交渉・交渉術に関する本おすすめ77選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの交渉・交渉術に関する本

 

1.デール・カーネギー(D.カーネギー)「人を動かす」

交渉・交渉術に関する本 デール・カーネギー(D.カーネギー)「人を動かす」がおすすめの理由

1930年代に出版された本ですが、人間関係における普遍的な法則を実際のケースに基づいて紹介していて、80年近く経った今でも納得する内容ばかりです。特に、会社や上司との関係や交渉術についてのエピソードは、ついつい我々が犯してしまう間違ったアプローチの仕方についても触れており、「わかるわかる」と思いながら一気に読み進められました。(20代女性)

もともとこの本を知ったのは、恋愛指南本としてでした。ですが、本来この本は、人とのコミュニケーション力をつけるためのTIP集だと思います。日常のどこにランチを食べに行くかお互いの意見を調整するとき、仕事の交渉をするときなど、幅広いシーンで役立つことでしょう。すべての内容が、言われてみれば、その通りだと感じ、わかっているのになぜ今まで実践してこなかったのかと不思議な気持ちになりました。ストレスを感じたときも、どうすれば回避できたのかのヒントを得る手がかりにもなる本です。まさに、バイブル!(50代女性)

「人を動かす」というタイトルからは、思いのままに他人を操る人心掌握術のような印象を受けるかもしれません。しかし、それに反して内容は「人に対して敬意を払うことの大切さ」を豊富なエピソードと共に伝えてくれるものです。表面的で本質をおろそかにするようなビジネス書では満足できない方にオススメしたいです。(30代女性)

1937年から続く、世界的なロングセラーです。自己啓発書の元祖と称されています。人の気持ちを動かすための、心理学的な基礎理論がわかりやすい言葉で展開されています。例えば、「人を動かす三原則」、「人に好かれる六原則」、「人を説得する十二原則」など、さまざまな場面ですぐに使うことができる理論が書かれており、実生活に役立ちます。(30代女性)

 

 

2.メンタリストDaiGo「一瞬でYESを引き出す 心理戦略。」

交渉・交渉術に関する本 メンタリストDaiGo「一瞬でYESを引き出す 心理戦略。」がおすすめの理由

DAIGOさんの本は他にも読んだことあります。 心理を読みとくのは難しいのかと思いがちですが、この本ではそんなに難しい事ではなく、身近な日常で実践できるものばかりです。 読みやすく、すぐに読破できました。(40代女性)

人間関係を良好にするためのチャンスやキッカケについて勉強になります。持ち物などを観察して話題を見つけ出す。初対面の人や堅苦しいであろう方との接し方の取っ掛かりが大切だとそしてそのキッカケは必ずどこかにあるとセンサーを張るキッカケとなりました。(30代男性)

 

 

3.佐藤 優「交渉術」

交渉・交渉術に関する本 佐藤 優「交渉術」がおすすめの理由

外交交渉とはどのように動いているか一般の人にとっては無縁の世界。その世界の一部を垣間見ることができた。フィクションなのかノンフィクションなのか、わからないが物語として読んでも面白い。ノウハウものかと思ったら全然違った。面白かったけど。こういう政治ものはあまり読まなかったので、すこし幅が広がった気分です。(50代男性)

その名の通り「交渉術」という本で、外交官として世界を股にかけた佐藤氏の知見が学べる一冊。 自らが深く関わった北方領土問題を中心に鈴木宗男や森総理などの有名政治家との交流に関する詳細なエピソードが載っていて相当読み応えがあります。 ビジネスに応用できるかは分かりませんが、命がけで臨んだ修羅場のスリルや雰囲気は読後に充実感をもたらします。(30代男性)

 

 

4.田村 次朗,隅田 浩司「戦略的交渉入門」

交渉・交渉術に関する本 田村 次朗,隅田 浩司「戦略的交渉入門」がおすすめの理由

正論を振りかざしても相手は屈服しないため、利益と損失にフォーカスすべし。発言の真意を知りたいときは「なぜ?」ではなく、「もう少し詳しく、説明していただけますか」。パワープレーヤーから話をよくきき、沈黙するというのも手。そのような提案を受け入れた場合にはどのような合意内容になるのか説明してもらえるか。事前準備の5step:状況の把握、ミッション、自分の強みを探す、ターゲティング、BATNA。合意しやすい内容から話始める。(50代男性)

わたしは人とコミュニケーションをとるのが苦手です。いつも色々考えてしまって会話力もないと思います。この本は交渉術の入門編で読みやすく、人と人との会話の基礎にもなるのかなと思いました。とても分かりやすく勉強になりました。いくつか実践してます。(30代女性)

 

 

5.佐々木圭一「伝え方が9割」

交渉・交渉術に関する本 佐々木圭一「伝え方が9割」がおすすめの理由

普段自分では何気なく言った言葉が相手を傷つけてしまったり、自分の伝えたいことが伝わらなかったり、「人に伝える」ことは簡単なことではありません。この本を読むと、そんな悩みの手助けをしてくれるようです。自分の言いたいことを伝えるには、技術も必要だと感じました。(10代女性)

今自分の感じている課題として、自分の話す内容が人に伝わらないことだと思っていた。その中で本を見つけ読んだところ、今までの自分の話し方がおかしいことに気づき、本に書いてある手順を実行したところ結果として相手に物事が伝わるようになったから。(20代男性)

 

 

6.「負けない交渉術―アメリカで百戦錬磨の日本人弁護士が教える」

交渉・交渉術に関する本 「負けない交渉術―アメリカで百戦錬磨の日本人弁護士が教える」がおすすめの理由

アメリカで弁護士を務める著者による、実例を交えた交渉術。日本人は交渉下手、空気を読むなどと言われますが、海外ではそれは通用しません。「交渉は時間をかけた方が元を取ろうと成約する可能性が高い」など、ビジネスで役に立つ交渉術が盛りだくさんです。(40代男性)

消費者としての身近な交渉から日米の企業同士のシビアな交渉まで、要点毎に具体例をはさみつつ説明されています。「和を以て貴しとなす」日本的商習慣と「よく鳴る自転車は油をさされる」欧米的商習慣がよく比較されていますので、外資系企業で働く方、欧米の会社・消費者を相手にする方には特におすすめです。 全般的にやわらかく平易に書いてあるので、エッセイ感覚で読み進められると思います。(20代女性)

 

 

7.西村 貴好「〈ほめる達人〉が教える人に好かれる話し方41: 「言った自分」も、「聞いた相手」もうれしくなる!」

交渉・交渉術に関する本 西村 貴好「〈ほめる達人〉が教える人に好かれる話し方41: 「言った自分」も、「聞いた相手」もうれしくなる!」がおすすめの理由

人をほめるだけではなくて、使わない方がいい言葉だったり、人に向ける言葉だけじゃなくて自分に向けての言葉だったり、気にとめておきたい内容が詰まった本でした。最後の方にあったのですが、自分が失敗したり行き詰まったりして、結局360度回って同じようところに居るなーって落ち込んだとしても、それは以前の私とは違う。以前と同じ場所のように見えるけど、らせん階段を上がるように人生のステージを上がって成長している。この説明は凄くポジティブに考えれるなって思った。(50代男性)

 

 

8.大前研一「「リーダーの条件」が変わった」

交渉・交渉術に関する本 大前研一「「リーダーの条件」が変わった」がおすすめの理由

能力なきリーダーしかいない日本の不幸から始まって、今の世の中に適応していくリーダーがいないことを嘆いている本です。大震災以降リーダーに求められっている資質は大きく変わったと言っています。危機に対してすぐに対応できる人材、交渉、交渉能力もリーダーの資質に必要です。日本はこのリーダーを育てる教育を、始めたほうが良いと思いました。(60代女性)

 

 

9.佐々淳行「「危機管理・記者会見」のノウハウ」

交渉・交渉術に関する本 佐々淳行「「危機管理・記者会見」のノウハウ」がおすすめの理由

警察官僚、防衛施設庁長官、のちに初代内閣安全保障室長となった筆者が遭遇した事件、事故に対して行った記者会見のエピソードを交えながら、危機管理、記者会見のノウハウ、他者との交渉術を学べるからです。実際にあったエピソードが興味深い上、非常に読みやすく、引き込まれる文体で、筆者の他の著書も読みたくなります。(40代男性)

 

 

10.DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部「「交渉」からビジネスは始まる」

交渉・交渉術に関する本 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部「「交渉」からビジネスは始まる」がおすすめの理由

はっきり言って1番うざい交渉は社内の偉い人である。アメリカ人と中国人の交渉術が水と油ほど違うらしいので1度修羅場を見てみたいもんだ。戦術というか、各論的な本なので、他の基本書的・教科書的な本を読んでいないとちょっと分かりづらい。これだけを読んでると、結局小手先の戦術になりそう。(50代男性)

 

 

11.潮凪 洋介「「男のオーラ」のつくり方」

交渉・交渉術に関する本 潮凪 洋介「「男のオーラ」のつくり方」がおすすめの理由

男性が女性に好かれるためのハウツーですが交渉術を学ぶのにもおすすめです。非常にわかりやすい表現で読みやすいですし、あー確かにと納得できるような内容が多く、男性が読んでいて参考になる部分が多いと思います。いわゆる自己啓発本に飽きた人にはお勧めです。(20代男性)

 

 

12.福田 健「【図解】聞く力 話す力がたちまち身につく40の技術」

交渉・交渉術に関する本 福田 健「【図解】聞く力 話す力がたちまち身につく40の技術」がおすすめの理由

仕事の関係で借りてみた。望む方向とはちょっとずれていたが、図解の説明があり解りやすかった。自分には圧倒的に聞く力が足りないと思って読んだ。改めて考えると当たり前のことができていないんだなと気づかされました。(50代男性)

 

 

13.田村次郎「16歳からの交渉力」

交渉・交渉術に関する本 田村次郎「16歳からの交渉力」がおすすめの理由

ハーバードロースクールとも一緒に交渉学の研究をしていらっしゃる慶應大学の田村次郎先生が、ティーン向けにわかりやすく交渉学を開設した本です。交渉学の第一人者の先生の著書を手軽に手に取れるのがとても魅力的です。(10代女性)

 

 

14.「1億売る女の8つの習慣」

交渉・交渉術に関する本 「1億売る女の8つの習慣」がおすすめの理由

営業職の女性にとって女性であることがマイナスになるのではなく、プラスとして活かしていくノウハウが書かれています。営業職で活躍する女性は今は多くなりましたがまだ、男性社会であるところも多いはずです。女性であることを最大限に活かし、いい意味で男性と差別化し成果をだしていく方法がわかりやすく書かれているので一度読んでみると参考になると思います。(20代女性)

 

 

15.池田和政「3,000人の営業同行の現場から: ~アメリカのトップ企業が使っているのに日本では使われていない営業&コーチングスキル実践集~」

style=border:none

交渉・交渉術に関する本 池田和政「3,000人の営業同行の現場から: ~アメリカのトップ企業が使っているのに日本では使われていない営業&コーチングスキル実践集~」がおすすめの理由

本書の経験と論理に裏打ちされた内容を読んで、これまで整理できていなかった事柄や、力業でやって来た事が、全て白日の下にさらされた感覚を味わいました。ある意味ショックでした。最近の若い人達の低いコミュニケーション能力を容赦なく指摘し、コーチングしていく著者の姿勢は、非常に真摯なものと好感を持って読めました。多くの若い営業パーソン、マネージャーの方々に読んで欲しい逸書と思います。(50代男性)

 

 

16.岸正龍「30秒心理テクニック100 人の心に忍び込み、思い通りに人生を開く」

style=border:none

交渉・交渉術に関する本 岸正龍「30秒心理テクニック100 人の心に忍び込み、思い通りに人生を開く」がおすすめの理由

短くて読みやすい本。 キンドルで安く、お手軽に読めます。 テクニックとして簡単に使えるものばかりなので実践向きですが、これがテクニック?と思ってしまうものもあります。 お値段相応かもしれませんが、気に入っています。(40代女性)

 

 

17.ジョー・ナヴァロ、マーヴィン・カーリンズ「FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学」

交渉・交渉術に関する本 ジョー・ナヴァロ、マーヴィン・カーリンズ「FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学」がおすすめの理由

しぐさから読み取れる心理学が学べました。初歩的な交渉術やわかりやすい仕草から、会話術まで内容が充実していて、最後まで飽きない内容となっていました。元FBI捜査官という立場から体験談を交えた構成がとても面白かったです。(10代男性)

 

 

18.浅田すぐる「いまの説明、わかりやすいね!と言われるコツ」

交渉・交渉術に関する本 浅田すぐる「いまの説明、わかりやすいね!と言われるコツ」がおすすめの理由

“なぜ上手く説明できないのか”、“わかりやすい説明の条件”、“どうすれば説明上手になれるのか”の順に各項目ごとに3つの“理由”、“ポイント”、“方法”をシンプルにまとめています。わかりやすい上に、実践しやすいです。(20代女性)

 

 

19.松島斉「ゲーム理論はアート」

交渉・交渉術に関する本 松島斉「ゲーム理論はアート」がおすすめの理由

個人や企業の意思決定に用いられる「ゲーム理論」の背景についての著書で、交渉術にも応用できます。ゲーム理論はえてして専門的な構造や数式で書かれていて、理屈までは理解できないことが多いのですが、本著ではあえて「アートだから理解が及ばない点もある」とする大胆な発想を学べました。(30代男性)

 

 

20.ボブ・バーグ「こういう時に人は動く 影響力5つの原理」

交渉・交渉術に関する本 ボブ・バーグ「こういう時に人は動く 影響力5つの原理」がおすすめの理由

対人関係や自分自身の感情のコントロール、内面についての悩みのヒントになる一冊だと思います。読んでいく中で自分の人生にも似たような場面があったように感じましたし、これからそんな場面があった時に、より良い対応をできるように思わせてくれます。(30代男性)

 

 

21.メンタリストDaiGo「ストレスを操る」

交渉・交渉術に関する本 メンタリストDaiGo「ストレスを操る」がおすすめの理由

考え方やちょっとしたことを日々実行することで、日々のモチベーションをあげたり、自信につなげたりすることで、自分のストレスを操ることにつながると、学ぶことができたから。現代社会に生きる我々は、メンタルを守らないと生活していけない。精神病イコール現代病と呼ばれている現代だからこそ、この内容には感銘をうけた。(60代女性)

 

 

22.二村ヒトシ「なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか」

交渉・交渉術に関する本 二村ヒトシ「なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか」がおすすめの理由

人が人のことを、好きになったり嫌いになったりする心の動きが丁寧に説明されています。この本を理解してから他人と向き合えば、心の通った、それでいて無駄のない人間関係が構築されると思います。そういったコミュニケーション術は人と交渉をする際に必須だと思うし、自己主張しつつ相手を味方につける方法は、何にでも応用が効くと思うのでオススメです。(20代女性)

 

 

23.ローレンス・サスキンド「ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術—信頼関係を壊さずに最大の成果を得る6原則」

交渉・交渉術に関する本 ローレンス・サスキンド「ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術—信頼関係を壊さずに最大の成果を得る6原則」がおすすめの理由

相手にとって悪くなく、自分にとって願ってもないほどの交渉結果を引き出す」ための交渉の戦略が書かれた一冊。交渉相手と共同で事実を探ること、長期的な視点で付加価値を創造できるような合意形成をすること、「もし○○なら××する」という条件付き合意案で想定外の事態に備えること、必要なら仲裁者やファシリテーターを利用すること、等具体的な戦略が書かれていてわかりやすいです。自分が交渉する立場になったときどうすべきかについて、本書で書かれていたことを参考に考えておきたいです。(50代男性)

 

 

24.荒井 裕樹「プロの論理力! トップ弁護士に学ぶ、相手を納得させる技術」

交渉・交渉術に関する本 荒井 裕樹「プロの論理力! トップ弁護士に学ぶ、相手を納得させる技術」がおすすめの理由

弁護士ならでは交渉術。無理な要求をどうやってお金に変化させるのか。どう納得させるのか。などを記載されています。また、交渉する際、自分自身はどのような状態でなければならないのか。何故怒ったまま交渉してはならないのか。など自身の体験を踏まえて書かれています。弁護士だからといって格式高いのではなく、弁護士でも一般人の目線にたった交渉術を披露しています。(30代女性)

 

 

25.藤井 一郎「プロフェッショナル・ネゴシエーターの頭の中」

交渉・交渉術に関する本 藤井 一郎「プロフェッショナル・ネゴシエーターの頭の中」がおすすめの理由

交渉は対等ではない、という前提はなるほどと思った。客観的な状況を把握し、時間と予算をにらみながら、演技力も駆使して、人間力で勝負。 行動経済学の損失回避性、アンカリング効果、自信過剰を理解しておくことは役に立つ。この人ならいいかと思ってもらえますように。(50代男性)

 

 

26.鶴見一沙「ホスト界の頂点に立つ男の「心を操る」技術」

交渉・交渉術に関する本 鶴見一沙「ホスト界の頂点に立つ男の「心を操る」技術」がおすすめの理由

著者が現役のころはナンバーワンホストであったことから様々な職業を接客してきた経験で培われたノウハウを具体例を挙げてわかりやすく書かれています。また、最後の章ではホストらしく女性に対するアプローチの方法も記されており、男性読者には背中を押されるような気分になる本です。(50代男性)

 

 

27.藤村 高志「まずは、自分をまるっと肯定しよう」

交渉・交渉術に関する本 藤村 高志「まずは、自分をまるっと肯定しよう」がおすすめの理由

自信がない人は交渉などできません。自分を否定して生きている人の何と多いことか、そのことに気づいた著者は、自ら全肯定心理カウンセラーを開業し、数多くの人々の悩みと向き合ってきました。幸せへの道は、自分自身をまず肯定するところから開かれるのです。(50代男性)

 

 

28.「マッキンゼー流 入社1年目 ロジカルシンキングの教科書」

交渉・交渉術に関する本 「マッキンゼー流 入社1年目 ロジカルシンキングの教科書」がおすすめの理由

ロジカルシンキングについて、とても分かりやすく解説している本です。 理論的なことだけではなく、現実に適用したらどうなるかを著者の実体験を元に丁寧に書かれています。 また、この本事態も論理的思考に基づいて書かれているため、すんなりと理解することが出来ます。(20代女性)

 

 

29.佐々木圭一「まんがでわかる伝え方が9割」

交渉・交渉術に関する本 佐々木圭一「まんがでわかる伝え方が9割」がおすすめの理由

佐々木圭一さんの「伝え方が9割」という実用書が、漫画テイストでわかりやすくなった一冊です。内容としては「以下に自分優位に相手に物事を伝えるか」を説いたものです。実際に読んでみると実は当たり前の考え方だったり、無意識のうちに行っていることが多かったりと、至極当たり前のようなことを書いているのですが、その当たり前を行うことで相手にどう作用するのか、当たり前のことをうまく活用するとどれだけ自分優位になれるのか、案外自分では気づけないところを的確に教えてくれるため、読むたびにハッとさせられる一冊です。(20代男性)

 

 

30.バルバラ・ベルクハン「ムカつく相手にもはっきり伝えるオトナの交渉術」

交渉・交渉術に関する本 バルバラ・ベルクハン「ムカつく相手にもはっきり伝えるオトナの交渉術」がおすすめの理由

このようなジャンルの本は普段あまり手にとらないのですが、タイトルのインパクトに興味を惹かれました。そして、著者の説く対話術を日常生活の中で試しに実践してみたところ、驚いたことにかなりの確率で有効だったので、今ではバイブルになっています。日々の生活で起こりうる様々なケースを具体例に挙げながら、相手にどう対すればよいのかをわかりやすく教えています。著者は外国人ですが、私たち日本人社会でも役に立つコミュニケーションスキルだと思います。むしろ自己主張の苦手な日本人に勧めたい1冊です。(50代女性)

 

 

31.植西聰「やっぱり「誠実な人」がうまくいく」

交渉・交渉術に関する本 植西聰「やっぱり「誠実な人」がうまくいく」がおすすめの理由

誠実に物事に向かっていく人は、やはり成功するのだと思いました。いくら交渉・交渉術がっ優れていても、誠実さが無ければ信用されませんので意味がありません。何をするにしても一番大切なのは誠実である事が大切です。誠実を、改めて考えさせられた本です。(60代女性)

 

 

32.谷富夫、山本努「よくわかる質的社会調査 プロセス編」

style=border:none

交渉・交渉術に関する本 谷富夫、山本努「よくわかる質的社会調査 プロセス編」がおすすめの理由

インタビューなどを行う際に役立つアドバイスが沢山詰まっています。もともとは社会調査向けに書かれた本ではありますが、どのような場面であっても応用が効くように思います。特に人との輪を広げて行く方法について社会調査の観点から書かれており、日常生活でも同じことができそうだと思いました。(20代女性)

 

 

33.カール・M. コーエン,スザンヌ・L. コーエン「ラボ・ダイナミクス―理系人間のためのコミュニケーションスキル」

交渉・交渉術に関する本 カール・M. コーエン,スザンヌ・L. コーエン「ラボ・ダイナミクス―理系人間のためのコミュニケーションスキル」がおすすめの理由

コミュニケーション力が不足しがちな理系人間が、研究を成功に収めるためのコミュニケーション能力の身に付け方について書かれた本。具体例が豊富でわかりやすい。日本でコミュ力というと、「上司や取引先に気に入られる能力」を指している気がするが、この著書ではプロジェクトを成功に導くことを主目的としている。「衝突を恐れるな」「立場ではなく利益を考えよ」にはハッとさせられた。色々自分のマネジメントを反省することしきり。私の研究スタイルとして、共同研究は積極的にやっていくことになるだろうが、その際の参考にもなるだろ。(50代男性)

 

 

34.「悪の交渉術」

交渉・交渉術に関する本 「悪の交渉術」がおすすめの理由

理屈やキレイゴトだけでなく、むしろ相手のメンツや立場を尊重するふりをして、おだてることで相手を納得させる方法が紹介されます。簡単に実践できるかは疑問ですが、現実には、相手をおだてるこの手の方法を上手に行える人ほど、世渡り上手として活躍できるのでしょう。(30代男性)

 

 

35.永松茂久「影響力」

交渉・交渉術に関する本 永松茂久「影響力」がおすすめの理由

SNSの普及により、一般人が芸能人のような影響力を手に入れる事が可能なった事により、自分自身をブランド化する事が可能になった。個の時代においてどのように自分をブランド化していくかの著者の体験に基づく方法が書いてある本です。今後の時代において自分をブランド化する重要性はよくわかりました。(50代男性)

 

 

36.ロバート・B・チャルディーニ「影響力の正体 説得のカラクリを心理学があばく」

交渉・交渉術に関する本 ロバート・B・チャルディーニ「影響力の正体 説得のカラクリを心理学があばく」がおすすめの理由

読み終わってみて、今まで漠然と捉えていた影響力というものにハッキリとした形が与えられたような気がした。恩義、整合性、社会的な証拠、好意、権威、希少性といった章のタイトルにもなっている六つの影響力の種類を示し、日常生活でどのように影響力が作用しているかを例をあげて説明している。情報社会と言われるようになって久しいが、誰もがネット上で影響力を与えあっている現代だからこそ、影響力の正体を知っておくことは必要なのかもしれない。(50代男性)

 

 

37.N.J.ゴールドスタイン,S.J.マーティン,R.B.チャルディーニ「影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣」

交渉・交渉術に関する本 N.J.ゴールドスタイン,S.J.マーティン,R.B.チャルディーニ「影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣」がおすすめの理由

影響力の武器」とほとんど同じ内容だった。後半の、影響力を与える要因は、文化によって違うという部分が前著と違う部分。個人主義的な文化の国ではコミットメント、自分の過去の言動との一貫性の影響力が強いのに対し、集団主義的な文化の国では、社会的規範や周囲の人との関係に訴えた方が効果的だという事です。(50代男性)

 

 

38.スティーブ・J. マーティン,ノア・J. ゴールドスタイン,ロバート・B. チャルディーニ「影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果」

交渉・交渉術に関する本 スティーブ・J. マーティン,ノア・J. ゴールドスタイン,ロバート・B. チャルディーニ「影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果」がおすすめの理由

行動を変えるという課題を抱え、しかもかなり長い間その変更から生じる利益を無視しているなら、将来の自分に対する義務を指摘するだけでは足りない。将来の自分の姿も見せるべきである。ビジネスで正しい行動を導く小さな工夫の一つは、ほかの人の誤った行動のカタログをいつでも利用できるようにしておくことである。人々の期待は非常に高く、現代のビジネスは複雑になりすぎており、その環境の中でミスなしにやっていくのは不可能だという、認識を持つことが大切。生じた間違いや問題を即座に解決するという目標に資源を投じる。(50代男性)

 

 

39.ロバート・B・チャルディーニ「影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか」

交渉・交渉術に関する本 ロバート・B・チャルディーニ「影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか」がおすすめの理由

生物としての人間が、社会を形成しその秩序維持の為に発達させてきたある種の本能的ないくつかの心理的な反応法則について書かれている。ある刺激を受けるとその反応のスイッチが自動的に入り、行動してしまういくつかのパターンが、セールスやマーケティング、扇動、詐欺に巧みに利用されている。しかしそうした自動的な反応は、刺激や情報を処理する過程を一部自働化することで脳の情報処理能力を節約している訳で、全てを疑いだすと疲れて肝心なことが考えられなくなるのではと思う。あれこれはひょっとして?と感じることが大切だと著者も言う。(50代男性)

 

 

40.百田尚樹「海賊と呼ばれた男」

交渉・交渉術に関する本 百田尚樹「海賊と呼ばれた男」がおすすめの理由

一見関係ないように思うかもしれませんが、何も持っていなかったが根性とやり通す力を持っていた青年が紆余曲折がありながらも、石油を売り、最後には海外とも交渉を持って貿易を成立させ、イランからも石油を輸入し、今どこでもみる有名な一流企業へと導いた交渉術はすごいと思います。また社員を思いやる心も今のビジネスを成功させていくのに必要な力だと再認識させられる本です。(30代女性)

 

 

41.「丸くおさめる交渉術」

交渉・交渉術に関する本 「丸くおさめる交渉術」がおすすめの理由

喧嘩をしても誰も得はしない、という、凄んだり脅したりが出来ない・苦手な自分にはぴったりな内容でした。交渉を早く片付けてストレスを抱えないようにする手段として、使える話術もあるかと思います。交渉の早期決着を狙う内容です。(40代男性)

 

 

42.佐藤桂「逆転交渉術 まずは「ノー」を引き出せ」

交渉・交渉術に関する本 佐藤桂「逆転交渉術 まずは「ノー」を引き出せ」がおすすめの理由

非常に勉強になった。原書が英語ということで英語でのこの言い回しが日本語にそのままあてはまるかな?と読む前は懐疑的でしたが、様々なシーンで使える要素を実例で紹介しているので、9割以上は使えるテクニック集だと思いました。(20代女性)

 

 

43.はあちゅう「言葉を使いこなして人生を変える」

交渉・交渉術に関する本 はあちゅう「言葉を使いこなして人生を変える」がおすすめの理由

言葉は伝えたいことを伝えるための道具なのに使い方次第でいい菊人生が変わると感じる一冊。心地よく生きる方法として、新たな言葉や感情に出会えて、これからのコミュニケーションにプラスしていこうと前向きに考えられました。(40代女性)

 

 

44.ディーパック・マルホトラ,マックス・H・ベイザーマン「交渉の達人」

交渉・交渉術に関する本 ディーパック・マルホトラ,マックス・H・ベイザーマン「交渉の達人」がおすすめの理由

交渉事例が豊富。交渉時、意思決定次のバイアスの紹介やその対策なども事例を踏まえて解説されている。 交渉においては善人であること、価値を想像することが大切です。非常に勉強になった。教科書のようにたびたび読み返したり探したりしつつ、実践していきたい。そうすることで身についていくと思う。(50代男性)

 

 

45.マックス・H. ベイザーマン,ドン・A. ムーア「行動意思決定論―バイアスの罠」

交渉・交渉術に関する本 マックス・H. ベイザーマン,ドン・A. ムーア「行動意思決定論―バイアスの罠」がおすすめの理由

ハーバード大学教授が書いてあるだけあって普段読むものとはだいぶ硬さが違い、時間がかかりましたが何とか読了。理解できないと進めないハードルの高さ故に言っていることが自分なりにでも解釈できると達成感ありました。さて。人が選択する際、様々な影響を受けていて具体的にはどんな影響があるのか。そういったことを理解したうえでどう選択したほうがいいのか、という内容。なかなかイメージしづらい例だったりもしましたが勉強になる一冊でした。(50代男性)

 

 
#N/A

47.「仕事もプライベートも「思い通りにならない相手」を動かす心理術」

交渉・交渉術に関する本 「仕事もプライベートも「思い通りにならない相手」を動かす心理術」がおすすめの理由

仕事でもプライベートでも、思い通りにならないとストレスが溜まります。この本は、様々な相手に対して、思い通りに動かすだけではなく、気づいたら相手が思い通りに動いているという状況を作り出すヒントをくれます。心理学の専門用語を用いており納得のいく内容になっているのがポイントです。(20代女性)

 

 

48.高杉 尚孝「実践・交渉のセオリー ビジネスパーソン必修の13のコミュニケーションテクニック」

交渉・交渉術に関する本 高杉 尚孝「実践・交渉のセオリー ビジネスパーソン必修の13のコミュニケーションテクニック」がおすすめの理由

交渉において、必要なことが簡潔に説明されています。決裂したときの次善策というのは、交渉していく中で強い味方になるんです。交渉テクニックごとに、良い例/悪い例の記載があり、わかりやすく構成されている。交渉はディベートとは違い論破するのが目的ではなく、双方の利益が出る形を目指すのが大事だと思います。(50代男性)

 

 

49.原田 節雄「実録・交渉の達人ーー国際標準化戦争秘録」

交渉・交渉術に関する本 原田 節雄「実録・交渉の達人ーー国際標準化戦争秘録」がおすすめの理由

有能なのだろうがとにかくクセが強い著者。直属の上司をすっとばし、辞表片手にソニーの副社長に昇進要求の直談判をする。規格標準化の裏側では熾烈な交渉が行われていることはよく分かったが、著者のキャラの方が印象に残ってしまった。(50代男性)

 

 

50.高梨 敬一郎「社会人として必要な「聞く力・話す力」の高め方―会話技術トレーニングブック パブリックスピーキングに欠かせない会話4力(論理力、表現力、理解力、対応力)をどう身につけるか」

交渉・交渉術に関する本 高梨 敬一郎「社会人として必要な「聞く力・話す力」の高め方―会話技術トレーニングブック パブリックスピーキングに欠かせない会話4力(論理力、表現力、理解力、対応力)をどう身につけるか」がおすすめの理由

これから社会に出て行く人、話し方が巧くないと思っている人はやってみるべき技法や心構えが載っている。章ごとにある練習問題をやることで鍛えられそうだ。話し合いより、聞き合いをする。質問は準備しすぎない。相手の話から、質問する。コミュニケーションから、まず関係を作る。結局、効率良く、関係を作り、長い目で成果も得られる。最後の方に書いてある聞く力と言うところが凄く自分の中でためになりました 聞いてる話をイメージして聞くと理解力がますんですね 今度からこれを利用したいと思いました。(50代男性)

 

 

51.松永修岳「女の運の磨き方」

交渉・交渉術に関する本 松永修岳「女の運の磨き方」がおすすめの理由

運を味方につけるという言葉がありますが、それを実践するにはどうしたら良いか?という本です。 幸せになるために具体的に書き込むリストが本の中にあるので実践するにはとても良いと思います。 これで女性らしくなれる気がします。(40代女性)

 

 

52.日野佳恵子「女性のためのもっと上手な話し方」

交渉・交渉術に関する本 日野佳恵子「女性のためのもっと上手な話し方」がおすすめの理由

本書では、仕事での女性ならではのコミュニケーションのトラブルに着目しています。遠回しな言い方だったり、時に感情的になってしまったりと、女性の性格や傾向に注意した上で、問題点の指摘やアドバイスを具体的で丁寧に述べています。(20代女性)

 

 

53.佐藤優「人に強くなる極意」

交渉・交渉術に関する本 佐藤優「人に強くなる極意」がおすすめの理由

外務省勤務時代のリアルな体験や政治家の鈴木宗男とのやりとりなどを通じて、仕事における交渉術や対人関係の極意の様々な例を知ることができ、また自身の有罪判決から今に至るまでの紆余曲折も描かれ、それもとても参考になる。(50代男性)

 

 

54.竹内一郎「人は見た目が9割」

交渉・交渉術に関する本 竹内一郎「人は見た目が9割」がおすすめの理由

タイトルにもあるように人と人が初めて会った時の印象やお互いへの思いは話しながら獲得していくものもあるが初めに会った時の見た目で判断したものがその多くを支配していて見た目というものはやはり重要な項目であると再認識できる。(20代男性)

 

 

55.メンタリストDaiGo「人を操る禁断の文章術」

交渉・交渉術に関する本 メンタリストDaiGo「人を操る禁断の文章術」がおすすめの理由

かつてメンタリストブームを巻き起こした筆者が、自身の経験から得た、文章によって人を操る方法を伝授してくれます。操るというと語弊がありますが、メールなどで書き方を少し工夫するだけで、相手に与える印象が大きく違うといったテクニックを数多く学べます。(50代男性)

 

 

56.斎藤茂太「人間関係、こう考えたらラクになる」

交渉・交渉術に関する本 斎藤茂太「人間関係、こう考えたらラクになる」がおすすめの理由

精神科医である著者が、患者から持ち込まれる様々な相談に対してアドバイスしてきた経験から、よくある人間関係のトラブルをいかに解決すればいいかのヒントを教えてくれます。この本に書かれた事例のどれかはは、必ず読者の悩むケースに合致します。(50代男性)

 

 

57.矢沢永吉「成り上がり」

交渉・交渉術に関する本 矢沢永吉「成り上がり」がおすすめの理由

昔の青少年のバイブルであったが、大人になった今読み返しても役立つ事が多い。広島からなけなしの金を握りしめ横浜にたどり着くとバーで働いたのも永ちゃんの交渉術。ジョニー大倉などの仲間との出会いも必然的であったように思えるが、キャロルとして成功するまで、多数の交渉を経て成功を手に入れている。社会人となった今でも参考になる事が記されている。(40代男性)

 

 

58.荘司雅彦「説得の戦略 交渉心理学入門」

交渉・交渉術に関する本 荘司雅彦「説得の戦略 交渉心理学入門」がおすすめの理由

確かに交渉には説得と相手の納得が必要だ。 適当に言いくるめようとしても人間は不思議と頭の中に?が残る。 理に叶っていない事、つじつまの合わない事は誰しも後から疑問がわき、そうしたときに相手を信頼出来なくなる。 解りやすく解説されていますので読んでみて欲しい。オススメです。(40代女性)

 

 

59.平山枝美「絶対に言わない接客の言葉」

交渉・交渉術に関する本 平山枝美「絶対に言わない接客の言葉」がおすすめの理由

接客業に就職して間もなくの頃、お客様とどのように接するかがわからずに教科書的なものを求めていた時に出会った一冊。単に心得や考え方だけを解くのではなく、場面に応じた具体例が豊富に盛り込まれており、とても分かりやすかったからです。(40代男性)

 

 

60.植田 統「絶対に負けない交渉術」

交渉・交渉術に関する本 植田 統「絶対に負けない交渉術」がおすすめの理由

著者は、ライブドア、JALの企業再生を担当した弁護士で、国際経営コンサルタントでもあり、プロの交渉テクニックを記述しています。交渉の場だけでなく、交渉した相手と長く良い関係を続けるための交渉術である。と記述しているように、単に勝負のみにこだわっていない交渉のテクニックが魅力的です。(60代男性)

 

 

61.「他人を支配する黒すぎる心理術」

交渉・交渉術に関する本 「他人を支配する黒すぎる心理術」がおすすめの理由

題名がとてもインパクトがあり、思わず買ってしまいました。 内容に関しては、黒すぎると言っているがとても理論的でわかりやすい心理テクニックが載っています。 この本1つで仕事やプラベートの対人関係に活かせるものが沢山ありました。仕事の対人関係で悩んでいる人には是非読んでもらいたいです。(20代男性)

 

 

62.「大人のものは言いよう事典」

交渉・交渉術に関する本 「大人のものは言いよう事典」がおすすめの理由

どちらかというと、日常生活というより、ビジネスマンが応用するのに使われる内容になっている。こんな場合はどの様な受け答えができるのか、印象に残るのかの参考が、シンプルにまとめ上げられている。仕事で悩んだ時に、さらりと読める小さなサイズの本。(40代女性)

 

 

63.話題の達人倶楽部編集「大人の国語力大全」

交渉・交渉術に関する本 話題の達人倶楽部編集「大人の国語力大全」がおすすめの理由

美しく正しく、そして知的な日本語を使いこなす事ができる大人になる事が目的の学習本です。直接な交渉術のノウハウ本ではありませんが、交渉を優位にそして円滑に進めるには、正しい言葉使いと知識が必要不可欠です。ビジネスでよく使う敬語、慣用句、ことわざなどの意味、使い方を簡潔に説明してあるので、直ぐに自身の交渉力を向上できる事間違いなしです(30代女性)

 

 

64.松下雅憲「店長のための「スタッフが辞めないお店」の作り方」

交渉・交渉術に関する本 松下雅憲「店長のための「スタッフが辞めないお店」の作り方」がおすすめの理由

飲食店を経営していくだけでなく、今はどこの企業においても人手不足が問題の一つとなっています。その人手不足を解消するためには、雇用主とスタッフとのより良い関係作りが重要となってくるかと思います。その関係作りにおいて、どのように相手を見極めるか、どのように対応するかで、スタッフを辞めさせない交渉ができるようになるための学びとなる本です。(30代女性)

 

 

65.別冊宝島編集部「田中角栄100の言葉」

交渉・交渉術に関する本 別冊宝島編集部「田中角栄100の言葉」がおすすめの理由

田中角栄と言えば日本のトップに立った元内閣総理大臣です。そのトップにまで登り詰めた男の人心掌握術と言うものは会社でも人の上に立つ者にしてら大変役立つ内容です。初めにまず結論を言え❗理由は3つまでだとか。私も最近では口頭や書面でもまずは結論からを心がけています。(40代男性)

 

 

66.赤羽雄二「頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方」

交渉・交渉術に関する本 赤羽雄二「頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方」がおすすめの理由

仕事で発言しなければならないのに、頭が真っ白になったり、突然話に突っ込んだ質問された瞬間に内容が頭から飛んで言ったり、そういう経験をされて悔しい思いをされたかたにおすすめです。頭が真っ白にならないための方法と日頃からの準備の仕方がわかりやすく記されています。(20代女性)

 

 

67.デール・カーネギー「道は開ける」

交渉・交渉術に関する本 デール・カーネギー「道は開ける」がおすすめの理由

デールカーネギーの「道は開ける」は、日本でも相当人気ある本ですが、この本にある内容は年齢を重ねた方には、「ああ、そうだったのか!」とうならせることが多い本です。「一日は、一日限りで生きよ」交渉をする人は、仕事が上手く行かなかったら、その反省を翌日に繰り越してしまいます。でも「道は開ける」では、脳ミソは「常に動いていて、翌日は、もっと良いアイデアがでることを、信じなさい」と説きます。この考えは、現在でも経営心理学でも正しい考えとされている方法です。「レモンを手に入れたら、レモネードをつくれ」とは、アイデアをいかに出すか?を説いています。これは失敗と思ったら、自分の責任にしないで、「アイデア不足だった」と考えるのです。まさに経営心理学の入門書であり、交渉術上達のために書かれた本とも言えます。(50代男性)

 

 

68.別冊宝島編集部「白洲次郎100も言葉 逆境を乗り越えるための心得」

交渉・交渉術に関する本 別冊宝島編集部「白洲次郎100も言葉 逆境を乗り越えるための心得」がおすすめの理由

私がこの本をおすすめする理由は、白洲次郎の人生や生き方を学ぶことが出来たからです。この本を読むまで私は白洲次郎がどのような人物なのか知りませんでした。実際読んでみて白洲次郎は戦後GHQとの日本国憲法をめぐる闘いで互角に渡り合い、マッカーサの任命により貿易庁長官を務めていました。この本の第1章に交渉があり、彼の強い精神力と決断力を認識しました。(20代男性)

 

 

69.木山泰嗣「反論する技術反論されない技術」

交渉・交渉術に関する本 木山泰嗣「反論する技術反論されない技術」がおすすめの理由

弁護士だけが知っている反論する技術と反論されない技術が詳しくわかります。いう言われたらこと返せ!反論されない技術が身に付きます。もう慌てない、いい負かされない技術もためになります。この本を読んでおくといろいろな場面で役だつ1冊です。(50代女性)

 

 

70.瀧本 哲史「武器としての交渉思考」

交渉・交渉術に関する本 瀧本 哲史「武器としての交渉思考」がおすすめの理由

交渉術を学びたい人はある程度社会で活躍し、これからもっと上を目指してきたいと考える人が多いのではないでしょうか。そういう立場だと知識や経験が物を言い、ついつい難しく考えてしまっている気がします。そんな人にはぜひ原点に、基礎に立ち戻ることでみえてくることがあり、そこに交渉術のヒントがあるということがわかる1冊。(40代女性)

 

 

71.阿川佐和子「聞く力」

交渉・交渉術に関する本 阿川佐和子「聞く力」がおすすめの理由

仕事上、お客さんのニーズを聞き出すことが重要なポイントとなっているため、記載の本を読みました。作者の感情の豊かさや気配り、気づく力など、人間性の豊かさをとても感じました。ガチガチのビジネス本ではないので大変読みやすかったです。(30代男性)

 

 

72.谷原誠「弁護士が教える気弱なあなたの交渉術」

交渉・交渉術に関する本 谷原誠「弁護士が教える気弱なあなたの交渉術」がおすすめの理由

著者は弁護士で、業務での実際の経験から交渉術を記述しています。「押しに弱い、口ベタ、話すのが苦手、そんな人こそ実は交渉に向いています」と真逆思考で、ビジネスでもプライベートでも使える交渉術には驚きと新発見があります。(60代男性)

 

 

73.一色 正彦,竹下 洋史「法務・知財パーソンのための 契約交渉のセオリー 交渉準備から契約終了後までのナレッジ Theory of Contract Negotiation for Legal Dep」

style=border:none

交渉・交渉術に関する本 一色 正彦,竹下 洋史「法務・知財パーソンのための 契約交渉のセオリー 交渉準備から契約終了後までのナレッジ Theory of Contract Negotiation for Legal Dep」がおすすめの理由

交渉としては、法的アプローチ、交渉アプローチ、リスクマネジメント的アプローチがある。成功率の高い交渉法として、影響者交渉という上か下かのガイドライン、一時的パワー、外部の要因依存、無原則に与えられる力がある。ジェラルド・ザルトマン教授の非言語コミュニケーションについて書かれている。全体的に、法学要素を真ん中にもってきて、理論ではないセオリーで挟んでいるという本の構成である。契約理論と思って手に立ったのは見当違いだった。(50代男性)

 

 

74.朝倉千恵子「魔法のセールストーク」

交渉・交渉術に関する本 朝倉千恵子「魔法のセールストーク」がおすすめの理由

お客様との関わり方、人との接し方は簡単なようで難しいです。どうしたら相手が心を開いてくれるかセールスをしている人だけが読む本ではなく話上手になるにはどうしたらよいかが書いてあるのでコミュニケーションが苦手方にもオススメの本です。(20代女性)

 

 

75.草下 シンヤ「裏のハローワーク―交渉・実践編」

交渉・交渉術に関する本 草下 シンヤ「裏のハローワーク―交渉・実践編」がおすすめの理由

裏社会の様々な交渉・実践の事例がまとめられており、同じような実践はとてもできないものの、人間の心理の分析や組織との交渉や顧客との交渉など、特に面倒なトラブル系の対応方法としては、それなりに参考になる本。(50代男性)

 

 

76.佐久 協「論語を楽しんで生かす本」

交渉・交渉術に関する本 佐久 協「論語を楽しんで生かす本」がおすすめの理由

有名すぎる孔子の論語を、現代社会のビジネスや人間関係においても参考になりように、わかりやすく解説された一冊です。当時の時代背景や、関連人物の紹介もあり、歴史読み物としても面白く、交渉、対人関係の参考書になると思います。(30代女性)

 

 

77.ダグラス・ストーン,ブルース・パットン,シーラ・ヒーン「話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話」」

交渉・交渉術に関する本 ダグラス・ストーン,ブルース・パットン,シーラ・ヒーン「話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話」」がおすすめの理由

これ程普段の生活に活用出来る内容はちょっと見られないと思う。「事実」「感情」「アイデンティティ」の3つを注意深く考えること。「責め」ではなく「加担」を明らかにすること。そのために好奇心を持ち「学ぶための会話」を行うこと。感じが良く賢いと思える人の話し方は確かに本書の点を抑えていると思えて納得感が強かった。定期的に読み直したい。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました