【2019年】Maroon 5おすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2019年】Maroon 5おすすめの曲ランキング10

ボーカルのアダムがとにかくハンサムです。そして何処にいても必ず誰でも一度はマルーン5の曲を耳にした事があるはずです。一度聞いたらつい口ずさんでしまう耳心地がよいリズムと、波長と、ボーカルアダムの声が最高です。

 

 

第10位.Maroon 5「Maps」

Maroon 5 – Maps (Explicit)

Maroon 5「Maps」がおすすめの理由

MVを見ると、彼氏の浮気に激怒した彼女が車にひかれて亡くなってしまう話ですが、歌詞をよくよく聞いてみると、よくあるうすぺらい失恋後悔ソングではないのです。 一緒に幸せになると決め,その道筋(Map)を描いた二人だけども、途中でうまく行かなくなって恋人が離れていってしまう。辛い時や苦しいときには必ずそばに居てあげたのに,なんでこっちが辛いときにはそばに居てくれないの...と嘆く歌です。辛い過去の淡い恋愛を思い出してしまう曲の一つです。でも曲調は重たくなく洋楽の歌詞野意味が理解出来ない人でもすんなり聞く事が出来る曲です。

 

 

第9位.Maroon 5「ペイフォン」

Maroon 5 – Payphone (Explicit) ft. Wiz Khalifa

Maroon 5「ペイフォン」がおすすめの理由

ペイフォンそのものの意味は今はすっかり見かけなくなった公衆電話という意味です。そして、この曲はずばり失恋ソングです。歌詞を読んでもらえたら分かるのですが、これはおつりのchangeと恋人の好みになろうと、changeをかけています。粋ですよね。しかしながら生憎別れるという結果になってしまったわけです。単なる失恋ソングとの違いとはアダムの歌声と曲調がとても心地よくて、この曲を聴きながら切ない失恋経験を思い出してドライブでもしてみてはいかがでしょうか。きゅんと胸が締め付けられる思いです。でも失恋だけではなくポップな曲なので聞きやすいです。

 

 

第8位.Maroon 5「Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera」

Maroon 5 – Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera

Maroon 5「Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera」がおすすめの理由

このジャガーというのは、ローリング・ストーンズのボーカリスト ミック・ジャガー(Mick Jagger 1943~)の事を指しています。MVでは彼の過去の映像や、彼に扮したモデルが多数登場しています。そして、大御所であるChristina Aguileraの声とアダムの甘い声がうまく調和しています。電子音とリズムがとても心地よくてつい体がゆらゆら動き出してダンスをしたくなる、聞いているだけで楽しくなってしまう曲の一つです。あまり洋楽に詳しくない方でも一度はどこか街中やラジオなどで耳にしたことがある曲ではないでしょうか。

 

 

第7位.Maroon 5「One More Night」

Maroon 5 – One More Night (Lyric Video)

Maroon 5「One More Night」がおすすめの理由

この曲も世界中で大ヒットした曲の一つです。YouTubeでの再生数が7.4億回です。日本のアイドルや歌手でこれだけの再生数を達成した人は恐らく皆無ではないでしょうか?そして驚きなのは再生数だけではなく、MVの内容もです。一見、奥さんと小さな赤ちゃんとの幸せな家庭を持っているボクサーに見えますが、実際は奥さんは彼のボクシングには不満を持っていて彼の試合中に家を出て行きます。試合に勝って帰宅したところ、がらんとした家にある水槽の金魚と自分を重ねているよりリアルな内容のMVです。恐らくこの曲も街中などで一度は耳にされた事がある曲の一つかと思います。

 

 

第6位.Maroon 5「ミザリー」

Maroon 5 – Misery (Official Music Video)

Maroon 5「ミザリー」がおすすめの理由

苦しめられ惨めな思いをして,自分にとって良い影響を与えてくれる存在ではないとわかっているのに,またやり直そうとしてしまうんですね...手が届かない高嶺の花に魅了されてしまう男性の心境が見事に描かれていて面白いと思います。これは男女関係なく一度は誰でもこのような経験はあるのではないでしょうか?ダメんずに引かれてしまうけれども、ついずるずるしてしまう。このような女性も多いと思います。でも決して重たくてじめじめした曲ではなくさわやかでリズム感のある曲に仕上がっています。また、余談ですが、アダムの当時の彼女もこのMVに出ています。

 

 

第5位.Maroon 5「What Lovers Do ft. SZA」

Maroon 5 – What Lovers Do ft. SZA

Maroon 5「What Lovers Do ft. SZA」がおすすめの理由

この曲はYouTubeで再生回数2.6回されました。MVを見ていても楽しいですし、アダムの声も曲も素敵です。それだけでも十分楽しめる曲です。歌詞そのものは恋人達がすることをしましょう。つまりSEXをしたいと男性が求めている曲に受け取れます。しかしMVを見ても肉欲まみれのような感じでもなく、とてもさわやかに出来上がっています。 ただいつものマルーン5と比べると少し違う雰囲気なのでこれはもしかしたら好みが分かれる曲かもしれません。しかし個人的にはこの曲はリズム感もアダムの声もラップの女性の声もすべて調和されていて好きです。

 

 

第4位.Maroon 5「Makes Me Wonder (Official Music Video)」

Maroon 5 – Makes Me Wonder (Official Music Video)

Maroon 5「Makes Me Wonder (Official Music Video)」がおすすめの理由

彼女にたくさん傷つけられ苦しめられたのになぜだか別れられない.彼女の魅力にメロメロ...ああ,どうすればいいんだ...主人公の心境を描いています。恐らく誰でも一度はこのような経験があるのでしょうか?苦しめられ惨めな思いをして,自分にとって良い影響を与えてくれる存在ではないとわかっているのに,またやり直そうとしてしまうんですね...手が届かない高嶺の花に魅了されてしまう男性の心境が見事に描かれていて面白いと思います。失恋ソングが多い中で、このような男性心理が描かれている曲は興味深いなと思います。そして曲調もとても心地よいです。

 

 

第3位.Maroon 5「Don’t Wanna Know」

Maroon 5 – Don't Wanna Know

Maroon 5「Don’t Wanna Know」がおすすめの理由

「Don’t Wanna Know」は、マルーン5の6thアルバム「Red Pill Blues Deluxe edition」に収録されており、2016年9月にリリースされました。ラップが含まれており米国のラッパーKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)を迎えています。米国ビルボード100では6位、UKシングルスでは5位、オーストラリアで6位など、世界各地のチャートで上位に入りました。「Don’t Wanna Know」は、別れた後の男性の目線から歌詞が書かれており、「未練ダラダラ」の内容です。曲調は、今流行のEDMっぽくアップテンポにアレンジされています。でも曲調は未練ダラダラな感じではなくとてもさわやかなEDMです。

 

 

第2位.Maroon 5「Girls Like You ft. Cardi B」

Maroon 5 – Girls Like You ft. Cardi B

Maroon 5「Girls Like You ft. Cardi B」がおすすめの理由

I need girl like youというのは、君みたいな女性が僕には必要なんだって意味なのですが、べたべたの恋愛ソングです。でも重たくなくて、この曲もまたさわやかで耳心地がよいです。失恋が多い中でこのようなベタな恋愛ソングは貴重ではないかと思います。でも重たくなくてラップの部分もとても心地よくてつい体が動き出してダンスをしたくなるような曲です。YouTubeで見てみても沢山の人がカバーをしていますし、多くの人に親しまれている曲の一つかと思います。あまり洋楽がわからなくても、ただ単にアダムがハンサムでかっこいいという楽しみ方もあるかと思います。

 

 

第1位.Maroon 5「Sugar」

Maroon 5 – Sugar

Maroon 5「Sugar」がおすすめの理由

これはマルーン5がMV中で色々な人達の結婚式にどっきりで歌を歌うのですが、花嫁、花婿さんとまわりのゲストが嬉しすぎて叫んだり泣いていて、見ていてとてもこちらまで幸せになる曲とビデオです。そして歌詞もとても素敵です。ちなみにシュガーとは恋人という意味もあります。この曲はマルーン5の最高作といっても過言ではないのでしょうか。ちなみにこちらの楽曲は映像を見てもおわかりいただけるとおり、ハッピーなウェディングソングです。個人的にはこの曲をカラオケで歌われた後に、プロポーズでもされたらとても最高だなと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました