【2019年】lyrical schoolおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】lyrical schoolおすすめの曲ランキング10

ヒップホップアイドルユニットという肩書で活動する彼女たちの最大の魅力はライブアクトです。笑顔になって時には泣いて全力を出し切る彼女たちのパフォーマンスに心打たれ、その結束力や人間味にいたるまでレンジの広い魅力があふれるグループだからです。

 

 

第10位.lyrical school「オレンジ」

2018.06.06.23@タワーレコード新宿店「オレンジ」

lyrical school「オレンジ」がおすすめの理由

リリスク楽曲の中では盛り上がり度の高い作品です。夕暮れ時の何だか切ない気持ちを上手く表現した切なめのリリックは彼女たちの日記を読んでいるような感覚になります。特にフック前に放つrisanoのリリック「あえて言うならそれは仲間だろ」というキメには目頭が熱くなります。また、risanoのイメージカラーがオレンジということもあり、彼女のテーマソング的にも響くこの曲。ワンマンライブではアカペラで熱唱する彼女の姿に観客が大いに沸きあがりました。バックを固めるホーンセクションは大所帯の人気ファンクグループの思い出野郎Aチームということもあり、一粒で何度もおいしいのがこの曲のポイントです。

 

 

第9位.lyrical school「夏休みのbaby」

lyrical school「夏休みのBABY」

lyrical school「夏休みのbaby」がおすすめの理由

「なぜか多い6月のベイビー」と歌ったのはかのリップスライムですが、それに負けず劣らずの夏のパーティーチューンを放ったリリスクの大本命な1曲!イントロのクラップからフックにかけての盛り上げ方は聴いているこっちがどうにかなってしまうような高揚感に春夏秋冬いつでもスイッチが入ってしまいます。「誰よりも大好きだよ」のありきたりなフレーズも彼女たちの手にかかればまるで魔法のように煌めきだし、夏の思い出にスパイスを加えてくれます。オシャレ度の高いMVと彼女たちの可愛らしさは相乗効果となってあなたの心に残るはず。そう、まるで夏の日焼けのように…

 

 

第8位.lyrical school「マジックアワー」

マジックアワー / lyrical school

lyrical school「マジックアワー」がおすすめの理由

アルバム「date course」に収録されている象徴的な1曲。この言葉に言い表せない切なさはなんでしょうか。デートの待ち合わせにソワソワする女の子の心境を克明に描写したリリックや感傷的なギターは特筆すべきポイントでしょう。夕暮れに照らされた街のコントラストが目の前に浮かんでくるような巧みな表現方法は楽曲派と呼ばれるアイドルファンも唸らせる出来栄えになっています。高まった気持ちはフック部分で「オレモー!」と叫んで解消したいです。もう、自分には持て余してしまうような切なさエッセンス満載のこの曲はどこに出しても恥ずかしくない1曲です。

 

 

第7位.lyrical school「HIGH5」

lyrical school「High5」

lyrical school「HIGH5」がおすすめの理由

最新アルバム「WORLD‘S END」に収録されている楽曲です。つまらない日常を抜け出して新しい一歩を踏み出そうという前向きな日常描写を中心に、少しだけ空想のエッセンスを織り交ぜたリリックが印象的。まるで彼女たちの日常を切り取ったかのような言葉選びは秀逸。それに仕掛け多めのクールなトラックが盛り上がりを後押ししてくれます。何気にリリックに含まれたパンチラインも多めなで「朝日を背にいとしのエリー」といった風景が見えてくるようなラインや「過去は変わらない。未来無限大」と決め台詞もあり。タイトルの通り思わずハイタッチしたい気分になること間違いなしです。

 

 

第6位.lyrical school「秒で終わる夏」

lyrical school「秒で終わる夏」live at 新木場Studio Coast

lyrical school「秒で終わる夏」がおすすめの理由

2018年、夏に突如としてネット配信限定で世に放たれたリリスクのゲリラ的な夏ソング!これほどアッパーなサマーチューンはいまだかつてなかったと言っていいくらいのキメキメな展開とスリリングなマイクリレーはライブ映えしないはずがありません。派手なブラス隊のサンプリングと夏感を一層かきたてるヤンキーホーンの響き。実力派メンバーhimeちゃんが余裕たっぷりで見せるギミックや帰国子女のrisanoが聴いたこともないハイトーンにチャレンジするなど、何もかもが最高すぎる楽曲なのでファンならずとも必聴の1曲といっていいでしょう。

 

 

第5位.lyrical school「リボンをきゅっと」

lyrical school / リボンをきゅっと (MV)

lyrical school「リボンをきゅっと」がおすすめの理由

まるで短編映画をみているような錯覚に陥る謎過ぎるシチュエーションのMVが印象的なこの楽曲は女の子からモーションをかけるという、かなり積極的な描写。何とも強気な態度が逆に可愛らしい内容です。「we lock the house!」とラッパー顔負けの気合十分な掛け声とブレイクビーツに絡むピアノが痺れます。この楽曲もTOFU BEATSが手掛け、ライブでの盛り上がりには欠かせない1曲。揺れる乙女心と「彼女でいいんじゃない?」という大胆過ぎるリリックは男子なら一度は言われてみたいセリフでしょう。MVに込められた意味は「プール=溺れる」で、私におぼれてみない?という意味かも…と深読みしてしまいます。

 

 

第4位.lyrical school「FRESH!!!」

lyrical school「FRESH!!!」(MV)

lyrical school「FRESH!!!」がおすすめの理由

もうこれが流れたら居ても立ってもいられなくなるという人も多いリリスクの新定番な夏のパーティーチューンです。まるでフロアに火を放つようなスピードで瞬間的に盛り上がることのできるイントロの「ラップをするのは楽しいです!」という掛け声やカラッとしあがったトラック。ご機嫌すぎる元ネタも楽曲のパワーを後押しして、後半のコール&レスポンスやクラップも含めて、どう転んでも盛り上がるしかない要素がふんだん詰め込まれた奇跡。しかも、この曲のMVではメンバーが水着姿を披露するなど話題性も充分です。夏には欠かせない1曲。ドライブにもバッチリです。

 

 

第3位.lyrical school「DANCE WITH YOU」

2018.06.22@池袋サンシャインシティ噴水広場「DANCE WITH YOU」

lyrical school「DANCE WITH YOU」がおすすめの理由

パーティーの高揚感とあふれそうな胸のドキドキをそのままこの曲にパッキングしたような安定のマイクリレーには目を見張るばかりです。古くからのファンはこのグループの成長を感じことのできる微笑ましいナンバー。フックの“LOCK ON!”のフレーズに何度も撃ち抜かれるファンは多いはず。ヒップホップアイドルというカテゴリーに「説明不要!」とばかりにガッチリとフロアを盛り上げる彼女たちの地に足の着いたパフォーマンスに身と任せるもよし。もしくは存分に踊りまくるメンバーを眺めるもよし。万能すぎるパーティーチューンです。

 

 

第2位.lyrical school「Photograph」

lyrical school「photograph」live at LIQUIDROOM

lyrical school「Photograph」がおすすめの理由

この曲もリリスクの定番の涙腺を直撃必須のキラーチューンです。主人公の女の子は彼との一緒の時間を過ごせることに何よりも尊さを感じ、これから新たな物語を紡ぎだすことに勇気をもって踏み出すというストーリー。まるで、これを歌うリリスクメンバーたちの背中を押すようなリリックに涙せずにはいられません。間奏部分のフリースタイルラップもライブごとに違うので見どころの一つです。タイトルにもあるように一瞬一瞬を切り取ってゆく写真のように心にとどめておきたいシーンが人それぞれあると思うので、ライブでしか味わえない瞬間をいつまでの記憶にとどめて欲しいと思います。

 

 

第1位.lyrical school「プチャヘンザ!」

lyrical school「プチャヘンザ!」live at LIQUIDROOM

lyrical school「プチャヘンザ!」がおすすめの理由

リリスクのライブでは定番中の定番と言っていいこの曲“プチャヘンザ!”は今や世界的に注目されるトラックメーカー・トーフビーツが手掛けたスマッシュヒットナンバー。リリスクの前進グループ・テンギャル6から歌い継がれているのでファンなら誰もが大好きな曲のひとつです。軽快なブレイクビーツのイントロやアイドル楽曲ならではのケチャを入れるサビ部分など盛り上がりポイントが盛りだくさん。この曲を通じてメンバーの成長を見届けられたという意味では奇跡の1曲であり、彼女たちの軌跡の1曲ともいってよいでしょう。イントロのフリースタイルラップは毎回メンバーが考え、ライブごとにリリックが異なります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました