V6おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

V6おすすめの曲ランキング

 

12位タイ.V6 「Be Yourself」(2票)

YouTube動画はこちら

V6「Be Yourself」がおすすめの理由

ゼロから君になればいい、まだゼロから始められる世代に贈る希望の曲。年をとるとやることも決まってくる。新しい挑戦を何度もできる学生たちに伝えたい。(40代男性)

この曲もユーロビートミュージシャン、Dave Rodgersが楽曲しており、彼が作曲した最後のV6楽曲です。(50代男性)

 

 

12位タイ.V6 「OK」(2票)

YouTube動画はこちら

V6「OK」がおすすめの理由

ジャニーズ随一の歌唱力を持つV6ですが、エフェクトとの相性や6人そろってのダンスも彼らの魅力。OKはそんなクールな1面を見ることのできる楽曲の1つです。(20代女性)

大サビでは時が止まり、キレの良いパフォーマンスがより綺麗に見える瞬間は必見です。メンバーの息の合ったダンスが力強く、アイドルということを忘れてしまうほどの楽曲です。(50代男性)

 

 

12位タイ.V6 「Sexy.Honey.Bunny!」(2票)

YouTube動画はこちら

V6「Sexy.Honey.Bunny!」がおすすめの理由

CDで聴いていてももちろんなんですが、ライブでとても盛り上がります。2番のサビ終わってから最後のサビに入るまでの部分の振りや歌詞がとってもかっこいいです。(20代女性)

アイドル歴の長いV6が大人の色気を出して歌っている曲です。大人の男らしさを全面に押し出しているため一度は映像も見てもらいたいです。(20代男性)

 

 

12位タイ.V6 「シュガー・ナイトメア」(2票)

YouTube動画はこちら

V6「シュガー・ナイトメア」がおすすめの理由

アルバムに収録されている曲でマイナーではあるが、ライブで盛り上がる一曲。跳ねるような曲調で、聴いている方も飛び跳ねたくなる。the pillowsのボーカルが提供した曲。ピロウズにはかわいい歌詞、曲調の曲がたくさんあって、V6に提供したのもそのような雰囲気の曲。楽しくて、思わず笑顔になっているこの曲はとてもオススメ。(20代女性)

V6には珍しくロックな楽曲で、メンバーの三宅健と「the pillows」との親交があったことから実力派ロックバンド「the pillows」が楽曲提供したロックナンバーです。(50代男性)

 

 

12位タイ.V6 「出せない手紙」(2票)

YouTube動画はこちら

V6「出せない手紙」がおすすめの理由

V6のバラード曲でもここまで切ない曲も珍しい。手紙というアイテムは今ではアナログだが、この曲の主人公の気持ちはちゃんとお互いを繋げているものだと信じたい。(40代男性)

V6はそれまでアップテンポな曲が多かったのに、バラード調の大人な歌詞が聞いていて切なくなる。しっとりした感じが聞いてて疲れない。(30代女性)

 

 

9位タイ.V6 「Feel your breeze」(3票)

YouTube動画はこちら

V6「Feel your breeze」がおすすめの理由

想像してた未来と違っていても永遠に夢を信じよう。夢を忘れた全ての大人達へ今の頑張りが、けして無駄にならないようにと願いをこめて。(40代男性)

ごくせんが大好きでで昔、毎日聞いてました。曲も明るく、歌うと元気になります。歌詞も人生、辛い事の後には良い事がある、決して諦めないという感じで、明るく前向きになれます。(40代女性)

森本梢子原作の漫画が原作のドラマ「ごくせん」の主題歌で、作曲はアニメ「デジモンアドベンチャー」の挿入歌である「brave heart」を歌っている宮崎歩氏ということを知らないひとが多いのではないでしょうか。タイトル通りの爽やかなポップチューンで、歌詞の中にもあるように、想像していた未来に向かって、いまここから歩いて行こう、とやさしく語りかけてくる曲です。(50代男性)

 

 

9位タイ.V6 「TAKE ME HIGHER」(3票)

YouTube動画はこちら

V6「TAKE ME HIGHER」がおすすめの理由

メンバーの長野博主演「ウルトラマンティガ」の主題歌。久々のウルトラマンの復活。V6のメンバーが主演とあって女性ファンならず男性ファンや子供たちからも高い支持を得た。(40代男性)

聞いていて勇気が貰える気がするから。困難なことにも負けずに立ち向かおうと思えます。あと私の青春時代の曲でもあるので。(20代女性)

実はこの曲、ユーロビートミュージシャンDave Rodgersの楽曲でV6が歌っているものはカヴァー曲ということはあまり知られていません。メンバーの長野くんが出演していた、特撮テレビドラマ「ウルトラマンティガ」のオープニングテーマ曲です。(50代男性)

 

 

9位タイ.V6 「way of life」(3票)

YouTube動画はこちら

V6「way of life」がおすすめの理由

メンバーの岡田准一主演「SP」の主題歌。本来は重要人物を擁護する仕事の話だが、この曲は愛する女性を守る為の強い思いを描く男の歌だと感じる。(40代男性)

この曲はドラマ「SP」のテーマ曲に使われていました。このドラマは少し暗い印象のあるドラマなのですが、ドラマに合った暗い雰囲気のある曲です。一度聴いたら癖になるリズムのある曲ですよ。(20代女性)

「歩いていく 今日を信じて」という強い決意と未来へ向かって歩んでいく力強さを歌った歌詞が印象的なスローナンバーです。メンバーの岡田くんが出演していた、ドラマ/映画「SP」の主題歌です。(50代男性)

 

 

6位タイ.V6 「HONEY BEAT」(4票)

V6「HONEY BEAT」がおすすめの理由

落ち込んでる女の子を励ましてくれる応援歌。「笑って」「スマイル」のようにストレートなポジティブを促すフレーズはまさにアイドルソング。(40代男性)

V6で一番元気が出る、応援曲だと思います。試験前や受験前にぜひ聞いてもらいたい曲です。サビの「笑って~笑って~笑って~」というところが特に思わずニッコリしてしまうところです。(20代女性)

V6の曲の中でも特に元気をもらえます。PVも受験生を応援するという内容でとても明るく、頑張ろうと思えます。(30代女性)

落ち込んだとき頑張らなければいけない時に絶対に元気になります。MVではV6が応援してくれてる映像なので、これを聴くとV6に背中を押されているようで勇気が出るのでおすすめです。(30代女性)

 

 

6位タイ.V6 「MUSIC FOR THE PEOPLE」(4票)

V6「MUSIC FOR THE PEOPLE」がおすすめの理由

V6のデビュー曲。当時全員がバク転、バク中の出来るメンバーを集め、ジャニーズのダンスとavexのユーロビートを上手く噛み合わせたのがヒットに結びついた。(40代男性)

V6のデビュー曲です。かなり有名ですが、みなさん若く声も見た目も幼いので、みなさんのかわいさがある曲です。(20代女性)

V6のデビュー曲ですが、みんな初々しくて好きでした。今でもテレビで披露されると、キタキターという感情になります。バレーボール部だったので、ワールドカップバレーのイメージが頭にこびりついています。(30代女性)

フジテレビ系「バレーボールワールドカップ1995」イメージソング、「第26回春の高校バレー」イメージソングに起用され、これ以降バレーボールワールドカップのイメージソングはジャニーズ系のアイドルグループが担当するようになり、そのきっかけを作った曲ともいえます。(50代男性)

 

 

6位タイ.V6 「バリバリBUDDY!」(4票)

V6「バリバリBUDDY!」がおすすめの理由

V6のようなベテランでもまだまだ笑顔でキレのあるダンスが踊れる。曲はコミカルだが彼らなりの同世代へのメッセージでもある。(40代男性)

V6のメンバーが明るく踊りながら励ましてくれる曲になっているため、聴いているとついつい笑顔になり元気が出てくる曲です。(20代男性)

受験勉強をしていたときにこの曲に出会いました。やはり苦しいときや辛いときがありましたが、この曲は楽しいリズムと歌詞で勇気付けてくれました。中でも「しんどいときは無理すんな」という部分に心を打たれました(10代男性)

歌い始めの「バーリバリ バーリバリ」という部分がとてもキャッチーで、全体的に元気が湧き上がるような、活気と勢い溢れた楽曲で、 浜崎あゆみの「CAROLS」などを手がけた木下智哉氏に楽曲提供された曲です。(50代男性)

 

 

5位.V6 「ありがとうのうた」(8票)

V6「ありがとうのうた」がおすすめの理由

V6の曲の中でも 1番 お気に入りの曲です。バラードなのでカラオケでも歌いやすいし歌詞も覚えやすいのでオススメです。(30代女性)

とにかく聴いていると心がほっこり温まる曲です。歌詞もとても良いです。「君がいてくれて救われたんだ」や「君の笑顔大切でした」など、メッセージ性が強い曲でもあります。家族や友人など、ありがとうと直接言うのは照れくさくてなかなか言えない方にぜひ聴いてもらいたい1曲です。(30代女性)

歌詞の内容にしっかりとメッセージ性があり、アイドル系の曲の中でも、じっくりと聞き入ることができる名曲。(50代男性)

V6のバラードは良いなぁと思える一曲です。なかなか素直にありがとうと言えない事も有るけど、大切な人に歌いたいなぁと思います。(20代女性)

毎日忙しくて全然気づかなかったけど、見渡せば色々なところに感謝すべき点があることを気づかせてくれる歌です。(40代女性)

この曲を聴くと中学生時代の甘酸っぱい思い出がよみがえる。また、カラオケでも歌いやすいテンポなので選曲する人も多い。(20代男性)

普段忘れがちな、人に感謝する事の大切さを改めて思い出させてくれる素敵な曲だからです。聴くと心が暖かくなります。(20代女性)

優しい歌声が、スッと心に入ってきて清らかな気分にさせてくれて、聴き終わった後、お世話になている友人や先輩などに感謝のメールを送りたくなります。今すぐにでも、ありがとうと伝えたくなる楽曲となっています。(60代男性)

 

 

3位タイ.V6 「CHANGE THE WORLD」(9票)

V6「CHANGE THE WORLD」がおすすめの理由

犬夜叉の主題歌になった曲です。いままでのV6で一番おしゃれな曲かなと、思います。犬夜叉のアニメーションと合っています(20代女性)

アニメ犬夜叉のオープニングテーマ曲です、犬夜叉が大好きで見ていました。アニメだけでなく。V6もデビュー前から知っていろファンです。歌詞もめっちゃ前向きな歌詞です。(30代女性)

アニメ 『犬夜叉』の初代オープニングテーマでした。好きな人と一緒に、情熱を持って未来へ向かっていく、そんな前向きな気持ちを、V6らしく爽やかに歌っています。(40代女性)

私の好きなアニメの犬夜叉の主題歌にもなった曲で、曲調がとにかく明るく元気で、前向きな歌詞なので勇気をもらえます。(20代女性)

アニメ犬夜叉の主題歌。アニメの世界観とバッチリ合う感じです。お互いが一緒でいられる時こそが自分たちの居場所だと気づいた瞬間、世界が変わっていく。(40代男性)

明るい曲調で聴きやすいです。歌詞が前向きで、歌声も伸びやかなので、聴いていると元気になれて大好きです。(20代女性)

シンプルな飾らない歌詞で、ストレートな思いが伝わってくるようです。聞いていて元気づけられます。聞いていると疲れも吹っ飛び勇気がわいてきます。(20代女性)

当時見ていたアニメ主題歌なのですが、アニメにも合っているしメンバーの声も爽やかで忘れられない曲です。最近CDレンタルして車でもよく聴いています。(20代男性)

初回版には「犬夜叉」の作者である高橋留美子さんによる、V6メンバー6人のイラスト入りファイルが封入されるという貴重なものでした。この曲はV6の17枚目のシングルで、高橋留美子さん原作のアニメ「犬夜叉」の主題歌となりました。(50代男性)

 

 

3位タイ.V6 「Darling」(9票)

V6「Darling」がおすすめの理由

V6がまた売れ出した曲じゃないでしょうか。さわやかさもまだまだ、健在でした。ものまねもされやすい曲になってます(20代女性)

松本潤主演「きみはペット」の主題歌。ドラマの世界観が崩れないような柔らかいメロディーに加え、「わかんない」を「what感eye」にするなど作詞でも遊び心が詰まっている。(40代男性)

中学生の時に聞いていた曲です。部活の遠征で遠くへ出かける時に友人の車でかかっており、今から頑張ろうという気持ちになりました。今でもテレビで聞くと当時を思い出します。(20代女性)

何年も前の曲ですが、今でも色々な場面で歌われていて、聴いていると元気が出ます。V6といったら私はこの曲を思い浮かべます。(20代女性)

嵐松本潤主演ドラマ【きみはペット】の主題歌でした。毎週楽しみにドラマをみててこの曲も大好きで最後まで見てました。言葉遊びがたくさんの曲で普通に歌ってましたが歌詞を見てびっくりしました。初めて言葉遊びの曲に触れました。(30代女性)

まずテンポがよく、曲も明るくて前向きで元気をもらえるのでオススメです。ドライブでもしながら聴きたい曲です。(20代女性)

ファンの間でも人気の高い曲の1つでライブの定番曲になっています。サビの歌詞は、日本語と英語の話し言葉で構成しており、語感重視で組み立てられた内容になっています。メンバーの長野くんが出演していた小川彌生の漫画が原作のドラマ「きみはペット」の主題歌です。(50代男性)

テンポが良いのと、ダンスが覚えやすくてノレて、メンバーもカッコいいから。サビのところのノリの良さが好きだから。(20代女性)

ノリノリで明るい曲で皆で踊るのに程よい曲です。明るい恋愛の歌詞に共感できるしダンスが可愛い、親しみやすい曲。(30代女性)

 

 

2位.V6 「WAになっておどろう」(20票)

V6「WAになっておどろう」がおすすめの理由

皆で歌っても気持ちいい曲だし、小学校の運動会で踊ったりしやくす聞いていて元気なるV6の代表作の一つだから。(40代女性)

デビュー20年目にやっと紅白歌合戦に出れました。その時に歌われたV6の代表曲です。ジュニアにもよく歌われています。(40代女性)

小学生の時に運動会でこの曲でダンスをしたことがきっかけで、この曲が好きになりました。歌詞がとても勇気付けられる言葉ばかりで、元気な音楽と力強い歌詞が大好きです。(30代女性)

みんなが一つになる感じがいつもしてくるので好きです。平和な気持ちになるし、V6の曲では広く知られている曲だと思うのでみんなで歌えるところが良いです。(30代女性)

V6の声が爽やかで一体感のある曲なのでオススメです。昔の曲ですがヒットしたので知ってる人も多いと思います。(30代女性)

明るく、テンポの良い曲で、カラオケに行くとみんなで大合唱になります。歌うと気分が上がり最高です。からだも自然に動いてしまいます。(40代女性)

小学生の頃から集会でみんなで歌ったりと何度も歌ってきた歌です。悲しい事があれはもうすぐ楽しい事があるからという部分がとても好きです!(20代女性)

キャンプに行った時やカラオケなど、みんなで盛り上がるのに最適な曲だと思います。元気がない時に聴くと、元気になれます。(40代女性)

どの年代の人たちも知っていて男性でも女性でも歌いやすいのでカラオケではじめに歌う曲としてとてもいいです。(20代女性)

とても元気になれる曲で聴いていると自然にリズムを取りたくなる楽しい曲です。カラオケの最後に歌うと盛り上がります。(40代女性)

オリンピックでのテーマソングだったらの理由もありますが、子供の幼少期にNHKでよく、流れてた事もあり、なんといっても、ノリが良い、昔から飽きない曲です。(40代女性)

落ち込んで気分が沈んでいる時などにこの曲を聞くと、ハッピーな気持ちになれるからです。ノリノリのテンポと踊りやすい簡単な振り付けで、カラオケで歌ってもリフレッシュできるし、盛り上がりやすいのでその点でもおすすめです。(30代女性)

v6の中では比較的ゆっくりしていて解りやすい歌詞にのりのいいテンポで子供たちにもすぐに歌って体が動いてしまうから好きです。(40代男性)

この曲は子供たちと一緒に振り付けをいれながら楽しく歌うことが出来るので大好きな曲です。元気になれます。(40代女性)

小学校の時に歌いながら踊った、思い出の曲だからです。手を繋ぐのが気恥ずかしかった、若き日が蘇ります。(20代女性)

楽しい歌詞も、ダンスをしているときにより楽しくなる要因になると思いますのでおすすめで、男女問わず年齢もある程度小さくても踊れると思います。その中でも子どもたちに親しまれている曲と言えば、この曲です。(50代男性)

何故かわからないけど、妙に楽しくて、踊りたくなる歌で、とっても大好きです。“さあ WAになっておどろう!”って流れるとつい陽気になりますよ。(50代男性)

この曲は、歌詞がとても可愛いですよね。男の子という感じが良く出ています。あと、「オ~オ~」のところは、ファンとみんなで踊れましたし(50代女性)

V6の代表曲。元々はカバーだが彼らが歌いヒットした。悲しいことがあればもうすぐ楽しいことがあるから信じてみよう。そうとは限らない。でも彼らからは妙に説得力がある。(40代男性)

随分前の曲になりますが、みんなの気持ちが一つになれる曲で魅力的です。平和な世の中にはなってほしいな、みんなが一つになることは大切だなと感じられる曲です。(40代女性)

 

 

1位.V6 「愛なんだ」(21票)

V6「愛なんだ」がおすすめの理由

さわやかで明るい曲調と、前向きになれる歌詞です。落ち込んだ時にも元気をもらいたい時にも聞きたくなる曲です。歌いやすく、覚えやすいのでカラオケにも良いです。(30代女性)

愛を歌う語る曲だとバラードが多いと思うのですが、この曲に関しては、みんなで「いえぇえい」と掛け声をかけれるほどポップで賑やかで、恐れず信じて一歩進み、たぶんきっと幸せになれるから頑張ろうよ!と言う応援の形が好きです。失恋しても聞きたくなる、頑張る時にも聞きたくなる応援歌的楽曲で元気になれて大好きです。(30代女性)

V6の代表曲。メンバー全員が40代になろうとしている中でも全く色褪せない、むしろこの年齢だからこそ歌える曲でもある。今でいうダサカッコいいって奴か。(40代男性)

この歌は理屈抜きで、名曲だと思います。めちゃくちゃ元気になれます。“そうなんだ 生きているから愛なんだ…”のサビには、転職活動でなかなか上手くいかない自分を励ましてもらいました。是非、皆さんに知って欲しいです。(50代男性)

V6を好きになったきっかけの曲です。さわやかでシンプルな歌詞がすきになりました。V6のハーモニーはきれいすぎるので好きです(20代女性)

みんなが楽しそうに踊って歌う姿が良いです。明るくてとってもハッピーな曲なのでだんだん元気もでてきます。(30代女性)

V6さんが歌う元気が出る一曲です。辛い時でも心配で耐えられない時でも、これを聞けばもう一度頑張ってみようと背中を押してくれます。(20代男性)

凄く前向きになれます。 暖かい気持ちにもなれますし、色んなことやものに対して愛をモテる気持ちになれる素敵な曲だと思います(30代女性)

V6といえばこの曲!カラオケでは皆んなで歌って盛り上がれるし、大好きです。とにかくハッピーに前向きになれる曲です!ストレス発散したい時に歌うのがオススメな曲だと思います。(20代女性)

V6と言えばこの名曲だと思います。明るいダンスナンバーで振り付けも真似しやすいので皆で楽しめる1曲です(30代女性)

とにかく元気が出ます。 カラオケでも盛り上がる一曲だし、 最後のフレーズの 必ずある明日の太陽 この歌詞が一番好きです。(20代女性)

しっとりなりがちな「愛」についての曲ですがとても明るい曲で、V6の全盛期ともいえるような昔懐かしくなり、昔を思い出してしまう曲です。カラオケで歌ってもとても盛り上がる一曲です。(30代女性)

この曲がオススメなのは小学生のころにV6が大好きで最初のイントロから気分が上がるからです。大人になった今でも【愛】という言葉が大好きでこの曲を聴くとなんでもできそうな気がするので、何かに挑戦するときや背中を押して欲しいときに聴くのがおすすめです。(30代女性)

曲の歌詞がいいので毎日の生活するとき短調になることがある意味幸せだと思うことがありまた明日こそはと思うことができる曲だと思います なんと言っても元気になりますし優しい気持ちになりおススメです(40代女性)

恋愛するときに応援してもらえるような気持ちになれるから。恋愛だけでなく家族愛や友情を考えるときにも元気をもらえるから。(30代女性)

昔の歌ですが今聞いてもすごく良い歌です。メロディーも覚えやすくのりのいい曲で口ずさみたくなる感じです。メンバーが楽しげに歌っている曲の雰囲気がすきです。(30代女性)

いつ聞いても素直に良い曲だと思えます。みんなで一緒に歌いやすいし、改めて愛の力、歌の力の凄さに気付きます。(30代男性)

この曲は盛り上がりたい時に歌うとその場がとても楽しくなります。元気になれる曲でもあるので聴くと頑張れます。(20代女性)

恋愛の曲も良いですが、愛や平和を歌った曲で、今時キッズのお遊戯のダンスにジャニーズは人気ですが、この曲は思っているよりもテンポが遅いので他のジャニーズ曲よりも比較的踊りやすい。(50代男性)

風のガードレールっていう歌詞がなんとも言えないキャッチーなフレーズだなと思いながらいつも聞いてます。きっとここから愛なんだーとサビ部分がとても可愛いメロディで大好きです。(20代女性)

テンポもよく、ノリもよい曲なので、元気な気持ちになれます。掃除や洗濯干しなどの家事をするとき、気分がのらない時にはこの曲をかけながらやっています。(40代女性)

 

 

1票入ったV6おすすめの曲も紹介

 

V6 「Believe Your Smile」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「Believe Your Smile」がおすすめの理由

アルバムに収録されている楽曲ですが、V6が司会を担当した2015年の24時間テレビで披露されています。V6の楽曲の中でも隠れた名曲と名高いこの曲は、ジャニーズJr.も数多くカバーしています。山下智久、生田斗真もこの楽曲をジュニア時代に歌っています。(50代男性)

 

 

V6 「Crazy Rays」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「Crazy Rays」がおすすめの理由

2018年5月にリリースされたシングルで、メンバーである井ノ原快彦が主演をつとめるテレビ朝日系ドラマ「特捜9」の主題歌に起用されました。V6らしいさわやかだけど大人っぽさを感じる楽曲になっています。(50代男性)

 

 

V6 「GUILTY」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「GUILTY」がおすすめの理由

大人の恋愛や浮気を感じさせる歌詞が、タイトル通り「GUILTY(罪・罪悪感)」を表現しています。メンバーの井ノ原くんが主演していたドラマ「警視庁捜査一課9係」の主題歌です。(50代男性)

 

 

V6 「Made in Japan」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「Made in Japan」がおすすめの理由

デビュー曲同様ユーロビートのナンバー。高校バレーのイメージソングでそこからきっかけで嵐、NEWSら後輩ジャニーズがバレーとコラボするようになる。スピード感溢れる歌詞は日本を強く意識している。(40代男性)

 

 

V6 「never」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「never」がおすすめの理由

最初に時計の音だけが聞こえるのですがすごくかっこいいです。今だから出せる曲という感じがして好きです。(20代女性)

 

 

V6 「over」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「over」がおすすめの理由

V6を代表するバラード曲。若手メンバーが自ら作詞した。現実はツラい。でもがむしゃらに叫び続けよう。順調と世間は感じるだろうけど彼らなりに苦労してここまできている。(40代男性)

 

 

V6 「Sky’s The Limit」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「Sky’s The Limit」がおすすめの理由

諦めた時が自分の限界なんだと。そこからの頑張りが自分の成長でもあり進化なんだと伝えている。V6も各々が活動の幅を広げ、6人がまとまった時にこそさらにバージョンアップしているのがわかる。(40代男性)

 

 

V6 「SOUZO」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「SOUZO」がおすすめの理由

有名なタレントの方とコラボしているのですが歌詞がおもしろくて聞くたびに笑ってしまいます。カラオケで歌いたいです。(20代女性)

 

 

V6 「SP”Break The Wall”」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「SP”Break The Wall”」がおすすめの理由

☆Taku Takahashi(m-flo)とのコラボ曲で岡田准一主演映画「SP 革命篇」に起用されたました。楽曲を作り終えた☆Takuは「V6に革命が起きている」と断言するほどに、クールで刺激的な楽曲でになっています。(50代男性)

 

 

V6 「Supernova」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「Supernova」がおすすめの理由

クラブサウンドに大人の駆け引きを描いた歌詞がはまるキラーチューンです。ミュージックビデオは、メンバーの岡田准一が担当しています。(50代男性)

 

 

V6 「The One」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「The One」がおすすめの理由

この曲はV6みんなの優しい歌声で始まり、リラックスできる曲です。優しい気持ちになれ、とてもいい曲でおススメです。(10代女性)

 

 

V6 「Will」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「Will」がおすすめの理由

サビでメンバー全員が揃うダンスはファンのみならず、ファン以外の人も魅了されることまちがいありません。森田剛の美しい歌声から始まるアップテンポなダンスナンバーです。(50代男性)

 

 

V6 「オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ」がおすすめの理由

V6はComing Centuryなどのソロユニットでの1位獲得経験がないため、グループ本体以外でのユニットとしても初の同チャート1位獲得となった隠れた名曲です。(50代男性)

 

 

V6 「フラワー」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「フラワー」がおすすめの理由

小さい頃から聴いている思い出の曲だから。運動家やマラソン大会でよく流れていて、この曲を聴くと頑張ろうと思える。(20代女性)

 

 

V6 「レッツゴー6匹」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「レッツゴー6匹」がおすすめの理由

六人全員で歌っているので全員の声が聞こえて良いです。元気がない時に聞くとすごく元気になってしまいます。(20代女性)

 

 

V6 「愛のメロディ」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「愛のメロディ」がおすすめの理由

有名な曲ですが、意外と知らない人でもすんなり受け入れられるような明るいメロディで、高い声を出さなければいけない場面などもありませんので落ち着いて歌えるとおもいます。(50代男性)

 

 

V6 「太陽のあたる場所」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「太陽のあたる場所」がおすすめの理由

大人になると忘れてしまう、笑顔や仲間たちとの時間。でもそれに気づくのは大人になってからという寂しい現実がある。あの頃を思い出すんじゃなくて今を大切にというメッセージソング。(40代男性)

 

 

V6 「蝶」(1票)

YouTube動画はこちら

V6「蝶」がおすすめの理由

イントロのアコースティックギターによるフラメンコ調の音色がとても印象的な楽曲で、メンバーの井ノ原くんが主演していたドラマ「警視庁捜査一課9係 season3」の主題歌です。(50代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました