【2019年】LUNA SEAおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】LUNA SEAおすすめの曲ランキング10

他のバンドでは絶対に聴けない唯一無二の音楽性!RYUICHIの独特の唄い回し、INORANの楽曲を支える職人芸的サイドギター、SUGIZOの宇宙空間を感じさせるリードギター、Jのダーティな色気を感じさせるベース、真矢の圧倒的安定感と疾走感!

 

 

第10位.LUNA SEA「TRUE BLUE」

Luna Sea – True Blue [PV]

LUNA SEA「TRUE BLUE」がおすすめの理由

出だしから耳を奪われるキメフレーズの応酬が印象的。そこから一気にサビへなだれ込み、聴く者をLUNA SEAの音楽の世界へとあっという間に連れて行ってくれる。ライブでも序盤に演奏される事が多く、あまたのJ-POPシーンを見渡しても、ここまでテンポの速い音楽がキャッチーさを内包して展開していくというのは他に類を見ない。SUGIZO,INORANによるギタートラックの分け方が立体感を出し、Jのベースが疾走感を、真矢のドラムが安定感を感じさせてくれる。RYICHIは言わずもがなおいしいメロディーの詰め合わせで、入門曲としてもピッタリ。

 

 

第9位.LUNA SEA「TIME IS DEAD」

LUNA SEA – TIME IS DEAD(REBOOT)

LUNA SEA「TIME IS DEAD」がおすすめの理由

LUNA SEAがインディーズ時代から演奏し続けている楽曲は多数存在するが、その中でも現在でもライブの中核を担う、激しいナンバー。聴きどころはINORANの楽譜で表現できないグルーヴィなリフと、何と言ってもSUGIZOによる超超ロングトーンチョーキングからの速弾きギターソロだろう。メジャーデビュー以前の楽曲は時代の変化と共に風化してしまい演奏されなくなりがちだが、ことLUNA SEAは楽曲の世界観、構築力、生命力が凄まじいのだ。インディーズの音源を再録して新たにリリースしているので、新旧聴き比べは必聴です。

 

 

第8位.LUNA SEA「Déjàvu」

LUNA SEA「Dejavu」

LUNA SEA「Déjàvu」がおすすめの理由

LUNA SEAメジャーデビュー・アルバム「EDEN」からのナンバー。実際にプレイしてみるとより実感できるが、イントロの二本のギターのコードワーク、ステレオ感が聴いていてとても楽しい。バンド練習の一曲目としても、とても重宝するだろう。特にJのベースラインは秀逸で、難しい運指はしていないのに、独自の空気感を演出する事に成功している。ライブでも頻繁に演奏され、サビのRYICHIとオーディエンスの掛け合いも楽しい。縦に割られた譜割を肌で感じる事のできる、稀有な楽曲です。LUNA SEAコピバンするならまずこの曲から!

 

 

第7位.LUNA SEA「I for you」

Luna Sea – I For You

LUNA SEA「I for you」がおすすめの理由

アルバム「SHINE」からの代表曲。テレビドラマ「神様もう少しだけ」の主題歌として大ヒット。当時ボーカルのRYUICHは「河村隆一」としてソロデビューしており、LUNA SEAを凌ぐ一大ブームを巻き起こしていた。ソロでの唄い方はとても甘く、本家であるLUNA SEAとして活動を再開した際、メンバーからは「声が河村隆一として帰って来ちゃった」と言われていたが、その分優しいメロディーが世間に受けた。LUNA SEAとして聴いた時に一番J-POP的に聴こえるのがこの曲だろう。単純に、良い曲です!SUGIZOによるイントロのcコード崩しのフレーズがニクイ。

 

 

第6位.LUNA SEA「gravity」

LUNA SEA – gravity

LUNA SEA「gravity」がおすすめの理由

終幕(解散)直前に出したアルバム「LUNACY」からの先行シングルカットナンバー。この曲に関しては、チューニングが大幅にズレたギターで弾いたフレーズが素晴らしい浮遊感を含んでいたことからそのまま制作された、珍しい楽曲。この曲はバラードなのだろうか?絶対零度のような静けさと、内から溢れ出る熱量が高次元で混ざり合った、後期の傑作です。ジャンル分け出来ない、まさに唯一無二と言って良いでしょう!「さよなら 揺れていた 切なくて ずっと」とはサビの一節だが、巷に溢れるミドルテンポの楽曲とは一線を画します。是非。

 

 

第5位.LUNA SEA「Hurt」

LUNA SEA / HURT (from album STYLE)

LUNA SEA「Hurt」がおすすめの理由

人気絶頂期に出したアルバム「STYLE」からのマニアックな一曲。怪しげなSEからドラムがリズムを刻み始め、INORANのオクターブ奏法がメインメロディーを奏で始めてからの禍々しさは鳥居モノ。録音された世界観としてはLUNA SEA至上最高傑作に入るのでは。どこまでも後ろ向きな歌詞と、ねっとりと絡みつくギターソロ。音が鳴りだしてからずっと、耳の底で聴く者の意識を離さないベースライン。暗闇の中を駆け足で彷徨っているようなドラム。全てのロック愛好家に自信をもって送り出したい、ヘヴィなLUNA SEA。アルバム「STYLE」に捨て曲ナシ!

 

 

第4位.LUNA SEA「RA-SE-N」

LUNA SEA – RA-SE-N [God Bless You – One Night Dejavu]

LUNA SEA「RA-SE-N」がおすすめの理由

こちらもHurtと同じくアルバム「STYLE」からの一曲。なんと5拍子で楽曲が展開していきます。なんだけど、リードギターだけエフェクターいっぱい駆使して4拍子で演奏していたりします。よーくよく聴いてみるとなんでこれで成立してるんだ!という発見もさせてくれるバンドLUNA SEAは、間違いなくリスナーの耳を肥やしてくれるありがたい存在です。同業者にファンが多いのも、こういった理由からでしょうね。分かる人には分かる、ド変態バンドがLUNA SEAなのです。さぁあなたもめくるめく変態の世界へ。ようこそ☆

 

 

第3位.LUNA SEA「Crazy About You」

LUNA SEA – Crazy About You

LUNA SEA「Crazy About You」がおすすめの理由

LUNA SEAはアルバムにおいて、ドラムのシンバルカウントから始まる楽曲が沢山存在します。スタジオ録音でありながらバンドの息遣いが感じられる工夫なのかもしれませんが、この曲もその一つ。4カウント後一気に鳴り響く、分厚いバンドアンサンブルは極上です。「I for you」がJ-POP的なアプローチで制作された名バラードだとしたら、本楽曲はどこまでもザ・LUNA SEAアプローチで制作された、それなのです。何層にも重なった音のミルフィーユ!(なんやそれ)隅から隅までつついてください、無限にダシが出てきます!(なんやそれ)

 

 

第2位.LUNA SEA「MOTHER」

LUNA SEA – MOTHER

LUNA SEA「MOTHER」がおすすめの理由

世の中にはアコギフェチなるものが存在する(多分)。この楽曲全編通して奏でられる、アコギの音色は本当に絶品です。幾重に重ねられた清らかな弦の音色は、アコギ・ソングにおける「ボヘミアン・ラプソディ」であろう(多分)。あまりに美し過ぎてうっとりしちゃいますね。アコギとエレキのクリーントーンの応酬は、「天国への怪談」かのよう。世界レベルです。更にバイオリンまで出てきます。満漢全席です。弦楽器の魅力がこれでもかと詰め込まれた、大傑作です。この魅力に取りつかれたなら、あなたも立派なSLAVE(LUNA SEAファンの総称。奴隷の意)です!

 

 

第1位.LUNA SEA「ROSIER」

LUNA SEA ROSIER (中日字幕)

LUNA SEA「ROSIER」がおすすめの理由

有無を言わせぬ1位です。これに異論を唱える者はいないであろう。普通、人気アーティストの楽曲というのは、ファンの数だけ1位があるものです。しかしそこも変態バンド、このROSIERという楽曲の存在感はあまりにも気高く、演奏される度に果てしない高みへと常に上り続けているのです。昇天しそう。まぎれもない代表曲です。LUNA SEAのみならず、90年代ヴィジュアルシーンにおいて最重要楽曲の一つですね。尋常じゃ無い疾走感。盆百のロック、メタルと一緒にされちゃあ困ります。ご自身の耳で確かめて。超全盛期に放たれたアルバム「MOTHER」収録。そう、2位のMOTHERも収録されているのです。ワンツーフィニッシュ!

 

 

タイトルとURLをコピーしました