山崎まさよし おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山崎まさよし おすすめの曲ランキング

 

9位タイ.山崎まさよし 「メヌエット」(1票)

YouTube動画はこちら

山崎まさよし「メヌエット」がおすすめの理由

人気テレビゲームRPG「ロマンシング サ・ガ ミンストレルソング」のテーマソングとして作られた歌ですが、果てない旅を彷彿とさせる味わい深い歌です。ゲームのテーマソングの枠にとどめておくのは勿体ない名曲なので是非聴いてほしいものです。(20代男性)

 

 

9位タイ.山崎まさよし 「夏のモノローグ」(1票)

YouTube動画はこちら

山崎まさよし「夏のモノローグ」がおすすめの理由

2001年6月にリリースされた山崎まさよしの5枚目のオリジナルアルバム Transitionに収録されている曲で、夏の終わり系ソングで、おすすめです。(30代女性)

 

 

9位タイ.山崎まさよし 「君の名前」(1票)

YouTube動画はこちら

山崎まさよし「君の名前」がおすすめの理由

結婚していく娘への親の想いが歌われているのですが、普段何も言わなくても親はこういうこと考えてたのかなと思うとちょっとセンチになります。娘の結婚式を迎える複雑な心境をうつしたミュージックビデオもジーンときます。(40代女性)

 

 

9位タイ.山崎まさよし 「月明かりに照らされて」(1票)

YouTube動画はこちら

山崎まさよし「月明かりに照らされて」がおすすめの理由

山崎まさよしの有名な曲は沢山ありますが、このデビュー曲が1番山崎まさよしの良さが詰まった曲だと思います。(30代女性)

 

 

9位タイ.山崎まさよし 「根無し草ラプソディー」(1票)

YouTube動画はこちら

山崎まさよし「根無し草ラプソディー」がおすすめの理由

周りとうまく合わせられず疎外感を感じていた学生の時この曲を聴いて、型にとらわれず自由に生きていいんだという気持ちになれました。それ以来大好きな曲です。(30代女性)

 

 

9位タイ.山崎まさよし 「全部、君だった」(1票)

YouTube動画はこちら

山崎まさよし「全部、君だった」がおすすめの理由

別れの曲がとても心に響く歌声の山崎まさよしさんですが、この曲は特に喪失感が大きい、切ない一曲です。恋人を失ってから時間が止まったようになっていた主人公が、季節の移り変わりにふと気づくのが感じられてどうしようもなく胸が締め付けられます。(30代女性)

 

 

4位タイ.山崎まさよし 「8月のクリスマス」(2票)

山崎まさよし「8月のクリスマス」がおすすめの理由

ゆったりとしたメロディと山崎まさよしさんの独特な声がマッチして聞いていると和む曲です。夜一人で静かに聴きたくなる曲です(40代女性)

 

一人の夜に聴きたくなります。山崎さんの優しい声に包まれながら遠い昔に失った人を思い出し切なくなります。同タイトルの映画も良かったです。(40代女性)

 

 

4位タイ.山崎まさよし 「Fat Mama」(2票)

山崎まさよし「Fat Mama」がおすすめの理由

アコースティックギターのテクニック(カッティング)が凄すぎると思ったし、今までにないファンクさを感じた。(40代男性)

気合いを入れたいときに元気が出る曲。パワーのある曲調でカッコいいのと歌詞のギャップ。いい意味でふざけた歌。(30代男性)

 

 

4位タイ.山崎まさよし 「ツバメ」(2票)

山崎まさよし「ツバメ」がおすすめの理由

少し大人になった人間の、ふと感じることや忘れることのできない人のことが静かな曲調の中で、でも確実な想いで流れていく様が好きです。自分も新宿の近くに住んでいたこともあり、昔の彼はどうしているかな?また春の季節がきたな…と自分とシンクロさせて聞いたりしています。(30代女性)

様々な情景、感情、事象の対比が巧みに交錯されていて、年齢性別問わずにもつ孤独感とか慕情等が表現された詩、それが切ないメロディと簡潔なピアノアレンジに乗せられてより一層心に突き刺さってくる。(30代男性)

 

 

4位タイ.山崎まさよし 「未完成」(2票)

山崎まさよし「未完成」がおすすめの理由

昔はそこまで歌詞が響いたわけではないけれど、時代と年齢と共に聴き直すと惚れ直す、彼の才能が溢れてる一曲。(30代女性)

山崎まさよしの中でもそんなにメジャー過ぎず、聞いていて落ち着くメロディーや、優しい声、目を閉じれば情景が浮かぶような歌詞で、心をグッと掴まれます。(20代男性)

 

 

4位タイ.山崎まさよし 「名前のない鳥」(2票)

山崎まさよし「名前のない鳥」がおすすめの理由

男性が歌う曲だけど、山崎まさよしは比較的キーが高く女性でも歌いやすいキーだと思うので歌の練習になる。(40代女性)

アコースティックギターのシンプルで奥深い歌詞、物悲しい曲調がより歌詞の奥ぶかさを際立たせる、山崎まさよしの真骨頂。(40代男性)

 

 

3位.山崎まさよし 「僕はここにいる」(6票)

山崎まさよし「僕はここにいる」がおすすめの理由

好きな女性への切ない恋心が歌詞全部に出ていて胸が熱くなります。山崎まさよしさんの歌声もとても良いです。(40代女性)

主演もしていたドラマの主題歌で、ドラマ/曲ともに大ヒットした一つです。この頃が一番活動的で印象に残っています。(30代男性)

離れている恋人を想うと、男の人でもこんな切ない優しい気持ちになるんだなぁと、遠距離恋愛もいいなぁと思える曲(40代女性)

寂しい時に、聴くと安心します。僕はここにいる。ずっとこの場所にいる。待っている。的な感じです。好きな気持ちが届かない。そんな時に切なく歌っています。(30代女性)

切ないメロディーと歌詞。独特な声と歌い方が好き。主題歌になったドラマも思い出させてくれて懐かしくなる。(30代女性)

不倫なのか二股をかけられているのか分からないけど、男性側の視点からの二番目の恋人の歌は珍しいな、と思いました。(40代女性)

 

 

2位.山崎まさよし 「セロリ」(20票)

山崎まさよし「セロリ」がおすすめの理由

自然とリズムをとってしまう、歌いたくなってしまう曲だと思います。 男女は、やはり、すれ違うものだと。そうだ、そうだ。と思うのですが、違って当然で、すれ違って当然で、あまりにも違うから、好きだから、 その単純で素敵な気持ちが、違う生き物(異性)と一緒に居る努力が自然と湧いてくる、そんな気がして、タイトルのままなのですが、セロリが食べたくなります。 きっと、セロリが嫌いな人は多いのだろうなぁ、なんて思いながら、私の彼もセロリが嫌いなので食卓には出しませんが、ひとりの時はよく食べています。 ラップ部分も、曲調のスパイスになっていて、格好いいと思います。(30代女性)

人間について共感することをセロリという野菜を使って表現しているところ。サビの最後に結局君が好きなのさと告白するところ。(20代男性)

よくこの歌も聞いてました。一時期SMAPもカバーして話題になりましたね。山崎まさよしさんの声がほんとに癒されますし、疲れが取れます。ほんとにおすすめです。(20代男性)

SMAPが同じ曲を歌いましたが、知らなかった人は聴き比べて欲しい。山崎まさよしが歌うほうが歌がうまくて、この曲の本当の味わいが感じられるから。(50代女性)

けっこう昔の曲ですが、10代の自分でも聴きやすい曲です。落ち着いたテンポの曲調で口ずさんでしまういい曲です(10代男性)

山崎まさよしで代表する曲であり、目の前に困難な状況であってもやってみるという考え方がとても前向きになります。また、様々はアーティストがカバーしており、多くの人に親しまれているからです。(20代男性)

この曲を聴いていると、恋愛も良いなぁーと思わせてくれます。色んな歌手がカバーしていますが、本人の声の方が一番良いです。(40代女性)

山崎まさよしの描く世界観、歌声は、本当に感動する。特にこの曲はSMAPも歌っていたこともあってずっと聞いてた気がします。想い出の一曲です。(30代女性)

セロリというタイトルが強烈でインパクトに残るが、自分以外の全ての人が好きなもの、嫌いなもの、得意なもの、苦手なものがあるんだなと気づかせてくれるから。(20代女性)

苦手な人が多いセロリを曲名にするところが山崎さんっぽいです。そのセロリが苦手な人が多いというのにかけて歌詞が作られていてすごく秀逸だと思います。(30代女性)

もともと私はセロリは食べられる方ですが苦手が人が圧倒的に多くでも環境が違えど価値観が違えどいろんなことを経験して乗り越える強さなどが伝わる歌なのでオススメです。(20代女性)

SMAPもカバーしている日本を代表する人気曲であり、ゆるく、穏やかなテンポがすごく癒される。いつまでも不滅の一曲。(30代女性)

彼氏と喧嘩した時に聞くと励まされる曲です。お互い違う環境で育ったんだから、価値観が違うのは当たり前だけど、単純に好きだから一緒に居たいという気持ちが素敵だと思いました。(30代女性)

最初の頃のようなドキドキ感を彼に感じなくなってきた頃、結婚して子育て、家事で忙しく擦れ違いが多くなって来た時など、もう一度見つめ直すきっかけをくれた曲です。(40代女性)

歌詞がいい。好きで付き合っていても、食べ物の好き嫌いが一致しないなんで当然のことでもそれがいいと思える歌(40代女性)

セロリといえばSMAPと思われがちですが、山崎さんのセロリの方が雰囲気があってとても耳障りがいいです。(40代女性)

SMAPに楽曲提供したセロリをセルフカバーしてます。 私的にはSMAPより山崎さんの方が好きなのでこちらのセロリをお薦めします。(40代女性)

何年たっても廃れない名曲です。シンプルですが、背中押してくれるような温かい歌詞とが好きです。とくに、サビの最後、「つまりは単純に君のこと、好きなのさ。」が好きで、単純に男性に言われたいフレーズです。(30代女性)

努力して合わせようとする気持ちが込められている歌詞にとても心が癒されます。相手を思う優しい気持ちが上手く表現されていて優しい気持ちになれる歌です。(40代女性)

男女の価値観の違いを「セロリ」という野菜で例え、目の付け所が、すごいと思います。価値観の違いはあるのは当たり前。でも、それをふまえて大好きと言える2人で居れたら良いなぁと思える楽曲です。(40代女性)

 

 

1位.山崎まさよし 「One more time, one more chance」(52票)

山崎まさよし「One more time, one more chance」がおすすめの理由

大事な人と別れた時に、もう一度会いたいと思う、切ない気持ちをとてもよく表現された歌で、サビの部分がぐるぐると頭の中で流れ続ける曲です。(40代男性)

山崎まさよしさんの渋い歌声と歌詞が凄くピッタリで聞き惚れます。歌詞だけ見ると悲しい曲ですが、明るい音楽で聴いてると前向きになれる曲です。(20代女性)

メロディー、歌詞、声すべていい。何年たっても飽きない。とても好きだったけど離れてしまった人を思い出します。(40代女性)

一言でいうと、切ないのに優しい曲。大切な誰かを失って、過ぎ去る日々のなか、その人をあらゆるところで感じ、思い出してしまう、誰しも経験したことがあるような歌詞。そこから、恋人とただ別れたのか、大切な人を亡くしたのか、歌詞から色々な想像はできるが、自分にとって大切な人を思い起こし、悲しくもないのに心が温かく切なくなって自然と涙が出てくる。大切な人を思い出させてくれる曲。(40代女性)

一言で表せば未練です。この曲は、恋をして別れがあった人なら聞き入ってしまうんじゃないかな。大恋愛をした人なら尚更。お酒を片手に思いにふけりたい時、思っている人を思う時、泣きたい時、優しい音色に癒されると思います。おすすめですよ。(30代女性)

1997年に発売されたこの曲は20年以上経っているのに未だに次の世代に受け継がれている名曲のひとつだと思います。私は秒速五センチメートルというアニメからこの曲を知りました。甘い声と別れた恋人に会いたいという気持ちが悲しさや寂しさを引き立て心にぎゅっとくるて名曲です。(20代女性)

失恋した男性目線の曲になっていて、どれだけ愛していたのか、こんなにも君のことを探してしまうんだと恋人がいなくなった時の虚しさ・悲しさを代弁してくれる所が心にしみます。(30代女性)

曲調と歌詞、山崎まさよしの歌声が最高です。 単調ですがシンプルで切なさが伝わってきます。 彼の人柄が曲に見事に表れています。(30代男性)

山崎まさよしさんと言えばこの曲と言うくらい、歌唱力も高いですが、声の質と歌詞がマッチして優しい歌声で素敵な一曲となっています。(30代女性)

サビの歌詞がとても感情移入出来る。この歌詞を聞くと、失恋した時の気持ちが鮮明に蘇ってきて切なくなり、恋愛をしていた時を思い出せる(30代女性)

この曲を聴くと全ての嫌なことも許して今一緒に居られることに感謝しようと言う気持ちになります。切ないですがとても前向きにさせられます。(30代女性)

誰かを心の奥底から愛する痛み、そしてその誰かを突然に失ってしまった喪失感。この曲にはそんな感情が痛烈なまでに描き出されています。(20代女性)

この曲を初めて聞いた時の衝撃は今でも忘れられません。静かに穏やかな歌声なのに、力強く訴えてくるものがあります。寂しい時に一人で夜に聴きたい曲です。(40代女性)

山崎まさよしさんといえばこの曲と言っても過言ではない「愛した人を失った悲しみ」を唄った名曲です。本能で捜してしまうんです、あの人のカケラを。(40代女性)

失恋してもいつまでも想う人をあちこちで探してしまう、そんな切ない曲で失恋した誰もが共感出来る歌声だと思います。切なくて涙か出ます。(40代女性)

初めて山崎まさよしさんのライブに行った時に、この曲を聞いて衝撃を受けました。切なくてどこか頼りない音楽と歌詞が心に突き刺さってきたからです。大人になって大切な人を失ったときに聞いたら、さらに心に響いてきました。どの世代になっても、味わい深い曲なので、おすすめします。(30代女性)

切ないバラード。初恋の痛みのようなものが脳裏をよぎる曲です。山崎まさよしの歌声に酔いしれたい人にもおすすめの一曲です。(30代女性)

この歌の歌詞がすごく好きです。最愛の人を失ってしまったが、まだどこかにいるんじゃないかと探してしまう心情、もう一度取り戻したいと願う気持ち、それらが痛いほど伝わってくる歌になっている。(40代男性)

山崎さんの独特の声で世界観たっぷりに歌い上げられると切なくなる歌で、この曲を聴いていると、若い頃、大好きだったけど『好き』な気持ちを伝えられずに諦めてしまった思い出の男性を思い出し、涙が出てきます。(40代女性)

初めて聴いた時に自然と涙が出ていました。これほどまで切ない曲は聴いたことがないのではと思ってしまうほどでとても共感してしまう曲です。(20代男性)

失くしてみて初めてわかることを思い出す素晴らしい曲ですし、何度聴いても泣ける曲なので泣きたくなった時に最適な曲だと思うからです。(30代男性)

とにかく切ないです。一度は誰も体験したことのある想いで、男女共に共感のできる曲ではないかと思います。(30代女性)

聴いているととてもしんみりとしてしまう曲です。心を落ち着かすときに最適な曲なので是非聴いてみてください。(20代男性)

学生時代の恋愛を思い出して、何度聞いても気持ちよく泣ける曲です。 横浜の様子など、本当にこんなとこにいるはずもないのに、探してしまう… これから先も思い出の曲としてずっと聞いていくでしょう。(30代女性)

失恋をしたり別れた時、言葉にできない自分の心情をそのまま歌ってくれているような曲なので、たくさん泣いたりすっきりできてお勧めです。(30代女性)

歌詞がとても切なくて胸がきゅうと締め付けられるような歌い方なので、失恋ソングとしておすすめです。愛しい人を想い続ける切ない歌詞にきっと共感できると思います。(30代女性)

山崎まさよしの代表曲。本人が主演した映画『月とキャベツ』の主題歌で映画の内容にぴったりのせつない曲です。愛する人の存在の儚さを真っ直ぐで静かな情熱をおびた声で歌われると何回聴いても泣きそうになります。(40代女性)

この曲は高校生の時に聴いて好きになったのですが、とにかく切ない。好きな人の影を常に探してしまう心情やもう叶わない恋への苦しさが痛い程に伝わる歌詞とメロディです。(20代女性)

名曲は沢山ある歌手だけどやっぱりこの歌が一番いいです。ファンの間では恋人じゃなくて妹だとかいろいろ噂がありますが、いろんなシチュエーションで想像して楽しめる曲です。(40代女性)

昔から好きな歌です。穏やかに歌い上げる調子から悲恋の切なさが伝わってきて、聞いているだけで涙が出てきそうになります。(40代女性)

アコースティックギターのイントロが心に響きます。”好き”と言う言葉さえ口に出せなかった優柔不断だった自分を反省して、ちゃんと自分の気持ちを伝えると決めた、覚悟が伝わってきます。(60代女性)

ノスタルジーに浸り、ゆったりとした気持ちになれるからです。映画・秒速5センチメートルの挿入歌でもあるため、その世界観にも浸れます。(20代女性)

失った彼女に対する未練や分かれても元恋人を想って忘れられない失恋の歌は数多くありますが、この歌の歌詞には、彼女をつい探してしまう場所として「向かいのホーム」「路地裏の窓」と言った、ロマンチックさに欠けるかなり生活感のある単語が使われていることで、逆にその喪失感がリアルに伝わってくる楽曲です。初めて聴いた時から、歌詞が重く印象に残りました。思いっ切り共感したい場合、この楽曲は最適だと思います。(40代女性)

失恋した時、過去に別れた相手のことがふと頭によぎる時、とてもしっくり来る曲だからです。美しいメロディと歌詞から、切なさや後悔、会いたい気持ちがよく伝わってきて、情感あふれる曲だからです。(40代男性)

『君の名は。』で有名になった新海誠監督の作品が好きで、初めて観た新海作品の『秒速5センチメートル』という作品の主題歌だったから。(20代女性)

失恋した時にこの曲を聴いて今の自分の境遇と似ていてとても共感した曲です。いるはずないのについ探してしまう、いなくて寂しくなってからの存在の大切さに気づく。胸がキュンとする曲です。(30代女性)

ご自身出演の映画『月とキャベツ』の主題歌。セロリなど明るい楽曲のイメージの山崎まさよし氏のあまりにも切ないバラードは恋をしているエモい気持ちになりたい時に聴きたい一曲。(40代女性)

メロディーも歌詞も切なくて心に沁みる一曲です。大切な誰かを思いながら秋の夜長に聴きたくなるバラードです。(30代女性)

発売されてもう20年も経過したとは思えない色あせなさが魅力です。ちょっと切ない気分の時、ひとりカラオケで熱唱するのがオススメです。(40代男性)

若い頃によく聞いた曲で、当時ラジオでもヘビロテでかかってました。この曲がテーマで、まさよしさんが主役の映画も観に行ったりして、当時の思い出がよみがえります。恋人のと別れを歌った曲ですが、これほど強く人を想える恋愛をしたいな。と思っていました。(40代女性)

映画の主題歌にもなっており、映画の内容に合った切ないメロディーと歌詞に感動するからです。一度聴くとすぐに覚えてしまうおすすめの曲です。(20代女性)

歌詞とメロディーが凄く良く引き込まれてしまい昔の失恋したい時のことを思い出し情景が浮かんできてなんとも切なく懐かしいところ(40代男性)

まず、メロディーがとても心に響き、繰り返しの歌詞が涙を誘います。そして、山崎まさよしのフワッとした歌声が、それらに拍車をかけています。(50代女性)

恋人や好きだった人を気づけばいつも探してしまうという切ない心が歌われていてとても共感できるのでオススメです。(20代女性)

誰かを好きになり付き合い、いろいろあって別れてしまった。でもまだ忘れられずにいるそんな恋愛を体験した人が共感出来る様な当時の記憶を思い出させてくれる様なそんな曲です。(40代男性)

私がこの曲を知ったきっかけは、嵐のコンサートに行った際に、松本潤さんがソロで歌っていたのを聞いたことです。 歌詞がとてもよく、原曲を聴いてみたいと思い、後々、山崎まさよしさんが歌っていることを知りました。 失恋をした直後だったので、もう会えないけれど、会いたくてたまらない、もう一度会いたい、好きと言いたいとうような歌詞に、泣きました。 今でも聴くたびに、当時の気持ちを思い出します。(30代女性)

誰もが経験する失恋後、忘れられない人を想う気持ちを歌う切ないバラード。なんでわかるの?ってくらいに自分の気持ちを代弁してくれています。(40代女性)

月とキャベツという映画を見てすきになりました。キャベツロールよく作りました。笑 味は素朴な味でした。山崎まさよしさんの歌声にピッタリの甘くて切ない曲です。(30代女性)

失恋した時には、本当にこの歌を聴きたくなります。まさよしさんの声が心の奥底まで浸透してくるので、すごく寄り添ってくれている気持ちになるので、失恋した時に是非聴いてほしいです。(30代女性)

毎年、秋から初冬にかけて人肌恋しくなる季節に、街中でこの曲が流れてくると別れた彼を思い出して何とも言えない気持ちになって、つい彼を探してしまう。(30代女性)

とても切なく、泣けてくる曲。会えない彼女を想い、切ない男心を唄いあげる、山崎まさよしの声がとても心地よい。(40代女性)

すごく昔の歌ですが、山崎まさよしさんの代表曲です。山崎さんの甘い声とメロディがすごく合っていて落ち着く楽曲です。(30代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました