【2019年】サザンオールスターズおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】サザンオールスターズおすすめの曲ランキング10

昔も今も色あせないアーティストです。何十年経ってもどの年代からも愛される素晴らしい歌手です。しかも、昔の歌を今聞いても全く古さを感じさせないのが素晴らしいところです。特にバラードが切なくて大好きです。

 

 

第10位.サザンオールスターズ「いとしのエリー」

いとしのエリー/サザンオールスターズ.cover by taka

サザンオールスターズ「いとしのエリー」がおすすめの理由

サザンオールスターズと言えばやはり、昔からこの名曲です。昔のカラオケではエリーを彼女の名前に変えて歌うのが大定番でした。しっとりとした歌なのですが、サビでは少しテンポが変わります。一定メロディーではないので飽きのこないようになっています。懐かしいメロディーに浸りたい時にはぜひ、おススメする曲です。桑田佳祐の切ない声が最高にマッチしたこれこそ大人のラブソングです。これほど年月が経っても色あせない。今聞いても古さを全く感じないのがさすがです。歌詞を完全に覚えているのが自分ながら驚きです。それほどの名曲です。

 

 

第9位.サザンオールスターズ「みんなのうた」

みんなのうた/サザンオールスターズ.cover by taka

サザンオールスターズ「みんなのうた」がおすすめの理由

サザンオールスターズの明るい曲となると大抵の少しエッチな歌詞が多いなか、この曲は爽やかです。サザンオールスターズにしては珍しくて私的にはレアです。かかれば間違いなく盛り上がれる曲です。ついつい、口ずさんでしまう。そういった曲です。題名どおりみんなが歌詞を気にせずに歌える「みんなのうた」です。明るい感じなのに「いつの日かこの場所であえるならやり直そう」と。どこか切なさも表現された楽曲となっています。サザンオールスターズはメロディーが何故か耳から離れない。そういった魅力がたっぷりのアーティストです。この歌も例外ではありません。

 

 

第8位.サザンオールスターズ「oh!クラウディア」

KAWAMURA BAND / Oh!クラウディア

サザンオールスターズ「oh!クラウディア」がおすすめの理由

イントロはほとんどなく曲が始まります。しっとりと歌い上げるサザンオールスターズのバラードの代名詞なのではないでしょうか。かなり昔の歌なのですが今聞いても「懐かしい」という感情はあっても「古い」という感情は全くなく聞けるのが素晴らしいです。クラウディアは誰?と、思ってしまいますが。クラウディアとの思い出を切なく歌いあげた楽曲です。普段のアップテンポのサザンオールスターズとは違い語るように歌っているので歌詞もよく聞き取れます。なのでなおさら曲に耳を傾けて聞くことができます。歌詞が分かりやすくこれは、名曲です。

 

 

第7位.サザンオールスターズ「真夏の果実」

涙のキッス cover サザンオールスターズ

サザンオールスターズ「真夏の果実」がおすすめの理由

イントロを聞いただけでテンションが上がってしまいます。すぐに真夏の果実だと分かるイントロです。「四六時中も好きと言って夢の中へ連れていって」この歌詞が印象的です。「こんな時は涙見せずにまた会えると言ってほしい」なんて、歌詞が思い浮かぶなんて凄いの一言です。切ない気持ちがひしひしと伝わってきます。誰もが一度は思ったことこある感情なのではないでしょうか。サザンオールスターズの等身大のリアルな恋愛を描いたこの歌はついつい感情移入してしまう歌です。もう、20年ほど前の曲となるはずですが今聞いても素敵な曲です。

 

 

第6位.サザンオールスターズ「涙のキッス」

涙のキッス cover サザンオールスターズ

サザンオールスターズ「涙のキッス」がおすすめの理由

キッス。キスではない。そう言ったちょっとしたこだわりがサザンオールスターズらしいです。とても明るいイントロから始まりますが曲はとても切ないです。「今すぐ合って見つめるそぶりをしてみても何故に黙って心はなれてしまう」思わず分かるな。と、共感してしまいます。それでも最後までメロディーは明るいです。そのメロディーと歌詞のギャップが最高です。切ないのだけれど明るいです。ちなみにこの曲は当時、大ヒットしたドラマの主題歌でもあります。そのドラマが社会現象を巻き起こしました。そのドラマのこの「涙のキッス」が何故かよく合っていました。

 

 

第5位.サザンオールスターズ「ラチエン通りのシスター」

kawamuraband /ラチエン通りのシスター

サザンオールスターズ「ラチエン通りのシスター」がおすすめの理由

この曲を知っている人は本物のサザンオールスターズファンだと思います。きっと知らない人の方が多いのではないでしょうか。なんとも言えない片思いを歌いあげた曲です。彼氏になりたいけれどどうすればいいのか分からない。そういったやるせない気持ちを歌っています。私の勝手な考えですが好きな彼女に振り回される男性の気持ちを歌っているように思えます。知らない人も一度は聞いてもらいたいです。サザンオールスターズの以外な一面を感じることができます。かなり昔の曲ですが「彼氏になりたきゃどう言うの?」この歌詞がとても印象に残っています。

 

 

第4位.サザンオールスターズ「希望のあだち」

希望の轍 サザンオールスターズ カバー・カラオケ&宅録

サザンオールスターズ「希望のあだち」がおすすめの理由

サザンオールスターズらしい曲です。アップテンポでノリがいいのが大好きです。なぜか歌詞がわかりにくく歌うのが桑田佳祐の特徴なのですが、この曲はそのギリギリのラインです。よく聞けば聞き取れます。普段の桑田佳祐は歌詞を見ないとわからない歌い方が多いのですが、この曲は理解できます。メロディーも心地いいメロディーで思わず口ずさんでしまいます。この曲を聴くとなぜか夏を連想させます。あぁ、この季節がきたな。と、思わせる名曲です。この曲自体はとても古いのですが、今聞いても懐かしいさは感じても古さはまったく感じさせません。

 

 

第3位.サザンオールスターズ「Ya Ya(あの時代を忘れない)」

Ya Ya(あの時代を忘れない) サザンオールスターズ カラオケcover

サザンオールスターズ「Ya Ya(あの時代を忘れない)」がおすすめの理由

サザンオールスターズファンなら絶対に誰もが好きなはずのこの曲。自分の学生時代を懐かしく思えます。誰でも懐かしい思い出が蘇ってくる気持ちにさせてくれます。学生時代のいい思い出ばかりが頭を駆け巡らせます。きっとこの歌詞は大学生の思い出を表しているのでしょうが、たとえ大学に行ったことのない人でもなぜか大学を鮮明に思い浮かべることができるのが不思議です。きっと、それがサザンオールスターズの凄さなのだと思います。題名であり歌詞にも入ってくるYa Yaの意味は分からないのですが逆にそれが印象を強く残してくれます。

 

 

第2位.サザンオールスターズ「蛍」

サザンオールスターズ – 蛍

サザンオールスターズ「蛍」がおすすめの理由

大ヒット映画の主題歌にもなったこの歌。サザンオールスターズらしいな。と、思わされた曲です。近年、サザンオールスターズが出す曲はバラードが少なかったように思えました。サザンオールスターズのバラード大ファンである私からすると少し寂しい気持ちになっていました。しかし、サザンオールスターズはやはり変わっていませんでした。この蛍、なぜか聞いていると涙が出てきそうになってくるほど熱いメッセージが伝わってきます。誰が聞いても好きになる名曲です。こんなにも切ない気持ちになる歌はなかなかありません。一度聴くと忘れられない歌です。

 

 

第1位.サザンオールスターズ「TUMAMI」

TSUNAMI cover music song by CHU/宮﨑信伊知

サザンオールスターズ「TUMAMI」がおすすめの理由

歌い出しからもう、最高です。メロディーも歌詞も文句なしの1位です。積極的になれない男性の切ない恋心を歌っています。「見つめあうと素直におしゃべりできない」なんてフレーズは不器用な人がらが良く出ていてすきです。これほど何度聞いても感動する歌はなかなかありません。あぁ、言われたいな。と、思わず言ってしまうような言葉が溢れていふ名曲です。やはり、サザンオールスターズはバラードが一番です。桑田佳祐の独特の声がさらに楽曲を良くしていて聞いていて心地よくしてくれます。大ヒットしたのにも誰もが納得の一曲です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました