TM NETWORKおすすめの曲ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TM NETWORKおすすめの曲ランキング

 

8位タイ.TM NETWORK 「1974(16光年の訪問者)」(2票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「1974(16光年の訪問者)」がおすすめの理由

金曜日のライオンです。MVの木根さんが謎の中国人で出ている動きが面白いです。自然にリズムに合わせて、踊りたくなります。歌詞は悲しいですのが、逆に曲に合います。(40代女性)

ポップで楽しくて夢があってドキドキして、とても良い曲です。Bメロとサビの部分では、いつも胸がキュンとしちゃいます。TM NETWORKの曲の中で、私はコレが一番好きです。(50代女性)

 

 

8位タイ.TM NETWORK 「RHYTHM RED BEAT BLACK」(2票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「RHYTHM RED BEAT BLACK」がおすすめの理由

これまでになかった宇都宮隆のダンスが色濃く出ていてパフォーマーとしての新たな境地を迎える。3人でCM出演するなど個々の知名度も上がってきた頃。(40代男性)

これぞ、ロック!という日本に誇るロックバンドの曲だと思います。ライブ映像は頭を振り乱すほど夢中になって盛り上がっています。(20代女性)

 

 

8位タイ.TM NETWORK 「一途な恋」(2票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「一途な恋」がおすすめの理由

TM NETWORKにしてはめずらしい英語表記しない日本語のみのタイトル曲。歌詞の中にも英語が出てきません。ある意味それはそれで斬新なイメージがしました。(40代男性)

前作から2年ぶりの待望のシングルでありながらPVもなくライブでも数回しか披露されていない不遇な曲。小室哲哉のプロデュース活動が多忙を極め、TMに時間をかけられなくなったのも要因のひとつ。(40代男性)

 

 

8位タイ.TM NETWORK 「金曜日のライオン」(2票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「金曜日のライオン」がおすすめの理由

TMのデビュー曲にあたるが、既に後の小室サウンドと変わらない完成度の高さがある。当時はアイドル風のヘアスタイル、未来をイメージした衣装など派手さインパクトの強さが極まっていた。(40代男性)

プロデュースを多くする前と違ってとても緻密に作られた楽曲だと思う。歌詞もいいし曲全体の雰囲気もTMNETWORKでしかできないという感じで大好きです。(30代男性)

 

 

6位タイ.TM NETWORK 「Be Together」(3票)

TM NETWORK「Be Together」がおすすめの理由

後に鈴木あみがカバーし自身の代表曲になるほど大ヒットするが、元々はTM時代のアルバム曲。アレンジも大分異なるのでまた違ったテイストが楽しめる。(40代男性)

TM NETWORKの代表曲。鈴木亜美がのちにカバーしてヒットした曲でもあります。私はもちろんTM NETWORKのほうが好きです。(40代男性)

TM Networkの曲は兄が良く聴いていたんですが私は幼くてこの曲を知ったのは鈴木あみさんがカバーしていた時に覚えやすい歌詞と曲だと思いました。(30代女性)

 

 

6位タイ.TM NETWORK 「GET WILD’89」(3票)

TM NETWORK「GET WILD’89」がおすすめの理由

「TM NETWORKといえば、この曲!」というくらい定番の曲だと思います。アニメ「シティーハンター」のエンディングで使われたのもあって、TM NETWORKの曲を初めて聴いたのがGET WILDでした。メロディーもカッコイイですし、大人になった今でも大好きな曲です。個人的に、小室哲哉さんが作曲した曲は沢山ありますが、最初にオススメするなら絶対この曲を選びます。(30代女性)

一番のヒット曲ですが、やはりメロディの華やかさとキャッチーさがとても神がかってると思います。打ち込みサウンドの走りという感じもすごくいいですね。(30代女性)

1987年に発売されたオリジナル版のリメイク作品といえます。どちらが好きかは賛否あるでしょうが、TMネットワークの人気を不動のものにした名曲といえるでしょう。TMは知らなくてもこの曲は聴いたことがある、というくらい有名ですね。(30代男性)

 

 

4位タイ.TM NETWORK 「BEYOND THE TIME」(5票)

TM NETWORK「BEYOND THE TIME」がおすすめの理由

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の主題歌でした。このアニメのエンディングと主題歌の歌詞が不思議とマッチしている名曲です。(40代男性)

映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」主題歌。最初のガンダムからの完結編となっていて長きに渡る一連の戦いの流れを表現するにはぴったりのタイトル。(40代男性)

逆襲のシャアで知りました。特に好きなのは途中の歌詞で「あぁ、メビウスの輪から抜け出せなくて~」のところです。初代ガンダムからZガンダムで分かり合おうとしたけど、結局アムロとシャアの分かり合えなくて終わりなき戦いを繰り広げる描写と歌詞がマッチしているのが好きです。(20代女性)

静かなメロディなのにボーカルの宇都宮さんの力強い声によってサビだけでなく曲全体が壮大に感じられて、聞き入ってしまう曲です。(20代男性)

アニメの映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の主題歌でした。曲調はわりと静かで、押さえぎみなイメージさえありますが、運命に翻弄される様子を表した歌詞が、ガンダムの世界観とよくマッチしています。ガンダムファンにとっても外せない名曲です。(40代女性)

 

 

4位タイ.TM NETWORK 「Love Train」(5票)

TM NETWORK「Love Train」がおすすめの理由

メロディーがとても覚えやすくキャッチーな歌詞で彼らの中で一番メジャーメロディで聞きやすくておすすめです。(30代女性)

PVにはまだブレイク前の篠原涼子を起用するなど、この先を見据えた曲。TM最大のヒット曲でこの後ソロ活動を意識するきっかけにもなった。(40代男性)

冷めきった愛が再び温まるような愛の歌。 このまま2人で逃避行といったように愛する二人の世界観が感じられます。 オススメです!(40代女性)

デジタルビートに乗ったマイナーな感じが強いロマンティックな雰囲気のある、サビのメロディーが綺麗で素晴らしい楽曲です。(30代男性)

この曲はずいぶん前の唄ですが、小室哲哉さんのメロディーに宇都宮隆さんの声がリンクして素晴らしいから好きです。(40代男性)

 

 

3位.TM NETWORK 「Self Control」(8票)

TM NETWORK「Self Control」がおすすめの理由

TMネットワークの中で一番好きな曲です。曲のスピード感がすごくTMネットワークらしいと思います。古い曲ですが今聞いても全然違和感がありません。(40代男性)

中学時代に結構耳にした名曲です。「教科書は何も教えてはくれない」のメッセージ性にすごく印象を受けました。(40代男性)

この曲がヒットしてなかったら、アルバム4作でTMは消えてたくらいの大作ですね。多くの人が知ってるGet Wildも世に出ることはなかった。そのくらいの曲です。(40代男性)

TM最初のスマッシュヒット。ここから徐々に注目をされるようになる。当時はまだジャンルが明確にされずYMOの再来とかテクノポップ的な扱いだった。(40代男性)

過去にこんな曲、聴いたことがない斬新な曲という、印象がとても強いです。音楽は当然なんですが、宇都宮さんの声も独特でめちゃくちゃ惹かれました。(50代男性)

この曲のオープニングは小室哲哉さんのシンセサイザーから始まって凄いです。宇都宮さんの声がカッコいいです。(40代男性)

1987年のナンバー。リアルタイムではあまりTM NETWORKを聴いていなかったのだが、友人の影響等でアルバムを聴いて、この曲にハマったのを覚えている。サウンドはいわゆるテンポの速い「小室調」だが、歌詞が素晴らしい。また、宇都宮隆の素直なボーカルも聴き易くていい。(50代女性)

リフレインがとても気持ちの良い曲。 強烈な感じはないけれど、すんなりと心に入ってきて染み渡る良い歌です。(40代女性)

 

 

2位.TM NETWORK 「SEVEN DAYS WAR」(12票)

TM NETWORK「SEVEN DAYS WAR」がおすすめの理由

1988年に公開された映画「ぼくらの七日間戦争」の主題歌だったTM NETWORKの「SEVEN DAYS WAR」は、当時中学生で反抗期真っ只中の自分は、物凄い衝撃を受けました。この歌は、自分の気持ちを歌ってくれてる!とまで思っていました。30年たった今でも忘れられない歌です。今の中学生にも是非聞いてもらいたい曲です。(40代男性)

学生のときのあの大人たちとの考え方の違いを歌にしていて、若者の情熱やもどかしさがひしひしと伝わってくる歌です。(30代女性)

歌い出しのrevolutionがとても印象的。戦う歌なのに切なさを感じてしまう、そんな不思議な魅力のある歌詞が素晴しいです。(30代女性)

映画「ぼくらの七日間戦争」主題歌。この曲の作詞もまさにその内容に沿っている。実に雄大で壮大なスケール感は映画の世界をより良くしている。(40代男性)

この曲を聴くと幼かった頃を思い出し、少年少女に持った気がします。 新しい冒険もしてみたい。 そう思える一曲です。(40代女性)

映画「ぼくらの七日間戦争」の主題歌でしたが、歌詞の世界観がストーリーとマッチしていて、とても印象的でした。当時小学生でしたが、今でも歌詞を見なくても歌えるくらい、はっきりと覚えています。(40代女性)

メッセージ性が強く希望がありロマンティックな感じの、しっとりと歌い上げる感じが素晴らしいメロディアスな楽曲です。(30代男性)

映画僕らの七日間戦争の主題歌で、とても印象に残っています。歌詞の中に、seven days war戦うよ という部分が、主人公宮沢りえさんの表情とあいまって素敵でした。懐かしく、時を経ても名曲だなと感じます。(30代女性)

映画の主題歌でしたが、本当に映画と曲があっていてると思います。当時、小学生ながら、感動しました。メッセ性があるので、若い人に聞いてほしいです。(40代女性)

中学生当時の、特に何があるわけでもないけれど、漠然と大人や世の中に反抗したくなるような多感な時期に聴いた曲。自分の想いを代弁してくれているかのような歌詞には共感し、励まされたものです。今もこういったメッセージ性の強い楽曲はあると思いますが、若い方々にも是非聴いてもらいたい曲です。いつの時代でも抱く想いは同じと感じることができると思うのでおすすめです。(40代女性)

この曲はちょっともの悲しい唄です。しかし、何かに抗って生きる強さを感じさせるから凄く素晴らしいです。(40代男性)

僕らの七日間戦争の映画の主題歌で友達と映画館で観た事を思い出し思春期の年頃の子供と教師や親達とのバトルが印象的でとても楽しかったです。(30代女性)

 

 

1位.TM NETWORK 「Get Wild」(38票)

TM NETWORK「Get Wild」がおすすめの理由

シティーハンターのアニメのエンディングで起用されていて聞いていると不思議な音楽の世界に入っている感じがとても好きです。(30代女性)

私が高校3年生の時に流行ってて学校内でかかっていました。当時のアニメでシティーハンターのエンディング曲です。カッコいい歌で私は大好きです。(40代女性)

小さい頃にアニメのエンディングで聴いてから、なんてカッコいい曲なんだろうと好きになりました。今でもカラオケで歌いたくなる曲です。(30代女性)

小室哲也率いるTMの代表曲で、アニメ「シティハンター」のエンディング曲です。小室サウンド全開といった感じのかっこいい曲調でカラオケで歌うと盛り上がり間違いなしです。この曲と音が1987年にできていたというのが信じられないです。(30代男性)

小室ミュージック最強の一曲です。シティハンターの、そして私の永遠のエンディング曲。歌詞もメロディも素晴らしい!(40代女性)

アニメのシティーハンターで流れていた曲で、アニメのイメージとマッチしていました。何度もアレンジされて、その年に合わせて進化してきていて、今聞いてお古さを一切感じさせない名曲です。(40代男性)

この曲だけでバージョンが複数存在する。アニメ「CITY HUNTER」エンディング曲。アニメの流れでこの曲がかかるかつてない手法はアニソンの歴史を変えたと言ってもいい。(40代男性)

アニメの曲のオープニングテーマとして起用された1曲ですのでこの曲を聴くとそのアニメもセットで思い出します。 かっこいい!(40代女性)

get wildは、アニメのシティーハンターで使われていました。このアニメで聞いてすごいカッコイイ曲で驚いたのを覚えています。その後、TM NETWORKを調べていろいろな曲を聞くようになりファンになり、ライヴにも行くようになりました。(40代女性)

アニメ「シティーハンター」のエンディングテーマでした。アニメファンにとって、「シティーハンター」と言えばこの曲が真っ先に思い浮かびます。スピード感があり、何年経ってもオシャレな曲です。(40代女性)

疾走感のある曲がかっこいい、宇津宮の声も曲にぴったり、今聴いてもやっぱりかっこいい、シンセサイザーを使った当時では新鮮な曲だった(40代男性)

アニメ「シティー・ハンター」の主題歌。私はアニメを通じてこの曲を聴いてTM NETWORKを好きになりました。名曲中の名曲です。(40代男性)

オンタイムでは記憶は無いのですがTMと言ったらこの曲でしょう!シティハンターの主題歌でかの疾走感溢れるメロディーがとても素敵で爽快です。(40代女性)

『シティーハンター』という漫画を思い出し、ワイルドな曲を思い起こさせるから好きです。また、広島東洋カープの會澤翼が登場する時の曲であることも好印象です。(30代男性)

アニメ「シティハンター」の主題歌にもなった代表曲で力強くキャッチーで勢いがあり、ノリの良い格好良い曲です。(30代男性)

英語の歌詞が多くかっこ良さを感じられる曲だと思います。サビも良いのですが、サビに入る前のだんだん盛り上がっていく感じも良く出来ていてかっこいい一曲だと思います。(30代男性)

この曲はアニメ「シティーハンター」のエンディング曲として使われていた曲で25年以上前の曲ですが、アップテンポで、とってもかっこよく、今でもとても古く感じない良い曲です。永遠の名曲で、TM NETWORK の代表曲といえる曲です。(40代女性)

イントロが印象的。サビのメロディも覚えやすく、近年の「ダサかっこいい」やEDMの流行に通ずるものがある。90年代のテクノやユーロが盛り込まれた音楽は親と子どもを繋ぐ架け橋になるのではないか。(20代女性)

シンセサイザーの音色がオシャレで当時アニメ「シティーハンター」の主題歌で使われていたのでよく聞いていました。(40代男性)

アニメCITY HUNTERの主題歌になったこの曲は、当時のシンセサイザーミュージックとしてかなり斬新な曲でした。今でも、リミックスされ、どんどん新しく生まれ変わっています。(40代女性)

シティーハンターを見ている方なら誰でもわかるこの曲。とても盛り上がれる曲です。また、バナナマンの日村さんがよく番組でこの曲をピアノで弾いたり歌ったりと人気の曲です。(20代男性)

電子音を取り入れた近代的な前奏が好きです。また、迫力ある歌詞で勢いよく進んでいく曲調が元気にしてくれるのでいまだによく聞いています。(30代女性)

某アニメの主題歌にもなった曲です。小室哲也の作るメロディはスピ-ド感にあふれ、アレンジもこの当時ですでにEDMそのものでほんとにかっこいい。才能が大きく花開いていました。(50代女性)

この曲は、シティーハンターと言うアニメのEDに使われていました。私は、シティーハンターが大好きなので。あと、歌詞がとてもわかるからです。 『誰かのために生きられるなら It’s your dream or my dream or somebody’s dream 何も こわくはない Get wild and tough ひとりでは 解けない愛のパズルを抱いて』 などよく聞くと女性でも共感できる歌詞です。 なのでぜひ歌詞に注目して聞いてみてほしいです。(30代女性)

カラオケでアニソンを歌う時盛り上がれる曲の1つで色々な世代の人に知られていて受けがいいのでおすすめの一曲です。(20代男性)

Get WildはTVアニメのシティーハンターの主題歌に使われており、とにかく格好良くて、スピード感のあるその曲調は当時とても印象的でした。30年以上も前の曲にもかかわらず、今も尚、色あせず新鮮に感じるのはすごいと思うのでおすすめです。(40代女性)

TM NETWORKの曲を初めて聞いたときは衝撃というか今までの音楽から新時代の音楽が始まるのではないかと感じたのを覚えています。これが小室哲也の時代が幕を開けたと思っています。(50代男性)

シティーハンターをみてこの歌をしりました。とてもパワーがすごくて、カラオケで歌うとよくもりあがります。(20代女性)

アニメ・シティーハンターのEDT。疾走感あふれる曲調と当時の都会観がマッチした名曲。ボーカルの低めの声がいい。(30代女性)

シティハンターのテーマ曲で知った曲だが、何年経っても色あせない、この時代に聴いても新鮮さがある。夜の高速で走りながら繰り返し聴くと何だか頑張ろって思う。(50代女性)

当時、イントロの部分からとっても斬新なメロディに、驚愕しました。シンセサイザーがこれ程までにメロディを変えるなんて…。(50代男性)

私が好きだったアニメ「シティーハンター」のエンディング曲だったのでよく覚えている。この曲の疾走感がよく、聞いているとシティーハンターの有名なフレーズ「もっこりちゃん」とかが思い出される。(40代男性)

この曲を聞くとシティーハンターを思い出すしリアルタイムで見てましたね。TM NETWORKの最大のヒット曲なんじゃないでしょうか。(40代男性)

Get Wildはテレビアニメ『シティーハンター』のエンディングテーマになった曲で、グループ初のオリコンシングルベストテン入りした曲です。シティハンターシリーズでは挿入歌で何度も使われており、歌詞自体も素敵なだと私は思っています。特にサビ部分は覚えやすく、カラオケでも盛り上がることができる曲だと思います。音楽ゲームにも移植されていたりする曲ですので最近の世代でも聞いたことはあるとは思います。(20代女性)

この曲を初めて聴いた頃、私はエレクトーンをしていました。「TM NETWORK」は、エレクトリックな音楽を次々と発売され、「 Get Wild」は代表的な曲だと思います。 2020年の東京オリンピックには、「 Get Wild」を始めとした、「TM NETWORK」の曲調は、流れても良いものではないのでしょうか。 私は少し、年代は経ちましたが、小室ワールドを少しでも流してほしい気もします。(40代女性)

このTMNの曲はアニメの主題歌です。テンポがよくノリノリで歌いやすいからけっこうカラオケでも歌ってしまいます。(40代男性)

TMNetworkといえばやはりこれ。シティーハンターのエンディングの入り方がとてもスタイリッシュでした。姉がエンディングの部分だけは毎回必ず見ていたので、特に印象的です。(40代男性)

当時大好きだったアニメ「シティーハンター」のエンディング曲に使われ、歌詞と曲調とアニメ内容が全てマッチしたほかには代えられない一曲です。(40代女性)

 

 

1票入ったTM NETWORKおすすめの曲も紹介

 

TM NETWORK 「8月の長い夜」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「8月の長い夜」がおすすめの理由

TMNetwrokの初期の隠れた名曲として有名。Aメロから宇都宮隆のファルセットが入る不思議なメロディーが特徴的です。メロディーラインもA→B→C→Aという変わった構成なのも、良い意味でクセの強い印象を残します。(40代男性)

 

 

TM NETWORK 「COME ON EVERYBODY」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「COME ON EVERYBODY」がおすすめの理由

90年代のJ-POPを語る上で小室哲哉は欠くことの出来ない存在だ。80年代後半にこうしてヒット曲の下地をしっかりと植え付けたことが、後の成功へと紡いで行く。(40代男性)

 

 

TM NETWORK 「DIVE INTO YOUR BODY」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「DIVE INTO YOUR BODY」がおすすめの理由

アフリカを思わせる歌詞、音楽とディスコサウンドの融合。更なる境地に達している。シングルなのにベストアルバムにしか収録されてない珍しい曲。(40代男性)

 

 

TM NETWORK 「ELECTRIC PROPHET」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「ELECTRIC PROPHET」がおすすめの理由

ピコピコ小室サウンドの中でも、このバラードを聞くとホントに小室さんは天才だと思います。隠れた名曲といわれる所以の1曲です。(30代女性)

 

 

TM NETWORK 「humansystem」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「humansystem」がおすすめの理由

出会えないふたりの切ない歌詞とタイトルのhumansystemというセンスの良さに脱帽。ウツの歌うバラードは本当に切なくて素敵です。(30代女性)

 

 

TM NETWORK 「KISS YOU」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「KISS YOU」がおすすめの理由

この曲は近未来的な曲です。宇都宮さんが歌うから凄くカッコいいし、凄く引き込まれていく感じがいいです。(40代男性)

 

 

TM NETWORK 「Nights of The Knife」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「Nights of The Knife」がおすすめの理由

1994年、TMが活動終了を発表した最後のシングル。既にTRFなどのプロデュースと並行していたことから、限界を感じており、その後は小室哲哉プロデュース全盛期を迎える。(40代男性)

 

 

TM NETWORK 「RESISTANCE」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「RESISTANCE」がおすすめの理由

沢口靖子と後藤久美子が主演のドラマの主題歌。近未来を思わせる打ち込みの楽曲とロックの融合は刺激的で新たな時代を感じさせる。(40代男性)

 

 

TM NETWORK 「Still love her(失われた風景)」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「Still love her(失われた風景)」がおすすめの理由

最初に聴いたのはシティーハンターのEDで、前までは好きな曲はGETWILDだったのが、大人になってからこの曲の歌詞に切なくなった。(30代男性)

 

 

TM NETWORK 「THE POINT OF LOVERS’ NIGHT」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「THE POINT OF LOVERS’ NIGHT」がおすすめの理由

名曲の多いTMネットワークのなかでも、こちらの曲がすごく好きです。切ないメロディと歌詞でカラオケで歌うととても気持ちいいです。(40代女性)

 

 

TM NETWORK 「Time To Count Down」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「Time To Count Down」がおすすめの理由

前奏の小室哲哉によるピアノソロからの破壊力は神がかっている。当時XJAPANのYOSHIKIと交流があった為かその影響も少なからず感じる。演奏、ボーカル共に難易度が高い。(40代男性)

 

 

TM NETWORK 「WILD HEAVEN」(1票)

YouTube動画はこちら

TM NETWORK「WILD HEAVEN」がおすすめの理由

シングル曲だがベストアルバムにしか収録されていない。刑事ドラマの主題歌ということもあり、疾走感漂うが荒々しい感じはない。わりとポップな印象。(40代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました