THE ALFEE(ジ・アルフィー)おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

THE ALFEE(ジ・アルフィー)おすすめの曲ランキング

 

9位タイ.THE ALFEE 「AUBE ~新しい夜明け~」(2票)

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「AUBE ~新しい夜明け~」がおすすめの理由

イントロも素敵だし、歌詞もメロディもカッコいい。歌ってるたかみーの声もカワイイし、たぶん、ALFEEファンじゃない人たちには、ロックで叫んでいるたかみーとか、犬をも呼べる高音とかのイメージだと思うんですが、普通に地声で歌うとかなり可愛いんです。(50代男性)

クラシカルな雰囲気の様々な楽器の音色が盛りだくさんの劇的な要素が強い楽曲で、サビでのツーバス連打の疾走感のある曲です。(30代男性)

 

 

9位タイ.THE ALFEE 「Brave Love~Galaxy Express 999」(2票)

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「Brave Love~Galaxy Express 999」がおすすめの理由

幻想的で情景が目の前に描かれるような素敵な歌詞が好きです。イントロから雰囲気溢れる感じと、桜井さんの色気ある声が相まってテンションが上がります。(30代女性)

THE ALFEEファンの間では一つのエポックメーキングな作品として知られています。シングル版の終わりはフェードアウト、アルバム版の終わりはカットアウト(汽笛の音で終わる)なっていますが、今回は終着駅を目指して進む鉄道のイメージを感じられるシングル版をチョイスしました。(50代男性)

 

 

9位タイ.THE ALFEE 「Musician」(2票)

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「Musician」がおすすめの理由

アルフィー初期の名曲です。つらくてもギターは捨てられないという歌詞がそのままアルフィーのこれまでの歴史を物語っているようで感動します。長年のファンにとってはたまりません。(40代男性)

THE ALFEEのデビュー間もない頃の曲です。私がこの曲を初めて聴いたのは、彼らがブレイクしてからでした。今から35年ほど前です。この歌詞そのままに夢を抱いて歌い続けて、彼らは本当に夢が実現したんだと感動しました。今聴いてもとてもいい曲です。(50代女性)

 

 

9位タイ.THE ALFEE 「サファイアの瞳」(2票)

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「サファイアの瞳」がおすすめの理由

ALFEE80年代のヒット曲。東京を舞台に男女の熱い情事を桜井賢さんのボーカルが大人な雰囲気で歌い上げる。それがまた儚くセクシーで変にいやらしくない。むしろロックなのにポップに聴こえる。(40代男性)

キーボードの音色、メロディ、ホーンアレンジ、全てが整っていて、かっこいい、この曲は奇跡と言えると思います。ちなみにレコーディング時のドラマーは、そうる透氏です。(50代男性)

 

 

9位タイ.THE ALFEE 「シンデレラは眠れない」(2票)

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「シンデレラは眠れない」がおすすめの理由

アルフィー大好きです。この曲が心に響きます。別れの歌なのか、誰かを思って歌っているんだと思います。とてもいいです。(40代男性)

当時まだシンセの音楽って新しかったから、早い段階でトライしたアルフィーは斬新だったと思う。J-POPもこの80年代半ばから一気に変化していったのも彼らの存在なくして語れない。(40代男性)

 

 

6位タイ.THE ALFEE 「希望の鐘が鳴る朝に」(3票)

THE ALFEE「希望の鐘が鳴る朝に」がおすすめの理由

ALFEEの曲の中でもめちゃめちゃおススメです!歌詞がすごくいいです!落ち込んでいる時や気持ちが沈んでいる時の応援ソングです。(30代女性)

TBS系東芝日曜劇場サラリーマン金太郎の主題歌で、THE ALFEEが漫画を原作とするテレビドラマの主題歌を歌うのはこれが初めてでした。(50代男性)

この曲はTBS系列でドラマ化し、映画化もしたあのドラマ「サラリーマン金太郎」の主題歌です。曲の感想は、高見沢さんらしくメッセージが熱いです。(50代男性)

 

 

6位タイ.THE ALFEE 「君が通り過ぎたあとに」(3票)

THE ALFEE「君が通り過ぎたあとに」がおすすめの理由

アルフィーのこの曲は、映画「タッチ」の主題歌に使われたことでも有名。この曲は小泉今日子もカバーしています。(40代男性)

この君が通り過ぎたあとには、映画タッチの主題歌にもなった、ちょっと悲しい歌詞とバラードがしっとりと聞かせてくれます。(40代男性)

高見沢さんが優しく語りかけるように歌っていて聞き入っていると吸い込まれてしまいそうになる恋人達のぺイヴメントにつぐ名バラードだと思います。(50代男性)

 

 

6位タイ.THE ALFEE 「木枯らしに抱かれて」(3票)

THE ALFEE「木枯らしに抱かれて」がおすすめの理由

30年くらい前に小泉今日子さんへ提供した楽曲です。小泉さんが歌ったバージョンバージョン女の子らしくて可愛くていいですが、ALFEEのバージョンは丁寧に言葉を紡ぐように歌ってるのでそれが胸に迫ってきて切なくなってしまいます。秋の風景に似合う名曲ですね。名曲だからこそずっと聴き継がれているんだと思います。(50代女性)

この曲は、アルフィーのバラードの名曲です。 小泉今日子もカバーしていて、そちらの方が有名かもしれませんね。(40代男性)

何もいうことがない名曲です。テンポ、リズムがかなり変わった曲です。歌詞は文句ない名曲。“あなたは気づかない…”であわてふためいた男性も多いのでは?(50代男性)

 

 

4位タイ.THE ALFEE 「無言劇」(4票)

THE ALFEE「無言劇」がおすすめの理由

アルフィーが派手なロック調に行く前の唄です。 「主役は冷めきった心と心」というフレーズは一度聞いたら頭から離れません!(50代女性)

ボーカルの桜井賢さんの歌声が素晴らしく、艶があり魅力溢れる曲。セクシーに悩ましく歌い上げている。歌詞のメロディーのイメージそのままのボーカルです。テンポの良いフォークロックの名曲。(40代女性)

初のドラマ主題歌にもなった7thシングル。アンデス地方の民俗楽器ケーナの音色が印象的なフォルクローレ調のアコースティック・ナンバーで、桜井賢のリード・ヴォーカル。ダンス・アレンジを施したヴァージョンがライヴで評判となり、アルバム『BEST SELLECTION II』に収録されました。(50代男性)

中学の修学旅行の時に初めて聞いて、衝撃的に良い曲だと思った思い出の曲。とてもいい曲なので古い曲ですが沢山の人に聞いてほしい。(50代男性)

 

 

4位タイ.THE ALFEE 「恋人達のペイヴメント」(4票)

THE ALFEE「恋人達のペイヴメント」がおすすめの理由

グリコ『アーモンドチョコレート』のCMソングだった、私の誕生日に発売された曲。ドラマチックに冬を待つ、ボーカルが印象的な恋人たちと聴く秋のテーマソング。(40代女性)

「白い冬凍える夜は君を包むコートになろう」大好きだから言える言葉。そういうことが出来る今の若い男性はどれだけいるだろうか?自分を犠牲にしてまで愛する人を守りたい思いの強さを感じる。(40代男性)

THE ALFEEが乗りに乗っていた時代の名バラード中の名バラード曲です。全盛期と言っても過言ではないほどで、この頃のアルフィーが好きでした。(50代男性)

どんなに苦しいことがあっても、夢を諦めずに生きていこうという普遍的な力強いメッセージは世代を超え、年齢、性別を問わず、多くの人々の心に訴えかけるものであると思います。(50代男性)

 

 

3位.THE ALFEE 「太陽は沈まない」(5票)

THE ALFEE「太陽は沈まない」がおすすめの理由

2000年代THE ALFEEっぽい曲調がとてもかっこいい曲です。また、ストリングスやジャズピアノを織り交ぜたアレンジもかっこいいです。歌詞も愛する人のために一生懸命がんばろうと思わせるないようになっています。(30代男性)

ドラマ「ショムニ FINAL」の主題歌として起用され、毎週聴いていました。始めてTHE ALFEEのCDを買った思い出の曲です。(30代女性)

フジテレビ系ショムニの主題歌でした。THE ALFEEらしい優しめのロックテイストの曲です。三人の声が心地よく耳に響きます。(40代女性)

自分を信じて進んでいけばいいという自信に満ち溢れた歌詞は、この道を28年歩きつづけている彼らならではの物かと思います。曲も、余分な物を含まないストレートな物になっている。(50代男性)

ここで言う太陽は自分の情熱とか熱い想いだったりする。その熱意が燃え続けている限り太陽は沈まないのだ。桜井のボーカルが冴え渡って切れ味半端ない。(40代男性)

 

 

2位.THE ALFEE 「メリーアン」(12票)

THE ALFEE「メリーアン」がおすすめの理由

元々アルバムに作られた曲でしたが、スタッフから勧められてシングルになりました。前作の暁のパラダイスロードは売れ線で作ったのに思ったより売れなかったから、何が売れるかわからなくなってたとも言ってました。元々のタイトルはベルリンの露で、わが青春のマリアンヌからイメージして作詞したらしいです。(50代男性)

アルフィーの代表曲、今聞いてもいい歌ですね。40年近く現役で活躍しているだけあって名曲も多いですが中でもこの曲は最高(40代男性)

THE ALFEEはラブソングが多いのですが、なかでもこの曲はマリアンヌというはっきりした女性を思っての歌詞になっていて、より一層思いが伝わる歌で、聞いていると胸に響きます。また、メロディも耳に残り、つい口ずさんでしまいます。(40代女性)

大好きなKinKi KidsがALFEEと共演してて、KinKiが歌ったりしてるのを見て自然と好きになりました。(30代女性)

桜井さんの 声がいい。。3人のハモリも 曲の テンポも ノリがいい。ベストテンで 歌ってた当時の様子も思い出され 色々懐かしい。(50代女性)

ドラマティックな展開をする代表曲で、メロディックな曲調と情景が浮かんでくるような素晴らしい歌詞が印象的です。(30代男性)

桜井さんの澄んだ綺麗な歌声はもちろん、三人のハーモニー、演奏、どれもが素晴らしくて、何度聴いても聞き入ってしまいます。年月が経っても色褪せることのない名曲です。(60代女性)

THE ALFEE3人の歌の素晴らしさを感じた作品でした。 高音、中音、低音、それぞれのバランスがめちゃくちゃ取れていて、息があっているハ-モニ-は聞かなきゃ損ですよ。(50代男性)

昔から何年経って聴いても色褪せないのがこの曲魅力です。そして歌のサビの一部では、三人のハモりもあり聞き応えは抜群です。(30代男性)

黒スーツの酒屋さん、天パーフォークシンガー、ド派手ビジュアル系。方向性バラバラでもついに還暦、何年経っても変わらぬ3人の美しいハーモニー。何回聴いても色褪せない名曲。(40代男性)

メロディーがとても素敵で、中高生だった頃の恋した気持ちを思い出し、胸がキュンとします。雨降りの夜に聴くとすっごくいいです。(50代女性)

アルフィーの初期の頃の代表曲といってもいいくらい、まず思い出す歌です。メリーアン!とカラオケでたまにみんなで合唱してしまいます。(40代女性)

 

 

1位.THE ALFEE 「星空のデイスタンス」(29票)

THE ALFEE「星空のデイスタンス」がおすすめの理由

私の中でTHE ALFEEといえばこの曲ですが、最初の高見沢さんのギターのハーモニクスが何度聞いても気持ちが良いからです。(10代男性)

メロディーラインがかっこよく、聴いていると元気をもらえるから。嫌なこと、落ち込むことがあった時にこの曲を聴くと気分が上がる。(20代女性)

ランニングする時によい。長年、大阪国際女子マラソンのテーマソングだったので走るイメージがある。残念ながら今年で終了とのことですが。(30代女性)

この曲は、ハードロック調ですが、ハード過ぎない所が、聞きやすいです。離れてしまった彼女との距離をうらめしく思い、会いたい気持ちを募らせる感じがいいですね❗(60代女性)

もう本当に古い曲です。それでも彼らの曲は高見沢さんの書かれる詞が元気になるものが多いです。正に初期の曲です。今の若い人たちにも聴いて貰いたいです。(40代女性)

THE ALFEEを代表する曲であり、サビに向かって盛り上がっていく曲調が気に入っています。 ドライブ中などにかけても、大体の人が知っているので盛り上がるため、おすすめです!(20代男性)

THE ALFEEは昭和の古いアーティストのイメージですが、このノリノリな感じのリズムがまずテンション上がります。この曲のサビが特に好きというわけではありませんが、私が好きなのはイントロのはげしいリズムの部分と、Aメロのメロディーが昭和の懐かしい感じがして、耳に残りますし大好きです。(30代女性)

サビよりも歌い出しのところが好きでこの歌好きなんです! 櫻井さんの歌い出しの声が好きでフッと聞きたくなるときがあります。(30代女性)

アルフィーの代表曲でもある、星空のディスタンスですがこれを聞いていると、その当時のことが思い出されます。(40代男性)

昔からよく聞く曲で、とても元気が出る曲です。気分が盛り上がるので、聞くととても気分が高まります。みんなの声が好きです。(40代女性)

高見沢さんの嗜好を反映したクラシカルな雰囲気が強いドラマティックな代表曲で素晴らしい仕上がりだと思います。(30代男性)

THE ALFEEの代表曲。年々そのパフォーマンスは変わらず還暦を迎えたとは思えない力強さに衰えはない。若い人に薦めたいアルフィーの入門編。(40代男性)

曲によってボーカルがかわるバンドですが全員それぞれ個性的な歌声です。この曲を歌っている桜井さんはサングラスの強面と裏腹のソプラノの綺麗な歌声に驚きます。(40代女性)

スピード感のあるリズムが心地よいです。カラオケで歌うと最高に盛り上がる曲です。高見沢さんのギターソロがかっこいいです。(20代女性)

テンポがいい。今となっては古い曲ではあるが、どの世代でも通用すると思う。ライブでも人気の曲だし、今後もそうだと思う。(20代男性)

ノリがとっても良くて、桜井さんの伸びやかなボーカルがとても心地よいです。今でもロックサウンドで人気の名曲です。(40代男性)

20代の自分が聞いてもかっこいいと思えるし桜井さんの歌声が好きです。 後60代になっても音楽を続けていて生き方がかっこいい。(20代男性)

リリースされたのは1984年ではあるが、実際にはデビュー当時の1974年頃に曲は作られ、ライヴハウス時代にはギターインストゥルメンタルで演奏されていました。TBS系『無邪気な関係』主題歌としていました。(50代男性)

とにかく耳に残るメロディーが圧巻です。発売当時、私は子供でしたが大きくなるまでずっと覚えていて、高校生の時にバンドの練習曲として演奏したくらいです。(30代女性)

メリーアンでチャンスをつかんだアルフィー。この曲で完全に人気アーティストの仲間入りした感じです。なんといってもイントロの部分と桜井さんの高音が素敵な名曲だと思うためです。(50代男性)

自分が生まれる前の曲ですが、今でもたまに聴くだけあって印象に残る曲です。少し高音の独特の歌声が耳に残ります。(20代女性)

デビュー以来、いまだにテレビなどでも活躍しているアルフィーの代表的な一曲。今でも聞くと当時のアルフィーの姿が浮かんできます。(50代男性)

愛している人に対する、熱く激しい情熱を歌っています。とても迫力とスピード感がある歌です。80年代を代表する名曲です。(40代女性)

母がTHE ALFEEが大好きだったのでその影響もあり私も自然と聞いていました。この曲は代表曲といってもいいくらい有名な曲ですが、初めて耳にした時まだ幼かった私ですが3人の繰り出すハーモニーにしびれました!今の時代にも通用する楽曲だと思います。(30代女性)

静かで穏やかなAメロ、Bメロと激しく盛り上がるサビのギャップが最高です。ずっと溜めて、溜めて、サビになると一気に爆発って感じでスカッとします(30代男性)

サビの疾走感、三人の息の合った演奏を聞いた時、とても感動しました。耳に残るメロディーが思わず口ずさんでしまうほど記憶に残ります。(30代男性)

曲調がとても良く、桜崎俊彦の声量が際立つ曲でとてもお勧め。あまり詩に良さは感じないが、曲はとても良いので大好き。(50代男性)

とても懐かしい曲ですが今でもたまに流れるといっしょに口ずさんでしまいます。メロディも良く、ちょっと切なくなる曲です(40代女性)

世代ではないですが、この曲を聴くとヤル気がみなぎってきます。闘争心が芽生えるような感覚にいつもなります。定年超えてるグループなのに名曲です。(30代女性)

 

 

1票入ったTHE ALFEEおすすめの曲も紹介

 

THE ALFEE 「19-nineteen-」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「19-nineteen-」がおすすめの理由

大人でもない子供でもない。19歳という微妙な年頃にもがき苦しんだ誰もが経験した思いを熱く歌う。坂崎のメインボーカル、高見沢のギターソロが秀逸。(40代男性)

 

 

THE ALFEE 「1月の雨を忘れない」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「1月の雨を忘れない」がおすすめの理由

1月はまだ雨というより雪になることが多い。冷たい雨が、身体を濡らす。体温を奪う雨は心に深く突き刺さる。大サビの3人のワンマイクパフォーマンスがカッコいい。(40代男性)

 

 

THE ALFEE 「Justice For True Love」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「Justice For True Love」がおすすめの理由

クラシカルな要素が強いドラマティックな展開の楽曲で、ヴォーカルの櫻井さんの力強く伸びやかな歌声が素晴らしい楽曲です。(30代男性)

 

 

THE ALFEE 「LOVE NEVER DIES」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「LOVE NEVER DIES」がおすすめの理由

自分の愛する者が遠くにいても、そして2度と会えないとしてもこれだけは伝えたい「愛は死なない」と。こうしたストレート過ぎる純粋なラブソングをいつまでも歌えるバンドはアルフィーだけです。(40代男性)

 

 

THE ALFEE 「Promised love」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「Promised love」がおすすめの理由

夢を追いかけていく達成の為には、色々なことを捨てたり、諦めたりすることもある。でも愛だけは捨てない。愛した人をけして裏切らないという誓い、約束を歌う曲。アルフィー珠玉のバラード。(40代男性)

 

 

THE ALFEE 「SEE YOU AGAIN」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「SEE YOU AGAIN」がおすすめの理由

ほかのシングル曲はすぐ解りますが はじめて聴いて なんか 耳に残る曲だなと思い、名曲をまた見つけちゃいました。(50代男性)

 

 

THE ALFEE 「エルドラド」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「エルドラド」がおすすめの理由

NHK総合アニメ『モンタナジョーンズ』のエンディング・テーマ曲で、アニメ本編の感動を最大限に演出するような壮大なスケール観と高見沢俊彦が歌う叙情的なメロディが魅力と思います。(50代男性)

 

 

THE ALFEE 「まだ見ぬ君への愛の詩」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「まだ見ぬ君への愛の詩」がおすすめの理由

三ツ矢サイダーのCMで使われていたこの曲は、高見沢さんのリードボーカル曲です。サイダーのようにさわやかな感じががする曲です。夏にはぴったりです。(40代男性)

 

 

THE ALFEE 「ラブレター」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「ラブレター」がおすすめの理由

フォーク時代のアルフィーの曲は全部好きですが、もう古い。でも、だんだんブレイクに近づいていく感じが良いので、ラブレターはアルフィー初心者に凄く聞いてほしい。(40代女性)

 

 

THE ALFEE 「宛先のない手紙」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「宛先のない手紙」がおすすめの理由

The ALFEE の作品のなかで、私はこの楽曲に一番に出会いました。おそらく、FMラジオから流れてきたと思います。初めて聴いた曲でしたが、凄く暖かさが伝わってきました。すぐに口ずさんでました。(50代男性)

 

 

THE ALFEE 「宇宙戦艦ヤマト2009」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「宇宙戦艦ヤマト2009」がおすすめの理由

ささきいさおさんが歌ったきょくのリメイク番です。なつかしくもロック色強い一曲になっています。アルフィーらしいですね。(50代男性)

 

 

THE ALFEE 「英雄の詩」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「英雄の詩」がおすすめの理由

まず、僕の好きなウルトラマンの歌に起用されている点や、父さんがファンだったりと少なからず聴く機会があり、ハマってます(10代男性)

 

 

THE ALFEE 「夏しぐれ」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「夏しぐれ」がおすすめの理由

アルフィーの幻のデビュー曲ですが知名度はなくても私はこの曲は好きでした。漫画アルフィー物語を読んでからアイドル時代のアルフィーのアルバムのことを知りましたが名曲です。(40代女性)

 

 

THE ALFEE 「希望の橋」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「希望の橋」がおすすめの理由

久しぶりの「サラリーマン金太郎」シリーズの主題歌という事で、なかなか気合いの入った出来で、とてもノリやすい曲だと思います。ロック色が強く、個人的にはとても気に入っている曲です。(50代男性)

 

 

THE ALFEE 「鋼鉄の巨人」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「鋼鉄の巨人」がおすすめの理由

鋼鉄の巨人は三十年以上も昔の曲。アルフィーは古いけれど、テーマとしては未来に向かって叫ぶ曲が多く、この曲は今聞いてみると内容的にナウい。(40代女性)

 

 

THE ALFEE 「今日のつづきが未来になる」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「今日のつづきが未来になる」がおすすめの理由

当たり前のことだけど、当たり前の事がすごく大事。温かくて励まされる、明日も頑張ろうと心静かに思える曲です。(40代女性)

 

 

THE ALFEE 「人間だから悲しいんだ」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「人間だから悲しいんだ」がおすすめの理由

曲名の通り「人間だから悲しいんだ」はいい意味で心に引っかかる曲ですとてもメロディもいいですし、頑張ろうと思える曲です(20代女性)

 

 

THE ALFEE 「生きよう」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「生きよう」がおすすめの理由

若い人がこんなシンプルなことを歌っても響かないですが、何十年も歌を歌い続け、ライブに全国を回り続けている彼らだからこそ響きます。丁寧に歌っていて届けようとしているのが感じます。(40代女性)

 

 

THE ALFEE 「冒険者たち」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「冒険者たち」がおすすめの理由

「モンタナ・ジョーンズ」というのアニメのオープニングテーマです。このアニメは世界を飛び周り冒険するもので作品のイメージとあってる。聞くとテンションがあがり元気になれる。(20代男性)

 

 

THE ALFEE 「夢よ急げ」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「夢よ急げ」がおすすめの理由

ALFEEの6thアルバムのオープニング曲で、アルコンの始まりにも相応しい、スタートダッシュの速い曲。(40代女性)

 

 

THE ALFEE 「霧のソフィア」

YouTube動画はこちら

THE ALFEE「霧のソフィア」がおすすめの理由

このビジュアルにして還暦、そして独身。高見沢俊彦という男。プライベートも謎過ぎる。過去にソフィアという外国の女性が本当にいたんじゃないか?って思わせるほどの世界観を生み出している。(40代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました