THE YELLOW MONKEY(イエモン)おすすめの曲ランキング

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

THE YELLOW MONKEY(イエモン)おすすめの曲ランキング

 

12位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「ALRIGHT」(2票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「ALRIGHT」がおすすめの理由

再結成した際に一番に発表された曲で、メンバーの再結成に至るまでの心模様や気持ちの高揚などが歌詞やアップテンポな曲調によく合っている。(40代女性)

イエモンが再結成してからの初曲です。イントロのギターを聞いて涙が止まりませんでした。これぞイエモン!っていうメロディーです。(40代女性)

 

 

12位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「Horizon」(2票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「Horizon」がおすすめの理由

ボーカルの吉井和哉が一人で解散&再結成を決めたことに対していつまでも負い目を感じているのを見かねたギターの菊池英昭が珍しく作詞を手掛け、吉井に気にすることはない、外部が金儲けのための再結成だなんて言おうともバンドメンバー全員とファンは喜んで受け入れ納得し再結成して今があるのだからと曲にして伝えているめったにないジャンルの男の友情を描いた作品なのでおすすめです。(40代女性)

映画、オトトキの主題歌にも起用された曲で、ミュージックビデオがアーティスティックなアニメーションで、おすすめです。(30代女性)

 

 

12位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「LOVE LOVE SHOW」(2票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「LOVE LOVE SHOW」がおすすめの理由

カラオケでも歌いやすく盛り上がれる人気曲です。演奏も難しくないのかアマチュアバンドからよくコピーされています。イエモンを歌いたい、演奏したいという方にお勧めの曲です。(40代女性)

とてもノリのいい曲で、おもわず口ずさみたくなるメロディの曲です。カラオケに行くと必ず歌いたくなる曲です。(20代女性)

 

 

12位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「SECOND CRY」(2票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「SECOND CRY」がおすすめの理由

1944年に銃で打たれて死んだはずの主人公の魂が1994年に蘇るストーリーになっており、曲というよりは舞台を観ているようなそんな物語を感じられる世界観がある貴重な歌です。(40代女性)

アルバム『juguar hard pain』のオープニングを飾る曲ですが、これから始まるアルバムの世界観をまず伝える、て意味で本当に素晴らしい大作だと思いますし、他のシンガーでは書かなそうな吉井和哉氏の歌詞にも是非注目してもらいたい、そう思います。(40代男性)

 

 

12位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「Welcome To My Doghouse」(2票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「Welcome To My Doghouse」がおすすめの理由

生まれた環境が特異で血のつながらない祖母に育てられた吉井さん。父は若くして事故死し母親は水商売を始める中で、両親の愛情というものを受けられなかった心の傷がこういった心情を叫ぶような楽曲を作り出したのだと考えると胸が痛い。(40代女性)

メジャーデビューする前、インディーズレーベルから発表した作品でありますが、ずっとずっとライブで演奏し続けられている名曲です。初期作品なのに、この完成度!(40代女性)

 

 

9位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「BURN」(3票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「BURN」がおすすめの理由

『BURN』は1997年7月24日に発売されました。THE YELLOW MONKEY13枚目のシングル曲です。発売元はファンハウスです。ボーカルの吉井和哉が作る楽曲が好きでイエモンのファンになりこの楽曲が一番好きです。吉井和哉の魅力満載です。今もなお、新しい楽曲を作成しています。是非一度ご視聴ください。(50代男性)

このシングル曲は当時、イエローモンキーが一度活動を止める前に作られた曲だと印象が残っています。これまでのイエモンの歩んできた道が凝縮されてるような切ないメロディーが、好きです。(40代女性)

全体的に色っぽくてどこか儚い感じがとても美しいです。映像も歌詞の表現にとても合っていて懐かしい感じがします。(20代女性)

 

 

9位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「追憶のマーメイド」(3票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「追憶のマーメイド」がおすすめの理由

ザ イエローモンキーらしい曲でとてものりの良い曲となっている。また、歌詞もザ イエローモンキーらしい歌詞でインパクトがある。(40代男性)

若い男の危うい性を色気満々で歌っています。若い方は勿論、30代以降の方が昔を懐かしむ気持ちで聴くのにもおススメです。曲調は基本的には明るく、聴きやすい曲です。(20代女性)

とてもポップで今聴いても色あせないメロディです。イエモンを代表する曲なので多くの方に聴いて欲しいのでおすすめします。(30代女性)

 

 

9位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「悲しきASIAN BOY」(3票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「悲しきASIAN BOY」がおすすめの理由

イエモンのライブで盛り上がる一曲です。 洗い物や掃除をしながら…など作業用BGMにもオススメ。 キャッチーで覚えやすいメロディーなので、身体も動かしたくなりますし、歌詞もスッと頭に入っていきます。(40代女性)

バンド名と曲の内容がリンクする黄色人種としての生き辛さや自虐感が表現された曲。この曲を出すまではバンドの方向性が今一定まっていなかったが覚悟を決めたイエモンの思いが詰まった曲がついにできた感じです。(40代女性)

この曲はイエモンの割と初期の曲になります。聞けば聞くほど深い意味が込められていそうな魅力的な歌詞と、イエモン節が炸裂したメロディーがとても好きな曲です。(20代女性)

 

 

4位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「SPARK」(4票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「SPARK」がおすすめの理由

イントロのリフの格好良さ、スピード感、迫力すべてがパーフェクト。今はこういうギターのリフを生かした曲が少ないのだが、ギターはこう使って欲しいというお手本の曲です。(50代男性)

私が20代の頃によく聞いていた曲です。イエローモンキーが好きで、カラオケでもよく歌っていました。今でもたまに聞いています。(40代男性)

とにかくこの楽曲を聞くと元気をもらえます。重厚なギターリフから始まるロックサウンドがたまりませんね。(40代男性)

全盛期のイエモンの曲の中でもポップで印象的です。今聴いても古臭さはなく、新鮮に受け入れてもらえると思いおすすめします。(40代女性)

 

 

4位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「プライマル。」(4票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「プライマル。」がおすすめの理由

イエモンが活動休止を終えて、約15年ぶりの復活ライブが東京国立代々木競技場第一体育館でありました。その一曲目になにを歌うか!とゆう予想があり、一曲目だけの生中継もありました。そこで歌われた曲が『プライマル』です。伴奏が鳴った瞬間体育館が感極まる声と地割れするんじゃないかと思う程の雄叫び!もちろん私も発狂して涙が溢れていました。今聞いても当時の感情が溢れて涙して聞いています。(40代女性)

バラード系もいいですが、この曲は明るくノリのいいので、あまり知らない人でも聞きやすい曲になっているかなと思いました。(30代女性)

表面上は昔憧れていた女性に再会し違和感を抱きその彼女から”卒業”し新しい恋に向かおうという内容ですが、バンドとして最後に発表したシングルということもあり”THE YELLOW MONKEY”というバンドを”卒業”して新しい道を進もうという二重のテーマがある詞になっている、ファンにとっては思い入れが深い曲です。(40代女性)

卒業をテーマにした曲なので、なんともいえない切なさがあって良いです。紅塗った君がなんか・・・と色気があるのもTHE YELLOW MONKEYっぽくて好きです。(30代女性)

 

 

4位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「楽園」(4票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「楽園」がおすすめの理由

気分に関係なく聞ける曲だと思います。悲しい時は元気が出るし、楽しい時に聞くと気分が上がります。イエモンの中でも聴きやすく、嫌味のない曲だと思います。(30代女性)

イエローモンキーのなかでも特に幻想的なメロディで歌詞とマッチしている。耳に残り、とても歌いやすい曲調になっているため。(20代男性)

昔やっていた怪談物の番組のエンディングソングでプロモーションビデオも少し不気味ですが、曲調がカッコいいので気に入っています。(30代男性)

とにかくメンバー全員がカッコよく、憧れ続けた。脳天に気持ちよく抜ける声質が心地よく、様々な思い出が巡ってくる曲。(40代男性)

 

 

4位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「球根」(4票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「球根」がおすすめの理由

セクシャルな楽曲を多く歌っているイエローモンキーですが、その詩はどこか文学的でもあります。特にこの「球根」は「生きること=性」という「生命」を全身全霊で表現しています。吉井さんの作る楽曲の詩を読んでいると、イエローモンキーのロックアーティストとしてのパワーは絶望の淵から沸いて来ている様に感じます。「球根」には、生や死、喪失、絶望、そして再生、希望といった普遍的なテーマが表現されています。毎年のように大きな自然災害に見舞われている日本ですが、そんな今だからこそこの「球根」を多くの人達に聴いてほしいと思います。「球根」には「BULB」というタイトルで英語バージョンもあるのでそちらもおすすめです。(50代女性)

インパクトのあるタイトルと力強い歌詞、吉井さんのパワフルな歌声が素敵です。イエモンはテンポのいい曲が多いですがこちらはしっとりと聴かせる感じです。(30代女性)

メロディと歌詞の 絡みが最高です。心の奥底からの叫びのようで、すごく切なくもあり、でも熱く激しく心に響く曲です。(40代女性)

地面の底に隠れるように、暗く抑え気味の曲調から、一気に芽を出し、開花するように激しくなるサビが格好いい。それにしても歌詞がすごい。こんな内容のロックが作れるのかという衝撃がある。(50代男性)

 

 

4位タイ.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「砂の塔」(4票)

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「砂の塔」がおすすめの理由

若い人は知らない人もいるかもしれませんが、砂の塔の主題歌でこの曲を聞いた時に、ドラマとのマッチング度と雰囲気の良さですぐ耳に残るし大好きな曲になりました。胸がざわざわとするようなかっこいい曲です。ドラマと合わせて聞くと、聞くたびにドラマを思い出しドキドキな気持ちになります。(20代女性)

渋くてセクシーな曲です。不安定さがたまらなく心地好い、哀愁漂う曲調が、刺激的なイエモンらしい1曲でおすすめです。(40代女性)

ドラマの主題歌でもあり再結成後の初のリリース曲でもあり、再結成したイエローモンキーのイエローモンキーらしさが溢れてる曲だと思うので。(40代女性)

砂の塔というタイトルの通り、砂の塔というタイトルのドラマがあり、それと歌詞の内容がとてもリンクしているのでドラマと合わせて聞くことをおすすめします。(10代男性)

 

 

3位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「太陽が燃えている」(7票)

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「太陽が燃えている」がおすすめの理由

この曲を聞いていると、落ち込んでいても元気をもらえる曲です。最初の出だしを聞くと、一気にハイテンションにしてくれます。(40代男性)

ボーカルの色っぽい歌声を引き立たせるような、Aメロの穏やかな感じがオススメです。勿論、サビの盛り上がりも一気にテンションを上げてくれますし、頭から離れなくなると思います。(30代女性)

前にどこまでも進んでいけるような曲調と、ポジティブになれそうな歌詞が合わさった世界観がとても清々しく、明るい気持ちになります。(40代女性)

歌詞がとても元気が出る内容です。歌い始めは「悲しみの雨が止み希望の空の下で」という歌詞で、曲を聞いているとあの燃えている太陽のように自身を奮い立たせることができます。(20代女性)

テンポも歌詞も覚えやすい曲で、カラオケでも盛り上がる曲です。学生時代によく聴いたり歌ったりしていましたのでこの曲が流れると、当時の記憶が蘇ってきます。(30代男性)

私はクラシック専門ですが 20代前半に友達とスノボ、スキーに行くときに車の中でみんなと聞いていました (友達がイエモンのファンなので) その時の印象が非常に残っていて 久しぶりに聞きました タイトルがわからず探すのに時間がかかりましたが 何とか見つけました 当時のことを思い出し懐かしい思い出がよみがえります レンタルスキーのブーツが足を締め付け痛かったですね(40代男性)

とにかく、カッコいいです!!私がTHE・YELLOW MONKEYの楽曲の中で一番好きで、ファンにになったきっかけでした。(40代男性)

 

 

2位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「バラ色の日々」(13票)

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「バラ色の日々」がおすすめの理由

歌詞がめちゃくちゃ良いと思います。 苦しもがきながらも前に進みたい時に聴きたくなる一曲です。 聞く前は気持ちが落ち込んでいても、聴き終えたあとに何かを得て頑張ろうって気持ちになります。(40代女性)

格好いいだけでなく、どこか切ないかんじのする曲調がたまらない。特にこの曲をライブで聴くと涙が出てくる。(30代女性)

曲の展開が格好いい。特にCメロのたたみかけるような絶唱は、つい拳を握りしめて一緒に歌いたくなります。この頃のイエモンは妙な色気と切なさがあり、彼らにしかない魅力にあふれていると思います。(50代男性)

ドラマでも感動的な場面で使用されるくらい、歌詞も曲調も全てにおいて名曲です。特に絶望した時に歌詞を聞くと、とことん凹むことができるだけでなく、また頑張ろうって思えます。(20代女性)

イエモンの有名な曲であると共に、1番の人気曲。切ないメロディーラインなので、嫌なことがあった日の夕方に夕陽を見ながら聞くと心が晴れやかになります。しんみりしたい時に聞くのがオススメです。(20代女性)

全体のメロディーと歌詞がとてもよく何回でも聞きたくなる。歌うのは難しいけれど覚えやすい曲ではあると思う。(20代女性)

GTOで流れてから好き。サビ聞いてるとすっきりする。ボーカルの声が好きなのと、かっこいいのがいいです。(30代男性)

まず、ただただカッコいい。 最初のスローテンポからの前奏がカッコいいし 歌詞もイエモン独特の世界観! また、最後のサビからのCメロの格好良さがハンパないです。 また、ミュージックビデオの吉井さんがカッコいい! 曲とミュージックビデオとの組み合わせで見ると また、何倍も良いので本当にオススメです。(30代女性)

学生の時に良く聞き、歌詞やメロディーが好きで、それを歌うボーカルの歌い上げ方がとてもいい。青春を感じられる。(30代女性)

この曲はプロモーションビデオが面白いと感じたので好きにならりました。曲調も淡々としていて、とても歌いやすいし聞きやすいです。(20代女性)

疾走感とひりひりするようなドラマチックな歌詞が魅力です。冬の夜に窓を開けてこの曲をかけながらドライブするとすごく気持ちいいです。(20代男性)

イエモンの絶頂期とも言えるような、華やかでありながらどこか退廃的でうっすらと悲しみすら透けて見えるような、深みのある曲です。吉井和哉さんが本当にかっこいいです。、(30代女性)

発売は結構前になりますが、いつ聞いてもカッコいい!っと感じます。吉井さんの歌声はもちろん、サウンドやサビに向かってどんどん盛り上がるメロディや歌詞が素晴らしいです。(30代女性)

 

 

1位.THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「JAM」(18票)

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「JAM」がおすすめの理由

かなり前の曲ですが、今こそ聴きたい色々なことを考えさせてくれる歌詞です。イントロから素晴らしく、あっという間にイエモンの個性的な世界に引きこまれます。(40代女性)

初めて聞いた時は小学生でなんとなく聞いていましたが、大人になって改めて聞くと衝撃的な歌詞に驚きました。 去年再結成した時に紅白を出るに当たって新聞の一面にこの曲の歌詞が載っていたほどのインパクトがある曲です。(30代女性)

和製ロックの傑作だと思います。メロディも美しく切なくて素晴らしいのですが、メッセージ性の強い歌詞がいいです。特に二回目のサビで外国で飛行機うんぬんというフレーズは、考えさせられるものがあります。(50代男性)

30代ならファンでなくとも聞いたことはあるはずの不朽の名曲。特に歌詞が秀逸で、人間の命の軽重を考えさせられます。(30代男性)

jamの歌詞では、少数ではあろうとも、この歌詞の様な思いを抱えているであろうという人間の感情が描写されています。社会や労働に流されて、本当は考えなければならないのに、知らないふりをしてしまっている人間にとって大切な心それを忘れさせない力を持っています。(30代女性)

イエモンの歌はいっぱいあるなかでも自分の中でオススメの曲です。世界にJAMを塗って食べるなんて印象に残る歌詞はこの曲ぐらいだと思います(30代男性)

切ないメロディーの曲です。歌詞も「偉い発明家も 凶悪な犯罪者も 皆昔子供だってね」「外国で飛行機が落ちました ニュースキャスターは嬉しそうに 乗客に日本人は いませんでした いませんでした 」というように、切ない?胸がグッとくるような、考えさせられるような言葉が並んでいます。切ないメロディーと歌詞が相まって、素敵な曲になっています(30代女性)

この曲を聞くと、いかに自分が今恵まれた幸せな毎日を遅れているかということを考えさせられます。周りにいる人を大切にし、毎日を生きていこうという気持ちにさせてくれる曲です。(20代女性)

曲、歌詞、声、どれをとっても最高の一曲です。ラストへの盛り上がりが素晴らしく心をグッと掴まれます。いつの時代も色褪せないまさに名曲!(30代女性)

最初の暗闇の部分から段々明るい未来へと立ち上がっていこうとポジティブに考えていく所が今の社会には必要だと思わせる(30代男性)

まずとても独特で1度聞いたら忘れない、もう1度聴きたくなるインパクトのある歌詞。その歌詞に切ないような曲調が相まって曲の世界観にひきこまれます。(30代女性)

初めてイエローモンキーを聞いた時、歌詞とミュージックビデオの撮り方に驚いた。何年も前の曲なのに斬新さを感じた。また、歌詞は「乗客に日本人はいませんでした」という言葉にハッとさせられる。命の重さを国民性で判断している気がする。(20代女性)

カラオケに行ったら絶対に歌う一曲。曲のカッコよさはもちろん、吉井和哉の独特の歌詞の世界観に驚かされる。「外国で飛行機が落ちました」からの曲の終わりまでの流れが最高です。(30代女性)

歌詞がズシンと胸に響く。20年程前だから世の中に発表出来た曲であり、今現在だったら問題作扱いされていたと思う。そのくらい重い曲。(30代女性)

「乗客に日本人はいませんでした。」の歌詞が衝撃的なこの一曲。吉井和哉氏の艶っぽい歌声がとにかく素晴らしい。骨太でエンターテイメント性のあるこのバンドの代表作と力強く言える。こんな声で会いたくてと言われてみたい。(40代女性)

素直な言葉で綴られた強いメッセージ性がこの曲の魅力です。特に曲後半の語り口調で歌われる部分は鳥肌モノです。(20代男性)

ドラマティックな曲にのせられるのは、若い時特有の個人的な物悲しさ、誰かを想う切なさです。そして対極にある大きな世界で起きているのは人が個人ではなく、何かのひとかたまり、ただの記号みたいになったかたまり。その記号化はまだ純粋で若い人達にとってはすごく残酷なモノに映るんです…。分かりにくいけどそんな悲しく辛く純粋で美しい愛の曲です。(40代女性)

とにかく曲がきれい!吉井さんが美しい!JAMは、儚さ、美しさ、繊細さが混ざっている歌です。聴いているとなんとも言えない感情になります。(30代女性)

 

 

1票入ったTHE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)おすすめの曲も紹介

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「BRILLIANT WORLD」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「BRILLIANT WORLD」がおすすめの理由

サビが最高でボーカルの綺麗な歌声で「最高な世界へ」と聴いた時鳥肌が立ってしまうほどでこの曲の世界観に一気に引きずり込まれていくこと間違いなしの曲です。(20代男性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「Chelsea Girl」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「Chelsea Girl」がおすすめの理由

音楽には詳しくないですが、こういう曲がグラムロックなのだろうと思わせてくれます。「チェルシーガール」は当時お菓子のCMで外国の女の子が出演していたところから名づけられたと思われます。(40代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「father」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「father」がおすすめの理由

こちらの楽曲は、アーティスト自身の父への想いをベースに作られた楽曲ですが、親子の関係など共感出来、何歳になっても聴くことができる楽曲です。(30代男性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「FINE FINE FINE」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「FINE FINE FINE」がおすすめの理由

まず、イントロでドラム→ベース→ギターと一人ずつ入っていく高揚感!それぞれの楽器がギュンギュンに絡み合っている上に、ギラギラしていて妖艶でセクシーなボーカル!歌詞もたまらないです。この映像、何回見たかわからないくらい繰り返し見ています。(40代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「Psychic No 9」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「Psychic No 9」がおすすめの理由

ベースの音もしっかりした主張がありギラギラした異次元のようなノリのいい曲です。まさにロックンロールです。(40代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「Shock Hearts」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「Shock Hearts」がおすすめの理由

高校生の頃、好きだった人がカラオケでよく歌っていたのでその印象が強く、今でもこの曲を聞くと高校生の頃の気持ちに戻れます。(30代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「So Young」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「So Young」がおすすめの理由

歌詞が素晴らしいです。ひとつひとつの言葉を丁寧に噛み締めるように歌うボーカルと美しい鍵盤、そしてバンドのサウンド。哀しいのだけども、力強さと希望があると思います。(40代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「SUCK OF LIFE」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「SUCK OF LIFE」がおすすめの理由

イエモンの中では割と取り上げる”ゲイ”をテーマにした恋愛歌ですが、ライブでは途中でロビンによる適当MCが入って笑いありエマとの絡みありで他のバンドでは成立しない究極にかっこいいイエモンメンバーたちだからこそ自信を持って歌える曲になっています。(40代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「tactics」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「tactics」がおすすめの理由

かなり古い曲ですが、大好きです。歌詞もメロディーもセクシーでカッコイイんです。人気アニメのエンディング曲にもなっていました。(30代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「This is for you」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「This is for you」がおすすめの理由

優しいメロディーで聞きやすい曲だけど、歌詞を見るとゲイの恋人たちを描いたものであることが分かる。また「昨日触れた人」という歌詞の意味が良く分からなかったがひらがな読みをすると伝わるようになっていたりする興味深い歌詞である。(40代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「アバンギャルドで行こうよ」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「アバンギャルドで行こうよ」がおすすめの理由

アバンギャルドで行こうよはイエモンらしい曲でノリも良くて歌いやすい曲なのでとてもおすすめです。女の子前で歌うと好評でした。(40代男性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「ゴージャス」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「ゴージャス」がおすすめの理由

ザ・ロックというような勢いのある曲でタイトルでもある「ゴージャス」という題名ともマッチしています。歌詞に「ラメ入りの紅茶飲んで」とあるのですが、この頃からラメが入った口紅やグロスが流行り出しました。吉井さんが流行を取り入れるのが好きなので歌を聞くといつ頃作られた曲か分かったりしてそれもまた面白いです。(40代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「マリーにくちづけ」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「マリーにくちづけ」がおすすめの理由

いい加減売れる曲を作ってくれと会社から言われ、これまでお世話になった恩義から売れ線に走った曲の一つだけれども、これまでのイエモンの歌謡曲調を全て捨てたわけではなくねっとりとした妖艶さは残しつつ少し以前より爽やかに覚えやすく聞きやすい曲になっています。(40代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「人生の終わり For Grandmother」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「人生の終わり For Grandmother」がおすすめの理由

複雑な家庭の事情で血のつながらない祖母に面倒をみてもらい育った吉井和哉が、祖母が亡くなる前にどうしても感謝の思いを伝えたいとことでつくられた歌です。個人に追悼の歌を捧げて作られた曲は多々ありますが、祖母が生きている間に自分の思いを伝えておきたかったという生々しいけれど現実的な吉井和哉の思いがこもっています。実際に歌を聞いた祖母も喜んでいたそうですが、「まだ生きてるんだけど」と母に愚痴をこぼした話も有名です。(40代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「嘆くなり我が夜のFantasy」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「嘆くなり我が夜のFantasy」がおすすめの理由

歌謡曲と洋楽をミックスしたイエモンが得意とするジャンルの内の一曲。最初の特徴的なギターのメロディーがかっこよく途中で転調し曲調が変わる箇所がまるで一曲で二曲分頼めるようなつくりになっていて何度も聞きたくなる。(40代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「天国旅行」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「天国旅行」がおすすめの理由

暗くて哀しくてドロドロした怨念みたいな感情が渦を巻いて放出されていくような曲です。演奏も歌唱も鬼気迫るものがあります。(40代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「熱帯夜」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「熱帯夜」がおすすめの理由

ブレイクする前の曲で当時よく音楽番組で聴いていました。今年の夏は猛暑で夜も暑くこの曲がぴったりでよく聴いていたのでおすすめします。(30代女性)

 

 

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー) 「離れるな」

YouTube動画はこちら

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)「離れるな」がおすすめの理由

解散前に発表されたこの「離れるな」 ライブで、この歌を披露したときに、恋人と離れたくないと歌ったこの曲ですが、ファンが離れるなと言うふうにも、聞こえて、とっても切ないラブソングです。(30代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました