忌野清志郎おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

忌野清志郎おすすめの曲ランキング

 

6位タイ.忌野清志郎 「サラリーマン」(2票)

忌野清志郎「サラリーマン」がおすすめの理由

ちょうど放送が就職氷河期にあたり、淡々と歌われるサラリーマンの日々と、最後のファルセットが妙に心に刺さります。忌野清志郎自身も出演していて、さらに竹野内豊のデビュー作だったりするドラマ「ボクの就職」主題歌です。(50代男性)

23年前のドラマでの主題曲です。私も新社会人の頃でしたのでこの曲を聴くとあの頃が懐かしくなります。そして、この主人公役の息子が昨年、ドラマに出ました。時の流れは早いですね。(40代男性)

 

 

6位タイ.忌野清志郎 「トランジスタラジオ」(2票)

忌野清志郎「トランジスタラジオ」がおすすめの理由

高校生で聞いていた時はこんな風に生きたいと思わされ、今では言葉通りではなくてもこの歌のメッセージもように生きているかと考えさせられる名曲。(40代女性)

まさに中学生の頃、授業をさぼって、この曲を聴いていました。まだ未来は自由だと信じていた頃を思い出して、何だか切なくなります。時代が変わっても、青春の切なさが伝わる曲だと思います。(50代男性)

 

 

6位タイ.忌野清志郎 「ラクに行こうぜ」(2票)

忌野清志郎「ラクに行こうぜ」がおすすめの理由

清志郎の元気な姿が今でも印象に残っていて、明るく元気な曲調で、歌詞は清志郎の生き方も反映されたユーモア溢れる曲になっていると思います。清志郎本人出演の栄養ドリンクのテレビコマーシャルソングでした。(50代男性)

「幸せになりたいけど頑張りたくない」そんな事言いきってしまえる清志郎さんが素敵です。他の人が歌うと「いやいや、頑張れよ!」とツッコミたくなりますが、この人が歌うと許せてしまうから不思議ですね。僕のような怠け者にも勇気を与えてくれる曲です。(40代男性)

 

 

5位.忌野清志郎 「い・け・な・いルージュマジック」(5票)

忌野清志郎「い・け・な・いルージュマジック」がおすすめの理由

PVの中での忌野清志郎と坂本龍一のキスシーンが話題となった曲です。当時、デビットボウイを始めとする、中性的な化粧をする男性アーティストが世界中で脚光を浴びていたのですよね。それを意識しての本作ですが、今、聴いても色あせることのないサビのフレ-ズは、紛うことなき2人の豊かな才能を物語っているように思います。(40代男性)

音楽番組に出演し楽曲披露中に2人がキスをしたことは、話題になり、景気の良さが80年代の夏を思い出させます。RCサクセションで日本のロックシーンを牽引する忌野清志郎と、テクノサウンドで世界に名を轟かしたYMOの坂本龍一による、単発ユニットです。(50代男性)

子供の頃に男の人が化粧をしてるなんてと思った記憶があります。けど、歌はCMでも使われてよく聞く印象的な歌でした。(40代女性)

この曲は相当古いです。忌野清志郎さんがパンクですがいい唄ですし、歌詞が最高に素晴らしいです。だからこの曲が好きです。(40代男性)

若かりし頃に、歌番組でみて衝撃的でした。ノリもいいし友達と学校などでよく歌いました。思い出して聞きまくりました。(40代女性)

 

 

4位.忌野清志郎 「パパの歌」(8票)

忌野清志郎「パパの歌」がおすすめの理由

昔コマーシャルでも使用されていてとても印象的な歌です。働くお父さんの応援歌のようでとてもいい曲です。(40代女性)

清志郎さんのこの歌を聞くと亡くなった父の面影が、いつも頭に浮かんできます。家では無口で酒もたばこもやらない父親でした。小学生の頃、父の働いている繊維工場を学校から見学する機会がありました。まさにこの歌ピッタリで父が額に汗して働く姿をみることが出来ました。清志郎さんいい曲をありがとう!(70代男性)

私達父親にとってはこんなにも仕事を頑張ろうと勇気づけてくれる歌は他にはありません。子供のために頑張ろうと前向きになる曲です。(40代男性)

子供のいる家庭で、なかなか子供が知ることのできない父親の働く様を描いた、とても親しみ深い曲。CM曲ともなったが合わせて見るととても感動する。(50代男性)

子どもは家でいるパパの顔しか知らない。ダラダラしてたり、だらしなかったり、ママに怒られたり、子どもにうっとうしがられたり、けれど実は「昼間のパパはバリバリ働いてかっこいいんだよ」と歌っています。この曲は建設会社のCMで流れていて、ハッとしました。(50代男性)

子供の頃に印象に残ってる歌です、家のお父さんはダラダラしていても外では良い顔をしている感じが伝わってきます。友達が遊びに来た時にはスウェットでゴロゴロしている父が恥ずかしく思いましたが、この歌を聞いていると自分の家だけじゃないんだと笑ってしまったのを今でも思い出します。ホンワカして歌詞も曲も大好きです。(40代女性)

ところどころ馬鹿にしたような表現もでてきますが愛情の裏返しであって、働くお父さんをここまで称えてくれる曲は他にないと思います。サビのリズムもウキウキしてしまう♪(40代男性)

子供目線で、頑張ってるパパと家でゆっくりしてるパパを見ていて、パパに憧れる子供の心情が軽妙に歌われていて好きな曲です。途中で入る子供の笑い声が和みます。(30代男性)

 

 

3位.忌野清志郎 「スローバラード」(13票)

忌野清志郎「スローバラード」がおすすめの理由

ハードなイメージの忌野清志郎、実はスローな名曲が多い中でもこの曲は特に染みる、実体験にもリンクする懐かしい歌詞。(40代男性)

こんなにも人を愛したことはあったか、愛されたことはあったか、愛せるのか、愛されるのか。人間としのラブソングです。(40代女性)

何てことのない世界を叙情的にそれもまるで日記のように、おとぎ話を聴かされているかのようだ。この曲は古い曲だが、思い出はいつまでも少年のままだ。(40代男性)

ゆっくりとしたメロディーでこころに沁みるロックです。独特な歌声が素敵で聞き惚れてしまう素敵な歌です。(40代女性)

メロウなメロディーラインが素敵!曲と歌詞の世界観がぴったりで、清志郎の特徴的なヴォーカルが炸裂してる。(40代女性)

高校生の時、RCサクセションが大好きで、特に、忌野清志郎さんが好きでした。派手なルックス、パフォーマンス、そして、ハスキーで独特な声と歌い方。その彼の声とバラードがとても合っていて、少し悲しいような、泣きたいような気持ちにさせられます。「スローバラード」は大好きな曲の一つです。彼のようなバンドマンは、もう出てこないかもしれませんね。(50代女性)

初めてこの曲を聴いたのは、関ジャニ∞の元メンバーである渋谷すばるのカバーアルバムでした。原曲もカバーもなんとも言えない癖があり、リズムを取るのが難しい一曲ではありますが、今の時代にはないリズムテンポな気がします。また長くない歌詞なのに、風景が浮かんでくるので耳でも目でも楽しめる一曲だと思います。(20代女性)

忌野清志郎さんが当時付き合っていた、みかんさんと作った曲として有名ですが、当時のシャイな感じが曲から感じられる素敵な曲です。(40代女性)

RCサクセションのロックなイメージからは想像できないぐらいゆったりとしたメロディで、歌詞の世界観とゆったりとしたバラードが心にしみる曲です。今も数多くのアーティストにカバーされています。(50代男性)

言わずと知れた名曲です。今のロックンロールを作ったと言っても過言では無いと思います。特にカーラージオーからスローバラードってフレーズがたまらなく好きです(40代男性)

20代で小さい時にラジオから好きな曲をテープで保存してた頃を思い出します。トランジスタラジオを聴くとラジオに向かって一生懸命録音をしていた記憶を思い出します。若い子にも忌野清志郎のすごさを実感できる一曲です。(20代女性)

忌野清志郎さんの哀愁漂う歌い方が特に最高です。切ないメロディももちろん良いのですが、男女の複雑な気持ちが表現されているところもこの曲の持ち味だと思う。(30代女性)

自動車免許を取り、中古の車を買って、初めて女の子と深夜ドライブをした時に、まさにカーラジオからこの曲が流れてきた思い出があります。おそらくたくさんの人がたくさんの思い出を持っている永遠の名曲です。(50代男性)

 

 

2位.忌野清志郎 「雨上がりの夜空に」(17票)

忌野清志郎「雨上がりの夜空に」がおすすめの理由

下ネタ全開のダブルミーイング。こんなイカした曲を歌えるのはこの人だけだし、今の音楽業界や社会をどう思っているのか気になる。(40代男性)

忌野清志郎の誰が何と言おうが代表曲です。どうしたんだ!HEYHEYHEY!と誰もが皆知っているノリは最高にいい曲です。(50代男性)

いつでもゴキゲンになれる名曲中の名曲!つい歌ってしまう歌詞も最高!清志郎が歌って、さらに名曲感が増していく!(40代女性)

忌野清志郎さんの雨あがりの夜空には、はカッコいいし歌詞も素晴らしいです。亡くなってしまったが、この曲もよかったです。(40代男性)

聞いているとすごく元気が出てきて励まされます、自分がすごく落ち込んでいる時に聞いて頑張ろうって思えたのでおすすめです。(20代女性)

自分が小学生の頃から流れている曲で、ませていた私は、「バッテリーはビンビンだぜ」とか、「こんな夜にお前に乗れないなんて」とか、「いい音させて」とか、男女のそれがどういったものなのかを具体的にわからない頃から、車なのか、バイクなのか、それを女の人ナニする事にかけてるんだなぁ、このオジさんは…なんて際どい歌詞なんだ、なんて思いながら聞いていました。いい音ってどんな音?とかね。中学生の頃には、声なの?ベッドやカーシートの軋む音なの?なんて疑問もちょっと耳年増的に変化して…. すっかり大人になって、この曲はお気に入りのプレイリスト入りしていますが、いつの間にか、「こんな時期や出来事が遠い昔自分にもあったかなぁ..」なんて感想に変わってしまいました。時の流れの早さと、青春の過ぎていく早さに驚き、切なさを感じます。清志郎に会いたいわ〜。(40代女性)

清志郎といえばこの曲。雨上がりの夜空にといえば、いろんな人がカバーしてるけどやっぱり清志郎でなくちゃ。聞けばわかる名曲。マニアックな曲も多い中で歌詞、メロディ共に万人に受ける名曲。(40代女性)

RCサクセションが好き。 忌野清志郎が大好き。 全部好きだけどこのノリノリの雨上がりの夜空に は文化祭で歌った歌。 忘れられない。(50代女性)

忌野清志郎のバンドRCサクセションの名曲です。 曲調もカッコいい。歌詞の内容は大人になると少し恥ずかしいかもしれないが、グッときます。 とにかくカッコいい。(20代女性)

彼の声は独特ですがカラオケで歌うと意外と歌いやすいことで知られています。忌野清志郎の代表作「雨上がりの夜空に」は、数々のアーティストに影響を与えた清志郎の情緒あふれる歌詞と、ノリのよいメロディが印象的な楽曲です。(50代男性)

カッコいいロックで、ライブパフォーマンスも最高です。ストレートな歌詞に感動し、カラオケでも大変盛り上がるナンバーです。(30代男性)

派手な曲なので盛り上がりたい時に良い曲ですし、歌詞が女性を乗り物にたとえている所が特に面白いと思います。(30代男性)

明るい感じの曲で今はもうなくなった忌野清志郎の代表曲だと思うから。あと、サビの部分でみんなで歌える感じがいいと思います。(10代男性)

歌詞が特徴的で忌野清志郎の代表曲です。今なおも色んなアーティストから絶大な人気ナンバーでよく歌われています。かっこいいです。(30代女性)

忌野清志郎が在席していたRCサクセションの中でも誰でも聞いたことのあるもっとも有名な曲だと思います。これを聞くと気持ちのテンションが上がります。(40代男性)

毎朝通勤の車で聞いているんですが、眠気が覚めてテンションがあがって今日も頑張るぞってやる気がでてきます。(40代女性)

高校の時にRCサクセションと出会い清志郎と出会いました。 大好きな大好きなアーティスト。 高校の時にバンド組んでこの曲歌ってました。 思い出の曲。(50代女性)

 

 

1位.忌野清志郎 「デイ・ドリーム・ビリーバー」(21票)

忌野清志郎「デイ・ドリーム・ビリーバー」がおすすめの理由

この曲を聴くことで安心感や夢や希望をもらった人も多いでしょう。セブンイレブンが身近に感じる素敵な曲です。Day dream believerはセブンイレブンのコマーシャルソングといって聴いたことがある人ばかりなのではないでしょうか。(50代男性)

1度聞くと印象に残るメロディーと忌野清志郎さんの声が何とも切ないけれど、どこかでホッとしてしまう曲。歌詞の意味も深く、色々考えてしまう。何回も聞きたくなります。(40代女性)

セブンイレブンのCMソングで聞いたとき、何て、寂しく、温かいメロディー何だろうと思いました。歌っているのは、もちろん、忌野清志郎。忌野清志郎というとロック、RCサクセション。派手な出で立ちで、人を寄せ付けない感じですが、こんな人だから、スローは曲を歌うと、人の心を揺さぶってしまう。会うことのできなかった「実の母」への思いを綴った歌詞をザ・モンキーズが1967年にリリースした「デイドリーム」に載せたものだ。2009年に亡くなり、今は、CDでしか、声を聴けない。もっと多くの曲を聞きたかった。(60代男性)

CMのカップラーメンで起用されていて 1度聞いたら頭から離れない歌詞と曲で気持ちが盛り上がるので好きな曲です。(30代女性)

とても有名な曲で大好きです。コマーシャルなどでも使用されていて、メロディーと歌詞がとても味のある歌です。(40代女性)

知らない人にとっては風貌からして想像もつかないのではないでしょうか。こんなに繊細な歌を歌う人、心に響く歌声の持ち主だということを。特にこの曲は夢みることや希望を持てない幅広い年代の人たちに聞いてほしいです。(40代女性)

この曲でカラオケの雰囲気は一気に明るくなり、懐かしい昭和の景色が浮かび上がります。一度耳にするとそのメロディーは耳に残り、ついつい鼻歌で歌ってしまい、そして、なぜか幸せな気持ちになります。現在某コンビニエンスストアCMでも使用されている楽曲です。(50代男性)

忌野清志郎がアコースティックギターとハーモニカで心地よい歌声で耳障りのいいこの曲が好きでお勧めします。CMなどにも使われたりしてますし、メジャーな曲です。(40代女性)

私が初めて聞いたのはセブンイレブンのCMソングでしたね。それ以来よく聴いたから ハマってしまったんだけど 当時 寝るときもずっと聴いてた記憶があります。(40代男性)

この曲は歌詞だけ聞いてみると彼女に向けた歌のように聞こえますが、実は忌野清志郎さんの実のお母さんに向け作詞された曲です。この事を頭において曲を聞いてみるとまた違った良さが溢れる曲になっています。(20代女性)

最初はセブンイレブンのCMに使われている曲だといった認識だったが、その歌詞の意味とか経緯を知った時に感動に変わったから。(30代男性)

TVでかかっていたCMのイメージから明るい曲かと思っていたが歌詞をよくよく聞いていくと、いなくなった彼女とのことをずっと思っている切ない歌で、心が締め付けられるようなところがとっても好きです。(40代男性)

セブンイレブンのCMで流れているこの曲、亡き母に捧げた曲だと知り自分亡くなった母を想いながら聴くと心にしみます。(30代女性)

切ない歌詞だけど、なんだか聞いているとほっこりした気持ちになります。原曲は英語だけど、清志郎のカバーのほうが、歌により深みがあると思います。(30代女性)

カバー曲ではあるが、忌野清志郎が歌うとこうも違うのかと。 ぐんと歌詞が入って来る。またこの曲調も聴いていて楽しくワクワクしてくる。(20代女性)

セブンイレブンのCMソングとしても有名ですが、この曲を聞いていると心が温まります。懐かしい思いがこみ上げてきて、甘酸っぱい青春時代に戻れるような気がするからです。(40代女性)

私が中学生の頃カップヌードルのCMに使われていました。ちょうど恋愛に目覚める年頃で切ない歌詞となんとも言えない声に惹かれました。初めて忌野さんを知った曲です。(40代女性)

この曲は、忌野清志郎さんの歌の中でも特に好きな曲です。歌詞もよくちょっとスローだけど歌いやすいからいいです。(40代男性)

某コンビニのテーマソングとしてコンビニにでいつも流れていて知ったのですが、あたたかくてとても心地よいメロディーです。(30代女性)

日本語になって余計に親しみを感じるようになった曲ですね。 若き日の恋愛模様って良き思い出。 そんな感じの曲です。(40代女性)

明るい曲だけど、これは忌野清志郎さんが亡きお母さんのために歌った曲だときいたことがあります。明るさのなかに、悲しさが込められた曲です。(40代女性)

 

 

1票入った忌野清志郎おすすめの曲も紹介

 

忌野清志郎 「Hand Clapping Rhumba 2000」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「Hand Clapping Rhumba 2000」がおすすめの理由

バックバンドがティンパンアレイ系のアーティストの混合バンドになっており、とても豪華で、こんなテレビ番組があったのなら録画しておけば良かったと思いました。この曲も清志郎独特のステージパフォーマンスも楽しめ歌詞が良いです。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「IMAGINE」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「IMAGINE」がおすすめの理由

この曲を聴くだけで戦争してはいけない気持ちを感じることができます。ジョン ・レノンが歌っている有名な楽曲ですが、忌野清志郎が日本語で訴えるように歌います。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「JUMP」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「JUMP」がおすすめの理由

ストレートに心に突き刺さる歌詞と、心踊るギターサウンドで、どんなに落ち込んでいたとしても、サビの「ジャンプ」で、飛び上がる体と心、この曲には、きっと説明などいらない。日本が誇る永遠のロックスター「忌野清志郎」の名曲です。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「Love Me Tender/なに言ってんだー」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「Love Me Tender/なに言ってんだー」がおすすめの理由

この曲では洋楽の中でも屈指の名曲であるLove me tenderのメロディに乗せて熱い想いを歌い上げています。洋楽の名曲の日本語アレンジでも有名な忌野清志郎さんは、何十年にもわたり反戦と反原子力を唱えてさまざまな替え歌を作っていました。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「MOTHER」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「MOTHER」がおすすめの理由

原曲のジョンレノンのボーカルも凄いですが、清志郎の死後イエローモンキーのボーカルの吉井が「MOTHERを歌った時の凄い声を忘れません」と絶賛していました。ジョンレノンの命日の頃いつも開催されるトリビュートコンサートでのジョンレノンの曲をカバーして日本語詞をつけています。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「REMEMBER YOU」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「REMEMBER YOU」がおすすめの理由

この手に触れられなくても、目の前からいなくなってしまったとしても、全て無くなったとしても、ずっとずっと覚えてるよって、自分が清志郎に言っているような錯覚に陥る歌詞に泣け、甲本ヒロトさんとの掛け合いが楽しい曲です。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「アイシャルビーリリースト」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「アイシャルビーリリースト」がおすすめの理由

ボブディランを日本語カバーすると、吉田拓郎そっくりになってしまうと言われてもいますが、清志郎が歌うと清志郎の曲のようで、RCサクセション時代に所属するレコード会社から発売停止言い渡されたアルバムの時のライブでの音源に残っている曲で、ボブディランの曲の替え歌です。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「かくれんぼ」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「かくれんぼ」がおすすめの理由

やはり清志郎の歌詞が良く、童謡の歌詞も引用しながら切ないラブソングになっています。日本を代表するギタリストのCharとの共作です。映画のサントラを一緒に作ったようです。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「サイクリング・ブルース」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「サイクリング・ブルース」がおすすめの理由

この歌を聴いていると、自転車で風を切って走る感触がよみがえってきて、思わずペダルをこいで遠くまで出かけたくなります。これは、そんな彼の「自転車旅」への思いをつづった名曲です。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「サントワマミー」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「サントワマミー」がおすすめの理由

越路吹雪のシャンソンとして知られる名曲をロックにカバー。大ヒットドラマ やっぱり猫が好き のエンディング曲。失恋の曲だけど、どこかポップで、可愛らしい。(40代女性)

 

 

忌野清志郎 「パーティーを抜け出そう」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「パーティーを抜け出そう」がおすすめの理由

とても乗りの良い曲でテレビ出演の時の篠原涼子とキスするところなどがあり、清志郎のファンの女子の間では、かなり篠原涼子に対する妬みがあったようです。当時歌手活動が中心だった篠原涼子とのデュエット曲です。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「ぶっちゃけた恋」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「ぶっちゃけた恋」がおすすめの理由

RCサクセションが解散した後、最初に清志郎がやったバンド 2・3’s(ニーサンズ)の曲です。2・3’sメンバーには後にTHE HIGH LOWSのドラマーや藤井フミヤのプロデュースで活躍してる大島賢治さんが在籍していました。このバンド今までの清志郎のファンの間では評判が悪くだいぶ離れていったファンもいると清志郎が話していました。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います」がおすすめの理由

音源未収録楽曲でしたが、近年オフィシャルブートレグとして発売されたアルバムにライブバージョンが収録され、RCサクセションの初期の、彼らがまだアコースティックグループだった頃の曲です。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「マジカデミルスターツアー」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「マジカデミルスターツアー」がおすすめの理由

ビートルズのマジカルミステリーツアーの替え歌ですが、ライブ会場はいきなりの大盛り上がりでした。オリジナルのアルバムの中には入っていなくて、全国の小さなライブハウスを周るツアーのオープニングで歌われていた曲です。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「まぼろし」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「まぼろし」がおすすめの理由

ど派手な衣装と頭につけたたくさんの花がすごい、歌詞も清志郎ならではだと思います。最後は頭の花の飾りがほとんど取れてしまうほどのパフォーマンスが印象的です。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「花はどこへ行った」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「花はどこへ行った」がおすすめの理由

ピート・シーガーが制作、ピーターポール&マリーのカバーが有名な、反戦フォークの名曲をカバーしています。日本のアーティストではYMOや、Mr.Childrenもカバーしています。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「奇妙な世界」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「奇妙な世界」がおすすめの理由

善悪無き正義の戦争ごっことミサイルのテレビ映像によって始まった、働く人、眠る人、お茶を飲む人、本を読む人、普通の暮らしをしている人達との奇妙な世界を消えてくれと哀願する内容で、スローなロックバラードです。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「帰れない二人」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「帰れない二人」がおすすめの理由

1番の歌詞はすんなりといい歌詞だと思えて分かりやすいですが、清志郎が書いたと言われる2番の歌詞が地味だと思っていたのですが、最近になって言葉遣いの凄さに感心させられています。井上陽水の氷の世界というアルバムに入っている若い頃の清志郎と陽水の共作の曲で、陽水のファンの間でも人気の高い曲です。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「激しい雨」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「激しい雨」がおすすめの理由

昔から忌野清志郎が大好きでした。夢をたくさん見せてくれたし、青春の一ページに必ず入ってくる一曲だと思います。(40代男性)

 

 

忌野清志郎 「自転車ショー歌」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「自転車ショー歌」がおすすめの理由

小林旭の自動車ショー歌の歌詞を自転車に改変した曲で、本家同様、上手い事自転車にまつわる名前を歌詞に織り込んでるのが凄い。後年、自身自転車が好きで自転車奥の細道などをやっていた忌野清志郎らしい歌だとも思います。個人的には本家より好きです(笑)(30代男性)

 

 

忌野清志郎 「少年時代」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「少年時代」がおすすめの理由

個性的なボーカルの井上陽水の楽曲を、全く違う個性を持つ忌野清志郎がレゲエ調のアレンジで軽快かつポップに歌い上げています。しかし、なんとも言えない夏の終わりの寂しさも到来してくる、不思議な魅力のある1曲です。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「人間のクズ」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「人間のクズ」がおすすめの理由

清志郎の当時のレコード会社の都合で発売禁止にされ、インディーズから発売したアルバムの中に入っていて、歌詞の内容は多分清志郎の実体験も含まれた重たい内容ですが、明るい曲調と清志郎独特のユーモアに包まれたユニークな曲です。(50代男性)

 

 

忌野清志郎 「多摩蘭坂」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「多摩蘭坂」がおすすめの理由

忌野清志郎の声と曲がとてもあっている。 哀愁が感じられ、若い頃の思い出が蘇ってくる 歌詞になっていてどこかせつない気持ちにさせる。(40代男性)

 

 

忌野清志郎 「僕の好きな先生」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「僕の好きな先生」がおすすめの理由

この曲は、清志郎が実際に通っていた学校の、美術の先生がモデルの曲です。 タバコを吸いながら困ったような顔をして、遅刻の多い僕を口数も少なく叱る、という歌詞通り、 まさにに、僕の好きな先生、僕の好きなおじさん、の歌です。 先生を慕う気持ちが歌われていて、とても素敵な曲です。(30代女性)

 

 

忌野清志郎 「毎日がブランニューデイ」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「毎日がブランニューデイ」がおすすめの理由

詞がとにかくシンプルでストレート。無理なくスッと心に入ってきます。えっ?そんな事正直に書いちゃっていいの?というような表現もでてきますが、そういう嘘のないところが聴く人の共感を得るのだと思います。個性の塊りのような人ですが、これは僕がお勧めする清志郎流ラブソングです。(40代男性)

 

 

忌野清志郎 「満月の夜」(1票)

YouTube動画はこちら

忌野清志郎「満月の夜」がおすすめの理由

アコースティックギターの素朴な音色と優しいメロディラインが歌詞の切なさをうまく調和しています。シンプルでゆったりとした穏やかなバラードで、忌野清志郎のワイルドで味のあるボーカルが無骨でかっこいいです。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました