさせてくれます!(20代女性)

小学校や中学校時代の、夏休みを思い出します。あまり覚えていませんが、こんな時もあったなと懐かしがっています。(50代男性)

日本の良さが凝縮されたような曲です。聞くだけで、幼い頃の友達の顔や、一緒に遊んだ時のにおいまで思い浮かんでくるようです。古き良き時代を思い出させてくれるステキな曲です。(40代女性)

昭和の戦争末期の夏の田舎の風景を思い出すからです。蝉が鳴いて子どもたちが走り回って、西瓜を食べている風景も思い起こします。この風景は今の平成の時代にはなくなってしまったのかなという寂しさも思い起こす、ちょっとした切なさを感じられ、自分の心に響きます。(30代男性)

きれいな声と歌詞、胸が切なくなるようなメロディが、子どもの頃に感じていた夏の空気を思い出させてくれるから(30代女性)

歌詞が非常にわかりやすく、心に受け止めやすかったです。八月は夢花火や夏がすぎ風あざみなど独特の言葉が心にささります。井上陽水の独特の歌い方が更にこの歌を盛り上げています。(50代男性)

結構前の曲だと思いますがいつ聴いても心がおだやかになる感じがします。もちろん当時の楽しかったことも思い出されますし時折聴きたい曲だと思います。(50代男性)

井上陽水の歌詞は独特なフレーズと言い回しが特徴でどれも井上ワールドである。中でも少年時代はノスタルジックで彼の声の耳障りの良さとマッチしている。(50代女性)

ゆったりとしたメロディーでとても懐かしい気分になる曲です。誰もが知っている名曲で素晴らしい歌だと思います。(40代女性)

この曲を聴くと何だかジーンとして、昔を思い出します。ここでは、フルで聴けるので嬉しいです。井上陽水さんの歌声が素敵です。(40代女性)

もう、名曲ですね!井上陽水さんの代表作ですね。小学生のころに聞き皆で口ずさんでました。少年時代の夏模様が凄く鮮明にわかる曲だと思います。(30代女性)

遠い夏の思い出が美しい光景で包んでくれるような素敵な歌です。井上陽水の甘い声がぴったりでカラオケでよく歌っています。(60代女性)

井上陽水さんと言えばこの曲、井上陽水さんの伸びやかな声と気持ちいい高音が、すっと体に溶け込んでいくような心地よい曲だから(40代男性)

子供の頃の記憶がよみがえってきて懐かしく、大人になった自分を見直してさみしくもなる。そんな気にさせてくれる曲です(40代男性)

子供の頃を思い出し、懐かしい楽しい気持ちになれる。子供の頃の思い出がよみがえる。井上陽水の名曲です。(30代男性)

この曲を聴くと夏休みが終わってしまうと感じた子供心のちょっと寂しい想いが思い出せる曲です。夏の楽しさと、終わってしまう寂しさがミックスされた曲だなと思います。(40代女性)

ゆっくりとした曲調なるので聴いているだけでほっこりします。年代は違うのですが、歌詞にある通り、夏が過ぎたら聴きたくなります。(20代男性)

 

 

1票入った井上陽水おすすめの曲も紹介

 

井上陽水 「care」(1票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「care」がおすすめの理由

爽やかなサウンドと、ふわっとした井上陽水の歌声はまさに夏、女優・吉田羊と話題の子役・鈴木梨央演じる、のほほんとした仲良し母娘の姿もまた印象的です。こちらは、井上陽水が大塚製薬「ポカリスエット」のCM曲に書き下ろした楽曲です。(50代男性)

 

 

井上陽水 「Make」(1票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「Make」がおすすめの理由

確か陽水さんは作詞だけ担当していて、曲は他の方が書いたはずです。ある日どこかのスタジオで人を待っている時に歌詞のついていないこの曲のデモテープが流れていて、退屈しのぎに歌詞をかってにつけてしまって出来た曲だそうです。そんな短時間にこんな世界観のある歌詞を書き上げてしまうなんてこの人の頭の中はどうなっているのでしょうか?天才としか言い様がありません。この曲が流行っていた頃、フォーク好きな先輩が「あんなものは陽水でない!」と言ってましたが、僕はカッコいい曲だと思って当時カラオケでも良く歌っていました。(40代男性)

 

 

井上陽水 「SAKURAドロップス」(1票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「SAKURAドロップス」がおすすめの理由

宇多田ヒカルさんの歌をカバーしていますが、本人とイメージが違って明るくなっていますが、これはこれで素敵な歌になっています。(40代女性)

 

 

井上陽水 「ダンスはうまく踊れない」(1票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「ダンスはうまく踊れない」がおすすめの理由

ムードがあって、外国の香りがする歌です。まるで映画を観ているかののような歌詞で、何度も聴いてしまいます。(40代女性)

 

 

井上陽水 「とまどうペリカン」(1票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「とまどうペリカン」がおすすめの理由

歌詞が何とも言えなくて独特で、井上陽水さんしか歌えない歌だと思います。切ない歌が彼の声にピッタリです。(40代女性)

 

 

井上陽水 「夏模様」(1票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「夏模様」がおすすめの理由

見かけとは裏腹に、とってもきれいで、澄んだ、優しい声で、とっても丁寧に歌いあげています。不思議な井上陽水ワ-ルドを是非!。(50代男性)

 

 

井上陽水 「最後のニュース」(1票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「最後のニュース」がおすすめの理由

ニュースで取り上げられるような世の中の様々な問題を陽水さん独自の視点や切り口で弾き語る名曲です。ところどころ耳を塞ぎたくなるような表現もでてきますが、サビと言えば良いのでしょうか? 「今あなたに〜 」のところではホッとさせてくれます。(40代男性)

 

 

井上陽水 「新しいラプソディー」(1票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「新しいラプソディー」がおすすめの理由

詞もメロディーもアレンジもとにかくきらびやかです。デビュー当時の頃の四畳半フォーク的イメージとはまた違った陽水さんの魅力を堪能してもらえると思います。高音のファルセット(裏声)も冴えわたっていますね。(40代男性)

 

 

井上陽水 「積み荷のない船」(1票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「積み荷のない船」がおすすめの理由

劇的紀行・深夜特急の主題歌。夜の港から遠く海外へ貨物船が旅立って行く風景が頭に思い浮かび、旅に出たくなる曲。個人的には夜のドライブでしっとりとした雰囲気で走りたい時にもお勧め。(30代男性)

 

 

井上陽水 「東へ西へ」(1票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「東へ西へ」がおすすめの理由

頑張れ!頑張れ!というフレーズ今でも口づさんでしまいます。70年代の若者のやるせない心情がこの歌詞が代弁しているようでとても好きでした。ギター弾きながらよく歌っていました。(60代女性)

 

 

井上陽水 「夢の世界」(1票)

YouTube動画はこちら

井上陽水「夢の世界」がおすすめの理由

まるで子供の頃を思い出してくれるポップで明るい感じのメロディーに気持ちがはずみます。楽しみながら聞けるのでオススメです。(20代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました