Kiroroおすすめの曲ランキング

スポンサードリンク




Kiroroおすすめの曲ランキング

 

6位タイ.Kiroro 「最後のKISS」(1票)

Kiroro「最後のKISS」がおすすめの理由

夏をイメージされる爽快さたっぷりの一曲。たしかバスクリンのCM曲に使われていたような記憶があります。ある意味kiroroのなかの名曲ではないかと思います。(40代男性)

 

 

6位タイ.Kiroro 「命のリレー」(1票)

Kiroro「命のリレー」がおすすめの理由

悲惨な戦争で命を繋いでくれた先人たちがいたからこそ今の私達がいるのだと、命の重みを知り、たくましく元気に生きて行ってほしいと命の大切さや今ある命を次の世代にリレーしていこうというメッセージが込められた曲です。(50代男性)

 

 

5位.Kiroro 「生きてこそ」(3票)

Kiroro「生きてこそ」がおすすめの理由

今は大学生になった息子が幼稚園の頃の曲だったと思います。育児に追われ、厳しく接してしまった時などに聞くと命あっての全てと気付かされ、大事に育てなくてはと反省し、励まされた曲です。(50代女性)

優しく歌い上げる生きる喜び、感謝が素晴らしい曲です。静かに諭すように「生きてこそ」と流れる歌声で、生きる意味を問い掛けられているような気持ちになります。(40代女性)

両親のもとに生まれ、両親に育てられ生きていく、そしてさまざまなことを経験しさまざまな人々と出会う、これらはすべて、生きているからこそできるのだということを、私たちにもう一度教えてくれます。曲名にもなっており、曲中でくり返される言葉がとても強いメッセージとして心に響きます。(50代男性)

 

 

4位.Kiroro 「冬のうた」(5票)

Kiroro「冬のうた」がおすすめの理由

真っ白のセットにピアノだけというシンプルすぎるPV。シンプルだからこそ真のアーティストとして評価できる。全ていらないものを削ぎ落としていっても、音楽の可能性は伝わるわけだ。(40代男性)

メロディがゆっくりでとても聴きやすく、気持ちが入りやすい曲だからです。これからの時期たくさん聴きたくなってしまう曲です。(30代女性)

ピアノ伴奏にスローテンポで、冬の情景や寒さ、雪の様子が表現されています。冬の人肌が恋しくなる季節に淡く切ない恋心を思わせるバラードです。(30代女性)

数々の良い曲を出しているKiroroのウィンターソング。大切な人がそばにいてくれることがどれだけ大切なことか、あらためて考えさせられます。サビの繰り返しが多く、耳に残ります。(50代男性)

あまり連想はされないかもしれませんが、冬の季節と言えばオススメな曲の1つです。聴いているだけで心が洗われる気がします。歌声だけで純粋に、真っ直ぐに勝負できるのかKiroroの魅力だと思いますが、なかなか思い出してもらえないのが少し残念です。(20代女性)

 

 

3位.Kiroro 「長い間」(16票)

Kiroro「長い間」がおすすめの理由

こんなに相手のことをストレートに思って歌ってる客はないってくらい好きな人がいる時、恋をしている時に聞くと心が打たれる曲です。また、恋がしたいなとも思える曲です。(40代女性)

この曲はしっとり静かな雰囲気もありますが、歌詞を聞くと情景や表情などがイメージできて、夜に聞くと寂しい感じもしますが好きです。(20代女性)

ローテンポのゆったりとした曲調と、優しい歌声が魅力です。昔の恋愛を思い出して懐かしい気持ちになります。(20代女性)

浜崎あゆみや小室ファミリー全盛期に全く逆の音楽を生み出す。初期のゆずやコブクロもそう。同じような打ち込み中心の曲ばかりでなく対極のシンプルな音楽を求める時代に移っていく。(40代男性)

シンプルで曲調も歌詞も今はやりのようなものではないけれど、とても優しくて落ち着く歌です。ふとした時に気づいた気持ちに、少し戸惑っているような困ったような様子が目に浮かんできます。優しい歌声とピアノがやはり持ち味です。(40代女性)

透き通るような歌声ときれいなピアノのメロディが、とても良くて、心癒される曲です。口ずさんで歌ってしまう位、サビの部分のメロディがよいです。(40代女性)

20年ほど前のメジャーデビュー・シングルでした。とてもすんだ歌声で、優しく切ない恋心を、丁寧に静かに歌っています。愛する人に好きと言えない、若い女性の心の声を代弁してくれる曲です。(40代女性)

歌詞がとにかく素敵です。何度聴いても涙が止まらなくなってしまいます。年齢関係なく、静かに聴いてみるべき歌だと思います。(40代女性)

自分の思い人を思っているときに聞くとなかなか寂しい気持ちになります。ですが、元気になったりもします。(10代男性)

素直な気持ちが歌詞に表現されていて、落ち着いた歌声も聞いていて心地よいからです。学生時代によく聞いたので、時代背景も懐かしい。(30代女性)

この曲を聴くと心が穏やかになります。すごく歌いやすいので好きです。キーが激しくないので上手く歌えるところが特に気に入っています。(30代女性)

kiroroのメジャーデビューシングルとして1998年に発売されました。ロングヒットとなり、ミリオンセラーを達成し、この曲で1999年の「第50回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たして、この曲を披露しています。(50代男性)

初めて聞いた時は高校を出たばかりの頃で 新しい環境に慣れなく この曲を聴いて癒されていた頃を懐かしく思います。(30代女性)

「長い間待たせてごめん」という歌詞からはじまるところが少し切ない感じがしていい。聴いていると、歌詞の光景が目に浮かんで来るので共感が出来る。(30代女性)

この曲は遠距離恋愛をしているカップルのラブソングで、共感できる所が多くある曲なので、遠距離恋愛をしている方におすすめです。(20代女性)

Kiroroのメジャーデビュー曲です。話題になった当時はテレビやラジオでよく流れていたのを覚えています。 素朴な曲なので、最初の頃は聞き流していたのですが曲調とピアノの旋律があまりにも切なくて今は好きな曲の1つになってます。 次に出した曲の「未来へ」の方がかなり有名になり、失礼ですが霞んでしまったかのように思えます。 「長い間」は恋愛の曲に対して「未来へ」は母親への気持ちを歌った曲なので、そっちの方が共感を得たのでしょうか。 失礼ですが、歌詞はありふれている言葉なのです。けど終盤のサビで同じフレーズを歌う度に切なさがグンと増してきます。歌詞と音楽がまさに一致しているのです。 今会いたい人や大切な人が遠くにいる人、恋が叶わなかった人にはたまらない曲なのではないでしょうか。(30代女性)

 

 

2位.Kiroro 「Best Friend」(33票)

Kiroro「Best Friend」がおすすめの理由

とても優しい気持ちになれる曲だからです。仲間というものはかけがえのないものだなと再確認できる曲です。(30代女性)

友達への感謝の歌で、歌詞の魅力とやさしいメロディーから、卒業式や結婚式でも定番の曲になっている。10年以上経った今でも記憶に残る歌なのでオススメ。(30代女性)

昔、朝ドラの「ちゅらさん」の主題歌で、その歌詞の良さと優しくて爽やかな歌声で好きになりました。親友と一緒にカラオケに行ったときにオススメの曲です。(20代女性)

友達の感謝の歌である。人は感謝の気持ちを忘れてはいけない。歌詞の魅力とやさしいメロディーから、卒業式や結婚式でも定番の曲になっているのでオススメ。(30代女性)

辛い時や大変な時に、いつもそばにいて支えてくれる手を差し伸べてくれる大切な人たちがいて自分の背中を押してくれたり、勇気をもらったりできる素晴らしい曲だと思います。また、結婚式などでも大変人気がある定番曲となっているように生涯のパートナー、寄り添って助け支えあって行くという素敵な気持ちになれる曲だと私は思います。(20代男性)

学生時代からの親友とつながっていられる思い出の曲です。 披露宴で親友からの手紙の際にも流しました。 今でもこの曲を聴くと親友とのことを思い出します。 大切な友達のことを思い出すきっかけになる歌詞で、おすすめです。(30代女性)

何度聞いても心を暖かくしてくれます。もっと人に優しくなろうと前向きにさせてくれるので皆さんにも聴いてほしい曲です。(20代女性)

Kiroroさんの温かくて優しい歌声と、歌詞に感動しました。友達がいることの幸せさとをしみじみ感じられて、良い曲だと思います。(40代女性)

自分がツラい時にこそ、手を差しのべてくれるのが本当の友人。家族や恋人とはまたちょっと違う距離感がありがたかったりする。Kiroroの二人にもそういう時があったのだと思う。(40代男性)

落ち込んで悩んでいるときに、友達が支えてくれて、見守ってくれて、やっぱり友達っていいなと思わせてくれる曲です。(40代女性)

友達の誕生日にみんなで練習してサプライズで歌いました。友達は感動して号泣、歌っている私達ももらい泣きしてしまい、とても思い出に残る誕生日会でした。「あなたの笑顔に何度助けられただろう」や、「いつでもみんなそばにいる」など心温まる歌詞で、自分は1人じゃないんだと思える曲から辛い時に聴きたくなる曲です。(20代女性)

この曲を聞いて、この人たちには凄く凄く大切にしてる、してもらってる友達がいるから出来た曲なんだろうと感じました。改めて友達の大切さに気づかされた曲です。(30代女性)

中学の時に聞いてからものすごく好きになった曲です。2人の声に癒されるのと、歌詞がとても素敵すぎて大好きになりました。(30代女性)

何かに躓いた時、ぶち当たった時に、聞きたくなる応援歌です。実際の私には、何もかも打ち明けられる心を本当に許せる友達はいません。でもそんな私がこの曲を聞くと励まして貰えている、友達に大事にされていると擬似体験をし元気をほんのちょっと分けてもらい涙を流しすっきりするので大好きな一曲です。(30代女性)

大切、宝物、お金では得られないもの、思いを共有することのできる存在ということをしみじみ感じることの出来る曲(30代女性)

私が気に入っている理由としてはこの曲はシンプルであるが、歌詞がストレートで誰でも聞きやすいのだ。 そして、その歌のメロディはとてもポップで、すぐにでも真似して歌える親しみやすさを兼ね備えているのも特徴的である。(20代男性)

朝ドラ「ちゅらさん」の主題歌で大ヒットした曲ですが、歌詞がとても温かくて、聴いていると友達への感謝の気持ちで溢れてきます。(20代女性)

昔流行った曲ですが今聴いても素敵な曲です。大切な友達へ向けての歌詞とメロディが素晴らしいと思います。(30代女性)

Kiroro二人の優しい声と感動的な歌詞が最高です。卒業式に歌いましたが号泣しました。卒業式にぴったりな曲だと思います。(20代女性)

もともとのキーは高めですが、そのキーからの変動はあまりないので、歌いやすい曲です。NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」主題歌として大ヒットしました。(50代男性)

ちゅらさんの主題歌で知りました。ドラマも大好きでした。親友の結婚式で歌いました。親友への応援歌、すごく思い出に残っています。(40代女性)

友達を勇気づける、友情愛たっぷりの歌で、友達の結婚式でも歌ったのですごく思い入れのある歌です。とにかく歌詞がよくて泣ける!(40代女性)

この歌は朝ドラの主題歌でした。 この歌を聞くと夏に田舎に帰省したときのことを思いだします。朝の涼しいエアコンもいらない時間にきれいな声が響いていたことを思い出します。 朝ドラの主題歌だったせいもあり、曲を聞いてあの頃の懐かしい気持ちに戻る方もいるのではないでしょうか。 懐かしいです。(40代女性)

朝ドラ、ちゅらさんの曲でドラマとよく会っており、友達を思う優しい曲で大好きです。ありがとうと素直に伝えている歌詞も大好きです。(30代女性)

朝ドラに使われていたので割と周りも知っているのでカラオケで歌いやすいです。友達や家族にありがとうという代わりに歌いたい曲です。(20代女性)

友達の大事さを再確認できる様な歌詞で、優しいピアノと声色に泣けちゃいます。卒業式や友達との別れの時のことを思いだし感動します。(20代女性)

イントロのピアノが最高です。卒業式や友人代表として結婚式に歌ったりと色んなシーンに歌える曲です。友達をこんなに思って歌える曲はないです。(40代女性)

素直に、いい曲です。歌詞を思い出すだけで涙が出ます。友達ってすごく大切だなって、当たり前の存在に感じてても凄く大切な人なんだなって確認させられます。(40代女性)

辛い落ち込んだ時に背中を押してくれる曲です。もう少しがんばろうと思わせてくれます。大人になって気軽に友達や家族に頼れなくなった方は、改めてこの曲を聞くことをおすすめします。(30代女性)

この曲は、友人が私の結婚式の余興でサプライズ演奏してくれたのがきっかけで知りました。後に歌詞を見てさらに感動したのを覚えています。大切な人を思う時に聴きたくなる曲です。(20代女性)

心が疲れたときに良く聞いていました。 しっとりとした歌声はとても癒されます。 気を使わずに話せる友達にまた会いたくなりました。(40代女性)

私たちの世代ならば誰もが知っている定番曲。卒業式なども別れの場面で歌詞を変えて歌ったり、思い出がたくさんあります。歌いやすいメロディーで合唱曲としてもよく採用されていますが、やはりkiroroの歌声は別格。美しいです。(30代女性)

昔からよく聴いている曲でとても和む歌です。歌詞もとてもよく友達を大切にしなければと思うからオススメです。(20代男性)

 

 

1位.Kiroro 「未来へ」(37票)

Kiroro「未来へ」がおすすめの理由

この曲は、私も反抗期があって母親にきつくあたったことなどを思い出し母親の偉大さなどを再確認できる曲です。(30代女性)

結婚式などに聞くと心が打たれる曲です。母親と娘の絆ってやっぱり強いものだなと思える曲です。また、母親に感謝し、そして、ピアノの旋律と歌声が涙を誘います。(40代女性)

Kiroroの曲は二人のハーモニーがとても温かく、優しい歌声に気持ちが安らぎ、自分自身が優しい気持ちにさせてくれるので大好きです。(40代女性)

私の結婚式で友達が歌ってくれた思い出の曲。その曲を子供の卒業式で聴いて今度は親の立場から聞いたらなんだか泣けてきたから。ずっと受け継がれる親子の絆の歌。(40代女性)

小学生の時に何度も聴いた思い出の曲です。中学生の時、将来が不安になった時に助けてくれました。それからは、とてもお気に入りです。(20代女性)

歌手のkiroroの声は透明感があるのに、力強く聞こえるため、気持ちを前向きにしてくれると感じるからです。気分が沈んだ時に聞くと、もう少し頑張ろう、という気持ちになることが出来ます。(20代女性)

透き通るような歌声でした。歌姫って言葉も随分安っぽくなってしまいましたが、まさに歌姫。未来が明るく照らされているのが見えるようです。(40代男性)

「ほら足元を見てごらん。これがあなたの歩む道。ほら前を見てごらん。これがあなたの未来」という歌詞は、とても前向きに希望をもって歩んでいける、良い曲です。(40代女性)

素敵なメロディーと歌詞でとても優しい歌で大好きな曲です。スローテンポな曲で聞いていてすごく心地よいです。(40代女性)

純粋で美しい歌詞が心に残る。いとこの結婚式で歌って思い出の曲。今は地元を離れ両親を思うと涙が出る、感動の一曲(20代女性)

親が子供の未来の幸せを願っている歌詞が優しいメロディにのっていて、いつ聞いても暖かい気持ちになれます。 自分が親の立場でも、娘としても両方の気持ちでジーンときます。(50代女性)

カラオケで歌っても高音のわりに誰でもうまく聴こえる。メロディが簡単。男性(特におじさん)から人気が高い。(40代女性)

高校生の頃の音楽の授業で、未来未来へを歌うと言うテストがありました。先生の前で緊張しながら歌った思い出があります。(30代女性)

小学生の頃から好きな歌です。一個上の先輩が卒業式に歌っていたのを聞いてから今でもよく聞きます。ゆっくりとした曲調とお二人の声と全部が好きです!(20代女性)

キロロさんを代表する曲だと思います。将来のことを不安に思ったりこれから新たなステージへと向かう方へ聞いてほしいです。(20代女性)

Kiroroの中でも、特に好きな曲です。なぜかと言うと、この曲はお母さんとの、思い出を歌った内容になっています。そして、励みになる内容になっています。是非、皆さんに聞いてほしいです。私は、カラオケで良く歌います(30代女性)

私の結婚式で、母への手紙のときに使った曲です。女手一つ、4人の子供を育ててくれた母へありがとうと感謝を、手紙と曲で、伝えました。(40代女性)

ボーカルの玉城千春がグループ結成前に中学3年生時の歌詞だとは思えない。母親は元気づ付けるために作った感動のストーリーがあって元気がない時に勇気づけられる。(30代女性)

歌詞が共感できて、生きる希望を持てる素敵な曲なのでおすすめです。また、落ち込んでいる時に聴くと励まされる曲です。(30代女性)

男性でも歌いやすい曲です。様々な人がカバーもしている人気曲です。そして歌詞が共感できる部分が一番だと思います。(30代男性)

Kiroroのこの歌は母への想いを歌った歌なのだと理解した上で、母への想いでは無く自分の行く道に迷った時悩んだ時ぶつかった時に聞きたくなる曲です。聞きながら自分でも歌うと自然と頑張ろうと思い原点に帰ろうと思う足元を確認しようと振り返る時間になる大事な曲です。(30代女性)

卒業式の日にこの曲が流れていて、学校との別れ、友達との別れにキュンとなった思い出があります。改めて歌詞を見ると、母のような寛容で広い心で導いてくれるような内容です。(30代女性)

Kiroroの優しい声で聴いても、合唱で聴いても心が揺さぶられます。自分の過去や、これから先の未来もいとおしくなり、親や、子供はもちろん、周りの人に対しても優しい気持ちになれます。(40代女性)

未来へ希望をもってすすめる歌です。悩んだ時にこの曲を聴くと、自分の未来はこれから希望をもって生きていこうと思える曲です。(40代女性)

リズムがゆっくりですごくいいです。カラオケでも歌いやすいです。また、普段はなかなか感謝できない両親への思いを歌い上げていてほっこりします。(30代女性)

古い曲ですが、澄んだ歌声と優しい歌詞で何度聴いても涙が溢れそうになります。母と子の切っても切れない関係、反抗期を迎えて素直になれなくなることもあるけれどいつかは和解して未来へ進めるよというメッセージが心に染みます。(20代女性)

透き通っていて伸びのある声が綺麗な曲なのでオススメです。故郷を離れ、夢に向かって前へ進んでいく歌詞も素敵です。(30代女性)

小学生の時、1/2成人式の時に歌った曲ですが今(20代)聞いた方が心にくる曲です。たぶん自分が親の立場になって聞いても新たに感じることがあるのだと思います。(20代女性)

キロロの歌はいろいろ好きですが、この曲はメロディも好きですし、歌詞もとても良いです。本当に前向きになれます。(30代女性)

自分は一人で生きているのではないと気づかされる曲です。いいことばかりではないけれど、かんばっていこうと思えます。(40代女性)

ピアノ伴奏がとても綺麗で、ゆったりしているので聴いていて心地いい曲。「ほら 足元をみてごらん」という歌詞があるのだが、聴いている側に優しく語りかけているような気がする。(30代女性)

前に進もうと思える歌になっています。テストや試験などで挫けそうになった時に聴くと親の顔を思い出したり支えてくれている人達の顔が浮かび、このままではいけない、頑張ろうと思えます。(20代女性)

この曲を聞く泣きそうになります。Kiroroさんの透き通った声がすごく好きです。また、「その優しさを時には嫌がり離れた母へ素直になれず」という歌詞の部分がまるで私で、共感できます。(40代女性)

題名など通り、未来へ向けてのメッセージのような曲です。キロロさんの優しい声とピアノとの抜群な相性がよく、歌詞とメロディーが心に響くので、おすすめです。(20代女性)

育ててくれた母に感謝し、未来に向かって歩んでいく。とても歌詞がよく合唱で歌いやすいため、卒業式の定番ソングです。(20代女性)

この曲は私が小学生の時の文化祭で歌った思いで深い曲です。当時はそこまで歌詞の内容を理解せずただただ歌詞として覚えて歌っていましたがある程度大人になった今改めて聞くと、涙が流れます。歌詞がこれまで親と過ごしてきた自分だったりが蘇ってくるからです。元気にもなるし大切な人に感謝したくなる曲です。(20代女性)

ボーカルの玉城さんが中学三年生の頃に母親を想い、作った歌で母親への感謝の気持ちを歌で表現していると聞いたことがあったので感銘を受けたから。(20代女性)