漫画好きが選ぶ!ギャンブル漫画おすすめランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

漫画好きが選ぶ!ギャンブル漫画おすすめランキング

 

9位タイ.ギャンブルレーサー

ギャンブル漫画「ギャンブルレーサー」がおすすめの理由

決してスター性は無いがソコソコ強い競輪選手の主人公関優勝が、主人公らしからぬ公私共金の為勝利の為に弟子共々ズルく奔走する姿がかえって人間臭く漫画全体に真実味を帯びて競輪のルールが分からなくてもスッと親しみ易く入り込める漫画だと思いおすすめの理由にしました。(40代男性)

ギャンブル好きでいいかげんな競輪選手、関優勝のもとに天才的な弟子、売二がやってくる。やがて息子も選手となる。関も彼らとともに活躍していく。競輪学校のことや実際のレースの駆け引きなど、普段あまり知ることのない競輪のエピソードが満載。(40代女性)

 

 

9位タイ.ノーマーク爆牌党

ギャンブル漫画「ノーマーク爆牌党」がおすすめの理由

いわゆるマージャン漫画ではあるのですが、無類なき転載に立ち向かう、才能のない主人公が、弱いながらも何かをつかんで強くなっていく描写が面白く、その他の登場人物も、非常に個性があり、読んでいてワクワクが止まらないから。(40代男性)

ノーマーク爆牌党は麻雀漫画なのですが、それ以前、以後で麻雀漫画が変化したと言えるくらい、衝撃的な作品です。プロ雀士がタイトル戦を闘う様子を描いているのですが、それまでの麻雀漫画と違い、闘牌シーンがリアルで論理的なのです。それ以前の麻雀漫画はやたらと高い手をあがったり、ありえない役満をあがったりするものが多かったのですが、そうではないのが、ノーマーク爆牌党の魅力です。(40代男性)

 

 

9位タイ.ライアーゲーム

ギャンブル漫画「ライアーゲーム」がおすすめの理由

この漫画は、主人公の直を含めた各プレイヤーがあるゲームに参加し、相手を騙し合うところが面白いからです。また、勝者は賞金と借金の帳消しを得て、敗者は借金を背負うので、ギャンブル性があり楽しめるからです。(20代男性)

人間は誰しもお金を得たいという欲望からは逃れることができずに今まで大切にしていた友達や恩師を裏切ってまでお金を得ようとするという人間の真理についてよく書かれているから。また、嘘の危険性についても考えさせられるから。(10代男性)

 

 

9位タイ.咲-saki-

ギャンブル漫画「咲-saki-」がおすすめの理由

学園+ギャンブルというジャンルですが、主人公の女の子が天才とされる姉と会うために麻雀で仲間と共に登り詰めていくという漫画ですが、女性キャラがとても可愛い上にストーリーも面白く、初心者なら麻雀をしてみたくなる漫画、麻雀経験者なら登場キャラクターの凄さが分かる漫画なのでとても楽しめます。(20代女性)

麻雀がメジャーのゲームとして日本人の多くの人が関わっているという時代設定の世界の中で一人の女子高生宮永咲を主人公として登場人物の9割が女子なので麻雀漫画独特のピリピリとした鉄火場というような世界ではなく学園生活の延長線上に麻雀があるという漫画設定なので麻雀のルールがイマイチ分からなくても楽しく読めると思いおすすめにしました。(40代男性)

 

 

7位タイ.モンキーターン

ギャンブル漫画「モンキーターン」がおすすめの理由

競艇を題材にした漫画です。ゲームやパチンコなどにもなっています。元々競艇場が近かったので以前から競艇には行っていましたが、モンキーターンを読んで競艇に対する見方がガラッと変わり、これも見て競艇選手を目指そうと思ったくらいです。裸眼視力の関係で断念せざるをえませんでしたが。競艇を深く知らない人がよく言うことが、競艇は最初で決まっちゃうからおもしろくない(競艇は全部で3周します)。確かに他の公営ギャンブルとは唯一真逆かもしれません。最初のターンから2回目のターンでほぼ決まります。しかし、競艇は出艇からコース取り、スタート、第1ターン、バックストレッチのストレート、第2ターン、ここにいろんなかけひきが詰まっているんです。モンキーターンを見て私も初めて知りました。競艇に興味が無い方もモンキーターンを見たら絶対に競艇のファンになりますよ。(30代男性)

ギャンブルのくくりで入れましたが競艇とゆうスポーツの楽しさ怖さを存分に堪能できる漫画だと思っています。 自分はギャンブルはしませんが、ギャンブルをしないという方でもあの迫力等は存分に楽しめると思います。(30代男性)

ボートレースの知識を楽しく学ぶことができるため。もともとギャンブルに、興味はありませんでしたがこの漫画を読んで理解を深めることができました。モンキーターンがきっかけでボートレース場へ観戦へ行くほどハマったことがおススメな理由です。(20代女性)

 

 

7位タイ.天牌

ギャンブル漫画「天牌」がおすすめの理由

創刊から非常に長い麻雀漫画ですが、現実と漫画の世界観がそんなにかけ離れていなく、麻雀をリアルに感じられる部分が多く素人にも玄人にも万人しているのがオススメの1番の理由です。主人公を取り巻く、強者たちとの兼ね合いも熱くさせてくれます。(30代男性)

こちらは麻雀漫画になります。麻雀漫画としては異例の90巻を超えて尚、連載中のミラクルな漫画だと思います。麻雀初心者から熟練者まで楽しめ、特に初心者から中級者にかけては非常に勉強になります。アカギなどはイカサマ麻雀の代名詞だったり、雀鬼や坊や哲などもイカサマ系の麻雀漫画です。しかし天牌についてはイカサマ一切無しで、たしかに漫画ならではの異常なヒキの強さや常人では考えられない打ち筋などありますが、それらひっくるめて、麻雀を極めた人たちの領域みたいなものが伝わり、ここを目指したい。という気にさせてくれる漫画です。麻雀やってる人で見てない人はほぼいないとは思いますが、これから始めようと思っている方、麻雀やってて万が一まだ見てない人は必ず見るべき漫画です。(30代男性)

自分が麻雀を始めた頃に読みはじめ、実際の対局と同じように一人ひとりの手の進め方がわかり、麻雀の素人だった私が読んでもわかりやすい内容のため今でも購読しています。ヤクザの世界など非日常な場面もあり、わくわくしながら読んでいます。(30代男性)

 

 

5位タイ.嘘喰い

ギャンブル漫画「嘘喰い」がおすすめの理由

ギャンブル漫画の中でもかなり頭を使う部類の漫画で、読み応えがあります。作画もリアルで独特な表現や言い回しなど、読んでいてとても興奮します。他のギャンブル漫画と決定的に違うのは本格的な格闘シーンも多くあり、ギャンブル専門の主人公・格闘専門の仲間とともに上のステージに駆け上がっていく姿はとても興味をそそる内容です。(20代男性)

主人公班目獏がギャンブルでのし上がっていく漫画です。初めはただのギャンブル漫画だと思って読み始めたのですが次第に格闘漫画かと思わせるストーリーに変わってきます。使用されるギャンブルも普通のものではなく時には命がけというハラハラの展開が多いです。(30代男性)

ギャンブル漫画でありながら、バトルシーンも多く、そのバトルも圧倒される。 なによりキャラ個々の魅力があり、一度読み出せば、止まらなくなります。 数々の伏線が繋がり、最後のバトルに繋がっていきます。 完結している作品なので、是非読んでいただきたいです。(30代男性)

破天荒なギャンブラー嘘喰いが破竹の勢いで様々なギャンブラー達を喰い荒らしていく話です。伏線の張り方が巧妙で、勝負の結末後には作者のミスリードに快感さえ覚えます。キャラクターも魅力的で、特に勝負を取り仕切る立会人の面々もカッコ良さには惚れ惚れします。(30代男性)

主人公の獏の、飄々としていてギャンブルに関しては天才だけれど、すごくひ弱というギャップが完璧すぎなくて良いです。ギャンブルゲームの駆け引きも面白い。しっかり考えなければ理解できないゲームもあって、頭を使う漫画ですが、慣れてくるとクセになります。(30代女性)

 

 

5位タイ.哲也 雀聖と呼ばれた男

ギャンブル漫画「哲也 雀聖と呼ばれた男」がおすすめの理由

実際に存在した玄人に話でイカサマや運を使い麻雀で闘っていく漫画なのですが、戦後のドタバタしている時の描写が細かく描かれていますし哲也の周りの人物の人情味も感じとる事が出来ハートフルな気持にさせてくれます。特にイカサマがかっこいいです。(20代男性)

この漫画は主人公哲也が戦後の東京や地方でプロのマージャン打ちとして活躍する話ですが、暗い時代の中で裏世界という闇の中の闇にいながら、勝負には勝ちに徹しながらも優しさも持ち合わせるギャップに楽しさがありおすすめします。(40代男性)

哲也が麻雀を通じて成長していく漫画なのだが、その中で哲也の前に登場するライバルが凄く魅力的で全体を飽きさせないで一気に読まさせてくれる。またそれぞれのエピソードがギャンブルを通じての人生観を考えさせる深い内容になっている。(50代男性)

実在するプロ雀士の桜井章一さんの若かりし頃の実話を元にした漫画となっています。麻雀は実際の映像の方が迫力があるように感じますが、この作品に限っては違っています。独特な雰囲気や緊張感が見事に表現されています。(40代男性)

主人公である哲也が自分の特技である麻雀を通して成長していく様は圧巻である。また、哲也以外の登場人物のキャラクターも個性的であり、見ていて秋が来ない作品です。麻雀好きの方ももちろん、麻雀を知らない人でも楽しめる漫画です。(20代男性)

 

 

4位.アカギ

ギャンブル漫画「アカギ」がおすすめの理由

麻雀の漫画になるんですが、主人公アカギは天才麻雀士です。敵と対戦するときも相手のせこ技を見事に見抜き、勝っていく様です。私も麻雀が好きでよく打ちますがアカギのような頭の切れる麻雀を打つことを練習しています。(20代女性)

ギャンブル漫画だけど名言とかがたくさんあって 考えさせられる作品だからです。主人公の辿った生き方、それを取り巻く周りの人間の表と裏、多分人ってこういうものだという現実が見れると思います。とにかくかっこいい。(40代女性)

麻雀マンガのでスピンオフ作品で、まず、アカギのキャラがとても魅力的で、猟奇的で、惹かれる。 麻雀の流れも常識破りで、読みながら展開が分からずドキドキする。対戦相手もキャラが立っている。個性的な絵柄も好きで、さらにスピンオフ作品もあるが、まとめて愛読している。(40代女性)

永き時を経てついに完結した作品。終盤は非常に話の流れが遅くストレスを感じました(麻雀漫画なのに麻雀をしない時期が約一年間連載されてました)が序盤中盤の麻雀勝負の見せ場は素晴らしく、麻雀を知っている人であれば楽しめるのではないでしょうか。(30代男性)

すべてのギャンブルにおいて天才的な直感と適応能力を兼ね備えた少年アカギはギャンブルという世界においてしか生きる価値を見出せないでいた。そんな時麻雀とうギャンブルを知り少年ながらにして麻雀の世界で伝説を作る。読んでいて麻雀をもっと知りたくなるような作品です。(20代男性)

ギャンブルと言ったら外せないのがアカギです。なんと言ってもアカギがかっこよく倍プッシュだや、狂気の沙汰ほど面白いといった、真似したくなる名言が多数出てくるのも見てて面白いです。手に汗握るギャンブラーの心理などもよく描けていて読んでてこちらも緊張してしまいます。(30代男性)

 

 

3位.銀と金

ギャンブル漫画「銀と金」がおすすめの理由

ただのギャンブル漫画ではなく、掲載情勢や世の中の仕組みなどが簡単ではあるがかかれているため、勉強になる部分があることと、人の心理描写が優れているので、読んでいて自然と引き込まれていく感じがある漫画だと思う。(40代男性)

ギャンブルの漫画ですが、通常のギャンブルの中に特別ルールを作って主人公が大金持ちからギャンブルで大金を奪っていきます。 面白いのは、その特別ルールと、漫画にはよくありがちですが前半は危なく後半に逆転するのですが、その勝ち方が予想もしない所が面白くおススメです。(50代男性)

カイジの福本伸行、原点とも言える裏社会マンガ。単純な絵が逆に妙なリアリティを持っています。銀王と呼ばれる人のところに集まる、裏社会のあれこれ。殺人犯の監視や財産家の遺産トラブルなどをショッキングな展開で描いており、一度読んだら抜け出せないマンガです。(40代男性)

裏社会を生きる男たちの駆け引きや裏取引と言った賭け事全般を描いた作品です。ただ賭博して金を儲けてと言った浅い漫画とは違い、その内容の複雑さ理論が際立ちます。綺麗事では生きていけない世界、それがこの作品の魅力であり人に勧めたくなる理由です。(30代男性)

ギャンブルを通しての心理戦が白熱しすぎで大興奮です。 賭け事の枠を通り越して日本をひっくり返そうとする流れが楽しすぎます。 主人公の銀さんが,悪党もここまでいくとかっこいい代表のおっさんです。 福本漫画の中でも上位にランクイン間違いなしの作品です。(40代女性)

福本伸行の比較的初期の作品です。風来坊の森田という青年が、裏世界で生きる平井銀二にその才能と運を認められて、パートナーとなり、様々なギャンブル勝負等を行うという作品です。カイジなどと違い、ギャンブル一辺倒ではなく、殺人鬼との闘いや、株の仕手集団との戦いなど、話のバリエーションが豊かなのが魅力です。(40代男性)

心理描写が緻密で読者を引き込ませる力が圧倒的です。絵は決して上手いとは言えませんが、登場人物から伝わる緊張感や臨場感が凄いと思います。主人公と対戦相手の心理戦は、読んでいて参考になる所も沢山あるのではないでしょうか。(30代男性)

 

 

2位.賭ケグルイ

ギャンブル漫画「賭ケグルイ」がおすすめの理由

ギャンブルで全てが成り立っている学園に、一人の女子が転校してきました。負けると一瞬で地位が家畜と同等の扱いになってしまうほど危険なギャンブルの数々に、クラスメートの力を借りてどんどん勝ち進んでいく主人公。主人公の出生に関係する、ギャンブル狂いの一族とのバトルも勃発し、運命がどうなっていくのか気になります!読みながらハラハラしてしまうスリリングさが面白いです。(30代女性)

絵がとても綺麗。誰かと対戦する度に新しいギャンブルのルールがあってそのルールかとても魅力的なのがいい。簡単だし難しいと言う間を綺麗に取っていると思う。設定も楽しい。自分でルールの穴を見つけるのも楽しいしやってみたくなるルール設定ばかり。(30代女性)

ギャンブルがテーマとなっている作品ですが勝ち負けというよりも心理戦に近い内容になっています。また主人公のギャンブルに対する思いや執着心にも注目な作品となっています。掛け金だけではなく自身の未来ですらかけてしまうくらい狂っていく様は見ものです。(20代女性)

単なるカワイイ系で軽いギャンブル漫画かな と思いましたが、漫画「カイジ」並みのギャンブルを仕掛ける所が見所です。ギャンブルゲーム中も緊張感があり目が離せません。また、表情も変にリアルになる表現もあるので気持ちを読み取りやすいと思います。(20代男性)

賭ケグルイは、一見おとなしそうな女の子が狂ったようにギャンブルをするお話なのですが、最初の絵は可愛いのにギャンブルをしている間は美しい、怖いと感じるような絵柄でとてと引き込まれます。ぜひ読んでいただきたい作品です。(10代女性)

ギャンブルばかりの学園です。ギャンブルに負けると学園では家畜扱いされてしまいます。今まで家畜だった方がギャンブルに勝つと人間として扱われ立場の逆転が凄いです。転校生の夢子のギャンブル狂もまたすごく億単位でお金が動いても平然としています。ギャンブル学園とかあると人生がおかしくなってしまいそうですね。(30代男性)

ギャンブルによって学内ての格差が生じる学園という、かなり奇抜な設定の漫画です。登場するギャンブルもオリジナリティの高いものも数多いものの、かなりユニークですし、またそれに興じる登場人物たちの表情の変わり具合や、駆け引きから生まれる緊張感はとてもスリリングです。そして、それは同時に尋常でない狂気をはらんでおり、そこがこの作品に対する好き嫌いが一番分かれるポイントではないかと思います。なにしろヒロインがその最たる性格の持主、タイトル通りの「賭ケグルイ」なのですから。(50代女性)

この漫画はギャンブルがメインですが、ルールが分かりやすく説明されており、ギャンブルになじみのない人でも楽しむことが出来ます。絶体絶命な状況から巻き返す主人公たちのギャンブルは見ていてハラハラしてとても面白いです。また、この漫画の作画は、目を見るだけでキャラクターの心理が分かるほど上手で、キャラクター達の絶望・喜び・恍惚とした感情が凄く伝わってきます。(10代女性)

ギャンブルに勝つために、それぞれが相手の裏をかく頭脳戦が繰り広げられていて、ストーリーの予測ができません。 また、登場人物が皆ギャンブルに狂っていて、個性が豊かです。 その個性が、ストーリーの面白さを盛り上げていて、男女関係なく楽しめる作品となっています。(20代女性)

莫大な資金を賭けて狂ったようにギャンブルを行う人たちが、すべて高校生というところが非常に魅力的な設定の作品です。敗北した者は家畜になるという重々しいシステムも見所のひとつです。ギャンブルに興味のある方にはぜひ読んで頂きたい作品です。(20代男性)

主人公の美少女の、異常なまでの賭博への想い、そして頭の良さに引き込まれてしまう。単純によくそんなゲームをそしてからくりを思いつくなと作者に脱帽。ライバルと戦う、負けそうに見える、勝つという王道が好きな人には特にオススメ。(20代女性)

学校の中で絶対的なのが賭けに強い人で学校内での賭け事は金額も大きくヒロインの女の子がギャンブル狂でいくら負けてもイカサマを見破りながらビックリするほどの危険なギャンブルでも受け続けていくが面白い!! 絵も綺麗で女の子がみんな可愛いので目の保養にも!(10代女性)

近頃話題になりドラマ化されるようですが、圧倒的に原作をオススメします。賭ケグルイは、ギャンブルによる階級制度によって支配された学園での、生き残りをかけた賭けを漫画に描いています。主人公も生徒会長も生粋のギャンブラーで、毎回手に汗握る展開です。(20代女性)

1番のおすすめポイントは、登場人物と一緒にドキドキハラハラしながら読めるということです。イカサマがつきもののギャンブルに、どう気付くか、そしてそれに対してどう対応し、勝利するのか。毎回毎回楽しませてもらっています。(20代女性)

ギャンブルを全くやらない人や、どんなゲームなのか分からない人でも楽しめる。モブが少なく出てくるキャラクターが皆とても個性的で、キャラクターのうち2人がそれぞれ主役になっている派生の漫画もあり、そちらもとても楽しめる。(30代女性)

まず出てくる主人公蛇喰夢子がとても可愛い。 さらに出てくるキャラみんな個性的でギャンブルの面白さや人間の弱さ、ここぞという時の勝負強さ、相手との騙し合いなどギャンブル好きにはたまらない一品になっていると思います。(20代男性)

賭ケグルイは学校でギャンブルをしていく漫画です。 この作品はイラストがとても綺麗で表紙などとても力を入れています。また登場するキャラクターがみな美しかったり可愛かったりします。 内容はとてもハラハラドキドキして次の展開がどうなるのか分からないためとても面白いです。(10代男性)

 

 

1位.賭博黙示録 カイジ

ギャンブル漫画「賭博黙示録 カイジ」がおすすめの理由

主人公はギャンブル大好きのニート!くずみたいなカイジですがギャンブルになると天性の才能を発揮します!普通では思い付かない攻略法などで勝負しますが勝ち続けるわけではないので負けた際の様子をみるとギャンブルはほどほどにと思ってしまう漫画です!(30代男性)

自分では絶対無縁の世界で、でもこの世にありそうな世界観で読んでいて共感する部分も多く手に汗握る部分が多く物語に入り込めるところが面白いです。また展開がおもしろく続きが気になって読むと止まらなくなるくらい中毒性があるとこも魅力的です。(20代女性)

人間というのは欲が深く、依存性が高いものです。カイジの作品では、ギャンブルについて人生をどん底に落とされたものがはいつくばって人生逆転を目指していく作品です。ギャンブル好きな方には誰でも経験したことがあるようなことが描かれているのでお勧めです。(20代男性)

借金を抱えた主人公が一発逆転を狙ってお金を手に入れるマンガ。その中で人に裏切られたり、騙されたり人間の醜い部分が現れる。しかし主人公はその苦難を乗り越え、ギャンブルに挑む。そのギャンブルの駆け引きのドキドキ感がたまらないほどおもしろい。(20代男性)

ギャンブルの恐ろしさを感じながら読める。漫画を読んでいて、こんなにドキドキしたことがない。主人公に感情移入できる漫画だと思う。自分もこの世界に入って参加しているような気分に陥る漫画は初めてでした。また、大金を手に入れたら自分はどうねるんだろうと考えさせられる。(30代女性)

カイジはギャンブル漫画の金字塔と言われる作品です。主人公カイジが命がけで様々なギャンブルに挑み勝利していく物語です。コクの有る心理戦が楽しめます。個人的にかなり面白いです。迷ってるならぜひ読んでください!(30代男性)

私はカイジという漫画が好きです。金持ちがギャンブラーの実際に破滅してく様を喜んで見るという悪趣味なシーンが印象的でした。カイジが必死で色んなギャンブルに勝つためにしがみつく力は凄いなと思いました。最後に勝つのでこっちまでスッキリします。(30代女性)

借金を背負い、それを返す為に、命を懸けて様々なギャンブルに挑戦する話となっています。毎回ギリギリの所まで追い込まれていて、どうなるんだろうと、ハラハラドキドキしながら次の展開を楽しみにして見ています。とても面白い漫画となっています。(30代男性)

ギャンブルをしない方はしない方で究極な人生を体験できると思いますし、される方はされる方で楽しくみることもできますし、ギャンブルの怖さも教えてくれる本になっており、ギャンブルで人生を取り返しのつかないものとならないように抑制にもなると思います。(30代男性)

心理戦かとても詳しく書かれていて展開が読めずにワクワクしながら読み進めることができるから。また、お金の大切さやお金によって今まで培ってきた人間関係がすぐに崩れてしまうというお金の危険性について学べるから。(10代男性)

登場人物がそれぞれキャラが立っていて各人の心理描写が良くできていてリアリティがある。一方で作中に出てくる焼き土下座とかの小道具もバカバカしくも面白い。いろんな名言が出てくる。近所の食堂にそろっているのだがこれ目当てで通ってます。(40代男性)

ニートで一見ダメ人間なカイジが、ギャンブルで凄まじい才能を開花させていく姿が気持ちいい!こんなに頭がいいのなら、こんな自堕落な生活してなかっただろうにとは思ってしまいますが…。そういうところも、私を含め現代人には共感できるのかも。福本先生の綿密に計算されたストーリーにしびれます。(40代女性)

ギャンブル漫画で定番となりましたが、この後どうなってしまうんだろう とどんどん引き込まれていきます。命を賭ける所も 行き詰ったらここまでやらないと(ギャンブルに対してではないです)ダメなのかなと思いました。借金をしてこんな生活したくないなと思わせてくれます。(20代男性)

なんといっても、カイジのセリフが圧倒的です。ピンチの時の一言をどのような言葉で乗り切るか⁉場面場面のセリフの重みを感じることができます。それに反して、大幹部・利根川と兵藤会長の完全に上から目線の見下すセリフにも納得させられます。話に引き込まれる漫画です。(40代男性)

カイジの絵はお世辞にも上手いとは言えません。しかし、実際のギャンブルでもあるヒリツく瞬間や『ざわ・・』に代表される場の雰囲気が忠実に描かれています。 さらに読んでいるだけでプレーヤーの心の動きが手に取るようにわかります。 まるで自分もその場にいるような感覚。 そのような漫画はカイジだけです。(40代男性)

何をやっても駄目な大人で社会人失格の主人公「カイジ」が 駄目な人生を一発逆転するような大金をギャンブルで稼ぐストーリーが面白いです。 一般社会ではなんの取り得も無い駄目人間が、ギャンブルになると 天才的な閃きや強運を引き寄せるところが見所だと思います。(40代男性)

普通に生きていては経験できない命をかけたギャンブルを見ることができます。 ギャンブルを通じて生まれる人との人情や裏切りを目の当たりにしたり、今生きている世界がどのように回っているのかを知ることができます。 なんといっても独創性の溢れるギャンブルがみどころです。(20代女性)

多額の借金を背負い、人生を追い詰められた人間達の生きざまを描いた作品で、あまりの面白さに次から次へと読み進めてしまう、依存症にも近い面白さを持つ名作です。おひとよしで人間味あふれる主人公カイジが裏社会の組織に、一発逆転を狙って様々なギャンブルに挑む作品で、ここぞという時のカイジの鋭い集中力、洞察力、判断力、大胆な行動力には驚かされます。作中に出てくるギャンブルもオリジナルの物ばかりで、すごくよく考えられた作品であり、物語としての面白さと頭の体操にも役立つからです。(30代男性)

主人公は定職にもつかずギャンブルで生活するような青年ですが、ある日とんでもない額のお金を手に入れるチャンスが訪れます。負ければ命の保証はないギャンブルで勝負をしていくのですがそこでの駆け引きがハラハラして引きつけられます。(30代男性)

ギャンブルによって人生を狂わす若者を描いた作品で、途中に登場する人物が、世の中の縮図や、人生において何が必要かという所を描いている点が、ギャンブル物の作品かとおもって読んでいて、今の自分の教科書ともなっているから(20代男性)

他人の借金の保証人になったのがきっかけでギャンブルの道に堕ちていくカイジはお人好しで詰めが甘い性格だけれど、賭事の土壇場では知略と度胸にあふれる勝負強さを見せるのが魅力だと思います。ストーリーもシビアで、思わず納得してしまう名言も見所です。ざわざわ…などの独特の擬音も面白く、絵は癖があるけど読み出したら止まらない作品です。(40代女性)

映画にもなったカイジですが、だんだんと連載が続くにつれて、マンネリの気配が出ています。その点、この第1弾の賭博黙示録カイジは、そういったくどさがなく、ギャンブルとそれに振り回される人間模様が不可欠な長さで描かれており、とても面白く、読み返すことのできる作品です。(40代男性)

ギャンブルに惹かれてしまう心理や、どっぷりのめり込んでしまい、逃れられなくなってしまうという恐ろしい特徴や、 目先の利益に囚われた人の裏切りなどの恐ろしさを学び、漫画を読む分には面白いが、自分はこうなるまいと思えたところがおすすめのポイントです。(30代女性)

人間の欲望をリアルに描写しているところが非常に面白いです。 例えば、主人公のカイジが酒の肴として「柿の種」か「焼き鳥」を選ぶシーンで、「焼き鳥」を選ぶと所持金がほとんど無くなってしまうのに 同じ班の班長に唆されて「焼き鳥」を買ってしまうところは非常に共感出来て面白かったです。(10代男性)

現実社会ではダメ人間である主人公・伊藤開司がさまざまなギャンブルで何度も絶体絶命になりながらもピンチを切り抜けて、最終的に大勝利を収めるストーリーが爽快です。また、作者の福本伸行氏が描く絵が他の漫画家とはまったく違う独特のタッチで、一目で福本先生の絵だとわかります。それがストーリーとマッチした画風なので、漫画の世界によりのめりこませてくれます。(40代男性)

 

 

1票入ったおすすめのギャンブル漫画も紹介

 

ONE OUTS

ギャンブル漫画「ONE OUTS」がおすすめの理由

プロ野球を舞台としたギャンブル漫画という異色の作品です。主人公が野球のルールや契約内容を細かくついて繰り広げられる頭脳戦は常に読者の一歩先をいく展開を見せます。またどこか綺麗事になってしまうスポーツを舞台にする事で、勝負に徹するギャンブルの異質さが際立っています。(20代男性)

 

 

アドリブ王子

ギャンブル漫画「アドリブ王子」がおすすめの理由

パチスロあるあるもたくさん盛り込まれた作品です。 読みながら共感できる部分が多く、また、データに基づいた勝つための考え方の参考にできる部分もあったり、また、機種の情報だけでなく、ホールがどういう風な営業をするのか等の傾向を考える上でも色々なシチュエーションの話が出てくるので感心させられます。(30代男性)

 

 

ギャンブルッ!

ギャンブル漫画「ギャンブルッ!」がおすすめの理由

ギャンブルものでは珍しく、少年漫画です。主人公が勝ち上がっていく様は見ていて気持ちがいいですし、いろいろな種目のルールを丁寧に解説してくれるのでわかりやすいです。キャラクターも魅力的で、どんどん話に引き込まれていきます。(20代女性)

 

 

クロサギ

ギャンブル漫画「クロサギ」がおすすめの理由

詐欺師を描いた有名な漫画ですが、テンポが良くあっとう間に1巻読み終えてしまいます。 詐欺師を騙す詐欺師=「クロサギ」が素人を騙す詐欺師「シロサギ」を暴いていくのが痛快で、読んでいて高ぶる者がありますね。 お金に翻弄される人たちや善と悪、欲深さなど色んな側面を描いている良質な漫画だと思います。(20代男性)

 

 

こち亀

ギャンブル漫画「こち亀」がおすすめの理由

両さんはいつも給料を入ったら趣味に、当ててしまいお金にこまります。それで、ギャンブル生のある大会、特に体力物に出てお金を稼ぎます。 面白いところは、普通の人では乗り切れない競技ばかりを両さんが簡単にこなしていく所です。(40代男性)

 

 

ノーゲーム・ノーライフ

ギャンブル漫画「ノーゲーム・ノーライフ」がおすすめの理由

主人公で兄妹の空と白は引きこもりのゲーマー。ある日別世界の神様から一通のメールが届く。ゲームの勝敗のみで全てが決まる世界へ召喚された空と白が仲間を増やし神様を倒すべく冒険する物語。勝つか負けるかハラハラがたまらない。(30代男性)

 

 

はたらく細胞

ギャンブル漫画「はたらく細胞」がおすすめの理由

身分の体の中で働く細胞たちを医学的な観点から非常の分かりやすく説明しています。むずかい言葉でも、楽しい漫画で見るとすっと頭に入ってきます。漫画も非常に細かく丁寧に書いており、一家全員でコミックが出るのを楽しく待って(月間連載なのでコミック1冊には約半年)購入しています。(50代男性)

 

 

パチスロであった全部旨い話

ギャンブル漫画「パチスロであった全部旨い話」がおすすめの理由

一般人の投稿を元にほとんどの話が一話数ページ以内で終わるパチスロ経験者なら誰もが納得する小ネタを面白く時には意地悪に最後はいつも解説付きで描かれている勝った負けたといつも殺伐とした空間の中で癒されたい方やこういう摩訶不思議な人種もいるのかと思っている方におすすめと思って取り上げました。(40代男性)

 

 

リスキーエッジ

ギャンブル漫画「リスキーエッジ」がおすすめの理由

近代麻雀で連載されていた麻雀漫画です。一匹オオカミの性格である吉岡が挑んでくる猛者を蹴散らし師匠の青柳と対決する漫画。幾度となくピンチが訪れますがその度に勝利を掴みとる吉岡のハートの強さが見どころです!(30代男性)

 

 

闇金ウシジマ君

ギャンブル漫画「闇金ウシジマ君」がおすすめの理由

闇金の恐ろしさと人間がどれだけお金に汚いか。人をすぐ裏切り自分を守るか、人間関係の脆さがよく分かります。 どれだけ着飾っていても実際は、食費を削ってまで自分を良く見せようと言うミエだったりお金を借りて返すって言う当たり前の事の難しさなどを勉強出来るし、反面教師にしたいと思えます。(20代女性)

 

 

玄人のひとりごと

ギャンブル漫画「玄人のひとりごと」がおすすめの理由

主人公は自称プロ麻雀師の南倍南。麻雀に限らず競馬等の賭け事全般と飲食や遊び・ファッションや女性にも強いこだわりを持った倍南が放つ言葉が秀逸。こだわりすぎて突き抜けてしまっているところが、また笑えます。大人が読んで”クスッ”となれる漫画です。一つのお話が4ページで完結するので、気晴らしに読むには最高です。(50代女性)

 

 

勝負師伝説哲也

ギャンブル漫画「勝負師伝説哲也」がおすすめの理由

麻雀知ってる人、麻雀好きな人におすすめ。主人公も数多い対戦相手も現実離れしたイカサマ技が多いです が、こんなこと出来たらいいなという夢をもたせてくれて、無謀な練習をしたこともあるくらい自分ははまっちゃいました。(30代男性)

 

 

奴隷遊戯

ギャンブル漫画「奴隷遊戯」がおすすめの理由

奴隷遊戯自体がマスターと呼ばれる人物が奴隷を獲得してその奴隷同志を 戦わせて賭けをするというマンガなのですがとにかくひやひやします。 奴隷の所有に反対する主人公がある人を救うためにその賭博にどんどん巻き込まれていくのですが 生きて帰れるのかの緊迫感が毎回あり面白いです。(20代男性)

 

 

凍牌

ギャンブル漫画「凍牌」がおすすめの理由

麻雀漫画です。麻雀漫画といえば、アカギ、哲也の二作品がダントツで有名で、その次に咲などかあると思います。 しかし、実際に麻雀をする人に麻雀漫画のオススメを聞くと、ほとんどの人が、凍牌と答えると思います。 それほど現実に近く、内容も先の展開が気になる面白さです。麻雀のルールを知らない人でも楽しめて、ルールを覚えて改めて読み直すと、ルールを知らなかった頃に比べると面白さが増し、再度楽しめる漫画だと思います。(20代男性)

 

 

東京チェリー

ギャンブル漫画「東京チェリー」がおすすめの理由

この作品は大学生でパチスロ好きの主人公が、同じくパチスロ好きのストリッパーに恋をするアダルトで切ない恋愛作品です。ヒロインのチェリーが綺麗ながら物臭なのですが、描写の一つ一つが印象的で引き込まれて行きます。主人公の家庭環境と周囲の人々の絡みが最後の場面をより引き立たせてくれます。1巻だけの作品ですが、最終局面の切なさを堪能してみて下さい。(40代男性)

 

 

ギャンブル漫画「零」がおすすめの理由

とにかく設定やギャンブルやゲームの内容がとても秀逸です。たとえば、クイズゲームなどでも法則を推測し、絶対に答えられないようなクイズに正解するという閃きやセンスが爽快感すら感じます。その他ミッションもめちゃくちゃ面白いのでオススメです。(30代男性)

 

 

哭きの竜

ギャンブル漫画「哭きの竜」がおすすめの理由

能條純一の名作。独特の義理と情、運が支配する世界観が面白い。麻雀を知っていても知らなくても楽しめる物語だと思う。謎めいた竜のキャラクターが魅力的。続編「哭きの竜外伝」や、近年出版された「哭きの竜GENESIS」と併せて読むとさらに面白い。(40代女性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました