南こうせつ おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

南こうせつ おすすめの曲ランキング

 

7位.南こうせつ 「22才の別れ」(2票)

南こうせつ「22才の別れ」がおすすめの理由

5年も付き合った優し過ぎる彼と結婚に至らず、別れてしまう切ない歌です。昔は適齢期が早かったんだなぁと思いつつ、双方の幸せを願ってしまいます。(40代女性)

昭和の22才は、大学生というイメージが強くて、キャンパスでギターをひく学生が頭に浮かんで、下宿とか、アパートとかのワードがぴったりの1曲です。(50代男性)

 

 

6位.南こうせつ 「からたちの小径」(3票)

南こうせつ「からたちの小径」がおすすめの理由

南こうせつさんはかぐや姫の頃から聴いていますが、メロディーも歌詞もすぐ頭に残る感じでこれは久しぶりのヒットだなと思いました。(50代男性)

こうせつさんの優しさが解るような曲。 切なくなりますが、とても素敵。 名曲はいつ聞いても胸にジンときます。(40代女性)

島倉千代子が亡くなる3日前に彼女の自宅でレコーディングをしたこの曲は、昭和の大歌手である島倉千代子の集大成とも言える、南こうせつの感動を呼ぶ名曲です(60代男性)

 

 

5位.南こうせつ 「赤ちょうちん」(4票)

南こうせつ「赤ちょうちん」がおすすめの理由

情緒ある言葉が歌詞の中に沢山あるので、とても懐かしく響く。学生時代よく口づさんだ歌で、ギターを弾きながら歌いやすい歌です。(60代女性)

ノスタルジックな曲調で、しんみりします。誰もが同じような思いをした経験があるかと思います。名曲です。(40代女性)

この時代に帰りたいしとても青春していたと思います。貧しくても助け合い素敵な時代だったですよ。聴いていると切なくなります。(40代男性)

都会に住む若者の物悲しい日常を、ボーカルのこうせつが優しい声で歌い上げるこの楽曲は、多くの支持を得ました。70年代のフォークソングブームの象徴的存在だったのが、南こうせつ・伊勢正三・山田パンダの3人組「かぐや姫」でした。(40代男性)

 

 

4位.南こうせつ 「うちのお父さん」(5票)

南こうせつ「うちのお父さん」がおすすめの理由

ひと昔前の村に住む家族のお父さんを想像させます。ちょっと不器用でそれであって家族思い、近所の人にも慕われているので仲人を引き受けたりもするのでしょう。とてもほのぼのとした心なごむ曲です。(50代男性)

軽いテンポに思わず口ずさんでしまう歌です。お父さんに話しかける姿。幸せそうなお父さんが目に浮かびます。とにかく明るい歌で楽しくなる歌です。(60代女性)

代表曲はたくさんありますが明るくてアットホ-ム、ほのぼの。お父さんへの愛情、愛着がユ-モラスに表現されている曲です。(50代女性)

一度高校の時に生唄を聞いてからプチファンです。声も心もきれいで好きで、この曲を聴いたときにほかのうたもそうだけど、歌詞に対して丁寧感があって好き(20代女性)

今聴くと相当に古臭い感は否めないのですが、父親への愛情をおもしろおかしく表現している軽やかな感覚は気軽に楽しめ、涙誘うメッセージソングもいいですけどいつでも聴くわけにはいきませんし、たまにはライトな感覚に浸りたいものです。(50代男性)

 

 

3位.南こうせつ 「妹」(14票)

南こうせつ「妹」がおすすめの理由

何よりも大切な妹が嫁ぐ夜の兄の気持ちが、すごく伝わってきました。「ふすま」という言葉等まさに昭和の臭いがする懐かしい歌です。(60代女性)

明日嫁いで行く妹の心配をするお兄さんの温かさを感じ、優しい気持ちになってください。『どうしてもダメだったら、戻っておいで』と言われたら泣いてしまいます。(60代女性)

妹がいる人には絶対聞いてほしい曲。妹の結婚を喜びながらも妹の旅立ちに複雑な心境が歌われてる名曲です。(20代男性)

嫁に行く前夜の妹を歌った兄の心情。聴くとうるうるしてきます。きょうだいというのは良いなぁと思います。(50代女性)

両親を亡くして二人だけの兄妹、その妹が嫁ぐ前夜に兄が妹への思いを独特の表現で綴った歌詞がとても泣けてきます。こうせつさんの声も楽曲をより引き立ててくれます。(50代女性)

歌詞がとてもリアルでとてもその内容を頭の中で表現しやすかった。歌詞のなかの兄が妹を心配する気持ちがよく伝わった。(10代男性)

嫁に行く妹に向けたとても暖かいメッセージソングとして、時代を問わずにずっと歌い継がれていって欲しい名曲。(50代男性)

嫁にいく妹への思いがせつせつと歌われています。南こうせつさんが歌うからこそ心に響きます。この曲を聴くとあたたかい気持ちになります。(40代女性)

妹を歌ったこの曲は、1974年に秋吉久美子さん主演により、映画化もされています。妹へのメッセージソングとしてこれほど泣ける曲はないと思います。(50代男性)

父親も母親も亡くなった後で、ふたりの代わりを努めていた兄が、結婚する妹に対しての愛情が、とても伝わってきます。(50代女性)

とても古くて親の世代より上の歌ですが、私は親がこの曲を聴いていて覚えてしまってカラオケとかでも歌いやすいし、歌詞の内容がとても古いけど感動する。(20代女性)

詩、曲共に素晴らしい作品です。一つの短編映画を思わせます妹が結婚して家を出るもしも相手と合わない場合は帰って来ても良いよと言う兄の気持ちがダイレクトに伝わってきます。昔は結婚式でも歌われる方が多かった曲の一つです。(30代男性)

嫁ぐ妹への思いを、兄が優しく包んで見送る、ほんのり心温まる作品。自分にも嫁いだ妹があるが、いまだに逢うとフット同じ気持ちになり、この曲が流れる。いつまでも、されはたとえ彼女の苗字が変わっても「妹」なんですねぇ。(60代男性)

名曲です。なかなか、兄妹のなかでここまで優しい言葉で歌いあげるなんて、出来ないと思います。でも、それをやってのけるところが、南こうせつさんの良いところだと思います。(50代男性)

 

 

2位.南こうせつ 「夢一夜」(17票)

南こうせつ「夢一夜」がおすすめの理由

こんなに変わっている作品は、なかなか無いです。 俳句とか百人一首を読むかのような、歌い方が凄く耳に心地よいです。(50代男性)

不倫相手に会う前の女性の描写がはかなくて、切ない歌です。着てゆく服が決まらなくて涙ぐんだり、一夜限りと割り切ろうとする下りなど繊細で印象的です。(40代女性)

女心の切なさを美しい旋律で語りかけるように、南こうせつが素晴らしい歌声で表現してくれます。好きな人と会う女性の心のときめきが、痛いほど感じさせられる名曲です。(70代男性)

昔、化粧品のCMで、流れていました。大人の女性の切なく、揺れ動く恋心が表されている、とても色っぽい艶やかな感じの詞です。(50代女性)

悲しい曲で、心が痛くなるが、伝わるものがある曲で大好き。かなり前の曲だが、時々聞いている曲のひとつである。(50代男性)

阿木燿子さんの作詞なので女性の心理が、正直に描かれている曲です。テートに何を着てゆくかを何時間も迷うのは今も昔も変わらない。その思いを、こうした奥ゆかしい言葉で表現できるのは、さすがに偉大な作詞家だと思います。(40代女性)

本当はかぐや姫時代の方が好きな曲が多いのですが、ソロになってからの名曲はこの曲だと思います。切ない歌詞とメロディがこうせつのきれいな声で心に染みてきます。(60代女性)

歌詞が不思議な世界観です。叶わぬ恋がきれいに歌われていて、ただ聴くだけでなく歌詞を見ながら聴くと、心に沁みるので、改めて南こうせつさん世代の方に聴いていただきたいですし、10代20代の方にもこの魅力を知っていただきたいです。(20代女性)

叙情フォークというべき哀愁のあるメロディラインと、日本語の美しさが感じられる歌詞がよい感じに絡み合った素晴らしい曲です。まさに日本の情緒という感じがします。(50代男性)

とても綺麗で、妖艶な感じがします。阿木さんの作詞に、こうせつの曲が、全体をふんわり包んでいる感じが 好きです。資生堂の懐かしいCMが甦ります。(50代女性)

資生堂のCMソングで大好きでした。独特な和風の大人の色気を感じさせ、南こうせつの甘い声で官能的なドラマを見るようで雰囲気があります。(60代女性)

子供の頃にこの曲を聞いた時は歌詞の意味がさっぱり解らないまま口ずさんでいました。しかし、大人になってからようやく理解できました。不倫相手に会いに行くか辞めとくかとの葛藤を悩む主人公の背景が想像でき奥深い名曲だと思いました。(40代男性)

好きな人を思い出しながらシットリと聞ける曲です!失恋した時には心に染み渡って泣けてきます!歌詞がシッカリしています!(30代女性)

一晩限りの恋を女性目線で描いた曲だと思うのですが、情景描写も、感情描写も凄く良いです。作詞は阿木耀子さんですが、南こうせつはこういう世界観得意ですし、凄く合っている気がします。(40代男性)

歌詞に情緒があり、聞くと切なくなります。歌われている情景が目に浮かんできます。隠れた名曲だと思います。(40代女性)

南こうせつが1978年にリリースした4枚目のシングル曲で、資生堂のCMソングにもなった曲です。作曲は南こうせつ本人で、非常に「和」のテイストを活かした素晴らしい曲ですが、秀逸なのは阿木燿子が手掛けた歌詞です。徹底した女性目線で切なくて儚い女心を見事に表現しています。「着ていく服がまだ決まらない 苛立たしさに口唇かんで 私ほんのり涙ぐむ」さすがは阿木燿子、と思わず賞賛してしまうほどの繊細な歌詞です。(40代男性)

繊細な女心を歌った素敵な曲です。 こうせつさんの歌声がキレイで透き通るよう。素敵。 とてもオススメいたします。(40代女性)

 

 

1位.南こうせつ 「神田川」(41票)

南こうせつ「神田川」がおすすめの理由

喜多条は帰宅後、新聞の折込チラシの裏に自らの学生時代のほろ苦い想い出を綴り、歌詞を作った。仕上がった作品を電話口で伝えたところ、南は聞いた瞬間にもう旋律が浮かんでいたという。(50代男性)

昭和時代の貧しくもひたむきに生きる男女の生きざまを描いた歌です。切ないメロディが郷愁を誘います。遠い昔ですがどこか懐かしさを感じる曲です。(30代女性)

心に響く、とても素敵な歌。 日々の小さな幸せな愛を物語る。 2人でいるだけで幸せを感じるって素晴らしい。(40代女性)

私が学生の頃、寮生活だったのでまだ休日は町の銭湯に通ってました。さすがに今はない光景なのでしょうか。昭和の懐かしさがこみ上げる名曲です。(40代女性)

正に自分が学生時代に大流行した一曲。貧乏学生時代に恋愛に憧れ、この歌を聞いては「そんな思いをするような人が早くできないかなあ」と夢見たものでした。この歌を聴くと今でも貧しい学生時代を思い出し、涙ぐんでしまいます。(60代男性)

利便性の今の時代にはなかった昭和頃の時代背景を歌詞の中からイメージしながら聞くととても映像が目に浮かぶような曲で、曲の中に時代の特徴が表れてるともいえるそんなところが私は好きでおすすめ曲です。(30代女性)

昭和の時代の男女の青春群像を描き出した名曲として後世に残したい一曲。聞いているだけで、情景が思い浮かんでくるのが不思議です。フォークソング世代はもちろん、若い人々にも聞いて欲しいのでおススメです。(40代男性)

昭和の名曲です。しっとりとした気分になります。一緒にお風呂にいくカップルなんて、今、いるのでしょうか。(40代女性)

小さい頃、車の中でお母さんがよく聴いていた曲で好きになりました。自分は歌詞に出てくるような体験したことなかったですが、情景が目に浮かび心にしみました。(20代男性)

歌詞がせつなくて、昔をいろいろおもいださせる曲だとおもいます。いい歌で、とても、胸にひびきます。切ないです(20代女性)

当時この歌はめちゃめちゃヒットしましたよね。四畳半フォークの代表曲だと思います。貧しさがカッコよかった素敵な時代でしちょね。(40代男性)

やはり南こうせつといえば、神田川、神田川といいえば南こうせつというくらいの名曲です、銭湯に行きたくなりますね(30代女性)

私の青春時代を思い起こさせてくれる歌の一つです、昭和の時代が甦って懐かしく思えるそんな数少ないホークソングです。(60代男性)

南こうせつさんの曲といえば絶対に外せない名曲です。毎日仕事や育児に追われて忙しい時でも、この曲を聞くと昭和の良き時代にタイムスリップできて今でも懐かしく聞いています。(40代男性)

「南こうせつ」の代表曲で、当時の時代を描いた曲で、寒空に彼女と風呂屋に行く風景が見える曲です。今は風呂、自宅にあるのは当たり前の事だが当時は、お風呂が自宅にない家庭も普通でしたからね。ましてや貧乏学生で高度成長経済成長期の時を描いた曲です。今の時代には合わない曲だけど、良い詩です。(50代男性)

この曲は昭和真っ只中の感じです。ちょっと切ないし、古さも凄くあり、今ではあまり見ないですが唄はいいです。(40代男性)

南こうせつの代表曲だと思います。昭和の匂いが漂っています。曲調が歌詞に溶け込んでいて、耳に残る曲です。(40代女性)

昭和を代表する名曲の一つだと思います。今は銭湯はあまりイメージできない人もいるかもしれませんが、歌詞・メロディーとも心にしみます。(50代女性)

この曲は南こうせつさんの代表的な曲で優しいギターの音色と透き通った歌声が合わさって非常に良いコントラストを奏でているからです。(20代男性)

青春時代の思い出の曲です。今では想像できないであろう古い時代の、若い恋人同士が過ごした思い出の日々が歌われています。こうせつさん独特の優しい声が、この歌の雰囲気にぴたりと合っていて、切なくなります。(50代女性)

若い人たちにはわからない味がある。ぐっとくる歌である。いろんな人にこの良さをわかって聞いてもらえるといいです。(40代女性)

「若かったあの頃何も恐くなかった。ただあなたの優しさが怖かった」この歌詞が全てです。この意味をずっと追い続けてきました。大人になってやっとわかった気がします。(30代女性)

兄が好きで家でよく流れてた曲で次第に自分も好きになってました。その情景が頭に思い浮かぶ詩と少しせつない感じのメロディが心に響くうたです。(50代男性)

父の影響で聴き始めました。少し大人な内容な気はしますが、ゆっくりなテンポで歌いやすいし、何よりこうせつさんの声になぜか聞き惚れてしまいます。(20代女性)

いつの時代にも心に響く声で優しい声ですが、寂しい本音をしっかりと歌にしている曲だと思います。どの世代にも歌い継がれてほしいです。(30代女性)

南こうせつと言えば、必ず出てくるのがこの曲だと、思います。風呂なしの部屋で銭湯から、帰ってくるという詩を聞くと、自分の若い頃を思いだし、懐かしく思います。狭い(50代女性)

昭和の名曲だと思います。こんなに心に訴えかける、切なくて文学的な曲は、現代ではなかなか聴けないなと思います。(40代女性)

歌詞の中に英語もカタカナもなくて日本語の美しささえも感じられる歌詞で素敵。昭和の曲はすごく染るから好き。(20代女性)

この曲は今のAKBやモモイロクローバーなどが好きな若い人達からすれば「暗い演奏」や「少しテンポが遅い!」とか思いますが、メロディやテンポが遅くても、この曲の詩はとても良い詩で意味もわかりやすく、覚えやすいと思います。(30代女性)

小さい頃よく父親の車でこの曲が流れていて聴きなじみのある曲だからです。この曲を聴くといつも当時の思い出がよみがえってきます。(20代女性)

父の青春時代の曲です。カラオケで大切そうに歌っていました。切ない調子に赤裸々な歌詞がのっていて、聞き応えがあり、南こうせつの歌声も素敵です。(40代女性)

ベタ中のベタだけど1番は神田川でしょう。個人的には2番の方が好きです。2番の後半、1番の後半の音感とフレーズが素晴らしい仕上がりかなと思います。(40代男性)

この曲は何年も前になりますが、今でも支持されているのが分かります。時代は全然今とは違います、環境も違います。私はその時代に生まれてもいませんでした。しかしこの詩の奥深さにいつも心奪われます。(40代女性)

中学生の頃 、私の中でフォークの曲といえばこの「神田川 」情景を頭の中で描きながら 何度も何度も聞き、何度も何度も歌いました 。切なさの中にほっこりする温かさ、ジーンと心に染み入ります。(60代女性)

昭和の名曲だと思います。歌詞にでてくる名詞や、リズムが当時を連想させる懐かしい曲です。こうせつさんの、やさしく、細いうたごえで、心情や、情勢感が増しています。(50代女性)

歌詞の全体が心に染みて泣きたくなる曲なので落ち着きたい時や涙活をしている方には特におすすめだからです。(20代女性)

歌詞の情景が浮かんでくるような切なさと哀愁漂う歌い方で、今も多くのアーティストがカバーしています。南こうせつが居たかぐや姫にとって最大のヒット曲となりました。(50代男性)

歌詞の内容に深みが感じられ、感情移入してしまう。目をつぶって神田川を聴くと、歌詞の情景を頭の中でイメージすることができる。(20代男性)

名曲中の名曲です!まず、メロディーがとても綺麗で、歌詞もジーンとくる。とても日本的な曲で、涙が出るけど、安心する曲。(50代女性)

昔お父さんがカラオケでよく歌っていたしテレビでもヒット曲として歌われていました。地元が一緒ということもありこの方のヒット曲としてこれを挙げました。(30代女性)

この曲を聞くと、すごく昔が戻ってきます。もう何十年前のことが懐かしく、今思うと涙が出そうな感じになります。(50代男性)

 

 

1票入った南こうせつおすすめの曲も紹介

 

南こうせつ 「あの人の手紙」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「あの人の手紙」がおすすめの理由

招集されて戦争に行った恋人との別れの悲しみ、帰ってくるのを待ち続けたその先までもが想像されてさらに重くのしかかります。力強い歌唱はこうせつさんの戦争への怒りのようにも聴こえます。(50代男性)

 

 

南こうせつ 「あの日の空よ」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「あの日の空よ」がおすすめの理由

しっとりとした落ち着いた曲なのでゆっくりとしたい時に良い曲ですし、全体的に明るい前向きな歌詞も良いと思います。(30代男性)

 

 

南こうせつ 「アビーロードの街」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「アビーロードの街」がおすすめの理由

シングル曲「僕の胸でおやすみ」のカップリング曲としてリリースされました。本作の舞台は青山通りで、確かにこの近辺は、アビーロードと雰囲気がにています。(50代男性)

 

 

南こうせつ 「かぐや姫」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「かぐや姫」がおすすめの理由

すごく心に響く曲。青春時代にタイムスリップしたかのよう。なんでこんな良い歌作れたのだろうか。泣きそうになる。(20代女性)

 

 

南こうせつ 「けれど生きている」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「けれど生きている」がおすすめの理由

南こうせつのかぐや姫時代の名曲中の名曲、昔のフォークってシンプルだけど、人の存在自体を問うような形而上的な歌詞が多かった。そしてそれがアーティズトにとって当たり前だった。(50代男性)

 

 

南こうせつ 「ちょっとそこまで」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「ちょっとそこまで」がおすすめの理由

好きな人に会いに行くまでの感情を歌っているのでしょうか。ウキウキとした気持ちが読み取れます。いつもの道が、楽しくなりますね。(30代女性)

 

 

南こうせつ 「ちらし寿司」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「ちらし寿司」がおすすめの理由

子供の頃、誕生日にちらしずしを作って貰ったのでしょうか。その時の嬉しい気持ちを歌にしたのですね。今は食べられない悲しみも書かれています。(30代女性)

 

 

南こうせつ 「なごり雪」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「なごり雪」がおすすめの理由

イルカがカバーしたことでも知られるこの曲は、卒業式シーズン、なごり雪が降る地域の人は、歌詞が心に刻まれて思い出深い一曲になっていて、東京を舞台にしたこの曲は多くのアーティストにカバーされ、今もなお愛されている名曲の一つです。(50代男性)

 

 

南こうせつ 「ひとりきり」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「ひとりきり」がおすすめの理由

フォークグループ「かぐや姫」が1972年にリリースしたシングル「僕は何をやってもだめな男です」のB面に収録された曲で、大分市の竹中駅について歌われて、アルバム「はじめまして」にも収録されました。(50代男性)

 

 

南こうせつ 「加茂の流れに」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「加茂の流れに」がおすすめの理由

「加茂の流れ」はギターの奏でる音がとても切なく感じはかない二人にぴったりの歌で聞き入ってしまいます。 雨の祇園町・おぼろ月夜の清水・そして桜散る嵐山など歌詞に京都の名所が散りばめられ全てのシーンが絵のようだ。 京都の雰囲気が巧みに描かれ情景が浮かび素晴らしい歌です。(60代女性)

 

 

南こうせつ 「夏の少女」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「夏の少女」がおすすめの理由

ララ夏の少女♪なんてテンポの良い歌でよく歌っていました。南こうせつの甘い声と楽しかった夏の情景が目に浮かぶようでした。最後は「季節も変わり、冷たい潮風」の歌詞に一つのドラマを見ているようで大好きな曲でした。(60代女性)

 

 

南こうせつ 「賀茂の流れに」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「賀茂の流れに」がおすすめの理由

フォークソンググループかぐや姫の楽曲で、歌っているのは南こうせつさんです。おぼろ月夜の京都の祇園を舞台にしています。賀茂川や嵐山、桜など京都や日本の和の風景を思わせる歌詞になって、音楽もフォークですがどこか和のテイストが入っています。(50代男性)

 

 

南こうせつ 「海のトリトン」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「海のトリトン」がおすすめの理由

1972年に放送された同名アニメのテーマ曲で、第1話から6話まではOP、7話からはEDとして起用され、作曲は南こうせつさんです。早い段階で、吹奏楽の編曲楽譜を販売しているミュージックエイトから楽譜が発売されたので、演目に取り上げられ、今は高校野球でよく使われています。(50代男性)

 

 

南こうせつ 「君しかない」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「君しかない」がおすすめの理由

君しかないっていう表現は、肯定的にとって良いんですよね。一人の女を想い続ける、気持ちが伝わってくる。(30代女性)

 

 

南こうせつ 「好きだった人」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「好きだった人」がおすすめの理由

吉田拓郎プロディースのかぐや姫のアルバムの収録曲で、失恋した好きだった人への思いをとつとつと歌います。失恋したときに、カラオケで歌って思いっきり泣いてみるのもいいかもしれません。(50代男性)

 

 

南こうせつ 「今日は雨」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「今日は雨」がおすすめの理由

雨が追い討ちをかけるように一人っきりの寂しさ、辛さがてんこ盛りの悲しさ一杯の歌詞。雨が降るとよくギターを弾きながら歌っていました。懐かしいザ・昭和のフォークソング。今でも口づさむ事もあります。(60代女性)

 

 

南こうせつ 「山椒哀歌」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「山椒哀歌」がおすすめの理由

生活のため身売りをしなければならない悲しい境遇の少女の気持ちを一人称で歌っていて、好景気の反動で暗い空気が日本中に漂った昭和中期ならではの歌です。(50代男性)

 

 

南こうせつ 「雪が降る日に」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「雪が降る日に」がおすすめの理由

ミドルテンポで展開していくリズムとウェットでメランコリックなギターの音色が印象的なメロディを背に歌い上げるナンバーです。(50代男性)

 

 

南こうせつ 「粉雪」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「粉雪」がおすすめの理由

70年代のフォークが好きな人にはかなりお勧めの名曲です。物悲しい雰囲気のせつない歌詞ですが、こうせつさんの優しい歌い方が良いです。(40代男性)

 

 

南こうせつ 「夢人よ」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「夢人よ」がおすすめの理由

落ち着いたテンポの歌で、南こうせつさんの独特の声がめちゃくちゃ似合う楽曲だと思います。妖艶な感じも魅力的です。(50代男性)

 

 

南こうせつ 「幼い日に」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「幼い日に」がおすすめの理由

おすすめの夏の曲です。小学生ぐらいの男の子の冒険心や、毎年の成長が描かれています。田舎の夏の風景描写がまた素晴らしい。(40代男性)

 

 

南こうせつ 「遥かなる想い」(1票)

YouTube動画はこちら

南こうせつ「遥かなる想い」がおすすめの理由

正確には南こうせつがかぐや姫の時代に発表された曲ですが、発表時期の問題で南こうせつのソロというイメージがある曲です。昭和の青春ソングという感じがノスタルジーを誘います。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました