Perfumeおすすめの曲ランキングTOP10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Perfumeおすすめの曲ランキングTOP10

 

第10位.Perfume「チョコレイト・ディスコ」

約10年前、初めてPerfumeを知ったきっかけの曲。ひたすらチョコレイト・ディスコと繰り返しているだけですが、いやに耳について離れません。いつのまにか中毒になっているはずです。

PVのバブル期を彷彿とさせるコスチュームやカメラワーク、レーザービーム風の光の使い方、構成などは、最初はダサいと感じるかもしれませんが、これも狙ったダサさ。指で丸を作ってメガネのように目元におき、軽快にジャンプして踊るダンスは覚えやすく簡単で、カラオケでも簡単に踊れて、加えて歌詞も簡単で覚えやすいので、みんながノリノリになれる曲でしょう。

 

 

第9位.Perfume「スパイス」

ドラマチックな曲の出だしのメロディーから、いきなり心がワクワクさせられます。Perfumeの数ある曲の中でも女の子らしさ満載の曲で、メロディーも歌詞もとても可愛いです。

「知らないほうが いいのかもね でも思いがけない ワクワクが欲しい 好奇心のスパイスはね 巡り巡り何か起こすの」と言った歌詞が恋愛でも仕事でもその他のことでも、何かにチャレンジしたい!という意欲をかりたたせます。片思いをしていて悩んでいる女の子が聞けば、背中を押してくれる曲になりそうです。パールピンクカラーでガーリーな、可愛いプロモーションビデオもおススメです。

 

 

第8位.Perfume「ねぇ」

こちらもとてもガーリーな可愛らしい曲です。ボーイフレンドとのデートにどこに行こうか?という想いを、女の子目線で可愛らしく健気に表現している歌詞が逸脱です。キミといると行き先はどこも特別に変わるの、という一文は、男子が言われたらきっとイチコロですよね。

中田ヤスタカ氏の女子力に相変わらず脱帽です。恋愛やデートに関する曲だとらメロディーも甘くなりがちですが、こちらは重低音が効いた少しドラマチックなメロディーで、曲全体として甘ったくなりすぎず、かっこよくまとまっています。正に、彼氏とデート前に、気分を盛り上げたい女子に聞いてほしい作品です!

 

 

第7位.Perfume「ワンルーム・ディスコ」

チョコレイト・ディスコに曲名も、メロディーの雰囲気も似ているこの曲ですが、歌詞の内容が、新しい土地で一人暮らしを始める女子大生や新社会人などにとって、すごく勇気付けてくれるような内容になっています。

私もはじめての異国での留学の際、日本にいる彼氏とも離れ離れになってしまい、すごく寂しく部屋にこもっていたところ、この曲を聴くとなんだか元気がでてきて、外に出てみよう!という気持ちになったことをよく覚えています。そんなに難しい歌詞でもなく耳に残りやすいので、新しい環境に入って、でもなんとなく毎日不安、そんな人にはぜひリピートして聴くのをお勧めします。

 

 

第6位.Perfume「Dream Fighter」

こちらもPerfumeを代表する応援ソング!失恋した、仕事で失敗した、友達とケンカした、なんかいやなことがあった…気分が落ち込んでいる時に、アップテンポでかっこよく、そして力強いこの曲が、きっとあなたを勇気付けてくれるはずです。

私も失恋時、この曲を聴いて、辛くてもなんとか前向きに戦っていこうと思えました。歌詞の、「もしつらいこととかが あったとしてもそれは キミがきっと ずっと あきらめない強さを持っているから」という部分が特に天才的で、逆転の発想でハッとさせられます。いつもより更にキレの良いダンスをおどるPVにも注目です!

 

 

第5位.Perfume「ナチュラルに恋して」

こちらも中田ヤスタカ氏の女子力爆発の可愛らしいポップな曲。ナチュラルに恋して、は恋愛で悩める乙女にはある種の解決策の一つでは?ちょっと肩の力を抜いて、気楽に向き合おう、そんな声が聞こえてくるようです。

洋服ブランドNatural Beauty Basicとコラボした曲で、PVでも、Perfumeの3人が店舗でショッピングして、次々と服装チェンジして…といった、女の子なら誰でも観ていてワクワクする内容でおすすめです。サブメロディーも印象的ですが、個人的には間奏のところの重低音が程よく聞いたメロディーも耳に残り印象的です。

 

 

第4位.Perfume「レーザービーム」

いつものPerfumeの曲の違って控えめな出だしから始まるこの曲。まるでゲームのような電子音が満載で、キャッチーなメロディーが繰り広げられ、なんとなく切なさも感じられる曲の雰囲気は、一度聞いたら忘れられないでしょう。

PVの舞台や3人の衣装も、Perfumeのイメージの一つである無機質なロボットみたいな感じで、近未来的な雰囲気で最高にかっこいいです。曲のテンポも早いので、何か勝負ごとがある時など、気持ちを盛り上げたい時に聞くと良さそうです。私は学生時代の部活で、大会前などにこの曲をよく聞いていました。

 

 

第3位.Perfume「不自然なガール」

好きな人に想いをなかなか伝えられない女の子の、切なく少し苦しい気持ち、恋しい気持ちを抑えられないが、本当によく表現されています。Dream Fighterに少し似通った、アップテンポでドラマティックで、少し切ない雰囲気もあるメロディーが特徴的です。

「相談があるからって キミにメールを打つの 本当の質問は まだまだ聞けないけど」というフレーズは、たくさんの女子が共感する箇所だと思います。PVの中のPerfumeの3人の真っ赤なドレス、バックダンサーを使ったマジックのような演出も印象的で面白いです。

 

 

第2位.Perfume「TOKYO GIRL」

2020年の東京オリンピックに向けて作られた曲・・・とファンの中で流れる噂に相応わしく、未来の東京での大舞台に向けて気分を大いに盛り上げてくれる曲。

サビに向けて流れる少し長めの間奏が逸脱で、ここで心が必ず高鳴ります!大都市感、未来感があふれるPVのコンテンツと、歌詞、特に「Kawaiiと駆ける未来」というところ(世界に認知されているKawaiiという単語を使っている)で、完全に世界に東京をアピールする意図を感じます。日本の曲というと演歌など伝統的な曲という古い考えをぶち壊して、新しい価値観を提供してくれる曲だと思います。

 

 

第1位.Perfume「PUPPY LOVE」

私のオススメの曲の1位は、世間ではそこまでメジャーじゃないけど、隠れた名曲のPUPPY LOVE。ツンデレの彼氏に振り回される女の子の複雑な、でもやっぱり彼が好き、という、高校時代や大学時代の青春時代を存分に思い出させてくれる、切なさ満点、でも明るいポップな曲調で元気も出る、そんな不思議な曲。

曲中に出てくる「ツンデレーション」は逸脱な表現で、流行り言葉にならないかな、と思ったものでした。間奏部分の何度も繰り返されているメロディーなどが、少しチープな感じを受けるところが、まだまだ若くて不安定なティーンの心をうまく表現していると思いました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました