泣ける!涙活におすすめの映画104選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

涙活におすすめの映画

 

1.きみに読む物語

涙活におすすめの映画「きみに読む物語」がおすすめの理由

ベタベタの恋愛映画ですが、涙が溢れてきます。ラブラブな2人をみて、こんな恋をしたいなーと憧れながら若い頃に観ていました。ソフトクリームを食べているシーンが本当に可愛らしいです。この映画をみてから、愛する人と手を繋いで同時に息を引き取ることが夢となっています。(20代女性)

愛する人のために尽くすノアの姿に感動します。アリーとノアの青年時代がとても可愛いくて愛らしいです。身分が違うという理由で仕方なく離れる事になったが、最終的にまたお互いを愛するようになるまでの過程がもどかしくも愛おしい内容です。(20代女性)

とにかく切なくて、泣けます。流れがしっかりしているので、感情移入してしまって悲しいし、苦しい気持ちが強いですが人を思う気持ちを貫いている主人公は素敵だと思います。見終わったら、題名さえも、切なく感じる映画だと思います。(20代女性)

カップルの永遠の愛とは何か、深く考えさせられる作品。運命の人と出会い添い遂げることに対する奇跡と憧れを、強烈に感じさせられます。二人が出会い、どのように添い遂げるのか、その中でいろんな運命を乗り越えて行く姿にただただ涙なしには見られません。(20代女性)

アルツハイマーの老女にノートに書かれた文を読み聞かせているは、彼女と共に入寮しているデューク。 その内容は二人が若い頃に恋に落ち、今もなお愛し合っている事が綴られており、記憶が無いその老女に読み聞かせているデュークは彼女の夫。 レイチェルマクアダムスのキュートな笑顔と 甘く切ない恋愛模様に涙が止まらない作品です。(30代女性)

認知症の奥さんになんとか自分のことを思い出させる旦那さんとのラブストーリーです。認知症という重く悲しいテーマではありますが、現実的でありながら二人だから起きる奇跡が悲しくきれいに表現されています。 1949年のアメリカのファッションも見所です。(20代女性)

 

 

2.君の膵臓をたべたい

涙活におすすめの映画「君の膵臓をたべたい」がおすすめの理由

大人になったけれど、できるなら少しだけ青春時代に戻ることができたらと思ってしまった方にもあえてオススメしたい作品です。泣ける鉄板の作品ですが、良い意味で想像を裏切ってくれるストーリー展開を見せます。Mr.childrenの主題歌が、作品をさらに印象付けるものになり、とっても素敵でした。原作を読んだ人も、読んでいない人も先入観なく見てほしい作品です。とにかく泣けます。(30代女性)

この映画の題名を初めて見たときは、気持ちが悪いなと少し思ってしまいました。しかし、映画を観ればその意味が分かり、明日ではなく今日1日のこの瞬間を大切に生きようと思わせてくれる内容になっています。人生を大切にしようと改めて気づかせてくれる映画です。(20代女性)

お涙頂戴でも、ありがちな闘病生活の描かれた作品でもなく、膵臓に病気を抱えていてもなお、健常者の様に変わらず日常を過ごそうとする姿に自然と涙が出ます。ラストは誰にも予想が出来ず、観終わった後には感慨深いものが残ります。(20代女性)

泣けます。基本、青春者で泣かない私ですが、4回も泣きました。 1回映画をみただけで4回も泣いたんです。 大体、青春ものであれば、あー結論はこうなんだろうなと展開が読めるとは思うのですが、 この映画に至っては、え?そんな風におわるのか、と意外性を残します。 また、それぞれの想いや気持ちを考えると胸がしめつけられるような映画でした。(20代女性)

 

 

3.ゴースト ニューヨークの幻

涙活におすすめの映画「ゴースト ニューヨークの幻」がおすすめの理由

ギャン泣き、嗚咽。こんなに泣いたのは久々だ。もっとコメディなラブストーリー色が強いのか、ホラーに寄ってると思ってたんだがどちらでもなかった。コメディ感とホラーはほぼ皆無のアクション有りな真剣なラブストーリー。(10代女性)

死んでもなお、愛する人を守るために幽霊となって現れる男性と、それを時間をかけながら受け入れていく女性のラブストーリーですが、サスペンスの要素もある見応えのあるストーリーです。ショートカットの可愛いすぎるデミ・ムーア、今は亡きパトリック・スウェイジ、悪徳霊媒師を演じて人気となったウーピー・ゴールドバーグなど、豪華な出演者も魅力です。(40代女性)

殺されてしまった主人公の恋人が、ゴーストになってなんとか自分の存在を分からせようとするストーリーがとても良い。ラストシーンでの会話で、男性の方が生きている時には言えなかった言葉を話すシーンは涙なしでは見られない。(50代男性)

 

 

4.シザーハンズ

涙活におすすめの映画「シザーハンズ」がおすすめの理由

主人公は、人造人間で、もう少しで手が完成するというときに、自分を作ってくれた博士が亡くなってしまい、手が未完成のままハサミになってしまった男です。人造人間だけれど、心はとても純粋で優しく、見ていて癒されます。でも人間に恋をしてしまってからの彼は、不運が続いてしまい・・・涙なしでは見れない、心にぐっとくる映画です。(30代女性)

両手がハサミのまま、未完成で出来た心優しい人造人間が少女に恋する話に胸が切なくなります。誰しも見た目で判断するのは良くないことだと教えてくれる映画でもあり、私自身もこの人造人間に恋しました。有名なハリウッドスターである、ジョニーデップが主演ということもあり、若かれし彼の名演技を観ることが出来ます。(20代女性)

博士によって作り出された人造人間ですが、完成間近で博士が急死してしまったため、彼の手はハサミのままになってしまいます。そんな彼が人間の女の子の恋をするのですが、彼の手がハサミなため、近づくと彼女を傷つけてしまうという。とても、もどかしく切ない映画ですが二人の愛を感じられる素敵な映画です。(40代女性)

 

 

5.I am Sam アイ・アム・サム

涙活におすすめの映画「I am Sam アイ・アム・サム」がおすすめの理由

心が揺れ動かされる映画であると思います。人生の価値観を変えてくれるヒューマンドラマにまた1つ出会えた気がします。知的障害のある父親が、やり手女弁護士の力を借りて娘の養育権を自分の手に取り戻そうと奮闘する姿がとても感動します。(30代女性)

2001年の公開時に劇場で見てから、DVD・サントラCDともに購入し、数えきれないほど見ています。まず当時7歳のダコタ・ファニングが素晴らしく可愛らしい!可愛らしいだけでなく、7歳の知能しかもたない父の知的能力を追い抜いてしまった娘のいじらしい愛情を演じきっています。ショーン・ペンも知的障害をもつ父親のまっすぐな愛情を感性豊かに表現していて、何度見ても泣けます。泣いたあとはスッキリ前向きな気持ちになれる映画です。ビートルズの楽曲のカバーのサントラCDも合わせておすすめです。(40代女性)

 

 

6.そして父になる

涙活におすすめの映画「そして父になる」がおすすめの理由

もしも自分だったらと考えさせられました。。こんなに愛らしい自分の子供が、自分の子供じゃないという矛盾を、一体どうやったら受け入れることができるのかこれから愛せるのかという難しい話でした。とても二家族に対して、グッとくるものがありました。(30代女性)

最終的に血の繋がった家族を選ぶのか、血は繋がらなくても6年間過ごしてきた家族をとるのかという選択でしたが観ていてとても考えさせられました。血の繋がりは、今まで一緒に暮らし日々積み重ねていった繋がりを超えることはできませんでした。やはり、子供に対する愛情に血の繋がりなんて関係ないんだなと改めて感じました。実際にも色んな家族の形があると思うので、家族を持っている人に観て欲しい映画です。(30代女性)

 

 

7.ライフ・イズ・ビューティフル

涙活におすすめの映画「ライフ・イズ・ビューティフル」がおすすめの理由

夫婦愛、家族愛、親子愛と本当に愛に溢れるこの作品。お父さんの最後を見た瞬間、涙が止まりません。なんでこんな運命なの、、、と。でも、そこから起きる奇跡に今度は感動の涙が止まりません。心の底から涙に溺れたいときは、この作品で浄化できます。(20代女性)

最初は、イタリア人特有の軽い感じの恋愛映画だと思って観ていましたが予想を遥かに上回る感動映画で、私には忘れられない映画となりました。戦争の最中の家族愛溢れる作品で、特に子どもを思う親の気持ちは世界共通だということを、改めて知らされた作品でした。(30代女性)

 

 

8.レ・ミゼラブル

涙活におすすめの映画「レ・ミゼラブル」がおすすめの理由

圧倒的な迫力と世界観が素晴らしく、何度も観たくなる、そして聴きたくなるミュージカル映画だからです。悲しみや愛など色んな感情が詰め込まれていて、どんどん映画の世界に引き込まれるような作品です。歌も素晴らしかったです。(20代女性)

ミュージカル映画を新しい手法で制作された映画。 生歌で演じているので、映像と声にブレがなく感情移入しやすい。 アン・ハサウェイのわが子を思う悲痛な叫びとも言える歌声は鳥肌が立ち涙が止まらなくなる。 何度見ても心揺さぶられる作品です。(30代女性)

 

 

9.最高の人生のはじめ方

涙活におすすめの映画「最高の人生のはじめ方」がおすすめの理由

この映画を見終わった時にとても満たされた気持ちになりました。モンティのセリフに何度も笑う場面がありました。そして感動する場面が多々ありました。セリフ、風景、音楽(ピアノ曲)どれを取っても最高の作品でした。(30代女性)

とても心が温まる映画であると思います。ラストシーンは期待以上のエンディングだと思ってください。嬉しくて涙なしでは見ることができないとおもいます。夢であふれている映画だと思います。モーガンフリーマンの演技は圧巻です。(30代女性)

 

 

10.私の頭の中の消しゴム

涙活におすすめの映画「私の頭の中の消しゴム」がおすすめの理由

一生愛すると誓い結婚するには強い覚悟が必要なんだと実感した映画です。それと同時に記憶をなくすということが、とても悲しいことだと思いました。彼女を思う彼の姿は心を打たれ、涙が止まりませんでした。どんなことがあってもパートナーを大切にしたいと強く思った作品です。(20代女性)

これはかなり泣けます。 病気になってしまって、ヒロインの記憶がだんだんとなくなっていってしまうんですが…こんなに素晴らしい純愛はあるだろうかと感動します。 ヒロインを愛しつづける主人公も素敵だし、愛はどんな困難も乗り越えられるんだなと感じました。(30代女性)

 

 

11.昼顔

涙活におすすめの映画「昼顔」がおすすめの理由

2014年に大ヒットした不倫をテーマにしたテレビドラマの、3年後の世界が映し出されていくラブストーリーになります。海辺の町でひっそりと静かな暮らしを送っていたヒロインに訪れる偶然の再会と、更なる悲劇的な結末には胸が痛みました。(30代男性)

ドラマから始まって映画化された作品です。 許されない愛に走る姿を応援したくなりますが、人を傷つける不倫というのは幸せになるのはなかなか難しいなと考えさせられます。 ラストがかなり泣けます。 もう胸をギュッと鷲掴みにされたくらい悲しいです。(30代女性)

 

 

12.八日目の蝉

涙活におすすめの映画「八日目の蝉」がおすすめの理由

子供の誘拐、それは絶対に許されるものではないけれど、希和子の薫への愛情は、実の母親よりもとても深いものだと感じます。 この世の中には子供を愛せない親もいますが、血の繋がらない子供でも十分に愛情を注ぎ、その愛情は子供に繋がれていくものだということが実感できる映画です。 随所随所涙が欠かせず、それは愛を知った心温まる涙です。(40代女性)

親子って血の繋がりなのか、育ての親なのか…といろいろ考えさせられます。 子供をさらってしまうんですが、いけない事なのに…主人公はきちんと母親でした。 親の目線、子供の目線から観ると感想もまた違うかもしれませんが号泣します。(30代女性)

 

 

13.僕のワンダフル・ライフ

涙活におすすめの映画「僕のワンダフル・ライフ」がおすすめの理由

とにかく泣けます。僕(犬のベイリー)が50年の間に3回も生まれ変わって、巡り巡って元の飼い主のもとに戻るのは感動的で微笑ましいです。犬を飼ってる人もそうでない人でも動物好きなら楽しめます。ティシュを忘れずに!(30代女性)

以前犬を飼っていたので、CMを見て気になって見に行ったら、号泣しました。何度も生まれ変わる主人公の犬の健気な姿に心打たれ、開始5分から最後までずっと嗚咽を漏らすほど号泣していました。何度も人間の理不尽な理由によって、輪廻をするにも関わらず、人を憎むことをせず、大好きな人に会いたい、という気持ちだけで動き続ける純粋な犬の気持ちが感動しました。(20代女性)

 

 

14.100歳の少年と12通の手紙

涙活におすすめの映画「100歳の少年と12通の手紙」がおすすめの理由

白血病で既に何の手立ても無く、両親にさえ心を閉ざしてしまった少年が、偶然出会ったピザ屋の配達人との関わりによって、最後の12日間で心を開いていく(自分の死と向き合う)過程が、穏やかに、温かく描かれてます。とても感動します。(30代女性)

 

 

15.A.I.

涙活におすすめの映画「A.I.」がおすすめの理由

スティーブン・スピルバーグが監督したSF映画。 SF映画なのに、泣ける。始まってまだ序盤のうちに泣かされた。 子役のハーレイ・ジョエル・オスメントがもう秀逸! ラスト、一瞬どうしちゃったの?と戸惑わせておいてからの流れが もう号泣もの。 ただし、これは子供のいる母親限定の可能性もある。(40代女性)

 

 

16.HACHI 約束の犬

涙活におすすめの映画「HACHI 約束の犬」がおすすめの理由

ハチ公物語のハリウッド版ということでどうせ寒い展開でつまらないのだろうとあまり期待せず見始めた結果、開始15分で泣きました。全般を通してハチ役の犬の演技が素晴らしいです。複数の犬が演じているそうですが、どの犬もすごいです。表情、鳴き声、仕草すべてが完璧で、涙腺崩壊します。ハチ公の話のリメイクなのでどんな話かわかっていても思わず泣いてしまう映画だと思います。(20代女性)

 

 

17.アジャストメント

涙活におすすめの映画「アジャストメント」がおすすめの理由

マット・デイモン主演の運命と恋愛がテーマの映画です。運命の管理人なる存在が、自分の恋愛を邪魔しようとする中、自分の信念を貫き通そうとする主人公の行動には、思わ共感したくなります。ファンタジーとも言える作品ですが、信念の大切さを訴える作品です。(50代男性)

 

 

18.アタックナンバーハーフ

涙活におすすめの映画「アタックナンバーハーフ」がおすすめの理由

タイで実在したバレーボールチーム(ストレートの男性一人と残りはLGBT)が大会を勝ち抜くまでを描いた映画で、 笑いありシンミリありでLGBTの事や自分の生き方について、どう生きるのか?を考えさせられる映画。 映画の中の、「あのひとたちのこと、男じゃないから嫌いなの?女じゃないから嫌いなの?」が印象的。監督の言葉も印象に残ります。(40代女性)

 

 

19.アポロ13

涙活におすすめの映画「アポロ13」がおすすめの理由

まずはこれが史実だったという衝撃の事実。失敗した物語が映画化される時点でものすごいことだと分かる。 当時中学生だった自分はこの映画を見て宇宙飛行士になろうと本気で考えたぐらいだ。(高校で物理に躓き断念…) 年月が経って改めて見ても当時の感動は未だに薄れない名作。(30代男性)

 

 

20.あやしい彼女

涙活におすすめの映画「あやしい彼女」がおすすめの理由

主人公は高年齢のおばあちゃんで、ある日突然20歳に若返ってしまうというストーリーです。実はこのおばあちゃんは、とっても苦労人でした。でも、若返ったことにより犠牲にした青春を取り戻していきます。その過去の苦労話が涙誘われるほどのもので、苦労をする経緯も実は娘の病気によるもので。。。思わず泣いてしまいます。(20代女性)

 

 

21.イイネ!イイネ!イイネ!

イイネ!イイネ!イイネ!

涙活におすすめの映画「イイネ!イイネ!イイネ!」がおすすめの理由

横浜市内を舞台に幼い頃からの絆で結ばれた3人の男の生きざまを、クレイジーケンバンドの主演で送る作品です。ミュージシャン・マネージャー・反社会的勢力の構成員と三者三様の道のりを歩きながらも、決して変わることのない友情にはホロリとさせられました。(30代男性)

 

 

22.いつまた、君と ~何日君再来~

涙活におすすめの映画「いつまた、君と ~何日君再来~」がおすすめの理由

元になっているのは向井理が自費出版した祖父母の半生記になり、深川栄洋監督によって実写化されています。第二次世界大戦後の厳しい状況の中でも、お互いを励まし合いながら生き続ける夫婦の姿にはホロリとさせられました。(30代男性)

 

 

23.いぬのえいが

涙活におすすめの映画「いぬのえいが」がおすすめの理由

主役である犬のポチを軸として各登場人物の物語が紡がれていく、オムニバス形式の作品。 登場する犬たちの可愛らしさもさることながら、そこに絡む登場人物たちの朗らかな演技とストーリーに、暖かな感動を覚える良作。(30代男性)

 

 

24.いま、会いにゆきます

涙活におすすめの映画「いま、会いにゆきます」がおすすめの理由

亡くなったはずのお母さんが、雨の季節に戻ってくるという不思議なお話です。雨の季節が終わると、お母さんはいなくなってしまうのですが、そのシーンが涙なしでは見られません。特に小さな男の子がいる家庭では、涙腺がすごいことになると思います。最後にすべての謎がとけますが、またそこで涙です。(30代女性)

 

 

25.インターステラー

涙活におすすめの映画「インターステラー」がおすすめの理由

近い将来、地球が滅亡する危機がせまり、他の移住できる星を探しにいくというSFのストーリー。SF映画としては有名だが、一般ではあまり認知されなかったので、SF映画にあまり興味がなくて見ていない人にもオススメ。(20代男性)

 

 

26.エターナルサンシャイン

涙活におすすめの映画「エターナルサンシャイン」がおすすめの理由

失恋してつらいとき、その恋の記憶が消えてしまったら楽になると思うことがありますがそれが実現できる世界を描いた作品です。終わった恋の記憶でもとても大切で幸せで愛しい時間だったこと、これからの恋愛ではなんでもない時間でも大切にしていこうと思える切ないながらも前向きな気持ちにさせてくれるのでとてもオススメです。(20代女性)

 

 

27.オリーブの樹は呼んでいる

涙活におすすめの映画「オリーブの樹は呼んでいる」がおすすめの理由

経営難から樹齢2000年のオリーブの樹を売ってしまった祖父の後悔と、大切な物を取り戻すための孫娘の奮闘ぶりが感動的なストーリーです。時代の流れや合理化によって失われていく人間らしさと共に、世代を越えて受け継がれる確かな絆にはホロリとさせられました。(30代男性)

 

 

28.かくも長き不在

涙活におすすめの映画「かくも長き不在」がおすすめの理由

パリの街並みを彷徨う記憶を無くした浮浪者と、ゲシュタポによって夫と離れ離れになった女性との突然の出会いと奇妙な関係性を描き出していきます。ありふれた夫婦の幸せを引き裂いてしまう、戦争の残酷さには胸が痛みました。(30代男性)

 

 

29.かぐや姫の物語

涙活におすすめの映画「かぐや姫の物語」がおすすめの理由

先日、地上波で放映されていた、高畑勳監督の「かぐや姫の物語」を観たのですが、思っていた以上に切なく泣ける映画でした。昔話として、竹取物語のストーリーは知っていたものの、更に奥深い話として描かれていて、かぐや姫や時代背景、日本の古き良き風景や季節の移ろいの描写なども、レトロなスケッチのようなタッチやカラーが現代のアニメーションとは逆に新鮮に感じ、良い味を出していると思いました。(30代女性)

 

 

30.きっと、星のせいじゃない。

涙活におすすめの映画「きっと、星のせいじゃない。」がおすすめの理由

ガンを患いながらも、懸命に生きようとする若い二人の姿に心を打たれます。懸命に生きるだけではなく、懸命に恋をしようともします。生きることの尊さを感じられる映画なので、自分の人生を振り返ることができると思います。(30代女性)

 

 

31.グレイテスト・ショーマン

涙活におすすめの映画「グレイテスト・ショーマン」がおすすめの理由

ミュージカル映画として予告版から、引き寄せるものがあり なにより楽曲が全ていい。 楽曲にあったストーリーが、目が離せません。 登場人物の一人一人に注目されており、誰しもが持つコンプレックスを強みに 仕事、恋愛と、笑いあり涙ありの映画です。(30代女性)

 

 

32.クレヨンしんちゃん映画ガチンコ逆襲のロボとーちゃん

涙活におすすめの映画「クレヨンしんちゃん映画ガチンコ逆襲のロボとーちゃん」がおすすめの理由

はじめて見た時になにこれとか思いながら見ていましたが、最後らへんになってくると涙が止まりませんでした。 ひろしとロボットのひろしの最後の腕相撲がとても感動しました! やっぱり、ロボットよりも本当のひろしの方がいい!(20代女性)

 

 

33.この世界の片隅に

涙活におすすめの映画「この世界の片隅に」がおすすめの理由

戦争映画がですが、ごくごく一般庶民の若い既婚女性を中心に物語が流れていきます。戦場でのシーンがあるわけではなく、戦争中の一般庶民の暮らしがどんなだったか、戦争に対してどのように感じていたかを事細かい感情の描写がとても感動を呼ぶ映画です。(30代女性)

 

 

34.ジュリエットからの手紙

涙活におすすめの映画「ジュリエットからの手紙」がおすすめの理由

50年経っても変わらない愛、やっと結ばれた恋に感動して、感動して自分もそんな恋愛をしたいと強く思いました。 最近恋していないという方はみたら恋をしたくなると思います。 かつ涙活をしたい方にはおすすめの映画です。(20代女性)

 

 

35.ショーシャンクの空に

涙活におすすめの映画「ショーシャンクの空に」がおすすめの理由

映画史上に残る名作で、私自身も今まで見た映画でベスト5には入るほど感銘を受けました。 無実の罪で投獄された主人公が腐敗した刑務所内で受ける残酷な仕打ちに耐えながら、レッドと少しずつ交友を深め励ましあっていく様子に心打たれます。 ラストシーンの爽快さと暖かい感動にじんわり浸れる衝動はいつ見ても記憶に刻まれるものです。(30代男性)

 

 

36.ジョーブラックをよろしく

涙活におすすめの映画「ジョーブラックをよろしく」がおすすめの理由

ブラッド・ピット主演、ヒロインはクレア・フォーラニ。美男美女のラブストーリー。しかし、話は単純ではなく、死神が人間に恋をする物語。映像が本当に綺麗で、観終わった後に、凄く幸せな気持ちになれる映画。涙活目的の方は勿論、そうでない方にも、沢山の人に観てほしい映画。(40代男性)

 

 

37.すぎ去りし日の…

涙活におすすめの映画「すぎ去りし日の…」がおすすめの理由

妻と別居中の建築家と、彼の新しい恋人である若い女性との関係を描いたラブストーリーになります。お互いへの距離感を埋め合いながら心通わせていくふたりに突如として訪れることになる、悲劇的な結末には胸が痛みました。(30代男性)

 

 

38.スタンド・バイ・ミー

涙活におすすめの映画「スタンド・バイ・ミー」がおすすめの理由

原作はスティーヴン・キングによる短編小説になり、ウィル・ウィートンの主演によって実写化されています。死体を見つけに線路沿いを歩いていく4人の少年たちの後ろ姿からは、2度と戻ることのない貴重な青春の輝きを感じます。(30代男性)

 

 

39.ソラニン

涙活におすすめの映画「ソラニン」がおすすめの理由

恋人を事故で亡くしてしまい、その恋人の夢を叶える主人公(宮崎あおい)の姿がとてもかっこよかったです。友人、恋人、仲間など大切なものというのは数えきれないほどあるのだなと思いました。最後の音楽シーンはとてもすごかったです。(30代女性)

 

 

40.タイヨウのうた

涙活におすすめの映画「タイヨウのうた」がおすすめの理由

主演はYUIで、彼女の初主演映画でもあります。本業は歌手である彼女ですが、演技している姿がかわいくて必見です。日光を浴びることができないYUIのために、夜の間に彼女を楽しませようと励む塚本高志の姿にも胸をうたれます。ぜひ見てほしい映画です。(20代男性)

 

 

41.ダンサーインザダーク

涙活におすすめの映画「ダンサーインザダーク」がおすすめの理由

人間の汚なさや差別をありのままに表現していてとても考えさせられます。またその一方で、人の純粋さや、親が子を愛する気持ち、また子が親を求める気持ちもありのままに表現されていてグッと来ます。最後のシーンは涙なしでは見れません。(30代女性)

 

 

42.チョコレートドーナツ

涙活におすすめの映画「チョコレートドーナツ」がおすすめの理由

ゲイのカップルが、隣に住んでいたダウン症の男の子と家族になろうとする話ですが、実際にあった話に基づいているため、観ていて一喜一憂します。その時代に蔓延っていた様々な差別に胸を傷めることも多いですが、差別に打ち勝とうとする姿や、自分たちが幸せなら関係ない!といった姿に胸を打たれます。 普通って一体なんだろう?普通であることが本当に幸せなんだろうか?私たちに問いかけてくるような、そんな映画です。(20代女性)

 

 

43.トイ・ストーリー3

涙活におすすめの映画「トイ・ストーリー3」がおすすめの理由

トイ・ストーリー1、2とシリーズが続いている作品で、3ではラストにアンディとウッディたちおもちゃのお別れシーンがある。 子どもから大人になったアンディはもう昔のおもちゃでは遊ばなくなってしまうというところに月日の流れや成長を感じるとともに、長年遊んだ思い出が合わさりとても切なくなり大人なら誰もが感情移入してしまいます。(20代女性)

 

 

44.となりのトトロ

涙活におすすめの映画「となりのトトロ」がおすすめの理由

となりのトトロは日本アニメ映画の中でも名作中の名作です。なんといっても今は忘れられてしまった日本の昔の風景がたくさん出てきてとても懐かしい気分にさせてもらっています。時代は昭和30年ころの田舎風景といった感じでしょうか。風景見るだけでも価値のある映画だと思います。(40代男性)

 

 

45.ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団

涙活におすすめの映画「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団」がおすすめの理由

ドラえもん映画は大冒険が待っていたり、普段意地悪な奴が良い奴になったり、感動する別れがあったり。でも、最後は期待を裏切らないハッピーエンドが待っています。こちらはドラえもんの声優さんが変わってから、新しいバージョンの鉄人兵団になります。古臭い感じもなく、新しいキャラクターもいるので新しい中にも、どこか懐かしさも残る独特の感覚が大人になって疲れた心に染み渡ると思います。(30代女性)

 

 

46.ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険

涙活におすすめの映画「ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険」がおすすめの理由

小さな子供もそうですが大人が見ても楽しめましたし、ドラえもんが窮地にあったときにのび太が助けようとするところはとても見ていて涙が出ました。映画のドラえもんはこの映画で始めだったのですが、改めてドラえもんっていいものだなと思いました。(40代女性)

 

 

47.ニューシネマパラダイス

涙活におすすめの映画「ニューシネマパラダイス」がおすすめの理由

今からかなり昔の映画で、初めて見たのもだいぶ前の事ですが、今でも印象に残っている映画です、映写技師のアルフレードとともに主人公のサルヴァトーレの成長過程が見れて面白かったです、最後のシーンの音楽は今でも覚えています(30代男性)

 

 

48.ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で

style=border:none

涙活におすすめの映画「ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で」がおすすめの理由

高級コールガールから小説家へと華麗な転身を遂げた、実在するカナダ人女性の生きざまが映し出されていきます。文壇に一大センセーショナルを巻き起こしながらも、自らの生み出した幻想によって破滅していく様子には胸が傷みました。(30代男性)

 

 

49.ハートストーン

涙活におすすめの映画「ハートストーン」がおすすめの理由

東アイスランドのとある小さな漁村を舞台にして、思春期を迎えて戸惑う若者たちを描き出していくラブストーリーです。幼馴染のふたりの少年が性別を越えてお互いを意識し合いながらも、やがては引き裂かれいく様子には胸が痛みました。(30代男性)

 

 

50.パーフェクト・レボリューション

涙活におすすめの映画「パーフェクト・レボリューション」がおすすめの理由

身体的なハンディキャップを抱えている男性と、パーソナリティ障害に苦しんでいる女性との恋愛模様をテーマにした作品です。周囲の偏見や差別にも屈することなく、お互いへの思いを貫き通すふたりの生きざまにはホロリとさせられました。(30代男性)

 

 

51.パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

涙活におすすめの映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」がおすすめの理由

ジョニー・デップが孤高の海賊ジャック・スパロウを華麗に演じている、アドベンチャードラマの第5弾作品です。「ポセイドンの槍」を追い求めていく迫力満点の冒険と共に、個性豊かなキャラクターたちとの別れが惜しまれるラストです。(30代男性)

 

 

52.はじまりの街

涙活におすすめの映画「はじまりの街」がおすすめの理由

暴力的な夫から逃れてきた母親とその息子の、新しい場所での旅立ちの日々が感動的なストーリーになります。ローマ時代からの伝統を持つトリノの街並みが美しさ溢れ、過去を振り切って歩き始めていく親子の姿に重なり合って胸を打たれました。(30代男性)

 

 

53.バタフライ・エフェクト

涙活におすすめの映画「バタフライ・エフェクト」がおすすめの理由

幼い頃から想いを寄せていた幼馴染を救うために、過去へ跳躍する能力を駆使して孤軍奮闘する主人公の姿に心を打たれる。そこまで主人公に共感させた挙句に待ち受けるエンディングは、涙なしには見られない傑作。また、DVDとブルーレイ版にのみ収録されている「本当のエンディング」も、ぜひ見ておきたい。(30代男性)

 

 

54.パパのお弁当は世界一

涙活におすすめの映画「パパのお弁当は世界一」がおすすめの理由

ツイッターで広まった実話からインスパイアされたストーリーになり、武田玲奈の主演によって映画化されています。高校3年間毎日お弁当を作り続けた父親が受け取る、娘からのメッセージと1枚の写真にはホロリとさせられました。(30代男性)

 

 

55.ハロー!?ゴースト

涙活におすすめの映画「ハロー!?ゴースト」がおすすめの理由

ヒューマンストーリーの韓国映画です。主人公が自殺未遂をきっかけに、4人のゴーストに出会っていきます。最後に全てが繋がり、涙が溢れてきます。ですが、コミカルな絵や役で涙が出てくるヒューマンストーリーの少し重みのある雰囲気がなくおススメです。心温まる涙が出てくる映画です。(20代女性)

 

 

56.ビッグ

涙活におすすめの映画「ビッグ」がおすすめの理由

移動遊園地の不思議な機械に乗り込んだ12歳の少年が、身体だけ30歳になってしまう騒動がユーモアたっぷりなストーリーです。子供だけが持っている純真無垢な心が、大人になると失われてしまう一抹の寂しさも感じました。(30代男性)

 

 

57.ビッグ・フィッシュ

涙活におすすめの映画「ビッグ・フィッシュ」がおすすめの理由

主人公のウィルは小さい頃はお父さんの話が大好きだったのに、大人になってからはその父と険悪な関係になってしまいました。父が病気になり最期が近づいてくると、二人の仲はまた深くなっていきました。そして昔から聞かされてきた父の話には大きな秘密がたくさん隠されていたのです。時に親しい人から聞かされる物語には、不思議な点や信じがたい点もあると思います。しかし、この映画を見た後に親しい人と話をすると、不思議で温かい気持ちになるかもしれません。(20代女性)

 

 

58.ひまわり

涙活におすすめの映画「ひまわり」がおすすめの理由

第二次世界大戦中に、大戦により引き裂かれた男女を描いた映画で、イタリアを代表するソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニが主演しています。旧ソ連の女優であったリュドミラ・サベーリエワの健気で、可憐な演技が胸を打ちます。 また、ヘンリーマンシーニの、映画音楽が素晴らしく、一見の価値ありです。 おすすめの一作です。(40代男性)

 

 

59.フェンス

涙活におすすめの映画「フェンス」がおすすめの理由

崩壊した家庭で育った父親、母親、家族が苦しみつつ子どもも成長していく姿に感動します。黒人差別や貧困が描かれており、たくさんの出来事があったんだなと思いました。これからもこの人たちは、傷を負ったまま生き続けるという辛さも感じさせられました。(30代女性)

 

 

60.ふしぎな岬の物語

涙活におすすめの映画「ふしぎな岬の物語」がおすすめの理由

いつの間にか出会いと別れがあり、生まれ、死と向き合うという当たり前のことが描かれている映画だと思います。。名もなき人々の人生が美しくも、哀しくも、自然に綴られていました。とても優しい気持ちになることができました。(30代女性)

 

 

61.ブロークバックマウンテン

涙活におすすめの映画「ブロークバックマウンテン」がおすすめの理由

当時売れっ子だったジェイクギレンホールとヒースレジャーがゲイの恋愛映画に出たってことでスゴイ話題になった。二人が愛を育んだアメリカ西部の大自然がとても美しい。腐女子の方はもちろん人間ドラマとしてもおススメ(30代女性)

 

 

62.ペーパー・ムーン

涙活におすすめの映画「ペーパー・ムーン」がおすすめの理由

母親を失った孤独な少女と、裏社会を生きる詐欺師との間に芽生えていく絆が心温まるストーリーになります。ハロルド・アーレン作曲の「紙の月」が、血の繋がりのないふたりの姿に重なり合ってホロリとさせられました。(30代男性)

 

 

63.ぼくらの亡命

ぼくらの亡命

涙活におすすめの映画「ぼくらの亡命」がおすすめの理由

東京郊外の森にテントを張って野宿していた主人公と、美人局で生計を立てる女性との出会いが不思議な味わいのストーリーになります。誘拐をきっかけに始まっていくふたりの奇妙な関係と、破滅的な結末には胸が痛みました。(30代男性)

 

 

64.マーリー 世界一番おバカな犬が教えてくれたこと

涙活におすすめの映画「マーリー 世界一番おバカな犬が教えてくれたこと」がおすすめの理由

新婚のカップルが、ラブラドールの子犬と出会ってからの10年間ほどの話。 マーリーと名付けられたその犬は、次から次へと大騒動を巻き起こすのだけど、 その辺りはもう、コメディー状態で、大爆笑。 ホントに笑って笑わされて、からの展開がもう涙、涙、涙。 動物好きの方には、特におすすめ!(40代女性)

 

 

65.マイフレンドフォーエバー

涙活におすすめの映画「マイフレンドフォーエバー」がおすすめの理由

友情を築くなかで、親との関係や、エイズに対しての偏見など、二人の成長、友情のなかにドラマがおりこまれています。さみしさ、かなしさ、どうしようもない気持ちがつまっていて、その中でも希望をもって、生きていこうとする友情に、幸せってなんだろうと考えさせられたえいがでした。(30代女性)

 

 

66.ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。

涙活におすすめの映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」がおすすめの理由

実話からインスパイアされたストーリーになり、Facebookを通して知り合った台湾人女性と日本人男性の恋愛模様が映し出されていきます。インターネット上の無機質なやり取りが、いつしか遠く離れた男女の距離感を縮めていく様子にはホロリとさせられました。(30代男性)

 

 

67.ミラーズ・クロッシング

涙活におすすめの映画「ミラーズ・クロッシング」がおすすめの理由

アイルランド系とイタリア系の組織がしのぎを削る20世紀前半のアメリカ東部を舞台に、ふたりの男の運命を描き出していきます。厚い友情関係で結ばれながらも、ひとりの女性を巡る争いによって引き裂かれていく様子には胸が痛みました。(30代男性)

 

 

68.めがみさま

涙活におすすめの映画「めがみさま」がおすすめの理由

家庭では過保護な母親に悩みつつ職場では陰湿ないじめに耐え抜くひとりの女性を描くヒューマンドラマになります。人生に絶望していたヒロインが、不思議なセラピストとの出会いを通して成長していく様子が感動的でした。(30代男性)

 

 

69.もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

涙活におすすめの映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」がおすすめの理由

一貫性のあるストーリーだなと思いました。スポーツ映画独特の感動があります。みんなで心を一つにして、というのは一緒だなと思いました。前田敦子のマネージャー姿がかわいらしかったです。一生懸命なマネージャー姿がとても印象的です。(30代女性)

 

 

70.ユー・ガット・メール

涙活におすすめの映画「ユー・ガット・メール」がおすすめの理由

チャーミングなキャラクターのトム・ハンクスと、キュートな魅力が溢れるメグ・ライアンというハートフルなカップリングによる、恋愛映画。過剰な悲劇の盛込みなどはなく、あくまでストレートに、それでいて確実に観るものの心を温めてくれる良作。(30代男性)

 

 

71.ラ・ラ・ランド

涙活におすすめの映画「ラ・ラ・ランド」がおすすめの理由

ミュージカルものを見たことが無い人こそ見てほしい傑作。この作品をきっかけにライアンゴズリングのことが好きになった。パリピのリア充の日常を追った映画と思いきや夢を追う人々を応援する熱いメッセージを持った映画。(30代女性)

 

 

72.ラオス 竜の奇跡

涙活におすすめの映画「ラオス 竜の奇跡」がおすすめの理由

ひとりの女性が2015年と1960年のふたつの時代を行き来する、日本とラオスの2カ国で合同制作されたファンタジードラマです。時を越えて巡り合った男女のつかの間の幸せな暮らしと、やがては訪れることになる別れには胸が痛みました。(30代男性)

 

 

73.ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女

涙活におすすめの映画「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」がおすすめの理由

20世紀初頭の大韓帝国で最後の王妃となった徳恵翁主の、激動の生涯を描いた歴史スペクタクルになります。幼馴染であり独立運動に闘志を燃やす青年との恋愛模様と、時代の流れによって引き裂かれていくお互いへの想いにはホロリとさせられました。(30代男性)

 

 

74.リメンバー・ミー

涙活におすすめの映画「リメンバー・ミー」がおすすめの理由

カラフルな世界が美しい!! この映画を通して死生観に触れられて良かった。 こんな風に昔から家族1人1人を大切にしている考え方は、自分には当てはめられなかった。でも、この映画を通して家族を大切にしないといけないと思うことができた。とても良いタイミングで曲が入ってくるのも泣けるのでよかったです。(30代女性)

 

 

75.ワイルドスピード スカイミッション

涙活におすすめの映画「ワイルドスピード スカイミッション」がおすすめの理由

ワイルドスピードシリーズは車の映画です。今まで8作品のストーリーがありますが、一番感動するのがワイルドスピードスカイミッションです。なぜかと言いますと、映画の撮影している期間にメインの役を演じている人が、交通事故で亡くなってしまいその人に捧ぐ作品がワイルドスピードスカイミッションです。現実で亡くなっているからもう会えないということを、映画でももう会えないという演出をしています。そのシーンはいつ見ても泣けます。家族とは、友達とはをものすごい考えさせてくれる映画です。(20代男性)

 

 

76.わが母の記

涙活におすすめの映画「わが母の記」がおすすめの理由

記憶が消えてしまっても絆は消えないと深く考えさせられました。母親が自分のことをどれだけ思ってくれているのかを考えたら涙が止まらなくなりました。認知症になっても子供に対しての愛というは、変わらないなと思いました。(30代女性)

 

 

77.火垂るの墓

涙活におすすめの映画「火垂るの墓」がおすすめの理由

これほど泣ける作品はないです。 戦争のさなかに幼い兄弟が生きていく辛さ、もう涙なくしては観られません。 兄妹愛にずっと泣きっぱなしになってしまいます。 そして、戦争の悲惨さを描いていて、戦争って絶対にダメだと改めて感じさせてくれます。(30代女性)

 

 

78.海街diary

涙活におすすめの映画「海街diary」がおすすめの理由

個性の異なる4姉妹が一緒に暮らしている家族の日常の物語がとても印象的です。日頃の生活での幸せや笑顔になるタイミングというのはどれほど大事なのかを考えさせられました。とても心温まる物語であると思います。のんびりとした時間の流れが心地よかったです。(30代女性)

 

 

79.海辺のリア

涙活におすすめの映画「海辺のリア」がおすすめの理由

老人ホームを脱走したかつての銀幕のスターが、宛土なく海辺をさ迷い歩く姿が映し出されていく作品になります。生き別れた娘との偶然の再会を通して、自分自身の人生の最期と向き合っていく主人公の姿には胸を打たれました。(30代男性)

 

 

80.甘き人生

涙活におすすめの映画「甘き人生」がおすすめの理由

幼い頃に母親との痛切な別れを経験した、孤独なジャーナリストを主人公にしたヒューマンドラマになります。心を閉ざして生きてきた青年がある医師との出会いを通して、他の誰かと繋がる喜びを知るシーンにはホロリとさせられました。(30代男性)

 

 

81.空と海のあいだ

空と海のあいだ

涙活におすすめの映画「空と海のあいだ」がおすすめの理由

母親の定食屋を手伝いながら介護福祉士を目指す専門学生と、幼なじみの女性の友情が心温まるストーリーになります。ある日突然に東京からやって来た青年との出会いと、ふたりの間に生まれていく微妙な距離感が心に残りました。(30代男性)

 

 

82.君の名は。

涙活におすすめの映画「君の名は。」がおすすめの理由

アニメですが、とにかく映像が綺麗です。主題歌を歌うRADWIMPSの音楽も作中で流れ、映像とマッチしており鳥肌が立ちました。現在と過去を複雑に構成したストーリーで最初から最後まで目が離せません。観たら必ず泣けると思います。(20代女性)

 

 

83.言の葉の庭

涙活におすすめの映画「言の葉の庭」がおすすめの理由

君の名はで一躍有名になった新海誠監督の映画です。先生と生徒のなんともいえない切なくも甘酸っぱい恋の物語です。新宿御苑を舞台に進んでいきます。梅雨の時期に始まるこの恋の物語。最後の結末はものすごく切なく、それでいてなぜか前向きに思える内容です。(20代男性)

 

 

84.光

涙活におすすめの映画「光」がおすすめの理由

映画の音声ガイドの仕事に奮闘する女性と、視力を失いつつあるカメラマンとの出会いを描くラブストーリーです。物語の舞台になる奈良県内の美しい風景を、ふたりが記憶の中に焼き付けようとするシーンにはホロリとさせられました。(30代男性)

 

 

85.光をくれた人

涙活におすすめの映画「光をくれた人」がおすすめの理由

元になっているのはベストセラー小説「海を照らす光」になり、デレク・シアンフランス監督によって実写化されています。オーストラリアの孤島で灯台守として暮らしていた夫婦と、流れついた赤ちゃんがひとつの家族になる瞬間が感動的でした。(30代男性)

 

 

86.婚約者の友人

涙活におすすめの映画「婚約者の友人」がおすすめの理由

20世紀初めのドイツを舞台に設定して、戦争によって夫を失った女性と彼女の前にある日突然に現れた男との不思議な関係を描き出していきます。過去のほろ苦い記憶を乗り越えていき、未来への1歩を踏み出していくヒロインの姿には胸を打たれました。(30代男性)

 

 

87.最高の人生の見つけ方

涙活におすすめの映画「最高の人生の見つけ方」がおすすめの理由

終始ボロ泣きというわけではなく、笑ってしまうシーンも泣いてしまうシーンもありました。 正反対の生活を送る主人公2人を見ていると、心があったまりながら勇気ももらえるし、人の儚さも感じます。 誰が見ても価値はあると思いますが、特に人生に行き詰ったり、疲れた人におススメです。(30代女性)

 

 

88.阪急電車

涙活におすすめの映画「阪急電車」がおすすめの理由

様々な「愛」に悩む人々の人生が、偶然にも電車のなかで重なり合ったり影響しあったり離れたりしていくんですが、非常に勇気優しさをもらえるお話です。 普段ぎすぎすした日常生活を過ごしている人にとって心が解けるような奇跡が起こり、思わず泣きながら笑ってしまうようなおはなしです。 わたしが精神的につらい時に、母が教えてくれました。(20代女性)

 

 

89.私の中のあなた

涙活におすすめの映画「私の中のあなた」がおすすめの理由

私が今まで観た映画の中で一番泣いた映画です。子供を持つ親には涙せずに観れないと思います。この映画は家族の中にある様々な愛が描かれています。病気の姉の事が大好きな妹が、突然姉を見捨てるようなことを言い出すのですが、それが何を意味しているのか。病気の姉を想う家族の愛と、姉もまた家族を想うがゆえの決断。家族の在り方を考えさせられる映画です。(30代女性)

 

 

90.質屋

涙活におすすめの映画「質屋」がおすすめの理由

ナチスの収容所での辛い過去を引きずりながら、ニューヨークで質屋を営む孤独な中年男性の姿が映し出されていきます。人を信じられなくなっていた主人公が、多くの人たちと出会い人間性を取り戻していく様子が感動的でした。(30代男性)

 

 

91.息もできない

涙活におすすめの映画「息もできない」がおすすめの理由

ヤン・イクチュン主演、監督作品。ヤン・イクチュンはこれが長編映画監督デビュー作とのことだが、とてもそうとは思えない完成度である。暴力的なシーンも多いが、それが逆に登場人物らの求める「何か」を際立たせているように感じた。一見の価値ありの作品である。(30代女性)

 

 

92.追憶

涙活におすすめの映画「追憶」がおすすめの理由

バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォードという名優が演じており、戦争を背景として男女の愛憎が見事に描かれている作品。別れてしまった二人が雪の中、偶然に出逢うラストシーンは、何度見ても泣ける名作。(50代男性)

 

 

93.湯を沸かすほどの熱い愛

涙活におすすめの映画「湯を沸かすほどの熱い愛」がおすすめの理由

病気で死んでしまうお母さんとの別れを悲しむ話ではないというところです。 家族としてのあり方や母親としての強い愛情を感じられる映画です。 本当に死んでしまうシーンは、とてと悲しいのは変わりはないのですが、本当に2、3分くらいで描いてるので、すっきりとします。(30代女性)

 

 

94.日々と雲行き

涙活におすすめの映画「日々と雲行き」がおすすめの理由

子育てを無事に終えて豪邸で仲睦まじい暮らしを送っていた、夫婦に訪れる離婚の危機を描くヒューマンドラマです。フレスコ画の研究に生き甲斐を見出だしていく妻の姿と、リストラによって居場所を無くしていく夫のコントラストには胸が傷みました。(30代男性)

 

 

95.彼女の人生は間違いじゃない

涙活におすすめの映画「彼女の人生は間違いじゃない」がおすすめの理由

福島県出身の映画監督である廣木隆一が、故郷への思いを込めて執筆した小説を自らの手で映像化した作品です。被災地の仮設住宅でギャンブル依存症の父親と暮らす女性が、週末の渋谷で新しい自分に生まれ変わっていく姿が感動的でした。(30代男性)

 

 

96.僕たちは世界を変えることができない。

涙活におすすめの映画「僕たちは世界を変えることができない。」がおすすめの理由

普通に生きて来た大学生たちがカンボジアに小学校を建設する物語です。カンボジアの現状と向き合い、様々な思いを持って、カンボジアの子どもたちを救うとする主人公たちに感動です。日本ではわからない世界の悲しい現状を感じてしまいます。(20代男性)

 

 

97.僕の妻と結婚してください

涙活におすすめの映画「僕の妻と結婚してください」がおすすめの理由

織田裕二演じる主人公が余命を言い渡される。 織田裕二は最期に遺される妻のため自分の死んだあとの夫を探すことに。 死別の辛さと、夫の優しさを感じるも再婚を勧められる複雑な妻の心境を考えると涙無しには見られない。(20代男性)

 

 

98.僕の初恋をキミに捧ぐ

涙活におすすめの映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」がおすすめの理由

生れながらにして病気を持つ少年と病院の先生の娘が恋に落ちる映画です。命の大切さを気づかせてくれて、当たり前に生きている素晴らしさを教えてくれる映画です。例え、相手がいつ死ぬか分からないけど、本気で相手のことを思い愛するというところにとても感動します。涙なしでは見れない映画だと思います。(20代女性)

 

 

99.ぼくは明日、昨日のきみとデートする

涙活におすすめの映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」がおすすめの理由

初めはただのラブストーリーかと思いましたが、観ていくうちにどんどん惹き込まれる。内容を理解した時には涙が止まらなくなりました。2度3度と観ていくと更に主人公達たちの気持に感情移入してしまい、大切な人との1日1日を大切に過ごしていきたいと感じました。(20代女性)

 

 

100.蜜味

涙活におすすめの映画「蜜味」がおすすめの理由

エリート会社員として生きてきた主人公が、ある日突然に思い出の街に迷い込んでいく奇妙な味わいのストーリーになります。過去の記憶をたどって懐かしの女性と巡りあっていくうちに、かけがえのない今現在に気付く瞬間には胸を打たれました。(30代男性)

 

 

101.余命一ヶ月の花嫁

涙活におすすめの映画「余命一ヶ月の花嫁」がおすすめの理由

タイトルの通りのストーリーなんですが、実際にあった話を元にして作られている作品でよけいに涙が出ます。 短い余命でも、一生懸命に生きた主人公の姿に感動します。 ラブストーリーだけでなく主人公を支える周りの人が素敵でした。(30代女性)

 

 

102.恋空

涙活におすすめの映画「恋空」がおすすめの理由

若い時にしか経験できない、初恋と純愛をこれでもかと感じさせてくれる物語です。 命がけで人を全力で愛するって素敵で泣きました。 若い世代はこんな恋愛してみたいなーなんて憧れること間違いなしの映画です。 鉄板です。(30代女性)

 

 

103.聲の形

涙活におすすめの映画「聲の形」がおすすめの理由

耳が聞こえないヒロイン西宮硝子と、いじめっ子の主人公石田将也の話です。 耳が聞こえないことで小学生のころ将也は硝子の事をいじめてしまいますが、高校生になり再会し、将也はいじめたことをひどく後悔していました。 そんな二人がだんだん歩み寄っていく姿が描かれた映画になり、要所要所で登場人物たちが四苦八苦する姿に感化され、うるうる来てしまいます。 また、制作会社が京都アニメーションということもあり、かなり作画が美しく、水のシーンなどはとても見ごたえがあります。(20代女性)

 

 

104.螢~Ver Luisant~

涙活におすすめの映画「螢~Ver Luisant~」がおすすめの理由

反社会的勢力に所属しながらも非情になりきることができない男の生きざまを、柳葉敏郎の主演によって描いている作品になります。罪を犯して逃げ惑い、愛する女性と離れ離れになっていく主人公に訪れる悲劇には胸が痛みました。(30代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました