松山千春おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

松山千春おすすめの曲ランキング

 

8位タイ.松山千春 「もう一度」(2票)

もう一度 松山千春

松山千春「もう一度」がおすすめの理由

ボサノバ調の美しいメロディーに乗って歌われる「もう一度」は、伊藤ゆかりさんのために千春さんが曲を書いたもので、さすが作詞・作曲されただけあって女性の心の情景を繊細に歌われています。しかし、セルフカバーで千春さん自身も歌っておられて、これが本当に素晴らしい。(50代男性)

あまり有名な曲ではありませんが、松山さんらしい女性目線で書かれた歌詞は、昭和歌謡を思わせるノスタルジーを強く感じます。特にサビの切なさは絶品です。(50代男性)

 

 

8位タイ.松山千春 「時のいたずら」(2票)

時のいたずら 松山千春

松山千春「時のいたずら」がおすすめの理由

聴いた後に、すごく印象に残る曲です。千春がある特定の人にむけた気持ちが伝わってきます。せつないだけでなく、意味深い歌詞にあれこれ、自分の思いを重ねてしまいます。色あせない名曲だて思います。(50代女性)

天賦の感性の豊かさを持ち作詞・作曲も自分で手掛ける松山千春さんは、デビュー曲の「旅立ち」から「銀の雨」とヒット曲に恵まれます。シングル 時のいたずらもヒット曲となり、千春さんの人気を定着させることになった曲です。(50代男性)

 

 

8位タイ.松山千春 「初恋」(2票)

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

松山千春「初恋」がおすすめの理由

女性の心情をエレガントな詩で表現するのが最高に上手い松山千春さんが、初恋も胸をときめかせる青春時代の女性の恋に関しての喜怒哀楽の機微を、自在に捉えて表現している秀作で隠れ名曲の中の一曲といえます。(50代男性)

歌詞に共感でき、現実的なので、聴きながら自身の思いを巡らせて、どっぷりはまる曲だと思います。千春の甘い声と、ギターがせつなさを際立たせています。泣き歌です。(50代女性)

 

 

8位タイ.松山千春 「卒業」(2票)

卒業/松山千春

松山千春「卒業」がおすすめの理由

卒業にまつわる曲は数多くありますが、これも隠れた名曲だと思います。別れの季節の切なさを、「だけど今、夢がある」という歌詞で未来につなげている所に好感が持てます。(50代女性)

輝いていた青春時代を振り返り、二度と帰らない日々を綴った松山千春さんの卒業ソングです。この曲の前のシングルが大ヒット曲の「季節の中で」だったので、松山さん自身がTVに登場しないせいもあったのか、オリコンチャートのランキングは最高で5位でした。(50代男性)

 

 

8位タイ.松山千春 「燃える涙」(2票)

燃える涙 松山千春

松山千春「燃える涙」がおすすめの理由

歌手の松山千春さんが、親友であるかつての大横綱・千代の富士関が引退したときに横綱に贈った名曲です。波乱万丈の横綱の人生が浮かび上がってくる歌詞が涙を誘います。(30代男性)

この曲は、テレビドラマ「千代の富士物語」のエンディングテーマ曲で、毎日、コツコツ頑張っている自分を励ます為の応援歌に「燃える涙」は、最適な曲です。明日も頑張ろうとファイトをくれます。(50代男性)

 

 

6位タイ.松山千春 「銀の雨」(5票)

銀の雨 松山千春

松山千春「銀の雨」がおすすめの理由

サラッとしたメロディーの失恋ソングです。共感できる歌詞にグッときます。好きだけど身を引く、女心のせつなさがとてもよくわかります。何年たっても名曲です。(50代女性)

雨の降るなか、昔を懐かしむ女の心情を想像して下さい。銀の雨の様に、キラキラと輝く透き通った歌声に酔いしれて下さい。(60代女性)

雨を「銀の雨」と表現して、それを独特な粘りある艶やかな声で歌っています。松山千春さんの詩は、どれも心に響く魅力があり、感性の豊かさを感じずにはいられない作品です。(50代男性)

今、50代くらいの方なら、弾き語りでこの曲をコピーしたという人は多いと思います。別れの曲ですが、メロディラインの美しさとサビの絶唱が、余計に涙を誘います。(50代男性)

銀の雨は甘く酸っぱい思い出の歌です。高校3年の卒業式間際に、交際していた女性から別れ話を告げられました。その女性の好きな歌は、銀の雨だったのですが、別れる理由が、銀の雨の歌詞そのままでした。ちなみに私は大学進学で、その女性は隣町のお菓子工場に就職しました。(50代男性)

 

 

6位タイ.松山千春 「旅立ち」(5票)

旅立ち/松山千春

松山千春「旅立ち」がおすすめの理由

北海道の豊かな季節を感じられる歌で、広大な大地と、厳しい自然を表現している曲なのでとても好きな曲です。(60代男性)

高校時代に良く友人が、フォークギターで松山千春の曲を弾いて歌っていました。そのなかでも良く歌っていたのがこの曲で大切な青春時代の思い出です。(40代男性)

短いメロディーの繰り返しが、かえって歌詞の重みがましてとても切なくなる曲。カラオケでもラストでじっくり歌いたくなる。(50代男性)

1975年、「全国フォーク音楽祭」の地区予選に出場していた松山千春さんはこの大会で、竹田健二さん(音楽ディレクター)と運命的な出会い、そして、この曲で人を魅了するアーティストとしてのデビューを果たすことになります。(50代男性)

かつてギターでこの速いスリーフィンガーを弾くことに一生懸命だった時代がありました。フォークソングの叙情と切なさを再確認させてくれる名曲です。(50代男性)

 

 

5位.松山千春 「季節の中で」(6票)

季節の中で/松山千春

松山千春「季節の中で」がおすすめの理由

曲の出だしの感じとは異なり、サビはめちゃくちゃ高音でたくましいんです。好きな人は何を見つけたのでしょうネ。(50代男性)

この歌を聴いたとき、凄い!最高!と思いました。結構スローな感じでしっとりと歌い、サビからは、アップテンポで高音になり、一度聴いたらクセになります!是非!(50代男性)

出だしの部分がおとなしい入り方の部分が好きです。その入り方を違ってサビになる時には盛り上がりが強調されているので、良いと思います。(30代男性)

千春さんは、当初音楽番組への出演は頑なに拒否の姿勢を貫いていましたが、ファンの為に一度だけ人気歌番組のザ・ベストテンで「季節の中で」を歌い、全国の視聴者が喜びと感動を覚えた曲でも有ります。(50代男性)

本当に松山さんの声の素晴らしさと歌のうまさを実感する曲です。北海道の広大な大地をイメージできるメロディーも大好きです。松山さんの魅力がいっぱい詰まった名曲。ぜひ聞いて頂きたいですね。(50代男性)

歌詞もさることながら、やはり、松山千春のあの高音で気持ちよいくらいに伸びる歌声・声量が大好きです。今、聞いても全く遜色なしです。(50代女性)

 

 

4位.松山千春 「君を忘れない」(7票)

松山 千春  君を忘れない

松山千春「君を忘れない」がおすすめの理由

言わずと知れた名曲。松山千春の歌唱力、メロディー、どれも素晴らしい。とくにサビの何も答えを急ぐことはないと訴えかけるところがいい。(20代男性)

この曲を聴くと思わず涙が出てしまう、くじけそうになった時に聴くと励まされる、千春の優しい声が心に染みる(40代男性)

自分自身が生きている意味がわからなくなった時、誰かに問いかけても本当の答えを聞くことは難しい、そんな時に「答えを急ぐことはない、やがてわかるから」という歌詞に衝撃と優しさを感じずにはいられませんでした。自分自身を愛せるようになった時に生きている意味を言葉ではなく心で感じられるのではないかと思わせてくれた曲です。千春さんの優しく包み込んでくれる、そして力強い声も最高です。(50代女性)

歌唱力とは、ただ歌が上手いってことだけじゃなく聞いてる人の心にどれだけ響かせることができる事だと思いましたねこの曲を聴いて。そんな歌を聴かせてくれるのが松山千春さんだと思います。(40代男性)

優しく語りかけるような歌い方が良いです。夢に破れた人の背中を押すような歌詞ですが、同時に自分自身にも「何度でも立ち上がろう」と言い聞かせているのだと思います。(40代男性)

作詞・作曲は松山千春が手掛けており、フジテレビ系ドラマ「みにくいアヒルの子」の主題歌に起用され、生きることの大切さ、人を愛することの尊さを教えてくれる、卒業や旅立ちの時期にぴったりの名曲です。(50代男性)

この曲は90年代のドラマ「みにくいアヒルの子」という岸谷五郎が主役のドラマのテーマソングでした。普通は松山千春というと「長い夜」「大空と大地の中で」などの曲で声を伸ばさないといけないような曲が多いんですが、この曲はそんなに伸ばすこともなく、バラード系なので松山千春を歌いたいやモノマネをしたい方にはオススメだと思います。(30代女性)

 

 

2位タイ.松山千春 「長い夜」(11票)

松山千春「長い夜」がおすすめの理由

若かりし頃の松山千春を思い出しながら店舗もよい曲なのでよくカラオケで歌います。他にも恋も大好きで良く歌います。(60代男性)

最初のBGMのギターの入りから奮い立ちます。初めて聞いたときの印象は「とても熱い恋愛」でした。私はこの曲の世代ではありませんが、代々名曲として知られてきたこの曲は現在も幅広い年齢に愛されていることだと思います。(20代女性)

子供心に歌のすごく上手い人だと思ったのを覚えています。息が長く、なが〜いと伸ばすところが印象的でした。松山千春さんの声も素敵です。(40代女性)

この曲はリリースされてから35年以上経過しても、いまだに色褪せない魅力のある歌詞とメロディーで、人々の心に感動を与えてくれています。恋人を思う気持ちが込められたとてもいい曲です。(70代男性)

高校時代に友人が良くこの曲を歌って練習していました。この曲を聴くと高校の頃の思い出が昨日のことのように思い出されます。(40代男性)

曲調が明るくてノリが良いところがおすすめですし、歌が上手いところ、そして歌詞の良さもおすすめします。恋人への一途な思いがよく伝わってくる歌詞です。(20代女性)

松山千春の長い夜をおすすめします。松山千春は、長年ファンでは、ありますが歌唱力には、グッとくるものがあります。静かなラプソングも好きなのですが 長い夜は、ラブソングと少し違ってロックぽく元気になります。(40代男性)

長い夜は、1981年に発売された10枚目のシングル曲で、伸びのある澄んだ歌声が魅力的です。オリコン1位を獲得し季節の中でと共に松山千春の代表曲となっています。(50代男性)

松山千春の歌う曲の中でも一番好きな曲で、カラオケで歌った時に、錆びのところを大声で途切れず歌うと拍手喝采されます。(50代男性)

松山千春さんの曲の中で一番すきな曲でよくきいています。テンポがよくて、元気になります。よく歌います。(20代女性)

フォークっぽいおとなしい曲が多かった松山千春さんがロック調の曲を出されて当時は驚きました。よくカラオケでモノマネをしたのが懐かしいです。(50代女性)

 

 

2位タイ.松山千春 「恋」(11票)

松山千春「恋」がおすすめの理由

この曲は二十代の頃にカラオケで良く歌っていました。歌詞の内容に憧れもあったり、自分の寂しさアピールなんかに良く歌っていました。今、聴くと懐かしいですね。(40代男性)

松山千春さんは力強い歌声で、生命力のある力強さを感じます。 この歌もとても素晴らしい。 ぜひデートの夜には聞いていたい。(40代女性)

松山千春さんの透明感のある、声で聞けるとても良い曲です。男性が女心を歌ってるのも魅力的です。せつなくて、でも大好きな曲です。(40代女性)

千春の優しい歌声に別れを描いた歌詞が胸に染みる、「愛することに疲れたみたい」この歌詞はわかるような気がして失恋した時に聴くと必ず泣ける(40代男性)

せつない女心を独特の柔らかい声で、しっとりと歌い上げています。若い頃の恋愛は、なかなか成就しないものです。女性なら誰もが持ってる悲しい思いの歌です。(50代女性)

昔お付き合いしてた人から振られそうになった時に、この歌詞のようにさっぱりと別れてやりたいなあと思っていました。そういう気持ちになった時に聴くとスッキリします。(40代女性)

ザ昭和歌謡ですよね。切ない恋の終わりが手に取るように分かります。設定は昭和で古い感じがしますが、今でも同じような恋愛をしている方はいるのではないかと思います。女性の気持ちを歌うのが上手ですね。(40代女性)

男女の別れの曲ですが、相手に対するあきらめの気持ち、それでも嫌いになりきれない優しい気持ち、いろいろと交錯する気もちが描かれているところが好きです。歌い出しの「愛することに疲れたみたい」は名言だと思います。(40代男性)

ついに彼氏に愛想を尽かして部屋を後にする彼女、松山千春さんの美しい声が悲しい昭和の女心を歌い上げます。世の男性方も気をつけないと明日は我が身です。(50代男性)

昭和の男女の恋愛の縺れを切なく歌いあげる松山千春の歌声にはしっくりさせられます。「部屋の灯りはつけておくわ」とその後の状況が色々読み取られ聞き手にも歌詞を想像させる素敵な名曲です。(40代男性)

私と同じ年で、同じ北海道出身です、松山がデビューしたときの衝撃は、青春の1ページですね。高校のときに、フェアーレデーZを乗り回していたころの松山が懐かしいです。(60代男性)

 

 

1位.松山千春 「大空と大地の中で」(24票)

大空と大地の中で – 松山千春(フル)

松山千春「大空と大地の中で」がおすすめの理由

そもそも北海道が大好きなのですが、この曲を聞くだけで北海道の大きな空緑豊かな自然が目に浮かび、日々疲れた心が北海道に行って癒やされたいと思う自分を行けない現実をこの曲で心洗われるので大好きです。歌ってもすっきりと心が軽くなる癒やしの一曲です。(30代女性)

歌詞が雄大です。北海道をイメージして作ったとのことで広大な風景が目に浮かんできます。バラードの名曲だと思う。(40代女性)

嫌なことがあったときや生きるのがつらいと感じるときにこの曲を聴くと、「ここで立ち止まっていられない。人生を良い方向に変えてみせる。」という気持ちになります。(20代男性)

北海道の大自然の冬の景色が浮かび、歌詞を聞いているとこれからまだまだ頑張るぞという気持ちになれるから。(40代男性)

この曲は本当に心温まり気持ちが穏やかになれます。遠く離れた人を思って聞くと、恋しくなるからです。時には立ち止まって休むことも大切かなと感じます。(20代女性)

気持ちが落ち込んだ時に励まされる曲で辛い気持ちが癒されるから好きです。また歌われている松山千春さんの声が心に染みます。あと詩に関しては広い北海道の厳しさや暖かさの両方が伝わるのがとても良く感じます。(30代男性)

とても雄大な楽曲、千春の優しく深い声がまるで雄大な自然にいるような気になる、背中を押される歌詞に前向きになれる(40代男性)

今生きずまっている人に向けた応援歌です。大自然に抱かれた私たちは、時にはその中で力をもらっているはずです。どんなに小さな花だとしても力いっぱい生きているという歌詞には、私が今どれだけの力を出しているのかを考えさせられます。そうもがきながらも生きていくのが、私たちの幸せの人生につながるのだと信じます。(50代男性)

この曲を聞くと元気になり頑張ろうという気になります。決断に迷ったりした時にこの歌を思いだしグズグズ言う前にやってみようという気になれます。(40代男性)

松山千春さんの力強い声と、張りのある曲がマッチしてとても心に響く。特におじいさんおばあさんの世代の方が聴くと胸に直接響いて感動されるでしょう。(10代男性)

初めて聞いたのはカラオケで父が歌っていたのを聞いて衝撃だった特に生きることが辛いとか苦しいだとか、、という所の歌詞で涙を流した記憶があります。いまだにこの曲聞くとホロホロしてしまいます、私の心を暖かくする一曲です(30代女性)

人生に時としてくじけそうになった時、悲しくて悔しくてどうにもならない時、この曲を聞いて本当に涙が溢れて勇気付けられました。(30代女性)

北海道の自然の大地を歌っている様に感じで 兄が松山千春さんが好きで良く聴いていた頃が懐かしい 日々が蘇ってきました。(30代女性)

そして昔の名曲を聴くことは、子供たちにとっても、とても大切な経験であり、きっと素晴らしい糧となるでしょう。名曲は時代を超えます。松山千春さんの「大空と大地の中で」も、子供たちにぜひ聴いて欲しい名曲です。(50代男性)

松山千春さんの独特の高い伸びる声がこの曲に合っていると思います。他の歌手の方がカバーしているものもいいのですが、この曲は松山さんにしか歌えない素晴らしい曲だと思います。(10代女性)

日本人アーティストでもトップの歌唱力を誇る松山千春のこの歌は、歌声が天から降ってくるように体全体に染み込んできて感動的な曲です。初期の頃から変わらない声域には脱帽ものです。(40代男性)

この曲はいきている素晴らしさをきずかされる曲だとおもいます。また、松山千春さんの甘い声と高い声がマッチしていいです(20代女性)

この曲を山や川にキャンプやバーベキューをしに行った時に聞くのがすきです。嫌なことも全部飛んでいきます。(40代女性)

この曲は昔のドラマにも使われていて、聞いていると、とても広い原っぱを思い出してしまいそうな壮大さを感じる曲です。(40代男性)

松山千春さんの唄です。千春さんは北海道の出身らしくこの曲も壮大な感じがでていて、凄く引き込まれてしまいます。(40代男性)

松山千春の代表曲と言えばこの曲を思い出します。北海道出身の私は、故郷の大地思い出します。緑が多く大自然の中でのびのびと生きる事は幸せなんだと気付かされます。(30代女性)

この楽曲との出会いは私が中学生の頃だったと記憶しています。曲を聴くたび北海道の雄大さや松山千春が北海道を愛してやまない気持ちが切々と伝わってきます。北海道最高です。(50代男性)

広大な北海道をイメージさせるような壮大な点が良いですし、メロディーも歌いやすく前向きな歌詞も好印象だからです。(30代男性)

北海道って感じが良い、実際に私も北海道出身なのでとても親近感のわく曲になっていて、北海道の良さが出てる曲(20代女性)

 

 

1票入った松山千春おすすめの曲も紹介

 

松山千春 「Sing a Song」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「Sing a Song」がおすすめの理由

彼がまだ髪の毛フサフサだったとき、現在は坊主頭と毒舌が印象的な北海道出身の歌手といえば、松山千春です。1983年の「’83コカ・コーラ」のイメージ・ソングになり、本人出演のCMソングにも起用されたのが「Sing a Song」でした。(50代男性)

 

 

松山千春 「この世で君が一番好き」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「この世で君が一番好き」がおすすめの理由

穏やかなメロディーラインが続き気持ちを和ませて、しっとりと聴かせてくれるバラード調のラブソング この世で君が一番好き 愛情溢れる作品です。(50代男性)

 

 

松山千春 「ひとりじめ」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「ひとりじめ」がおすすめの理由

スローテンポのバラード曲で千春さんの魅力が滲み出ていて、艶のある高音の伸びや豊かな声量とビブラートのかけ方の上手さなど、さすが松山千春さんと思える一曲です。(50代男性)

 

 

松山千春 「遠い愛」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「遠い愛」がおすすめの理由

アコースティックギターの優しく人を包みこむようなイントロで始まる遠い愛は、進化して行く時代に疲れる人を思いやって、温かい言葉で癒してくれるメッセージソングです。(50代男性)

 

 

松山千春 「街」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「街」がおすすめの理由

高校卒業後は、親戚を頼りに街に出て働き苦労と辛さを多く経験し、街は、賑やかな都会の中で孤独な切ない心の情景を繊細に捉えた曲です。街は、孤独を感じて寂しい時に聴くのがおすすめの曲です。(50代男性)

 

 

松山千春 「君に」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「君に」がおすすめの理由

炎のストッパーと名付けられ、熱く球場を沸かせ活躍した元広島東洋カープの津田恒実さんが、野球選手現役中に病魔に襲われ闘病生活を余儀なくされました。「君に」は、松山千春さんが津田恒実さんのために思いを込めて歌っています。(50代男性)

 

 

松山千春 「君のために作ったうた」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「君のために作ったうた」がおすすめの理由

綺麗なメロディーをヴァイオリンが奏でて前奏が始まる、「君のために作ったうた」はほのぼのとした感じの心のこもったラブソングです。(50代男性)

 

 

松山千春 「私を見つめて」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「私を見つめて」がおすすめの理由

私を見つめては、特徴である高温の美声が最大限に生かされていて、愛に生きる女性のひたむきで一途な気持ちを切々と歌い上げた美しい情熱的な曲です。(50代男性)

 

 

松山千春 「初雪」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「初雪」がおすすめの理由

ミドルテンポの少しおどけたようなリズムとレゲエのようなゆったりとしてのどかさを思わせるようなポップなメロディに乗せて、響き渡る透き通った歌声が耳に心地良いナンバーです。(50代男性)

 

 

松山千春 「人生(たび)の空から」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「人生(たび)の空から」がおすすめの理由

哀愁のあるメロディーや詩と松山千春さんの透き通った艶のある声がベストマッチしている「人生(たび)の空から」は、ロマンティックで魅力に溢れる1曲です。(50代男性)

 

 

松山千春 「雪化粧」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「雪化粧」がおすすめの理由

部屋の隅で寒さをしのいでいる男が、慰めてくれる女を抱きしめたいという心情を街に降る雪の情景と共に歌ったフォークソングで、アルバム「歩き続ける時」に収録されている曲です。(50代男性)

 

 

松山千春 「窓」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「窓」がおすすめの理由

1966年、静岡県清水市で起きた有名な「袴田事件」の袴田巖さんの心情を歌にして表現されていて、千春さんの優しさと思いやりのある温かい心に触れる曲です。千春さんの歌う「窓」のテーマとなっているのは、元プロボクサーで冤罪疑惑で投獄された人物のことです。(50代男性)

 

 

松山千春 「男と女」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「男と女」がおすすめの理由

テレビドラマ「私鉄沿線97分署」シーズン1のテーマソングとしても使われていました。「男と女」は、リズミカルなテンポで哀愁を帯びたラブソングです。(50代男性)

 

 

松山千春 「木枯らしに抱かれて」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「木枯らしに抱かれて」がおすすめの理由

木枯らしに抱かれては、しんみりとしたバラード曲でフルートの音色が物悲しく人生の悲哀を誘い、叙情性にとんだ詩情の豊かさが魅力の曲です。(50代男性)

 

 

松山千春 「夜明け」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「夜明け」がおすすめの理由

前奏のイントロ部分から魅力的で曲も詩も素晴らしい夜明けです。高校卒業をしてからは、親戚が営むストリップショーの照明係や小料理屋の手伝いをして生活する辛い時期もあり、この経験が千春さんの名曲を生み出す原点になっています。(50代男性)

 

 

松山千春 「恋心」(1票)

YouTube動画はこちら

松山千春「恋心」がおすすめの理由

松山千春さんが、愛に踏み込んでいく一途な女心を見事な詩と歌によって表現しています。愛する事にためらって踏み出す勇気がない時は、この曲がおすすめです。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました