「働き方改革」に関する本おすすめ80選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

「働き方改革」に関する本おすすめ80選

 

1.「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」

働き方改革に関する本 「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」がおすすめの理由

今日、サラリーマンの給与は伸びなくなり、退職後の年金も減っていき将来に希望が持ちにくくなっています。LIFE SHIFTでは40代でキャリアのブラッシュアップまたは学び直しをすることによってより長く社会で活躍し、豊かな将来を切り開くノウハウが示されています。将来の日本が豊かになるためにも1人1人がLIFE SHIFTしてより社会の中で活躍することが必要ではないかと思いました。(30代男性)

これからの時代の生き方にあうのかなと感じた。人生の期間が平均して長くなっている今、過去の生き方を参考にするのではなく、変えていくことが必要。自分は定年後の人生をこの本を見て、危機感を持ちました。今から出来ることを少しずつ。(30代男性)

寿命が100歳までと言われている時代、私たちはどのように生きていくべきなのか考えさせられる1冊となりました。1億総活躍社会をと言われていることもあり、何歳まで働いてどのタイミングでリタイアするのか家族で話し合うキッカケをこの本が作ってくれました。(30代女性)

100歳まで長生きするのが、当たり前になってきた時代に合わせて、人生に新しいステージが現れてくることを提示している。選択肢を広げて、幅広いキャリアの必要性と無形資産の重要性が分かりやすく理解でき世代毎の傾向や、未来への可能性を感じることが出来る内容だから。(40代女性)

 

 

2.「可愛いままで年収1000万円」

働き方改革に関する本 「可愛いままで年収1000万円」がおすすめの理由

読んでいてすごくやる気がでるからです。筆者が特別な資格も持っておらず学歴も高くないので、私にもできるかもしれないと思わせてくれます。学歴など変わらないのに、成功した筆者と自分で何が違うのかを考えればいいので、今自分に足りないものに気づくことができました。ポジティブな言葉ばかりが書かれているので読んでいて前向きになれます。(20代女性)

「週休5日で年収1000万」と書かれていて、そんな生活してみたい!と思い読み始めました。しかし、やっぱりそれだけの収入を得るには国家資格や美貌が必要だったり、激務をこなさなければいけないのではないかと思っていました。 ところが読み終わるころには私にもできるかもしれないと、わくわくが止まらなくなってました。なにかを諦めている「普通」の女性が励まされる本です。(20代女性)

一昨年くらいにタイトルと週休5日、実働10時間で年収1000万円という表紙の文字に惹かれて購入しました。実際は実働10時間というよりは、好きなことをしているからブログを書くといったことは仕事時間に含まれていないようでした。 それでも、好きなときに、好きなことを、好きな場所で、好きなだけ仕事をして圧倒的な収入を得ている人がいるということを知ることができたことが衝撃でした。 もっと自由に働きたいと思うきっかけになった本です。20代やアラサー世代に特におすすめしたいです。(30代女性)

 

 

3.堀江貴文「多動力」

働き方改革に関する本 堀江貴文「多動力」がおすすめの理由

やりたいことで生きてきた堀江貴文ならではの本だと思います。内容も最後に箇条書きでまとめられており読みやすい。1つの仕事を好きじゃないけど生活のために働いてる人におすすめ。堀江さんは自分でも分からないくらい肩書きを持っており、多くのことをこなしています。その多くの好きなことで生きていくための力、多動力について堀江流の考えや方法が書かれています。(30代男性)

現代社会で必須となる多動力とはどのような力なのか、堀江貴文さん自身の経験を盛り込みながら書いてある。今までは1つのことを粘り強く続ける能力がある人が良いとされてきたが、今後は何にでも興味を持って行動出来る人が時代を築いていく時代。固定概念が覆るような視点に驚く。(20代女性)

この本を読むことで自分の生活の中で、何が必要なものかそうでないかを意識することができるようになりました。本の内容を鵜呑みにするわけではありませんが、成功している方の考え方はとても参考になります。自分の働き方、日常生活、物事の優先順位などについて悩んでいる方にはいい本だと思います。(20代男性)

 

 

4.「ホリエモンVSウシジマくん 人生はカネじゃない!」

働き方改革に関する本 「ホリエモンVSウシジマくん 人生はカネじゃない!」がおすすめの理由

ホリエモンがウシジマくんを通して、仕事や生き方について説明してくれる本。コミカルに書かれているのでスラスラ読む事が出来る。一見、ホリエモン独特の挑発的な表現も多いが、よく考えてみると納得の内容。人生や仕事に悩んでいる人にお勧めの本。(20代女性)

何かと話題の人物で、その著書も軒並み大ヒットしている実業家、堀江貴文の書籍、本作はヤミ金マンガで有名な闇金ウシジマ君とのまさかのコラボ! 内容は半分、マンガ、半分ビジネス本という風になっていて、とても読み安くなっています、現代社会とマンガ界の二大トリックスターの対決!! 見物です!(30代男性)

 

 

5.西野亮廣「革命のファンファーレ」

働き方改革に関する本 西野亮廣「革命のファンファーレ」がおすすめの理由

これからの時代と現代のネット社会への関わり方がわかりやすく読みやすい。副業されている方やこれからネットを使ったビジネスを始めようと思う方に必要な要素を簡単に説明しているので1度は目を通しておく価値があると思います。(30代女性)

考え方や働き方改革はもちろんのこと、今世の中がどのように動いているのか、もの・人・時間をどのように使えば有効的に使えるのか、お金とはどういうものなのか等常識を覆し、これからの時代どうやって生き抜いていけばいいのかなどが詳細に書かれています。文章量も多くなく、とても読みやすいのに心にしっかり響きます。必読書です。(30代女性)

 

 

6.沢渡あまね「仕事の問題地図「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方」

働き方改革に関する本 沢渡あまね「仕事の問題地図「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方」がおすすめの理由

働き方改革というワードが世の中に広く影響を及ぼすようになってきました。国会通過はまだですが、法制化される前だとしてもある残業削減などへの取り組みを行わなければ採用などいろいろな部分で会社は不利になります。そんな折、残業削減を目的とした業務効率化を考えるヒントとなったのがこの本です。とても読みやすく、わかりやすい内容で、大まかな方向性を考えるうえで大変役に立ちます。(30代男性)

本の題名に「で、どこから変える?」とあるように、ありとあらゆる職場の問題のパターン毎に原因や人間関係や部下の動かし方等の解決策が明示されており、一番初めに手を付けやすい取り組みやすい内容が書かれています。働き方の改革・改善には是非お勧めしたい本です。(20代女性)

 

 

7.「「テープ&音声起こし」即戦力ドリル」

働き方改革に関する本 「「テープ&音声起こし」即戦力ドリル」がおすすめの理由

自宅で出来るクラウドソーシングの仕事を探しているときに「文字起こし」を知りました。「文字起こし」について、出来るだけAmazonでの評価が高く、勉強ができる書籍を探し、行き着いたのがこの本です。 実際に勉強してみると、とても親切な解説と付属DVDの音声を聞きながらの練習方法がとても気に入りました。 そして、みるみる実践経験がつき、入力スピードアップと、テープ音声聞き取りのコツが身につきました。(50代男性)

 

 

8.「「やりがいのある仕事」という幻想」

働き方改革に関する本 「「やりがいのある仕事」という幻想」がおすすめの理由

こちらの本は森博嗣という作家の方が書かれた本で、もともとこの作家のかたのファンで読んだのがきっかけでしたが、現在している仕事のことで悩んでいた時に、仕事というものに取り組む姿勢について考えさせられました。森先生はもともと理系の教授ということもあり、考え方が合理的で、仕事について悩んでいた私には内容がすっと入ってきました。仕事というものは好きかどうかで選ぶものではない。お金を稼ぐためにしているものなのだから、そこに幻想を抱くな、仕事はしんどいからこそお金をもらえるのだとわりきることが大事だということ。悩んでいるのがばからしくなってくるほど、ばっさりとと切ったような森先生の考え方に同感でき、仕事について悩んでいる方にお勧めの1冊です。(20代女性)

 

 

9.松本利明「「ラクして速い」が一番すごい」

働き方改革に関する本 松本利明「「ラクして速い」が一番すごい」がおすすめの理由

一生懸命努力をするのではなくラクに仕事をすることで成果が出やすくなる、ということが、筆者の豊富な経験に基づく事例からわかりやすく解説されています。上司や同僚との付き合い方から無駄な会議のサボり方まで様々なテーマで具体的なノウハウが提示されており、多くのビジネスマンに明日からの働き方を見直すきっかけを与えてくれるはずです。(30代男性)

 

 

10.「「好きなことだけやって生きていく」という提案」

働き方改革に関する本 「「好きなことだけやって生きていく」という提案」がおすすめの理由

2017年の流行を考えると「好きなことを仕事にしよう」といった言葉を思い浮かべますが、この好きなことや夢といったものがないという人が意外に多いというのが実際のものと思います。仕事にしたいような好きなこと、こう考えるだけで大層な感じになっていますが、本書では、好きなことの定義を少し変えてくれるものとなっています。具体的には気になったことや興味をもったことを深く知っていくことで、自然と好きなことに変わるという考え方。好きなことというのは詳しく知っている状態である為、軽い興味から深堀していくことで好きなことと同じレベルの知識になり、それが好きになるという内容が書かれています。好きなことがなくて悩んでいるような方に必読な本です。(30代男性)

 

 

11.「「超」入門 失敗の本質」

働き方改革に関する本 「「超」入門 失敗の本質」がおすすめの理由

大企業に勤めている人に是非読んでいただきたい良書です。会社では、明らかに間違っている事がそのまま進む事がよくあります。実際にはみんな分かっているはずなのに、なぜか間違った方向に進んでいく。著者は、これを「空気」と称し、戦時下の日本軍をベースにその原因を話しておきます。「会社を変えていかなくてはいけない」そう思っている人にオススメの反面教師の本です。(40代男性)

 

 

12.出口治明「「働き方」の教科書」

働き方改革に関する本 出口治明「「働き方」の教科書」がおすすめの理由

今いる職場が全てではないけれど、もう少しここで頑張ってみようよ。人生の先輩に聞く、仕事を効率よく終わらせる方法とは?世代別に書かれた、いくつかの大切なこなるほどと、にっこりと微笑むだけで、部下の緊張はほぐれるのか。(30代女性)

 

 

13.熊谷徹「5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人」

働き方改革に関する本 熊谷徹「5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人」がおすすめの理由

日本人の多くは残業するのが当たり前と考えているような傾向にあると思います。この本を読んで目が覚めたことがたくさんあります。有給休暇を積極的に取ったり、残業に関しても管理能力のなさと見なされる。罰金を取られる。など日本では考えられない、内容が書かれています。元NHKに勤めていた方で著者が自らの体験を持って語っているので説得力があります。日本人は休暇を取ることに対しても罪悪感を覚えたりしますが、ドイツ人は長期の休暇を取ったりする。、それでいて国の経済が成長しているのですから驚いてしまいました。是非皆さんに読んでもらいたい一冊です。(60代女性)

 

 

14.「AI時代を生き残る仕事の新ルール」

働き方改革に関する本 「AI時代を生き残る仕事の新ルール」がおすすめの理由

AIについての技術的な知識が無くても、AIが職場に、仕事に入ってくることで、何がどう変わるのかを平易に解説している。AIについては、どうしても仕事を奪われるという短絡的な思考に陥りがちではあるが、この本では、様々な角度からその有効性と現段階におけるAIの可能性や限界についても考えさせられる内容になっている。(50代男性)

 

 

15.高橋歩「FREEDOM」

働き方改革に関する本 高橋歩「FREEDOM」がおすすめの理由

まだまだ、世界一周旅をするという人口が増えていない時に、こんな自由な生き方があってもいいんだと教えてくれた高橋歩さんの単行本です。シリーズがいくつかありますが、夢が湧き生き生きとしている言葉や写真から強く影響を受けています。その後色んな方が世界一周をして今では、比較的簡単に回ることが出来る時代に変化していると感じる1冊です。世界一周の元祖本です。(30代女性)

 

 

16.シェリル・サンドバーグ「LEAN IN」

働き方改革に関する本 シェリル・サンドバーグ「LEAN IN」がおすすめの理由

著者はフェイスブックのCOOであり、2児の母で、その彼女からのメッセージは働く女性のあり方について考えさせられるものでした。キャリアアップを目指す女性の転機となる出産・子育てなどにも触れており、女性と一緒に働く男性の方々にぜひ読んでもらいたいです。(30代女性)

 

 

17.立野井和恵「イケアはなぜ「理念」で業績を伸ばせるのか」

働き方改革に関する本 立野井和恵「イケアはなぜ「理念」で業績を伸ばせるのか」がおすすめの理由

創業以来、世界でトップクラスの売り上げを誇る家具チェーンイケア。そのイケアが成功した背景には、北欧スウェーデンならではの「理念」経営がありました。社員を家族のように扱い、ワークライフバランスを大切にする企業戦略で離職率を抑えた企業戦略は、現在声高に叫ばれている「働き方改革」のお手本です。今後の自身の働き方を見つめなおせる一冊です。(30代女性)

 

 

18.「エイジハラスメント」

働き方改革に関する本 「エイジハラスメント」がおすすめの理由

ドラマを観てとても面白かったので購入しました。ドラマとは少し内容が異なっていますが、こちらも十分楽しむことができました。ドラマを観ているようにさくっと読める内容なので、移動時間等に読むのにおすすめです。(20代女性)

 

 

19.「おもてなしという残酷社会」

働き方改革に関する本 「おもてなしという残酷社会」がおすすめの理由

日に日にわがままになっていく消費者のために過酷な労働を強いられ、心をすり減らしながら働く人が増えている現状を正確に認識している本だと思います。現在の行き過ぎたおもてなし制度に対する危機感や、何でも欧米を真似る日本の働き方について書かれていて非常に面白いです。(30代女性)

 

 

20.池井戸潤「オレたちバブル入行組」

働き方改革に関する本 池井戸潤「オレたちバブル入行組」がおすすめの理由

社会的大ヒットとなったドラマ「半沢直樹」の原作小説です。大手銀行の融資課長である半沢直樹が悪事に立ち向かうという痛快なストーリーです。他の金融小説とは一線を引いた会社員ヒーロー物語です。リアルと創作のバランスの良さが絶妙で惹き込まれます。(30代女性)

 

 

21.千田 琢哉「お金の9割は意欲とセンスだ」

働き方改革に関する本 千田 琢哉「お金の9割は意欲とセンスだ」がおすすめの理由

苦労している毎日から一日でも早く脱出するためにに苦労するから人は豊かになり幸福な人生を設計できるという 人生のお助け本です。月収や年収が増えると同時に、その人の人間性も向上し、すべての言動や行動に余裕と意欲と 新たなセンスがが磨かれ、周囲の人から一目置かれてみられる最高の人生が送れるという最高の一冊です。(50代男性)

 

 

22.木暮太一「カイジ「勝つべくして勝つ! 」働き方の話」

働き方改革に関する本 木暮太一「カイジ「勝つべくして勝つ! 」働き方の話」がおすすめの理由

漫画、”カイジ”の中に出てくる台詞と現実の世界、社会に当てはめて考察している本です。働いている仕事に希望を見いだせなくなくなっているときに この本に出会い読んでみました。私の人生で一生心に残るであろう台詞や考察がありました。それ以来、それを思い出しては変に納得している自分がいます。 とても勉強になる本でした。(30代男性)

 

 

23.ブライアン・トレーシー「カエルを食べてしまえ!」

働き方改革に関する本 ブライアン・トレーシー「カエルを食べてしまえ!」がおすすめの理由

(カエル)とは一番大きくて重要な事柄や仕事から済ましてしまおう!という内容の一冊で、 何事も行動思考を一番に考えて、まず行動に移すことの重要さが順序立てて解説してあり、成功する人生を歩んでいくための 大切な道筋をつけてくれる人生の解説書ともいうべき本です。(50代男性)

 

 

24.石倉洋子「グローバルキャリア ユニークな自分の見つけ方」

働き方改革に関する本 石倉洋子「グローバルキャリア ユニークな自分の見つけ方」がおすすめの理由

働き方改革と、世間では色々言われていますが、働き方を日本だけの考えで進める所に問題があると著者は言っています。就職活動がうまくいかず鬱になってしまう学生など、もっとユニークな自分を見つけ行動してみてはどうだろうか?から始まり、実際にその行動によって新たなネッワークができ活躍している人達の例も挙げています。思いもよらないチャンス、形にとらわれない生き方など考えさせられる本だと思います。グローバルキャリアとあるように、もと大きな視野で考えることを進めている元気の出る一冊です。(60代女性)

 

 

25.苫米地英人「コンフォートゾーンの作り方 TPIEプログラム」

働き方改革に関する本 苫米地英人「コンフォートゾーンの作り方 TPIEプログラム」がおすすめの理由

自分の可能性は、自分の認識の外にあり、その外に目を向けるため、思い込みの枠を外すため方法が書かれた本でした。 常識にとらわれるのではなく、自ら視野を広げて行くことが大切なんだと改めて思いました。 モヤモヤしている方、もっと自分の可能性を広げたいと考えている方にオススメしたいです。(30代女性)

 

 

26.エリヤフ・ゴールドラッド「ザ・ゴール コミック版」

働き方改革に関する本 エリヤフ・ゴールドラッド「ザ・ゴール コミック版」がおすすめの理由

働き方改善とビジネスマインドの変革のベストセラー「ザ・ゴール」の考え方がコミックで読めてスッキリ頭に入る入門版のビジネス書。ザ・ゴールのテーマであるビジネスのこれまでの常識を覆す理論がコミックのなかの架空の会社で繰り広げられるケーススタディで学べる本。(40代男性)

 

 

27.森川亮「シンプルに考える」

style=border:none

働き方改革に関する本 森川亮「シンプルに考える」がおすすめの理由

SNS「LINE」を作り上げた著者の仕事観について書かれたのが本書です。現代人の仕事の難しいところは、過去からある伝統的な仕事を理解しつつ、新しい仕事の仕方を取り入れていかなくてはならないことです。本書は、後者についての考え方の1つを書いており、自らの仕事に参考になり得る本だと思います。オススメです。(40代男性)

 

 

28.堀江貴文「ゼロ」

働き方改革に関する本 堀江貴文「ゼロ」がおすすめの理由

私は今までテレビの影響で、堀江貴文さんがあまり好きではありませんでした。金の亡者みたいな、テレビが印象付けたイメージをそのまま持っていました。その後、ホリエモンはすごい経営者だとわかってからも拒否反応がありました。でもゼロを読んで、本当にイメージが変わりました。私よりも弱くて人が大好きで、普通の人間なんだ、と。とても親近感を持ち、また彼の考え方に感動しました。(20代女性)

 

 

29.北川賢一「ただのサラリーマンから財布を18個まで増やしたお金のルールチェンジ」

働き方改革に関する本 北川賢一「ただのサラリーマンから財布を18個まで増やしたお金のルールチェンジ」がおすすめの理由

普通に会社で働くだけでは老後のお金も用意するのが厳しい、昔のように1つの会社にずっと居続けて安定する時代は終わったから、一つに収入源を絞らずに複数の収入源を作っていきましょうという、働き方そのものを変える話がぎっしり記述されています。我慢し続けてストレスが毎日のように溜まって、もっと好きな事をしながら働きたいと思った人は精神•肉体に異常が出る前にこの本を読んで勇気を出して新しい一歩を進めるきっかけにして欲しいと思う本です。(30代男性)

 

 

30.北川恵海「ちょっと今から仕事やめてくる」

働き方改革に関する本 北川恵海「ちょっと今から仕事やめてくる」がおすすめの理由

ブラック企業に勤める主人公が、古い知人を知る謎の男と出会うことで人生を見つめ直す本です。自分は仕事が原因で心身ともにパンクして辞めた経験があるので、当時この本を読んでいたら少しは気持ちが楽になれたかな、と思いました。映画化もされていて、文章もわかりやすいので気軽に読んでもらえると思い推薦します。(40代女性)

 

 

31.中村将人 俣野成敏「トップ1%の人だけが知っているお金の真実」

働き方改革に関する本 中村将人 俣野成敏「トップ1%の人だけが知っているお金の真実」がおすすめの理由

日本がいまどうゆう状況で、これからの社会はどうなってるか行くのかを踏まえた上で、自分がただ単にサラリーマンとして、国から税金を取られ生きて行く事に警鐘を鳴らし、色んな物事の視点に目を向ける事を教えてくれる本です。(30代女性)

 

 

32.「なりたい自分になれる働き方」

働き方改革に関する本 「なりたい自分になれる働き方」がおすすめの理由

女性向けの自己啓発本です。キャリア志向の女性の多くはこう「なりたい」という前向きな気持ちを持っています。しかし「将来わたしはどうなるの」という不安を心の奥に抱えている人が多くいます。自分以外に取り替えが利く仕事に付く人ほど漠然とした不安がアルのでしょう。この本は「わたしはどうなるの」という不安に焦点を当てその解消に8割方の力を入れて書かれています。悩み事を聴いてくれるように読めるところがポイントなのかもしれません。(60代男性)

 

 

33.「プチクリ」

働き方改革に関する本 「プチクリ」がおすすめの理由

オタキングこと岡田斗司夫氏が提唱する、プチ(小さな)・クリエイターについて書かれた本です。人は誰でも好きなものがあり、その好きであること自体がすでに才能なのだと言う。ただし、あくまでもクリエイターなのでただ収集する趣味で終わらせるのではなく、発表しようというところまで書かれています。それだけで生活しようと思わなければ、誰でもクリエイターになれるはず、というハードルの下げ方が良いですね。(40代男性)

 

 

34.尾原和啓「モチベーション革命」

働き方改革に関する本 尾原和啓「モチベーション革命」がおすすめの理由

親たちの意見、それに惑わされ信じてる仲間。だけど私は私がいいと思う仕事をしたいという気持ちがこっそりとあった。それを分かりやすく非常に肯定的に書かれてあって、ああ、この方がうまく行くんだ!と自信が湧くような本。 非常に読みやすく、若いうちに読んでおきたいような一冊である(10代男性)

 

 

35.本田健「ユダヤ人大富豪の教え」

働き方改革に関する本 本田健「ユダヤ人大富豪の教え」がおすすめの理由

働くとは、何なのか。価値観が変わる本です。安易に読むと働くのが馬鹿馬鹿しくなってしまうかもしれません。が、人生のターニングポイントだ!って時に、是非とも読んでみて欲しい本です。背中をぐっと押してくれる本です。(30代女性)

 

 

36.日垣 隆「ラクをしないと成果はでない」

style=border:none

働き方改革に関する本 日垣 隆「ラクをしないと成果はでない」がおすすめの理由

近年働き方改革が騒がれているが、昔から苦労して働いて成果を得ると言った考えがいきすぎた感がある。今の時代は一旦、良い意味で楽して成果を得るやり方を本気でやらないと、この先自分の人生が楽しめなくなるのではと思った矢先に出会った本。目からウロコな事が書いてあり、参考になる。(30代男性)

 

 

37.リンダ グラットン 「ワークシフト」

style=border:none

働き方改革に関する本 リンダ グラットン 「ワークシフト」がおすすめの理由

テレワークなどの新しい働き方を世に紹介したパイオニア的な本です。 働き方改革が進んだ時の姿と、それに伴う問題を現在の事例から 捉えて理解することができます。 新しい働き方に興味のある方には、必読の一冊です。(20代男性)

 

 

38.「ワークスタイル変革最前線」

働き方改革に関する本 「ワークスタイル変革最前線」がおすすめの理由

テレワークやワークシェアリングをはじめとする、新しいタイプの働き方を実践している企業が紹介されている本です。長時間労働の防止とともに、介護や育児などと両立しながら自分の才能を活かすことを考えさせられました。(30代男性)

 

 

39.「下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉」

働き方改革に関する本 「下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉」がおすすめの理由

働き方改革を掲げる政府や政治家はその実態を知らないので、自分なりに咀嚼するために手に取った一冊は、内田樹氏による非常にデリケートな現代社会の負の要素が語られています。どうして若者が働かないと考えるのか、その思考回路を読み解くのにおすすめだから。(30代女性)

 

 

40.小玉歩「仮面社畜のススメ」

働き方改革に関する本 小玉歩「仮面社畜のススメ」がおすすめの理由

この人の本はとても楽しく読むことが出来ます。一つの型にはまらず、自由な発想が自分に合っているからかも知れません。社会人として会社に勤めていた時の著者の様子や、副業でお金を稼いでいる時も、働くことに楽しみも見つけ実にユニークな人生を送っていますし、また著者の成功の秘訣は、やはり自分のスタイルを曲げない事ではないでしょうか?働き方を見直すには良い本だと思います。(60代女性)

 

 

41.中野雅至「格差社会の世渡り」

働き方改革に関する本 中野雅至「格差社会の世渡り」がおすすめの理由

努力が報われる人、報われない人、今、各差社会になっている日本では努力しても報われることがない、世の中になっているのではないかと著者は述べています。頑張るのが報われる社会であって欲しいとも言っています。働き方を考え直す良いきっかけとなりました。(60代女性)

 

 

42.「学校の勉強だけではメシは食えない!」

働き方改革に関する本 「学校の勉強だけではメシは食えない!」がおすすめの理由

学校の勉強だけでは飯は食えない!では、 学業の勉強ばかりしてる方や、特技がない方、などを革命するお話だったり、変わっている子供達などに、好きな事を仕事にする、職人の楽しさを教えてくれる本です。 この本のオススメなのは、職人がどういう風に仕事を考えているのか、また、子供達の為に 基本的に仕事とは、どういうものなのかを教えてくれる本で、岡野雅行さんの言葉で書いてあるので、わかりやすく、マシンガンのように言葉をつらつらと書かれているので、日本語能力を身につけるにも、良い見本となる本です。 基本的には仕事の考え方だったり、好きな仕事をしよう!好きな事をしよう!といった 内容で、好きな事をしてこなかったという方に読んでもらいたいです。(20代女性)

 

 

43.藤井稔弘「月3万円で誰でも自由起業 安定収入 時間自由 ストレスフリー ネットいらない」

style=border:none

働き方改革に関する本 藤井稔弘「月3万円で誰でも自由起業 安定収入 時間自由 ストレスフリー ネットいらない」がおすすめの理由

軽貨物運送業を営む著者が、運送業界に対する世間の誤解を解きつつ、独立起業を勧めている本です。確かにこれから先は、起業に依存して生きていくスタイルは無くなっていく方向と思われます。独立したいと思っている人には、そのモチベーションを上げるのに役立つ一冊です。(50代男性)

 

 

44.高坂勝「減速して自由に生きる」

働き方改革に関する本 高坂勝「減速して自由に生きる」がおすすめの理由

ストレスをかかえて働く人生よりも、自分がやりたいことを小さく初めて自由を手に入れる。そんな生き方を作者は「ダウンシフターズ」とよんでいます。会社をやめて自立したひとたちの考え方も伝えながら、こういう生き方もあるんだよ、と教えてくれます。「生産性をたかめるためには?」や「スピード出世のノウハウ」ばかりが生き方じゃない!と思う方におすすめです。(50代女性)

 

 

45.坂東眞理子「幸せの作法」

働き方改革に関する本 坂東眞理子「幸せの作法」がおすすめの理由

働く女性に贈る61のヒントが書かれていました。著者の考えはとても好感が持てます。女性としてではなく一人の人間として、しっかり立ち自立して生きることを進めているからです。職場における人間関係の仕方や、断る勇気など、人に対する礼儀作法などが書かれています。常に美しく外見もそうですが、知識を付けて磨きなさいと言っています。61のヒントは役に立つと思います。(60代女性)

 

 

46.マイケル・チャスカルソン「今日からはじめるマインドフルネス:心と身体を調える8週間プログラム」

働き方改革に関する本 マイケル・チャスカルソン「今日からはじめるマインドフルネス:心と身体を調える8週間プログラム」がおすすめの理由

欧米で実践されている働き方改革として、不安や心配、悩み、ストレスから自己を守る力、また管理する力の身につけ方が、丁寧に紹介されています。理論と実践法、科学的な実験結果などがバランスよく紹介されていて、役に立ちます。(40代女性)

 

 

47.二宮謙児「山奥の小さな旅館が連日外国人客で満室になる理由」

働き方改革に関する本 二宮謙児「山奥の小さな旅館が連日外国人客で満室になる理由」がおすすめの理由

日本の昔ながらの旅館では定休日を設けないのが常識とされてきましたが、この旅館ではその常識を破りました。また業界の書入れどきである盆・暮れ・正月も休みにしましたが、ここに繁盛の秘密が隠されているのです。(50代男性)

 

 

48.「仕事ができる人できない人」

働き方改革に関する本 「仕事ができる人できない人」がおすすめの理由

ベンチャー企業の走りとして有名な著者が、「仕事」というものはどういう風に向き合うべきか?ということを論じた指南本的本です。技術職を職務とするかたであれば、当たり前の事がたくさん書かれています。ただ、できていない人、忘れてしまった人はたくさんいるはずのないようです。30代を超えた社会人には、新人時代の精神を思い出せますので、是非読んでもらいたいです。(40代男性)

 

 

49.河本 真「仕事したく「ない」人のための働か「ない」働き方」

style=border:none

働き方改革に関する本 河本 真「仕事したく「ない」人のための働か「ない」働き方」がおすすめの理由

仕事したくないと誰もが思いながら、生きるために仕方なく仕事に行く毎日を送っています。しかし世の中には嫌な仕事をすることなく、それでいて、ちゃんと社会に貢献して対価を受け取り、自由に生きている人もいます。本書では、そんな生き方を実現するためのヒントを手に入れることができます。(50代男性)

 

 

50.隅田 貫「仕事の「生産性」はドイツ人に学べ 「効率」が上がる、「休日」が増える」

働き方改革に関する本 隅田 貫「仕事の「生産性」はドイツ人に学べ 「効率」が上がる、「休日」が増える」がおすすめの理由

ドイツ人の仕事の生産性は、日本人のそれを大きく上回っています。ドイツで仕事をしたことのある著者が、ドイツ人の生産性の高さの秘密を、日本人とは違う仕事に対する考え方に見出しました。ここには無駄な仕事を省き、生産性を高める知恵が数多くあります。(50代男性)

 

 

51.pha「持たない幸福論」

働き方改革に関する本 pha「持たない幸福論」がおすすめの理由

いわゆる世間一般的な、働いて、少しでもお金を稼いで、結婚して、家族を作って、というこれが普通で正しいと思われている考え方を覆してくれる本です。窮屈な考え方から、こうゆう働き方や生き方があるよと、選択範囲を広げてくれるそんな自由に溢れる良い本でした。(20代女性)

 

 

52.「持続可能な生き方をデザインしよう」

働き方改革に関する本 「持続可能な生き方をデザインしよう」がおすすめの理由

人生100年といわれる中、これまでの考え方のままでは人生の途中で社会から放り出されてしまうかもしれない状況になってきています。また、繁栄の追い続けたおかげで、地球環境に大きなひずみが出て、環境問題が顕著になってきています。そういった中で、持続可能な働き方や暮らし方についての提言をしてくれているのがこの本です。(50代男性)

 

 

53.「自分の仕事をつくる」

働き方改革に関する本 「自分の仕事をつくる」がおすすめの理由

先の見えない今日の社会で、どのように働くか、どのようにモチベーションを高めていくかの指針を、世界の著名デザイナーのオフィスを訪ね、インタビューをした報告書です。著者、西村佳哲のストイックで簡潔な表現で紹介される魅力的なデザイナーたちの仕事に対する向き合い方、ポリシーに背筋が伸びる思いがしました。(40代女性)

 

 

54.アーノルド・ベネット 渡部昇一訳「自分の時間」

働き方改革に関する本 アーノルド・ベネット 渡部昇一訳「自分の時間」がおすすめの理由

働き方改革と騒がれていますが、そもそも一日の時間をどのように過ごすか、これが考えるところです。一日は24時間ありますが、それを自分なりに考えて過ごす事が出来ないため、仕事の仕方から休暇の取り方など、24時間をどのように生かして生きるかを、考えることが出来ていないのが問題です。そのことを、立ち止まり考えさせてくれる本だと思います。(60代女性)

 

 

55.「女子と貧困」

働き方改革に関する本 「女子と貧困」がおすすめの理由

現代社会において女性の社会進出が進む反面、見えないところで苦しんでいる女性に実際にインタビューをされて書かれている本です。 自分自身知らなかった情報が沢山あり、知っておけばこれから役に立ちそうな事が沢山書かれています。 女性だけではなく、こんな女性もいることを男性にも知って欲しいです。(20代女性)

 

 

56.「小さな雑貨屋さんのつくり方」

働き方改革に関する本 「小さな雑貨屋さんのつくり方」がおすすめの理由

友人からプレゼントされました。 お店を持ちたいというときに、 手軽でかわいく、おしゃれを追及されたい方にお勧めです。 経営もシンプルに見えます。人間関係も社会的にシンプル化しそうです。 わたしもお店を開いてみたい。けれどもまだ先は長そうです・・・。(30代女性)

 

 

57.「図解働き方」

働き方改革に関する本 「図解働き方」がおすすめの理由

なぜ働くのかやいかに働くのかなどを、いろいろな体験をもとにして教えてくれる本で非常に考えさせられる良い本だと思います。心の持ち方や仕事に対する取り組み方が書いてあり今仕事を探している人や、仕事で悩んでいる方におすすめです。(40代男性)

 

 

58.「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」

働き方改革に関する本 「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」がおすすめの理由

フィジー在住の永崎裕麻氏の著書で、フィジー人の人生、仕事への考え方は日本人の考え方とは全く異なるモノであり、フィジー人の考え方を全て真似することは出来ないが、ストレス社会と言われる現代日本の在り方を改めて考えるきっかけになった一冊です。(20代男性)

 

 

59.久賀谷亮「世界のエリートがやっている最高の休息法」

働き方改革に関する本 久賀谷亮「世界のエリートがやっている最高の休息法」がおすすめの理由

脳を休息させるには、睡眠ではなく、のんびりすり事でもなく、「マインドフルネス」、脳を本当に休ませる方法が書かれています。脳に休息を与える方法は世界のトップの方々は、すでに取り入れているようです。その休息方法がを知ることが出来ますので、お勧めの本です。(60代女性)

 

 

60.新妻春子「世界一清潔な空港の清掃人」

働き方改革に関する本 新妻春子「世界一清潔な空港の清掃人」がおすすめの理由

掃除の本ですが、掃除の仕方ハウツー本というより、彼女の半生を通して学ぶものがいくつも見つかります。「掃除」という仕事に行きつくまでの労苦、なぜそこに魅力を感じるのか、どのように仕事に向き合うことが大切なのか、いろいろ考えさせられます。今仕事をしている人には一読の価値を感じます。(50代女性)

 

 

61.「成功への扉が次々ひらく・ミラクルレッスン」

働き方改革に関する本 「成功への扉が次々ひらく・ミラクルレッスン」がおすすめの理由

この本を読んで私は働くことだけではなく、生き方の見直しもすることが出来ました。 女性が起業し自分で自立して働く人が増えているこの頃。 企業ブームともいわれていますが。自分らしく生きるうえで、この著者は起業を選んだ。とかいてありました。 決して起業することがいいことが書いてあるわけではなく、自分らしく生きて理想を叶えることは大切なんだと考えさせられる本でした。(20代女性)

 

 

62.松下幸之助「素直な心になるために」

働き方改革に関する本 松下幸之助「素直な心になるために」がおすすめの理由

最近、よく言われている働き方改革とは、まずこれまでの考え方を変える必要があり、その為に、何事にもおいても、素直な見方が前提となります。本書では、その素直な心とはどういうことなのかを、具体的にあの松下幸之助がわかりやすく説明しています。(40代女性)

 

 

63.堀江貴文「属さない勇気」

働き方改革に関する本 堀江貴文「属さない勇気」がおすすめの理由

マンガでサクサク読めて分かりやすい。今、正に時代が変化していく真っ只中で今までの価値観や考え方が陳腐化し、時代遅れになっていくことを端的に述べられている。働き方改革に分類したが本編にもあるようにお金、仕事、人生等について違う角度から見た正に生き方改革という言葉があてはまる内容になっているから。(50代男性)

 

 

64.日野瑛太郎「脱社畜の働き方」

働き方改革に関する本 日野瑛太郎「脱社畜の働き方」がおすすめの理由

私は現在42歳でこれまで数社で勤務いたしましたが、結局どの就職先も一生居続けたいとは思わず、現在在職している会社も早く辞めたくて仕方ありませんが、いわゆる営利団体に転職してもまた退職の虫が走ることは必至です。 そんな人生に行き詰まった状態で出会ったのが上記の本でした。その中でも気に入ったのがプライベートプロジェクトという考え方で、会社勤めと違ってオーナーシップはあくまでも自分にあるというところをヒントに現在こうしてグランドワークス様に出会えました。(40代男性)

 

 

65.「男女協働の職場づくり 新しい人材マネジメント」

働き方改革に関する本 「男女協働の職場づくり 新しい人材マネジメント」がおすすめの理由

男性も女性も生きがいを持って働くことができる、新しいタイプの職場づくりの広がりが伝わってきました。セクハラ防止のマニュアル作成や育児休暇の積極的な取得など、時代の流れに応じて適切に対応することを考えさせられました。(30代男性)

 

 

66.「町工場の全社員が残業ゼロで年収600万円以上もらえる理由」

働き方改革に関する本 「町工場の全社員が残業ゼロで年収600万円以上もらえる理由」がおすすめの理由

吉原精工という町工場がいかに働き方改革をしていったかが詳しく記されています。その職場改善の事例は、厚生労働省による過重労働解消取組み事例の募集で全国から6社の事例採用のうちの1社に選ばれたほどです。何より原因と理由がきっちり説明されており、現代の職場改革のためのバイブルと言ってもよい一冊です。(50代男性)

 

 

67.小林弘幸「超一流の人の「健康」の極意」

働き方改革に関する本 小林弘幸「超一流の人の「健康」の極意」がおすすめの理由

超一流になるスタートはたった1ミリの意識を向け変えること。健康にも人生にも「手遅れ」などはありえない。とし超一流の人の働き方について述べられています。これを読むことで自分の働き方を改めて確認しどう変えていくのが良いかのヒントになるのではないかと思います。(40代女性)

 

 

68.稲盛和夫「働き方」

働き方改革に関する本 稲盛和夫「働き方」がおすすめの理由

効率的な働き方が重要だと思っていたけれど、原則的な働くことの意義を感じた本でした。相手に貢献できることを第一に働くことで、自分自身も充実感を持てるようになるということを改めて強く感じるきっかけになりました。(20代女性)

 

 

69.大久保幸夫「働き方改革個を活かすマネジメント」

働き方改革に関する本 大久保幸夫「働き方改革個を活かすマネジメント」がおすすめの理由

今のご時世の状況など的確に情報が書いてある。確かにその流れでいくと、働き方を考えざるを得ないねと。対策としてのヒントが書かれているわけではないので、それぞれみんなで考えていかなくてはいけない。今の働き方改革の状況を整理して理解するには良い本だと思います。(30代女性)

 

 

70.「働く力を君に」

働き方改革に関する本 「働く力を君に」がおすすめの理由

セブンイレブンを作り上げた有名な経営者である鈴木敏夫が、自分の仕事観を書いた本書。彼にまつわる様々なエピソードが体験者自身によって書かれています。印象深いのが、「反対される仕事ほど成功する可能性が高い」という言葉です。なかなか実践できる事ができる人はいないと思いますが、結局こういう精神を持って仕事をやる人が会社をうごかしていくのだなと思います。仕事をやる人の根本的な精神を知る上で重要な一冊です。オススメです。(40代男性)

 

 

71.藤井省吾「時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300 (日経WOMAN別冊)」

働き方改革に関する本 藤井省吾「時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300 (日経WOMAN別冊)」がおすすめの理由

未婚、既婚、子あり、子なしに関わらず、働いている女性がどのように時間のやりくり、お金のやりくり、趣味の時間の過ごし方などを行なっているかが、具体例とともにまとめられていて、とてもためになる。要領が悪く、毎日をなんとなくダラダラ過ごしている人が、読んだら特に、刺激を受けるのではないかと思う。(30代女性)

 

 

72.落合陽一「日本再興戦略」

働き方改革に関する本 落合陽一「日本再興戦略」がおすすめの理由

武田鉄矢の朝の三枚おろしで、「頑張れ日本」のテーマで紹介されていた。 少子高齢化は、日本が再興するためのチャンスで、自動化をどんどん進めるべきであり、日本人はそれを受け入れていく素養がある。 年功序列や終身雇用に捕らわれず、百姓を目指す、ライフワークバランスではなく、ライフとワークの融合が鍵となっていく。 中央集権でなく地方が力を持つ。ビットコインに代表されるようなブロックチェーンを活用すべき。 実は士農工商は優れた仕組みであり、インドのカースト制と通づるものがある。 これからの日本をけん引する若い人たちに読んで欲しい。そして老人を安心させて欲しい。(50代男性)

 

 

73.村上アシシ「半年だけ働く。」

働き方改革に関する本 村上アシシ「半年だけ働く。」がおすすめの理由

自分の価値を高めることで、少ない労働時間で今と同じ収入を得ることが出来るので、空いた時間は趣味に打ち込む。人生を自由にするための「フリーランスという選択肢」について書かれた本です。「自分の単価を高める」という考え方は、フリーランスになってもならなくても参考に出来ると思います。(40代女性)

 

 

74.「不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか」

働き方改革に関する本 「不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか」がおすすめの理由

それは、価値観、育った環境、役職などが違うから。挙げたらきりがない。大企業を急に変えることは不可能だから、まずは隣の席の人から変えようと思う。隣にいるのに、メールが送られてきた時は驚いた。長期戦になるが、とても参考になる。(30代女性)

 

 

75.石黒浩「僕がロボットをつくる理由未来の生き方を日常からデザインする」

働き方改革に関する本 石黒浩「僕がロボットをつくる理由未来の生き方を日常からデザインする」がおすすめの理由

私はこの本を読んで、政府の働き方改革に期待するのではなく、自分で自分の働き方を改革していく姿勢が大切だと感じました。しかし、作者が自信に満ち溢れた方なので、メンタルが落ち込んでいるときに読むと、作者と自分を比較して落ち込んでしまいます。自分のメンタルが落ち着いていて、将来に向けて働き方を前向きに考え始めた時、ぜひ読んでほしい一冊です。(20代女性)

 

 

76.「未来の働き方を考えよう。人生は二回、生きられる。」

働き方改革に関する本 「未来の働き方を考えよう。人生は二回、生きられる。」がおすすめの理由

私の考えに当てはまっていた。やはり、同じ考えの人はいるんだと。仕事なんかに時間を束縛されて何にもできない。多くの人は定年するまで我満。定年してから好きなことを思いっきりしよう。と考えているが、そんなことないよ。ということと、いわゆる老後の資金についても、普通の人々は仕事をやめる前に十分貯めるなんて無理だ。ギアダウンは必要だけど、いくつになっても、どんな時代になってもフレキシブルに対応してお金を得られる人でなければ、(自分がやりたいことが無い人でも)この長寿命時代を生きていけない。というところが共感できた。(50代男性)

 

 

77.水野敬也「夢をかなえるゾウ」

働き方改革に関する本 水野敬也「夢をかなえるゾウ」がおすすめの理由

仕事を続けていくうえで誰もが陥りそう悩みを、分かりやすい方法で、かつ、笑いを交えて解決していくところが、爽快で面白い。また、短編に分かれているので非常に読みやすく、一つ一つの物語もしっかりしているので読みごたえもある。そして、最後に解決方法をまとめたページがあるので、そこだけを読んでみても、仕事改革の意識が芽生えると思う。(20代男性)

 

 

78.水野敬也「夢をかなえるゾウ3ブラックガネーシャの教え」

働き方改革に関する本 水野敬也「夢をかなえるゾウ3ブラックガネーシャの教え」がおすすめの理由

面白可笑しく自己啓発できる本です。 主人公がサラリーマンなのですが、ガネーシャをいう神様と出会って社会人として成功してゆく内容となっています。 読んでいて先がどんどん読みたくなって一気に読んでしまうくらい、話の展開が富んでいます。 ぜひおすすめいたします。(40代女性)

 

 

79.堀江貴文「儲け方入門」

働き方改革に関する本 堀江貴文「儲け方入門」がおすすめの理由

かの有名な堀江貴文氏の本です。本自体はかなり前に書かれているのですが、その視点はら10年経った今でも通ずるほどの鋭い観察力。情報の最先端に立ってきたからこその視点はやっぱり一般人とは違うんだなと感じさせられます。 これから本格的にこの本の通りになるはずだと確信させられました。 予言の書として一読あれ。(20代女性)

 

 

80.「労働市場改革の経済学」

働き方改革に関する本 「労働市場改革の経済学」がおすすめの理由

「働き方改革」という言葉が世間で言われるようになるずっと以前から、日本の労働市場の問題点は専門家の間では指摘されていた。この本は非専門家向けにわかりやすく解説してあり、取り扱っている内容も日本の労働市場の問題点をほぼ網羅しており、提案されている解決策も理にかなっていると思う。(20代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました