ファンが選ぶ!aikoおすすめの曲ランキング10

スポンサードリンク




ファンが選ぶ!aikoおすすめの曲ランキング10

恋愛についての歌詞に共感できるし、曲調や世界観が好きだから。独自の音楽性を持っているところがすごいと思う。aikoのパワフルで元気なイメージも好きで、歌を聴いていると私も楽しい気分になれる。ライブでは全力で走ったりとび跳ねたりして歌うスタイルがかっこいい。

 

 

第10位.aiko「ココア」

ゆっくりしたテンポとココアというタイトル通り、恋愛の甘い感じを表現しているように思えて好きだから。いつものaiko節も感じられるし、聞いていて楽しい気分になれる曲調になっている。だけど、歌詞を読むと恋愛の一つ一つのことに対して、心が揺れ動いたり、悩んでいる繊細な気持ちが分かって、共感できる。切なさをポップに軽やかに歌っていることで、バランスが取れているように思う。女子目線で等身大の気持ちの動きを歌にしているから、今恋愛している人や片思い中の人におすすめしたい。感情移入できて、aikoに励まされると思う。

 

 

第9位.aiko「ロージー」

イントロのギターの感じが好きだし、歌詞の「生まれた時からずっとあなたに抱きしめて欲しかったの」からのサビに向けて盛り上がる部分が特に良い。サビの歌詞は「あなたにして欲しいことが怖い程たくさん」という所運命的な出会いに酔いしれていて、周りも何も見えなくて恋愛に夢中になっている様子が伝わってくるから好き。全体的に恋愛の楽しさやハッピーな気分を表現した歌だと思うから、明るくて心地良い。最後の高い声で力強く歌い上げるところに、嫌なことを全部吹き飛ばしちゃうくらいの元気の良さが伝わってきて、軽やかで聴き終わった後スッキリする。

 

 

第8位.aiko「もっと」

ピアノが中心のメロディーで、失恋した悲しい気持ちが伝わってくる。タイトルの「もっと」という言葉を何回も繰り返すことで、相手のことを強く想っていることが分かり、好きな人がいて片想いのまま終わってしまった人とかに聴いてほしい。一途に好きな人を想い続ける幸せな気持ちが一瞬にしてなくなってしまった切なさや儚さが美しく表現されていると思う。「誰も知らなくても 明日が曇りでも 約束はなくてもそれでいい 少しだけ冷えた 君の手のひらを 温められたら 良かったはずなのに」で繊細な心を歌ったあと、クライマックスに向かって盛り上がるところが感動的で好き。

 

 

第7位.aiko「彼の落書き」

まず最初の入りが好きなことと、ライブとかで盛り上がれる曲だからおすすめ。サビの「落ちぬ取れぬ消えぬあなたへの想いは正に 体中の落書きみたい こすって赤く腫れてしまうから今すぐ その手でぎゅっと強く包み込んで」がタイトルの「彼の落書き」の意味を表している部分で、1番印象的だと思う。彼から連絡がこなくて落ち込んでいるところから始まって、好きな気持ちが溢れ出したというストーリーを歌にしているのが素敵だなと思う。恋愛につきまとう不安や悩みにも共感できるし、それくらい相手を好きだという真っ直ぐな想いをストレートに歌詞とアップテンポな曲調にのせて表している。好きな人がいる人を前向きに励ましてくれるからおすすめ。

 

 

第6位.aiko「シアワセ」

イントロのピアノが良い。恋愛をして幸せが溢れている状況を歌にしていると思うけど、どこか悲しそうに聴こえる部分がメロディーの中にところどころあって、それが逆にロマンチックに感じられる。特にサビのメロディーが歌詞に合ってて好き。歌詞の中に「青空」とあり、心も晴れ渡っているように感じられる。MVも綺麗な空が印象的で、恋愛に夢中になって、少しセンチメンタルになっている部分もあるけど、すごく幸せなのが伝わる。好きすぎるあまり、周りが見えなくなって、現実の世界から愛する人と二人だけの世界にタイムスリップしてしまったように感じられ、恋愛にファンタジーを足したような設定にメロディーにのって酔いしれりことができる。

 

 

第5位.aiko「桜の時」

「どんな困難だってたいした事ナイって言えるように」の歌詞が力強くて好き。好きな人と一緒なら何でも乗り越えられるという、恋愛によって成長しているのが伝わってきて、恋が人に与えるパワーを感じる。また、「春が来るとこの川辺は桜がめいぱっい咲き乱れるんだ」という歌詞の部分から、春の情景が思い浮かび、期待に溢れフレッシュでみずみずしい気持ちや、それに伴う不安やセンチメンタルを多くの人が持つ季節だと思うが、それと同じように恋にも期待と不安が付き物で、重ね合わせているようにも感じる。二つを重ね合わせてるからこそ、聴いている人が歌の世界観に入りやすく、共感できるのではないかと思う。桜が咲き始め、もうすぐ春が訪れるという季節に聴くのがおすすめ。

 

 

第4位.aiko「予告」

最初の「トゥットゥル(繰り返し)〜」の部分が特に好き。アップテンポでポップな曲調がとにかく楽しい気持ちにさせてくれる。aikoが自分も悩んだりして大変な時はあるけど、みんなも自分と同じように大変なんだとファンレターを読んだりして知って、とにかくみんなが聴いて明るい気持ちになれるような曲を作りたいと思って作った、というような話を聞いたことがあるから、それを考えて聴くとファンの気持ちを思って作ってくれたんだな、と嬉しいし、より一層心に響く。落ち込んだり悲しい気分になった時に、あえて聴くと、嫌なことも忘れてしまうくらい、盛り上がれるからおすすめ。

 

 

第3位.aiko「プラマイ」

好きな気持ちが強すぎて、心が病んでしまっているように思える。MVは好きな男性を女子がストーカーしているというストーリーになっていることからも、“好き”という気持ちは時に執着心に変わるなと感じる。好きな人と別れてしまった後、その人を本当は忘れなくてはいけないのに、まだ好きな自分がいて、それに葛藤している様子が伝わる。思い出すとつらいけど、思い出さずにいられないという心が痛々しくて切ない。全体的に悲しい気持ちを歌っているけど、メロディーがアップテンポだから、かっこいいし爽快感が感じられる曲。失恋した時に聴くのもいいし、片思い中の人におすすめ。

 

 

第2位.aiko「beat」

ジャズっぽいような雰囲気をミックスさせた曲調が好きなのと、サビの高音が心地よい。間奏でaikoが歌っている部分が好き。自分で歌うには高くて難しい歌だと思うけど、聴いていて楽しい気分になれる。高くなったり低くなったりするのが面白いし、ノリが良い曲で、楽器の音もアレンジミックスのような自由な感じが良い。星がキラキラと弾けているみたいな音が入ってるのも可愛いし、音楽を全身で思い切り楽しんでるみたいなイメージを曲全体から感じられる。タイトルの「beat」通り、リズミカルで色々な音を楽しめる、ノリノリな曲。

 

 

第1位.aiko「ボーイフレンド」

ウェスタン調みたいなメロディーが全体的に印象的でカジュアルな雰囲気の歌。aikoと言えばボーイフレンドというくらい、代表的で有名な曲。トランペットの音がポップな感じで、盛り上げてくれる。サビの前のシャウトする部分で一気に世界観に引き込まれる。恋愛の楽しい部分を前面に出した、ノリに乗ってる感が聴いていて気持ちが良い。「テトラポットのぼって てっぺんにらんで 宇宙にくつ飛ばそう」のハチャメチャな所が若くて勢いがあって好きな部分。恋愛から力をもらって、元気がいっぱいで明るい歌だから、カラオケで歌っても盛り上がれると思う。