ファンが選ぶ!CHAGE&ASKAおすすめの曲ランキング10

スポンサードリンク




ファンが選ぶ!CHAGE&ASKAおすすめの曲ランキング10

ASKAの太くて強い声とCHAGEのハイトーンの声が対照的でありながら、ハモった時にとても綺麗な音になるところはすごく素敵だと思います。また、歌詞も抽象的ですが、心にぴったりはまると忘れなれないインパクトがあるところも好きなポイントです。

 

 

第10位.CHAGE&ASKA「YAH YAH YAH」

言わずと知れた大ヒット曲です。イントロはシンプルながらも力強さがあり、徐々にパワーが増していく感じが元気になれるような雰囲気がおすすめしたい理由です。全体的なサウンドにも力強さが十分ありますが、「Hang in there!病まない心で」の歌詞が心が折れないように頑張ろうと勇気付けてくれます。また「今からそいつをこれからそいつを殴りに行こうか」という部分は自分は1人じゃない、味方がいるんだ、と思わせてくれます。踏ん張りたいのに力が出ない時や落ち込んでいるときに聞いて力を分けてもらえるような1曲です。

 

 

第9位.CHAGE&ASKA「男と女」

CHAGE&ASKAのかなり初期の曲で、ポップスやロック、というジャンルというよりかは「歌謡曲」といった雰囲気です。最近は女性アーティストが「僕」という1人称を使うことが多くなりましたが、男性アーティストが女性の気持ちを歌う、というのは少なくなってきたのではないでしょうか。この曲がリリースされた頃はよくあったパターンですが。(「純恋歌」とか「神田川」とか) ASKAの歌声は素晴らしく、決して女性的な歌い方ではないのに、なぜは女性がそこにいるような映像が浮かんでくるようで、感情移入しやすく、世界観に入り込めます。まるで映画やドラマを見ているかのような気分です。1人で静かに物思いに耽りたい時におすすめの曲です。

 

 

第8位.CHAGE&ASKA「GUYS」

サウンドがとにかくカッコいいのでおすすめです。特にドラムのタイトなリズムやホーンセクションとのユニゾン部分、間奏部分は聴きどころの一つだと思います。シングルバーションも良いですが、一番のおすすめはアルバム「YIN&YAN」に収録されているバージョンです。イントロで男性DJの英語のトークが入った後、絶妙なタイミングで歌が始まるのでさらにカッコよく仕上がっていると思います。「いつかGUYSと呼ばれる男になりたい、いつまでもGUYSと呼ばれる男になりたい」というメッセージが込められていると思いますが、歌詞の通りのクールさが感じられておすすめです。

 

 

第7位.CHAGE&ASKA「BIG TREE」

オーケストラも加わった重厚なサウンド、ドラムの独特なリズムがとても素敵な曲です。歌詞の内容もサウンドもとても壮大で、ASKAの声にぴったり、むしろASKA以外の歌手が歌ってもしっくりこないのではないかとさえ思える曲です。またCHAGEの高音パートがさらにASKAの声の強さを強調しているように感じます。曲中に「君だけのBIG TREE」という歌詞が何度も出てきますが、私は「BIG TREE」とは自分の中にある信念やプライドのようなものであると解釈しています。何があっても周りに流されることなく「自分」を大事に突き進もうと思える曲なのでおすすめです。

 

 

第6位.CHAGE&ASKA「青春の鼓動」

CHAGE&ASKAでは珍しいポップでキャッチーな感じの曲です。実話かどうかはわかりませんが、CHAGE&ASKAの2人が一緒に青春時代を過ごしてきたようなので「校則違反のコートで2人遅刻した」という歌詞がなんだかリアリティがあって、初めて聞いた時は「CHAGEはともかくASKAもそんなことしていたんだ」とちょっと萌えました。高校を卒業して20年以上経ちましたが、いまだに一緒に飲む高校時代の友人がいて会うたび、昔の話になります。懐かしさを共有できる友人がいるっていうのはいいものだ、と改めて思う曲です。青春時代ど真ん中の人よりも大人におすすめの曲です。

 

 

第5位.CHAGE&ASKA「もうすぐだ」

後期のCHAGE&ASKAらしい骨太なサウンドです。歳をとるにつれて1年が短く感じるようになってきたので、「走れ走れ時は短い」という歌詞にはとても共感できます。毎日忙しく、バタバタと暮らしており、疲れを感じて「もうだめだ」と思う時もしばしばありますが、この曲を「走らなきゃ!」と自分を鼓舞できる応援歌のような曲です。ゆったりとした生活に憧れを抱く時もありますが、毎日こうして忙しく走っているのも悪くない、むしろかっこいいのではないかと思えます。ストレス社会と言われる現代、嫌になることもたくさんありますが、希望を持ってポジティブな思考に切り替えたい時におすすめの曲です。

 

 

第4位.CHAGE&ASKA「On Your Mark」

「On Your Mark」とは日本語で「位置について」という意味です。位置についてスタートを切っても、うまくいかなかったり失敗することも多々あると思いますが、「夢の心臓目指して僕らと呼び合うため」という歌詞にあるように、失敗しても諦めずに前を向いて登り続けることが「自分らしさ」である、というメッセージだと解釈しています。ダメな時はダメ、それでもやめないで頑張ろう、という前向きな気持ちになれるのでおすすめです。サビのコーラスも非常に厚く、壮大なスケールを感じさせる曲は「人生」をテーマにしている曲にはぴったりで、とても綺麗な曲です。

 

 

第3位.CHAGE&ASKA「THE TIME」

私は学生時代、バンドをやっていたので「入るとはみ出る小部屋の中で 見張りも逃げそうな音出して」という歌詞には懐かしさと共感を覚えました。昔は馬鹿馬鹿しいことにも一生懸命になっていたり、叶いそうもない大きな夢を見ていたりということは誰しもあることだと思いますが、大人になって冷静に考えてみると気恥ずかしい感じもします。でも、そんなことも「今日の今このための言える きっと言える」という歌詞の通り、今の自分の作っている大事な要素の一つのきっかけになっていたのではないかと思える曲です。同時に自分の成長を実感することができます。改めて自分をいう人間について考えられるのでおすすめです。

 

 

第2位.CHAGE&ASKA「Sons and Daughters~それより僕が伝えたいのは」

序盤はシンプルな音に ASKAの声とコーラスのみという出だしですが、どんどん楽器が重なって行って徐々に重厚なサウンドになっていく構成の曲です。子供が生まれて。子育てをしていく中で、勉強やしつけ、社会のルールやマナーを教えていかなくては、と肩に力が入っていましたが、そんなことよりももっと伝えるべきこともあるよ、というメッセージが込められているような気がします。親の大きな愛とは何か、なんとなくではありますが、理解できたような気がする曲です。子供との毎日は楽しい反面、気忙しさもありますが、ゆったりとした美しいハーモニーは心の余裕を取り戻せそうな気がしておすすめです。

 

 

第1位.CHAGE&ASKA「NO PAIN NO GAIN」

「NO PAIN NO GAIN」、日本のことわざで「苦は楽の種」という意味です。この曲を初めて聞いたのは中学生くらいの時でしたが、それから今までずっと私の座右の銘となっている言葉です。「少しばかりの寂しさも生きる理由」という歌詞は婚活で悩んでいた時に本当に心に響きました。今は無事結婚しましたが、だからと言って全てが幸せかというとそうでもなく、大変なこともあるし、辛いと感じることもあります。でも「苦は楽の種」、きっと将来の自分の役に立つと思って頑張れます。壁にぶつかっている人にぜひおすすめしたい1曲です。