「話し方」に関する本おすすめ68選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめの「話し方」に関する本

1.斎藤孝「誰からも「できる!」と思われる大人の語彙力ノート」

 

話し方に関する本 斎藤孝「誰からも「できる!」と思われる大人の語彙力ノート」がおすすめの理由

最近新語などが増えてきているからなのかはわからないが目上の人に対する言葉使いができなくなっている人が増えてきているように感じる。本来なら、目上の人は尊敬するべき人物であるがあろうことか自分の倍の年齢の先輩に対してタメ口で話しかけてくる若者が多い。今の若者に敬語や尊敬語というジャンルは存在しないのかと考えてしまう。かたや、先輩に尊敬の念をいだいていながらもどのような話し方をすればわからない人もいる。この本はそのような方にオススメの本で自分の中の語彙力を高めるとともに本来あるべき日本語を学ぶことができる本である。(40代男性)

普段使わない言葉であるが、意味と使いかたをうまく説明してあり、とても良い 覚えるまでに時間がかかりそうだが、使っていくうちに記憶できるのではないかと思っている 丁寧な言葉だし是非是非参考にしていただきたいです(40代女性)

こういう言葉は、いざという時にビシッとアウトプットできるとカッコいいと思いと思い語彙力ないので面白かった。前半部分は耳にしたことがあるものが大半でしたが、後半部分の時候の挨拶、季節の言葉が大変興味深かったです。(50代男性)

近年、大人の言葉使いが問題になり語彙力と言う言葉をよく耳にするようになってきました。私はこの本を手に取った時、自分はどの程度言葉を知っているのだろうと思い一ページをめくると知らないことだらけでした。今まで自分がどれだけこどもっぽい話をしてきたのだろうと恥ずかしさを知りました。著者の齋藤孝さんもはじめに綴っていることば、「こどもっぽい話し方をしてる、社会人らしく見えない。そしてそのことで損をしている」と、私はまさにそうだ!と痛感しました。SNSが普及してきた現在、若い人たちは文字を打つときも自動変換を使うのでしっかり自分たちの意思で相手に伝える言葉を選んでる人は少ないのではないかと思います。これから就活を迎える人だけではなくいろんな方に今一度自分たちの語彙力を高めるためにも読んでもらいたい1冊です。(20代女性)

 

 

2.佐々木圭一「伝え方が9割」

 

話し方に関する本 佐々木圭一「伝え方が9割」がおすすめの理由

わかりやすく、なるほどー!そんなやり方があるのか!という発見があり、また、例えばの例がとてもおもしろかった。 コピーライターという著者の経歴から、苦しみながら、かつ、笑いを交えて乗り越えて来た感が感じられた。(30代女性)

この本は話し方は持って生まれた才能ではなく、皆勉強すれば話し方も上手になるし、楽しい会話が生まれることを教えてくれる本です。話し方を勉強できるということはあまりしらない人が多いですが、この本を読むだけで勇気が持てて、試してみようという前向きな気持ちになれます。話し下手で悩んでいる人には是非読んでもらいたいです。(20代女性)

誰もが仕事や日常の生活の中から話し方や伝え方を学んだり身に付けたりするには膨大な時間と労力が必要なところですが、この本は分かりやすく実践的に解説してあり、魅力的な言葉を短い時間で習得して活用できるよう構成してあります。(40代女性)

最初はよくありがちな内容の本だと思っていました。でも、少し読んだだけでぐいぐい引き込まれてしまい一気読みでした。自分の話し方や接し方に自信がない私ですが、この本を読んだ後は誰でもいいから話して本の内容を実践してみたいと思いました。自分に自信が持てるようになる一冊になりました。(30代女性)

 

 

3.吉田 照幸「「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!」

 

話し方に関する本 吉田 照幸「「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!」がおすすめの理由

おもしろいことを言う人はフレーズ自体がおもしろいわけではなく、その場の空気を読み取る能力に長けているという内容は目からウロコだった。また、ウケる人は他人に好かれていることが前提にあるという内容も仰る通りだと思いました。相手が質問してきた事は聞き返す、また自分が話したい事は相手に質問するし、自慢した話は、自虐でオトし、社内の人の紹介、上司は褒めておいてギリギリでケナす。(50代男性)

テレビのディレクターが著者です。もちろん笑いをとるための話も載っていますが、どちらかというと楽しい雰囲気づくりのための本です。消して芸人のようなドッカンドッカンとる笑いではなく、なんか、この人いい人だなっと思ってもらうための話し方。立場的にも変なことは言えないけど固すぎても面白みのない人になってしまうという状態を脱するための本です。(50代男性)

 

 

4.秀島史香「いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則」

 

話し方に関する本 秀島史香「いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則」がおすすめの理由

営業職の人だけでなく、プライベートな対人関係においても役立つ考え方、方法論が詰まった名著です。ラジオDJという、一般にはあまり知られていない特殊な業界の裏側も知ることができます。トークは合気道と声の世界で勝負する秀島史香さんのプロフェッショナリズムに素直に感動しました。(50代男性)

こうすればすぐ上手くいくという即効力のあるものではないものの、会話に困った際にこういう気付きがあれば気負うことなく話せるのじゃないかということが書かれています。書いてあること全てを真似すると、それこそ自分じゃなくなるけれど、コミュニケーションで困ったときに参考になる本です。(50代男性)

 

 

5.魚住 りえ「たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書」

 

話し方に関する本 魚住 りえ「たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書」がおすすめの理由

本を読むのは苦手ですが読みやすかったです。話し上手も大事ですが、聞く力をつけたくて買ってみました。この本は参考になる本でした。これからも聞く姿勢を大事に気をつけたいと思います。話を聴くことを、一つのテクニックとして学べたと思う。いい加減な本ではないと思います。読んでみて損がないと感じました。(50代男性)

アナウンサーは聞くのが仕事で、場面と相手により声のトーンを変える。ロジックツリーを意識して脱線し過ぎたら軌道修正する。魚住アナウンサーが書いた本があるんだと思い借りた本です。自分の話より、相手に話をさせる事。相づちは多めに、笑いも加える。知っている事も、あえて知らないふりをし、イエス、ノーで答えられる質問をしない。聞きにくい事は、自分の話をして話しやすくする。 周りの人に話を振ることを心掛ける。(50代男性)

 

 

6.野口 敏「マジで会話が苦手でも、「楽しい人」になれる人」

 

話し方に関する本 野口 敏「マジで会話が苦手でも、「楽しい人」になれる人」がおすすめの理由

とてもわかりやすく、とってもタメになったので、すぐ読めました。頭ではわかっていても実践が難しいのですがとてもわかりやすい説明ですぐに活用できそうです。読んでる自分が楽しくなって、うきうき。いろんなものから刺激を受けれるように感度抜群にならないといけないと思いました。(50代男性)

自分をオープンにしていくことが大切と思ったなどなるほどという記事がいっぱいあったので、参考になりました。感情を出すようにして、会話を楽しく、そして相手の気持ちを汲み取って、聞き上手になりましょうという本です。実際の流れ次第で、いろいろ実践してみるのが良いのではと思います。(50代男性)

 

 

7.野口敏「マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方」

 

話し方に関する本 野口敏「マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方」がおすすめの理由

日常であまり意識していなかった話し方を改めて見返すキッカケとなった本なのでおすすめです。この本を読む前と読んだ後で日常茶飯事に展開される会話の見え方が変わります。簡単に取り組める部分も多いので読んですぐ実践できた内容がたくさんありました。(20代男性)

漫画だから本が苦手な人も読むことができる。内容も面白い。笑いも含まれてる。内容を読んでみて、誰に対しても無理に話すのではなく、相手の話を聞くことも大切なんだなと感じた。実際にやってみて、大分話が続いたとおもう。(20代女性)

 

 

8.池上彰「わかりやすく〈伝える〉技術」

 

話し方に関する本 池上彰「わかりやすく〈伝える〉技術」がおすすめの理由

今をときめく池上彰先生の本ということで読みました。話し方には全然自信がありませんでしたが、この本はとてもやる気を起こさせてくれて効果的な訓練法も書いてあり参考になりました。これからも続けて実践していきたいと思います。(30代男性)

池上彰さんがアナウンサー時代や講演会で実践していた、人に物事をわかりやすく使える極意を得ることができます。その極意は、日常生活や会議、さまざまな規模のプレゼンテーションに応用できるものなので、めちゃくちゃ役に立ちます。(20代女性)

 

 

9.水希「銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方」

 

話し方に関する本 水希「銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方」がおすすめの理由

特殊な業界ではあるものの、まさにおしゃべりのプロフェッショナルであるホステスによる話し方の教本としての意味合いが強く、思わず納得してしまう話し方テクニックに脱帽させられてしまいました。また夜の蝶たちの知られざる実態についても知ることができ、とても楽しく読める一冊であるためおすすめです。(30代女性)

「誰からも好かれる話し方」と帯に書いてあったので気になって読んでみました。 目の動きを見て相手の感情を読み取るという部分がとても興味深かったです。 作者は心理カウンセラーでもありホステスさんの経験もある方でその時の経験を元に書かれた作品でした。(40代女性)

 

 

10.福田健「人は「話し方」で9割変わる」

 

話し方に関する本 福田健「人は「話し方」で9割変わる」がおすすめの理由

仕事以外の日常生活でも使える内容でかなり役に立つ情報だと思います。文章も難しいものではないので楽しく話術のコツを身につけることができるでしょう。早速私もこの本で学んだことを明日から活用していこうと思います。(30代女性)

とてもわかりやすい、そして実践しやすい。話し方も会社だけでなく接する人全員に通ずる話し方の方が書いてあってとても役に立った。わたしがいちばん印象に残ったのは依頼の仕方で、押し付けるような依頼ではなく、相手の利益になる依頼の仕方。相手をよく知った上でできる依頼方法であり、自分の人との関わり方の視点もかわった。(20代女性)

 

 

11.池上彰「相手に「伝わる」話し方」

 

話し方に関する本 池上彰「相手に「伝わる」話し方」がおすすめの理由

テレビにでも出ている池上彰さんの本です。本には、話す時は、相手の目や立場にたって考えるということ言うことが書いてあり、相手の目線に立ち伝えることが大切だと分かりました。また、池上彰さんについても知れるとても読み応えのある本です。(40代女性)

当代きっての話し方のプロである池上彰氏がニュースキャスター時代の実例を挙げて他人への物事の伝え方を懇切丁寧に説明してくれています。 まず伝えたいことを自分の頭の中で整理して要素に分けて分解し、次に受け取る側の知的理解力などを把握した上で効率よく伝えるというようなことが書いてあります。(40代男性)

 

 

12.阿川佐和子「聞く力」

 

話し方に関する本 阿川佐和子「聞く力」がおすすめの理由

阿川佐和子さんは、週刊誌でさまざまなゲストと対談するというコーナーを長年されており、幅広いジャンルの人たちと話している経験の中から、聞く力という彼女独自の視点で上手なコミュニケーションとは何かということを語ってくれている本です。聞く力というのはコミュニケーションのポイントのみならず、人から信頼される、愛される秘訣だということがこの本から学べました。(30代女性)

ベテランアナウンサーの阿川佐和子さんによる、コミュニケーションについての本。とても参考になりました。コミュニケーションの基本は、聞くこと。相手のことをどこまで知り、興味を持ち、聞き出していくか。どんな職種にも通じる、大切なスキルが学べる本です。(30代女性)

 

 

13.松本幸夫「「感じがいい」と言われる人の話し方」

 

話し方に関する本 松本幸夫「「感じがいい」と言われる人の話し方」がおすすめの理由

思いやりや気配りが感じられる話し方がわかりやすく書いてあります。この本のタイトルである「感じがいい」と言われる人の話し方を学べます。この話し方を実践したい 人には役立つ本だと思います。声に自信を付けて話す方法など色々な事が書いてあり面白いです。(40代女性)

 

 

14.内藤誼人「「人たらし」のブラック心理術」

 

話し方に関する本 内藤誼人「「人たらし」のブラック心理術」がおすすめの理由

会う人すべてがあなたのファンになる!という謳い文句に惹かれこの本を手に取りました。本に記されている内容は明日から始められるものばかりでした。人間関係を円滑にするためには常に自分が我慢すれば解決すると思っていたのが大きく変わり、気持ちも楽になりました。嫌われる勇気も好かれる自信も与えてくれる一冊です。(20代女性)

 

 

15.佐藤誠司「【話す】ための英文の作り方」

 

話し方に関する本 佐藤誠司「【話す】ための英文の作り方」がおすすめの理由

日本人が英語を学ぶ段階でよくつまずくのは、すぐに英語の表現が出て来ないという問題だと思います。特に文法でつまずいてしまうと感じています。この本は英語の構造が簡単に見て分かるように作られており、英文を自分の脳で作る上での良い練習となります。まさしく話すための英語ブックです。(20代女性)

 

 

16.サリーウォード(著),SallyWard(著),槙朝子(著),汐見稔幸(著)「0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児」

 

話し方に関する本 サリーウォード(著),SallyWard(著),槙朝子(著),汐見稔幸(著)「0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児」がおすすめの理由

子育ての中で、どの保護者も毎日子供に対して様々な「語りかけ」をしていると思いますが、「どうしてうちの子は、なかなかお話してくれないんだろう…」と悩んでいる方にぜひ読んで頂きたい一冊です。 子供の言葉を引き出すために適した「語りかけ・会話」の方法や実例が豊富に掲載されている上、どの方法も特別な教材や玩具等を用意しなくても大人の心がけのみですぐに実践できる所も高評価できます。(30代女性)

 

 

17.荒木 真理子「10秒で伝わる話し方」

 

話し方に関する本 荒木 真理子「10秒で伝わる話し方」がおすすめの理由

元アナウンサーでお天気キャスターさんという経歴でいながら自らもあがり症だったと言う事でとてもリアリティがあります。人前で話すことが苦手な人にとても参考になる本です。克服する方法が具体的で分かりやすく書いてあり役立ちます。(40代女性)

 

 

18.下平久美子「1日1分、30日で人生が変わる。話し方聴き方の法則」

 

話し方に関する本 下平久美子「1日1分、30日で人生が変わる。話し方聴き方の法則」がおすすめの理由

1日1つの項目で書いてあるので気軽に読めます。日常的に話す、聴くをしているが少し意識を変えるだけで毎日の生活に余裕が生まれます。またプラスの言葉を使うことにより自分を責めるというのもいつの間にかなくなるという言葉の重要性がわかる本です。(30代男性)

 

 

19.伊藤羊一「1分で話せ」

 

話し方に関する本 伊藤羊一「1分で話せ」がおすすめの理由

1分で人に話の内容を理解してもらうためにはすごく時間もかかるし、話し方によると思いますが、その話し方をわかりやすくすぐ伝わるように書いてある1冊です。例えものっていて、わかりやすく伝わるように書いてあります。(30代女性)

 

 

20.鳥谷朝代「1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法」

 

話し方に関する本 鳥谷朝代「1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法」がおすすめの理由

上がり症で困っている私。 こういった本や、自己啓発系の本はいくつも読んでいます。 取り立てスピーチでなくても対人で役に立ちそう。 日々、上がらずにすむようにワークして行きたいと思います。 非常にオススメいたします。(40代女性)

 

 

21.株式会社プレジデント社「PRESEDENT WOMAN 2018年10月号」

style=border:none

話し方に関する本 株式会社プレジデント社「PRESEDENT WOMAN 2018年10月号」がおすすめの理由

個人的に声が小さく通らないことがとても気になっていましたが、こちらの冊子に話し方の実用レッスンページがあり、アナウンサー直伝のトレーニング法が記載されており、とても参考になりました。他にもCAや敏腕営業マンの話し方など、各業界を代表する方々の話し方も取り上げられているのでとても興味深い内容でした。(30代女性)

 

 

22.岩井 俊憲「アドラー流 人をHappyにする話し方」

 

話し方に関する本 岩井 俊憲「アドラー流 人をHappyにする話し方」がおすすめの理由

人間関係がうまく行かなくて悩んでいる人は多いと思います。この本はそんな人向けに、ちょっとした話し方のコツで人間関係を良好にすることができるということを、アドラー心理学の観点から具体例でわかりやすく説明しています。(50代男性)

 

 

23.瀧羽麻子「ありえないほどうるさいオルゴール店」

 

話し方に関する本 瀧羽麻子「ありえないほどうるさいオルゴール店」がおすすめの理由

あまり本を読むことがないのですが、久しぶりに素敵な本に巡り会えたなと思いました。作品は7編の短編集となっております。オルゴールの音によって、来店するお客様の辛さや悲しみ、また疲労と言った行き場のない気持ちにそっと寄り添ってくれる。最後は心があったかくなるようなそんなお話です。(20代女性)

 

 

24.大嶋信頼「いちいち悩まなくなる 口ぐせリセット」

 

話し方に関する本 大嶋信頼「いちいち悩まなくなる 口ぐせリセット」がおすすめの理由

会話術というほど難しいこともなく、なぜか誤解をされたり人とのコミュニケーションがうまくいかないという悩みを持つ人に、日頃使っている口癖をおきかえてみるという簡単なメソッドが具体例とともに沢山紹介されているのですぐ取り入れられる点が魅力です。〇〇だからいけないというようなダメ出し的な内容ではないので読みやすい。本当に日頃何気なく使っている言葉がいかに影響を及ぼしているかが納得でき、目からウロコの一冊。とにかく変えてみたらなにかが変わるかも?という期待も感じられる。(30代女性)

 

 

25.メンタリストDaiGo「こっそり人を操る心理法則」

 

話し方に関する本 メンタリストDaiGo「こっそり人を操る心理法則」がおすすめの理由

仕事で上手に相手との距離感を掴む方法が知りたくて読みました。読んだからといって人を操れたことはありません。しかし、説得力が増すような話し方や交渉術が図解式でわかりやすく書いてあるので読みやすかったです。仕事の内容だけではなく、恋愛面での内容も書いてあるのでオススメです。(20代女性)

 

 

26.森田幸孝「コミュニケーション能力を鍛えよう! 聴く技術と伝える技術」

 

話し方に関する本 森田幸孝「コミュニケーション能力を鍛えよう! 聴く技術と伝える技術」がおすすめの理由

内容の半分以上は話し方、後半は人間関係論です。相手を肯定し、自分も肯定していくということはわかっていてもなかなか難しい。コミュニケーション障害というのは相手のことが見えていないことが原因である場合が多いらしい。まずよく観察して相手を知ること。自分のことばかりではなく、相手の話にも耳を傾ける。そうやって少しずつ相手の立場で考えるようにしていく。コミュニケーションの本質はやっぱり思いやりです。(50代男性)

 

 

27.斎藤孝「コメント力」

 

話し方に関する本 斎藤孝「コメント力」がおすすめの理由

なかなかコメントや感想を求められても、上手く言えませんでした。しかしこの本は内容も具体的に書かれていて、すぐに思いついたことを言わないや短い言葉でおさめるなど、わかりやすく読んでいてためになるなと思いました。(20代女性)

 

 

28.匠英一「これだけは知っておきたい「心理学」の基本と実践テクニック」

 

話し方に関する本 匠英一「これだけは知っておきたい「心理学」の基本と実践テクニック」がおすすめの理由

仕事や恋愛、人間関係で役に立つ話し方やしぐさについてわかりやすくイラスト付きで解説されているのでとても分かりやすく、オススメです。上司との接し方や交渉のタイミングなど、実践できるテクニックが沢山あって面白いです。(20代女性)

 

 

29.齋藤 孝「すごい「会話力」」

 

話し方に関する本 齋藤 孝「すごい「会話力」」がおすすめの理由

その会話をする上で重要なのは、呼吸である。 纏めるとこんな具合だが、具体的な呼吸法やネタの集め方など為になることが多く書かれています。自分をさらけ出していくオープンな人になれば相手も自分のことを話しやすい。呼吸法、上から好かれる人は多少馴れ馴れしく懐にくる、そして何より新聞、読書が大事ということだろうと思いました。(50代男性)

 

 

30.佐藤伝「たった1分でできて、一生が変わる!言葉の習慣」

 

話し方に関する本 佐藤伝「たった1分でできて、一生が変わる!言葉の習慣」がおすすめの理由

人に好かれる話し方や、恋愛、仕事がうまくいく話し方など、普段の生活に取り入れたいものがたくさん書かれているからです。言葉が変わることで、その日の気分が上がったり、気持ちの持ちようがうまくなったり、とても為になる本だと思います。(20代女性)

 

 

31.難波義行「タモリさんに学ぶ 話がとぎれない 雑談の技術」

 

話し方に関する本 難波義行「タモリさんに学ぶ 話がとぎれない 雑談の技術」がおすすめの理由

長年トーク番組を司会して来たタモリさんの話し方を本人ではなく、第三者の視点で解説しているところか面白い。 テレホンショッキングではほぼ毎日違う芸能人を相手に話をしていたが、それは相手の性格などに応じて聞き手になったり、話し手になったり対応を変えているという解説があり、日常生活でも行かせると感じた。(30代男性)

 

 

32.杉山美奈子「できる大人のモノの言い方・話し方」

 

話し方に関する本 杉山美奈子「できる大人のモノの言い方・話し方」がおすすめの理由

できる大人のモノの言い方や話し方を好感度抜群の伝え方をシチュエーション別に、ワンポイントアドバイスを加えながら紹介している。間違った言葉使い方の例もあり、実際にどのように言葉を使えばいいかイメージしやすく、解説もあり、職場で使えそうだから。(20代女性)

 

 

33.話題の達人倶楽部「できる大人のモノの言い方大全」

 

話し方に関する本 話題の達人倶楽部「できる大人のモノの言い方大全」がおすすめの理由

ビジネスシーンだけではなく、日常生活でも使えるフレーズ事典です。こういう時、どんな言い方をしたらいいのかと困った経験は誰にでもあると思います。この本には相手を不快にさせない断り方や、快諾してもらえるモノの頼み方など項目別に引ける様になっているのでとても使いやすく、分かりやすく書かれていてオススメです。(30代女性)

 

 

34.三橋泰介「どんな相手ともラクに話せる「話し方」の裏ワザ」

 

話し方に関する本 三橋泰介「どんな相手ともラクに話せる「話し方」の裏ワザ」がおすすめの理由

会話というコミュニケーションに苦手意識を持っている人が多くなった気がする。特に若者の間に。原因はいわずと知れている。PCその他の発達から直接人と話すことが少なくなったからだろう。だがこの本のあとがきにも触れられているが、世の中の揉め事の多くが誤解である。その誤解を解くためにも直接相手と話し合うことが大事だ。そのためにも話し方の技術を身につけることが必要と書いてある。(60代男性)

 

 

35.武田顕司「ネコと練習するディベートの本 – 日本一やさしいディベートの問題集」

style=border:none

話し方に関する本 武田顕司「ネコと練習するディベートの本 – 日本一やさしいディベートの問題集」がおすすめの理由

私は話すのが苦手です。 頭の回転も鈍いです。 もちろん、口論になっても理論付けて話すことが出来ないのでいつも損をする形になってしまいます。 ですから、何か解決法を探していたときに出会ったのがこの本です。 理屈を付けて討論できる基礎が学べる本です。 初心者に優しく解説されているのでオススメです。(40代女性)

 

 

36.江藤 真規「ママのイライラ言葉言い換え辞典」

 

話し方に関する本 江藤 真規「ママのイライラ言葉言い換え辞典」がおすすめの理由

子供の行動に対してついイライラして、カッとなってしまい、子供を傷つけるような言葉を出してしまう方は少なくないのではないでしょうか。本書では、子供の心を傷つけることなく、子供にきちんと伝わる言葉・セリフが場面ごとに掲載されています。(30代女性)

 

 

37.佐々木圭一 大舞キリコ 星井博文「まんがでわかる 伝え方が9割」

 

話し方に関する本 佐々木圭一 大舞キリコ 星井博文「まんがでわかる 伝え方が9割」がおすすめの理由

まんがで書かれているため、日頃本を読まない人にもおすすめしたい一冊。日々の生活で「ノー」を「イエス」に変える7つの切り口、強いコトバをつくる5つの技術が楽しく完璧に学べる。今日から実践できる伝え方のコツがわかりやすく載っている。(30代女性)

 

 

38.「一瞬で心をつかむ話し方」

 

話し方に関する本 「一瞬で心をつかむ話し方」がおすすめの理由

本の構成が本を読む事が苦手な自分でも、嫌にならない構成になっているので途中で飽きる事なく最後まで読めました。具体的には、章の単元が10〜15あるのですが最後にまとめが必ず書いてあるのでそこだけでも勉強になります。 内容はとても分かりやすく、すぐに仕事に活かせて、買って良かったと思える本でした。(30代男性)

 

 

39.山岸弘子「一目置かれる大和言葉の言いまわし」

 

話し方に関する本 山岸弘子「一目置かれる大和言葉の言いまわし」がおすすめの理由

きっかけは、もう亡くなってしまいましたが、母方の祖母の発した言葉でした。「○☓♪△。・・;@」。あぁ認知も入っているからかなぁっと思っていたら、母に「女学校で使っていたらしいわよ」といわれました。それが大和言葉か宮中言葉かぜんぜん解りませんでした。ですがその言葉が人に対して攻撃性がないとだけは解りました。それを就活中にふっと思い出して、調べてみようかと思い、たどりついたのがこの本でした。かどを立てずに注意する言葉や、嫌味のない褒め言葉など、生活の中で使える言葉がたくさんあります。ちょっとした言葉使いで人間関係も滑らかになるのだと思いました。(40代女性)

 

 

40.齋藤 孝「会話がはずむ雑談力―――10秒でコミュニケーション力が上がる」

 

話し方に関する本 齋藤 孝「会話がはずむ雑談力―――10秒でコミュニケーション力が上がる」がおすすめの理由

会話には情報交換など多様な目的があるが、雑談の主目的は人間関係の構築や維持だ。したがって、雑談では相手を気持ちよくさせる必要がある。その目的においては雑談といえども何を話してもいいということにはならない。相手の気分を害することになってしまっては元も子もない。(50代男性)

 

 

41.高梨 克也「基礎から分かる会話コミュニケーションの分析法」

 

話し方に関する本 高梨 克也「基礎から分かる会話コミュニケーションの分析法」がおすすめの理由

第1章からよくこんなこと思いつくなあってかなり感動しながら読んでた本で、会話の理解の予測の可視化の研究とか面白すぎる。こういうのやりたいんだけどなと思います。会話データの分析を始めようとしている言語学や心理学、社会学などの分野の初学者や、コミュニケーションに関わるさまざまな実践職の方など幅広い読者に向けて書かれています。(50代男性)

 

 

42.西松 眞子「好かれる人のモノの言い方 第二印象で心をとらえるちょっとした習慣32」

style=border:none

話し方に関する本 西松 眞子「好かれる人のモノの言い方 第二印象で心をとらえるちょっとした習慣32」がおすすめの理由

私自身、気づかされることが多かったと思うます。実際生活する上で、できているようで意識にていないとできないことなど、結構細かく書かれていました。本自体薄めなので持ち運びにもいいかな。値段も安めでお財布にもやさしいです。(20代女性)

 

 

43.松本幸夫「好かれる話し方すごい!ツボ72」

 

話し方に関する本 松本幸夫「好かれる話し方すごい!ツボ72」がおすすめの理由

項目ごとになっていて読みやすいし、具体的に書いてあるので実践がしやすいです。 私は、交渉や、好きな人に振り向いて欲しい時にこの本を活用しました。 例文を自分のことに置き換えて話しをしたら、説得力のある話し方にすることが出来ました。(20代女性)

 

 

44.中澤佑二「自分を動かす言葉」

 

話し方に関する本 中澤佑二「自分を動かす言葉」がおすすめの理由

私が本書をすすめる理由は、1番好きなサッカー選手である元日本代表、横浜F・マリノス所属の中澤佑二選手が出している本であり、内容が言葉に関することでどの世代の方々にもすすめられる素晴らしい本であるというのが理由です。(20代男性)

 

 

45.福田健「女性は「話し方」で9割変わる」

 

話し方に関する本 福田健「女性は「話し方」で9割変わる」がおすすめの理由

私は接客業を10年以上やっていたのでコミュニケーション能力は、かなり高い方だと思いますがやはりプライベートは仕事の時と同じようにはいかず、ズボラで荒い言葉が出て来てしまいます。これを直したいと思いこの本を購入しました。(30代女性)

 

 

46.印南敦史「人と会っても疲れないコミュ障のための聴き方・話し方」

 

話し方に関する本 印南敦史「人と会っても疲れないコミュ障のための聴き方・話し方」がおすすめの理由

いわゆるコミュ障の方向けに丁寧に体験談を交えて、初対面の人とのコミュニケーションの取り方のコツをレクチャーしてくれる本になっています。難しい啓発本とは異なり平易な文体でアドバイスする形をとっているので、読みやすく参考になります。(30代男性)

 

 

47.山本秀行「人前で話すことが楽になる人前力33のルール」

 

話し方に関する本 山本秀行「人前で話すことが楽になる人前力33のルール」がおすすめの理由

会社のプレゼン、日常生活、飲み会など、さまざまな場面で必要とされる、「人前力」と鍛えるべく、今日から実践すべき33のことをわかりやすく解説してくれているため。読んですぐに実践できることがたくさん書かれています。(20代女性)

 

 

48.鶴野充茂「図解 頭のいい説明いい説明「すぐできる」コツ」

 

話し方に関する本 鶴野充茂「図解 頭のいい説明いい説明「すぐできる」コツ」がおすすめの理由

話し方についての本です。いいお手本と私たちがやってしまいがちな悪い例を対比して説明しており、また図解付きなのでとてもわかりやすいです。すぐに人と会話する時や説明する時に改善でき、実践できるのでオススメです。(10代女性)

 

 

49.株式会社クレスコパートナーズ「相手に伝わるビジネスメール「正しい」表現辞典」

 

話し方に関する本 株式会社クレスコパートナーズ「相手に伝わるビジネスメール「正しい」表現辞典」がおすすめの理由

新社会人としてとっても使える本です。文章の分類も詳細、絵もかわいいです。言いたいことがあるが、でもビジネス的にどう説明するがいいですか、こんな悩みがあるの社会人にとって、ホントに参考になりました。おすすめの本です。(20代女性)

 

 

50.植西聰「対人力のコツ」

 

話し方に関する本 植西聰「対人力のコツ」がおすすめの理由

毎日必ず人と接する中で価値観もトーンも人それぞれで、接客業をしているからとか上に立つ人間だからとかじゃなく、色々な人と接することが本当に楽になりました。人間関係に悩んでいる時に読むとスッキリするし、気持ちを高めたい時に読むとやる気がみなぎります。何度読んでもその時の自分次第で感じ方が変わっているところも成長を感じれるからいつ読んでも面白いです。(10代女性)

 

 

51.齋藤孝「大人の言葉づかい」

 

話し方に関する本 齋藤孝「大人の言葉づかい」がおすすめの理由

会社員や主婦のかたまで幅広い年代のかたにおすすめできます。例えば、上司や取引先で気の利いた言い回しをできたり、近所づきあいがうまくできるようになったり、普段の生活において相手を気持ちよくさせるような言葉が使えるようになると思います。(30代女性)

 

 

52.杉山美奈子「誰からも好かれる女性になる話し方美人のお作法」

 

話し方に関する本 杉山美奈子「誰からも好かれる女性になる話し方美人のお作法」がおすすめの理由

話し方の一つで相手への印象が変わることを学べる本です。なかなか言葉遣いは直すのが難しいことでもありますが、この本を読むと少しの一言で美しく聞こえるように思います。大人の女性としてマナーを身につけるにはピッタリです。(20代女性)

 

 

53.野口敏「誰からも大切にされる女性の話し方」

 

話し方に関する本 野口敏「誰からも大切にされる女性の話し方」がおすすめの理由

以前接客業をしていた時に自分よりも年齢層がはるかに上の方とお話する機会が多く、こちらを読んでみました。丁度仕事も恋愛もうまくいかなくなっていた時期だったのでどういう人が好かれるか、意識して話せるようになり結果身に付いて結婚にいたりました。主人は私の話し方が好きだそうで、こちらの本には本当にお世話になりました。(20代女性)

 

 

54.野口敏「誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール」

 

話し方に関する本 野口敏「誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール」がおすすめの理由

コミュニケーション力を高めるために、購入しました。実は、ずっと以前より気になっていたのですが、どれも同じだろうと思って買い控えていました。コミュニケーションを扱う本の中で、一番シンプルで分かりやすいものでした。コミュニケーションは、言葉のキャッチボールではなlく、気持ちのキャッチボールであるというところに共感を持ちました。(50代男性)

 

 

55.水島広子「聴き方話し方のコツ」

 

話し方に関する本 水島広子「聴き方話し方のコツ」がおすすめの理由

最近コミュニケーションが苦手という人が多い中、ぜひ読んでもらいたいです。話す、聴くのちょっとした心構え1つでコミュニケーションが楽になります。この本は事例に基づいて書いてあるのでわかりやすく説明がされています。(30代男性)

 

 

56.山里亮太「天才はあきらめた」

 

話し方に関する本 山里亮太「天才はあきらめた」がおすすめの理由

「山ちゃん」こと南海キャンディーズの山里亮太さんの初の自伝です。 コンプレックスを武器に妬みや不安を笑いに変えていく努力で、テレビに笑いや感動を届けるまでに成長した姿は見事です。 人見知りで疑い深いからこそ、人よりも気のきいた言葉を引き出すその手腕は会話や人間関係でも役に立つ知恵が多いと思います。(30代男性)

 

 

57.池上彰「伝える力」

 

話し方に関する本 池上彰「伝える力」がおすすめの理由

伝える際に大切なテクニックがわかりやすく書いてある。当たり前のことかもしれないけど、できている人の言うことは確かにわかりやすいなと思うことが多かった。大人になるにつれ、文字だけで伝えなくてはいけないことも多くなるから是非読むことをお勧めする。(20代女性)

 

 

58.水島広子「怒りがスーッと消える本」

 

話し方に関する本 水島広子「怒りがスーッと消える本」がおすすめの理由

怒りはなぜ生まれるのかが書いてある本です。特に怒ってる人は相手に何を訴えているのかがわかります。これだけでも知ることで生活、仕事でも怒ってる人を見ても冷静に思えますし、以前まで怒ってる人を見ると嫌だ、イライラすると思ってた人も心が楽になります。(30代男性)

 

 

59.樋口裕一「頭がいい人悪い人の話し方」

 

話し方に関する本 樋口裕一「頭がいい人悪い人の話し方」がおすすめの理由

文章指導のプロの作者がバカと呼ばれないための話し方の実用書を誰もが読みやすいように書いています。40の項目ごとに書かれて、例などをあげて書いてあるので身近にいるいるこんな人!と楽しみながら読めます。読んだ後に自分にも思い当たるところなどあり改めて反省も出来る一冊です。(40代女性)

 

 

60.「分かりやすい話し方の技術」

 

話し方に関する本 「分かりやすい話し方の技術」がおすすめの理由

この本は分かりやすく話をするためのコツをまとめた本である。話に一貫性をもたせるには、まずは結論から述べるという当たり前のことのようにみえて実践できていない人にとって、この本は具体例を挙げながら書かれているため理解しやすい。話し方を変えたい人だけでなく、生活する上での知識として全ての人に対しておすすめの本である。(20代女性)

 

 

61.原田マハ「本日はお日柄もよく」

 

話し方に関する本 原田マハ「本日はお日柄もよく」がおすすめの理由

小説なのですが、仕事に役立つエッセンスがたっぷりと詰まった本です。普通のOLの主人公がひょんなことからスピーチライターの世界に足を踏み入れていくというストーリーなのですが、人前で話すコツやプロに見えるプレゼンのコツなど、仕事に即役立つヒントがたくさんあります。働く人にピッタリの本です。(30代女性)

 

 

62.前野 利羽子「毎朝1分読むだけ会話が劇的にうまくいく本」

style=border:none

話し方に関する本 前野 利羽子「毎朝1分読むだけ会話が劇的にうまくいく本」がおすすめの理由

10分で読めるミニ書籍です。気分転換、スキルアップ、ストレス解消など、いろいろなシチュエーションで役立ち利用できる一冊となっています。 読むタイミングによって今の自分が置かれている立場が違う時もありますので欠かせない本だと思います。(30代女性)

 

 

63.永井一郎「朗読のススメ」

 

話し方に関する本 永井一郎「朗読のススメ」がおすすめの理由

人前で話さないといけなくなり、購入したのがこの本です。声だけで想いを伝えるというのは、声質にも左右されるし、本当に難しいですね。生まれもった声は変えられないにしても、訓練すれば多少は良くなります。声優志望の人にもお勧めです。(30代女性)

 

 

64.「和田裕美の人に好かれる話し方」

 

話し方に関する本 「和田裕美の人に好かれる話し方」がおすすめの理由

世界ナンバー2の営業ウーマンになった和田裕美さんの本。今や超有名な方です。本書は、そんな和田さんの営業時代を中心にした会話術について書かれています。この本で特に印象的だったのが、「小説を読む」という内容の下りで、ビジネス本だけでなく「小説」を読むことで、様々な情景を表現する手法を学べるという部分です。小説のタイトルも書かれており、それを読めば、更に「なるほど」と納得させられます。おすすめの1冊です。(40代男性)

 

 

65.松橋良紀「話し方で成功する人と失敗する人の習慣」

 

話し方に関する本 松橋良紀「話し方で成功する人と失敗する人の習慣」がおすすめの理由

人と接する上で、見た目から入ります。最初に挨拶から始まって相手のことを知ったり、質問を行います。相手にうまく伝わるか。伝える事の重要性を元にこの本にしました。話し方で1番は伝えたい事。うまく伝えられてるかが必要なのでこの本にしました。(20代男性)

 

 

66.伊藤美樹 杉山美奈子「話し方のマナーとコツ」

 

話し方に関する本 伊藤美樹 杉山美奈子「話し方のマナーとコツ」がおすすめの理由

私たちが日常で使用している言葉を、より良い印象の言葉に言い換えたり、TPOに応じて的確なあいさつなどを紹介している。また、イラストによる絵本形式の本となっているので、とても読みやすい。すぐに日常生活アウトプットすることができる。(20代女性)

 

 

67.D.カーネギー「話し方入門」

 

話し方に関する本 D.カーネギー「話し方入門」がおすすめの理由

リンカーンや歴史の偉人など「会話の名人」のエピソードに触れ、話し方における大事なエッセンスがわかりやすく記載されています。 人前で話すことに従事している方や話すことが苦手に感じている人も、本書を読むと学ぶべき「気づき」が多いと思います。(20代男性)

 

 

68.山田ズーニー「話すチカラをつくる本」

 

話し方に関する本 山田ズーニー「話すチカラをつくる本」がおすすめの理由

「家族や職場、知人との会話が通じてないような気がする」「相手との会話がズレていく」ことに悩んでいました。ワンコインでページを開くと簡単そうだったので、話し方のテクニック的な内容と気楽に読み始めたら、私の予想、考えが全て覆されました。「話す方法」ではなく、「自分の根本思想を掘り出すこと」だったのです。 読んで数年経ちますが、今では、話し方より、自分の思い、希望がわからなくなった時に、「根本思想にたちかえる」のに役に立っています。これから社会に出る人、社会に出た人、全員におススメの本です。(50代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました