「家庭菜園」に関する本おすすめ76選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの「家庭菜園」に関する本

 

1.藤田智「NHK趣味の園芸 やさいの時間 藤田智の 野菜づくり大全」

 

家庭菜園に関する本 藤田智「NHK趣味の園芸 やさいの時間 藤田智の 野菜づくり大全」がおすすめの理由

庭があるのでそこで家庭菜園を始めようと思いこの本を手に取りました。いろんな野菜の育て方が詳しくのっていて便利です。サツマイモやホウレンソウ、春菊など作っています。これからも色んな野菜に取り組んでいきたいです。(30代男性)

あらゆるの野菜作りを細かく載せてあります。土作りには、細かく丁寧に載せてあります。ポイントを載せてありますし、料理の紹介も載せてありますから、なるほど思うことが多いです。写真も多く載せてあってわかりやすいです。入門書としてよいと思います。(50代男性)

全くの初心者でもわかりやすく、この本1冊あれば安心して家庭菜園が始められます。まず、オールカラーで種まき、収穫の方法、間引きなどが写真つきで(しかも手元がアップで!)ていねいに掲載されています。さらに栽培する前の道具、資材、土づくりの情報もしっかり紹介されており、ホームセンターに行った時にも「何が必要なの?」とならずに済みます。また、栽培した野菜の豆知識やレシピもあり、菜園を始めなくても野菜の勉強になる、本当におすすめの本です。(50代女性)

NHKの野菜の時間でお馴染みの藤田先生が書いた、家庭菜園初心者の方にピッタリの本です。これがあればたいていの野菜は作れます。細かい所の質問も記載されているので、困った時などはたいていこの本で解決できます。(30代女性)

 

 

2.山元和実「はじめての小さな庭づくり―小スペースをもっと素敵に」

 

家庭菜園に関する本 山元和実「はじめての小さな庭づくり―小スペースをもっと素敵に」がおすすめの理由

趣味が欲しくて何気なくガーデンニングをやろうと思ったけれど全く知識がなく、そんな時にこの本を見つけました。初心者の私にもわかりやすく書いているので読んでいて飽きません。また、イラストもとても色合いがきれいだし、実際の写真もたくさん載っているので、とても参考になります。読んでいるだけで楽しく、わくわくするのでやってみよう!とやる気アップさせてくれる本です。(30代女性)

いろんなガーデニングの本をよみましたが、一番わかりやすく可愛らしく、まねできそうな感じです。アイデアが溢れる内容と、ヒントが満載ですね。読むのがとても楽しみです。季節や陽の当たり具合などによる植栽の注意やアイデアもまったくの素人のわたしには嬉しい限りです!小さな小さな我が家の庭でも希望が出てきました。(50代男性)

玄関周りやガレージをはじめとする、限られているスペースを有効に活用するガーデニング技術が参考になりました。季節の草花を綺麗に咲かせるコツや、短い時間でお金をかけることなく楽しめるアイデアが良かったです。(30代男性)

 

 

3.NHK出版「趣味の園芸」

 

家庭菜園に関する本 NHK出版「趣味の園芸」がおすすめの理由

過去に何冊も出版されている雑誌ですが、毎回新鮮な情報を紹介してもらえます。例えば、お花の寄せ植えに使うときに、メインに使う花だけでなく、引き立て役のお花についても詳しく説明してくれていて、とてもわかりやすいです。(30代女性)

私が物心ついた時から実家にあった趣味の園芸。花好きな母が購読していました。実家にいた頃は、花の写真ばかり載っている本を見ても、全く良さが分かりませんでした。結婚して家庭を持ち、花を育てることが大好きになりました。本屋さんで趣味の園芸を見つけて購入。まだ続いてたんだぁって嬉しくなりました。心が癒される素敵な本です。(30代女性)

この本は、趣味で家庭菜園をするのに分かりやすく書かれているからです。初心者にも分かりやすい内容で、野菜や果物だけでなく、花の育て方も詳しく書かれているからです。私もこの本を読んで、野菜作りに成功しました。(20代男性)

 

 

4.つばた英子、つばたしゅういち「あしたも、こはるびより。」

 

家庭菜園に関する本 つばた英子、つばたしゅういち「あしたも、こはるびより。」がおすすめの理由

つばたしゅういちさんと英子さん夫婦が愛知の家で野菜や果物を育てて料理する写真がカラフルで楽しいです。そして作業をする二人の佇まいが健やかで穏やかで、いつも素敵な夫婦だと思っています。中でもベーコンを作っている写真がとにかくおいしそうで、心が温かくなりつつもお腹の減ってしまう本で気が付くと何度も本を手に取って読んでいました。(30代女性)

とある古民家に暮らす一組の老夫婦の生活を追いかけたドキュメンタリー風の本です。四季うらうらな農作物を育てながら自給自足に近い生活。彼らの独自の価値観は私たち自身の独自性を認めつつ、それでいて見ていて外の世界へ目を向けたくなるようなそんな風情があります。(30代男性)

 

 

5.後藤逸男「イラスト 基本からわかる土と肥料の作り方・使い方」

 

家庭菜園に関する本 後藤逸男「イラスト 基本からわかる土と肥料の作り方・使い方」がおすすめの理由

図が見やすくて分かりやすいです。今までネット上であれこれ調べていて、どの情報も断片的で分かりにくいものが多かったのですが、必要な情報がイラストで分かりやすく書いてあり、かゆいところに手が届く一冊です。土と肥料の作り方・使い方を読んでしっかりした野菜作りをしたいと思います。(50代男性)

一般の人でも理解しやすい、優しい内容です。専門用語とか無くて、難しい参考資料とか無くて、優しい言葉選びとわかりやすいイラストで、 素直に理解できるよう工夫されています。偏ってなく、バランスのとれた知識が習得できると思います。(50代男性)

 

 

6.「プロに教わる 安心!はじめての野菜づくり」

 

家庭菜園に関する本 「プロに教わる 安心!はじめての野菜づくり」がおすすめの理由

初心者に分かりづらい畝の作り方やマルチの種類や張り方の解説が分かりやすい。 また、苗の選び方や種から苗の育て方が載っているほか、植え付けのシーズンが正確に思います。 あとは、自然農法を主として書かれているだけあり、手作りの防虫液の作り方が載っているところもありがたいです。(40代女性)

土づくりから収穫までの野菜づくりの基本的なテクニックが、分かりやすく説明されている1冊になります。コンパニオンプランツや無農薬野菜をはじめとする、環境への配慮が行き届いた健康的な取り組みも伝わってきました。(30代男性)

 

 

7.ベニシア・スタンリー・スミス「ベニシアの庭づくり ハーブと暮らす12か月」

 

家庭菜園に関する本 ベニシア・スタンリー・スミス「ベニシアの庭づくり ハーブと暮らす12か月」がおすすめの理由

NHKの番組でもおなじみのベニシアさん。彼女のお庭に対するこだわりやハーブを使ったレシピなどを、美しいお庭の写真と共に紹介した本です。特にハーブを使ったレシピは、お料理だけではなく化粧水などの作り方も掲載されていて、参考になります。(30代女性)

ハーブのある暮らしを求めている人にはぜひベニシアさんの本を一冊は持っていて欲しいと思います。 さすがメディアでも有名な人で、知識も育てる所から実用、レシピまでのっています。 しかも、そのレシピが豊富。 写真もきれいで見やすいのでとてもおすすめです。(40代女性)

 

 

8.「無農薬キッチンガーデン コンテナで簡単にできるスプラウトから伝統野菜栽培まで」

 

家庭菜園に関する本 「無農薬キッチンガーデン コンテナで簡単にできるスプラウトから伝統野菜栽培まで」がおすすめの理由

ガレージやベランダなどの限られたスペースを有効に活用する、無農薬栽培が参考になりました。手間のかかる野菜作りだけではなく、植物の新芽を手軽に食用として育てることができるガーデンスプラウトも良かったです。(30代男性)

庭がなくても家庭菜園の本当の初心者でも、これなら自分でも気軽に野菜が作れそうだなと思える本です。栽培しやすい野菜が比較的多く取り上げられ、栽培法が具体的に説明されているので分かりやすいです。加えて多様な栽培方法を実践してきた作者ならではの知恵がたくさん載っているので、家庭菜園経験者にも十分に参考になると思います。(40代女性)

 

 

9.井原豊「図解 家庭菜園ビックリ教室」

 

家庭菜園に関する本 井原豊「図解 家庭菜園ビックリ教室」がおすすめの理由

まさに求めていた通り、一遍ではない独自の菜園手法について学べる一冊です。育ちにビックリ、できにビックリ、味の良さにビックリ。家庭菜園愛好家に野菜づくりの本当の楽しさを伝えたいと、農業経験50年の知恵をこの本に結晶。(30代女性)

この本はイラスト、写真、図と様々な手法を織り交ぜて説明がされているので非常に分りやすいです。どうしても栽培方法についての本は、マニュアル的に書かれている本が多いですが、こちらの本は様々な条件を想定して書かれていますし、著者の農家としての裏技のようなことも沢山紹介していて、非常に面白いです。(30代男性)

 

 

10.伊藤龍三「100円グッズで水耕菜園」

 

家庭菜園に関する本 伊藤龍三「100円グッズで水耕菜園」がおすすめの理由

100円ショップで手に入る材料だけで、しかも土を使わずに、簡単に野菜を育てようという内容です。トマトなどの本格野菜はさすがに大変そうですが、葉物野菜であれば、本当に簡単に栽培できます。水耕栽培をやってみたい人にはぴったりの入門書です。(40代男性)

 

 

11.村松邦彦「365日の花作り・庭作り大百科」

 

家庭菜園に関する本 村松邦彦「365日の花作り・庭作り大百科」がおすすめの理由

名前の通り、たくさんの植物について載っている百科事典です。 花木について、庭や鉢での育て方が詳しく書いてあります。 家庭菜園については、ハーブについて細かく載っています。 庭づくりについてはDIYも載っており、大いに参考になります。(40代女性)

 

 

12.「60日以内にできる水耕野菜づくり」

 

家庭菜園に関する本 「60日以内にできる水耕野菜づくり」がおすすめの理由

水耕栽培に興味を持ったことがきっかけで購入しました。 水耕栽培どころか、家庭菜園の初心者で、花も観葉植物も枯らしてしまう私が、唯一、5年経った今も飽きずに続けられ、日々たくさんの野菜を収穫できているのは、この本に出会ったからだと思っております。 まず栽培初心者でも分かりやすい写真入り、栽培用語の分かりやすい解説、収穫までの日数の掲載、病害虫の解説が嬉しい。 水耕栽培という特殊な栽培方法がとても分かりやすく、収穫までの生長過程も写真入りで掲載されており、安心して栽培を進めることができました。 外で土を使わなくても室内で土を使わず野菜を作ることを目的に、いろいろな方法を試してきましたが、この本が一番成功にいたるための正攻法を載せてくれていたと思っています。本を購入してから5年以上が経った今でも時々、参考にしている頼りになる一冊です。(40代女性)

 

 

13.「NHK趣味の園芸 やさいの時間 藤田 智の菜園スタートBOOK 春夏編」

style=border:none

家庭菜園に関する本 「NHK趣味の園芸 やさいの時間 藤田 智の菜園スタートBOOK 春夏編」がおすすめの理由

初心者でも簡単に家庭菜園を始めることができる基本的な情報が、分かりやすい写真とともに掲載されている一冊です。数ある野菜の中から、家庭菜園でも比較的容易に育てることができるものが選ばれています。また、それとともに珍しい野菜についても紹介されているため、家庭菜園の奥深い楽しみ方も実感できるものとなっています。(30代女性)

 

 

14.「The Edible Garden (Sunset) 1st Edition」

The Edible Garden (Sunset) 1st Edition

家庭菜園に関する本 「The Edible Garden (Sunset) 1st Edition」がおすすめの理由

Sunsetという、植物関係の書物や図鑑の出版で有名な会社が出している家庭菜園の本です。 植物学的な知識をもとに論理的な栽培方法を、一般の人にもわかりやすく、且つおしゃれに書かれて/描かれています。 植物も日本のでおなじみの野菜だけでなく、ハーブや果樹など、幅広くカバーしており、食べ方まで書いてくれているので必要情報が簡潔に、ぎっしり詰まっています!(20代女性)

 

 

15.「いちばん体に効く野菜の教科書」

 

家庭菜園に関する本 「いちばん体に効く野菜の教科書」がおすすめの理由

「実を食べる」「葉を食べる」「根ときのこを食べる」という3章に分かれており、それぞれに10個以上ずつの野菜が記載されています。一つの野菜に対して4ぺーじすつ割いてあり、盛りだくさんの内容です。それぞれの野菜に含まれる成分が、円グラフで見やすく示されており、またそれぞれの野菜の起源や、効能、選ぶときのポイントなどもわかりやすく説明してあります。一つの野菜に二つずつ料理のレシピも書いてあり、とにかく野菜に詳しくなれます。野菜好きにはもちろん、ちょっと野菜が苦手で不足している人も、楽しく読めるので手に取ってほしい一冊です。(50代女性)

 

 

16.「おいしい野菜100種のじょうずな育て方」

 

家庭菜園に関する本 「おいしい野菜100種のじょうずな育て方」がおすすめの理由

毎日の食卓に欲しい定番の野菜から、スーパーではあまり見かけない珍しい物まで幅広く載っています。50音順なので調べたい項目を見つけやすいです。土作りから種のまき方、病害虫対策など、初心者が知っておきたいことも書いてあるので、これから家庭菜園を始めたいという人にもオススメです。(20代女性)

 

 

17.東京都立農芸高等学校「おいしい野菜を育てましょう! はじめての野菜づくり 60種」

 

家庭菜園に関する本 東京都立農芸高等学校「おいしい野菜を育てましょう! はじめての野菜づくり 60種」がおすすめの理由

さすが農業高校が監修した本だけあって、かなり細かく野菜作りのコツが記載されています。連作の問題や、種まきの時期など、初心者がつまづきやすいポイントが丁寧に書かれていました。とても参考になる良本で、おすすめです。(30代女性)

 

 

18.「かんたん!おいしい!ベランダ家庭菜園」

 

家庭菜園に関する本 「かんたん!おいしい!ベランダ家庭菜園」がおすすめの理由

家庭菜園初心者向きの本です。そして、ベランダで手軽に家庭菜園を始めるときにはぴったりな本です。プランターや土のことなど基本的な事柄がたくさん掲載されています。 野菜の種類も豊富で育てやすい野菜から、室内で育てるスプラウトなども載っています。とても分かりやすく便利な本です。(40代女性)

 

 

19.久松 達央「キレイゴトぬきの農業論」

 

家庭菜園に関する本 久松 達央「キレイゴトぬきの農業論」がおすすめの理由

実際に農業をして分かったり感じたりしたことを思うままに書いたという印象を受けました。一番印象に残った部分は有機野菜をつくっていると清く貧しくエコロジカルな善人として見られると書かれている部分でした。イメージで語る危険性というのを改めて実感できました。無農薬なのかという問いにも「自分が何となく嫌だから」という、素直に共感できる言葉で書かれている。ただ、筆者が実践している販売方法は誰にもでできる事ではなく、新規就農者にはハードルが高い。日本一口が上手い農家と標榜するだけあって、筆者はコミュニケーション力が高くそれゆえ独自の販売方法も上手くいったのではないだろうか。(50代男性)

 

 

20.「クッキングトマトの栽培と利用 加熱調理用トマト 美味しいトマト料理を食卓へ」

 

家庭菜園に関する本 「クッキングトマトの栽培と利用 加熱調理用トマト 美味しいトマト料理を食卓へ」がおすすめの理由

自宅の庭で手軽に栽培出来て様々な料理やお菓子に利用することができる、クッキングトマトの魅力が詰まった本になります。限られたスペースを活かして育てるコツが分かりやすく、アイデアレシピが満載で面白かったです。(30代男性)

 

 

21.「クリエイティブ・コンテナガーデン」

 

家庭菜園に関する本 「クリエイティブ・コンテナガーデン」がおすすめの理由

ベランダや駐車場をはじめとする、様々なシチュエーションで自分らしく楽しむことができるコンテナガーデンが参考になりました。思い描いたアイデアを実践するテクニックや、手間と時間をかけることなく育てるコツも良かったです。(30代男性)

 

 

22.淡野一郎「ここまでできる! ベランダでコンテナ菜園」

 

家庭菜園に関する本 淡野一郎「ここまでできる! ベランダでコンテナ菜園」がおすすめの理由

土いじりなんて全く興味がなかった私が、薬味ぐらいならベランダですぐ作れるよ!と友人に言われ、しそやネギの栽培を始めました。そこから火が付き、もっと色々作りたいと思い始めて手に取ったのがこの本です。初心者にもわかりやすいように、一から十までまず買い揃えた方がいいもの、どんな野菜から始めればいいか、大きく育てるコツなどなど、わかりやすく図解と写真入りで書かれています。(40代女性)

 

 

23.「これからの雑木の庭―庭空間を改善して快適に」

 

家庭菜園に関する本 「これからの雑木の庭―庭空間を改善して快適に」がおすすめの理由

都会の限られているスペースや小さな空き地を利用して、思わぬガーデニング空間を演出していくところが良かったです。雑木に囲まれていることによって、夏は涼しく冬は暖かくグリーンカーテンの効果を発揮するところも実用的でした。(30代男性)

 

 

24.「これだけは知っておきたい園芸の基礎知識」

 

家庭菜園に関する本 「これだけは知っておきたい園芸の基礎知識」がおすすめの理由

初心者向けに園芸道具の使い方から、育てる植物にあった土作り、種まきの時期や植え付けの季節などが書いてあります。 また植物も病気と対処法についてもかなりのページ数が割かれているので安心です。 家庭園芸全般について書かれていますが、ランなどの花をつけて楽しむ植物が例になっていることが多いです。(40代男性)

 

 

25.「これならできる!自然菜園―耕さず草を生やして共育ち」

 

家庭菜園に関する本 「これならできる!自然菜園―耕さず草を生やして共育ち」がおすすめの理由

最近はやりつつある自然農法についての基礎的な情報がこの一冊にほとんど全てつまっています。これを読めば自然農法とはどのようなものなのかが分かるようになっています。草マルチ法やコンパニオンプランツなど、実践的な情報が満載です。(30代女性)

 

 

26.「コンパニオンプランツで失敗しらずのコンテナ菜園」

 

家庭菜園に関する本 「コンパニオンプランツで失敗しらずのコンテナ菜園」がおすすめの理由

ひとつのコンテナでふたつの野菜を同時に育てることによって、リーズナブルな価格で家庭菜園を楽しめるところが良かったです。それぞれの相性を考えて組み合わせることによって、害虫駆除効果にも繋がるところが実用的でした。(30代男性)

 

 

27.「コンパニオンプランツで無農薬の野菜づくり 有機・無農薬でおいしく安心な野菜をつくる」

 

家庭菜園に関する本 「コンパニオンプランツで無農薬の野菜づくり 有機・無農薬でおいしく安心な野菜をつくる」がおすすめの理由

やみくもに収穫したい野菜を植えていくのではなく、それぞれの相性や特性を考えた計画的な育成方法が参考になりました。野菜とハーブの意外な組み合わせが効果的で、緑豊かで健康的なガーデニングに役立ちそうです。(30代男性)

 

 

28.「ターシャの庭づくり」

 

家庭菜園に関する本 「ターシャの庭づくり」がおすすめの理由

絵本作家としても活躍してきたターシャ・テューダーの、アメリカのバーモント州での自給自足の生活風景が映し出されている本です。豊かな自然に囲まれている中での野菜作りとハーブガーデンが美しさ溢れていました。(30代男性)

 

 

29.村田晴夫「つるバラ (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月)」

 

家庭菜園に関する本 村田晴夫「つるバラ (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月)」がおすすめの理由

ちょっと小さめの薄目の本。 私はミニ薔薇が育てたかったので購入しました。 ミニ薔薇と似たようなものなので。 一年を通して各月ごとにやることが決まっているので困ることはなく分かりやすくて便利です。 見ていても美しく楽しめます。(40代女性)

 

 

30.「トカイナカに暮らす 房総で野菜づくりに励むイラストレーターのナチュラルライフ」

 

家庭菜園に関する本 「トカイナカに暮らす 房総で野菜づくりに励むイラストレーターのナチュラルライフ」がおすすめの理由

豊かな自然に囲まれている房総半島の中で、野菜作りに勤しむひとりのイラストレーターの姿が微笑ましかったです。自分の好きなものを追い求めるライフスタイルと、都会でもなく田舎でもない千葉県の微妙な距離感に共感出来ました。(30代男性)

 

 

31.地球丸「ハーブ生活 (CHIKYU-MARU MOOK 自然暮らしの本)」

 

家庭菜園に関する本 地球丸「ハーブ生活 (CHIKYU-MARU MOOK 自然暮らしの本)」がおすすめの理由

ハーブの育て方、レシピ、暮らしで役立つ使い方まで多用途がわかる一冊です。 この手の本はいくつも持っていますが、一般家庭で楽しむ分には十分。 きれいな写真が満載で見ているだけでも癒される一冊。 ライフスタイルに取り入れやすいです。(40代女性)

 

 

32.「はじめてのハーブ」

 

家庭菜園に関する本 「はじめてのハーブ」がおすすめの理由

家庭菜園にチャレンジしようと思って本屋さんで参考書を探していた時に出会ったのがこの本です。 初心者にも分かりやすくフルカラーで写真付きと説明付きでした。 特に良かったのが、一つのハーブには学名と別名があるのですがきちんと記されていた点です。 これなら間違えて苗を買う心配もありません。(40代女性)

 

 

33.「はじめての手づくりオーガニック・ガーデン」

 

家庭菜園に関する本 「はじめての手づくりオーガニック・ガーデン」がおすすめの理由

鳥や昆虫を害獣・害虫として排除することなく、自然の中の存在として受け入れていく庭づくりに共感出来ました。豊かな自然と触れ合うことによって、子供たちが小さな生命の大切さを学ぶことができるところも良かったです。(30代男性)

 

 

34.望岡 亮介「ブドウ (NHK趣味の園芸12か月栽培ナビ(7))」

 

家庭菜園に関する本 望岡 亮介「ブドウ (NHK趣味の園芸12か月栽培ナビ(7))」がおすすめの理由

ブドウの栽培を始めるときにとても参考になった。カラー写真が多く1月~12月の順で月別にやることがまとめられていてわかりやすい。ただ、品種別のジベレリン処理の濃度や剪定の注意点などはあまり書いていない。基本的なブドウの栽培知識を得るための本として役立っている。(50代男性)

 

 

35.堀込 充「ブルーベリー (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月)」

 

家庭菜園に関する本 堀込 充「ブルーベリー (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月)」がおすすめの理由

ブルーベリーの栽培をはじめました。分厚い専門書よりも読みやすく、初心者が欲しい情報がたくさんあるので、いつもとても重宝しています。ブルーベリーの品種の紹介をもっとたくさんあったほうがいいと思ったのと、各品種の特性が表で一覧でみれるページがあったらもっと役立つのにとも思いました。(50代男性)

 

 

36.「フロントガーデン 家を飾る小さな庭つくり」

 

家庭菜園に関する本 「フロントガーデン 家を飾る小さな庭つくり」がおすすめの理由

日当たりの悪い都会の住宅地でもお金をかけずに、手軽に取り組むことができるフロントガーデンのアイデアが参考になりました。自然農法にこだわったオーガニックな庭づくりと、狭小スペースを上手く使うコツも良かったです。(30代男性)

 

 

37.加藤義松「マンガと絵でわかる!おいしい野菜づくり入門」

 

家庭菜園に関する本 加藤義松「マンガと絵でわかる!おいしい野菜づくり入門」がおすすめの理由

野菜を育てたことがない人にもわかりやすくマンガと絵で描かれています。言葉だけでは通じにくいことも絵や画像があることによってやり方や手順を間違えることなく野菜を育てることができます。初心者には分からない用語ややり方をひとつひとつ丁寧に教えてくれます。実際やってみると非常にわかりやすく失敗することなく野菜を作ることが出来ました。(20代女性)

 

 

38.「みやぎのガーデニングBOOK」

 

家庭菜園に関する本 「みやぎのガーデニングBOOK」がおすすめの理由

東北地方の中では比較的に温暖な気候を活かした、ガーデニングを楽しむアイデアが面白かったです。狭い庭を広く見せるコツや限られているスペースを有効的に活用して、シーズンを通して楽しめるところが良かったです。(30代男性)

 

 

39.「もっとうまくなる プロに教わる家庭菜園の裏ワザ」

 

家庭菜園に関する本 「もっとうまくなる プロに教わる家庭菜園の裏ワザ」がおすすめの理由

家庭菜園が趣味で自分なりの方法で野菜を育てていましたが、途中で病気などで枯れてしまったことがあり、ちゃんと育てようとこの本を購入しました。そこまでこだわってやるかと思うこともありましたが、自分なりにこの本で出来ることは実践しています。最近は安定して収穫があり、ますます家庭菜園にハマっています。(40代女性)

 

 

40.岡井路子「よくわかる栽培12か月オリーブ」

 

家庭菜園に関する本 岡井路子「よくわかる栽培12か月オリーブ」がおすすめの理由

オリーブを育てようと思って購入しました。 年間を通しての栽培の方法が各月ごとに具体的に書かれています。また、品種についての説明、実の用途、育てる楽しさまで書かれておりとても参考になります。 私の場合は家庭菜園というより週末農業として育てていますが非常に参考になりました。(30代男性)

 

 

41.『やさい畑』菜園クラブ(編集)「よく育つ! よく採れる! 超図解 野菜の仕立て方の裏ワザ」

 

家庭菜園に関する本 『やさい畑』菜園クラブ(編集)「よく育つ! よく採れる! 超図解 野菜の仕立て方の裏ワザ」がおすすめの理由

家庭菜園で野菜を育てるときに大切な基本が「仕立て方」です。トマトやきゅうり、ナスなど、野菜によってどう仕立てるのが良いのかは違います。大きく成長し、充実した株となり、立派な野菜を収穫するために、この本で仕立て方について学んでみるのが良いでしょう。(30代女性)

 

 

42.「リーフハンドブック 葉を楽しむ植物を使った庭づくり」

 

家庭菜園に関する本 「リーフハンドブック 葉を楽しむ植物を使った庭づくり」がおすすめの理由

インテリア感覚で手軽にガーデニング楽しむことができる、個性的なリーフの魅力が伝わってきました。500種類を超えるそれぞれの生育方法や管理のアドバイスとともに、自分だけの空間を演出するコツが面白かったです。(30代男性)

 

 

43.小山内 健「ローズレッスン12か月」

 

家庭菜園に関する本 小山内 健「ローズレッスン12か月」がおすすめの理由

初めて薔薇を育てるのに購入致しました。育てるのが難しいと言われている薔薇ですがこれは12か月にわたって薔薇の育て方などが丁寧に説明されており,また絵や写真が沢山盛り込まれているのでとても見やすくなっております。文字ばかりの本だと読む気が失せるのですが文字の大小はっきりしていてポイントだけがわかりやすいのもオススメの理由です。(20代女性)

 

 

44.「育てて楽しむブドウ 栽培・利用加工」

 

家庭菜園に関する本 「育てて楽しむブドウ 栽培・利用加工」がおすすめの理由

季節を通してのブドウの正しい育て方と作業工程が、豊富なイラストと写真入りで分かりやすく伝わってきました。ジュースやジャムをはじめとする、収穫したばかりのブドウを活かした健康的なレシピも美味しそうでした。(30代男性)

 

 

45.「園芸大百科」

 

家庭菜園に関する本 「園芸大百科」がおすすめの理由

以前から花や家庭菜園に興味があったのですが、アパート暮らしだったのでなかなかガーデニングを楽しむ機会がありませんでした。 最近一戸建てを購入し、小さな庭もできたため、念願の家庭菜園とガーデニングを楽しむために参考になる本を探していたのですが、 この本は、季節ごとの花や比較的つくりやすい家庭菜園の野菜栽培が載っておりとっても役にたっています。 初心者の方や花が好きな方にはおすすめの本になっております。(40代女性)

 

 

46.「花づくりと花の病害虫」

 

家庭菜園に関する本 「花づくりと花の病害虫」がおすすめの理由

お気に入りの場所で健康的にガーデニングを楽しむために、花に発生する害虫駆除と診断の大切さを感じました。病気の症状や害虫の生態などが鮮明な写真付きで解説されているので、耕種的な予防方法には実用的な1冊です。(30代男性)

 

 

47.「病害虫を防いで楽しいバラづくり―防除と管理12ヵ月」

style=border:none

家庭菜園に関する本 「病害虫を防いで楽しいバラづくり―防除と管理12ヵ月」がおすすめの理由

限られている庭のスペースを有効的に活用して、季節の花木を楽しむアイデアが面白かったです。家を引き立てるためのシンボルツリーとしてだけではなく、生け垣や実の収穫などの実利的に役立つところも良かったです。(30代男性)

 

 

48.村山由佳「海風通信 カモガワ開拓日記」

 

家庭菜園に関する本 村山由佳「海風通信 カモガワ開拓日記」がおすすめの理由

村山由佳さんのエッセイ本です。自然豊かな鴨川での生活に癒されます。写真もたくさん掲載されており、活字が苦手な方でも楽しめるのではないかと思います。地元の食材を使った料理、ジャム、あたたかな周りの人たちなど色んな方面から楽しめる1冊です。(20代女性)

 

 

49.「完全版 農薬を使わない野菜づくり 安全でおいしい新鮮野菜80種」

style=border:none

家庭菜園に関する本 「完全版 農薬を使わない野菜づくり 安全でおいしい新鮮野菜80種」がおすすめの理由

自然農法による家庭菜園の管理のしかたが紹介されており、安全な野菜を自分で育てたいという方におすすめです。それぞれの野菜が育っていく様子や世話のし方が、精緻なイラストで描かれていて、とてもわかりやすいです。(50代男性)

 

 

50.桐原春子「香りを楽しむ やさしいハーブの育て方145種」

 

家庭菜園に関する本 桐原春子「香りを楽しむ やさしいハーブの育て方145種」がおすすめの理由

カラーで読みやすく、育て方も細かく書いてあります。 写真も綺麗だし、解説もわかりやすいです。 ハーブを育てる時にパラパラとめくり、教科書のようでした。 多くの種類を取り上げてくれて、初心者にもわかりやすいのでとてもおすすめです。(40代女性)

 

 

51.「雑草と楽しむ庭づくり」

 

家庭菜園に関する本 「雑草と楽しむ庭づくり」がおすすめの理由

雑草を農薬散布によって排除するのではなく、上手く共存共栄を目指していく健康的な庭づくりが良かったです。植物の種類を見極めて分類していきながら、野菜として利用しているところにもエコへの取り組みを感じました。(30代男性)

 

 

52.「四万十式野菜づくり: 無農薬・無化学肥料でも手間いらず!」

 

家庭菜園に関する本 「四万十式野菜づくり: 無農薬・無化学肥料でも手間いらず!」がおすすめの理由

自然の恵みを活かした土づくりと四万十式の農具を利用する、新しいタイプの野菜作りが紹介されている1冊です。環境への配慮が行き届いている中で、自分のペースで無理なく取り組むことができるところが良かったです。(30代男性)

 

 

53.木村秋則「自然栽培VOL.15 あなたも地球も「菌」でできているよね。」

 

家庭菜園に関する本 木村秋則「自然栽培VOL.15 あなたも地球も「菌」でできているよね。」がおすすめの理由

自然を大切にする農業と食、健康には密接な関係があります。 今号の特集は、微生物(菌)です。人間や動植物、土、地球、すべては、菌によって守られ、生かされています。菌との共生をさまざまな視点から紹介します。 タイトル通り知れば知るほど、ワクワクが止まらない面白い本でした。(50代男性)

 

 

54.竹内孝功「失敗しらずのコンテナ菜園」

 

家庭菜園に関する本 竹内孝功「失敗しらずのコンテナ菜園」がおすすめの理由

家庭菜園を初めてやる初心者にもとても分かりやすく説明がしてある本です。 また、野菜の種類の組み合わせによって、お互いの成長を促したり、防虫効果を発揮したり、様々な組み合わせも書いてあり、できるだけ農薬など使いたくない人にもオススメの本です。(30代女性)

 

 

55.酒川香「写真でわかる はじめての野菜のつくり方 プロのコツがわかる!」

 

家庭菜園に関する本 酒川香「写真でわかる はじめての野菜のつくり方 プロのコツがわかる!」がおすすめの理由

病害虫についての細かい記載や、また対策法なども書いてあり参考になりました。写真がとても多く、手順がよくわかります。春まきのシーズンの野菜や秋まきのシーズンの野菜とカテゴリー別になっており、とても見やすかったです。(30代女性)

 

 

56.小黒 晃「初めてのハーブ作り 定番50種」

 

家庭菜園に関する本 小黒 晃「初めてのハーブ作り 定番50種」がおすすめの理由

この本にはハーブの育て方はもちろん、料理や香りに癒されたりハーブティーを楽しんでみたりと、暮らしにも役に立つ活用方法が盛りだくさん。その目次には名前でひけるばかりでなく「お菓子に向くハーブ」や「美容に向くハーブ」といった目的別にひけるインデックスも用意されています。「ベランダで植木鉢を使って何か育てないな」と思った時、いきなり野菜は難しいかも?と思われる方にピッタリです。(50代女性)

 

 

57.「小さくてもセンスのよい庭づくり はじめてでも自分流 アイデアとバリエーション」

 

家庭菜園に関する本 「小さくてもセンスのよい庭づくり はじめてでも自分流 アイデアとバリエーション」がおすすめの理由

コンテナやハンギングバスケットを効果的に活用した、センスたっぷりな庭づくりのアイデアが良かったです。お金と時間をかけることなく、自分らしいフロントガーデンやベランダを楽しむことができる方法が参考になりました。(30代男性)

 

 

58.「植栽で差をつけるための刺激的・ガーデンプランツブック」

 

家庭菜園に関する本 「植栽で差をつけるための刺激的・ガーデンプランツブック」がおすすめの理由

群馬県高崎市で「ACID NATURE 乙庭」を経営している、著者の植栽へのこだわりが伝わってきました。球根や樹木を効果的に配置していくことによって、自分だけのガーデニングを楽しむコツが参考になりました。(30代男性)

 

 

59.川瀬良子「川瀬良子のプランター野菜 (生活シリーズ NHK趣味の園芸やさいの時間)」

 

家庭菜園に関する本 川瀬良子「川瀬良子のプランター野菜 (生活シリーズ NHK趣味の園芸やさいの時間)」がおすすめの理由

一般家庭では大きな畑などあるわけでも無いので、プランターや小さな庭でいかに簡単に栽培が楽しめるか?が重要だと思います。 私の家も農家ではありませんから趣味で家庭菜園をする程度です。 そんな人におすすめの一冊。 手軽だけど本格的。読みやすいです。(40代女性)

 

 

60.「庭木の手入れコツのコツ カラー図解」

 

家庭菜園に関する本 「庭木の手入れコツのコツ カラー図解」がおすすめの理由

ハナミズキや松などの身近な庭木の手入れのコツが、豊富なイラストと写真入りで分かりやすく伝わってきました。枝の切り方から自分好みの樹形作りまで、楽しんでガーデニングに取り組むことができるところが良かったです。(30代男性)

 

 

61.「日陰をいかす美しい庭」

 

家庭菜園に関する本 「日陰をいかす美しい庭」がおすすめの理由

日の当たらない場所としてデッドスペースとなっている庭を、より良い環境に改善する方法が分かりやすく説明されています。80種類以上の日陰でも育つ植物と、魅力的なガーデニングのアイデアや工夫が参考になりました。(30代男性)

 

 

62.「農家が教える野菜の収穫.保存.料理」

 

家庭菜園に関する本 「農家が教える野菜の収穫.保存.料理」がおすすめの理由

収穫出来るまでの方法、剪定の仕方から載ってます。料理をする前の処置(種のとりかた、便利な切り方など)の仕方から保存方法、常温、冷凍、乾燥、加工、漬けなどの保存方法も載っています。その、保存方法からの調理の仕方が掲載しています。さらに一度に沢山の量を使い切る事のできる消費料理も教えてくれます。(40代女性)

 

 

63.木嶋利男「農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ」

 

家庭菜園に関する本 木嶋利男「農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ」がおすすめの理由

とても参考になるいい本だと思います。農薬に頼らない植物の持っている特性を活かして病気や害虫対策を提案している面白い本です。コンパニオンプランツの存在がきっかけで家庭菜園にはまった私にとってはお気に入りの一冊になりました。(30代女性)

 

 

64.麻生健「畑の達人」

style=border:none

家庭菜園に関する本 麻生健「畑の達人」がおすすめの理由

64種類の野菜について、大変わかりやすく栽培の仕方を解説している本です。イラストや写真が豊富で、初めて野菜作りにチャレンジする方でも理解しやすく記載されています。野菜の種類ごとに目次が出来ているので、栽培したい野菜に応じて、関連するページだけを読めばよく、辞書の感覚で使えます。 ただ、この本は一般の書店やネットでは購入出来ません。発行元の万来舎、もしくは近くのJAに問い合わせてください。(60代男性)

 

 

65.多田 多恵子,大作 晃一「美しき小さな雑草の花図鑑 史上最高に美しい雑草の花図鑑。雑草はこんなにも美しい!」

 

家庭菜園に関する本 多田 多恵子,大作 晃一「美しき小さな雑草の花図鑑 史上最高に美しい雑草の花図鑑。雑草はこんなにも美しい!」がおすすめの理由

名もない花なんてない。こんなにもけなげに美しく咲いている花の本をずっと待っていました。子供のころに凝視していたつゆ草。ひめじょおんとはるじょおんの違い。いつまで見ても飽きません。こういう小さなものに焦点をあてたものってとても好きなのですごいときめきました。(50代男性)

 

 

66.「北欧と英国のアーティストたちの庭」

 

家庭菜園に関する本 「北欧と英国のアーティストたちの庭」がおすすめの理由

フィンランド・ストックホルム・ロンドンを巡って、16人のアーティストたちのガーデニングを紹介している本です。伝統的な建築物と庭造りが共存するイギリススタイルと、自然の恵みを活かした北欧の庭園が美しさ溢れていました。(30代男性)

 

 

67.「北海道の庭づくり」

 

家庭菜園に関する本 「北海道の庭づくり」がおすすめの理由

北海道の独特な寒冷気候と豊かな自然に囲まれている環境を活かした、庭づくりが分かりやすく説明されていました。寒さに強い野菜や花の種類が豊富で、種まきから収穫までの季節を通した作業の流れも参考になりました。(30代男性)

 

 

68.「無農薬サラダガーデン」

 

家庭菜園に関する本 「無農薬サラダガーデン」がおすすめの理由

プランターやベランダをはじめとする、限られたスペースを活かして季節の野菜を無農薬で地道に育てていくところが良かったです。毎日の食卓のサラダに役立つ食材が、必要な量だけ自分たちで作ることができるコツが参考になりました。(30代男性)

 

 

69.「霧笛が丘は花ざかり ハーブ、花、緑、野菜活用法」

 

家庭菜園に関する本 「霧笛が丘は花ざかり ハーブ、花、緑、野菜活用法」がおすすめの理由

80歳を超えてから独学でガーデニング技術を学び、ハーブや野菜作りを楽しんでいる著者の日常生活が微笑ましかったです。観賞用や料理に活かすだけではなく、染物などの芸術にも利用しているところが面白かったです。(30代男性)

 

 

70.「野菜づくり畑の教科書」

 

家庭菜園に関する本 「野菜づくり畑の教科書」がおすすめの理由

畑作りの肥料に関する知識から農具の基本的な手入れの仕方まで、プロが教える技術が分かりやすかったです。特定の野菜の育て方だけではなく、収穫が終わった後の畑の活かし方まで紹介しているところが実用的でした。(30代男性)

 

 

71.「野菜学入門」

 

家庭菜園に関する本 「野菜学入門」がおすすめの理由

序章、第一章~第四章まで分かれており、それぞれで春、夏、秋、冬の野菜を解説してくれます。まず「〇〇の履歴書」というタイトルでその野菜の分布や日本にはいつごろからあるかなどを教えてくれます。そのあと選ぶポイントや効能などが書かれており、興味深く読むことができます。それぞれの野菜にタイトルがついており、何にいいのかがわかりやすいです。中には「失恋の痛手に!? 純白のカリフラワー」などユーモアのあるものもあり、野菜好きには手に取ってもらいたい本です。(50代女性)

 

 

72.「有機・無農薬がおいしい!はじめての野菜づくり」

 

家庭菜園に関する本 「有機・無農薬がおいしい!はじめての野菜づくり」がおすすめの理由

念願のマイホームを手に入れ、育児まっただなかだった私は、子どものアレルギーに悩んでいました。 色々な情報を読むうち、野菜や果物にかかっている農薬や化学肥料が体に良くないということを知り、ならば自分で作ってみよう!ということに。そこで見つけたのがこの本です。 この本には、果菜、葉菜、根菜など100種類弱作物の育て方が、写真入りで読みやすく紹介されているだけでなく、土づくりや雑草対策、虫・鳥対策など、有機栽培をする上での基本的な情報もしっかり載っています。 各作物ごとに、星3つで作りやすさの度合いも示されているので、初心者でも安心。 これまでにミニトマト、きゅうり、人参、枝まめ…と様々な野菜を育ててきましたが、どれもスーパーのものとは比べ物にかならない美味しさでした! あれから7年。息子のアレルギーもすっかり改善され、実体験からもオススメの一冊です♪(40代女性)

 

 

73.「有機・無農薬でできるはじめての家庭菜園―安全でおいしい野菜をつくろう!」

 

家庭菜園に関する本 「有機・無農薬でできるはじめての家庭菜園―安全でおいしい野菜をつくろう!」がおすすめの理由

無農薬で有機栽培を家庭菜園で実行したいという人にはおすすめできる一冊です。自分で作る堆肥の作り方や、いかにして無農薬でも上手に野菜を育てるか、などのノウハウが満載です。紹介されている野菜の種類も豊富で、この一冊があれば家庭菜園で人気のある野菜はほとんど全て有機、無農薬で育てることができます。(30代女性)

 

 

74.「琉球ガーデンBOOK 沖縄の庭を見直そう」

 

家庭菜園に関する本 「琉球ガーデンBOOK 沖縄の庭を見直そう」がおすすめの理由

沖縄県の穏やかな気候と豊かな自然に囲まれている環境を活かした、個性的なガーデニングテクニックが良かったです。島唐辛子などの食品用の調味料を、防虫剤や植物活力液に利用するアイデアや工夫も面白かったです。(30代男性)

 

 

75.「暦に学ぶ野菜づくりの知恵 畑仕事の十二カ月」

 

家庭菜園に関する本 「暦に学ぶ野菜づくりの知恵 畑仕事の十二カ月」がおすすめの理由

各月の畑仕事のポイントを、旧暦の事象に沿って教えてくれます。例えばこの花が咲き始めたらこの野菜の種をまきましょうと行った具合で、季節の移り変わりを知る教科書のようでもあり、家庭菜園のバイブルになっています。(40代女性)

 

 

76.三輪正幸「剪定もよくわかるおいしい果樹の育て方」

 

家庭菜園に関する本 三輪正幸「剪定もよくわかるおいしい果樹の育て方」がおすすめの理由

育てる果樹の種類が、沢山掲載してあります。オールカラーで見やすく写真や図によって剪定の仕方や育て方が説明してあって非常に分かりやすいです。 見出しも調べやすくなっていて目的の果樹が一目で分かる様になっています。(30代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました