漫画好き100人が選ぶ!泣ける漫画おすすめ79選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

おすすめの泣ける漫画

 

1.ONE PIECE

泣ける漫画「ONE PIECE」がおすすめの理由

仲間を大切に思う心と行動が素晴らしいし、目の前に強い敵が現れても一切同じない主人公の精神の強さをみて自分も頑張ろうって思わせてくれるし、1シリーズのストーリーに必ず感動します。また主人公の自由を求める姿が現代の若者の気持ちを表しているようにも感じるので。(20代女性)

海外での実写ドラマ化も決定した日本を代表する一作。 主人公ルフィの真っ直ぐで、勇気溢れる姿には幾度となく心を揺さぶられます。 誰かのために戦い、ボスを倒し国を救い、時には大切な人との別れもあり、きっと読んだら好きになる。そんな作品です。(20代男性)

超人気作品ですが、私は泣きたい時にはONE PIECEを読んでいます。 特にイーストブルーで仲間を増やしていた序盤が好きで、どのクルーのエピソードを見ても泣けます。 1番のオススメは私はチョッパー編です。 泣きたい方は是非ご覧いただきたいと思います。(30代男性)

普段の船員達の絡みはとても面白くて笑いがあり、いざ戦闘になると迫力があり、手に汗を握る展開にハラハラドキドキワクワクさせられ、船員のそれぞれの過去はトラウマになりそうな程辛いもので涙し、それを船長に助けられ仲間になるまでの道のりは感動出来る為。(30代女性)

ワンピースがおすすめの理由は、仲間との友情で泣けるという点です。仲間との友情に熱いと自称する人間は数いれど、この漫画の主人公ルフィほど仲間の事を想い、考え、行動し、時には命の危険も顧みない人はいないと思います。(30代男性)

ルフィとその仲間たちが織り成す物語がよく練られていて感動を与えてくれる。書く要所要所に泣けるポイントがあり何度読み返しても新鮮な気持ちで読むことができる。他の漫画よりも読み返した回数が多いのはそういう理由だと思う。(10代男性)

主人公海賊ルフィが仲間を集めて冒険するまんがです。仲間一人ひとり集めるたびにストーリーがあり涙があり、仲間の大切さを感じることができる漫画です。 いまだに続く日本マンガ誌に残る名作中の名作の一つなのでぜひ読んでいただきたいです。(40代男性)

海賊として海を渡り、その中で各キャラクターとの出会いと別れ、それぞれの物語があり、主要キャラクターだけでも、親友の死、親の死、嘘、海賊に育てられる、親同然の人の優しさでの死、追い求めた先の罪、自分への罪滅ぼし、約束、など感動の物語が盛りだくさんだからです。(20代男性)

 

 

2.スラムダンク

泣ける漫画「スラムダンク」がおすすめの理由

成長ストーリーはやはり素晴らしい。少しリアリティもある展開であり、最初からじっくり読むからこそ面白い。特に最終戦の畳み掛けるような描写は他では見たことがないほどの感動で、何度見ても鳥肌が立つし、目がウルッとするレベル。超最強作品。(20代男性)

高校バスケ部の青春ストーリで、ひたむきに頑張って努力する姿に胸が熱くなります。どんなに負けても、どんな逆境でもめげずに諦めずに仲間を信じて進んでいく姿は、信頼でつながっている仲間との友情を感じ、思わず泣けてきます。(20代女性)

自分もバスケットボールをしていたという事もありますが、スポーツを通じて努力する事、信じる事、仲間、恩師、大切な物に沢山巡り会える事を知りました。辛くても辛くても勝利を信じて諦めない姿勢にも感動しました。(30代女性)

主人公の桜木花道がバスケを通して成長していく漫画です。数々の名言を生んだ作品であり、スラムダンクの影響で私もバスケットボール部に入部した経験があります。最後のほうはとても泣ける演出があり、笑いあり、涙ありの作品です。(20代男性)

バスケットをしたことのない桜木花道がバスケットをとおして仲間と成長していく姿、とにかく感動します。練習試合も本番の試合もいつも展開が予測不能で、手に汗握りながら読める漫画です。素人ながらも活躍してくれる桜木花道をいつも心から応援してしまってました。笑いあり、感動あり、とにかく次の展開が気になってどんどん読み進めてしまう漫画です。(40代女性)

この漫画は主人公の桜木花道が好きな女の子に振り向いてもらうためにその子が好きなバスケットを始めるところから始まります。 だんだんと桜木花道自身もバスケットボールの魅力に取りつかれ、人としても成長していく作品です。(40代男性)

 

 

3.3月のライオン

泣ける漫画「3月のライオン」がおすすめの理由

将棋の漫画ですが、人間模様が丁寧に描かれています。将棋のことも描かれていますが、全くわからない人も読めます。主人公が葛藤しながら人間味を帯びていくのがこちらも嬉しくなります。周囲にも魅力的な人が多く出てきます。暗い漫画なのかもしれませんが、きっといつかハッピーになって欲しいと思える登場人物ばかりなので、不思議と後味が悪くないです。(30代女性)

中学生で将棋のプロ棋士になった子の物語。高校入学を機に一人暮らしを始めるが、うまくいかずに世話を焼くのが好きな3姉妹に拾われる所から物語が始まる。高校生棋士としての苦悩や高校生活も面白いけど、3姉妹の中で起こる事件も心踊らされる。1番好きなエピソードとして中学生の真ん中の子が学校で友達がいじめられていて、その子をかばった事で自分がいじめられるようになるが、自分は絶対に間違ったことはしていない。と、家族の前で始めて涙を流し、おじいちゃんがお前は何にも間違っていない。胸を張れ。と言うエピソードが1番好き。(30代男性)

ハチミツとクローバーを生み出した羽海野チカの現在執筆中の作品で、映画やアニメも大人気となっているが、原作の独特な雰囲気を持った画はぜひ漫画で体験してもらいたい。3月のライオンの世界に入り込めると思います。(20代男性)

何かが欠けてしまった人々が失ったものを取り戻していく物語で心がとても温まります。 また、3月のライオンの中に出てくる食事が美味しそうで、食卓が楽しそうなのも素敵なところです。ジブリ飯ならぬ3月のライオン飯?(20代男性)

最近、将棋の話題が尽きないので、ご存知の方も多いと思うのですが、家族を事故で亡くし、行き場もなく、生きるために将棋の道に入って、 幸運にもその異才を発揮していく中学生プロになった主人公が、温かい人々とのやり取りの中で、成長していく、またプロとは?とこちらも勉強になり、考えさせられる、そしてなにより、その生きざまに励まされる内容であり、次の号が楽しみである。(40代女性)

 

 

4.花田少年史

泣ける漫画「花田少年史」がおすすめの理由

私が泣けるマンガとしておすすめするのは「花田少年史」です。日本の良き古き時代に明るく楽しく、常に笑いが絶えない花田家。主人公の一路は素朴ながらもとても可愛らしく人間味あふれるキャラクターです。その中でも特に「りん子」の回は涙なしではいられません。りん子の思い、一路の思い、それぞれが交差し、胸が熱くなります。(30代女性)

私が好きなマンガは「花田少年史」です。アニメ化や実写化もしている作品なので知っている方が多いかと思いますが・・。このマンガは純朴でヤンチャな少年、一路が交通事故に会い幽霊が見えるようになり、その人たちとのストーリーが始まります。特に「りん子」の回は何度読んでも泣けてしまいます。泣きたいときに読むマンガの1冊です(30代女性)

頭に怪我をしたことがきっかけで幽霊が見えるようになってしまった少年の話。 基本的にはコメディ漫画ですが、この世に未練を残して成仏できない幽霊たちが少年に無理なお願いをして成仏を果たすのだが、それぞれの幽霊が抱える未練は様々で、基本的にはコメディ漫画なのだが1話1話感動的で時にはかなり泣けるストーリーです。 なぜ、漫画のタイトルに「史」がついているのかも、最後に解明します。 笑いと涙のとても奥深いストーリーです。(40代女性)

 

 

5.天使なんかじゃない

泣ける漫画「天使なんかじゃない」がおすすめの理由

学園もの、青春もの、恋愛もの、にジャンル分けされる少女漫画ですが、高校生活を通して将来に対する夢を持ち、成長していく姿にとても感動し、泣いてしまう物語です。また、最初に読むと主人公に自分を投影してしまいますが、読むごとにライバルだったり友人だったり、様々な人に感情移入してしまい、人物作りがとても丁寧なことがわかります。(30代女性)

人気少女漫画家の矢沢あいさんの作品です。この漫画は学園生活を通して友情や淡い恋愛、登場人物の成長を描いています。誰もが一度は憧れる青春物語です。登場人物は皆個性豊かでどこか共感するポイントがあります。そして皆【いいやつ】なのです。恋愛模様も事細かく描かれていて自らの淡い初恋を思い出す、そんな漫画になっています。矢沢あいさんらしい、セリフや描写でいつでもどこでも女性なら感情移入してしまいます。この漫画を読んで生徒会にはいりたい!こんな素敵な学園生活を送りたい!と思った読者は多いはず。いまから30年近く前の作品ですが、決して色褪せない、後世に残したい作品の一つだと思います。私もいつか自分の娘ができたら是非読んでほしいそんな漫画です。(20代女性)

矢沢あいさんの漫画です。学園物語で高校生の青春を描かれています。生徒会を通じて主人公の翠と晃が出会います。この漫画に出てくる登場人物は皆いいやつで愛嬌があり内容自体もとても感動できます。おすすめです。(20代女性)

 

 

6.HUNTER×HUNTER

泣ける漫画「HUNTER×HUNTER」がおすすめの理由

何度も何度も休載を繰り返しているで有名な漫画ですが、それだけ待つ価値のある作品です。 ハンター試験編、グリードアイランド編などありますが、中でもキメラアント編はとても泣けるパートとなっています。是非読んで下さい。(20代男性)

私はハンター×ハンターの中でも、「アント編」が大好きです。物語が進むにつれて王と小麦の関係性がより深いものになり、最後のシーンは特に涙なしでは見られませんでしたし、何回も読み返したくなる内容でした。考えさせられるマンガでもあると思いますが、あえて泣けるマンガとさせてもらいました。(30代女性)

 

 

7.NANA

泣ける漫画「NANA」がおすすめの理由

20,30代女子なら一度は耳にしたことのある定番漫画です。作者が休養中のためまだ完結していませんが、結末が分からないこのままの状態でいいのではと思うくらいのいい意味でのドロドロ具合。世の中の何処かでありそうでない、二人のナナという女性の偶然と必然をたどる、音楽&恋愛マンガです。衝撃的な流れで中断になっているので、とても続きが気になります。(20代女性)

NANAは学生時代の頃読んでいましたが、その当時はキャラクター達の言葉は難しく感じ、わからないところもありました。 ですが、大人になった今改めて読み返すと、昔はわからなかった感情が痛いほどわかり、その切なさに読んでいて涙が出ます。 一口に恋愛漫画とは言い表せない考えさせられる漫画です。(30代女性)

 

 

8.NARUTO

泣ける漫画「NARUTO」がおすすめの理由

主人公NARUTOくんとその仲間たち、あるいは敵のキャラたちの心情描写が大変丁寧にされているので、感情移入しやすい作品である。自分の経験と照らし合わせながら各キャラたちになりきって考えることができるので、感動シーンが多く、涙をながしながら読み進めることができる。(20代女性)

この作品を知っている方多いかもしれませんが、実際は長期的に見ているとヒューマンドラマがとてもに強く感じられる作品でもあります。兄弟愛や家族愛などに感動したり泣けてくる場面や笑えるシーンも多く存在しています。(20代女性)

 

 

9.あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

泣ける漫画「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」がおすすめの理由

あの花、という呼び名で漫画好きから愛されています。仲良しグループの子供達でしたが、ヒロインの女の子の死をきっかけにバラバラになり、それぞれ成長していきます。ヒロインは幽霊の姿になり、なんとか絆を取り戻そうと奮闘します。ラストのシーンでは、嗚咽が出るくらい泣きました。(20代女性)

幼馴染みの女の子が事故で亡くなり、時を得て、その姿を現わすがそれは何かを伝えたくて、なのか 幼馴染みの頃のグループが亡くなった事で亀裂がはいり 成長してゆく!だけど、主人公が亡くなった女の子の姿を見るようになる。そこで、再会してゆく、グループだが 女の子の存在を否定、容認していく! なくなった女の子が残したものの意味。 何度も読まないと、理解が難しいですが、 最後は、亡くなった少女を、おなさい頃のグループで 集まり泣きながら見送る。 大切なものを、教えられた気がします(30代女性)

 

 

10.サムライカアサン

泣ける漫画「サムライカアサン」がおすすめの理由

コテコテ関西人の親子の話です。 見た目も中身もおばちゃんのカアサンですが、息子に対する愛情に溢れています。 高校生の息子は反抗期なのですが、その息子の心を開こうといつも必死なカアサンが愛おしいです。 愛情たっぷりで育った息子は心根が優しく、人を大切にすることを自然と身に付けていています。 笑って泣けてハートフルな漫画です。(30代女性)

コテコテの大阪のおばちゃんで底抜けに明るい母さんに、ちょっと反抗期だけど素直で優しい子に育っている息子タケシのやりとりが笑えて、泣けて、読んだら元気がもらえる漫画です。独身の時は私もこんな母さんになりたいと憧れ、息子が生まれた今は私の子育てバイブルとなっています。(30代女性)

 

 

11.ソラニン

泣ける漫画「ソラニン」がおすすめの理由

どこにでもいるカップルが、悩んでなんとか日々を過ごしていく、穏やかな生活の中で、なんだかちょっと違うなって感じることを分かりやすく表しています。自分の夢を諦められず、でも諦めないといけない、苦しい葛藤が泣けます。(20代女性)

音楽好きのイマドキの若者の青春を描いた漫画で、大人社会に溶け込めずにいる自分と重ねてしまう部分もありました。実写化されており、映画を観てから漫画も読みました。主人公とその相手の空気感、仲間との空気感がとても心地良くて誰もが通る青春時代を思い出させてくれるところがおススメする理由です。(30代女性)

 

 

12.ドラえもん

泣ける漫画「ドラえもん」がおすすめの理由

テレビアニメでは主に子供向けに放映されているが、漫画は意外とティーン以上向けです。ドラえもんと出会うことで変わっていくのび太の様子や、またのび太と出会って変わっていくドラえもんの様子、ふたりの友情に涙が出てしまいます。友情って素晴らしいと思える漫画です。(20代女性)

この漫画は知らない人がいないのではないでしょうか。ドラえもんのポケットから出てくる未来の道具がいろんな道具がありみなさんも知ってる道具いくつもあるんではないでしょうか。ドラえもんとのびた、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんの5人組で道具を使って遊んだり冒険したりします。(40代男性)

 

 

13.愛人

泣ける漫画「愛人」がおすすめの理由

柳沢きみおの「愛人」には、単なるメロドラマではなく、中年男性になった人なら分かる男の独特の寂しさが詰まっています。 仕事や妻との関係が中年期になるといかに変わっていくかが分かるので、今これらのことに悩んでる人はぜひ読んでみてください。 みんな悩みながら生きているんだなと思わされます。(50代男性)

柳沢きみお先生の、まるで小説のような漫画。 中年期に差し掛かった男たちが、若い女性を愛人にしてその愛人に翻弄されていく姿が、男の悲しいサガを感じさせて泣かせます。 「人はsexするために生まれてきた。」というセリフにどきっとさせられますが、案外的を射ているのではと思いました。 ちょっと疲れた中年男性におすすめです。(50代男性)

 

 

14.暁のヨナ

泣ける漫画「暁のヨナ」がおすすめの理由

この漫画は1人の少女の成長の物語である。世界観としては日本ではなく中韓文化よりのファンタジーな世界観である。主人公の女の子は何も不自由なく育てられたお姫様、世間知らずで我が儘で恋の悩みを持ったお姫様であったが、ある日自分の父親を片思いの相手に殺されてしまう。主人公も殺されそうになるが、従者のハクと合流し一命を取り留める。しかし、城内に味方はなく、亡命するしかなく姫としての人生はそこで終わる。立ち直るまでに出会った人々や立ち直ってからも自分の今までの無知を恥じながらも出来ることを探し、震えながらも立ち上がり進もうとする成長が心に響く。途中で出会う個性豊かなキャラクター達とのやり取りでも心を震わされ、ボロボロと気がついたら泣きながら読んでしまう漫画である。そして、感動と勇気と温かい気持ちを貰える漫画である。(30代女性)

お姫様が主人公の物語なんですが、父親を殺され国をお別れ散々な目にあってしまいます。 夢見がちなお姫様から、現実をしっかり見つめて戦うお姫様への転換が一番のみどころです。 辛いことばかりでも前を向いて歩く姿に力をもらえます。(30代女性)

 

 

15.女王の花

泣ける漫画「女王の花」がおすすめの理由

主人公が悲劇のヒロインなのですが、強くたくましく生きる、そのための知恵やしたたかさを備えるべく惜しみ無く努力する姿に強く胸を打たれました。非情にも大切な仲間を失いながら、母の仇を取るために前進していく主人公がとても切なく美しく思えました。悲しい選択をせざるを得ないシーンは涙無くしては読めませんでした。思い切り泣きたい時におすすめします。(30代女性)

主人公は昔の中国のある国の姫で,不遇の幼少時代を過ごしその後もつらい思いばかりします。それでも逆境にまけず最後は女王になるんですがとにかく泣けます。 幼少期からその姫の側にいた従者の男の子を愛しますが,姫は女王になることを目指していて,恋を捨て途中その従者の男の子も戦いの中で亡くなってしまいます。その後女王として君臨し,亡くなるとその従者の男の子が迎えに来るというシーンは本当に泣けます。(20代女性)

 

 

16.透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記

泣ける漫画「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」がおすすめの理由

新米看護師見習いが産婦人科で働く物語。赤ちゃんが生まれる場所である産婦人科は、幸せが溢れている場所だけではなかった。病院の真実がわかる物語。命の大切さを改めて実感する事ができます。妊娠することは、奇跡。出産することは、命がけ。読み終わったあと、自分の娘を抱きしめたくなります。子供から大人までいろんな人に読んでもらいたい漫画です。(30代女性)

泣けます。命の現場のリアル体験記。産院にはどんなイメージを持っていますか?普通に赤ちゃんが生まれる、幸せに包まれた場所。私はそんな風に思っていました。この漫画は、産院がそんな場所だけではないということをコミカルに、笑いあり涙ありで伝えてくれます。(20代女性)

 

 

17.聲の形

泣ける漫画「聲の形」がおすすめの理由

自分の理想の恋人像が、声の出ない障害を持った女性なので、聲の形に惹かれて読み始めました。 普通に話せる人には解らない苦悩でも、特別な存在の人だったら、なんとか理解しようとするんだなと、とても勉強になり、マンガ作品としても、とても秀逸だと思います。(40代男性)

主人公が耳の聞こえない障害者でいじめなども関わってくる作品なので最初は少し嫌な気持ちになりますが、会心した主人公との恋愛物語がとても泣けます。映画にもなった作品ですが一部省略されている部分も多く、とくに担任の先生が漫画で読むのとは全然違う印象を受けたので是非漫画で読むことをおすすめします。(20代男性)

 

 

18.1週間フレンズ

泣ける漫画「1週間フレンズ」がおすすめの理由

高校生の物語でヒロインの子が1週間後には記憶を無くしてしまって1週間前のことを全て忘れてしまうと言う悲しい物語なのですが、主人公の男の子がそれでも毎週のように友達になり、色々な出会いや思い出を彼女に与える健気な話です。 しかし、最後には彼女が主人公の事を1週間経っても忘れなく、ハッピーエンドになり、これを見た俺は人間の可能性を感じさせられて感動しました。 俺はアニメ版を観てから漫画を読んだのですが、どちらも良かったです。(30代男性)

 

 

19.3D彼女 リアルガール

泣ける漫画「3D彼女 リアルガール」がおすすめの理由

オタクで高校でも地味に生活している主人公に、突然派手で可愛いクラスメイトが告白してきます。 最初は疑心暗鬼で全く心を開かない主人公でしたが、徐々に彼女と過ごす日々と、少しずつ増えてきた友達との生活がかけがえのないものだと気付きます。しかし彼女は病気を抱えており、忽然と姿を消してしまいます。 病気を完治させたものの記憶喪失になった彼女との再会シーンは思わず涙してしまう感動ストーリーです。(20代女性)

 

 

20.4月は君の嘘

泣ける漫画「4月は君の嘘」がおすすめの理由

元ピアニストの主人公、一度挫折をしてピアノから遠ざかっていたけれど親友の誘いで音楽の道に迷いながらも戻って行く。亡き母の亡霊に苦しみながらも自分のやりたいピアノにまた打ち込んで行く物語。周りの人達の温かさが心にしみる漫画。(30代男性)

 

 

21.BANANA FISH

泣ける漫画「BANANA FISH」がおすすめの理由

主人公のアッシュと日本人の少年・英二との友情がベースの物語ですが、ニューヨークを舞台にしたとてもスケールの大きな漫画です。 あまりにも育ちと境遇が違う二人が、BANANA FISHというドラッグにまつわる様々なトラブルに巻き込まれていく様は、読んでいてドキドキさせられます。 また、人間の絆のすごさを見せつけらるので、ちょっと人間不信になりかけている人にオススメの作品です。(50代男性)

 

 

22.BASARA

田村 由美 小学館 2002-09-01

泣ける漫画「BASARA」がおすすめの理由

BASARAは本当に世界観がすごい漫画で、お互いに憎しみ合って戦い合ってる敵のボス同士がお互い正体を知らずに出会い惹かれ合い愛し合っていくのですが、最後お互いの正体を知ったときにはもう涙なしにはみられない漫画です。(20代女性)

 

 

23.LOVE SO LIFE

泣ける漫画「LOVE SO LIFE」がおすすめの理由

親を亡くした高校生の子がふとしたきっかけでベビーシッターをするお話です。子供たちの成長を見守りながらも、その子が成長していく姿、またその子供たちの親がわりをしている叔父さんも、仕事が忙しい中子供たちの面倒を見て奮闘している姿が、マンガとは思えないリアルさとほんわかとした場面に癒されます。高校生とは思えないくらい、子供たちへの愛情が溢れていて、読み手も一緒に子供たちの成長を見守っているような感覚にさせてくれるお話です。(30代女性)

 

 

24.orange

泣ける漫画「orange」がおすすめの理由

おススメのポイントは、甘酸っぱい学生青春とともに、友情や、思春期の悩みなど、読みながら自分の学生時代を思い出したり、重ね合わせたりして浸れるところ。 ストーリーは、未来の自分から手紙が来るという現実にはありえない話。だが、その手紙をもとに友達(彼氏)を救おうと、みんなが一生懸命なところに涙する。(20代女性)

 

 

25.PEACE MAKER 鐵

泣ける漫画「PEACE MAKER 鐵 」がおすすめの理由

新撰組を題材にしている作品は沢山ありますが、この漫画は作画もとても綺麗で、また登場人物一人一人の個性が良い意味で際立っています。主人公は市村 鉄之助という土方歳三の小姓です。私たちの知らない史実も実際はこうであったのかもしれない、と思わせてくれる漫画です。涙無しでは読めません。きっと感情移入するはずです。(20代女性)

 

 

26.アイシールド21

泣ける漫画「アイシールド21」がおすすめの理由

今何かと世間を騒がせているアメフトを題材とした少年漫画です。 ルールを知らないままでも最後まで読めてしまうぐらい熱い展開がお勧めです。 少年ジャンプには「友情・努力・勝利」というテーマがあるそうですが、この作品も随所にテーマがちりばめられています。 トーナメント式で試合が進み次々と強豪と戦うなかで仲間と協力することで試合に勝利し、 いがみ合っていたはずの相手とも最後は握手をするという王道の展開ながらも 上手くまとまって書き上げています。 最後の戦いは今まで戦ってきたチームからも集めた日本選抜VSアメリカ選抜など、 これまた王道的な展開ですが、涙無くしては語れないとにかく熱い熱い作品です!(30代男性)

 

 

27.イキガミ

泣ける漫画「イキガミ」がおすすめの理由

イキガミは残酷で、しかし一方で命の大切さを教えてくれる漫画です。もしあなたが24時間以内に死ぬことになったらあなたはなにをしますか?明日があることが当たり前だと思っている私たちですが、この漫画を読むと明日が来る大切さを実感させられます。(20代男性)

 

 

28.うさぎドロップ

泣ける漫画「うさぎドロップ」がおすすめの理由

独身で30歳の大吉は祖父の葬儀で、彼の隠し子りんと初めて出会います。親族誰もがりんを施設に入れようとするなか、大吉はりんを引き取って自分が育てることに決めます。不思議な、親子のような暮らしの中で少しずつ二人の関係が変わっていきます。ラストは賛否両論ですが、個人的にはハッピーエンドで、ほほえましくもありきゅんきゅんできる作品だと思います。(40代女性)

 

 

29.うしおととら

泣ける漫画「うしおととら」がおすすめの理由

藤田和日郎さんの漫画は泣けるものが多いのですが、この作品は特に泣きました。娘と奥さんを殺され復讐だけを考え生きてきた鏢の最期、父ちゃんになりたかったさとりの話…あげだしたらきりがないくらい感動シーンがたくさんです。それでいて笑えるシーンもあり、思いきり泣いて笑って夢中になって読める作品です。(30代女性)

 

 

30.おーい竜馬

泣ける漫画「おーい竜馬」がおすすめの理由

この漫画は坂本龍馬の生涯を家族や仲間、敵対する勢力とのやりとりを元に描いた作品です。鼻垂れ小僧で泣き虫の龍馬が日本の政治を動かす立派な青年になっていく過程で、家族の死、階級社会が原因となって脱藩するといった辛い分岐点がいくつも出てきます。また、他の登場人物にもそれぞれが抱える悩みや葛藤がしっかりと描かれており、涙なしには読めません。誰が良いわけでもなく悪いわけでもなく、江戸時代末期から明治時代に移り変わるその激動に巻き込まれた若者たちの真面目で国を守ろうという強過ぎる気持ちがぶつかり合います。その目的達成のための異なる手法が違っただけなのです。こんなやきもきする場面が何度も出てきて、討ち死にする者が出ては涙、涙の感動作品です。(40代男性)

 

 

31.おもいで金平糖

泣ける漫画「おもいで金平糖 」がおすすめの理由

一話完結の漫画ですが同じ町でおっこている同じ金平糖のお話です。一話一話に主人公の葛藤と前に進もうともがいている姿に思わず涙してしまいます。なんだか懐かしい感じとほんの少しのギャグのバランスが絶妙で何度読み返してもあきません。落ち込んでいる時、なにか頑張ってみようと思う時ぜひ読んで欲しいです!(20代女性)

 

 

32.かくかくしかじか

泣ける漫画「かくかくしかじか」がおすすめの理由

東村アキコ先生の自伝漫画です。漫画家を夢見て美大進学を決意した彼女は、受験のために絵画教室に通い始めるのですが、そこで出会った恩師・日高先生とのエピソードを中心に描かれています。特にラストシーンは涙なしには読めませんでした。5巻で完結するので比較的読みやすいと思います。(20代女性)

 

 

33.がんばれ元気

泣ける漫画「がんばれ元気」がおすすめの理由

ボクシング漫画でこんなに泣ける漫画は他には「あしたのジョー」くらいではないでしょうか。 それほど主人公の堀口元気の境遇を見ていると切なくなってきます。 幼い頃に父をボクシングの試合で亡くし、自分自身がチャンピオンになるまでの過程が凄まじい人間ドラマになっているので、ジーンとしたい人にもオススメです。(50代男性)

 

 

34.きょうのキラ君

泣ける漫画「きょうのキラ君」がおすすめの理由

映画化にもなった漫画です。 奇想天外な部分(オカメインコが関西弁を話す)はあるんですが、引っ込み思案の女の子と余命半年の男の子が色んな事を乗り越えてく内容です。 このいろんな事というのが泣けるポイントで友達のことやイジメのこと。 それぞれの問題を2人と1匹で乗り越えていきます。 最後は本当に号泣です。(30代女性)

 

 

35.コウノドリ

泣ける漫画「コウノドリ」がおすすめの理由

絢野剛主演でドラマにもなった漫画です。産婦人科医でありながらピアニストでもある主人公がとても魅力的です。様々な問題を抱えた妊婦が出てきて、救える命もそうでない命もあり、悲しかったり、共感したりと読んでいて深く感動できる良い作品です。とてもお薦めです。(30代女性)

 

 

36.スケットダンス

泣ける漫画「スケットダンス」がおすすめの理由

この漫画は、3人のメイン人物を中心とした笑いのある漫画です。しかし、それぞれの悲しい過去が悲しい過去で私も泣きました。笑いあり、感動もあります。漫画が完結してから数年経ちますが、これ以上の面白い漫画は知りません。現在でも読み返しています。(10代男性)

 

 

37.セブンティウイザン

泣ける漫画「セブンティウイザン」がおすすめの理由

65歳と70歳の夫婦が初めての妊娠・出産を経て育児に奮闘する様子を、とても丁寧に描いている作品です。子どもの成長と共に、夫婦もまた成長していく姿に毎回心の底からあたたかい気持ちが訪れ、涙が出ます。周囲の人々の関わりも優しさに満ちていて、安心して読める作品です。(30代女性)

 

 

38.タッチ

泣ける漫画「タッチ」がおすすめの理由

双子の兄弟。弟は何をやってもできみんなから期待された存在。野球をやりピッチャー。甲子園確実とまで言うわれていた。かたや兄は弟とは真逆の性格。二人の間に幼なじみの女の子がいる。周りは弟とその子が公認のカップルだと思っている。弟はその子が好きなのは兄だと知っていた。しかし運命のイタズラなのか、甲子園をかけた試合の日、弟は子供を助け車に跳ねられ死んでしまう。周りのみんなは喪失感。しかし兄はちょっとしたきっかけで野球部に入部しピッチャーとして成長していき弟が叶えられなかった甲子園を女の子にプレゼントする。兄の気持ちがせつないくらい伝わる漫画である。(40代女性)

 

 

39.トーマの心臓

泣ける漫画「トーマの心臓」がおすすめの理由

寄宿制の男子校が舞台の、少年たちの愛と友情の物語です。 ちょっとボーイズラブ的要素が無きにしも非ずなのですが、人を愛することの難しさや無償の愛とは一体なんなのかということを考えさせられる作品です。 宗教感を感じられる漫画を読みたい人にもおすすめです。(50代男性)

 

 

40.どんぐりの家

泣ける漫画「どんぐりの家」がおすすめの理由

この漫画はとても泣きました。障碍者の施設での話になるのですが、障碍者の葛藤や思いが伝わってきて感動しました。とても優しい気持ちになれていい漫画だなと思いましたね。多くの人に読んでもらいたい漫画ですね。(30代男性)

 

 

41.ねがい

泣ける漫画「ねがい」がおすすめの理由

楳図かずお先生の短編漫画です。孤独な少年が自分でつくったお人形との物語なのですが、最後がとても悲しくなり泣いてしまいました。子どもというのは成長しますし、非情な部分があるのです。楳図先生のストーリーテリングの才能に驚嘆しました。(30代男性)

 

 

42.ハイキュー!

泣ける漫画「ハイキュー!」がおすすめの理由

潜在能力がとてもあるけれど、経験不足な主人公が、運命ともいえるセッターと出会い、バレーボールを通して成長していくストーリーです。登場人物すべてが魅力的で、名言も炸裂。第二のスラムダンクとも言われるほどの泣ける青春スポーツマンガです。(30代女性)

 

 

43.バガボンド

泣ける漫画「バガボンド」がおすすめの理由

宮本武蔵が主人公のマンガです。 本当の強さとは何か。 それを主人公が剣を通して見極めていくところが見どころです。 キャラクターの細かい心情の描写は主人公だけでなく サブキャラクターも作り込まれていて感情移入しやすいです。 剣だけでなく、人との繋がりや生死。成長も余すところなく描いているマンガです。(20代女性)

 

 

44.ヒカルの碁

泣ける漫画「ヒカルの碁」がおすすめの理由

成長していくヒカルを中心とする囲碁漫画ですが、佐為との別れのシーンはかなり泣けました。永遠がないだけに、別れた後に佐為に囲碁を打たせてやればよかったと後悔するヒカルを見て、こちらまで熱いものが心にこみ上げてきました。(30代男性)

 

 

45.ふしぎ遊戯 玄武開伝

泣ける漫画「ふしぎ遊戯 玄武開伝」がおすすめの理由

主人公の多喜子が、中国の書物「四神天地書」の中に吸いこまれその本の世界で玄武の巫女として仲間たちを探し玄武を召喚する話なのですが、仲間になる人達が皆抱えてる闇が大きくてとても切なくなります。最後はハッピーエンドなのですが頑張る多喜子やそれを支える仲間たちに涙が止まらなくなります。(20代女性)

 

 

46.ブラックジャックによろしく

泣ける漫画「ブラックジャックによろしく」がおすすめの理由

人生とはこんなにも対峙していかなければいけないことがあるのかと、痛感させられる漫画です。 医者モノですから、当然人の生き死にの場面がよく出てくるので、命についても深く考えさせられます。 命のありがたさを今一度実感したい人に読んでもらいたい作品です。(50代男性)

 

 

47.フランダースの犬

泣ける漫画「フランダースの犬」がおすすめの理由

画家を目指す少年の話で、一生懸命努力するのですが、貧しさに勝てず、最後は、ずっと見たかった教会の絵を見ながら、死んでいくという話です。本当に悲しくて、かわいそうで、涙なしには見られない漫画となっています。(30代男性)

 

 

48.ベルサイユのばら

泣ける漫画「ベルサイユのばら」がおすすめの理由

池田理代子先生の代表作で一世を風靡したので知っている人も多いと思います。とにかく、泣けます。主人公オスカルの悲壮な人生やドラマ、涙無くしては読めません。フランス革命のこともよくわかります。ただ、実在人物と架空人物が混ざっているので、テストの時は要注意です。(40代女性)

 

 

49.ポーの一族

泣ける漫画「ポーの一族」がおすすめの理由

永遠に生き続けるバンパイア、エドガーの物語。 永遠の命なんて羨ましいな〜と軽い気持ちで読み始めたら、エドガーの寂しさがひしひしと伝わってきて泣けてきます。 姿は少年のままで生き続けるので、長く同じ場所に暮らせないのも不便そうです。 作画はとても美しいので、ファンタジー系が好きな人にも読んでもらいたい作品です。(50代男性)

 

 

50.ぼくの地球を守って

泣ける漫画「ぼくの地球を守って」がおすすめの理由

この漫画は、前世と現世の話が交差してすごくスケールがでかいです。前世の紫苑の気持ちを抱え込む現世の8歳の輪くんの気持ちを考えると切なくて泣けます。主人公ありすへの一途な気持ちからくる葛藤など涙が出ます。(20代女性)

 

 

51.ママレード・ボーイ

泣ける漫画「ママレード・ボーイ」がおすすめの理由

ヒロイン小石川光希は松浦家という家族と両親のパートナー交換という常識離れした提案で、松浦家の息子、同い年の松浦遊と一緒に住むこととなる。 一緒に住み、学校や家ですごすうちにふたりは恋人となるが、実は血の繋がったきょうだいという事を遊は知ってしまう。 光希を傷つけないように事実を隠し、「おまえのこと、恋人とかそういうふうに見れなくなった、特別な感情が…なくなったんだ」と遊は告げる。「やだっ…そんなの絶対やだ!」と泣くヒロインと、自分の気持ちを堪えて別れを告げるヒーローはうまく対比され、感情移入してしまいます。 ふたりの距離のあるはじめと、ラブラブな中盤、そしてクライマックスへのもっていき方がとても良いのでオススメです。(20代女性)

 

 

52.まんだら屋の良太

泣ける漫画「まんだら屋の良太」がおすすめの理由

昔の旅館が舞台なので雰囲気が味わい深くて物語が染み入る。また、野暮なセリフがなく、肝心な場面で余計なセリフがないため登場人物の悲しみや優しさの深さが受け取る側の感じ方による部分が多い。登場人物がみんな悲しみを背負っていてそれもまた良い。(40代女性)

 

 

53.めぞん一刻

泣ける漫画「めぞん一刻」がおすすめの理由

アパートの管理人と主人公、そしてそのアパートに住む人々との関わりが実際にあると面白いなと思うからです。恋と言うのはうまいこといかないけど、関わりを長いことかけているうちに両想いになりハッピーエンドになる良い話です。(30代男性)

 

 

54.メメントモリ

泣ける漫画「メメントモリ」がおすすめの理由

イラストが綺麗でストーリーの内容も切ない感じなのでかなり泣けます。異母兄弟の少年はお互い関わらないよう生活していましたがとあることがきっかけで二人の運命は繋がっていくストーリーに心がときめきます。今までにないような物語なので一番おすすめです。(20代女性)

 

 

55.よつばと!

泣ける漫画「よつばと!」がおすすめの理由

5歳の女の子「よつば」と、育ての父であるとーちゃんをはじめ、周囲の人々との日常を描いた作品。ほのぼのとした作風は読むとホッと肩の力を抜いてくれるので、毎日忙しく働いている人に読んでほしい漫画です。よつばの成長が丁寧に描かれており、一生懸命さや真っ直ぐさにふいに涙を誘われます。(30代女性)

 

 

56.リアル

泣ける漫画「リアル」がおすすめの理由

井上雄彦作の車いすバスケの話です。まだ未完です。出てくるのは病気で片足の膝下を切断した青年。事故で脊髄を損傷した高校生、プロレスラー、冴えない男。リハビリの鬼教官と看護師。別れた家族。恋人。事故を起こした男。まったく動くことの出来なかった彼らが、腕に力を取り戻し、車いすに乗るところから始め、仲間とつながりバスケの大会やプロレスのリングへと登っていきます。絶望から希望へと方向転換する姿に涙が出ます。泣けると同時に勇気ももらえます。いつかドラマにならないだろうか。(50代女性)

 

 

57.王家の紋章

泣ける漫画「王家の紋章」がおすすめの理由

私が小学校の頃からも連載中で未だに完結せず続いておりますが、王家の紋章はとても素敵で読み甲斐のあるラブロマンス歴史漫画です。キャロルを取り巻くメンフィスやイズミル王子もかっこよく、聡明で情熱的で素敵です。こんな男性が現実にいないのかなと思うとちょっぴり悲しいですが、王家の紋章は、お勧めできます。(40代女性)

 

 

58.花宵道中

泣ける漫画「花宵道中」がおすすめの理由

遊女たちの友情や恋、お勤めの様子がすごく綺麗に描かれています。 好きな人と結ばれずに引き離される様子や様々な別れの経験など、涙なしには読めないシーンが沢山あり、切ない物語が読みたい方にすごくおすすめです。 女たちの絆が感じられる話もあり、非常にスカッとする場面もあります。また、遊女同士の百合模様も描かれていますが、こちらもとてもロマンチックで素敵です。(20代女性)

 

 

59.海の闇、月の影

泣ける漫画「海の闇、月の影」がおすすめの理由

私が小学生の頃に読んでいた古い漫画ですが、何度読み返してもラストは泣けます。 話の内容的には古代ウイルスによって超能力が芽生えてしまった双子の姉妹が戦う話です。 姉はウイルスの感染によってそれまでの優しい性格とは別人のようになり、欲の為ならどんなことでもするようになってしまった。それを妹が止める為に戦い続けるのですが、話の途中で、姉も自分の中の醜い感情に必死に抗うけれど、結局ラストは悲しい結末となってしまいます。ほんとに何度読んでも泣いてしまいますが、最後に一瞬でも双子が元の仲の良かった頃のように戻れたのが救いです。(30代女性)

 

 

60.鬼滅の刃

泣ける漫画「鬼滅の刃」がおすすめの理由

主人公の家族を想う、ただただひたむきな心の美しさに泣けます。ストーリーもファンタジーとして十二分に作り込まれているのですが、主人公の純粋さに涙したのは初めてでした。そして鬼になってしまった妹も、鬼でありながら兄を想うその純粋さにも泣けます。(30代女性)

 

 

61.金色のガッシュ!

泣ける漫画「金色のガッシュ!」がおすすめの理由

小学生の時読んでいた漫画ですが、大人になって読み返してみるとかなり泣ける内容であり、すごく良い漫画だと思いました。少年漫画の主人公だと、「とりあえず優しいから色んな人を救いたい」などと言った戦う理由が明白でないことがあるように感じられますが、この漫画では戦う理由が各々にしっかりとあり、それが感動させる要因になってるように思います。 この漫画はアニメ化もされていますが、アニメでは放送されなかった最終編、蛇足と言われがちですが、序盤から弱いとされていたキャンチョメがだんだんと強くなり、その結果敵を必要以上に苦しめてしまいます。そこでのパートナーとのやり取りはかなり涙腺に来るものがあり、アニメは見たけど漫画は読んでない、という人もぜひ読み返して最終巻まで辿り着いてほしい作品だなと思います。(20代男性)

 

 

62.潔く柔く

泣ける漫画「潔く柔く」がおすすめの理由

1話完結ですが、読み進めていくと1話ごとの主人公同士がどんどん繋がっていくので、何回も読み返ししたくなる漫画です。予想が全然つかないので1話終わるごとに次を読みたくなります。最後はこうなったかぁと想像越える内容ですし、所々泣けます。(30代女性)

 

 

63.砂時計

泣ける漫画「砂時計」がおすすめの理由

最初は絵がきれいと思い手に取りました。 主に4人の男女の成長が描かれていると思います。主人公の女の子の不安定さにイライラしながらも、自分に重ね、最終的には涙しながら読んでいました。 昼のドラマになった時には仕事の休憩中にも関わらず、皆で見ていました。(40代女性)

 

 

64.最終兵器彼女

泣ける漫画「最終兵器彼女」がおすすめの理由

高校生の恋愛だが、少女漫画のような男女の関係を描いただけではなく、そこに彼女が兵器となって戦争に向かったり彼女が彼女じゃなくなっていく様子に葛藤する姿を、主人公とヒロインの両方の目線から描いている。絶対に現実にはありえない話なのに、高校生らしいまっすぐな表情や仕草に感情移入がしやすく泣けてしまう。全7巻ですっきりまとまっているので、何度でも読み返しやすい。(20代女性)

 

 

65.妻をめとらば

泣ける漫画「妻をめとらば」がおすすめの理由

主人公が理想の結婚相手を探すため、いろいろなタイプの女性と付き合っていく物語。 恋愛物と思って読んでいたら、実は奥にメッセージが込められていることに気づかされます。 結局、理想の結婚相手って本当にいるのだろうか?と思わされ、ホロリとさせられます。 今結婚を考えている人に読んでもらいたいです。(50代男性)

 

 

66.四月は君の嘘

泣ける漫画「四月は君の嘘」がおすすめの理由

ボーイ・ミーツ・ガールの物語です。 とある理由からピアノが弾けなくなってしまった主人公の有馬公生が、ヒロインでバイオリニストの宮園かをりによって徐々に復活していくのですが、宮園かをりの天真爛漫な性格が魅力的でオススメです。 しかし、彼女には秘密があって、そのことで最後に涙腺が崩壊するほど感動してしまいます。(50代男性)

 

 

67.晶子恋歌

泣ける漫画「晶子恋歌」がおすすめの理由

明治の女性歌人・与謝野晶子を描いた里中満智子のマンガです。 晶子の愛にひたむきな生き方、歌に対する情熱に同じ女性として時代を超えて感動と驚きを禁じえません。 特に、日露戦争に出征した弟に向けて詠んだ長詩「君死に給うことなかれ」が全編見開きで掲載されているページは晶子の戦争への怒りを如実に表現できています。(40代女性)

 

 

68.人魚の森

泣ける漫画「人魚の森」がおすすめの理由

「うる星やつら」や「めぞん一刻」で有名な高橋留美子原作で、人魚の肉を食べて不老不死になった男性と、その旅の途中で知り合った、同じく不老不死になった女の子の話です。 誰もが「不老不死」を求めて人魚の肉を求めるが、その肉を食べたほとんどの者は「なりそこない」という化け物になってしまうが、もう500年も生きている主人公は、歳を取ることもないので同じ場所で暮らすことが出来ない。 不老不死が決して幸せではないということを見せつけられる、命の重さや尊さを考えさせられる、重いテーマの話です。(40代女性)

 

 

69.図書館戦争 LOVE&WAR

泣ける漫画「図書館戦争 LOVE&WAR」がおすすめの理由

元々は小説「図書館戦争」シリーズが原作の漫画であるが、 原作の話の流れと原作イメージ通りのキャラクターが描かれており、 原作ファンであるが、マンガも好感を持って読むことが出来る。 原作が少女漫画気質であるせいか、漫画化されても何も違和感をかんじさせないストーリー性が良い。(30代女性)

 

 

70.赤ちゃんと僕

泣ける漫画「赤ちゃんと僕」がおすすめの理由

母親が亡くなり父子家庭となった兄弟の絆を描いた作品です。小さな弟の面倒を見る兄ですが、お兄ちゃん故色々な悩みを抱えています。 辛いことや苦しいことで泣くこともあれば、嬉しくて泣くこともあります。兄弟の色々な場面で亡く姿を見ていると自分も泣けます。泣きたい人にお薦めです。 それに父子家庭の世界観をリアルに描いているので同じ悩みを持つ人は共感が出来、学べることも多いと思います。(30代女性)

 

 

71.大地の子みやり

泣ける漫画「大地の子みやり」がおすすめの理由

ゴルフ漫画です。 主人公のみやりは小さい頃から元プロゴルファーの坂田氏が経営するゴルフ塾に通うが一番ヘタクソで周りの子にどんどん抜かれるが雨の日でも雪の日でも常に毎日練習しに来る。 相変わらず成長は遅かったが高校生の頃にキャプテンとして温情で大会に参加する。 ところがその大会で活躍をしそこからどんどんゴルフが上達し最終的にはプロゴルファーになると言うストーリー。 とても感動的な漫画です。(30代男性)

 

 

72.瞳いっぱいの涙

泣ける漫画「瞳いっぱいの涙」がおすすめの理由

高校生の時に人に借りて読んだのですが、今でもマンガを読んであんなに泣いたことが忘れられません。 純粋な女子高生の恋愛、葛藤、反抗する気持ち、幸せを願う気持ち…いろいろな気持ちに感情移入してしまい、最後は涙が止まりませんでした。(40代女性)

 

 

73.猫絵十兵衛

泣ける漫画「猫絵十兵衛」がおすすめの理由

人情溢れる下町の猫丁長屋に、ネズミ避けの猫絵を描く絵師、十兵衛さんと、その愛猫、猫仙人のニタさんが暮らしておりました。 二人とその長屋の周辺で起こる、猫と人の不思議な縁のお話。 1話読み切りになっているので、途中からでも読みやすいです。 猫好きの人もそうでない人も、これを読めば泣いてしまうこと、間違いなし! おすすめです。(30代女性)

 

 

74.半神

泣ける漫画「半神」がおすすめの理由

特定の年代にとって、野田秀樹の演劇でご存知の方が多い作品です。 原題原作のこの作品は短編です。 1体2頭の双生児の姉妹、切り離されて、2人の体が自由になることで、 立場が全く逆転する姉妹。切り離されて衰えていく妹、輝いて生きること を獲得する一方で妹にかつての自分を見る姉、二人で一人の自分。 シンプルなんですけど、言葉に詰まる感情が沸きます。 お話しの後味はよくないのですが,なぜか惹かれる作品です。 短いだけに考えすぎます。 自分にも、切り捨てて別れてきた、いとおしい半神(半身)があったのです。(50代男性)

 

 

75.母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った

泣ける漫画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った」がおすすめの理由

私は父を2年前に亡くしているので、この作者の気持ちがよく分かります。 まだ健在の母がこの先逝ってしまったとき、この作者のようにしみじみと母のことを懐かしめるよう 、後悔のないように親孝行しておこうと思わせてくれる作品です。(50代男性)

 

 

76.北斗の拳

泣ける漫画「北斗の拳」がおすすめの理由

原哲夫氏の代表作。子供の時はただの挙法アクションでしたが、少し大人になって読み直せば、作者も好でいるとおっしゃっているだけのことはあり、最後の最後まで本当に情に熱い熱い物語です。一子相伝に、憧れてしまいます。(40代男性)

 

 

77.僕だけがいない街

泣ける漫画「僕だけがいない街」がおすすめの理由

小さい頃にタイムスリップして、同級生の女の子を助けるストーリーなのですが、必死に助けようとする主人公の男の子に胸を打たれます。助けた女の子は母親に虐待されていて、男の子の家でご飯を食べたときに初めて温かい家庭というものを知って号泣するのですが、切なくて泣けました。考えさせられる漫画です。(30代女性)

 

 

78.僕等がいた

泣ける漫画「僕等がいた」がおすすめの理由

恋愛漫画です、高校生の主人公の 嬉しい、悲しい、複雑な想い そして たくさんの愛情を感じることのできるものです。 彼の背負っているものや 彼、彼女二人の 気持ちにとても共感ができ 涙が止まりません。 こんな風に想われてみたいと私はいつも思います。(20代女性)

 

 

79.遥かなる甲子園

泣ける漫画「遥かなる甲子園」がおすすめの理由

沖縄で米兵が持ち込んでしまった風疹になってしまった妊婦からうまれた難聴の子供たち成長を描いた漫画です。 難聴の球児たちが多くの苦難を乗り越え、その姿を見た大人たちも子供たちとともに苦難を乗り越えて一緒に甲子園 を目指す。古い漫画ですが涙します。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました