森山直太朗おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

森山直太朗おすすめの曲ランキング

 

9位タイ.森山直太朗 「いつかさらばさ」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「いつかさらばさ」がおすすめの理由

いつかさらばさは初め聞いた時はあまり刺さらなかったのですが、森山直太朗さんの『森の人』という観劇タイプのコンサートで聞いたときから大好きです。どうせいつかは別れがあると明るく歌っているところと歌詞も好きです。(30代女性)

 

 

9位タイ.森山直太朗 「フォークは僕に優しく語りかけてくる友達」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「フォークは僕に優しく語りかけてくる友達」がおすすめの理由

のんびりしていて、歌詞とハーモニカの音がとても心温まる曲です。『ドとレとミとファとソとラとシとドで』というちょっと変わっていて可愛らしい歌詞が、直太朗さんらしくて素敵だなと思いました。(30代女性)

 

 

9位タイ.森山直太朗 「花鳥風月」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「花鳥風月」がおすすめの理由

日本語の美しさが、響いてくる曲です。「行く雲に乱れし心」という歌詞で始まりますが、それだけで、切なさが伝わってくるようです。また「言の葉の綾」というのも「言葉の綾」としないところが、言葉を大切にしているのを感じます。とにかく、歌詞をじっくり噛みしめることに注目です。(50代女性)

 

 

9位タイ.森山直太朗 「群青」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「群青」がおすすめの理由

しみじみ心に沁みわたってくる歌詞とメロディー。 サビのファルセットとビブラートのかけ方とコーラスの絡みがてもきれい。(40代女性)

 

 

9位タイ.森山直太朗 「魂、それはあいつからの贈り物」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「魂、それはあいつからの贈り物」がおすすめの理由

正直なところ、一度聴いただけでは意味は分かりません(笑)。でもなんだか楽しい気持ちになる曲です。神様に宛てたのかな⁉(40代女性)

 

 

9位タイ.森山直太朗 「時の行方 序 春の空」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「時の行方 序 春の空」がおすすめの理由

以前の爽健美茶のCMで使用されているのを聴いてから、好きになりました。歌も良いのですが、ピアノのメロディーがとても美しくて、聴き入ってしまいます。特に疲れた時に静かに聴きたくなる曲です。(30代女性)

 

 

9位タイ.森山直太朗 「青春の影」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「青春の影」がおすすめの理由

チューリップの財津さんが歌う歌のカバーです。本家と同等かそれを越える感動があります。あー、こんなにいい曲だったのかと感じさせられます。詩の意味が伝わってくるカバーです。(40代女性)

 

 

9位タイ.森山直太朗 「絶対、大丈夫」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「絶対、大丈夫」がおすすめの理由

pv は驚くと思います。歌の内容と違うので大丈夫では無くなります。が、いつもながら本当に深い意味で歌っているのが伝わります。(40代女性)

 

 

9位タイ.森山直太朗 「日々」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「日々」がおすすめの理由

些細な出来事や人の心の奥に届く歌を歌うのが本当に上手い人です。そのなかに暗さと暖かさがあります。ある程度生きていると些細な事が嬉しくなりますし、些細な小さな嬉しいことに支えられています。そんな歌です。(40代女性)

 

 

9位タイ.森山直太朗 「未来〜風の強い午後に生まれたソネット〜」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「未来〜風の強い午後に生まれたソネット〜」がおすすめの理由

とてもきれいなストレートなラブソングです。生まれ変わったとしても君に会いたい、や、ブーゲンビリアの花言葉を君に贈るよ、などちょっと照れるけれど愛の詰まった歌詞とメロディに何度聞いても癒されます。(30代女性)

 

 

9位タイ.森山直太朗 「糧」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「糧」がおすすめの理由

年を取るごとに表現に磨きがかかっていると感じます。いつも何処かにくすりと笑える歌詞があり、そしてジーンとします。(40代女性)

 

 

9位タイ.森山直太朗 「涙」(1票)

YouTube動画はこちら

森山直太朗「涙」がおすすめの理由

歌詞が良いです。歌唱力も素晴らしいです。涙はどこからやって来たのか?宇宙の始まりに何かがあったと感じてるという歌詞が不思議な気持ちにさせます。(40代女性)

 

 

7位タイ.森山直太朗 「そしてイニエスタ」(2票)

森山直太朗「そしてイニエスタ」がおすすめの理由

まさに今!皆さんに聞いて欲しい広まって欲しい!何年か前の森山直太朗さんのアルバムに入っている曲なのですが、まさか、そのイニエスタが日本に来るなんて誰もが予想できなかったことだと思うので、まさに今!聞いて欲しい!(30代女性)

はじめて聴いた時はなんだこの歌は?とつい笑ってしまいました。歌詞は不思議ですが穏やかな曲調に癒されます。(40代女性)

 

 

7位タイ.森山直太朗 「太陽」(2票)

森山直太朗「太陽」がおすすめの理由

幸せな時に聴くとより幸せな気持ちになるし、つらい時に聴くととても前向きな気持ちになれる歌。一度きりの自分の人生、思うように楽しく生きればいいんだと思わせてくれる。(30代男性)

ネガティブとポジティブがいつもながら混ざっていて、その上で実にポジティブな曲です。この日本や地球にもう何も希望もなく、求めるものもありません、っていう感じなんですが、でもでもなく唐突に奇跡を信じようという歌です。(40代女性)

 

 

6位.森山直太朗 「どこもかしこも駐車場」(3票)

森山直太朗「どこもかしこも駐車場」がおすすめの理由

はじめはなにこの歌?ってなって、少しするとこんなのが歌になるの?とちょっと吹いて、そうしている内になんだか切なくなる歌です。(40代女性)

題名にインパクトがあり、ふざけた歌かと思いましたが、別れ話をした後、帰り道での話。どうでも良い事が、目に着く。どんな心情だったのかと、色々想像してしまいます。(50代女性)

タイトルの歌詞を繰り返し歌っているところが面白いです。一度聞いただけでサビを覚えてしまいました。他にはない歌です。失恋した男子の気持ちなのかなと思っていつも聴いていました。(30代女性)

 

 

4位タイ.森山直太朗 「愛し君へ」(5票)

森山直太朗「愛し君へ」がおすすめの理由

森山直太朗さんのオススメの曲は「愛し君へ」です。ドラマの挿入歌にもなっていました。これほど気持ちがダイレクトに伝わってくるバラードはない気がします。何度聴いても泣ける曲です。(40代女性)

この曲は、「愛し君へ」といいうドラマの曲で使われていた曲です。歌詞からすれば切なさを感じる曲だと思いますが、これをオルゴールのバージョンに変えると睡眠や子守歌の代わりにもなるバラード系の曲なので主婦の方や癒し系の曲が好きな方にはオススメです。(30代女性)

くどい歌いかたなのに森山直太朗はくどく感じないです。思わず動きを止めてしまう歌いかたです。そして例に漏れず歌詞も素晴らしいです。(40代女性)

まっすぐに愛を伝える歌詞、切ない歌詞に涙が流れました。こんな風に愛されたい、愛を伝えてほしい、大きな愛を感じる曲です。(30代女性)

自然と涙が出て出ます。森山さんの心に響く歌をこの曲で味わってほしいです。愛しい人の対象はどんな方であれみんなの気持ちだと思っています。(30代女性)

 

 

4位タイ.森山直太朗 「生きてることが辛いなら」(5票)

森山直太朗「生きてることが辛いなら」がおすすめの理由

この曲は、歌詞が私には衝撃的でした。生死に関するなんともデリケートな部分を正面から歌っているものでした。悩んでいるひと、自分を変えたいと思っているひとなど、いろんな世代のひとに聞いてもらいたい曲です。(40代女性)

歌い出しの「生きてることが辛いなら、いっそ小さく死ねばいい」が初めて聴いた時にとても斬新だった、しかし、歌詞の意味を考えるととても深い、一見否定的な内容に思えるが実は勇気を与える歌詞になっている。(40代男性)

この曲はストレートで真っ直ぐな歌詞が印象的で、生きることの大切さを教えてくれます。時には休みなよと言っているようにも聞こえて好きです。(20代女性)

生きてることが辛いならいっそ死ねばいいという歌詞。話題になりましたが正直な歌詞で最後まで聴くとより意味があり深いです。いい歌というのは明るくても暗くてもとにかく心に届くということだと分かる曲です。(40代女性)

辛いときに自殺をほのめかすような衝撃的な歌詞から始まりますが、実はそうではなく寄り添ってくれるような曲で、歌詞の一つ一つが胸に刺さります。(30代女性)

 

 

3位.森山直太朗 「生きとし生ける物へ」(9票)

森山直太朗「生きとし生ける物へ」がおすすめの理由

通勤のときにこの曲を聞いていたのですが、道行く人やただ歩いている人が、とてもドラマチックに感じられてこの曲の世界観にはまったので。とても壮大で深くて大好きです。(30代女性)

壮大な自然界をイメージできる迫力の一曲です。森山さんの力強い歌い方に引き込まれます。歌詞を理解するのは難しいけれど、そんなことは気にならないくらい良い曲です。(30代女性)

森山直太朗の歌唱力と世界観があってこその歌だと思います。彼の歌は全楽曲聴くならフルで聴くべきだと思いますが、この曲もやはり一人で最初から最後までじっくり聴くのがいいです。(20代女性)

やはり日本語がキレイで、とても意味深い歌詞です。ネガティブだけどもたまにこういう曲も良いです。立ち止まる曲です。(40代女性)

森山直太朗さんらしい壮大な音楽となっていてかっこいい。また、同じ音のフレーズが続くので、簡単に覚えられ、カラオケですぐ歌えるところもいいと思う。よく歌ってます。(20代女性)

日本は不況の真っ只中、海外ではテロや戦争など悲観された世の中で自分はどうあるべきかを問う曲。重苦しいテーマではあるが、前向きなメッセージソングでもある。(40代男性)

自然の偉大さや儚さ、自分の無力さ、それぞれの意味を振り返り、考えさせられる素晴らしい曲です。まだ若くて、力強く歌う森山直太朗さんが印象的です。(30代女性)

当時よく営業中にラジオから流れていた記憶があります。聴いているだけで、心が浄化される様な音楽ですよね。まるで、複雑な気持ちが川のように流れて行く心情、とても癒されます。(40代男性)

森山直太朗の歌声と歌詞に力強い生命力が感じられて聴くととてもパワーを分けてもらえる曲です。元気がない時におすすめです。(20代女性)

 

 

2位.森山直太朗 「夏の終わり」(17票)

森山直太朗「夏の終わり」がおすすめの理由

夏の終わりには必ず聴きたくなる曲です。楽しい季節が終わり、肌寒くなってくる時期に聞くと切なくなってくる、なんだが泣けてくる曲です。(30代男性)

歌詞の切なさとメロディが素晴らしく、夏の終わりにあるなんとも言えない寂しさが表現できている曲だと思います。(40代男性)

独特の歌詞の響きが素敵で何とも言えぬ郷愁を誘うメロディ。夏の終わりにセンチメンタルに浸かりたいときには最適。(20代男性)

題名の通り夏の終わりの訪れを感じさせてくれる1曲です。緩やかなメロディと美声でしっとり聴かせてくれるからオススメです。(30代男性)

この曲は本当に夏の終わりに聞きたくなります。夏の楽しかった思い出が浮かんでくる中に、この曲を聞くと夏も終わるんだなと実感できるからです。(20代女性)

この曲をきくとタイトルの通り夏が終わるのだなという気持ちになります。綺麗な言葉が並んでいて素敵な歌詞だなと思います。(20代女性)

生で聴きに行きました。歌い出しから歌の上手さを感じます。タイトル通りになってしまいますが、夏の終わりに毎年聴きたくなる曲です。生で聴いた日から、ファンになりました。(30代女性)

夏の終わりの切なさがよく表現されている曲だと思います。高音が綺麗です。夏の終わりの夜に聴くのがおすすめです。(30代女性)

歌詞の日本語がいつも思うことだけれど、本当に綺麗です。日本語の美しさと意味の深さに毎度心が動かされます。誰が聴いても何か感じる曲です。(40代女性)

とても素敵なメロディーで聴いていると夏の終わりの切なさが伝ってきます。夏の終わりの夕暮がぴったり合う曲です。(40代女性)

結構古い曲ですが、古さを感じない。森山直太朗さんの高めの歌声と曲もあっていると思います。毎年夏になると必ず聴きたくなります。(20代女性)

「さくら」が有名ではありますが、なぜか自分はこちらがすごく印書に残っております。夏のそれこそ日暮がなく夕暮れに聞くと不思議と情景に合い、なんだか夏が終わるときの切なさや時流れに思いをはせてしまいます。(40代男性)

夏も終わり、この歌を聴いていると今年も夏が終わったなと思う。この歌を一人で聞くには寂しいすぎる歌だけど、落ち着きたい時に聞きます。(40代女性)

森山直太朗さんの声は元々好きなのですが、この曲は特に高音のところの声が直太朗さんの声と合っていて好きです。(40代女性)

楽しかった夏が終わっちゃうんだな、なんか寂しいけどでも、次に来る季節を楽しみにしている自分もいて季節を感じられる曲です。直太朗さんの声の響きが最高です。(40代女性)

楽しかった夏休みがもうすぐ終わると心がせいでくる8月20日過ぎの子供の頃の気持ちが蘇り胸が切なくて苦しくなる一曲です。夏祭りも終わり盆踊りも終わり、なんか夏がしょんぼりしてくる感じ。今も懐かしい気持ちを思い出させてくれる曲です。(40代女性)

夏全開の歌は多いが過ぎ行く夏を愁い、また去っていくのは夏だけではない。自然や環境の変化が時に過去をも思い出に変えていく。(40代男性)

 

 

1位.森山直太朗 「さくら(独唱)」(43票)

森山直太朗「さくら(独唱)」がおすすめの理由

春になると聞きたくなる、卒業式の定番ソングです。森山直太朗さんの伸びやかで優しい声がぴったりの曲です。(20代女性)

桜の季節がやってくると必ず歌いたくなる歌です。特にこの曲をカラオケで熱唱した時には、スカッとした気分になれます。(30代女性)

自分の中で定期的にブームがやってくる 一曲です。日本語の響きがとても綺麗に聞こえるし歌詞に英語なんかなくても、こんなにも心に響く。素晴らしいと思います。(40代男性)

満開の桜が舞散る様子が目に浮かぶようです。春は別れと出会いの季節です。卒業式にこの曲を聞いて、桜が舞う中、友情を確かめたくなるような曲です。(40代女性)

春には必ず聴きたい1曲です。キ-が高いのでなかなか難しい歌ですが、とっても礼儀正しい、綺麗な歌です。数ある“さくら”という歌のなかで一番の曲だと思います。(50代男性)

せつなく、別れの季節に最適だと思います。学生の頃卒業する先輩のお別れ会で、カラオケでみんなで歌いました。(30代女性)

さくらは、甥っ子が幼稚園の時、学芸会でパントマイムに使いました。手にピンク色の軍手をはめてクラス皆でこの曲に合わせて踊りました。甥っ子の成長した姿に涙しました。歌詞がとても幼稚園児には、難しすぎるのですが、そのギャップも心に響きました。ちょうど桜も満開で、いつか責別の時という意味も分かる日がくると想像していました。その甥っ子も今社会人です。今までもそしてこらからも、長く愛される曲だと思います。(40代女性)

ゆっくりとしたメロディーと透き通る森山直太朗さんの歌声がとても良くあった素敵な歌です。心に沁みるとてもいい曲です(40代女性)

ピアノと伴奏のみで独特の歌唱力と、圧巻の歌唱力、春になると聴きたくなる一曲で、この曲を、聴くと卒業な感じ(30代女性)

学生時代の合唱コンクールを思い出して青春時代に浸れます。森山直太朗さんの歌唱力があってこその歌だなと思います。(20代女性)

個人的には春を連想させてくれるベストソングなので好きです。歌詞もメロディも最高です。カラオケで後輩が思い切り外して歌ってくれて大笑いの思い出の曲でもあります。(40代男性)

さくら(独唱)のPVはピアノ伴奏の隣で熱唱する一発撮りで収録されている。 一発撮りにもかかわらず大変感銘を受ける歌声である。(20代男性)

卒業式に歌ったたのが、よみがえります。青春を思い出せる曲で、おちつく歌です。声もよくて癒されます。オススメです。(30代女性)

明るい未来に希望が抱ける良い歌で教科書に載っているぐらい有名ですし、春になったら必ず聞きたくなるような素敵な曲だからです。(30代男性)

この歌はスゴク好きで聴いていても心地よく口ずさんでしまう曲です。カラオケ行くと、絶対に歌う一曲です。(30代男性)

1年に一度華やかな姿を見せてくれる桜。満開に咲き誇りやがて散っていく。さくらに似て人生の節目卒業式の日にふさわしい曲で好きです。(40代女性)

この曲を聴くたび、胸がキュッとなります。卒業を感じる歌だからかもしれません。目をつむると学校の門が毎度浮かんできます。懐かしの歌です。(30代女性)

別れの曲ですが、でもまた会える事を約束してくれてるので、今は悲しいけれど元気に生きていこうと励まされます。(40代女性)

さくらの季節になるとしっとりとした曲を聞きたくなるので、この曲が一番マッチしました。プロモーションもどこかせつなくて好きです。(30代女性)

日本語を堂々と、そしてしっかりと使って歌っているので、響きがとても綺麗に聞こえるのです。この歌唱力は抜群です。(40代男性)

ベタだけれど森山直太朗といえばこの曲。たくさんありさくらソングのなかで年代問わず、誰の心にも響く名曲です。(40代女性)

桜に関する歌はたくさんありますが、中でもこの歌が一番桜そのもののイメージに近い歌だと思います。落ち着いていて、儚い感じです。(20代女性)

春になると聴きたくなる曲の1つです。森山直太朗さんの歌唱力がとても素晴らしく、お気に入りの一曲です。カラオケで歌いたくなる曲なのでお気に入りです。(20代女性)

卒業シーズン、さくらのシーズンになるとこの曲を思い出しついつい口ずさみたくなる歌です。歌いやすさもいいです。(40代女性)

森山直太朗の代表曲です。その歌声が衝撃的で大ヒットしました。現在なお春の定番曲としてこの曲が流れることが多いです。(30代女性)

この曲はきっと誰もが聞いたことあると思います。卒業や春にこの楽曲を聞くと、この時期が来たんだなと実感します。(20代女性)

大ヒットした、卒業シーズンにオススメの曲です。森山さんの歌声はすごく高音が綺麗なので聴きごたえがありますよ。(30代女性)

春の別れと出会いを前向きに表現した歌詞が、卒業式の雰囲気にぴったりだと思います。ピアノの伴奏だけで歌い上げる森山さんの美声も聞いていて心地いいです。(40代女性)

このPVは一発録りで口パクじゃなく実際歌っており、豊かな才能を感じさせられる。桜ソングがJ-POPで新たなブームのきっかけとなった曲。(40代男性)

卒業ソングは数あるけれど、きれいな日本語特有の表現の歌詞、力強くも優しく歌う森山直太朗さんの歌声が大好きです。(30代女性)

さくらの季節の曲で この曲を聞いてると穏やかな気持ちになり 花見をしたくなり日本の文化に触れている事が素敵だと感じました。(30代女性)

春になると聴きたくなる曲です。音楽がなくても歌声だけで迫力があって聴き入ってしまいます。綺麗な歌声なのでおすすめです。(30代女性)

私たちの世代ではありませんでしたが、音楽の教科書に載っているくらいの名曲なのとアーティストの綺麗な歌声がこの曲とぴったりなのでオススメです。(20代女性)

知名度がかなり高い。バラードだかカラオケでも歌いやすい曲でなおかつ高得点を取りやすい。森山直太朗といえばまずこの曲。(20代男性)

日本中の多くの人が、桜ソングと言えばこの曲をあげるほど有名な曲です。友との別れを切なく歌い上げているため、主に卒業式で歌われることが多く、毎年春が来ると思い出す定番の曲と言えます。(40代女性)

ピアノの伴奏と森山直太朗の声量が響く歌でありシンプルなメロディーである。卒業式にさくらの歌はとてもピッタリだなと思う。(30代女性)

森山直太朗さんの力強い丁寧な歌い方が印象的です。高音も綺麗に歌い上げ、満開に咲くさくらの風景が目に浮かんできます。(30代女性)

ピアノと森山直太朗さんの声だけなんだけど、桜が舞う風景が目に浮かんで泣けます。春になると必ず聴きたくなるし、教科書などで後世に残して欲しい1曲です。(40代女性)

彼の曲はこれしか知らないのですが、何といってあの美しい歌声、ファルセットはしびれ物です。文語調の歌詞も織り交ぜて、何故か胸が熱くなります。旅立ちの季節にピッタリだとおもいます。又、この(独唱)は、ピアノ美しい旋律に歌い上げる彼の姿もお勧めです。(60代女性)

ピアノの伴奏に合わせて歌い上げており、歌詞の良さもありますが歌唱力が素晴らしく聞くものの心に感動を与えてくれる曲です。卒業式の定番ソングとして、また人生の励ましの曲として人気です。(30代男性)

桜を歌った曲の中でも有名な曲ですが、何回聴いても春の別れとこれから始まる新しい希望に満ちた未来を感じます。(50代女性)

日本の四季における「春」の特徴である桜をもとに作られた曲で、春は別れとともに出会いがやってくる季節ということもありどこかへ行ってしまう友へ向けた心が込められている曲だから。(10代男性)

桜を通じて卒業シーンを描いた歌詞に色んな思い出が回想され美しいメロディーがいつ聞いてもジーンと心に響きます。(30代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました