映画好きが選ぶ!女子高生が主人公の映画おすすめ58選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの女子高生が主人公の映画

 

1.orange-オレンジ-

女子高生が主人公の映画「orange-オレンジ-」がおすすめの理由

こんな高校生活をおくりたかったと、深く感じさせてくれる映画だと思います。素晴らしい仲間や好きな人に囲まれたこの瞬間があれば、この先も生きていけると思えるからです。また、翔は母親を自分のせいで亡くしたと思って悩みますが、私も肉親を亡くしているので共感できるところがあり胸が熱くなりました。翔を救おうと仲間が頑張るところも感動します。(50代男性)

ある日とどいた不思議な手紙から物語が始まります。10年後から来た手紙なのでイタズラかと思ってるけど、それがどんどん当たっていくので信じて皆でその信実を変えようと動きます。1人の友だちの為に必死に行動して願って…友達を守りたい!そんな必死な気持ちが伝わってきます。(20代女性)

 

 

2.オオカミ少女と黒王子

女子高生が主人公の映画「オオカミ少女と黒王子」がおすすめの理由

山崎賢人さんと二階堂ふみさんの二人が演じている役がすごく素敵で、見ていてドキドキや青春を味わうことができるのが好きな映画です。ドS男子を演じている山崎賢人さんがとてもかっこよくて魅力的な映画になっているのでおすすめです。(20代女性)

元になっているのは八田鮎子による少女コミックになり、二階堂ふみの主演によって映画化されているラブストーリーです。軽はずみな気持ちから嘘をついた女子高校生が、学園一のイケメンに振り回されていく様子に笑わされました。(30代男性)

 

 

3.スウィート17モンスター

女子高生が主人公の映画「スウィート17モンスター」がおすすめの理由

恋よりも友情のネイディーン。私には、クリスタだけだから。それなのに、クソ兄貴と付き合うなんて信じられない。悲劇のヒロインぶっているネイディーンにイライラさせられるが、最後には成長することができて良かったかな。(30代女性)

オタクでちょっとイタイ女子高生が主人公だけど、大人が見て共感できる部分が多いと思います。自分中心で世の中が回っていて、でも自分に自信を持てないまさに思春期!の葛藤がよく描かれていたと思います。主人公の演技が上手すぎでした!(40代女性)

 

 

4.チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~

女子高生が主人公の映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」がおすすめの理由

広瀬すず、中条あやみらが見事なチアリーディングのダンスを見せてくれます。 あのシーンのために、彼女らはどれほどの特訓をしたんだろう?と思うとウルウルしちゃうほどの完成度でした。 最初ダメダメだった彼女らがお互いを理解しながらひとつのチームになり、ホントに全米制覇しちゃうまでの凄い頑張りと、そのチャーミングさに魅了されるパワーチャージムービーだと思います。(50代女性)

実話からインスパイアされたストーリーになり、広瀬すずの主演によって映画化されている青春ドラマです。チアダンス未経験者の女子高生の集まりと、彼女たちを厳しく時には優しく導いていく教師との絆には胸を打たれました。(30代男性)

 

 

5.ちはやふる

女子高生が主人公の映画「ちはやふる」がおすすめの理由

主人公が、競技かるたに熱中し、勝つために頑張る姿が印象的です。仲間と協力しながら成長していく様子は、学生時代の部活動を思いだしとても共感しました。気づいたら主人公を一生懸命応援していたし、何かに対し真剣に取り組み頑張ることの楽しさに気づかされました。(10代女性)

元になっているのは末次由紀による大ヒットコミックになり、広瀬すずの主演によって映画化されている青春ドラマです。幼い頃に離ればなれになった友との再会への思いを胸に抱いて、競技カルタに打ち込んでいく女子高生の姿が感動的でした。(30代男性)

 

 

6.ヒロイン失格

女子高生が主人公の映画「ヒロイン失格」がおすすめの理由

漫画も面白かったのですが 桐谷美玲さんが演じる主人公主人公が コミカルで面白くて 見ていて楽しくなるからです! 好きな人にここまで一途になれるのかと びっくりするくらい一途で 見終わったあとは、好きな人に 会いたくなるような映画でした。(20代女性)

漫画が原作の作品ですがコメディ部分なども忠実に再現されていてとても面白いです。自分も恋愛をしたくなるような気持ちになります。また、主人公の桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎の三角関係もとてもはらはらします。(20代女性)

 

 

7.ヘアスプレー

女子高生が主人公の映画「ヘアスプレー」がおすすめの理由

人種差別や見た目のコンプレックスなどをミュージカルにして訴えているため重くなりすぎず楽しく見れる。 曲も耳に残りやすくキャストも豪華です。ジョントラボルタの女装姿は必見です! ミュージカルが苦手な方でも見やすいと思います。(20代女性)

主人公の女の子がとにかく可愛くて、自分の夢に向かってひたすら突き進むという元気をもらえる作品です。 色んな差別や偏見がありますが、それをはねのけるパワーや周りの理解があって、ウルっとするシーンも多いです。 ミュージカルですが、全員の歌とダンスレベルが高すぎて、見応え抜群です。(20代女性)

 

 

8.下妻物語

女子高生が主人公の映画「下妻物語」がおすすめの理由

まず、二人とも女子高生なのに学校のシーンがほとんどありません。しかし、学園ものではないのに友情がはっきりと見える作品です。見た目も性格もまったく違う二人が雑誌の投稿をきっかけに出会い、お互いをけなし合いながら少しずつ理解を深めていきます。コメディタッチの映画ですが、意外と名言が散りばめられているので、何か壁にぶち当たった時や、くじけそうな時にじっくり一人で観ることをおすすめします。(20代女性)

私の青春です!ストーリーが面白い!笑える!最後まで観て下さい!スカっとします!泣ける!感動!!私が中学生の時に映画館に観に行った映画です。若者だけが観る映画のようですが、大人になった今でも楽しめます。老若男女問いません!うちの母も笑います。トミーヘブンリーも最高!!ちなみに…小説より映画の方がオススメです!(30代女性)

 

 

9.花とアリス

女子高生が主人公の映画「花とアリス」がおすすめの理由

独特の世界観で、女子高生の恋と友情を描いた作品です。憧れの先輩、ちょっとした嘘、友達との喧嘩、恋か友情かの選択…誰もが経験した事あるような身近な出来事に聞こえますが、どれにもドラマがあり、よくある青春映画とはちょっと違った作品でした。(20代女性)

ふたりの女子高校生の無邪気な嘘が、年上の男子高校生を巻き込んでいく様子を描いたラブストーリーになります。アリスに扮している若き日の蒼井優が、クライマックスで披露するバレエのシーンが美しさ溢れていました。(30代男性)

 

 

10.君に届け

女子高生が主人公の映画「君に届け」がおすすめの理由

この映画を見ると片思いの相手になかなか好きと言えなかったり、勝手に嫉妬したりといった思春期の思い出がよみがえります。漫画が原作ですが、三浦春馬さんはまるで漫画から飛び出してきたような爽やかイケメンを演じていて終始ドキドキしてしまいます。主人公の多部未華子さんもすごく演技が上手で引き込まれます。単なる純愛ラブストーリーなだけでなく、友情や家族愛を盛り込んでいて見た後にほっこりしてしまいます。定期的に見たくなる作品です。(30代女性)

漫画・アニメ同様、主人公の女子高生の心情が伝わってくる優しい恋愛映画で、見ながら切ない気持ちにさせられるから。配役も原作に合っていて、特に三浦春馬と桐谷美玲はとても合っていた。何度でも見たくなる作品。(40代女性)

 

 

11.君の名は。

女子高生が主人公の映画「君の名は。」がおすすめの理由

主役の男女2人の心と体が入れ替わるという話は、ありきたりかと思ってさほど期待せずに見ましたが、2人の生きていた時代がずれていたというところは予想していなかったので、驚きと同時に「この設定は面白い」と思わされました。また、彗星のくだりは程よい緊張感があっていいし、三葉が生き延びて最後に瀧と出会えたのもよかったです。アニメだからと敬遠している人にも是非一度見て欲しい映画だと思います。(50代男性)

何の接点もなかった2人が体の入れ替わりを繰り返し、お互いを意識していく。一度は経験してみたいストーリー。映像が綺麗で、2人の恋愛をより一層美しくさせている。観るたびに新しい発見があって、作品の奥深さを知った。(30代女性)

 

 

12.兄に愛されすぎて困ってます

女子高生が主人公の映画「兄に愛されすぎて困ってます」がおすすめの理由

豪華メンバーで内容もとてもきゅんきゅんします。なかなかないシチュエーションなのが、さらに普段は経験できない世界に引き込まれるようで、主人公の気持ちになってみているといつの間にか映画の中に引き込まれていきます。笑いあり感動ありで素敵な作品だと思いました。(20代女性)

とりあえずキュンキュンします。片寄涼太くんが演じる役がとても好きで、しかも格好良すぎてこんなお兄ちゃん居たらいいなと今でも思っています。1回見るとハマってしまって何回でも見れる映画なのでとてもおすすめです。(20代女性)

 

 

13.四月は君の嘘

女子高生が主人公の映画「四月は君の嘘」がおすすめの理由

広瀬すずに山崎賢人、中川大志という大人気若手俳優を起用しているので見ていてかっこいいしかわいいです。実際にすずちゃんと山崎賢人はピアノとバイオリンを演奏していて迫力もあります。目標を失った青年を実は病気でそれを隠しながら彼がまたピアノを弾けるようにさりげなく支える少女の感動の物語です。最後には誰でも泣いちゃうくらい女の子の気持ちが伝わってきます。(20代女性)

天才的な才能を秘めながらもピアノを諦めた男子高校生と、ヴァイオリニストを目指す女子高生の出会いをテーマにした青春ドラマです。音楽への情熱を通して心を通わせていくふたりに訪れることになる、残酷な別れには胸が痛みました。(30代男性)

 

 

14.恋は雨上がりのように

女子高生が主人公の映画「恋は雨上がりのように」がおすすめの理由

原作は漫画なのですが、漫画のストーリーに忠実に、作品の良さが失われることなくそのまま映画にされているところがとても良いと思っています。 主人公役が、小松菜奈ちゃんなのですが、小松菜奈ちゃんのミステリアスさによって物語が一気に引き締まっているように感じます。主人公が好きな店長役が、大泉洋さんです。店長は、普通のおじさんです。十円ハゲのある、家の中でパンツで歩いているようなおじさんです。そのおじさん役を違和感なく演じているところも大泉洋さんの良さです。 ぜひ、見てみてください。(20代女性)

女子高生がバイト先先の店長に恋をするのですが、なんと40歳過ぎのおじさん! 不器用な子なのですが自分なりにアプローチする姿は可愛らしいです♪ 店長がしてくれる大人な対応も素敵で見ててキュンとしますし笑いもあって最後は爽やかなラストを迎えます。(20代女性)

 

 

15.恋空

女子高生が主人公の映画「恋空」がおすすめの理由

結構見ている人がいる大ヒットな邦画だと思います。 2人の高校生の甘くも切ない恋愛ストーリーが心をひきつけます。高校時代の大人のようで、子供な部分、リアルに物語ってると感じます。 キャストもとても合っています。(30代女性)

自分も、学生の頃にケータイ小説で読んで実写化されたので見ました。 今、改めて見返すと、豪華なキャストで、イメージにピッタリとあっていて、とてもいいです。 内容も、すごく考えさせられるような内容で、実話とのことで親近感が湧きます。(30代女性)

本も読みました。ドラマも見ました。映画も見ました。どれも最高です。とても分かりやすい展開なのがいいなと思います。自然と涙を流すことができると思います。涙活にもいいと思います。ミスチルの歌もとてもよかったです。(30代女性)

原作の本やドラマもいいのですが、映画もすばらしいです。美嘉の優しさ、ヒロの優しさを感じることができました。見ててじれったさやモヤモヤもあります。でも、最後は涙がこぼれてきました。こんな恋もいいですね。また見たいと思います。(30代女性)

 

 

16.時をかける少女

女子高生が主人公の映画「時をかける少女」がおすすめの理由

タイムリープできる力を手に入れた主人公の行動が高校生らしく、青春を感じさせてくれる。また、主人公と未来からやってきた男の子の叶わない恋が悲しい展開で終わるのではなく、希望を持たせて終わるところが魅力的。(20代女性)

出会った彼が未来からのタイムトラベラーだったり、見たことがあるデジャブな経験描写だったりと設定はSF的ながら、原田知世のかわいらしさが満載の青春映画です。ロケ地である広島尾道の美しさと相まって、つい引きこまれてしまいます。(50代男性)

一言で言えば青春。暑い真夏に観たくなるアニメ映画作品です。時間を跳躍することの出来る「タイムリープ」という能力がカギとなる物語なので、恋愛映画が苦手な人でもファンタジー要素で楽しむことが出来ます。女性にとってはキュンキュンするシーン、泣けるシーンもあると思います。(20代女性)

元になっているのは筒井康隆による短編小説になり、長編シナリオとして細田守監督によってアニメ化されているファンタジードラマです。ある突然に時間を巻き戻す特殊能力を覚醒させた女子高生の、冒険と仄かな恋愛が心に残りました。(30代男性)

偶然手に入れたタイムリープという能力を使って、やりたい放題の主人公。何度も繰り返していくうちに本当に大切なことに気づいていく。もどかしい気持ちにもなるが、わたしも未来に向かって走っていこうと思える作品。背景もとてもキレイで、特に青空が夏らしさを感じさせてくれる。(30代女性)

 

 

17.ビリギャル

女子高生が主人公の映画「ビリギャル」がおすすめの理由

自分がいかに適当に人生を送ってきたのかが分かる映画でした。最後は泣きました。この話が実話というところがすごいです。どんな環境でも、希望や夢を諦めたり諦めさせてはいけないなと改めて思いました。有村さんの演技が素晴らしかったです。(30代女性)

ビリギャルは、学年ビリのギャルが1年で偏差値を40も上げで慶應大学に現役合格するお話です。遊んでばかりいて出来の悪かった女の子と、1人の塾講師の出会い、約一年半という短い時間の中で、努力で慶応大学に合格します。周りの支えがあったのはもちろん、さやかの努力が実ったところが感動的です。(20代女性)

実話というのが本当に驚きました。とても泣けました。映画で表現していた母親や塾の先生みたいに、子供を信用して理解してくれる素晴らしい人材が教育の幅やその子たちの潜在能力の可能性を生かすのだと思いました。(30代女性)

有村架純のギャル姿がとにかく可愛いです。おバカな女子高生のギャルが慶應大学に受かるまでの話なのですが、現状がイマイチでも努力すれば未来を変えられることがわかり、観ると元気が出る作品です。有村架純の新たな一面を見れます。(20代女性)

成績がビリで勉強なんてまともにした事のなかった女子高校生が、とても素晴らしい塾の講師に巡り合った事で慶應義塾大学に合格する話。実際に小学生の娘がおり、なかなか勉強に身が入らないので、いつか勉強することの楽しさを学んで欲しいと思い、共感した映画です。ぜひたくさんの方に見て欲しいと思いました。(40代女性)

頑張っている姿にとても胸が熱くなりました。とてもさわやかな作品だったと思います。これが実話だということにとても驚きました。どんな環境でも、希望や夢を諦めたり諦めさせてはいけないなと改めて思いました。感動する場面もあります。(30代女性)

今、受験勉強に励んでいる学生に夢を与える映画だと感じました。 そんな努力を支える家族の存在も印象的で、家族のあり方についても改めて考えさせられ、その温かさには涙が止まらなくなります。 観る年代によって、様々な感動が味わえる映画です。(20代女性)

この話が実話なのがすごいと思いました。映画で表現していた母親や塾の先生みたいに、子供を信用して理解してくれる素晴らしい人材が教育の幅やその子たちの潜在能力の可能性生かすのだと思いました。努力の素晴らしさを教えてもらいました。(30代女性)

中学受験をしたが徐々に落ちこぼれ、終いには学年ビリになってしまったギャルが心機一転し、慶應義塾大学入学を目指す物語です。ギャルだけど一生懸命、ギャルだけど実はすごく根は真面目な主人公が大学入試に向けて家族、先生、友達と乗り越えていくストーリーは何かしら見た人に影響を与えると思います。私も見終わったあと、『頑張ろう』と思えましたし、3回ほど見ました。何度も見たくなるような映画です。(10代女性)

実話なのがすごいなと感じました。高校1年生くらいの時に出会いたかった作品だなぁと感じました。この映画のモデルの家族などのように、押しつけでなく、信頼や、分かち合いがあるというのが、理想の形だと思いました。(30代女性)

学年最下位の成績の不良女子高生が、私立大学最難関の一つの慶応大学に最後は合格してしまうという物語で、フィクションではなく実話に基づいていることも、これから大学受験を目指す同世代の生徒にはとても励みになる作品。(50代男性)

この話が実話ということにとても驚きます。タイトルから合格できることは分かっているわけですが、さやかの努力する姿に影響を受けて周りの人が変化していく様子も感動的で、単に受験の合否だけではない温かいストーリーに仕上がっていると思います。(30代女性)

これが実話なのが驚きです。タイトルから合格できることは分かっているわけですが、さやかの努力する姿に影響を受けて周りの人が変化していく様子も感動的で、単に受験の合否だけではない温かいストーリーに仕上がっていると思います。(30代女性)

自分も学習塾の講師をしているので、この映画に興味を持って見ました。ちょっと出来過ぎな感もあるストーリーですが、子供には何かをきっかけに一気に化ける時があることは確かなので、今自分の子供の成績に悩んでいる親御さんには一度見て欲しいです。(50代男性)

この話が実話という事がとてもビックリします。何でもやればできるということが証明されたと思います。頑張るという過程がとても大事なのだと思いました。先生もとてもいいなと感じました。人との出会いというのはとても重要なのだと思いました。(30代女性)

学年一ビリのギャルの高校生が1年間で偏差値を40上げて、慶応大学に現役合格してしまう話です。自分のレベルがどのくらいか分からないくらいに無知な所から始まり周りに支えられ頑張る姿は感動し、何でも諦めずに死ぬ気で頑張れば叶う夢もあるんだと感じました。(40代女性)

この話が実話だと言うのがすごい話だと思います。タイトルから合格できることは分かっているわけですが、さやかの努力する姿に影響を受けて周りの人が変化していく様子も感動的で、単に受験の合否だけではない温かいストーリーに仕上がっていると思います。(30代女性)

 

 

18.17歳のカルテ

女子高生が主人公の映画「17歳のカルテ」がおすすめの理由

自殺未遂をして精神科病棟に入れられた17歳の少女が出会う病棟の人たちとの触れ合いを通して成長する物語です、アンジェリーナジョリーの出世作でもあります。とても痛々しく、他人や自分を傷つけ合いながらも慰め合い自分を見つめ直す彼女達の姿に勇気を貰える映画です。(30代女性)

 

 

19.Dear Friends ディア フレンズ

女子高生が主人公の映画「Dear Friends ディア フレンズ」がおすすめの理由

病気になると、自分の本当の味方になってくれる人がわかると思います。弱っているときほど、本当に寄りそって、一緒に悲しんだり喜んだり、心配したり、そうやってそばにいてくれる人がわかると思いました。とても感動しました。(30代女性)

 

 

20.L・DK

女子高生が主人公の映画「L・DK」がおすすめの理由

ひょんな事から同棲生活をする女子高生と男子高校生がぶつかりながら少しずつ歩み寄っていく様子に胸がキュンキュンしたり切なくなったりする映画です。元気で明るい女子高生を剛力彩芽さん、イケメン俺様高校生を山崎賢人さんが演じ、漫画の世界観を壊すことなく演じています。(20代女性)

 

 

21.Mean Girls

女子高生が主人公の映画「Mean Girls」がおすすめの理由

この映画は女の子のドロドロとした人間関係を描いたものです。主人公ケイティはアフリカ出身で、アメリカの高校に通い始め、そこで出会った高校の人気グループPlasticsの一員となります。そんな彼女達にはグループで生き延びるためのルールが沢山…。見ていて「嫌だなあ」と思いながらも、共感せざるを得ません。もう10年以上前の映画ですが、女の子の世界の普遍性を感じさせられます。(10代女性)

 

 

22.the duff

女子高生が主人公の映画「the duff」がおすすめの理由

「お前はあの子たちの引き立て役だよね」そんなこと言われても気にしない。だって私達は親友だから。と上手くいけばいいんだけどね。自分の立ち位置を気にする高校時代。引き立て役と言われて迷走する主人公が可愛い。(30代女性)

 

 

23.うた魂♪

女子高生が主人公の映画「うた魂♪」がおすすめの理由

楽しくなければ歌う意味はない、だが歌わなければその楽しさは決してわからないと思います。出だしは、お笑い系かと思って観ていたのですが、どんどん引き込まれていきました。最後は感動する場面があり、泣けました。(30代女性)

 

 

24.エール!

女子高生が主人公の映画「エール!」がおすすめの理由

フランス映画。耳の聞こえない家族には、自分の声、歌声を聴いてもらえない。音楽の道に進むことを、なかなか許してもらえない主人公。障害に負けずに、自分の夢を追いかける姿に勇気を貰った。歌声に、歌詞にドキッとした。(30代女性)

 

 

25.ガールズ&パンツァー

女子高生が主人公の映画「ガールズ&パンツァー」がおすすめの理由

女子高生と戦車という発想がなかったので、とても新鮮でした。始めは、女子高生の日常的なアニメだと、思っていましたが、戦闘のシーンはとても迫力あり、普通のアニメ映画ではないなと思いました。また、廃校をかけて、立ち向かうという、王道なスポ魂アニメでもあり、とても熱かったです。(20代男性)

 

 

26.カノジョは嘘を愛しすぎてる

女子高生が主人公の映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」がおすすめの理由

450万部を超える大ヒット漫画のの実写映画化作品。音楽を舞台に秋(佐藤健)と理子(大原櫻子)が繰り広げる恋愛劇。「一目惚れって信じますか?」冗談のつもりだったが、理子は秋に“一目惚れしたと言う一言から始まるラブストーリーです。(30代女性)

 

 

27.がんばっていきまっしょい

女子高生が主人公の映画「がんばっていきまっしょい」がおすすめの理由

愛媛県松山市を舞台にして、若き日の田中麗奈がボートに打ち込んでいく女子高校生に扮した青春ドラマになります。毎日の厳しいトレーニングメニューを乗り越えながら、かけがえのない仲間たちとの絆を築き上げていく姿が感動的でした。(30代男性)

 

 

28.きみの声をとどけたい

女子高生が主人公の映画「きみの声をとどけたい」がおすすめの理由

夏休み期間中の湘南を舞台にして、かつて地元に存在したミニFM局を復活させる女子高校生たちを捉えた青春ストーリーになります。SNS全盛期に、リスナーとの繋がりを大切にするラジオの素晴らしさが伝わってきました。(30代男性)

 

 

29.キャリー

女子高生が主人公の映画「キャリー」がおすすめの理由

スティーヴン・キングによる原作小説を映像化した、伝説的なホラー映画になります。クラスメイトによって痛烈ないじめを受けていた女子高校生が、隠し持っていた超能力を解放して復讐を遂げていく展開がスリリングでした。(30代男性)

 

 

30.コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~

女子高生が主人公の映画「コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~」がおすすめの理由

タイトルはB級臭がしますが、意外にそうでもなく、ギャグのセンスがキレキレで楽しませてくれます。生意気で可愛い女子高生二人組が、変な敵に絡まれる異様な図、そして態度よりも台詞で笑わせてくるスタイルが面白いです。見た後はすっきりして満足します。(20代女性)

 

 

31.シャドウハンター

女子高生が主人公の映画「シャドウハンター」がおすすめの理由

ファンタジー作品なので非現実的でありながらも恋愛の要素があり一瞬で世界観に引きこまれます。人間と天使のハーフ『シャドウハンター』という普通ではありえない設定だけれど観ていくうちに本当にこんな世界があるのではと思ってしまいます。(20代女性)

 

 

32.タイムトラベラーの系譜 ルビー・レッド

女子高生が主人公の映画「タイムトラベラーの系譜 ルビー・レッド」がおすすめの理由

元になっているのはケルスティン・ギアによるSF文学になり、マリア・エーリックの主演によって映画化されています。タイムトライアルの能力に目覚めた女子高校生と、謎の組織との間で繰り広げられるバトルが迫力満点でした。(30代男性)

 

 

33.タイヨウのうた

女子高生が主人公の映画「タイヨウのうた」がおすすめの理由

太陽にあたることを許されない決して治ることのない難病を幼いころから背負っている主人公。そんな主人公が限られた環境と時間の中で精いっぱい生きていく姿に、感動と勇気をもらえる作品です。病気と闘うという背景があるものの、美しい鎌倉の風景と共につづられる物語であまり重い気持ちにならずに見られます。(30代女性)

 

 

34.たまこラブストーリー

女子高生が主人公の映画「たまこラブストーリー」がおすすめの理由

たまこは恋の好きと友人としての好きが自己認識できていなかった。そんななか、もちぞーから異性として告白を受けて混乱してしまう。気持ちが整理できないままもちぞーと離れるかもしれないことになり焦るたまこ。甘酸っぱい気持ちでいっぱいになる作品です。(30代男性)

 

 

35.なぞの転校生

女子高生が主人公の映画「なぞの転校生」がおすすめの理由

元になっているのは眉村卓によるジュヴナイル文学になり、新山千春の主演によって映像化されているSFアドベンチャーです。時空を飛び越える能力を身に付けた女子高校生の冒険とときめきだけでなく、核戦争の危機への鋭いメッセージも印象的でした。(30代男性)

 

 

36.パラダイス・キス

女子高生が主人公の映画「パラダイス・キス」がおすすめの理由

ファッションが好きな女性なら絶対に楽しめます。原作と違うという意見も多いですが、ラストに関しては原作よりも映画のほうが爽やかで良いです。本筋はシンデレラストーリーらしくなっています。北川景子がとてもかわいいです。(30代女性)

 

 

37.ハンナモンタナ ザ ムービー

女子高生が主人公の映画「ハンナモンタナ ザ ムービー」がおすすめの理由

ディズニーチャンネルから派生した映画ですが、珍しく感動しました。自分の生活を守りながら、一方で歌手もこなすハンナモンタナと父親の家族愛に大変心を打たれました。音楽も素晴らしくて、CDも売れたようです。(30代男性)

 

 

38.ひるなかの流星

女子高生が主人公の映画「ひるなかの流星」がおすすめの理由

田舎町で生まれ育った女子高校生が、突如として都会のど真ん中へと転校することになった青春ドラマになります。ふたりの魅力的な男性の間で揺れ動きながら、いつしか1番大切な人の存在に気付いていく姿が感動的でした。(30代男性)

 

 

39.ファイナル・デッドコースター

女子高生が主人公の映画「ファイナル・デッドコースター」がおすすめの理由

恐ろしくて、自分は絶対にこの場にいたくないという設定がされています。主人公が危険を予知して、その危ない状態を回避しても、どうしても悲劇に襲われてしまう、そのシーンの数々が非常に怖いです。呪われたジェットコースターは、決して主人公たちを逃がしてはくれません。(20代女性)

 

 

40.ふたり

女子高生が主人公の映画「ふたり」がおすすめの理由

大林宣彦監督の名作中の名作。容姿端麗の姉とさえない妹。姉が事故で亡くなりなんと幽霊となって妹の元に現れる。姉の助けを借りてさえない妹がどんどん素敵に、できる子になっていく過程が面白い。事故当日の朝、妹の白い靴下についている赤い糸を見て生理ナプキンを取りに家に帰るというエピソードが印象的。(40代女性)

 

 

41.プリティ・プリンセス

女子高生が主人公の映画「プリティ・プリンセス」がおすすめの理由

内気で平凡な女子高生が、突然高貴な身分の出であることを知らされて変わっていくシンデレラストーリーで、お洒落や恋愛などに悩む女の子が観ると勇気が貰える作品です。自分に自信が無い人や、人生に疲れてしまった人にもオススメです。(20代女性)

 

 

42.フレフレ少女

女子高生が主人公の映画「フレフレ少女」がおすすめの理由

新垣結衣がとてもかわいいです。見ていてとてもうらやましく思います。人を応援するという事はとてもいいこと、素晴らしいことだと思います。題名とは違い、さわやかな青春そして人生のエールに満ちていると思います。(30代女性)

 

 

43.もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

女子高生が主人公の映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」がおすすめの理由

マネジメントに興味がわきました。スポーツは、感動を生むストーリーがあると思います。ストーリーとしては、ありきたりな感じはしますが、それがとてもいいです。みんなの想いを一つにすることは難しいし、人生には、思いも寄らない出来事がつきものだと思いました。(30代女性)

 

 

44.リアル鬼ごっこ

女子高生が主人公の映画「リアル鬼ごっこ」がおすすめの理由

元になっているのは山田悠介によるホラー文学になり、トリンドル玲奈の主演によって映画化されています。突如として見えない恐怖から逃げ惑う女子高校生の運命と、クライマックスで明かされる真実には驚かされました。(30代男性)

 

 

45.リュウグウノツカイ

女子高生が主人公の映画「リュウグウノツカイ」がおすすめの理由

過疎化が著しいとある港町を舞台にして、女子高校生が巻き起こしていく騒動がブラックユーモアたっぷりとしたストーリーです。集団妊娠事件の驚くべき顛末と共に、生命力に満ちあふれている海辺の風景が心に残りました。(30代男性)

 

 

46.リンダリンダリンダ

女子高生が主人公の映画「リンダリンダリンダ」がおすすめの理由

青春映画を撮らせたら天下一品と思っている山下敦弘監督の出世作。前田亜季・香椎由宇などの当時のアイドル的な人気女優に加え、韓国人女優のペ・ドゥナが、3日後に迫った文化祭でブルーハーツの「リンダリンダ」をコピーすることになる女子高生バンドのメンバーを好演している。なにか問題が起きたり、映画的に大きな盛り上がりがある訳ではないが、「鬱屈とした少女たち」という独特の空気感を上手に表現していると思う。(40代男性)

 

 

47.レディー・バード

レディー・バード

女子高生が主人公の映画「レディー・バード」がおすすめの理由

自分が抱いた葛藤が沸々と甦る、エネルギッシュな時間が流れる映画です。友情とは?家族とは?誰もが通ってきたであろう様々な悩みを、主人公も経験します。共感出来ることはもちろんですが、ついついアドバイスを投げ掛けてあげたくなる瞬間が時折あるところも、この映画の魅力です。主人公と共に成長できる映画です。(30代女性)

 

 

48.ワイルド・ガール

女子高生が主人公の映画「ワイルド・ガール」がおすすめの理由

親に反抗したせいで、お堅い高校に入れられたポピー。そこで待っていたのは、厳格な教師とダサい制服。エマってこんなにダサかった?そう思ってしまうほど、キャラクターを自分の物にしている。青春ものが好きな人はどうぞ。(30代女性)

 

 

49.一週間フレンズ。

女子高生が主人公の映画「一週間フレンズ。」がおすすめの理由

元になっているのは葉月抹茶による恋愛コミックになり、川口春奈の主演によって実写化されている青春ドラマです。1週間で全てを忘れていく女子高校生と、記憶を繋ぎ止める役割を果たすクラスメイトとの絆には心温まるものがありました。(30代男性)

 

 

50.渇き。

女子高生が主人公の映画「渇き。」がおすすめの理由

タイトルがなぜ渇き。なのか観終わるまでまったくわからないが、映画を観っ終わってからならなぜこの渇き。というタイトルがいかにマッチしているかわかる。女子高生や思春期の子供もがよくある。親が自分の子供が何を考えているかわからなくなるもどがしさが伝わる作品です。(20代女性)

 

 

51.教科書にないッ!

女子高生が主人公の映画「教科書にないッ!」がおすすめの理由

ある日突然にひとつ屋根の下で共同生活を送ることになった、女子高校生と教師が巻き起こしていく数多くの騒動がユーモアたっぷりとしたストーリーです。ふたりの間に横たわっている、微妙な距離感が微笑ましかったです。(30代男性)

 

 

52.君の膵臓をたべたい

女子高生が主人公の映画「君の膵臓をたべたい」がおすすめの理由

学生向けの青春映画と思いきや、大人でも感動させられました。重い病気を患う女子高生と、彼女と交流する中で自分を開いていく同級生の男の子の物語。人は人と関わり合う中で変化し、色々なことに気づいていくのだというシンプルなことに気づかされました。(20代女性)

 

 

53.耳をすませば

女子高生が主人公の映画「耳をすませば」がおすすめの理由

今改めてみると、高橋一生や高山みなみなど、ベテラン声優が多く出ていたことが分かる。声優を意識して観ると、また違う世界観が広がって楽しい。自分の夢を追うことの厳しさや、初恋の楽しさや悲しさ。大人になってからは、駆け引きばかりの恋しかしていなかったなあ。(30代女性)

 

 

54.若葉学園・チェリーボーイズ

女子高生が主人公の映画「若葉学園・チェリーボーイズ」がおすすめの理由

落語研究会に所属する冴えない男子高校生と、ある日突然に転校してきた奇妙な女子高校生との恋愛模様を描いた青春映画です。ひとつの部室をふたつのクラブが共有する放課後の風景と、戸惑いながらもお互いへの距離感を縮めていく様子が微笑ましかったです。(30代男性)

 

 

55.傷だらけの悪魔

女子高生が主人公の映画「傷だらけの悪魔」がおすすめの理由

主人公が東京からド田舎に引っ越してくるという漫画が実写化された映画でした、でもその主人公はいじめっ子でその引っ越した所でいじめた子に再開するストーリーでした。そして、主人公が逆にいじめてた子にいじめられるという立場が逆転してでも最後はまたいじめっ子の主人公がみんなをギャフンと言わせるような展開になってそのストーリーの展開の仕方を考えながら見るのがとても面白かったからです(10代女性)

 

 

56.少女

女子高生が主人公の映画「少女」がおすすめの理由

元になっているのは湊かなえによるミステリー文学になり、三島有紀子監督によって映像化されている青春ドラマになります。一見すると平和なお嬢様学校に通っている清純な女子高校生たちの、隠されている残酷性に驚かされました。(30代男性)

 

 

57.溺れるナイフ

女子高生が主人公の映画「溺れるナイフ」がおすすめの理由

元になっているのはジョージ朝倉によるマンガになり、山戸結希監督によって実施化されている青春ドラマになります。風光明媚な海辺の町を舞台にして、都会からきた女子高生と地元の御曹司との恋愛模様が美しさ溢れていました。(30代男性)

 

 

58.未成年だけどコドモじゃない

女子高生が主人公の映画「未成年だけどコドモじゃない」がおすすめの理由

設定はありがちだけど、平祐奈演じる主人公のお嬢様のポジティブさが突き抜けていて、非現実的なのになぜか元気をもらえる映画。 超セレブなんだけど小物がガーリーで可愛い。 相手役の中島健人もよく見る王子様な面だけではなく、ふとした時に等身大の高校生を感じる部分があって良かった。物語が簡潔にまとまっていて見やすかった。(30代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました