2019年宇多田ヒカルおすすめの曲ランキング10

スポンサードリンク




2019年宇多田ヒカルおすすめの曲ランキング10

歌声、曲、歌詞、すべてが天才で素晴らしくて好きです。そして未だに色あせない過去の曲、デビューした時は本当に世間に衝撃を与えたと思います。ドラマでも多く使われていますが、宇多田ヒカルの曲によってドラマもさらに良くなっていたと思います。

 

 

第10位.宇多田ヒカル「光」

この曲は、PVが宇多田ヒカル本人の自宅で撮影されていると話題となりました。ただただ、歌いながらお皿を洗っているだけのPVなのに、いったいなぜこんなにこの曲がおしゃれに感じるのか本当に不思議で天才的なアーティストです。宇多田ヒカルといえば、高音ハスキーなイメーですが、この曲での低音の部分がまたさらにかっこいいです。本当に強弱をつけて歌うのがうまくて、この曲でも存分に出ていると思います。なんとなく街やお店で流れていても、絶対聴いて体がのってしまう曲です。この曲も10代の時の曲ですが、本当にすごい10代です。

 

 

第9位.宇多田ヒカル「COLORS」

この曲も大ヒットしました。弦楽器の音がすごくよくて、宇多田ヒカルの声とすごいあっています。心地よいはじまりでわくわくするような気分になり、壮大で高音が鳴り響くサビは本当に素晴らしく天才だと思います。PVもゆらゆらと風で衣装が揺れているのが印象的であっていました。カラオケで歌うと非常に高音な曲で難しく、宇多田ヒカル独特の感じがします。こんな高音でもキーキーしていなく、本人が作ったとはいえ、歌のうまさ実力全てが分かる曲だと思います。お天気のいい日に、海の近くをドライブしている時にかけたくなる曲です。

 

 

第8位.宇多田ヒカル「Distance」

セカンドアルバムとタイトルにもなっている曲です。後に「ファイナルディスタンス」というバラードでもだしていましたが、この曲調の方がすごく好きです。イントロから、心地よく、落ち着けるし、やる気もでるし、少し切なくもなり、でもさわやかな曲です。セカンドアルバムでも繰り返して何度もこの曲だけをリピートして聴いていました。当時学生だったこともあるせいか、本当に懐かしくさわやかな気持ちになります。またこの曲はコーラス部分もすごくよくて好きです。ドライブや家事をしている時、大人になった今でも聴きたくなります。

 

 

第7位.宇多田ヒカル「Prisoner Of Love」

この曲を聴いた時は、宇多田ヒカルは本当に天才だなと思いました。この曲を聴くとドラマの「ラストフレンズ」を思い出すのですが、当時このドラマは衝撃的でしたけど、すごい好きなドラマでした。そしてこの曲が流れるのがとても楽しみでした。シリアスな場面、感動する場面、どちらでも流れていましたが、どちらのシーンに流れても非常にあっていて、このドラマの格がさらに上がっていたと思います。歌詞も鋭くて、曲の強弱が素晴らしく、まるでクラシックを聴いてるかのような気持ちにさえなります。歌い方の抑揚もすごいうまくて、とても伝わる楽曲です。

 

 

第6位.宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」

この曲は、大ヒットドラマ「HERO」の主題歌で、大ヒットしました。映画版、スペシャル版、続編、全てにこの曲が起用されていました。今では誰もが、この曲=「HERO」を思い浮かべると思います。15歳から少し大人になった宇多田ヒカルですが、それでもこの曲が発売した時はまだ10代で、10代とは思えない曲調、歌詞、本当にすごさが出て大人っぽい歌を作って歌うなと思います。迫力もすごくて、何年経っても古さを感じさせない曲で、声質は非常にクールでハスキーで、もうかっこいいとしか言えない天才の神曲ですごい好きな曲です。

 

 

第5位.宇多田ヒカル「Automatic」

宇多田ヒカル衝撃のデビュー曲でいきなり大ヒットした曲です。曲、歌唱力ともに抜群にかっこいいです。この曲は、当時ウッチャンナンチャンの内村さんが出ていた「笑う犬」というバラエティーのエンディング曲で、話題となっていました。そして瞬く間に大ヒットし、この曲を歌っているのは15歳で作詞作曲すらも本人がしていると、ものすごく話題となり、ある日その番組に宇多田ヒカル本が着ぐるみを被って登場し大変話題となりました。そしてこの曲は、世の中でいう小室時代の音楽シーンを終わらせた1曲であるといえます。一気に時代が変わりました。

 

 

第4位.宇多田ヒカル「In My Room」

この曲は、ファーストアルバムの中の収録曲で、当時から大変人気がありました。宇多田ヒカル本人もTVやコンサートでも披露することがわりと多かった曲です。語りかけるように歌い、歌詞も火曜日の朝は廊下で〜とはじまりからストレートで具体的な内容でとてもわかりやすくおしゃれな曲です。わりと宇多田ヒカルの曲の中ではそこまで高音でもなくカラオケでも歌いやすい方だと思います。イントロの音もなんともいえないかっこよくておしゃれな曲調で、いつの時代に聴いても全く色あせないです。宇多田ヒカルにしか作れない、歌えない曲だと思います。

 

 

第3位.宇多田ヒカル「First Love」

この歌を初めて聴いた時は衝撃でした。この曲を聴くと当時話題となった「魔女の条件」のドラマを思い出します。先生と生徒という禁断のラブストーリーでこの曲とすごいあっていました。またこの曲でMステ初出演し、謎の歌姫で話題の宇多田ヒカルが披露!とすごい注目度が高かったのを覚えています。いつ聴いても、何度聴いても本当いいい曲です。当時15歳とは思えない曲で、最後のキスはタバコのflavorがした〜なんて歌詞は、同世代からしてもすごい大人な歌詞で衝撃的でした。この曲は本当に大ヒットし、カラオケでもみんな何度も歌っていました。

 

 

第2位.宇多田ヒカル「Flavor Of Life -Ballad Version」

ありがとうと〜言われると〜なんだか切ない〜とはじまる部分が好きです。なんともストレートな歌詞で語りかけるように歌い、伝えたいことがしっかり伝わる曲です。基本的に歌詞よりメロディー重視なのですが、メロディー歌詞ともによくて、切なくてあたたかい、自分の中での宇多田ヒカルさんらしい曲だなと思いました。そしてこの歌の声が本当によくてすごく染みるんです。繰り返し聴いても飽きない、何度も聴きたくなる曲です。また、大好きなドラマの挿入歌でも使われていて、いいタイミングで流れて盛り上がってたなーという印象もすごいあります。

 

 

第1位.宇多田ヒカル「Time Will Tell」

この曲は、あの劇的大ヒットしたファーストアルバムの中にある収録曲でしたが、アルバム時代をリピートして聞いているうちに、この曲が流れてくるのが楽しみになっていました。そして、最終的にはこの曲ばかりを聞いていました。明るい曲でもなくバラードなわけでもない、なんとも言えないサウンドが非常に心地よいのですが、当時学生だったこともあるのか、とてもこれを聞くと胸が締め付けられるようなキュンとします。はじまりのサウンドや、ストレートな歌詞もとても好きです。そしてこの曲は特に優しい歌い方をしているように感じます。