[洋楽編]1980年代おすすめの曲・音楽84選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

1980年代おすすめの洋楽

 

1.シカゴ 「素直になれなくて」

Chicago – Hard To Say I'm Sorry (stereo sound)

1980年代おすすめの曲(洋楽) シカゴ「素直になれなくて」がおすすめの理由

クオリティの高いメロディーラインと、ボーカルの、ピーター・セテラの伸びやかな歌声が、見事にマッチングした秀作だと思います。(40代男性)

私がこの曲を好きになったのは、ちょうど中学時代で生徒会活動をしており、かたや吹奏楽部の副部長もしていました。 クタクタになりながらも、夜遅くまで勉強していた自分を思い出します。どうしても、行きたい高校があり、それが、生徒会活動で憧れていた人と同じ高校でしたが、彼は優秀で私にはとても受からない高校でしたが、みるみるうちに成績は上り、同じ高校ではありませんでしたが、その一つ下のランクの高校に入学できました。 一生懸命勉強をしながら、聴いていたラジオからこの曲が流れてきたのを思い出します。 私ももう少し、素直になっていたら、彼とも日常会話位は出来たのかなと未だに思い出します。 少し、切なくなる曲でもあります。(40代女性)

『素直になれなくて』はアメリカのロックバンドであるシカゴが1982年に発表しました楽曲で、代表曲のひとつです。 当時はシカゴの楽曲を聴かない日はなかったように記憶しています。(50代男性)

 

 

2.Journey 「Don’t Stop Believin」

Journey – Don't Stop Believin' (Live in Houston)

1980年代おすすめの曲(洋楽) Journey「Don’t Stop Believin」がおすすめの理由

歌詞が良いです。ボーカルのスティーブ・ペリーの声が透き通っていて心地いいです。この曲を聞いていいるとホント元気になれます。1980年代のおすすめの名曲です。(40代女性)

journeyの中でもこの曲は80年代に全米1位になり、よく映画、CMのバックミュージックとして流れておりとても有名な曲です。 日本語で『信じることを止めるな』夢を持ち続けろと言う応援歌でもあります。 この曲を聴くと励まされ、がんばろうと言う気持ちにさせてくれます。(40代女性)

 

 

3.Cyndi Lauper 「Girls Just Want to Have Fun」

Bob marley "no woman no cry" 1979

1980年代おすすめの曲(洋楽) Cyndi Lauper「Girls Just Want to Have Fun」がおすすめの理由

80年代を代表する一曲です。当時まだ少数派だったであろう強い女性を彷彿とさせる歌詞やPVが未だに新鮮に感じます。シンディのファッション、メイクにも注目です。(20代女性)

『Girls Just Want to Have Fun』は日本語訳すれば『女子は楽しみたいだけよ』になるようです。 シンディーらしいというかシンディーしか歌えない楽曲ではないでしょうか。(50代男性)

 

 

4.Bon Jovi 「Livin’ On A Prayer」

Bon Jovi – Livin' On A Prayer

1980年代おすすめの曲(洋楽) Bon Jovi「Livin’ On A Prayer」がおすすめの理由

『Livin’ On A Prayer』は、ボン・ジョヴィが1986年に発表したシングル曲です。 この楽曲もノリがよくて大ヒットしたと記憶しています。(50代男性)

私が10代の時ボンジョビのファンでこの歌は最近知ったのですが歌詞が素晴らしい。曲もノリノリで「祈りながら生きているのよ」という歌詞にはぐっときました。(40代女性)

 

 

5.Whitney Houston Jermaine Jackson 「Take Good Care Of My Heart」

https://www.youtube.com/watch?v=zCY1eKmnWUc&app=desktop
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

1980年代おすすめの曲(洋楽) Whitney Houston Jermaine Jackson「Take Good Care Of My Heart」がおすすめの理由

ホイットニーヒューストンとジャーメインジャクソンのデュエット曲。メロディー ラインがとても良く、何度聞いても飽きない。(50代男性)

Whitney Houstonのデュエット曲で、何度聴いてもアップテンポのメロディーが秀逸。飽きることなく何回もリピートして聴きたい曲。(50代男性)

 

 

6.Michael Jackson 「Thriller」

Michael Jackson – Thriller (Official Music Video)

1980年代おすすめの曲(洋楽) Michael Jackson「Thriller」がおすすめの理由

80年代を代表する曲でホラー仕立てのミュージックビデオがとても有名でマイケル・ジャクソンのダンスがすばらしいのでおすすめです。(30代女性)

マイケルジャクソンの数あるヒット曲の中で、是非プロモーションビデオと一緒に見たい名曲の一つ。アップテンポのメロディーに合わせてのダンスは秀逸。(50代男性)

 

 

7.USA for Africa 「We Are The World」

USA For Africa – We Are The World (字幕)

1980年代おすすめの曲(洋楽) USA for Africa「We Are The World」がおすすめの理由

1980年代、もっともスゴイ曲と言えば、これでしょう。 レジェンドたちが、これでもかというくら登場し、歌声を聴かせてくれます。 是非、映像で楽しんでいただきたいです。(50代男性)

1985年にアフリカの飢餓と貧困を救うために発売された、チャリティーソングになります。 参加アーティストが総勢45名、超豪華メンバーです。 アフリカを救おうとする熱意が、各アーティストから伝わってくる楽曲です。(40代男性)

 

 

8.Bon Jovi 「You Give Love A Bad Name」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Bon Jovi「You Give Love A Bad Name」がおすすめの理由

『You Give Love A Bad Name』はボン・ジョヴィが1986年7月23日に発表したシングルです。 素晴らしいサウンドに聴き入ってしまいます。 1980年代のROCKシーンをけん引していたと思います。(50代男性)

Bon Joviと言えばこの曲というほど有名で大ヒットした曲です。この曲の大ヒットから80年代HM/HRブームが始まったと言っても過言ではありません。今でもライヴでは一番盛り上がる曲です。(40代女性)

 

 

9.リマール 「ネバーエンディングストーリー」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) リマール「ネバーエンディングストーリー」がおすすめの理由

映画、ネバーエンディングストーリーの主題歌として歌われた曲。映画と曲がマッチしていて、綺麗な世界観。映画館で観た時、何て綺麗な曲と思った。(40代女性)

【ネバーエンディングストーリーのテーマ】は(ザ ネバーエンディング ストーリー、邦題の主題歌でリマールのシングル曲です。 楽曲、映画、歌声がマッチしていて素晴らしい仕上がりになっています。(50代男性)

 

 

10.Toto 「Africa」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Toto「Africa」がおすすめの理由

歌詞のサビ部分、「私は祈る、アフリカの大地に恵みの雨が降らんことを」。が胸にこみあげてきます。 今もそうかもしれませんが曲をリリースした当時もアフリカ諸国は貧しい国が多く、雨も少ないので結果的に多くの方たちが亡くなっていくという現実がありました。 その現状を想うTotoメンバーの気持ちが伝わるような曲だと思います。 あと、余談ですが、この曲はそれまでのTotoの曲のイメージからはやや離れたところがありメンバー間の印象はあまりよくなかったようです。 そんな曲が世界的に大ヒットするわけですからほんとに世の中分からないという点でも興味深いです。(30代男性)

 

 

11.ライオネル・リッチー 「All Night Long」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ライオネル・リッチー「All Night Long」がおすすめの理由

【ALL Nigrgt Long】は全米、全英、全豪のアルバム・チャートで1位を獲得しました。それから1985年の第27回グラミー賞で最優秀アルバム賞を受賞しています。 アメリカではHelloとAll Night Long (All Night)の2曲がシングルカットされて、いずれも全米1位を記録しています。 とんねるずのキャラクター『ライオネル・リチ男』にもなるくらい当時は爆発的人気だったのが思い出されます。。(50代男性)

 

 

12.Tiffany 「All This Time」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Tiffany「All This Time」がおすすめの理由

私が高校生のころティファニーが人気があってテレビのCMなどでも彼女が出てきていました。その頃買ったアルバムの中の一曲で好きな歌です。(40代女性)

 

 

13.Bonjobi 「BadMedicine」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Bonjobi「BadMedicine」がおすすめの理由

ボンジョビが好きなのとボンジョビのボーカルの人の美しさと曲がマッチしていて聞いてるとワイルドな気分になれる曲だからです。(40代女性)

 

 

14.Michael Jackson 「Beat It」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Michael Jackson「Beat It」がおすすめの理由

現在までの音楽の原点であるマイケルジャクソンの曲です。Beat Itとは逃げろという意味で、和訳読んだら逃げろという内容なのでびっくりました。大事なものを失うなら逃げろという考え方もあるんだなと当時思ったことを鮮明に覚えています。(30代男性)

 

 

15.Bruce Springsteen 「Born in the U.S.A.」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Bruce Springsteen「Born in the U.S.A.」がおすすめの理由

かつて、ヘビーメタル系の方が「単調でつまらない」みたいなことを言われてた記憶がありますが、 繰り返されるリフは、強いメッセージ力を持ち、心に焼き付けられるのです。(50代男性)

 

 

16.ブロンディ 「Call Me」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ブロンディ「Call Me」がおすすめの理由

『Call Me』はアメリカ合衆国出身のロック・バンド、ブロンディが映画『アメリカン・ジゴロ』に提供し、米英でナンバーワン・ヒットとなった。 その当時洋楽ブームで『Call Me』を聴かない日はなかったように記憶しています。(50代男性)

 

 

17.Philip Bailey&Phil Collins 「Easy Lover」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Philip Bailey&Phil Collins「Easy Lover」がおすすめの理由

元ジェネシスのフィル・コリンズとEWFのヴォーカル、フィリップ・ベイリーのデュエットによるハードなロックナンバー。二人のハイトーンヴォイスとスピード感溢れるメロディが絶妙に絡み合い、発表から30年以上経ったいま聴いてもめちゃめちゃカッコイイナンバーです。(40代男性)

 

 

18.ライオネル・リッチー&ダイアナ・ロス 「Endless Love」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ライオネル・リッチー&ダイアナ・ロス「Endless Love」がおすすめの理由

ライオネルリッチーの渋くハスキーな歌声と、ダイアナロスの優しい歌声がマッチした、至高のラブソングです。 聴いているものを、心地よい気分にさせてくれます。(40代男性)

 

 

19.The Police 「Every Little Thing She Does Is Magic」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) The Police「Every Little Thing She Does Is Magic」がおすすめの理由

好きな人の魅力にやられつつ打ち明けられない気持ちを悶々と語っている古臭いラブソングの割には曲は複雑なつくりなのにノリノリなアンバランス(50代女性)

 

 

20.マイケルフォーチュナティ 「GIVE ME UP」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) マイケルフォーチュナティ「GIVE ME UP」がおすすめの理由

日本では、BaBeほか数々のアーティストがカバーしています。ユーロビートの代表作で、サビの【 GIVE ME UP!~】のところが、強く頭の中に刻まれる感じがします。聴いていると元気になる曲です。(40代男性)

 

 

21.Ray goodman & brown 「heaven in the rain」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Ray goodman & brown「heaven in the rain」がおすすめの理由

メンバー3名のコーラスがとても良い。この曲は出だしにちょっとしたドラマのような語りも入り、とてもムーディーな雰囲気になる名曲。(50代男性)

 

 

22.ビリージョエル 「honesty」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ビリージョエル「honesty」がおすすめの理由

1980年代日本ではビリージョエルが流行っていました。この曲を聞くと当時を思い出します。ピアノが基本だけれど、クラシックではなく、一番日本人に合っている洋楽のような気がします。honesty 自分に正直でいたいと思います。(40代女性)

 

 

23.Gazebo(ガゼボ) 「I Like Chopin(アイライクショパン)」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Gazebo(ガゼボ)「I Like Chopin(アイライクショパン)」がおすすめの理由

1980年代にヨーロッパでヒットし、その後日本でも小林麻美さんが『雨音はショパンの調べ』のタイトルでカバーしました。 悲しい失恋の歌ですが、雨の日に一人で部屋の中で聴くのが似合うような曲です。(50代女性)

 

 

24.Debarge 「I Like It」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Debarge「I Like It」がおすすめの理由

スローテンポのメロディーラインと、時折入るファルセットボイスがとても良い。サビの部分のコーラスも耳に残る名曲。(50代男性)

 

 

25.Maurice White 「I Need You」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Maurice White「I Need You」がおすすめの理由

アース・ウィンド・アンド・ファイアーのバンドリーダーのモーリス・ホワイトがソロで出した曲。スローテンポのじっくり聴けるバラード。曲の間のバックコーラスもとても印象深い。(50代男性)

 

 

26.エアサプライ 「Just as I am」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) エアサプライ「Just as I am」がおすすめの理由

日本では、「潮風のラブコール」という邦題で発売されました。 ラッセルヒッチコックの迫力のあるボーカルが、聴いているものを圧倒します。スケールの大きな作品です。(40代男性)

 

 

27.Culture Club 「Karma Chameleon」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Culture Club「Karma Chameleon」がおすすめの理由

リードボーカルのファッションも当時は新鮮で、曲もとてものりが良く、サビが頭に残るとてもテンポの良い名曲。(50代男性)

 

 

28.Fugees 「Killing Me Softly With His Song」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Fugees「Killing Me Softly With His Song」がおすすめの理由

ローリン・ヒルがとてもよく黒人ならでんはの、ボイスフルな歌声だけでなく聞かせるような優しい歌もできると証明している曲です。(30代男性)

 

 

29.Wham! 「Last Christmas」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Wham!「Last Christmas」がおすすめの理由

ジョージ・マイケルが淡々と歌いあげていて、ハッピーな曲に聴こえますが、本当は悲しい失恋のうたです。 でも、この曲を聴くと自然にクリスマス気分になりますね。何度も聴いてしまういい曲です。(40代男性)

 

 

30.Debbie Gibson 「Lost In YourEyes」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Debbie Gibson「Lost In YourEyes」がおすすめの理由

10代のころデビー・ギブソンが人気があってこの歌はもっともお気に入りです。いま聞いても泣けてくるような曲です。(40代女性)

 

 

31.Level 42 「Love Games」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Level 42「Love Games」がおすすめの理由

ヴォーカルとベースを担当しているマーク・キングの曲の中でも、最高にクールだから。メロディーライン、ベースラインはやみつきになる。(40代女性)

 

 

32.ULTRAVOX 「NEW EUROPEANS」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ULTRAVOX「NEW EUROPEANS」がおすすめの理由

イングランド出身の80年代を代表するポストパンクバンド、ミッジ.ユーロのクセのある歌声とテンポの良いサウンドが聴いてて心地いいです。(50代男性)

 

 

33.Guns N’ Roses 「Paradise City」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Guns N’ Roses「Paradise City」がおすすめの理由

当時英語を勉強していて、ハードロックを聴き始めた頃でした。Gunsのデビューアルバムの中で一番メロディアスだと思います。当時、レーザージュークを見つけると選曲して流していました。(40代女性)

 

 

34.スティーヴィー・ワンダー 「Part Time Lover」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) スティーヴィー・ワンダー「Part Time Lover」がおすすめの理由

1985年に発売され、日本でもヒットしました。 テンポがよく、独特のリズムが印象的な歌です。 ボーカルもテンポがいいですね。一度聴いたら病みつきになる曲です。(40代男性)

 

 

35.Miami Sound Machine 「Primitive Love」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Miami Sound Machine「Primitive Love」がおすすめの理由

ダンスミュージックが有名なグループの、スローテンポなバラード。サビの部分が何度聴いてもぐっとくる名曲。(50代男性)

 

 

36.Queen 「Princess Of The Universe」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Queen「Princess Of The Universe」がおすすめの理由

80年代のクイーンはあまり評価されていないと個人的に思っているのだが、声が出てる時のこの時期のフレディは本当に最高だった。 この曲は、映画ハイランダーの挿入歌で映画の出来が余りにも…だったので、余り売れなかった様に記憶しているが、重めのドラムの重厚な中にもスリリングな序盤から、終盤に一気に疾走感と共に走り抜けるかのような爽快なナンバーで、80年代と聞くとまずこの曲がPVと共に思い浮かぶ。(40代女性)

 

 

37.Daryl Hall & John Oates 「Private Eyes」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Daryl Hall & John Oates「Private Eyes」がおすすめの理由

ダリル・ホール&ジョン・オーツの曲で一番おすすめの曲です。全米ナンバーワン獲得の名曲です。ポップな仕上がりで耳から離れません。(40代女性)

 

 

38.FGTH 「RELAX」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) FGTH「RELAX」がおすすめの理由

リズムがよく体が自然と動き出す。 歌詞のフレームも日本語に訳すと乗ってきます。 当時は仲間と一緒にダンスしたものです。(40代男性)

 

 

39.Janet Jackson 「Rhythm Nation」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Janet Jackson「Rhythm Nation」がおすすめの理由

今聴いてもクールさが色褪せない、名曲中の名曲です! ダンスも合わせて世界中を席巻した曲で、安室ちゃんが影響を受けたことでも知られています。(30代女性)

 

 

40.Night Ranger 「Rock In America」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Night Ranger「Rock In America」がおすすめの理由

1980年代の元気のある時代のアメリカを象徴するロックの名曲だと思います。ツインリードギターのリフが聴きどころなのでギターに注目して聴くのがおすすめです。(40代男性)

 

 

41.ライオネル・リッチー 「say you say me」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ライオネル・リッチー「say you say me」がおすすめの理由

『say you say me』は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターで作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサーである。 ブラックミュージックを超越した黒人のポップスターとして評価の高いアーティストの一人である『ライオネル・リッチー』が 1986年に発表しアカデミー歌曲賞を受賞している。 顔が馬みたいに長いので忘れません。 楽曲、歌声等音楽に関するものにはケチの付けようがなく素晴らしい楽曲を数多く輩出しています。 凄い人です。(50代男性)

 

 

42.シェリルリン 「Shake It Up Tonight」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) シェリルリン「Shake It Up Tonight」がおすすめの理由

クラブで80年代の曲と言えば、このソウル感な感覚がたまらないから。また、子供も結構気に入ってる曲でもあるから(30代男性)

 

 

43.エイス・ワンダー 「Stay with me」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) エイス・ワンダー「Stay with me」がおすすめの理由

ボーカルの女性の、ウィスパーボイスがとても可愛らしいです。歌詞は少し切な目ですが、曲調がアップテンポでキーボードのリズムが耳に残ります。 サビの『Stay with me…』からが覚えやすいので、つい口ずさんでしまうくらいキュートです。(40代女性)

 

 

44.フルーツケーキ 「Summer Melody」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) フルーツケーキ「Summer Melody」がおすすめの理由

夏のフュージョンで、何処かで聞いたことある曲だと思います。軽やかに耳に届くメロディーが素敵で、聴いていて心地よい曲です。(40代男性)

 

 

45.Bryan Adams 「Summer of 69」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Bryan Adams「Summer of 69」がおすすめの理由

夏の思い出を綴った曲で、ジャンルはロックです。 流れるようなギターサウンドとメロディの良さ(覚えやすい)でおすすめです。 この曲が収録された「レックレス」というタイトルのアルバムは、今現在でも高い評価を得ていると聞いてます。 ギター初心者向けの名盤とも言われてますし、PA(音響)関係者にも音作りの参考になる名盤として知られています。(40代男性)

 

 

46.Guns N’ Roses 「Sweet Child Mine」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Guns N’ Roses「Sweet Child Mine」がおすすめの理由

まずギターのソロが、滅茶苦茶格好いいです。 ボーカルのアクセルローズの、声の伸びも半端でなく、 高いレベルで全てが展開されています。 聴くと、スカッとする曲です。(40代男性)

 

 

47.a-ha 「Take On Me」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) a-ha「Take On Me」がおすすめの理由

80年代テクノポップの代表的な作品です。 ピコピコした感じのサウンドですが、全く違和感はなく、すっと体に入ってくる感じで、軽い清涼剤のような音楽です。(40代男性)

 

 

48.The Smiths 「The Headmaster Ritual」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) The Smiths「The Headmaster Ritual」がおすすめの理由

「The Headmaster Ritual」は、2ndアルバム『Meat Is Murder』の最初の一曲です。わずか4枚のオリジナル・アルバムを残して解散したThe Smithsは、独特の歌唱法で知られるモリッシーや流麗なギタープレイで愛されるジョニー・マーの二人が注目されがちですが、実はこのバンドの肝はベースにあります。本曲では、アンディ・ロークの工夫を凝らしたベース・プレイを聞くことができます。これとあまり似たような曲がないこともポイントです。(20代男性)

 

 

49.Duran Duran 「The Reflex」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Duran Duran「The Reflex」がおすすめの理由

自分が洋楽を聴くきっかけになった楽曲です。 テレビから流れてくる音楽とは全く違うポップセンスと美しいメロディに心を撃ち抜かれました。 今聴いてもいい曲です。(40代男性)

 

 

50.Michael Jackson 「The Way You Make Me Feel」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Michael Jackson「The Way You Make Me Feel」がおすすめの理由

30年以上前の曲です。MVなど、出てくる動画は古いものが多いとは思いますが、にもかかわらず今見てもスゴくカッコいいです。(20代女性)

 

 

51.Eurythmics 「There Must Be An Angel」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Eurythmics「There Must Be An Angel」がおすすめの理由

85年に発表され全英ヒットチャート一位を獲得したEurythmicsの代表曲の一つです。80年代らしいエレクトリックサウンドにのせて歌うアニー・レノックスのヴォーカルの美しさに聞き惚れます。スティーヴィー・ワンダーがハーモニカで参加してます。(40代男性)

 

 

52.Carpenters 「Touch Me When We’re Dancing」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Carpenters「Touch Me When We’re Dancing」がおすすめの理由

カーペンターズは様々な名曲があるが、活動末期の頃の曲としては一番だと思う。メロディーラインに兄のバックコーラスが効果的に入っている。兄弟デュオの名曲。(50代男性)

 

 

53.カイリー・ミノーグ 「Turn It into Love」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) カイリー・ミノーグ「Turn It into Love」がおすすめの理由

日本では Wink のカバーで有名ですが、 原曲もなかなかいいと思います。 winkが可憐な感じがする一方、カイリーミノーグの方は、パワフルで力強く、男性を引っ張る感じがします。 メロディーは、 洗練されていて聞きやすい曲です。(40代男性)

 

 

54.Barbra Streisand & Barry Gibb 「What Kind Of Fool」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Barbra Streisand & Barry Gibb「What Kind Of Fool」がおすすめの理由

バーブラ・ストライサンドがビージーズのバリー・ギブとのデュエットで歌った80年代の名曲。この組み合わせ自体も興味深いが何よりバラードとして聞き入ることができる名曲。(50代男性)

 

 

55.Chris Isaak 「Wicked Game」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Chris Isaak「Wicked Game」がおすすめの理由

歌手の声がとても魅力的で、曲の雰囲気ともぴったりです。歌詞の意味がよくわからなくても、なんだか切なくなる素敵な曲なのでおすすめです。(30代女性)

 

 

56.Kim Wilde (キム・ワイルド) 「You Keep Me Hangin’ On(ユー・キープ・ミー・ハンギン・オン)」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Kim Wilde (キム・ワイルド)「You Keep Me Hangin’ On(ユー・キープ・ミー・ハンギン・オン)」がおすすめの理由

シュープリームスのアレンジ曲です。イントロが印象的なアップテンポな曲です。キム・ワイルドの声と曲がマッチしています。1980年代を代表するカッコイイ女性ボーカルの名曲です。(40代女性)

 

 

57.スティング 「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) スティング「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」がおすすめの理由

ジャズ風の演奏法で非常に洗練されたメロディーと、スティングのやや高音な声がよくマッチしており、大人の雰囲気を醸し出しています。耳ざわりが良いので、ヒーリングにもおすすめです。(50代女性)

 

 

58.バナナラマ 「ヴィーナス」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) バナナラマ「ヴィーナス」がおすすめの理由

日本でも、多くのアーティストがカバーしています。 80年代のバブル経済で、イケイケだった、時代背景とマッチして、とにかく勢いがあって元気が出る曲です。(40代男性)

 

 

59.レイ・パーカーJr & レイディオ 「ウーマン・ニーズ・ラブ」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) レイ・パーカーJr & レイディオ「ウーマン・ニーズ・ラブ」がおすすめの理由

イントロがとても印象的で耳に残る、とてもムーディーな曲。歌詞も比較的分かりやすく、いつ聴いても癒される名曲。(50代男性)

 

 

60.カルチャークラブ 「カーマは気まぐれ」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) カルチャークラブ「カーマは気まぐれ」がおすすめの理由

『カーマは気まぐれ』はイギリスのバンド、カルチャー・クラブの曲です。1983年のアルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』からのシングルカットです。 ビルボードホット100で1984年に3週連続1位に輝き、カルチャークラブ最大のヒットと同時に唯一のアメリカでの1位になった曲です。また、世界中の16ヵ国で1位を獲得しました。 軽快なサウンドが懐かしさを感じ昔を思い出させてくれます。(50代男性)

 

 

61.Ray Parker Jr 「ゴーストバスターズ」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Ray Parker Jr「ゴーストバスターズ」がおすすめの理由

『ゴーストバスターズ』は映画『ゴーストバスターズ』の主題歌です。 コメディータッチの映画に相応しい楽曲になっていて映画、楽曲ともにヒットしたと記憶しています。(50代男性)

 

 

62.ロバート・ワイアット 「シップビルディング「Shipbuilding」」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ロバート・ワイアット「シップビルディング「Shipbuilding」」がおすすめの理由

ロックが政治に対してオルタネイティブであろう?とささやかな望みがあった時代の名曲中名曲、英国が起こした82年当のフォークランド紛争に対する反戦歌。ロバート・ワイアットの奇跡のボーカルは、1度は聴かなければならないアーティスト。(50代男性)

 

 

63.ヴァン・ヘイレン 「ジャンプ」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ヴァン・ヘイレン「ジャンプ」がおすすめの理由

電設のロックバンド・ヴァン・ヘーレンの『ジャンプ』はアメリカは勿論のこと全世界で大ヒットした曲でs。 デビッドリー・ロスの軽快なダンスが曲にマッチして最高です。(50代男性)

 

 

64.ノーランズ 「セクシーミュージック」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ノーランズ「セクシーミュージック」がおすすめの理由

『セクシーミュージック』はWinkの7枚目のシングル。1990年3月28日にポリスターより発売されました。 4人の歌声ダンスのセクシーさが素晴らしい。(50代男性)

 

 

65.ノーランズ 「ダンシング・シスター」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ノーランズ「ダンシング・シスター」がおすすめの理由

『ダンシング・シスター』はアイルランド出身の姉妹ボーカルグループ、ノーランズ(The Nolans)が1979年に発売しましたシングル曲です。 4人の息の合った歌とダンスに魅了されました。美しいと言うよりも可愛かったです。(50代男性)

 

 

66.クリストファー・クロス 「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) クリストファー・クロス「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」がおすすめの理由

クリストファークロスの、透き通るような歌声に、 瞼を閉じると、ニューヨークの夜景が、浮かんでくるような感じがします。 今から37年前の曲になりますが、 全く色あせていない名曲と言えると思います。(40代男性)

 

 

67.サバイバー 「バーニング・ハート」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) サバイバー「バーニング・ハート」がおすすめの理由

『バーニング・ハート』は1985年には映画『ロッキー4/炎の友情』の主題歌になり大ヒットしています。 この曲を聴くと『ロッキー』を必ず思い出すほど当時は毎日のようにメディアから流れていました。 力と勇気が湧いてくるような楽曲です。(50代男性)

 

 

68.オリビア・ニュートンジョン 「フィジカル」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) オリビア・ニュートンジョン「フィジカル」がおすすめの理由

『フィジカル』はイギリス生まれ、オーストラリア育ちのポピュラー歌手、実業家のオリビア・ニュートンジョンが981年にロック色を強め、アップテンポなディスコ調の『フィジカル』をリリースしました。全米でビルボード10週連続1位になり大ヒットしました。 風貌を可愛くて声も綺麗でいう事なしです。(50代男性)

 

 

69.アイリーン・キャラ 「フラッシュダンス – ホワット・ア・フィーリン」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) アイリーン・キャラ「フラッシュダンス – ホワット・ア・フィーリン」がおすすめの理由

『フラッシュダンス ホワット・ア・フィーリン』はアメリカのシンガーソングライター、女優のアイリーン・キャラが歌っています。 MVの完成度の高さとアイリーン・キャラの歌声が最高にいいです。(50代男性)

 

 

70.クィーンのフレディ・マーキュリー(ボーカル) 「フラッシュのテーマ」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) クィーンのフレディ・マーキュリー(ボーカル)「フラッシュのテーマ」がおすすめの理由

『フラッシュのテーマ』はイギリスのロック・バンド、クイーンが1980年に発表した楽曲です。アルバム『フラッシュ・ゴードン』に収録され、シングルでも発売されたました。私はフレディ・マーキュリーの大ファンなので高音で歌うところとライブパフォーマンスが大好きです。(50代男性)

 

 

71.ワム 「フリーダム」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ワム「フリーダム」がおすすめの理由

【フリーダム】はイギリスの二人組ミュージシャン・ワムの楽曲です。1980年代前半から中盤にかけて大ヒット曲を連発し、世界的な人気を誇りました。 ボーカルのジョージ・マイケルの歌声が綺麗でそれと二人ともかっこいいので曲もそうですがグループとしても人気がありました。(50代男性)

 

 

72.フレディ・マーキュリー(クィーン) 「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) フレディ・マーキュリー(クィーン)「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」がおすすめの理由

今は亡きクィーンのボーカリスト『フレディ・マーキュリー』が歌う『ボーン・トゥ・ラヴ・ユー』はもう生では聴くことができません。 高音ボイスから放たれは歌声が耳を澄ませると聞こえてきそうで最高のボーカルです。 それからライブパフォーマンスも最高でした。(50代男性)

 

 

73.マドンナ 「マテリアルガール」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) マドンナ「マテリアルガール」がおすすめの理由

『マテリアルガール』は1984年11月30日に発売されました『マドンナ』の7枚目のシングルになります。 2ndアルバム「Like a Virgin」からのシングルカットされました。 当時のマドンナは非常に美しくMVは男性を挑発するような作りになっていたと思います。 今でも第一線で活躍しているのには感服いたします。(50代男性)

 

 

74.マドンナ 「ラ・イスラ・ボニータ」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) マドンナ「ラ・イスラ・ボニータ」がおすすめの理由

ラテン系の聞きやすい曲です。マドンナの声と曲のアレンジがマッチしている。曲の出だしも印象的です。 昔、CMで流れていたときに、存在を知りました。(50代男性)

 

 

75.ワム 「ラストクリスマス」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ワム「ラストクリスマス」がおすすめの理由

『ラストクリスマス』は人気絶頂だった『ワム』が1984年のクリスマスに合わせて発売したリスマスソングです。 その当時テレビやラジオをから聴かない日はありませんでした。それはスキー場に行っても常に流れていたことを 思い出しました。懐かしく思います。(50代男性)

 

 

76.フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド 「リラックス」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド「リラックス」がおすすめの理由

『リラックス』はイギリスのバンドであるフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド(Frankie Goes To Hollywood)の楽曲です。 1980年代半ばに『リラックス』棟をはじめとする楽曲がヒットしてセンセーショナルなヒットを放ちました。(50代男性)

 

 

77.TOTO 「ロザーナ」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) TOTO「ロザーナ」がおすすめの理由

『ロザーナ』はビルボードのホット100で5週間連続2位を記録し、全英シングルチャートで12位を記録しました。 それから、この曲は1983年にグラミー賞最優秀レコード賞を獲得しました。また、最優秀楽曲賞にノミネートされました。 『ロザーナ』を始めとする楽曲を聴くと懐かしいさが蘇ってきます。(50代男性)

 

 

78.ネーナ 「ロックバルーンは99」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ネーナ「ロックバルーンは99」がおすすめの理由

『ロックバルーンは99』は1983年にドイツのポップスグループ、ネーナが発表しました楽曲です。 最初は歌詞の内容など全く分からず、ただボーカルの女性が可愛かったので毎日のように聴いていたのを 思い出しました。(50代男性)

 

 

79.ビリージョエル 「ロンゲストタイム」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ビリージョエル「ロンゲストタイム」がおすすめの理由

『ロンゲストタイム』はビリージョエルの楽曲で1980年代を代表するビッグヒットした曲の一つです。 当時はビリージョエルの歌声を聴かない日はないくらい曲がかかっていました。(50代男性)

 

 

80.ポリス 「見つめていたい」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ポリス「見つめていたい」がおすすめの理由

洗練されたメロディーで、軽い耳触りの本作ですが、歌詞を訳すると、恋人を監視するほど愛する。という解釈もできるそうです。 所有欲とか嫉妬とか誰にも渡したくない。という感じで。 そんな少し危険な詩と、スティングの甘いボーカルという組み合わせがこの作品がもつ、普通でないところを醸し出しているような気がします。 歌詞を噛み締めながら聞くと、また別の味わいです。(40代男性)

 

 

81.ポリス 「孤独のメッセージ」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ポリス「孤独のメッセージ」がおすすめの理由

孤独であるという魂の叫びが、全体が醸成されている作品です。少し一本調子なのが、かえってその叫びを強くしている感じがします。誰しも孤独で、疎外感を抱いている。そんなスティングの思いが、心を突き刺す秀作だと思います。(40代男性)

 

 

82.マイケルジャクソン 「今夜はビート・イット」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) マイケルジャクソン「今夜はビート・イット」がおすすめの理由

『今夜はビートイット』はマイケル・ジャクソンの楽曲で及びアルバム『Thriller』から3作目のリカット・シングルです マイケルジャクソンの歌声とダンスパフォーマンスが素晴らしい楽曲です。。(50代男性)

 

 

83.Stevie Wonder 「心の愛(I Just Called to Say I Love You)」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) Stevie Wonder「心の愛(I Just Called to Say I Love You)」がおすすめの理由

『心の愛(I Just Called to Say I Love You)』はスティーヴィー・ワンダーが1984年に発表した楽曲です。 スティーヴィー・ワンダーの高音域の歌声が素晴らしい。いつ聴いても気持ちが落ち着くような感じがします。(50代男性)

 

 

84.ノーランズ 「恋のハッピー・デート」

YouTube動画はこちら

1980年代おすすめの曲(洋楽) ノーランズ「恋のハッピー・デート」がおすすめの理由

『恋のハッピー・デート』はイギリス(生まれはアイルランド)の姉妹グループであるノーランズの楽曲です。 4人の息の合った歌声とダンスに当時は魅了されたのを記憶しています。 楽曲が良いとか悪いと言うよりの4人の魅力に脱帽です。 当然楽曲も最高です。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました