福田雄一監督おすすめ映画ランキング

スポンサードリンク




福田雄一監督おすすめ映画ランキング

福田雄一監督といえばアニメの実写映画です。特にコメディーアニメの実写映画が多く、絶妙なキャスト配置と原作の雰囲気を壊すことなく忠実に再現するのが魅力です。嫌われがちな実写映画の印象を変えて見せた監督です。

 

 

第5位.福田雄一「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」

福田雄一「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」がおすすめの理由

「HK/変態仮面」は、1992年から93年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載されていた、あんど慶周による伝説的コミック『究極‼ 変態仮面』を実写で映画化するという暴挙に出たものです。福田雄一監督の演出や配役のセンスと主人公の色丞狂介こと変態仮面に扮する鈴木亮介による名演技によって劇場公開するや、クリーンヒットを記録しました。ハードかつスリリングなストーリーで敵と戦う変態仮面の勇姿が、実にまっとうなヒーロー映画として展開されます。ただ一般のヒーロー物の映画と違うところがあります。それは主人公が変態なところです。しかし、変態だからこそくだらないことを真剣に取り組むことでもたらされる微笑ましさと感動が生まれます。福田監督はこの作品からあからさまなギャグ演出をなくしたそうです。だからこそ真剣なシーンのところでも見る側はクスリと笑えてしまうのです。この映画を観れば新感覚な笑いを楽しめることでしょう。

 

 

第4位.福田雄一「斉木楠雄のΨ難」

福田雄一「斉木楠雄のΨ難」がおすすめの理由

週間少年ジャンプで連載している原作者の麻生周一によって描かれた「斉木楠雄のΨ難」の実写化映画です。見所はなんといっても吉沢亮さんの厨二病と橋本環奈さんの性格の悪いぶりっ子演技など普段のイメージと違った見たことのない演技が見所です。そして、賀来賢人さんの元ヤン、ムロツヨシここら辺はまあ安定の癖が強い名演技が見ることができます。そしてこれらの癖が強く、テンションの高い登場人物たちをローテンションの山崎賢人さんがツッコむ(心の中で)。美男美女が勢揃いのキャストですが、そんなのお構いなしのギャグ要素。キャスト陣も自分が美男美女だということも忘れて熱演しています。そして安定で自分を貫くムロツヨシ。福田監督の作品ではおなじみですね。ストーリーは最初から最後までシュールなコメディー。原作のキャラやストーリーの構成を崩さず映画ならではのオリジナル要素を加わっています。コメディー映画を見て笑い続けたい人におすすめです。

 

 

第3位.福田雄一「50回目のファーストキス」

福田雄一「50回目のファーストキス」がおすすめの理由

「50回目のファーストキス」は2004年にアメリカで公開され1位を獲得したドリュー・バリモアとアダム・サンドラーによって作られた同名作品をものを元にした作品です。コメディーアニメの実写化でお馴染み福田雄一監督の手によって多少の改変を加えてリメイクしたもので、福田監督にとって初のラブストーリーです。ストーリーは山田孝之さん演じるハワイでコーディネイターをするプレイボーイ弓削大輔がある日、カフェで長澤まさみさん演じる藤島瑠衣という女性と出会い恋に落ちるというもの。しかし、翌日同じカフェで会った彼女は大輔の事をまるで覚えていませんでした。実は彼女は交通事故の後遺症により、新しい記憶は1日で消えてしまう短期記憶障害を負っているというものでした。一緒に過ごした日々が記憶に残らない。そんな彼女にどう向き合って過ごしていくのか。コメディーあり、感動ありで笑って泣ける福田監督には珍しいジャンルの映画です。

 

 

第2位.福田雄一「銀魂」

福田雄一「銀魂」がおすすめの理由

週間少年ジャンプて連載している銀魂の実写化映画。実写映画はきちんと原作の魅力や作品の本質を理解している作品と見てくれの再現だけの作品があります。しかしこの実写版銀魂は前者だと思います。原作の魅力をきちんと理解し、掘り下げていて、なおかつ実写作品ならではのオリジナル要素を作品の魅力を壊すことなく付け加えられていて素晴らしい味付けを見せてくれました。銀魂ならではのそこまでやっていいのかと思うほどのギリギリな他作品のパロディを惜しげもなく披露してくれていてるのには関心しました。ダサいところはダサく、カッコいいところはカッコいい銀時の魅力を、小栗旬さんが熱演。しっかりと世界観を作り上げています。菅田将暉さんの芸達者ぶりも光っていて、ツッコミをはじめとするコメディセンスもしっかりと発揮されています。漫画やアニメの実写化作品を嫌っている人もいますが、そんな人でも楽しんで見ることができる作品だと思います。

 

 

第1位.福田雄一「銀魂2 掟は破るためにある」

福田雄一「銀魂2 掟は破るためにある」がおすすめの理由

週間少年ジャンプで連載されていた銀魂の実写化映画「銀魂」の続編です。続編と言ってもストーリーが繋がっているわけではないので気軽にこの映画から観ることができます。今回は第1作目ではそこまで活躍していなかった新選組が中心のお話です。吉沢亮さんのカッコ良さとギャグシーン、アクションシーンを両方とも完璧にこなす演技力が際立っています。第1作目と比べ、シリアスな演出も増え、アクションシーンのレベルも格段に上がっています。特に終盤の列車のシーンは胸踊る迫力あるシーンになっています。キャストも豪華俳優陣が追加され、より一層演技に力が入っています。変顔にも力が入っていました(笑)。もちろん前半のギャグシーンもあり、銀魂ではお馴染みのギリギリ際どいところを狙うパロディも見られます。原作の魅力を理解し、それを実写で表現されているので原作への愛が伝わってきます。笑って熱くなれる福田監督の今世紀最大のイケメンの無駄遣い映画です。