部屋の整理から頭の整理まで!「整理術」に関する本おすすめ63選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「整理術」に関する本おすすめ

 

1.近藤麻理恵「人生がときめく片づけの魔法」

 

整理術に関する本 近藤麻理恵「人生がときめく片づけの魔法」がおすすめの理由

片付け方の概念が、変わったからと簡単に実施できるし、全て一気に片付けなさいと言うような指導でもないので、簡単に受け入れられました。片付けてくうちに、自分のモヤモヤした悩みも、少しずつ片付けて、スッキリしました!(30代女性)

わかり易く、整理整頓を書いた本です。まず、ただ物の移動だけでは根本的な片ずけはできない。まず、いらない物と必要な物を区別していらない物は迷わず捨てる事とかいてありました。でないとまた散らかりますと(本の中ではリバウンドと表されています)一見あたりまえの様でなかなか上手く整理整頓はできません(私のように物が捨てられない人には目からうろこです)私はまだ完全整理整頓はできませんが、もしも私の様に片ずけに悩んでいる人にはお勧めしたい本です。(50代男性)

この本に出会うまでは、片づけはリビング、寝室、台所など部屋ごとにしていました。でも、この本では片づけは部屋や場所ごとではなく、物ごとにしていくのが正しいという事が書かれていました。実際に、服だったら家中にある服を一箇所に集め、ときめく物とそうでない物に分類していくと、気持ちのに良い程スムーズに要らない物を手放しす事ができ、片づけが捗りました。片づけが苦手な方に是非一度読んでもらいたい一冊です。(30代女性)

言わずと知れた人気本です。これまでは長年使用していない物でも、高かったからとか、いつか使うかもと思い、捨てる事ができませんでした。しかしこの本にある、物に対してときめくかときめかないかで判断していくと、随分すんなり整理が出来てしまいます。物に溢れる時代ですが、本当に自分が素敵だと思う物に囲まれ暮らしていく事が、よりハッピーな事だと気づかされます。(30代女性)

従来の片づけ本とは異なり、「1年以上使わなかったものは捨てましょう」ではなく、自分がその物に対し「ときめく」かどうかを主軸に置いた本です。何冊片づけ本を読んでも片づけられなかった私が、この本を読んでから、「とりあえず安いから買っておこう」と無駄遣いをすることが全くなくなり、本当にお気に入りのものしか買わなくなりました。結果物が減って、片づけがしやすくなりました。(30代女性)

今まで部屋が汚く ものがどこにあるか把握しきれていなかった部屋だったけど、この本を読んでみて「触った時にときめかないものは捨てる」「いつか使うかもしれないという考えは捨てる」など目からうろこの考え方が多く詰まっており私にとって片付けに関する考え方を変えてくれた1冊です(10代男性)

昔から片付けられない人でしたが、色んな片づけ本を読んでもイマイチ上手に整理できませんでした。根本的に残すものの選び方が違うのだと気付かされました。必要だからとかあった方がいいからではなく、これを持ってることによって、トキメキがあるかどうか。とても素敵な整理の仕方だと思います。(30代女性)

内容は片付け術なんですが、とにかく面白いです。年末の大掃除の際などに読んでから始めると捗るかもしれません。物を溜め込んでしまう私でも、この本を読んでからスムーズに片付けることができました。ぜひおすすめしたい一冊です!(30代女性)

この本を読むとすぐに片付けをしたくなる衝動にかられます。簡単に実践できる片付けのコツが惜しみなくつまっています。体験談も書かれているので読み応えもあります。主婦の方には特におすすめの1冊です。心も身体も綺麗になれる本です。(30代女性)

部屋が綺麗になって運気も上がるし自分も幸せになれるという片付けの本です。 確かに部屋がスッキリすると気分が良いし達成感が有ります。 何より、やり方を一度覚えてしまえば永遠に綺麗なままなのが嬉しいです。 忘れてしまったら読み返して、また綺麗になるし気分も良くなるのが良いですね。(40代女性)

ときめくというワードが心に響きます。物の大事さが分かります。物欲が湧かなくなり今持っているものだけで何とかしよう、工夫しようと思えます。私自身無駄な買い物をしなくなりお部屋も片付きました。無駄遣いしそうになった時はこの本を思い出してときめくを大事に生活していこうと思います。(20代女性)

物が増えた時、片付けが嫌になった時に読むとやる気スイッチが入ります。本も一気に読められるのも重要で、読んだ次の日には物を全て出して片付け始められます。自分に甘い私は、何故か物が増えてしまうので、忘れた頃に読み返しても効果があると思うので、かなりお勧めです。(40代女性)

実践的な片付けの方法はもちろん、人生における片付けをする意味、片付けするメリットなどをわかりやすく書いてくれている。また片付けの具体的な手順など、リバウンドしない説明もあり、前向きに頑張ろうと思わせてもらえる。(30代女性)

なかなか片付けが出来なくて、正直困ってました。物がたまっていくだけで、掃除が大変に…。家には物が溢れていました。普段はあまり立ち寄らない本屋さんに行った時に見つけました。その場では軽く眼を通すくらいでしたが、買って帰りました。直ぐ読めたわけではありませんが楽しみながら読めました。(40代女性)

わたしは片付けても片付けても部屋が常に散らかる女でした。しかし、この本の通り実践すれば、リバウンドはせず、かつ理想の部屋を作ることができました。なにも難しいことはかかれていません。ただ、この通り実践すればだれでも理想の部屋をずっとキープできます!汚部屋の皆さんにはもちろんのこと、不器用な方にも読んでほしい一冊です。(10代女性)

半信半疑で本に書かれている通りに部屋の片付けをしてみました。やっていくうちに段々ときめく感覚が分かっていき、今まで手離せなかった使っていない物、今後使わないであろう物をすんなりと手離すことができ、何故いままで捨てられなかったのか、物と向き合って決断すればちゃんと片付けることができ、ときめく物だけに囲まれて生活できるんだと実感的。それからは、物欲が低くなりずっっと使い続けられるか吟味して買い物するようになり、なんとなくとってあるものがなくなったし、部屋が散らかっても物の定位置が決まるので、負担なく片付けることが出来るようになった。この本に沿って片付けにとりくめば、今までどうやっても片付けることが出来なかった人でも成果がでると思います。本のを読んで片付けに取り組んで最後はやってよかったなと思えました。(30代女性)

 

 

2.ジェニファー・L・スコット「フランス人は10着しか服を持たない」

 

整理術に関する本 ジェニファー・L・スコット「フランス人は10着しか服を持たない」がおすすめの理由

以前から服が大好きで定価でも買うけれどセールになると、お得だと思ってたくさん服を買って満足していました。しかし、後からなんでこんな服買ったのだろうと後悔することも少なくありませんでした。この本を読んで本当に必要かを服だけでなく吟味して選ぶようになりました。また何か買うと何かを捨てようと心がけるようになりました。安い物が駄目なわけではないけれど良いものを長く使えるような物を選ぶようにもなりました。またフランス人はシンプルな生活をしていて、それが様になるというかお手本になることばかりでした。買ったのは3年前なんですが、何回も読み直している程重宝しています。自分の理想のスタイルを築くのは時間がかかるけれど、マダムシック一家のような生活が私にとって理想的だったので参考になることばかりでした。少しずつでも近づけれるようになりたいと強く思ったお気に入りの本です。(20代女性)

この本を読むことによって、毎日の暮らしをもっとより良い暮らしにしたいと思えるようになります。また、物や時間の大切さも実感することができ読み終わった時に、すぐにでも自分の生活を改めてみようと思わせてくれる1冊です。(20代女性)

この本を読んでから服の整理をすることに成功したので、特に女性におすすめです。暮らしの質を高めるコツがつまってます。生活を少し変えるだけで、何が大切で必要なのか意識が変わり自分も高まっていくのを感じれます。(30代女性)

広い家でなくても、一流の家具がなくても毎日を特別な日のように過ごす。ということをテーマに書かれています。フランス人のマダムの生活を見習い、シックで不思議な魅力を纏う為に必要な方法が書かれています。日常のちょっとした工夫で毎日が輝いて見える。そんなふうに思える本です。(30代男性)

 

 

3.やましたひでこ「断捨離」

 

整理術に関する本 やましたひでこ「断捨離」がおすすめの理由

ただの整理術ではなく心の問題を解決するのを目的とした整理術です。本に書いてある通り、物を捨ててみたら今まで困難だったことが呆気なく解決してしまいました。今まではもったいなくて、物が捨てられない私でしたが、筆者によれば、物に埋め尽くされた自分の空間はもったいなくないのか?使いもしないものを、存在すら忘れてしまったものをとっておくのは愛着ではなく執着だと言い切っています。この執着が物事がうまく運ばない理由だったのです。実行してみればわかります。人生が変わる本です。(50代女性)

片付けをしたいと思いつつ、行動に移せないという人間を、わかりやすくやる気にしてくれる。なぜ片付けをしたほうがよいのか、するとどんないいことがあるのかを説明することでやる気になり、実践でさらにすっきりさせてくれる。(30代女性)

今まで私は物を捨てることが出来ず、どうしても手放せないことが多かった。そのため部屋が汚くなることが多く、床が見えないこともしょっちゅうであった。だがこ本を読んだことで捨てる勇気が湧き、あっという間に部屋を片付けることが出来た。私のように汚部屋で悩む10代女性は多いと思うのでこの本を勧める。(10代女性)

ものが溢れている私の部屋。きれいに保とうと片付けに取られるる時間が本当にストレスでした。この本が流行っていると聞いたときは、読んだ所で変わらない。と思っていたのですが、なんだか、部屋にあるほとんどのものが、不要に思えどんどん捨てれました。部屋にものが増えてきたら、この本を読みテンションを上げどんどん捨てていけます。(30代女性)

 

 

4.佐々木典士「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」

 

整理術に関する本 佐々木典士「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」がおすすめの理由

モノが溢れかえることで、自分は何が必要で何が不必要なのか分からなくなっていく。そんな時にこの本を読むと、今の自分は何が必要なのかを教えてくれるからです。断舎離しようと思ってもなかなかできず、何を捨てればいいか迷ってる時に読めばスッと心が整理されて次に何をすればいいか教えてくれる本です。(20代女性)

必要最低限のモノだけで生活するミニマリストという生き方を紹介している本です。ミニマリストと聞いて変人だと思っていた自分の価値観が根底から覆されたとても面白く、興味深い本です。人間はモノでできていないことを再確認でき、生きるのが少し楽になる本なのですごくおすすめです。(20代男性)

とにかく人生観が変わりました。これまでモノをためて、ためて、どこになにがあるか把握できてないのに、またモノを増やして、としていたわたしには衝撃でした。これから断捨離したい、部屋を片付けたい、でもどうしていいかわからないひとにおすすめです!(30代女性)

 

 

5.舛田 光洋「3日で運がよくなる「そうじ力」」

 

整理術に関する本 舛田 光洋「3日で運がよくなる「そうじ力」」がおすすめの理由

「3日」と「運がよくなる」に魅かれて読んでみた。長期戦は気がひけるが、3日間ならできそうという気にさせてくれる本。運気が悪い人は換気をせず、水回りが汚い。掃除することよりも、まずは換気をすることを心掛ければ自然と片付いていきそうな気がする。(40代女性)

私は専業主婦なのに掃除が嫌いです。掃除に取り掛かれば何時間も出来るのですが、掃除に取り掛かるまでになかなか腰が上がりません。そして掃除をしても汚れがちゃんと落ちなかったりすると嫌になります。しかしこの本の通り掃除をすると楽しく掃除が出来てやる気が出ました。良い事がありそうな気もします。(40代女性)

 

 

6.Emi「OURHOME~子どもと一緒にすっきり暮らす~」

 

整理術に関する本 Emi「OURHOME~子どもと一緒にすっきり暮らす~」がおすすめの理由

子育てをしながら工夫してセンスの良い暮らしを心がけるEmiさんの整理術は私の理想です。写真が多く、字も読みやすく、必要なものにだけ囲まれて快適に生活できるノウハウが載っており、家が散らかってきた時はこの本を読んで気合をいれなおしています。(30代女性)

整理術と一言で言っても、100人いたら100通りの整理術があって、正直どれが正解かがない中、Emiさんのこの本は気軽なお手本をたくさん載せてくれていて、実践しやすいことところが助かる。しかもどれもスッキリとお洒落で真似したくなる。(40代女性)

 

 

7.yukiko「ほんとうに必要なものしか持たない暮らし Keep Life Simple!」

 

整理術に関する本 yukiko「ほんとうに必要なものしか持たない暮らし Keep Life Simple!」がおすすめの理由

ブログの月間PVが838万という人気ブログが1冊の本になりました。自宅を綺麗にキープする方法やお勧めグッズなどが紹介されています。紹介されている日常の工夫で難しいことは一切なく、ミニマリストというほどストイックでもない。そんな誰でも出来るようなことが書いてあり、とても参考になります。(40代女性)

トップブロガーのyukikoさんの本で、タイトルの通り本当に必要なものを選びシンプルに暮らしてらっしゃる様子がよく分かる1冊です。冷蔵庫、洗面所、クローゼットなど、あらゆる箇所の整理術を公開されていて、とても綺麗に整理整頓されている様子が写真で掲載されていて、分かりやすくどれも真似したくなるものでした。yukikoさんのブログを見ていた方は、より詳しくシンプルライフを見て知ることが出来ますし、初めての方でも充分に楽しめる本だと思います。(30代女性)

 

 

8.yuki「幸せな「おうち時間」はじめました」

 

整理術に関する本 yuki「幸せな「おうち時間」はじめました」がおすすめの理由

家の中を綺麗にしたいと思っている方にとてもオススメの1冊です。まず私が注目したのはオールカラーでとても見やすかったことです。真似してみたいと思う整頓術がたくさん書かれていました。実際私も主婦になり共感する部分が多くあり悩みを一緒に解決してくれる本でもあるなぁと感じました。ぜひ主婦の方に読んで頂きたい1冊です。(30代女性)

有名なインスタグラマーさんの出された本です。専業主婦をされてた時にずっと家にいる時に社会から置いていかれてる気がされてたらしく、その時に家を好きになるようにと自分で色々工夫されて住みやすく家にいるのが楽しくなるような家にされたということです。整理術、掃除の仕方、料理の作り置きなど。真似したくなるようなことが沢山書いてあります。(40代女性)

 

 

9.長谷部誠「心を整える。」

 

整理術に関する本 長谷部誠「心を整える。」がおすすめの理由

私はサッカーをしていて、長谷部誠という選手が大好きです。なので、とにかく読んでみようと買ってみました。読み進めて行くと、とてもためになるようなことが沢山書いてありました。例えば毎日夜寝る前に無の時間を作るということ。これをすることによって次の日への切り替えがうまくできるという。無になるというのはとても難しいことですが慣れていくと意外とできるようになります。このような心を整えるうえでやってみたいなと思うことが沢山書いてあるのでおススメです(20代男性)

多忙な人に向けた1日に一度心を落ち着けて整えようといったメッセージが込められた本の内容です。自分はこの本を読んでからこの、心を整えるという行動を毎日行なっています。すると、一日にあったことが整理され、今何をすべきなのがはっきり見えてきます。なのでおススメです。(20代男性)

 

 

10.メンタリストDaiGo「人生を思い通りに操る 片づけの心理法則」

 

整理術に関する本 メンタリストDaiGo「人生を思い通りに操る 片づけの心理法則」がおすすめの理由

片付けにおいて、知っておくとやる気が出る心理の法則がわかりやすく書かれているのでおすすめです。捨てる時に自分に問いかける質問も十数種類載っており、実際の整理整頓の際に役立っています。また片づけにおけるモチベーションも上げてくれる一冊です。(30代女性)

今まで、片付けや断捨離の本は数多く読んできましたが、これほど、片付けたい気持ちが高まる本はありませんでした。片付いていないということが、いかに無駄に繋がっているか、よくわかる本です。読んでいる端から片付けをしたくなる、まさに深層心理に効く本でした。(50代女性)

 

 

11.近藤麻理恵「毎日がときめく片づけの魔法」

 

整理術に関する本 近藤麻理恵「毎日がときめく片づけの魔法」がおすすめの理由

物を大切にするという心がけの気持ちが書かれています。日本人特有のもったいない!精神!そして、役目を終えた物たちへの感謝の気持ち。そして、お別れ。読むとかならず、片付けが好きになれます。整理整頓が好きになれます。(30代女性)

まず、私自身が片付けが苦手で物欲も高く物であふれかえってました。断捨離が今の私のブームになっているのですがやり方が分からなかったんですがこの本を読むと自分の部屋をときめくことができる部屋に出来たり、物の大切さに気付かされたりします。捨てる順序や片付けの方法が書かれているので、片付けの仕方がわからない方にとっては教科書になるのではないかと考えます。読みやすくてすぐ実践してみたくなる本です。(30代女性)

 

 

12.すはらひろこ「1行片づけ術」

 

整理術に関する本 すはらひろこ「1行片づけ術」がおすすめの理由

整理整頓の本は何冊か読みましたが、これは本当に読みやすくて、かつ取りかかりやすかったです。絵がかわいくて、文章も簡単で押しつけがましくなく、読んでると片づけしたくなってくる感じ。1日にたったこれくらいなら、私でもできる、というか、私ならもっとできるんじゃないの?と上手く乗せられてしまいます。おすすめです。(40代女性)

 

 

13.尾崎友吏子「3人子持ち 働く母の モノを減らして家事や家計をラクにする」

 

整理術に関する本 尾崎友吏子「3人子持ち 働く母の モノを減らして家事や家計をラクにする」がおすすめの理由

物欲を否定するわけではないけれど、物を持たないってこんなにも居心地がいいんです。もちろん欲しい物はたくさんあるけれど、買う物、店頭で見るだけで充分な物、選べるようになりました。子供も、おもちゃはこの箱に入るだけと分かっていて、おねだりがなくなりました。(30代女性)

 

 

14.晋遊舎「LDK」

 

整理術に関する本 晋遊舎「LDK」がおすすめの理由

お部屋の収納術や化粧品のランキング、日用品のランキングなど主婦や女性には参考になる情報ばかりが掲載されている雑誌です。毎月色んな内容で試した結果どうだったかをランキングにしてくれてたりするので見るのも面白いです。(20代女性)

 

 

15.加藤郷子「あえて選んだせまい家」

 

整理術に関する本 加藤郷子「あえて選んだせまい家」がおすすめの理由

物を整理しても、すぐに散らかってしまうことに悩んでいましたが、本当に必要な物の量、家の広さを改めて考えさせられる一冊でした。あえてせまい家を選ぶことで、様々なメリットがあることを知り、その暮らしを真似したくなりました。(20代女性)

 

 

16.ごんおばちゃま「あした死んでもいい片づけ 家もスッキリ、心も軽くなる47の方法」

 

整理術に関する本 ごんおばちゃま「あした死んでもいい片づけ 家もスッキリ、心も軽くなる47の方法」がおすすめの理由

人生の最期を迎えるにあたって、残される家族のための実践的な片付け方法が紹介されている1冊です。毎日の生活の中で家の中の整理整頓を心掛けていくことによって、精神的なプレッシャーからも解放されていくところが参考になりました。(30代男性)

 

 

17.高嶋美里「あなたの1日を3時間増やす「超整理術」」

 

整理術に関する本 高嶋美里「あなたの1日を3時間増やす「超整理術」」がおすすめの理由

どうしたら無駄な時間が有効な時間に変わるかがこの本に詰まっています。時間を整理できる方法が詳しく書いてあるので初めての人でも読みやすいと感じました。この本を読んで時間の使い方が学べたりするのでおすすめです。(20代女性)

 

 

18.井形慶子「イギリス流捨てない暮らし」

 

整理術に関する本 井形慶子「イギリス流捨てない暮らし」がおすすめの理由

日本では家に物があふれかたずける事が困難になり、断捨離などと騒がれています。かたずける作業はとても頭を使うことだと私は考えていますが、このイギリス流捨てない暮らしを読んで、新たな発見が有りました。古いものを生かして使いお金をかけずに楽しんで服や住まいを素敵に飾る。そこには物を大切に扱う精神があるのではないかと思いました。何でもお金をかけてたくさんの物を持ち困るよりも良い管理のしかただと思いました。暮らしの工夫として是非読んで欲しい一冊です。(60代女性)

 

 

19.近藤麻理恵「イラストでときめく片づけの魔法」

 

整理術に関する本 近藤麻理恵「イラストでときめく片づけの魔法」がおすすめの理由

片づけ名人で米タイム誌でも世界の100人に選ばれたこんまりちゃんこと近藤麻理恵さんの片づけメソッドがイラストとともに見開き1テーマでぱっとわかる本。読みやすい文章とかわいいイラストで片付けが苦手な人でも少しずつ始めやすいし、この本を読んで部屋と自分をときめかせよう!という気分になれる。(40代男性)

 

 

20.新星出版社編集部「オトナ女子の整理術」

 

整理術に関する本 新星出版社編集部「オトナ女子の整理術」がおすすめの理由

大人女子のための整理術。 ちょっとした小物から手紙や書類のことまで幅広く紹介されています。 色んな意味での整理、確かに大事ですね。 ある意味断捨離のような。 時間の無い女性は賢く生きなくてはいけないのでこの本を参考身の回りも整えようと思います。(40代女性)

 

 

21.日経WOMAN別冊「お金が貯まる!スッキリが続く!片づけ&捨て方」

 

整理術に関する本 日経WOMAN別冊「お金が貯まる!スッキリが続く!片づけ&捨て方」がおすすめの理由

片づけ上手な人の実際の部屋の写真を詳しく載せてくれているので、分かりやすいし参考にしやすいです。また、書類やバック、靴など、アイテム別の捨て方ガイドがあり、断捨離や収納の意欲が湧きました。整理整頓が苦手な人にもチャレンジしやすい方法がたくさん書いてあるので、多くの人の生活に役立つ本だと思います。(30代女性)

 

 

22.『PHPくらしラク~る♪』編集部「お金に愛される! 幸せがやってくる! すっごい掃除・捨て方・片づけ方 (PHPくらしラクーる♪Special Book)」

 

整理術に関する本 『PHPくらしラク~る♪』編集部「お金に愛される! 幸せがやってくる! すっごい掃除・捨て方・片づけ方 (PHPくらしラクーる♪Special Book)」がおすすめの理由

物質なことばかりではなく、人間関係においても教えを解いています。 有名なメンタリストの言葉もあるので必見ですよ。 開運方法の一つとしても整理整頓してみるといいかも。 運気が上がったか、実感はありませんが綺麗に片付くとテンションは上がります。(40代女性)

 

 

23.松本圭介「お坊さんが教える心が整うそうじの本」

 

整理術に関する本 松本圭介「お坊さんが教える心が整うそうじの本」がおすすめの理由

日本ならではの掃除の本。掃除方法は具体的にたくさん載っているわけではないけれど、掃除とはどういうものなのかを知るのに良い本。読んだ後は、掃除をしようという気持ちとお寺に行きたいなという気持ちになります。ふとした時に読み返したくなります。(30代女性)

 

 

24.カレン・キングストン「ガラクタ捨てれば自分が見える」

 

整理術に関する本 カレン・キングストン「ガラクタ捨てれば自分が見える」がおすすめの理由

ガラクタを溜めると人生が停滞してしまうという整理術、断捨離の本ではあるのですが、面白いのはガラクタの定義です。使わないものだけがガラクタではないということに目からウロコでした。それらを手放すことで人生が上手く回り出すという話にとても説得力があります。(40代女性)

 

 

25.井上裕之「がんばり屋さんのための、心の整理術」

 

整理術に関する本 井上裕之「がんばり屋さんのための、心の整理術」がおすすめの理由

歯科医師であり、セラピスト、経営学博士と珍しい経歴を持っている著者にまず驚きました。歯の痛みと心の痛みを治療してくれる事も有って、北海道帯広まで訪ねてくる、人もいるくらい人気のある先生です。日本人は良く使う「がんばれ」の言葉に、疲れてしまっている人が多いのではないでしょうか?がんばり屋さん自身が優しい言葉かけを自分にし、心の中の痛みを柔らげて解放してくれる本です。(60代女性)

 

 

26.小西紗代「さよさんの片づけが大好きになる収納教室」

 

整理術に関する本 小西紗代「さよさんの片づけが大好きになる収納教室」がおすすめの理由

キッチンの収納や空間を利用する収納術が役に立ちました。定期的に不要なものがないかもチェックするようになり、家計も支えてもらってます。また、片づけをすると心も晴れやかになりこの本のおかげだと思いました。整理整頓清掃をするようになってからいいことばっかりです。(20代女性)

 

 

27.Emi「スチールラックのすごい収納」

 

整理術に関する本 Emi「スチールラックのすごい収納」がおすすめの理由

ホームセンターに売っているような地味なスチールラックが工夫次第でいろんな使い方があるのを知ることができます。納戸の中で整理するするために使うのではなく、見せる収納としてお洒落に使えるのは感動的なほど。整理収納に興味がある方にお薦めしたい本です。(40代女性)

 

 

28.大上岡トメ「スッキリ」

 

整理術に関する本 大上岡トメ「スッキリ」がおすすめの理由

身の回りの整理だけでなく、心も体もいらないものをそぎ落として整理する技を紹介している。日々の中で溜まっていくいらないものをスッキリさせる方法は、今日から実践できるものばかり。少しの習慣の変化で上手に整理できることを実感できる。(30代女性)

 

 

29.マリリン・ポール「だから片づかない。なのに時間がない。」

 

整理術に関する本 マリリン・ポール「だから片づかない。なのに時間がない。」がおすすめの理由

この本は、やってみよう!という具体的なワークを散りばめており、自分に置き換えて考えやすく作られています。私は読み始めから、その通り!と共感することが多く、ちょっとした実践をやるうちにちょっとずつ部屋も自分の気持ちも整理することができました。(30代女性)

 

 

30.小松易「たった1分で人生が変わる片づけの習慣」

 

整理術に関する本 小松易「たった1分で人生が変わる片づけの習慣」がおすすめの理由

片づけが苦手で整理整頓したくて買いました。字がそこまで多すぎずに簡単に読めて、片づけをすることの効果、片づけの基本とコツ、片づけの習慣化が書いてあり、とても分かりやすかったです。自分でも実践できることが多く、早速、次の日から片づけの習慣化を始めました。物が溜まってくると何度も読んでます。(30代女性)

 

 

31.オダギリ展子「デスクワーク整理術」

 

整理術に関する本 オダギリ展子「デスクワーク整理術」がおすすめの理由

デスク回りをかたずけて仕事がスピーディーに片付きます。 使い勝手一つで時短になるので事務職の人はかなり参考になると思います。 解っていることでもおざなりになっていることもありました。 あとは続けていく事が大切ですよね。(40代女性)

 

 

32.門倉多仁亜「ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣」

 

整理術に関する本 門倉多仁亜「ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣」がおすすめの理由

写真もおしゃれで途中にはお料理のレシピまで載っています。忙しいなぁ、頭が整理されていない感じがするなぁと感じている人にオススメです。どうやったらスッキリ暮らすことが出来るのかのヒントになると思います。(20代女性)

 

 

33.小林尚子「とことん使える!無印良品」

 

整理術に関する本 小林尚子「とことん使える!無印良品」がおすすめの理由

無印良品の商品の売り込みか?と思いきや、自分が何を大切にして生きていきたいかを考えさせる一冊である。自分の部屋を見渡し、考えて生きていない事に、貴方も気づくはず。無駄なもを手放し、一番大切なものに囲まれること、想像したら整理したくてじっどしていられませんよ!(40代女性)

 

 

34.鴨下一郎「ひとつ「捨てると」人生がひとつ「楽になりる」」

style=border:none

整理術に関する本 鴨下一郎「ひとつ「捨てると」人生がひとつ「楽になりる」」がおすすめの理由

題名にも惹かれましたが、本の中の面白い表現にも惹かれました。人生がストレスにより「循環不完全」になっているときは「物メタボ」、「情報メタボ」、「心のメタボ」を改善し、余計な物は捨てて身を軽くすること、それが自分を活性化させることだといっています。本当にそうだなと思いました。ため込みすぎると重くなるのですから、捨てる作業は大事な事です。人生が楽になるなら言うことなしです。お勧めな本です。(60代女性)

 

 

35.瀬尾香織「みるみる貯まる!お金ノート術」

 

整理術に関する本 瀬尾香織「みるみる貯まる!お金ノート術」がおすすめの理由

なかなか、貯金が思うようにできず、家計簿をつけてみよう!と思ったものの、どうやって書いたらいいか分からず、三日坊主になる前にすぐに断念してしまいました。この本は、家計簿という枠組みだけでなく、オリジナリティのノートで家計簿を楽しく書いていきます。いろいろ紹介してあるので、自分に合った書き方が見つかるかもしれません。参考になります(30代女性)

 

 

36.本田さおり「もっと知りたい無印良品の収納」

 

整理術に関する本 本田さおり「もっと知りたい無印良品の収納」がおすすめの理由

実際に著者が自宅で愛用している商品が写真と値段付きで紹介されていて、それがどのように使われているかがすごく分かり易く、なるほどこういう使い方があったのかと発見することができました。どれも簡単でちょっとしたことなので、整理が苦手な人でも真似出来ることが見つかると思います。(30代女性)

 

 

37.梶ヶ谷陽子「やせる収納」

 

整理術に関する本 梶ヶ谷陽子「やせる収納」がおすすめの理由

単なる整理術・収納術の本ということではなく、それを通じてやせることにつなげるという視点が新しい。やせることと片付けることの共通点をふまえ、それをタイプ別に紹介することで様々な人に対応している。また、防災のことを想定した収納などについても記載されているため、災害の多い今の日本に適した内容にもなっている。(20代女性)

 

 

38.李家 幽竹「悪運をリセット! 強運を呼び込む!! おそうじ風水」

 

整理術に関する本 李家 幽竹「悪運をリセット! 強運を呼び込む!! おそうじ風水」がおすすめの理由

分かりやすい内容で、ここをキレイにすれば運気が上がるから是非やってくださいという内容がずっと書いてあるだけですが、私は読み終える前に、ここもここもと次々に掃除していきました。読み終えてからまだ2、3日しか経っていませんが、少しずつスッキリしてきましたし、整理整頓をしてゴミになったり売ったり大忙しです。借りて読んだので、自分の手元に置いておきたいので購入したいと思える位、私にとっては最高の本です。(40代女性)

 

 

39.今関信子「永遠に捨てない服が着たい」

 

整理術に関する本 今関信子「永遠に捨てない服が着たい」がおすすめの理由

自分が母になってこんなにもお金がなく、安くていいものを長く使いたいという気持ちになります。洋服のありがたさ、エコに使う方法、とてもためになります。主婦の方にオススメ!これを読んだら少し気持ちが変わりました(20代女性)

 

 

40.佐藤よし子「英国スタイルの家事整理術」

 

整理術に関する本 佐藤よし子「英国スタイルの家事整理術」がおすすめの理由

結婚し、初めて手にした家事整理術の本でした。 実践しやすく、かつ作者の方の柔らかな文章がとても心に心地よい本かと思います。日々の生活を豊かにする家事整理術が新米主婦はもちろん、なんとなく家事を我流でこなしてきている主婦にも役立つ内容かと思います。(40代女性)

 

 

41.入江久絵 旺文社「学校では教えてくれない大切なこと1 整理整頓」

 

整理術に関する本 入江久絵 旺文社「学校では教えてくれない大切なこと1 整理整頓」がおすすめの理由

毎日毎日片づけてもすぐ散らかされてしまい、いつも子供を怒っていましたが、親の私が口うるさくいっても結局聞く耳を持たないので、この本を読ませることにしました。この本は漫画になっているので読みやすく、また整理整頓の習慣化がどれだけ大切なものかを子供自身が知ることができ、大変参考になりました。(30代女性)

 

 

42.枡野俊明「限りなくシンプルに、豊かに暮らす」

 

整理術に関する本 枡野俊明「限りなくシンプルに、豊かに暮らす」がおすすめの理由

あえて、取りにくい場所に物を置く。毎日買い物に行く。ひと手間かけることで、物のありがたみが身に染みてわかる。そして、運動にもなる。物を大切に扱うようになる。物を消費しなくても楽しめることに、たくさんの人に気付いて欲しい。(30代女性)

 

 

43.佐藤可士和「佐藤可士和の超整理術」

 

整理術に関する本 佐藤可士和「佐藤可士和の超整理術」がおすすめの理由

”デザイン”という大きなくくりの勉強を始めた時に、教えていただく先生から与えられた一番最初の本でした。私は、「あれも」「これも」と、欲張ってしまう性格、思考であったことから、まずは無駄を省くこと、自分の頭の中で描いている考え、アイデアを整理し、一本の串で貫くようなイメージを、徹底的に鍛える必要があったからです。 アイデアがたくさんあることはいいことですが、それはカオスな状況を自分自身で作ってしまうということ。それらを無くし、シンプルで簡潔なデザインを行えるように心がけるには、この本がとてもおすすめです。 佐藤可士和氏が、なぜ今や日本を代表するデザイナーになったか、その秘密も隠されている本ではないかと感じます。(20代女性)

 

 

44.中谷彰宏「仕事ができる人の時間の使い方」

 

整理術に関する本 中谷彰宏「仕事ができる人の時間の使い方」がおすすめの理由

ものを捨てるとスピードがあがるという仕事にも家庭の家事でも役立つことが色々かかれていて、本当にそう思うと共感させられてしまうことが書かれています。実際に私も物を捨てる習慣を身に付けることでストレスが少なくなりました。(40代女性)

 

 

45.梶ヶ谷陽子「子どもがいてもできるシンプルな暮らし」

 

整理術に関する本 梶ヶ谷陽子「子どもがいてもできるシンプルな暮らし」がおすすめの理由

新居に引っ越すため収納を見直したく思い、手に取りました。著者は2児の母であり、ワーキングマザーです。自分の家事が楽になるような工夫や子どもが自分からお片付けできるような工夫、散らからないような収納のヒントなどすぐに真似できそうなコツが満載でした。リビングやキッチン、浴室や寝室など場所ごとに説明があり分かりやすく、著者のご自宅の写真も多く参考になりました。収納グッズやお手入れに使うものなどに無印良品の商品が多く(というかほとんど無印良品です)、シンプルで実用的なのだろうと思いましたが、もう少し他の商品の紹介もあればいいのにと思いました。子どもへの安全の配慮、衛生面などとても気にされているようでそこも参考になりました。小さいお子さまがおられる方には特にオススメです。(20代女性)

 

 

46.外山滋比古「思考の整理学」

 

整理術に関する本 外山滋比古「思考の整理学」がおすすめの理由

だいぶ昔に書かれた本ですが、私はこの本に書かれた方法で情報や自分の考えたことをまとめています。インターネットで情報を検索する時代だからこそ、情報を自分のものにするには一度反芻する必要があると思います。思考が整理できれば、紙や本など自分の持っているものも整理ができるようになります。この本を読んで、ステップバイステップで整理を練習するといいかもしれません。(40代女性)

 

 

47.オダギリ展子「事務ミスがない人の図解整理術」

 

整理術に関する本 オダギリ展子「事務ミスがない人の図解整理術」がおすすめの理由

タイトルにあるように、整理術が図解されているので、大変分かりやすく、読みやすいです。デスクワークをされている方なら、基本的ながらも目から鱗の、明日の出勤から試してみたいと思うような整理術が、たくさん詰まっています。(30代女性)

 

 

48.四角大輔「自由であり続けるために 20代のうちに捨てる50のこと」

 

整理術に関する本 四角大輔「自由であり続けるために 20代のうちに捨てる50のこと」がおすすめの理由

普段の生活や人生を生きているうちにたくさんのことを抱えて生きていきます。例えば、自分は他人からどう思われているだろうと考えた時、そんなことはどうでもよくて自分はどうしたいのか。それをすることで他人がどう思っても関係ないよね。っていうことを改めて教えてくれます。20代でなくても30代でも読んで欲しいと思います。普段、思い込みの中で生きているのは間違いだということを教えてくれる本なのでオススメです。(30代男性)

 

 

49.枡野 俊明「心配事の9割は起こらない―――減らす、手放す、忘れる「禅の教え」」

 

整理術に関する本 枡野 俊明「心配事の9割は起こらない―――減らす、手放す、忘れる「禅の教え」」がおすすめの理由

不安で夜も眠れないという人が多いようですが、その原因である心配事は、ほとんど実際に起きることはないと、この本は言います。それは、禅の教えからのもので、これを学ぶことで、平常心を保つことができ、不安から解放されるでしょう。(50代男性)

 

 

50.pha「人生にゆとりを生み出す 知の整理術」

 

整理術に関する本 pha「人生にゆとりを生み出す 知の整理術」がおすすめの理由

ただの整理術の本ではなくて、またニートのめんどくさがりの人が書いているというところに魅力を感じました。内容もなんとなく楽しくやるなど無理に頑張らずにでも今までとは違う自分になれそう!と思える内容でした。(10代女性)

 

 

51.やましたひでこ「人生を変える断捨離」

 

整理術に関する本 やましたひでこ「人生を変える断捨離」がおすすめの理由

極端ではないですが、どちらかと言えばものを捨てずに取っておく性格で、整理整頓も得意ではありません。この本を読んでから、考え方が変わりました。不必要なものはすぐに捨て、捨てるか取っておくか悩むくらいのものは捨てるようになりました。そうすると大切なものが少しずつ見えてくるように感じます。部屋が汚いのは、頭の中が整理出来てないのとイコールなんだと思います。読むことによっていい方向に考え方が変わるおすすめの一冊です。(30代女性)

 

 

52.本多さおり「赤ちゃんと暮らす~収納・家事・スペースづくり・モノ選び」

 

整理術に関する本 本多さおり「赤ちゃんと暮らす~収納・家事・スペースづくり・モノ選び」がおすすめの理由

写真がたくさんあって、時間がない時でもサクッと読むことが出来ます。特に気に入っているのは、各月齢毎のお子さんの成長がまとめて載っているコーナーです。その時々の部屋のレイアウトや家具のこだわりなどについても書かれていて、大変参考になります。(30代女性)

 

 

53.飯田久恵「誰も教えてくれなかった整理・収納108のヒント」

 

整理術に関する本 飯田久恵「誰も教えてくれなかった整理・収納108のヒント」がおすすめの理由

収納カウンセラーの方が書いたもので、とても実用的で分かりやすいです。項目順に載っているのですが、まずキッチン、リビング、ダイニングなどの場所別に書かれていて、次に収納するモノ別になっていて動線で収納を参照出来ます。イラストも分かりやすく描かれているし、著者おすすめの収納道具まで記載されていて、いたれりつくせりの収納本です。(30代女性)

 

 

54.一田憲子「丁寧に暮らしている暇はないけれど。」

 

整理術に関する本 一田憲子「丁寧に暮らしている暇はないけれど。」がおすすめの理由

時間をかけずに、日々を豊かに楽しむ知恵が本いっぱいに書かれています。面倒くさがりの私でも…これならできるかな?という一田さんの暮らしぶりが垣間見れます。でもやっぱり丁寧に暮らしているなぁ。。。と思いました笑(50代女性)

 

 

55.舛田 光洋「悩みスッキリ!「そうじ力」バイブル」

 

整理術に関する本 舛田 光洋「悩みスッキリ!「そうじ力」バイブル」がおすすめの理由

舛田 光洋先生著作「そうじ力」シリーズのうちの一冊です。単なる「掃除・整理整頓」にとどまらず、掃除を通じて悩みや人生そのものが整理整頓されていくという、良い生き方の指南書です。Q&A方式で読みやすく、誰でもすぐに実践できる内容になっています。実際、この本を読んで掃除が習慣化しましたし、家族関係も良くなりました。(40代女性)

 

 

56.菅原洋平「脳内整理ですべてうまくいく!」

 

整理術に関する本 菅原洋平「脳内整理ですべてうまくいく!」がおすすめの理由

人間の脳には恐るべき潜在能力があると、昔から言われ続けています。それで、鍛えれば鍛えるほど脳は発達していくと思い勝ちですが、ただ闇雲に使えばいいというものではなく、脳の使い方にはコツがあると言います。(50代男性)

 

 

57.やましたひでこ「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」

 

整理術に関する本 やましたひでこ「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」がおすすめの理由

忙しい毎日を送っていると、物は増え、片付けは大掃除の時のついでにと、なかなか思うようにいかず、何から手をつけていいのか、もったいないと思えば思うほど捨てることができず悩んでいたところ、ブームになっていた断捨離。考え方、物の見方を変えることで、物も大切だけど時間や心の余裕が大切だということに気づけた点。(60代女性)

 

 

58.岩崎夏海「部屋を活かせば頭が良くなる」

 

整理術に関する本 岩崎夏海「部屋を活かせば頭が良くなる」がおすすめの理由

整理術の本は良く出ていますが、タイトルにあるように「部屋を活かせば頭が良くなる」という題名にまず驚きです。部屋をかたずけ自分の空間を作り出すことは、頭が良くなるというのですから、誰もが実行したくなるはずです。部屋を整理することは、頭を使うことですので、わかるような気がします。気楽に読める本です。(60代女性)

 

 

59.地曳いく子「服を買うなら、捨てなさい」

 

整理術に関する本 地曳いく子「服を買うなら、捨てなさい」がおすすめの理由

洋服の整理術についての本はたくさんありますが、この本は文庫化されたものもあるので、サイズ的にも持ち運びしやすく、片付けようして本を買ったとしても無駄な場所をとりません。また、女性の洋服に対する気持ちに理解を示したうえで、整理のポイントが書かれており、その他にもおしゃれとは何か、女性として美しく生きることにもつながる考えが書かれているため、片づけを通して大人の女性としてレベルアップできる秘訣がわかりやすく書いてあるため、年代問わず多くの方に読んでもらいたいと思います。(20代女性)

 

 

60.伊東勇司「片づけは「捨てない」ほうがうまくいく」

 

整理術に関する本 伊東勇司「片づけは「捨てない」ほうがうまくいく」がおすすめの理由

整理というと断捨離などものを捨てようとする本が多い中で、捨てなくて良いと言ってもらえて、気持ちが楽になります。今の生活の中で、まずは1ヵ所綺麗な状態を保つことからスタートしたり、これなら出来るかもしれないと思える本でした。(30代女性)

 

 

61.本多さおり「片付けたくなる部屋づくり」

 

整理術に関する本 本多さおり「片付けたくなる部屋づくり」がおすすめの理由

二人暮らしの古い2kアパートを普通の働く女性が無印良品などの手の届く価格の家具で暮らしやすい部屋づくりを紹介しています。物が散らかるのは片付けが億劫になる配置になっているから、本書では筆者の自宅を例に生活する動線に合わせて物が置かれ、まさしく片付けが生活の流れに乗るようなっています。また、筆者自身がずぼらと自称されていることもあり、手順の一つ一つは簡単でめんどくさがりこそ真似しやすいかもしれないです。整理術やインテリアの本は数ありますが、普段の暮らしを少し過ごしやすくできるそんな本です。(30代女性)

 

 

62.小松 易「片付けルール」

 

整理術に関する本 小松 易「片付けルール」がおすすめの理由

自分の性格タイプを見つけてルールを作り、ゆるくルールに従って片付けをするという本です やらなきゃ!と思うと何故か出来ない片付けが自分を信じゆるく作ったルールで気づけば不思議と習慣化出来てる片付け方法は目からウロコでした!(40代女性)

 

 

63.梶ヶ谷陽子「無印良品の整理収納」

 

整理術に関する本 梶ヶ谷陽子「無印良品の整理収納」がおすすめの理由

女性に人気の整理収納アドバイザーの本で、スッキリ読みやすいです。片付けのヒントやコツが盛り込まれていて、片付けや整理整頓が苦手な人にもハードルが低いです。部屋をなんとかしたい人にはおすすめの一冊です。(30代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました