「時間管理・時間術」に関する本おすすめ58選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの「時間管理・時間術」に関する本

 

1.メンタリストDaiGo「自分を操る超集中力」

時間管理、時間術に関する本 メンタリストDaiGo「自分を操る超集中力」がおすすめの理由

自分では見えない心の裏側から集中力を鍛えることが出来ます。仕組みさえ分かれば、集中力が無いことは自分が悪いってことじゃないということが分かります。効率的に時間を使うことが出来るので、おかげさまで毎日が楽しいです。(30代女性)

自分自身のエネルギーをなるべく消費させないことが、集中力に繋がると説いている。1.選択肢を増やさない→洋服のコーディネートでさえも、考えることに労力を使うので、ある程度の組合せを決めておくとよい。2.すぐできることは直ちにやってしまう→「あれ、やらなきゃ」といつまでも思っているだけで、エネルギーは消費している。すぐにやってしまえば、ずっと気にしている必要はないので、ストレスが減る。(50代女性)

以前テレビによく出演していたメンタリストDaiGoさんが書いた本ですが、タイトルのとおり集中力を高め大きな効果を生み出す内容の本です。本を手にとってもすぐに眠気がきたりスマホをいじったり集中力のない私も、この本は吸い込まれるように短時間で完読してしまうほど面白い本です。(20代男性)

メンタリストとして有名な著者が、高い集中力を生み出すコツについて書いた本です。集中力がない、気が散りやすいといった悩みを抱えた方にお勧めです。本書には、著者が長年研究し続けてきた高い集中力を生み出すコツや疲れをリセットする方法などが書かれてあります。この著書は漫画化もされていますので、活字が苦手な方はそちらもおすすめです。(20代男性)

社会人で働いていても仕事と勉強を両立させ、集中できるような具体的な方法が分かりやすく記載されていた。行動に対する科学的な根拠も載せられており納得でき、見やすいシンプルな図などでまとめられており読んでいて頭に入りやすい。今の生活を変えるための行動の参考になったため。(30代女性)

DAIGOさんの本は読者が分かりやすいように重要な部分に色が付けてあり、とても読みやすいので頭が悪い私でも理解できたなら。時間の効率的な使い方やどのようにしたら集中力を身につけられるかなど、とても参考になったから。(30代女性)

この本では、集中力の作り方がかかれています。集中力を切らさず物事に取り組むことができるようになるので、仕事や勉強がいまいちはかどらないと感じている方にはとてもおすすめです。結果的に時間管理にも繋がるのでビジネスマン必読です。(30代女性)

 

 

2.メンタリストDaigo「週40時間の自由をつくる 超時間術」

時間管理、時間術に関する本 メンタリストDaigo「週40時間の自由をつくる 超時間術」がおすすめの理由

心理学の知識に長けているメンタリストDaigoの著書で、心理学的アプローチから、時間不足に悩む私たちの時間感覚の歪みを正し、本来十分にあるはずの、自分の時間を取り戻すテクニックが沢山紹介されています。(30代女性)

今までの時間に関する認識がガラッと変わりる一冊です。まず時間に対する考え方が変わり、より効率的な時間の使い方ができるようになりました。タイトルの通り、いきなり40時間増やすことは難しいかも知れませんが、着実に時間は増えます。(20代女性)

よくありがちな時間術とは違った概念で時間を増やす方法を教えてくれる本です。そして日常生活の中で実践しやすい方法が豊富です。例えば、自然や可愛らしい動物の写真や動画を見るだけで、時間が増えるような感覚になれる、また、人に親切をすることにも同じような効果がある等。世界の研究に基づく内容なので信頼もできます。(30代女性)

時間が無いと感じる人は多いと思いますが、こうすれば自由な時間がつくれるという内容がとても分かりやすくかかれています。そもそも、なぜ時間が無いと感じるのかが書いてあり、これを読むことで時間をもっと有効に活用できます。(30代女性)

テレビ等でも良く出演している、メンタリストDaiGoさんの本で、心理学に基づきながら、時間の使い方や、後回しにしてしまいがちな人の対処法など、為になります。ちょっとした心がけで変えられる事が多く、これなら自分でもできる!と思えるものが多いです。(20代女性)

私達がいつも付き合いしてる時間というのは使い方次第で汚染された時間を生きていたのかがよく分かる本です。 なかなか時間が無いとか忙しい言ってて自分の時間が欲しいと思って読んでみたら自分が生きていた時間との付き合い方が違ってたり本当に時間の使い方を変えたい方におすすめしたい本だと思います。(20代男性)

普段から時間がない、忙しい等と考えてしまう人は数多いのではないかと思いますが、ほとんどがただの勘違いであったのだと気付かされる一冊です。その上で、いったいどのようにすれば正しい時間感覚が取り戻せるのか、解説を行っていきます。一番のおすすめのポイントは、その解説が科学的な根拠を持っているということです。そのため、本の内容を実践することで、実生活に良い影響を及ぼすことがかなり期待できます。(20代男性)

 

 

3.岡野純「マンガでわかる! 幼稚園児でもできた!! タスク管理超入門」

時間管理、時間術に関する本 岡野純「マンガでわかる! 幼稚園児でもできた!! タスク管理超入門」がおすすめの理由

複数の部下の業務効率の調整は非常に難しいのですが,決められた時間内にどこをどう削り,厚みを持たせるかを客観的に誰でもコントロールできるようになれる方法が書かれたタイムマネジメントの入門書です。こんなこと当たり前だということが書かれているが,実際にこの本を見ながらやってみるとスッキリと事が運ぶことも多いので,馬鹿にせず試してみたほうがいいと思う。(40代男性)

これまで習慣形成のためのタスク管理の必要性は、仕事をしながら重々感じてきたが、具体的にどうするかという点まで、細かく噛み砕いて解説したタスク管理本って、ここまでのものがあっただろうか?と思う非常に興味深い書籍でした。(40代男性)

この本はいかに毎日仕事を円滑にこなすことができるか、しかも考えなくていい方法で実践できる時間管理術が書いてあります。マンガでわかりやすいし、家族が主人公なので生活に密着しています。お子さんも実践できる簡単な方法も網羅していて、幅広い世代に受け入れやすい本です。(40代女性)

 

 

4.中島聡「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」

時間管理、時間術に関する本 中島聡「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」がおすすめの理由

仕事を効率的に進める具体的な方法はもちろん、家族や友達等との仕事以外の時間に対する目的意識や、それによって生まれるエネルギーの強靭さに納得出来ました。期限に余裕を持つことで生まれる心理的余裕や、そもそも何の為に仕事を早く終わらせたいのか、心理的な観点で説かれている書籍は珍しく面白かったです。(20代女性)

仕事には必ず期限があり、時間に追われる日々を送っているビジネスマンが多いのではないでしょうか。本書では仕事の進め方、時間の使い方についての著者独特のノウハウが述べられており、考え方を変えることで時間に追われなくなることがわかります。(50代男性)

 

 

5.堀江貴文「多動力」

時間管理、時間術に関する本 堀江貴文「多動力」がおすすめの理由

なぜ一般人は一般人のままなのか。ホリエモン節でどのように今のホリエモンになったのか書かれています。やりたいことをやる、時間の使い方を考える、普通に考えれば当たり前のことですが、改めて再認識させていただける一冊です。(20代男性)

まだまだ浸透していない現代人特有の一つの仕事を仕事をやり続けなければいけない美学の考え方を根本的に変えてくれる内容です。また、なんでも自分でやるのではなく、他人に任せることにより得られる成果についてもかかれています。(30代男性)

 

 

6.石田 淳「「生産性」をあげる技術」

時間管理、時間術に関する本 石田 淳「「生産性」をあげる技術」がおすすめの理由

仕事でチームが効率よく動くための大切なことが書かれています。1人ひとりのやり方をチームで標準化することや、劣後順位をつけること、部下を評価するときの良いやり方、生産性の高い職場で大事にされていることが細かく書かれています。職場で参考になることがたくさん書かれていると思います。(40代女性)

 

 

7.ジョンスヴィオクラ「10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか」

時間管理、時間術に関する本 ジョンスヴィオクラ「10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか」がおすすめの理由

超一流と呼ばれて、成功している人達が、日頃の何を考えて行動しているのかをこの本を読むことで学ぶことができる。起業を考えている人、今の仕事に満足していなくて、今後何をしたいか迷っている人にとっておすすめの本である。(20代女性)

 

 

8.ケビン・クルーズ「1440分の使い方 成功者たちの時間管理15の秘訣」

時間管理、時間術に関する本 ケビン・クルーズ「1440分の使い方 成功者たちの時間管理15の秘訣」がおすすめの理由

起業家やオリンピック選手など成功を収めた人々の時間管理術が書かれている本です。内容は当然のことばかりですが、時間という資源の大切さを再確認させられる内容となっています。この本は管理術の勉強にもなりますが、読み物としても面白い作品です。(30代男性)

 

 

9.センディル・ ムッライナタン,エルダー・ シャフィール「いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学」

時間管理、時間術に関する本 センディル・ ムッライナタン,エルダー・ シャフィール「いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学」がおすすめの理由

時間やお金の「欠乏」は欠乏する資源への集中や注意力を高める効果(集中ボーナス)がある一方、対象以外の、放置しても平気な重要だが緊急ではないことを先延ばしにしたり、無視させたり(トンネリング)させてしまう。 自分も生活の中で、トンネリングに陥らず、うまく集中ボーナスを引き出すためにどのようにしていけばよいのかを考えたいと思いました。(50代男性)

 

 

10.グレッグ・マキューン「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」

時間管理、時間術に関する本 グレッグ・マキューン「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」がおすすめの理由

最小の時間で最大の成果、というサブタイトルの通りで、自分がこの人生で、何をするのかを絞ること、何をしないかを決めることの大切さが書かれています。限られた人生の時間で最大の成果を得るために、ぜひ読みたい本の1つです。(50代女性)

 

 

11.菅原洋平「すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法」

時間管理、時間術に関する本 菅原洋平「すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法」がおすすめの理由

やろうと思っているのになかなか行動に移せないということはよくあることではないでしょうか。それは単なる怠け者だからということではなかったのです。作業療法士である著者が、数多くの臨床経験から導き出した理論を学ぶことができます。(50代男性)

 

 

12.小西 利行「すごいメモ」

時間管理、時間術に関する本 小西 利行「すごいメモ」がおすすめの理由

メモを取る作業というのは、どんな人でも、日頃当たり前の様に行なっております。ただメモを漠然ととるだけでなく、あるいくつかのポイントを押さえてメモを取ることによって、仕事のスピードだけでなく、楽しくそして新しいアイデアが生まれるという、なんとも画期的な内容です。ちょっとした工夫がビジネスで大きな効果をもたらすというすごい本です。時間管理にも有効です。(50代女性)

 

 

13.ジョシュ・カウフマン「たいていのことは2時間で習得できる」

時間管理、時間術に関する本 ジョシュ・カウフマン「たいていのことは2時間で習得できる」がおすすめの理由

自分が生きている中でどれだけ時間を無駄にしていたかが分かる。何事も頭を使ってやることの大切さもあるし自分にあてはめて読むことも出来て良い。何より良かったにはとても読みやすいこと。あまり本を読む機会のない私だがこの本には時間を惜しんでも読んだ。(20代男性)

 

 

14.小松易「たった1分で人生が変わる片づけの習慣」

時間管理、時間術に関する本 小松易「たった1分で人生が変わる片づけの習慣」がおすすめの理由

片づけが苦手な私でも、片づけをする気になりました。いっきに片づけをするのではく、毎日少しづつ片づけをして、片づけを習慣化することでリバウンドすることなく部屋が片づいた状態を維持できるようになりました。時間管理にも繋がると思います。(50代男性)

 

 

15.島原隆志「たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく」

時間管理、時間術に関する本 島原隆志「たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく」がおすすめの理由

会社の昇進試験でインバスケットを受けますが、コツや突破口を見つけたく、日本のインバスケット導入の礎となられた著者の本を手にしました。試験のインバスケット側からではなく、インバスケットの思考が仕事を変えるという内容が、目から鱗でした。(40代女性)

 

 

16.モニカ・ルーッコネン「マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方」

時間管理、時間術に関する本 モニカ・ルーッコネン「マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方」がおすすめの理由

自分の時間をとること、マイタイム。 その大切さを思い知らされる本です。 日本人は忙し過ぎです。 好き好んでそうしている訳ではないのですが、追われてしまいますよね。 どうにかして自分の時間を作りたい。 そう思える一冊です。(40代女性)

 

 

17.フランクリン.コヴィー.ジャパン「まんがでわかる七つの習慣」

時間管理、時間術に関する本 フランクリン.コヴィー.ジャパン「まんがでわかる七つの習慣」がおすすめの理由

この本のオススメの理由としては、人と人の繋がり、人生を良くするには、などといった、普段の日常生活から変えていくことで、より良い生活を送っていきましょうと言う本です。 読めば価値観、考えが変わり、その後の人生を大きく変えることが可能になる本です。(10代男性)

 

 

18.近藤麻理恵「マンガで読む 人生がときめく片づけの魔法」

時間管理、時間術に関する本 近藤麻理恵「マンガで読む 人生がときめく片づけの魔法」がおすすめの理由

片づけと一言で言っても難しいことを、マンガで簡単に教えてくれている。漫画だから本当にわかり易い、内容がいい、読み進むうちに片づけの方法が良く分かってくる。私はこれで衣服がだいぶ片づきました。ときめくという言葉がいいですね。時間管理にも役立つ本です。(60代女性)

 

 

19.ミヒャエル・エンデ「モモ」

時間管理、時間術に関する本 ミヒャエル・エンデ「モモ」がおすすめの理由

この本は目安としては小学生高学年から読める本ですが、大人の方でも楽しんで読んでいただけるかと思います。内容としましては時間泥棒とモモという女の子が登場し、1日に与えられた時間は誰もが24時間、みんながみんな平等なんだ。ということを小学生でも理解できるように物語形式で語っている本です。なんで、こんなに自分だけが時間が足りないんだ。と思うようなことがあったとしても、それはあくまでも自分自身の時間配分だったり、要領を理解できてなかったりすることが原因で自分自身の時間が他人よりも少ないということなんて絶対にあり得ません。このように、時間に追われていたり、切羽詰まった方にはとてもおすすめできる本です。(20代女性)

 

 

20.わたなべぽん「やめてみた」

時間管理、時間術に関する本 わたなべぽん「やめてみた」がおすすめの理由

漫画で絵も可愛くとても読みやすかった。内容もとても分かりやすくて、実践してみたいことばかりだった。 どれも簡単にマネできそうな事ばかりなので、親近感が湧いた。内容もおもしろいのでスラスラ読むことができた。(30代女性)

 

 

21.本田直之「レバレッジ時間術」

時間管理、時間術に関する本 本田直之「レバレッジ時間術」がおすすめの理由

私は時間の使い方が下手で時間術の本を読みたく思い探したところこの本に出会ったのですが、時間の使い方の概念から叩き直された気分になり、その日から時間に対する意識レベルが格段と上がったから。結論、時間の使い方が上手くなった。(20代男性)

 

 

22.池田暁子「一日が見えて楽になる!時間整理術!」

style=border:none

時間管理、時間術に関する本 池田暁子「一日が見えて楽になる!時間整理術!」がおすすめの理由

マンガで描かれておりとても読みやすかったです。著者の時間の使い方を見直されている内容であり、㏠時間は24時間と限られており、作業に流れを作っていく、家事や用事を一つにまとめ一度に済ませるコツがよくわかります。(40代女性)

 

 

23.山口 周「外資系コンサルの知的生産術~プロだけが知る「99の心得」」

時間管理、時間術に関する本 山口 周「外資系コンサルの知的生産術~プロだけが知る「99の心得」」がおすすめの理由

ビジネスとして知的生産に携わっている人を対象にして、コンサルタントとしての自身の経験から得た知識獲得及びその使い方についてのノウハウが、具体例を交えてわかりやすく述べられています。頭脳労働者にとっては必読書と言っていいでしょう。(50代男性)

 

 

24.吉越 浩一郎「気力より体力 一流のコンディションを手に入れる」

時間管理、時間術に関する本 吉越 浩一郎「気力より体力 一流のコンディションを手に入れる」がおすすめの理由

気力という精神よりも、体力が大事ということを説いている本です。気力は体力がないと湧いてこないということが書かれています。具体的な体力の付け方も記載されており、参考になります。体力が付けば、色々なことを素早く片付けることができ、効率化につながることを教えてもらいました。(40代男性)

 

 

25.関谷透「休み上手になる本」

時間管理、時間術に関する本 関谷透「休み上手になる本」がおすすめの理由

心身をリフレッシュさせる休養のコツを、神経科のドクターが解説しています。うつにならないように気分転換する時間の使い方を具体的に書いてくれているので、休日の過ごし方の参考になると思います。また、俳句作りや社交ダンスなど一風変わった趣味の時間も具体的に推奨していて面白いです。(20代女性)

 

 

26.小室 淑恵「結果を出して定時に帰る時間術」

時間管理、時間術に関する本 小室 淑恵「結果を出して定時に帰る時間術」がおすすめの理由

定時に帰ってみよう人生の質が変わる。ワークライフシナジー私生活が充実することにより、結果的には仕事の質と効率が高まる相乗効果が起きてどちらもうまく回る状態 チームで成果をあげる。後輩を育てると仕事のキャパが広がる すごく、目新しい話ではないが、とてもわかりやすい。まずは自分から実践して部下に積極的に見せていこうと思います。(50代男性)

 

 

27.茂木健一郎「結果を出せる人になるすぐやる脳の作り方」

style=border:none

時間管理、時間術に関する本 茂木健一郎「結果を出せる人になるすぐやる脳の作り方」がおすすめの理由

今まで何かに取り組む前に躊躇していたのですが、この本を読んでからすぐに取り組むことに成功し、生活がより充実しました。なるほどと感じることが多く書いてあり、すぐに実践できるのでおすすめです。読むとやる気がわいてきます。(30代女性)

 

 

28.藤由達藏「結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる」

時間管理、時間術に関する本 藤由達藏「結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる」がおすすめの理由

「いつも考えているうちに時間だけが過ぎてしまう」「ギリギリにならないと物事を始められない」そんなメンタルを思考の根本から覆していくような内容になっています。マインドチェンジをすることで日常生活での行動も変わり、無駄な時間を費やさないようになります。この本を読めば、今までの考えが変わり有意義な日常を送れるようになると思います。(20代女性)

 

 

29.冨山 真由「効率・時間・スピード すごい習慣力―――行動科学メソッドで、すべて手に入る!」

時間管理、時間術に関する本 冨山 真由「効率・時間・スピード すごい習慣力―――行動科学メソッドで、すべて手に入る!」がおすすめの理由

行動科学メソッドという、あまり聞き慣れない方法論が、展開されています。こういったビジネス向けの実用書では珍しいく、女性が著者の本です。良い習慣を身に付けることで、仕事の生産性が飛躍的に高くなるということが、科学的根拠をもとにわかりやすく説明されています。(50代男性)

 

 

30.藤井美保代「仕事で「ミスをしない人」と「ミスをする人」の習慣」

時間管理、時間術に関する本 藤井美保代「仕事で「ミスをしない人」と「ミスをする人」の習慣」がおすすめの理由

ミスをする人としない人の日々の習慣や考え方の違いが、「考え方」「段取り」「コミュニケーション」など状況に応じて上手くまとまっていた為、自分に何が足りないのか、今後どんな点に気を付ければいいのかが分かりやすかった。(20代女性)

 

 

31.マーク・フォースター「仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則」

時間管理、時間術に関する本 マーク・フォースター「仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則」がおすすめの理由

多くの時間管理術に関する本が、マルチタスクを勧めているように思います。この本は、シングルタスクを推奨しており、ひとつできたら次に。のような形は私にはすごく新鮮でした。約束した仕事を確実にやり遂げることは必要なことだと思います。また、新たに今日発生した仕事は明日に回すのが斬新でもあると感じました。(30代男性)

 

 

32.鈴木尚子「私が変わる、家族が変わる時間術」

時間管理、時間術に関する本 鈴木尚子「私が変わる、家族が変わる時間術」がおすすめの理由

ライフオーガナイザーの資格を持っている著者が、母親、妻という視点で生活の在り方をアドバイスしてくれる本。単なる片付け法というわけではなく、家計のやりくりや手帳の使い方など、生活全般をいかに快適にしていくかを、時間に振り回されない方法で教えてくれます。(40代女性)

 

 

33.おちまさちと「時間の教科書」

時間管理、時間術に関する本 おちまさちと「時間の教科書」がおすすめの理由

時間をどう扱うかということに関して、具体的にどうするという内容よりも時間に対する考え方を教えてくれます。ですので、柔軟にいろんな状況に応用できます。少々古い本で2000年頃に出版された本ですが、今でも時間管理がうまくいっていないと感じると目を通しています。(40代男性)

 

 

34.上田惇生監修、佐藤等編著「実践するドラッカー【行動編】」

時間管理、時間術に関する本 上田惇生監修、佐藤等編著「実践するドラッカー【行動編】」がおすすめの理由

一つ一つの項目が非常にわかりやすく書かれており、ドラッカーを知らない人でも簡単に読める。また対象範囲が非常に広く、全世代、老若男女を問わず実践でき、目標の立て方~実現までをプロセスとして教えてくれるから。(20代女性)

 

 

35.午堂登紀雄「捨てるべき40の「悪い」習慣」

時間管理、時間術に関する本 午堂登紀雄「捨てるべき40の「悪い」習慣」がおすすめの理由

現在の生活の中で、無駄な習慣やネガティブな思考を捨て、捨てたことによりどのようなメリットがもてなされるのかが書いてある。ひとつひとつの項目を目次に簡単に記載しており、一目見てこうなんだと納得できるような書き方をしている。(20代男性)

 

 

36.田中じゅん「週4時間だけ働く」

時間管理、時間術に関する本 田中じゅん「週4時間だけ働く」がおすすめの理由

こちらの本は、副業のススメではなく、いかに効率的に合理的に短い時間で大きな利益や結果を出していくかと言うアドバイスの本です。海外出版の翻訳された本ですから、出版会社に忖度したような内容ではなく本当に伝えたい内容が書かれている気がします。 仕事も大切ですが、より効率良くこなすことで私生活の充実が見込める本だと思い熟読しています。(30代女性)

 

 

37.ハイラム・W.スミス「心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント」

時間管理、時間術に関する本 ハイラム・W.スミス「心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント」がおすすめの理由

企業の人材育成を手がけるフランクリン・コヴィー社の元会長、講演家、著述家でユーモア溢れる講演でも人気の著者が書いた本で読みやすい1冊です。タイムマネジメント=自己啓発かな?と思いましたが、心の安らぎを手に入れるためにどんなふうにするか、何を優先するか考えるのが大切だと気付かされます。(40代女性)

 

 

38.長谷部誠「心を整える」

時間管理、時間術に関する本 長谷部誠「心を整える」がおすすめの理由

サッカー元日本代表キャプテン長谷部誠の本です。 時間は万人に共通したものであり、心を整えていくことで有効な使い方ができるのではないかとこの本に出会ってから思うようになったからオススメしたいです。 長谷部さんがよく聞くミスターチルドレン曲も紹介しています。(30代女性)

 

 

39.樺沢紫苑「神・時間術」

時間管理、時間術に関する本 樺沢紫苑「神・時間術」がおすすめの理由

タイトルがちょっと大げさにも見えますが、時間をやりくりするだけでなく、生産性が高まる時間を最大限に利用することによって更なる時間を作り出すための本です。著者のやっていることを押し付けるのではなく、個人個人の違いも考慮されているのが良いですね。(40代男性)

 

 

40.古川武士「人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術」

時間管理、時間術に関する本 古川武士「人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術」がおすすめの理由

早起きが苦手な人向けに、早起きを習慣化するための具体的な方法を提案しています。その方法も役にたちますが、早起きというテーマになぞらえて、自分の時間を自分でコントロールすることの大切さを訴えています。睡眠欲に自分の時間を奪われるのではなく、自分で時間を積極的に確保しよう、というメッセージが感じられて、気が引き締まるのでオススメです!(20代女性)

 

 

41.千田琢哉「人生の勝負は、朝で決まる」

時間管理、時間術に関する本 千田琢哉「人生の勝負は、朝で決まる」がおすすめの理由

仕事は朝で決まる。というのかとてもよくわかる一冊です。夜型人間がこの本を読んで朝型人間に変われるきっかけにもなるのと、ライフスタイルが変わり身体も健康な細胞になっている感覚があります。まさにタイムイズマネーがよくわかり、(30代女性)

 

 

42.メンタリストDaiGo「人生を思い通りに操る片づけの心理法則」

時間管理、時間術に関する本 メンタリストDaiGo「人生を思い通りに操る片づけの心理法則」がおすすめの理由

心理の法則にのっとって片づけを的確に遂行出来るところです。今まで多くの片づけについてな本がありますが、心理的考えに基づいて書かれたものはなかったので斬新です。片づけについての技法も分かりやすく書かれているのでおすすめです。時間管理にも役立つ本です。(40代女性)

 

 

43.谷本 有香「世界トップリーダー1000人が実践する時間術」

時間管理、時間術に関する本 谷本 有香「世界トップリーダー1000人が実践する時間術」がおすすめの理由

時間は有限であること。そして常に時間を小さな単位でとらえ端数としないという言葉が非常に印象深かった。時間もお金を結局は大ざっぱにとらえて端数として捕らえてしまうことが浪費を生む原因だということがわかった。早速カレンダーには80歳までに残された日数を書き加えた。もう1万ちょっとしかないことに気づき愕然とした。(50代男性)

 

 

44.ジョシュ デイヴィス「成功する人は、2時間しか働かない: 結果を出すための脳と身体のピークのつくり方」

時間管理、時間術に関する本 ジョシュ デイヴィス「成功する人は、2時間しか働かない: 結果を出すための脳と身体のピークのつくり方」がおすすめの理由

脳が最高のパフォーマンスを発揮するためには工夫が必要。決断の瞬間を見極める。人には一日に決断できる量的限界があるのだ。重要な仕事の前には精神的な疲労を軽くする。脳は気を散らすように配線されているので、気が散る要素を事前に取り除く。ちょっとした運動や水分の補給で集中力を高められる。(50代男性)

 

 

45.西多昌規「精神科医が教える「集中力」のレッスン」

時間管理、時間術に関する本 西多昌規「精神科医が教える「集中力」のレッスン」がおすすめの理由

スマートフォンやSNSなどのあらゆる誘惑にさらされている現代社会の中で、如何にして決められた時間を有効に活用するか考えさせられる本です。体内時計や脳内物質をコントロールするコツと、心理学的な見地からのアドバイスも参考になりました。(30代男性)

 

 

46.佐々木 正悟「先送りせずにすぐやる人に変わる方法」

時間管理、時間術に関する本 佐々木 正悟「先送りせずにすぐやる人に変わる方法」がおすすめの理由

やりたくないことは、ついつい先送りしてしまいがちです。しかし重要なことを後回ししてしまったことで、大変な目にあった人は多いのではないでしょうか。この本ではすぐやりたくなるような考え方を数多く紹介しています。(50代男性)

 

 

47.小峰隆夫「遅刻してくれて、ありがとう」

時間管理、時間術に関する本 小峰隆夫「遅刻してくれて、ありがとう」がおすすめの理由

タイトルは「待ち合わせの相手が遅れていると、自分に時間的な余裕が生まれる」という意味。本書の概要は、コンピュータ技術の進歩や自然環境の遷移は今や人間が認知できるスピードを超えており、常に学び続けなければならないとする具体例集。最新事例を広く読み漁ることができます。(30代男性)

 

 

48.中谷彰宏「中谷彰宏の時間塾」

時間管理、時間術に関する本 中谷彰宏「中谷彰宏の時間塾」がおすすめの理由

一人一人に平等に与えられている時間をどうすれば豊かに使えるか、ということが、テーマごとに分かれて詳しく書かれています。時間を「つくる」「とり戻す」「活かす」「濃くする」「つかう」という5つのテーマがあり、例えば「つくる」では「昼休みは一人で行動する」、「使う」では「並行できることを直列でするな」など、テーマに沿って箇条書きにされたタイトルについて、見開き2ページ分、詳しく書かれています。なので、パッと開いたページを読むだけでも面白いです。中には目からウロコのような内容もありますが、実生活で実践出来そうなことばかりでとてもためになります。(40代女性)

 

 

49.枝廣 淳子「朝2時起きで、なんでもできる!」

時間管理、時間術に関する本 枝廣 淳子「朝2時起きで、なんでもできる!」がおすすめの理由

子育てをしていると、時間がなかなか作れない。でも、自分のやりたいことをしたいと思った時にいつも読んでいる本です。朝2時に起きれば、誰にも邪魔されず色んなことに挑戦する準備が出来ます。もちろん、夜出来なかった家の事も朝だと二倍の速さでこなす事が出来、充実した生活のヒントになるので、ぜひ読んでみてほしいと思います。(40代女性)

 

 

50.水口和彦「超カンタン!時間管理術」

時間管理、時間術に関する本 水口和彦「超カンタン!時間管理術」がおすすめの理由

全然時間をうまく使えていなかった私がこの本を読んで、1日でも長く続けようと頑張っています。すると、1ヶ月は持ちました。そして、今では何ヶ月も続くようになり、要領も良くなり、仕事がうまく進むようになり無駄に時間を費やすことがなくなりました。(10代女性)

 

 

51.メンタリストDaiGo「倒れない計画術」

時間管理、時間術に関する本 メンタリストDaiGo「倒れない計画術」がおすすめの理由

計画を立てる時のコツがこの1冊ですべてわかります。文章もわかりやすくてスラスラ頭に入っていきます。毎回計画倒れしてしまっていた私も、これを読むことで無理なく計画通り仕事やタスクを進められるようになったのでおすすめです。(30代女性)

 

 

52.藤沢晃治「頭のいい段取りの技術」

時間管理、時間術に関する本 藤沢晃治「頭のいい段取りの技術」がおすすめの理由

周りから「段取りのいい人」と言われている理系の著者が、主に仕事上実践していることが紹介されている。データを常にバックアップすることや勉強のスケジューリングの視覚化など、とても真似できないと思う点も多かったが、スケジュール管理の仕方、目標完成度の設定の仕方など、ビジネスはもちろん普段の生活にも生かせそうな点も多かった。「段取りの正体はサービス精神」「とにかくゴールのイメージが大事」「段取りの目的は人生を楽しむこと」などこの本から学んで取り入れたことは多い。(40代女性)

 

 

53.牛堂登紀雄「年収一億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」

style=border:none

時間管理、時間術に関する本 牛堂登紀雄「年収一億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」がおすすめの理由

この本は前者と後者との根本的な考え方の違い、柔軟な思考、ビジネスに対する姿勢の違いが明確に書かれており、つい今までの自分と照らし合わせていかにビジネスに対する思考が甘かった・硬すぎたと痛感する内容でした。例としてレストランにて「300万で終わる人は胃袋で食事をし、一億を稼ぐ人は頭で食事をする」があり、300万で終わる人は「美味しい、味が濃い・薄い」で終わるが、一億を稼ぐ人はレストランに入るなり「この店の集客要素はなにか、自分ならこうする、ここを変えればもっと人が集まるのではないか?」などと頭で考えながら食事をする。等の考え方の違いをわかりやすく書いています。今までの自分と照らし合わせて読むと大変ためになる内容が書かれており、是非たくさんの方々に読んでいただきたい私のイチオシの本です。(20代男性)

 

 

54.司馬理英子「片付けられない、時間に間に合わないがなくなる本」

style=border:none

時間管理、時間術に関する本 司馬理英子「片付けられない、時間に間に合わないがなくなる本」がおすすめの理由

題名のとおりに、片付けられない人、時間がギリギリだったり、間に合わない人が、それをなくなるようにするための本です。なぜ、時間がギリギリになるかを書いていて、改善方法をかいているので、私もこれを読んで改善をしました。(30代女性)

 

 

55.井ノ上陽一「毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!」

時間管理、時間術に関する本 井ノ上陽一「毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!」がおすすめの理由

時間の使い方の技術を時間を制限する。時間をずらす。スピードを加速させるの3つで説明です。全体では ・時間が有限だという意識 ・給料を(移動時間や準備も含め)時給で計算することで、めんどくさい感情を大事にする ということが印象に残りました。(50代男性)

 

 

56.MOON PLANNER「満ち欠けスケジューリング術」

時間管理、時間術に関する本 MOON PLANNER「満ち欠けスケジューリング術」がおすすめの理由

筆者は、1ヶ月でも1年でもない独特なサイクルで、目標を整えて生活を組み立てる時間管理方法を開発した方です。月の満ち欠けを使って、それに適した時間の使い方をすると上手くいくだけでなく、続けやすいと思うからです。(40代女性)

 

 

57.青木千草「未来を予約する手帳術」

時間管理、時間術に関する本 青木千草「未来を予約する手帳術」がおすすめの理由

夢を叶えるためのスケジュール帳の使い方と、生活していく中で大事にしていく心がけが書いてあるのですが、実践していくと今までの生活よりも明らかに良くなっていくことを実感できました。時間をどのように普段使っているのかが把握できたのが一番の収穫だったかもしれません。何に時間を使っていて、今後その時間をどのように使っていけばいいのか分かりやすく書いてあるので、何かやりたいことがある人にとてもオススメです。(20代男性)

 

 

58.池田貴将「未来記憶」

時間管理、時間術に関する本 池田貴将「未来記憶」がおすすめの理由

やりたくないことを後回しにする理由。それによって将来どんなデメリットが存在するのか。めんどくさいから後回しにするが、それをすることによって未来にどのような可能性があるのかを指し示してもらえます。将来笑って過ごせるなら今の苦悩も乗り越えられることを教えてもらえます。(20代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました