名作から2017年話題作まで!おすすめのビジネス書77選

スポンサーリンク

Contents

 

スポンサーリンク

おすすめのビジネス書77選

読書好きの方におすすめのビジネス書をお聞きしまとめました。王道の名作から最新のビジネス書まで77冊の本を紹介します。読んでいない本がある方はぜひ読んでみてください。

 

1.「多動力」

ビジネス書「多動力」がおすすめの理由

今までの「常識」や「固定観念」にとらわれることのナンセンスさを思い知らされたのが本書です。 仕事と趣味との境界線をなくすこと、悩んでいる暇があったら行動すること、 人生経験豊富な堀江さんだからこそ語れる言葉が、この本には溢れていて 「自分もきっと変われるはずだ」という思いにさせてくれます。 実際私は、この本の言葉に背中を押されて、新しい仕事の世界に飛び込むことができました。(30代女性)

頭の中が変わるはずです。今まで当たり前に思っていた生き方、働き方から解放され、より自分らしく自由に生きるヒントが書かれていると思います。1つの会社に捉われず、やりたいことをどんどんやっていこうという内容に勇気づけられる方も多いのではないかと思います。(20代女性)

ホリエモン(堀江貴文)の書いたビジネス書のような本はたくさんあり、ほとんど読みましたが、中でもこの「多動力」は一番テンポよく読み進められて、本を読むのが苦手な人にも短時間で読み進められます。読めば、何かせずにはいられなくなる一冊です。(40代女性)

ホリエモンこと実業家の堀江貴文の著作。まずページ数の割に文字数が少なめなので非常に読みやすく、さらっと1日2日で読めてしまう。 書いてあることは「とにかく動け」というシンプルなものですが、自分が知らず知らずのうちに作り上げている常識を打ち破ってくれる内容なので非常に爽快です。(20代男性)

 

 

2.「金持ち父さん貧乏父さん」

ビジネス書「金持ち父さん貧乏父さん」がおすすめの理由

20代のうちに読んでおきたい本としてお勧めします。これから家族を持ちマイホームの夢を抱く人々は、この本を読んで勉強すべきだと思います。ただずっとお金を稼ぐためのラットレースにのり走り続けるのか、それがいやなら今のうちになにをすべきかが書かれており、読みおわった後に将来について、現場の仕事について考えさせられます。(20代女性)

金持ち父さんと貧乏父さんそれぞれのお金に対する考え方、仕事の仕方、時間の使い方が分かりやすく書かれています。両者の違いも分かるようになっています。 初めて読むビジネス書の1冊に、何度も読み返す基本の1冊に最適だと思います。(30代女性)

 

 

3.「〈図解〉行動科学を使ってできる人が育つ! 教える技術」

ビジネス書「〈図解〉行動科学を使ってできる人が育つ! 教える技術」がおすすめの理由

なぜ、人が教えたとおりにできないのか。その理由を、人の行動科学に基づいて明確に示しています。具体的に、どこまでの指示を与えることで人が動くようになるのか、読んで実践してみたところ、仕事ができないと思っていた人も、うまく作業が回せるようになりました。(50代女性)

 

 

4.「「いい質問」が人を動かす」

ビジネス書「「いい質問」が人を動かす」がおすすめの理由

仕事はコミュニケーションで成り立っており、周りが気持ちよく仕事ができる環境づくりは皆が心がけるべきことだと思う。その上で、相手に命令でもなく依頼するのでもなく、「質問」することで相手が自ら動こうとするように持っていく方法が書いてあり、大変参考になる一冊。(20代女性)

 

 

5.「HARD THINGS」

ビジネス書「HARD THINGS」がおすすめの理由

困難なときにどう立ち向かうのか、部下を解雇するときには何を注意するのか、CEOとして必要とされる能力は何か、等他の本には掲載されていない項目がいっぱい記載されている。苦闘を愛せ。道を切り開く参考にしたいも思いました。(30代女性)

 

 

6.「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」

ビジネス書「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」がおすすめの理由

移りゆく時代の流れに沿って、現代人が考えるべき、生活スタイルについて議論されています。このままの生活スタイル(生涯設計)では、生きていくことはできず、新しい生き方が必要になってきます。そのテーマに関して、ヒントを与えてくれる、新しいバイブル的な書籍です。こういう考え方が、今後は必要になってくるのではないでしょうか。(30代男性)

 

 

7.「missionミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由」

ビジネス書「missionミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由」がおすすめの理由

元スターバックスCEOの著者が、働くとは何かについて書かれている内容です。仕事で息づまっている方は、これを読んで、働く意味を見つけられると思います 何気ない思いやり、顧客の満足度を上げるための方法など、スターバックスを例に語られています。ビジネスは利益を重視しますが、利益を得るために、本当に必要なことがわかる一冊です。(30代男性)

 

 

8.「エスキモーに氷を売る」

ビジネス書「エスキモーに氷を売る」がおすすめの理由

魅力のない商品を、発想の転換、さまざまな角度からのアプローチで商品に付加価値を付け、お客様に魅力のある商品だと思って頂き購買欲を湧かせる方法を教えて頂きました。 それと、自己否定の大切さも同時にこの本で学びました。(40代男性)

 

 

9.「おしゃべりな筋肉」

ビジネス書「おしゃべりな筋肉」がおすすめの理由

ミュージシャンとして知られる歌手の西川貴教氏による本です。当人は歌手活動以外にもイナズマロックフェスタを手がけたことでもとても有名です。経営者として会社を起こして資金調達から全てを自分で行う当人の心のトレーニング手法は、まさにこれからビジネスを立ち上げようとしている素人の人たちにとっては社会において心の鍛え方を捉える上でとても参考になる内容です。(30代女性)

 

 

10.「グレイトフルデッドにマーケティングを学ぶ」

ビジネス書「グレイトフルデッドにマーケティングを学ぶ」がおすすめの理由

マーケティングの基礎とも言える部分が、グレートフルデッドの活動を通じてわかりやすく記載されていると思います。また、この本を読んでいると、損を取って得をするということがとてもよくわかります。一見損に思えることでも、ポイントを押さえていれば最終的に得になることがわかります。(30代女性)

 

 

11.「ザ・シークレット」

ビジネス書「ザ・シークレット」がおすすめの理由

日々の生活や仕事の中で、悩むこと・落ち込むこと・前向きになれないこと・・・・・沢山あると思います。そんな生活の中で、この本は、日常の些細なことを例に挙げて「引き寄せの法則」というものを書いています。○○したい、○○になりたいなど、そのことを強く思うことで願いがかなう・・・というようなことを書いています。 前向きになれる一冊です。(50代女性)

 

 

12.「スイッチ 変われないを変える方法」

ビジネス書「スイッチ 変われないを変える方法」がおすすめの理由

象と象使いを例えとして、人間の理性と感情を分かりやすく書かれています。どのようにしたら変われるのか、考え方が分かるようになっています。 変えたい、改善したい、けど、なかなか変われないという人に読んでほしい1冊です。(30代女性)

 

 

13.「スティーブ・ジョブズ I 」

ビジネス書「スティーブ・ジョブズ I 」がおすすめの理由

彼の魅力はアップルを作り上げたことだけではなく、文明の発展に大きく関わっているその理由が、客観的目線で分かると、自分にも彼のマインドを通して何かのエネルギーわ湧いてくることが実感できます。いつの時代でも通じる本で、何かを変えたいと感じている人に最適だと思う点がおすすめです。(40代女性)

 

 

14.「チーズはどこへ消えた?」

ビジネス書「チーズはどこへ消えた?」がおすすめの理由

出産を機に仕事を辞めてから10年以上経ち、すっかり専業主婦の生活に慣れきった私に「これでいいのか」と疑問を投げかけてくれた本です。子育てで忙しいのだから専業主婦でいいのだ、と思っていたのですが、実は長いブランクを経て社会復帰する勇気がなかったのです。新しい世界へ一歩踏み出してみよう、そんな自分の背中を押してくれた一冊です。(30代女性)

 

 

15.「できるやんか!」

ビジネス書「できるやんか!」がおすすめの理由

自分に自信を無くしているときに読むと、とても元気になれる本です。何度も何度も努力を積み重ねてもうまくいかないときもあるとは思いますが、いずれその努力が実を結ぶ時がくるということを筆者の中井社長の実体験に基づいて教えてくれるので、説得力があります。(30代男性)

 

 

16.「トヨタ流 改善力の鍛え方」

ビジネス書「トヨタ流 改善力の鍛え方」がおすすめの理由

常に仕事を根本から見直す、一生懸命が仕事になるとは限らない、売れるものだけを作るなど、当たり前のようなことだけど、それらの当たり前のことを行動に移す難しさというのを改めて考えさせられる本だと思います。(30代女性)

 

 

17.「なぜか「段取り」のウマい人、ヘタな人」

ビジネス書「なぜか「段取り」のウマい人、ヘタな人」がおすすめの理由

GooglePLAY内で購入したオンラインの書籍なのですが、タイトルの通り「段取り」についてビジネス上で効率よく作業されている著者の体験談です。似たような段取り=時間の効率化について書かれている書籍はいくつかありますが、この本の一番のおすすめは「ページ数がわずか67ページ」という少なさです。私は兼業主婦なので、とにかく忙しいです。電車の中で本を読むひまがあれば一瞬でもいいから眠りたいし、隙間時間自体なかなか作り出せません。わずかな時間しか読書できないのに、重い本を持ち歩くことはできれば避けたい、読めなかったのに一日持ち歩いていることも珍しくない。そんな中で、わずか67ページで時間の効率化について再認識したり新しい発見ができたので、「本当の時間の節約」につながり、購入してよかったなと思った本なのでおすすめします。(40代女性)

 

 

18.「ナポレオンヒルプログラム」

ビジネス書「ナポレオンヒルプログラム」がおすすめの理由

ビジネス成功の基礎になる本。 成功者達がなぜそこまで、成功したのか? 生まれ持った環境ではなく、自分がどうなりたいかで人生を変えれる。 実践するのは、ためらいや葛藤があるが、 出来ると思い込み突き進む事が大事であると 教えてくれたから。(30代男性)

 

 

19.「ハーバードの人生を変える授業2Q次の2つから生きたい人生を選びなさい」

ビジネス書「ハーバードの人生を変える授業2Q次の2つから生きたい人生を選びなさい」がおすすめの理由

ビジネスには決断がつきもの。その時々の決断で人脈、金などが吉と出るか凶と出るか。そんな決断力を2択の質問に答えていくことで、シンプルにポジティブにいつの間にか身に付ける。迷いの多いビジネスマンにおすすめの一冊。(30代女性)

 

 

20.「ビジネス<勝負脳>」

ビジネス書「ビジネス<勝負脳>」がおすすめの理由

自分は、人と良く対立したり自分が悪くても相手のあらを探して自分は悪くないといっていたら孤立しました。自分はおかしいのかと悩んでいましたが知り合いにこの本を貰い読んでみると、自分がしてきたことは人間の本能つまり組織や社会に貢献するというよりも自分がよければいいと思っていたと痛感させられました。人に迎合すれば批判されなくてすむし、失敗しても自分が悪くないといえると逃げていました。しかし、この本はその行動のデメリットとストレスをフィーリングでなく科学的に解説しているので自分の中で理解しやすく失敗した理由も納得できました。そこまで、変化したとは言えませんが昔よりも人との仲は良くなったと感じています。新書で読みやすいですし何かあったときに読み返して解決の参考にできるのでおすすめです。(20代男性)

 

 

21.「ビジネスモデルの教科書」

ビジネス書「ビジネスモデルの教科書」がおすすめの理由

その名の通りビジネスモデルを集め、詳しい説明を記載してくれています。 身近な会社、大手有名企業などが採用しているビジネスモデルが解りやすく記載されており、その仕組みを誰でも理解できるように解説してくれているので、とても勉強になります。(30代女性)

 

 

22.「マイケルポーターの競争戦略」

ビジネス書「マイケルポーターの競争戦略」がおすすめの理由

ポーターの競争戦略をわかり易く書いてある本です。経営の初心者には経営をわかり易く教えてくれるので非常によいと思います。 経営を学ぶ気があるがどうしたらいいかわからないといった方には最適な本なのでオススメです。(30代男性)

 

 

23.「マレーシア大富豪の教え」

ビジネス書「マレーシア大富豪の教え」がおすすめの理由

著者は、わずか24歳で日本を飛び出し、東南アジアのマレーシアで「お金」も「コネ」も「才能」も何も無い状態から、一代でアジア有数の大富豪まで登り詰めた実在の人物で、成功する為にはいかに行動すべきかを25のシンプルな教えにまとめた書籍である。常識に囚われない著者の考え方は自分には大変新鮮なものであった。(40代男性)

 

 

24.「マンガでやさしくわかる決算書」

ビジネス書「マンガでやさしくわかる決算書」がおすすめの理由

会社員でも会社経営者でも個人事業主でも取引先の決算内容や会社の体力は把握しなければならない最重要情報だと思います。しかしながら貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書の見方は経理などに関わっていた人にしか分からないものかと思います。それらの見方を誰にでも分かるようにマンガで示してあるのがオススメの理由です。時間のない営業マンでも移動中に読破できると思います。(40代男性)

 

 

25.「みんなが知らないお金の「仕組み」 お金の教養」

ビジネス書「みんなが知らないお金の「仕組み」 お金の教養」がおすすめの理由

貯蓄や投資のようなお金の知識だけではなく、お金との付き合い方を教えてくれています。貯蓄の習慣化やお金のコントロールは、収入と比例しないため収入が多くても多額の借金を抱えて困っている人もいます。習慣は変えることはできますが、一朝一夕では身につきません。お金がなくてもお金の教養を高める勉強をすることができます。お金がある人もお金がないからこそ身につけたいお金の教養です。(30代女性)

 

 

26.「モチベーション大百科」

ビジネス書「モチベーション大百科」がおすすめの理由

行動経済学、実験心理学を扱った文献を事例にし、感情と行動のメカニズムを解説を通して、モチベーションの高め方を解説しています。 シンプルな図解と、簡潔な図解がふんだんに盛り込まれており、大変理解しやすいです。(30代男性)

 

 

27.「レバレッジシンキング」

ビジネス書「レバレッジシンキング」がおすすめの理由

この本は少ない労力や時間でどうすれば成果を出せるかということにレバレッジという考え方を使った内容が書かれています。また、労力や時間、知識、人脈の4つの分野にフォーカスされていて仕事だけじゃなく人生の様々な場面で役に立つことばかりだからです。(20代男性)

 

 

28.「レバレッジリーディング」

ビジネス書「レバレッジリーディング」がおすすめの理由

ビジネス書を読むにあたって、ビジネス書をどのように読むか使うかで、自分にいいものだけ吸収できる。 ふつうは読んで終わってしまうがそうではない使い方。 自分を高めるためにビジネス書をどのように選び読むかが書かれているビジネス書だから。(30代女性)

 

 

29.「伊集院静 大人の流儀」

ビジネス書「伊集院静 大人の流儀」がおすすめの理由

辛酸をなめてきた大人だからこその体験を、非常にわかりやすい言葉で淡々と表現されており、どきりと刺さります。自分のバイブルとしても、後輩や大学を卒業する子供にもプレゼントするにも最適です。読み終わっても手元に置いて起きたい一冊です。(50代女性)

 

 

30.「一語一絵」

ビジネス書「一語一絵」がおすすめの理由

某大手広告会社出身のコピーライターのキャッチコピー集。ビジネスには時代を読む力が必要。いくらいいアイデアでもその時代に沿わないと宝の持ち腐れとなる。時代とビジネスの関係は広告コピーの傾向から知ることができる。(30代女性)

 

 

31.「一勝九敗」

ビジネス書「一勝九敗」がおすすめの理由

あのユニクロの会長兼社長である柳井正さんが書いた本です。現在のファーストリテイリングになるまでの紆余曲折が描かれていまして、その中でどんどん変化していってる様が非常に勉強になります。この本を通じて、あのユニクロでさえも数々の失敗を経て今に至っている事を知り、それが仕事に向き合う姿勢に良い影響を及ぼすように思います。(40代男性)

 

 

32.「音楽教室の経費塾」

ビジネス書「音楽教室の経費塾」がおすすめの理由

音楽を専門に小さい頃からやっていると、いざ自分で教室を開業しようと思ったとき、一般的な感覚や常識、経営に必要な知識が多少欠けていて、経営がうまくいかないことがあります。この本では、そんな音楽専門にやってきた人が、どうしたらうまく経営できるか、必要なことは何か、ということを元銀行勤務の著者がわかりやすく説明してくれています。(30代女性)

 

 

33.「可愛いままで年収1000万」

ビジネス書「可愛いままで年収1000万」がおすすめの理由

バリキャリ女性ではなくゆるふわな可愛いらしいままの女性でビジネスは自分のやりたいことを好きな場所で好きな人としっかりやって稼ぐ、というこれからの女性にとってまさに理想の生き方・働き方を提案しているところに共感でき、また自分も頑張ろうとパワーをもらえる本のためオススメです。読むと前向きな気持ちになれますし、自分の生き方そのものを見つめ直す良い機会にもなります。今の働き方に悩んでいる方、迷いを感じている方にはぜひオススメしたい一冊です。(20代女性)

 

 

34.「海を超える創造力」

ビジネス書「海を超える創造力」がおすすめの理由

本が苦手私が最初に読んだビジネス書です。とても読みやすくて素晴らしい内容でした。どのように東京ディズニーシーが出来たか、どのようにオープンしたがが鮮明に書かれていてとても興味深い内容でした。ディズニー関連のビジネス書は読み漁りましたが、この本を超える本には出会えません。(30代女性)

 

 

35.「共謀罪の何が問題か」

ビジネス書「共謀罪の何が問題か」がおすすめの理由

新しく成立するテロ等準備罪について、これは一般人の内心の自由を制限するおそれがあると唱える立場からの解説書です。著者の意見が多分に反映されていますが分かりやすく、「犯罪集団がまだ一般人である段階から対処する必要がある」という視点を提供してくれます。(30代男性)

 

 

36.「金持ちになる男、貧乏になる男」

ビジネス書「金持ちになる男、貧乏になる男」がおすすめの理由

自分のやっていることがいかに貧乏に動いているかがこの本を読んでよく分かります。 ビジネス書において、how to本はいくつもあるのですが、本当の意味で考えさせられる本というのは中々少ないので、この本を読めば行動の仕方が変わります。(30代男性)

 

 

37.「金融e時代」

ビジネス書「金融e時代」がおすすめの理由

今後の世界の展望を語るありふれた著書の一つですが、中国の金融システム全体のデジタル化を推進している立場から語られる点は注目すべきものです。中国が巨大な人口に基づく規模の経済を武器にするので、サービス統合や人員削減を行っても成長できるとする戦略がどこまで真実か、考える材料になります。(30代男性)

 

 

38.「結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる」

ビジネス書「結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる」がおすすめの理由

人間は仕事でもプライベートでも頭の中ではやろうと考えてても後回しにしたり、一歩踏み出す勇気がなくそのままにしたりします。行動力のなさやきっかけがないのが原因なので、このビジネス書を読むと行動力を起こすきっかけになり「考え方」「進め方」を教えてくれるのでおすすめです。(30代男性)

 

 

39.「現代の経営」

ビジネス書「現代の経営」がおすすめの理由

企業は社会における冨の創出機関であり、生産機関である。マネジメントは、経済活動に伴うリスクを補うだけの利益をあげることによって、冨の創出能力を持つ資源を維持していく必要がある。さらには、能力を増大させ、社会の冨を増大させていく必要があるということが書いている。(30代女性)

 

 

40.「考える技術・書く技術」

ビジネス書「考える技術・書く技術」がおすすめの理由

ピラミッド原則について。この内容はさんざん苦労しながら実践して自分なりにやってきたことだった。知っていればもっと容易に身につけられたのにという気持ちと、今までやってきたことを帰納的に説明している理論があってよかったという気持ちになった。(30代女性)

 

 

41.「高層難民」

ビジネス書「高層難民」がおすすめの理由

一見災害とは無関係に思える都市部のマンション群におけるリスクについて事実を教えてくれるからです。 都市工学や建築デザインの観点から、都市のインフラが破壊されるような大災害時に「高層マンション」が持つ危険性に対して、どのような対策をすればそのリスクを低下(リスク減少度)させることができるのかが明確に示されています。(30代女性)

 

 

42.「斎藤一人さんの微差力」

ビジネス書「斎藤一人さんの微差力」がおすすめの理由

仕事で落ち込んだ時や壁にぶち当たった時によく読んで励まされていました。読むと不思議と元気になり、頑張ろう!!という気持ちが湧いてきます。楽しく、目標に向かって歩める本です。ちょっとした考え方を変えるだけで、仕事へのモチベーションも変わることを実感しました。悩める後輩によく薦めていました(笑)(20代女性)

 

 

43.「仕事が出来る人の心得」

ビジネス書「仕事が出来る人の心得」がおすすめの理由

とにかく読みやすいです。ア行~一言ずつ説明が書いてあります。 たとえば 「明るい」虫と同じで人が集まってきます。防犯上もよい。 著者の考えを箇条書きしているため、どういう意味か分かりにくい言葉もありますが ほとんどが確かになと思う言葉ばかりでオススメです。(30代男性)

 

 

44.「仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?」

ビジネス書「仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?」がおすすめの理由

仕事の効率を今よりも上げたいが、どうしたらいいのか?何から手を付ければいいのか分からないと悩んでた時に本屋でこの本を見かけて購入しました。 作業効率を上げるコツがメインの内容ですが、自分の作業の進め方の見直しが出来たので為になる一冊です。(40代女性)

 

 

45.「思考をやわらかくする授業」

ビジネス書「思考をやわらかくする授業」がおすすめの理由

私は難しい文章を読むのが苦手で、ビジネス書を選ぶ際は文章がシンプルかつ分かりやすいもの。 すぐに実践したり、自分がやってみたい、やりたいという気持ちを後押ししてくれるものを選ぶようにしています。 その中でもこの本は読み終えた時に考え方が以前よりも柔軟になり、やってみよう。やってみたいと思えるものでした。 タイトル通り、自分の固定概念を壊し、新しい思考で何かに取り組みたい人にオススメの本です。(30代女性)

 

 

46.「女だから、できたこと。オーガニックコットンのロールスロイスを目指して」

ビジネス書「女だから、できたこと。オーガニックコットンのロールスロイスを目指して」がおすすめの理由

オーガニックコットンと言えば、アバンティという会社が有名です。この会社の社長である渡邊智惠子さんによって、書かれた本です。女性である社長さんの半生が、描かれています。どのような経緯で、この会社が作られたのか等を知る事が出来ます。そして今後、どのように経営していくのかが注目のところです。社会に役立つソーシャルビジネスが、どのようになっていくのか私は楽しみです。(30代女性)

 

 

47.「勝ち続ける意志力」

ビジネス書「勝ち続ける意志力」がおすすめの理由

目先の勝利にこだわらず、成長を続けることで勝ち続ける自分を築き上げてきた実践的勝負哲学。裏技は使わず本当に強くなるための努力を惜しまないとか、挑戦や成長を追求し続ける姿勢とか、寝食を忘れてひたすら一本道を歩き続けるとか、王道のビジネス本になっています。(30代女性)

 

 

48.「勝ち続ける技術」

ビジネス書「勝ち続ける技術」がおすすめの理由

スロプロ起業家の夏目五郎がどういう経緯でスロプロとなり成功していったか書かれております。その中でお金をを稼ぐ上でのマインドの重要性や人間関係を良好に保つ必要性などが書かれており今後起業家で活動を考えてる人や人間関係で悩んでいる人がいたらこの1冊を読むだけで全ての問題が解決するくらい素晴らしい本でした。(20代男性)

 

 

49.「将来花咲くあなたに 今伝えておきたいこれだけのこと」

ビジネス書「将来花咲くあなたに 今伝えておきたいこれだけのこと」がおすすめの理由

自身もキャリアウーマンである著者ペギー・バラードがキャリアのスタート地点にいる姪への贈り物として書いたもので、仕事に対する姿勢や、社会人としての心構えなどが、やさしく、シンプル、かつ具体的な文章で書かれています。(40代女性)

 

 

50.「人を操る禁断の文章術」

ビジネス書「人を操る禁断の文章術」がおすすめの理由

大学では教えてくれなかった、メールや文章のビジネス的な書き方。 先輩に教えてもらい、また実際に自分が取引先等から受けとることでも、スキルはつきますが、 もっと、同期やまわりと差をつけるために攻めの姿勢でいくのであれば、この本を読むことで短期間でそのスキルが身につくためです。(20代女性)

 

 

51.「人を動かす」

ビジネス書「人を動かす」がおすすめの理由

この本には、人を動かすために必要な資質やスキル、また対人関係スキルなどが、筆者の体験をもとにくわしく、説得的に書かれています。このビジネス書には、人として大切なことが書かれているだけでなく、それを詳しい筆者の体験や、見聞きしたことを基に詳しく書かれているので、とてもおすすめです。(20代男性)

 

 

52.「人を動かす人になれ!」

ビジネス書「人を動かす人になれ!」がおすすめの理由

日本電産を一代で築き上げた永守重信氏の著書です。現代社会で忘れ去られがちな「情熱」「熱意」「執念」という精神を今持って熱く持ち続けるバイタリティーに感服します。評論家ではなく実際に経営されている方の言葉には説得力があります。(40代男性)

 

 

53.「人生を面白くする 本物の教養」

ビジネス書「人生を面白くする 本物の教養」がおすすめの理由

日本だけでなく世界で通用するビジネスマンの教養について論じられている。日本の教育の問題点、今を生きるリーダーに必要なものなどを、著者独自の視点で解説。ただ結論は至ってシンプルで少しの思考の転換で実行できるものが多い。(30代女性)

 

 

54.「世界で一番やさしい会議の教科書」

ビジネス書「世界で一番やさしい会議の教科書」がおすすめの理由

私の会社はとにかく会議が多く、形式ばった会議だけでなく何かにつけて打ち合わせが行われ、毎回効率が悪く、会議が終わると結果時間だけが過ぎ何も決まってない会議がよく運営されていました。この本は小説っぽく、とてもわかりやすくすらすら読むことができ、会社のチーム内でも共有しやすい一冊でした。実践できる方法も多く紹介されていたので、チーム全員が読んで会議に臨むと効率のいい会議が開催できると思いました。(30代女性)

 

 

55.「世界史を創ったビジネスモデル」

ビジネス書「世界史を創ったビジネスモデル」がおすすめの理由

歴史上有名な大国の経済活動や組織運営をビジネスモデルになぞらえて、企業でも活用しようという発想の著作です。古代ローマ、ヴェネチア、大英帝国、現代のアメリカなどが例に挙げられており、実用性はやや疑問でしたが、成功と失敗の法則が興味深い記述でした。(30代男性)

 

 

56.「成功する人は偶然を味方にする」

ビジネス書「成功する人は偶然を味方にする」がおすすめの理由

仕事で成功するには運のよさが不可欠ですが、そもそも「自分は運の良い人間だ」と思い込むような普段からの心構えが重要であるという点が掘り下げられ、興味深いものでした。努力一辺倒でない新しい視点を得られた気がしています。(30代男性)

 

 

57.「生き方 人間として一番大切なこと」

ビジネス書「生き方 人間として一番大切なこと」がおすすめの理由

この本は、経営の神様と言われる稲盛和夫さんの著書です。以前に図書館で読んで以来、愛読しています。どのように人は生きていくと良いのかが書かれています。人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力であると、彼は語っています。私はこの本のおかげで、仕事を頑張る事が出来ました。(30代女性)

 

 

58.「青年社長」

ビジネス書「青年社長」がおすすめの理由

高杉良さんがワタミを創業した渡邉美樹さんを主人公にして書いた本でして、起業するまでの資金稼ぎから起業後、幾多のトラブルを解決しながら会社を成長させていく過程が非常にリアルに描かれており、起業を志す方にもサラリーマンとして頑張る方にもおすすめ出来る本です。(40代男性)

 

 

59.「戦略は1杯のコーヒーから学べ」

ビジネス書「戦略は1杯のコーヒーから学べ」がおすすめの理由

コーヒーをテーマに、様々な企業のマーケティングについて論じたビジネス書です。なぜ、スターバックスやブルーボトルコーヒー、ドトールコーヒーは顧客を獲得できるのかを、素人にもわかるように書かれています。身近なものを例にあげることで、マーケティングのイメージがしやすく、導入としてはオススメです。(30代男性)

 

 

60.「選択の科学」

ビジネス書「選択の科学」がおすすめの理由

コロンビア大学ビジネススクール特別講義の内容をまとめた本で、テレビ番組でも話題になった。「何を食べるか」「誰を好きになるか」「どう決断を下すか」。仕事でもプライベートでも、私たちは常に選択と共に生きている。よりより選択をして人生を豊かにするヒントが満載で、ビジネスにも役立つ1冊。(30代女性)

 

 

61.「大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる」

ビジネス書「大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる」がおすすめの理由

経済・ビジネスに関することを日本の学校で習うことはまずないので,社会に出てからあれこれと迷う場面が多くあります。何か基礎的なことでも身に付けておければと考えるのですが,何を見れば良いかも分からない。そういった「経済(学)っていったい何者?」ということを見渡すのに手軽だと思います。最近は漫画版もあるようですので,さらにとっつきやすくなっていると思います。(40代男性)

 

 

62.「大人のコミュニケーション術 渡る世間は罠だらけ」

ビジネス書「大人のコミュニケーション術 渡る世間は罠だらけ」がおすすめの理由

辛酸なめ子が独自の毒舌で世渡り指南してくれる。ビジネスの場では気が合う人、苦手な人、様々なタイプがいる。それぞれの対処法をブラックユーモアを交えて伝授。いざ対面するときに思い出せば心もほぐれて、コミュニケーションも円滑にすすむかも。(30代女性)

 

 

63.「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」

ビジネス書「大人の語彙力が使える順できちんと身につく本」がおすすめの理由

社会人になってからさらに壁にぶつかることが、言葉遣いでした。いくら自分が正しいと思っても、ちょっと違う表現をすることによって周囲ともめ事をおこさず物事を円滑に進めることができます。自分の評価も上がってスムーズな人間関係も築けるようになるヒントをくれました。(40代女性)

 

 

64.「伝える力」

ビジネス書「伝える力」がおすすめの理由

ビジネスパーソン向けだが、日本で生きていくうえで、円滑なコミュニケーションのヒントが描かれている。危機管理と愛情。言葉が足らずに伝わらないこともあれば、多すぎて伝わらないこともある。けしからん罪と嫉妬社会とは言い得て妙だなと思った。(30代女性)

 

 

65.「伝え方が9割」

ビジネス書「伝え方が9割」がおすすめの理由

人は伝え方によって、仕事を快く受けるか、快く受けられないか決まると思います。 例えば、上司に質問があった時に 「忙しいから後で」 と言われるのと 「今手が離せないから、あとで時間とるよ」 と言われるのでは受け取り方が違う気がします。 と言うような仕事だけではなく、プライベートでも使えるような伝え方が書いてある本なのでとてもオススメです!(20代女性)

 

 

66.「電機メーカーが消える日」

ビジネス書「電機メーカーが消える日」がおすすめの理由

大手の電機メーカーが経営危機に陥った原因が、一般論と個別紹介の二面から描かれています。電力や通信に過度に依存した経営体質が経営を硬直化させたという流れが紹介され、普段の自分の仕事にも間接的にあてはめて考えられる内容です。(30代男性)

 

 

67.「入社1年目の教科書」

ビジネス書「入社1年目の教科書」がおすすめの理由

この本は社会人になる新入社員に向けて社会人の行動指針などのアドバイスをまとめた本です。タイトルこそ入社1年目とありますが、私は入社後にこの本を読みました。しかし、様々な気付きやハットさせられる仕事に役に立つ情報が詰まっているので、新入社員だけでなく初心に戻るという意味で入社後の人にもためになる本だと思います。(20代男性)

 

 

68.「脳の力の伸ばし方がよくわかる 記憶力を磨く方法」

ビジネス書「脳の力の伸ばし方がよくわかる 記憶力を磨く方法」がおすすめの理由

脳科学者とサイエンスライターの共著。二者の視点から記憶力の鍛え方やライフスタイルまで、取り入れやすい方法でわかりやすく解説。ビジネスに大切なコミュニケーション術のヒントにもなり、毎日の過ごし方のセンスも磨ける。(30代女性)

 

 

69.「部下の哲学」

ビジネス書「部下の哲学」がおすすめの理由

社会人になるにあたっての心構えや仕事と向き合う姿勢について非常に勉強になります。また、松下幸之助の秘書であった著者からみた、松下幸之助の仕事の流儀や生き方、考え方がエピソードを交えて分かりやすく解説してくれています。(30代女性)

 

 

70.「堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方」

ビジネス書「堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方」がおすすめの理由

あのライブドア社長だった堀江貴文さんが書いた本です。ライブドア事件が発覚する前のまだ順調だった頃に書かれている本でして、オンザエッヂという有限会社を立ち上げて、ライブドアに社名が変わってどんどん拡大している事が具体的に記載されています。内容的に私の会社と近いところもあり、事例が勉強になりライブドア無き今でもバイブル的な本として度々読み返しています。(40代男性)

 

 

71.「堀江貴文著「多動力」」

ビジネス書「堀江貴文著「多動力」」がおすすめの理由

自分の仕事に対する考え方を根本から変えてくれた本だからです。昔から私たち日本人には、苦手な仕事や嫌いな仕事でも真面目にコツコツとこなすのが美徳というような価値観がありますが、この本は真逆のことが書かれています。つまり、自分の時間の全てを使って、好きなことだけを次々とこなしていく、いわゆる「自分軸」で生きる方法が書かれているのです。本当に好きなことだけを仕事にするために、ぜひ読んでもらいたいビジネス書だと思います。(40代女性)

 

 

72.「本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法」

ビジネス書「本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法」がおすすめの理由

社会人になると読書はしない、読んでもハウツー本ばかりの人いませんか。著者は古典、歴史本、小説など様々なジャンルの本を片っ端から読むことで知識の幅を広げた。本を読み教養を手に入れることは、ビジネスの場での人脈や話のコツに大いに役立つことを教えてくれる。(30代女性)

 

 

73.「本物の思考力」

ビジネス書「本物の思考力」がおすすめの理由

経営者として成功者である著者の本。といっても決して難しい内容ではなく、学生から大人まで誰もが読みやすく、今すぐ考え、始められることばかり。思考力を身に付ける、人生を変える「人、旅、本」を軸に、ビジネスの場でも生かせる格言が満載。(30代女性)

 

 

74.「未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる」

ビジネス書「未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる」がおすすめの理由

今の仕事、正直楽しくない。そんな悩みをかかえる人の気持ちを少し楽にしてくれる1冊。会社にがんじがらめにされず、もっと自分を中心に働き方を考えようという気持ちになれる。タイトルの通り、人生は2回生きられる方法の指南書。(30代女性)

 

 

75.「名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方」

ビジネス書「名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方」がおすすめの理由

資料をつくる、会議で話す、ビジネスの場すべてにおいて必要な言葉。その表現の仕方によって人を魅了するか、ビジネスが成功に前進するかが決まる。それを学ぶには広告コピーを知ることが良い手がかりになる。コピーを読む、書くなどで言葉の使い方、リズムが身につく。(30代女性)

 

 

76.「儲かる会社の会計と経営がよくわかる本」

ビジネス書「儲かる会社の会計と経営がよくわかる本」がおすすめの理由

どうやったら儲かるのか、会社の経営のしくみはどうなりたっているのか、わかりやすく書かれている本です。とても読みやすく経営者ではない人にも理解がしやすい本です。作るから使うという新たな考えもこの本で学ぶことができました。(20代女性)

 

 

77.「話す力」

ビジネス書「話す力」がおすすめの理由

草野仁著。テレビ番組司会者として有名な草野氏による、伝わる話し方をテーマにした本です。単なるハウツー本ではなく、草野氏自身がアナウンサーになった経緯や具体的な経験を元にコツを紹介しているため、イメージしやすく、読みやすいので実践できそうな内容なので、おすすめです。(30代女性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました