【2019年】BUMP OF CHICKENおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】BUMP OF CHICKENおすすめの曲ランキング10

曲の多くがいろんな状況の自分が共感できる内容となっていて、また、物語調の曲も多く聞いていて優しい気持ちになれます。 辛いときや苦しいとき、この歌手の多くの曲に助けられて乗り越えることができました。 また、アルバム構成が秀逸で一つのアルバムを聞いた際の満足感は他の比ではないと感じられます。

 

 

第10位.BUMP OF CHICKEN「you were here」

BUMP OF CHICKEN「You were here」Music Video

BUMP OF CHICKEN「you were here」がおすすめの理由

この曲を聞くと、LIVEが終わったあとのあの心地よい気持ちと名残惜しい気持ちになれます。LIVEが終わって、まだ熱は冷めないままで寝ようとするとまた思い出し、終わったばかりなのにもうまた行きたくなる、そんな聴者の側の目線と、終わってしまったけど自分の伝えたかった言葉はちゃんと届いたのかな?という演者の側の目線両方が見事に歌詞で表現されています。LIVEに行けば必ず終わりがあり、だけど必ずその次があるんだよと安心させてくれる、だから次も絶対LIVEに行こうとそんな気持ちにさせてくれる曲ですのでやはりLIVE終わりに聞くのがオススメです。

 

 

第9位.BUMP OF CHICKEN「グングニル」

BUMP OF CHICKEN – グングニル Band Cover in HQ

BUMP OF CHICKEN「グングニル」がおすすめの理由

某海賊漫画の映画化の際に同歌手の別の曲(Sailing Day)が主題歌として起用されましたが、この曲も負けないくらいその漫画に合っていると思います。宝の地図を手に入れ冒険のために船を作り、旅に出る自分とそれを無理だと笑うどころか失敗を願う周りの人。それでも自分を信じ宝を手に入れるといった内容の歌詞が躍動感のあるメロディでより一層引き立てられています。他人の評価を気にするな、自分自身の価値を簡単に安く見積もるなと語りかけられるこの歌は周りがやったことのない何かに挑戦しようと思っている人が聞けばきっと勇気づけられるでしょう。

 

 

第8位.BUMP OF CHICKEN「車輪の唄」

BUMP OF CHICKEN「車輪の唄」がおすすめの理由

大好きな人との一時の別れについて書かれた曲です。 別れをまだ受け入れることができない自分と一方で笑顔の相手を上手く表現しています。受け入れることができず泣いてしまう自分と対照的に笑っている相手。きっと相手はまた会えるから大丈夫だと、この別れは一時のものだと確信しているからこそ笑っていられたのでしょう。それでも別れの際には君は…と切ない歌詞が優しいメロディと相まって涙を誘います。上手く言葉にできないことを言葉にしてしまうのがBUMP OF CHICKENの凄いところです。遠距離恋愛中の方に是非聞いてほしい、聞けばきっと不安なんて吹き飛んでしまうだろう、そう思える一曲です。

 

 

第7位.BUMP OF CHICKEN「ダンデライオン」

【カラオケ】ダンデライオン/BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKEN「ダンデライオン」がおすすめの理由

嫌われ者のライオンとライオンに似た「おまえ」について歌われた物語調の曲です。寂しがりやだけど嫌われ者のために一人になってしまったライオンは自分によく似た姿のものに出会います。自分を否定しないで一緒にいてくれるものの為にライオンは贈り物をしようとするのだが…と一つの物語を見事に歌に表現しているのはBUMP OF CHICKENならではだと思います。目を閉じれば情景を思い浮かべることができ、悲しいことが起こるけれど決して絶望では終わらない、そんなこの曲はまるで一冊の絵本であり疾走感のあるメロディで一曲があっという間に過ぎていきます。どんな方にもオススメできる大好きな一曲です。

 

 

第6位.BUMP OF CHICKEN「66号線」

BUMP OF CHICKEN「66号線」 copy

BUMP OF CHICKEN「66号線」がおすすめの理由

BUMP OF CHICKENらしい物語調の歌詞と比喩を用いていて、聞き手によって様々な解釈ができます。歌うことしかできない自分が歌うことができなくなっても側にいてくれますか?と歌詞の中で問いかけていますが恋愛にも置き換えることができると思いました。自分はこの曲を聞くことで自分自身に自信が持てないこと、それ自体は悪いことではないと肯定できるようになりました。自身に対して不安があったり、大切な人がいてその人が離れていってしまわないか?そんな気分のときに聞くことで励まされます。そんな境遇の人に是非聞いてもらいたい1曲です。

 

 

第5位.BUMP OF CHICKEN「ray」

BUMP OF CHICKEN「ray」

BUMP OF CHICKEN「ray」がおすすめの理由

明るい曲調の一方で、歌詞は大切な人と別れの後について書かれています。大切な人との別れ、理想とは裏腹に上手く行かない現実などについて歌いながらも、別れは出会うことができたから、夢の中でならすぐ会えるから大丈夫だと自分に言い聞かせ、今の自分がいるのは君のおかげなんだと奮い立たせてくれます。特に「寂しくなんかなかったよ、ちゃんと寂しくなれたから」という歌詞が好きで、この曲を聞くと辛いことがあっても頑張ろうと思えます。大切なあなたと何故別れてしまったのかと考えつつも、その別れの痛みは忘れることはないから大丈夫だと自分を勇気づけてくれる1曲です。

 

 

第4位.BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」

BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」

BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」がおすすめの理由

一人で街のなんでもないような風景を見ながら、そんな何気ないときでも君と一緒だったときは違うことを感じたのだろうと思ったと思えば、急に自分とは全く関係のないことをふと考えたりと、別れの直後の上手く言葉にできない不安定な気持ちを見事に表現しています。そして「話がしたいよ」というストレートな歌詞が胸に刺さります。まだ君の仕草や過ごした時間ははっきりと覚えているけど進まなきゃいけない、そしてその為の「バス」が来た、ここで歌詞が終わっていることで、曲のその後についても考えさせられます。大切な人と別れたときに聞いてほしい一曲です。

 

 

第3位.BUMP OF CHICKEN「K」

【高音質】BUMP OF CHICKEN「K」

BUMP OF CHICKEN「K」がおすすめの理由

BUMP OF CHICKENの王道とも言うべき物語調のこの曲は初めて聞く方にオススメです。歌詞は一匹の黒猫と画家の出会いから始まり、まるで一冊の絵本を読んでいるような引き込まれる内容となっています。虐げられて生きてきたものが初めて友達と呼べるものと出会い、その友達は自分のせいで命を落とすことになった。その友達から最後に託された願いを叶える為に黒猫は自身の命をかけて走る、友達が付けてくれた名前にかけて。曲の最後では曲名の意味も明かされ、曲が終わったあともう一度聞きたくなると思います。「ガラスのブルース」と合わせて聞いてもいいなと思います。

 

 

第2位.BUMP OF CHICKEN「セントエルモの火」

セントエルモの火 cover

BUMP OF CHICKEN「セントエルモの火」がおすすめの理由

同じ目標に向かって歩く自分と先を行く人について歌われた曲です。その目標にたどり着く為の道の険しさや、それでも先を行くあなたのおかげでなんとか乗り越えられるといった気持ちを上手く歌にしていると思います。自分はこの曲のおかげで仕事が辛いときでも頑張ることができたと思います。特に、この曲の最たる盛り上がりの部分である、「同じ場所に向けて歩いてたんじゃない、僕は君に向かってるんだ」という歌詞にハッとさせられます。目標があるけど達成できるか不安だと感じているときに聞けば自分は一人じゃないから大丈夫だと安心させてくれる、そんな一曲です。

 

 

第1位.BUMP OF CHICKEN「プレゼント」

『プレゼント』BUMP OF CHICKEN 弾き語り【kanta】

BUMP OF CHICKEN「プレゼント」がおすすめの理由

泣いている「きみ」への語り掛けから始まるこの曲は周りを拒絶しつつも誰かから呼ばれることを待っている、だけどそれは君だけじゃないから大丈夫、そんな歌です。その思いは、「壁だけでいいところにわざわざ扉作ったんだよ、嫌いだ全部好きなのに」という歌詞に集約されていて、この曲の盛り上がりであるこの歌詞で思わず涙が零れそうになります。自分自身をちゃんと見てあげてないだけだから、それは君だけじゃないから、と自分を肯定してくれる、味方になってあげるよと語りかけるような歌詞はBUMP OF CHICKENにしか作れないと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました