映画好きが選ぶ!クリスマス映画おすすめ37選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめのクリスマス映画

 

1.Disney’s クリスマス・キャロル

クリスマス映画「Disney’s クリスマス・キャロル」がおすすめの理由

元になっているのはチャールズ・ディケンズによるファンタジー文学になり、ロバート・ゼメキス監督によって映画化されています。強欲で孤独な老人のスクールジーが、クリスマスの夜の時を越えた旅によって変わっていく様子には心温まるものがありました。(30代男性)

チャールズ・ディッケンズの書いた小説「クリスマス・キャロル」をディズニーが制作した映画です。強欲で冷酷な主人公スクルージは街の人達の嫌われ者でしたが、クリスマスの夜、過去共同経営をしていたマーレイの幽霊が現れたことで、その後のスクルージの人生が変わっていくことになります。何故人に嫌われてしまうのか、どうすれば人に好かれるのかを考えさせてくれる映画です。(30代女性)

 

 

2.クリスマスキューピット

クリスマスキューピット

クリスマス映画「クリスマスキューピット」がおすすめの理由

こちらの映画はラブコメディのジャンルにあたると思います。主人公の女性は友達を犠牲にしてませ仕事熱心な方です。しかしそのため周りのみんなは離れていってしまいます。そこで、人生をやり直したいと思いキューピット役の女性が仕掛けてくれます。周りの人を大事にしないといけないと学ばされるステキな映画なので大好きです。(20代女性)

クリスマスラブコメディです。キャリアウーマンが自分を犠牲にしてまで昇格を望み、友人や家族からの信頼も失っていきます。そこにキューピット役の女性が徐々にその現実を突きつけ、段々と周りに気をつかっていくという、自分も周りの人を大切にしないといけないなと思わされる作品です。とても素敵です。(20代女性)

 

 

3.グレムリン

クリスマス映画「グレムリン」がおすすめの理由

いつか子供と一緒に見たいクリスマス映画です。ギズモが愛らしすぎてテレビで見たときは終始ギズモの魅力にメロメロした。久しぶりに見るとギズモが思いのほか作り物ぽくって驚く。グレムリンたちも変身するまでは可愛いんだけど。(30代女性)

ハチャメチャな展開の騒動を描いた、とてもスリリングなSFブラックコメディです。 まず、クリスマスに主人公の父親から主人公にプレゼントされた生き物のモグワイが、歌を歌ったりしてとても可愛いいです。 若干ホラー要素を含みますが、ほのぼのするようなシーンもあり、とても面白いです。(30代男性)

 

 

4.サタンクロース

クリスマス映画「サタンクロース」がおすすめの理由

クリスマス映画でありながら凶悪な顔のサンタの格好をした人がどんどん一般人を攻撃していき、それでいてコミカルで痛快さを感じさせる映画のため、クリスマスにコメディとしてみるととても面白いからです。おすすめです。(20代女性)

アメリカのブラックコメディ映画です。クリスマス・サンタクロースといえば子供達の憧れの存在でしょうが、この映画では違います。とても子供に見せられる映画ではありません。しかし大人の方にはオススメ。とにかくサンタクロースが強い!さらにはサンタクロースに挑むおじいちゃんのキャラも凄くいいし、オチはまさかのあのスポーツで決着!みどころ満載です。(20代男性)

 

 

5.ジングル・オール・ザ・ウェイ

クリスマス映画「ジングル・オール・ザ・ウェイ」がおすすめの理由

コメディー映画の中で、シュワルツェネッガーが演技する様は少しとぼけた感じが面白く好きです。この映画の中でも健在で、クリスマスに家族で楽しめる映画のひとつだと思います。内容も子供がクリスマスプレゼントに欲しがっている人気のフィギア、ターボマンを手に入れるために悪戦苦闘しながら奔走するものです。奥さんと子供の家族愛を再確認できるはずです。(40代男性)

スターウォーズエピソード1ファントムメナスで幼き日のアナキンスカイウォーカーを演じたジェイクロイドがアーノルド・シュワルツァネッガーの子供役で出演している。我が子の笑顔の為なら、たかが玩具の為にこんなに走り回るのだろうか?子持ちの方にオススメ(30代女性)

 

 

6.マライア・キャリー クリスマスにほしいもの

クリスマス映画「マライア・キャリー クリスマスにほしいもの」がおすすめの理由

とても感動しました。個人的な話なのですが、我が家では犬を飼っています。犬はかわいくて、癒されますが飼うとなると大変なことが多いです。この映画では、子犬の可愛らしさと飼うことの大変さがとてもよく表現されていました。クリスマスがタイトルに入っていますが年中見れる作品です。(30代女性)

クリスマスプレゼントに犬が欲しいマライア。犬を飼えることを証明したいマライアだが、犬に振り回されてばかり。アメリカで生きる子供の一場面を観ることができた。一番のお勧めは、本作のために書き下ろされた新曲。(30代女性)

 

 

7.エルフ 〜サンタの国からやってきた〜

クリスマス映画「エルフ 〜サンタの国からやってきた〜」がおすすめの理由

何度見ても飽きない、クリスマスコメディの傑作です。ウィル・フェレルの演じる主人公が愛おしくて、毎回泣けて笑えます。またブロンドのズーイー・デシャネルも最高に可愛いです。クリスマスシーズンはもちろん、元気がない時に見るのにピッタリです!(30代女性)

エルフに育てられた自分をエルフだと思い込んでいる人間がニューヨークにいる本当の父親に会いにいく話です。大都市の見たことない景色に大興奮する主人公の行動が面白いです。笑いあり感動ありでクリスマスシーズンに家族揃って見てほしい一本です。(20代女性)

子供のような純粋な心を持ったバディというエルフが、父親を探してニューヨークまで旅をするというストーリー。家族の絆や愛情を思い出させてくれるラストシーンが待っているので、クリスマス時期に、ぴったりの心温まる映画です。(30代女性)

 

 

8.ホーム・アローン2

クリスマス映画「ホーム・アローン2」がおすすめの理由

子どもが主役の笑いあり、涙ありの名作です。まだ小さな主人公が間違って飛行機に乗ってしまい、一人ニューヨークに行ってしまいます。そこではホームアローン1で捕まえた悪者2人と最悪にも再会してしまうのですが、今回も知らない街で主人公はその悪者2人を様々な手段を使って懲らしめる姿がとてもかっこいいです。家族も主人公をクリスマスに一人にしてしまったことから、必死に探しだす姿で家族愛も描かれていておすすめです。(20代女性)

前作から1年後、今度はニューヨークに置いてけぼりされるマカリスター家の末っ子。今だから驚く、まだスマートだったドナルドトランプ氏がカメオ出演されてるから面白い。悪戯や仕掛けが前作に比べてハードになって、だんだん泥棒達に同情する作りになっています。家族と一緒に笑いながら見たい映画です。(30代女性)

少年が1人、クリスマスのニューヨークで犯罪者達と戦う話です。クリスマスについて、今までとは違った見方ができるかもしれません。少年が大人をいかにして出し抜いて豪華なクリスマスを過ごすのか、またそこからいかにして家族の大切さに気がつくのか、そのようなことがドタバタ劇と一緒に伝わってきます。(40代女性)

 

 

9.グリンチ

クリスマス映画「グリンチ」がおすすめの理由

とにかく心が温まる、ひねくれ者の緑の怪物と真っ直ぐで純粋な可愛らしい女の子の織り成すクリスマス映画! 主演は「マスク」や「雨に唄えば」などでお馴染みのジム・キャリーさん。 マスク同様日本語吹き替えは山寺宏一さんです。 なんと、「ミニオン」シリーズや「シング」の映画会社イルミネーションの新作の主人公が彼、グリンチなのです。 割と古い映画なので、知らない方も多いかと思いますが、ぜひ新たなグリンチを見る前に、旧作であり原点となるグリンチを見てみてください。(20代女性)

さすがジム・キャリー!意地悪だけど、どこか可愛らしく感じてしまう主人公のキャラクターを見事に演じている!ストーリーもクリスマスだからこそ、現実世界とは変え離れたファンタジーの世界観マックスのこの映画を見たくなります。(20代女性)

ファミリー向けの映画で、子どもから大人まで少し切なく、でもクスッと笑えて最後には心温まる話です。ナレーションから物語が始まるので、お伽話が好きな人は気に入ると思います。舞台となるフーヴィルたちの住む町の細かなデザインと、クリスマスの可愛らしい飾りに心がウキウキします。(20代女性)

こちらはクリスマス映画でありながら、悪者が主人公というユニークな設定の作品。ジムキャリーのコミカルな演技と、特殊メイクは1度見たら頭から離れない とんでもインパクト!原作は絵本ですが、大人から子供まで楽しめるおススメのファミリー映画です。(20代女性)

 

 

10.ホリデイ

クリスマス映画「ホリデイ」がおすすめの理由

主演はキャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットの二人で、その二人が旅先で出会う、妻に先立たれた子持ちの男性や孤独な老人、恋人にフラれた男、二股男などとのエピソードが上手く配置されています。ホリデーシーズンの人恋しい季節にぴったりのスイートなストーリーで、全てがハッピーエンドに収まっている点も、おすすめ要素になっています。(50代女性)

クリスマス休暇にネット上で募集をかけて、見ず知らずの人と住まいを交換し、その滞在先でお互いの人間関係に関わる人と出会う物語なんだけど、主人公二人がまず初対面の赤の他人で、よく知らない人とたとえ1週間だけの期限付きとしても住まいを交換できることが凄いなぁとただただ感嘆の溜息というか面白いは面白いのだけどね(30代女性)

クリスマスにぴったりのラブコメです。失恋した女性たちの立ち直る様を見ていると見ているこちらもほっこりなんだかちょっと切なく、クリスマスにぴったりと思います。インターネットを通じて、家と家を交換する、といった発想も面白いですし、そこから始まる展開にとても心が温まりました。(20代女性)

ほっこりできる映画で、自分まで幸せな気持ちになれる。 心が折れていても頑張ろうと力が湧いてくる映画です。 大切な人がいるすばらしさを教えてくれて、もっと大切にしなきゃいけないと気づかせてくれてくれる。自然とそう思えさせてくれる。(30代女性)

 

 

11.素晴らしき哉、人生!

クリスマス映画「素晴らしき哉、人生!」がおすすめの理由

アメリカのクリスマスの定番映画。幸せからどん底に落ちた主人公が最後に救われたのは、人へのたゆまぬ優しさと家族への愛だった。見るとアメリカのクリスマスというイベントの重要さが感じられます。ストーリーが単純ゆえに誰でも心暖まる作品です。(30代男性)

アメリカの歴代映画のベスト100に選ばれた映画で、日本でも死ぬまでに見るべき映画50本に選ばれた作品でクリスマスを舞台に落ちこぼれの天使が善良な主人公を手助けして人生の素晴らしさを感じさせる心温まる映画です。因みに死ぬまでに見るべき映画50本で上映されたときに私が見た時には観客の8割は最後に感動して泣いていました。(50代男性)

1946年公開のハリウッド映画ですが、なにしろ不朽の名作で、どなたにでも一度は観てほしいです。12月の冷たい川に身を投げようとした男性の前に、クリスマスの奇跡が次々に現れる、といったあらすじで、心温まる名作です。(30代女性)

アメリカ映画界の不朽の名作にして、クリスマス映画の定番、それが「素晴らしき哉、人生!」である。 主人公のジョージは、他人ばかり優先するあまり自分は損をしてきた人間である。 弟を救ったために聴力を失い、父の会社を継ぐために大学進学や建築家の夢を諦めたりもした。 そんな彼が資金繰りに難儀し、クリスマスイブの夜に自殺をしようとする。 そこへ現れたのが翼のない二級天使のクレランスであった。 このクレランスが何をしてくれるのか。 それがこの映画の最大の見どころである。 「人生、捨てたもんじゃないな」ということを気づかせてくれる名作だ。(30代男性)

クリスマスの夜に自らの生命を絶とうとした主人公が、突如として現れた落ちこぼれの天使に振り回されていくコメディードラマです。聖なる夜に自分自身の生まれた意味を見つめ直し、生きる力を取り戻していく姿が感動的でした。(30代男性)

 

 

12.ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

クリスマス映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」がおすすめの理由

コマ撮りアニメの王様。ティム・バートンの世界観が存分に感じられる一本です。ある意味ミュージカル映画でもあり、どの音楽も歌声も耳に残り中毒性があります。ハロウィンタウン出身の魅力的なキャラクターたちと一緒に楽しんでください。(20代女性)

ティム・バートン監督ならではの、ままならぬ恋人たちの切ない想いが心に沁みる。ミュージカルアニメーションで描く、ホラーかつユニークで味わいあるキャラの魅力に抗えず、思わずフィギュアを買ったほど。全編がクリスマス感に満ちており、自信を持って素敵なクリスマス映画と言える。(40代女性)

ハロウィンを司るのカボチャの王・ジャックは毎年同じことの繰り返しに飽き飽きしていました。そんな彼がクリスマスに出会ったことで、愉快で恐ろしいクリスマスが行われることになります。日常の繰り返しでうんざりした人が新しいことに取り組むのは珍しくないことで、意外にも現実味のあるテーマを扱った映画となっています。ハロウィンタウンの魅力的なキャラ達、そして不思議な世界観と口ずさみたくなる音楽、全てが素晴らしいクオリティの映画です。(20代女性)

何回見ても、幅広い年齢の方が見ても楽しい映画です。キャラクターも可愛くて、映像も綺麗で素敵です。 ミュージカルアニメーションはクリスマスには良く合います。様々なキャラクターが出てきて、見る人を飽きさせません。(30代女性)

ハロウィン・タウンでの単調な暮らしぶりに飽き飽きしていた住人たちが、自分たちのクリスマスを開催するために奮闘する様子が映し出されていきます。グロテスクな外見に似合わない、心優しい魔物たちが巻き起こす騒動が微笑ましかったです。(30代男性)

ディズニーとティムバートン監督がタッグを組んだ、クレイアニメーション。 キャラクターも数々商品化されており、マニアも多い。勧善懲悪なイメージのディズニーがホラー要素のあるものを取り扱っている。 劇中の音楽も印象に残りやすい。(30代女性)

 

 

13.ラブ・アクチュアリー

クリスマス映画「ラブ・アクチュアリー」がおすすめの理由

9つの物語がひとつの映画に盛り込まれていて、 ハートフルなものもあれば、切ないものもあり この映画を観ると恋愛っていいなとほっこりします。 自分の人生がうまくいかないときや静かに一人で過ごしたい時、冬に向けて少し寒くなりはじめると見たくなる映画です。(30代女性)

なにかと気持ちがそわそわする年末に毎年観たくなる映画です。様々な出来事がクリスマスに向けて繋がっていくストーリー。繰り返し観るうちにその繋がりがより深くみえてきます。全てがハッピーエンドとはいきませんが、見終わったあとにはなんだかほっこりするお話です。(20代女性)

見終わった後、ほっこりする心が温まる映画で大好きです。クリスマスに向かって19人の男女が織り成すラブコメです。このオムニバス映画の中でリーアム・ニーソン演じるお父さんの話が一番好きです。観終わった後、胸がジーンと熱くなりました。毎年クリスマスに観たい映画の一つです。(40代女性)

クリスマスを題材にしたロマンティックコメディで、様々な登場人物の恋物語が、最後はどこかで繋がっている、という話です。 ハッピーエンドばかりではなくて、バッドエンドもあるけれど、中でも一番好きなエピソードは、若きイギリス首相を演じるヒューグラントの恋です。 とっても不器用で慣れてなくて。そこがとても可愛くてキュンキュンしました。(40代女性)

クリスマスの時期に繰り広げられるいろいろなカップルの恋愛物語や、友情の群像劇。音楽やストーリー、出演している俳優陣も豪華なのですが、何回見ても、感動できるポイントが変わってくるところも魅力の一つだから(20代女性)

クリスマスになると毎年見たくなる作品です。クリスマスのイギリスを舞台とした群像劇ですが、どのストーリーも明るくてこちらも前向きになれるようなものが揃っています。また、イギリスのクリスマスの街の風景や雰囲気を楽しめるのもまた良いです。(30代女性)

クリスマスの時期が舞台の映画です。主要人物が何人も登場し、それそれのドラマが同時に進行していくので、テンポがいいです。その中で、どの登場人物に肩入れして観るか、どの登場人物を贔屓して観るかができて楽しめます。嬉しかったり、悲しかったり、切なかったり、笑えたりが満載でおすすめです。(40代女性)

まさにオールスター共演と言っていい贅沢な出演陣です。一人一人のエピソードは短めですが、絶妙なタイミングで挟まれており、さらにそれぞれのキャラクターがどこかで繋がっているという楽しさがあります。クリスマスを控えた人々がさまざまな事情をかかえたまま、日々を過ごしています。喪った愛やカワイイ片思い、思いがけない出会い、ずっと見つめてきた恋など、その形は色々です。面白いのは「愛」の種類や形の豊富さです。家族の愛、恋人同士の愛、夫婦の愛、仕事上の同士の愛など、見回せば確かに愛はあるのだと納得できる内容です。そして、ちょっぴりせつない恋の行方もありますが、それも愛であり、人生なのだとほろ苦く考えさせられます。ドラマティックな恋愛だけが愛ではないのだと、いつのまにか忘れかけていたことを思い出させてくれるあたたかい映画です。(30代女性)

笑いあり涙ありそして少しの感動ありと色々な展開を楽しめる映画でおすすめです。オムニバス形式になっており、それぞれが最後に一本につながっていく展開も面白いし、出ているキャストが豪華で見応えのある映画です。クリスマスになると観たくなります。(30代男性)

 

 

14.ホーム・アローン

クリスマス映画「ホーム・アローン」がおすすめの理由

コメディ映画でありながら「家族の愛」を作品の大きなテーマとしており、心が温かくなるのでおススメです。素晴らしいのは、主人公であるケビンやその家族の愛情を描いているだけでなく、近所に住む強面のおじいさんの家族が、ケビンの助言で愛情を取り戻す様子も描かれていることです。子どもから大人まで楽しめる、クリスマスの時期に観たい最高の映画だと思います。(30代男性)

コメディ要素とドキドキハラハラのスリル感がちょうどいいバランスの映画だからです。絶妙な仕掛けの数々と、タランチュラなどの最高の伏線。あれだけ頭が冴えるところは本当に尊敬できます。そして、いなくなってしまえばいいと言っていた家族を最終的に恋しく思うケビンが可愛らしい。家庭のあり方、大切にするべき物を教わりました。(10代女性)

いたずらっ子のマコーレカルキン演じるケビン君が家族旅行の置いてけぼりになって、ひとりぼっちのクリスマス。そこにドジな泥棒二人組が盗みに入るのを、ケビンが様々ないたずらの手口で撃退する爆笑のドタバタコメディ映画。 クリスマスが近くなるとテレビで放送されることも多いですが、何度見ても笑えます。(50代男性)

クリスマスの家族旅行に置いてけぼりにされ、ひとり家に残された少年をマコーレー・カルキンが演じているコメディードラマになります。ひとり暮らしを満喫する8歳の少年が、ふたり組の泥棒を撃退していく様子が痛快でした。(30代男性)

ドタバタのホームコメディ映画ではあるが、主人公が空き巣狙いに対して対抗する、様々な仕掛けがとても面白い。近所の老人とのクリスマスならではのハートウオームな場面もあり、ストーリーとしてもしっかりしている映画。(50代男性)

クリスマスの日に家族旅行へ行けず置いてけぼりになってしまうストーリーです。作中に出てくるクリスマスの飾り付けがされた教会が美しく観ていて心地いいです。また、最後に主人公のケビンが大きなクリスマスツリーの前で母親と再会するシーンはとても感動的で泣けます。おすすめです。(20代女性)

クリスマスに家族旅行に行くはずだったのに家に一人取り残された男の子と自宅に盗みに入ろうとする泥棒とのドタバタコメディです。幅広い世代の方が楽しめると思います。また、最後には少し感動するようなシーンもあります。この作品を気に入れば、2作目を見てみるのもいいかもしれません。(30代男性)

クリスマス映画であり、またコメディ映画でもある作品って、珍しいのではないでしょうか?この映画はその二つの要素を兼ね備えていて最高に面白いです。間抜けな泥棒を退治するケビンの賢さに感心するもよし、最後のハッピーエンドにほっこりさせられるも良しな映画です。(50代男性)

映像や音楽など全編通してクリスマスの雰囲気を味わえる作品。家族の大切さを描いているので、クリスマス間近に家族と共に見ることをオススメします。緑と赤のクリスマスカラーが効果的に使用されているところも見所の一つです。(20代男性)

笑いあり、涙あり。ホーム・アローンは、2も3も大好きで、もう10回以上は見ていますが、何度見ても、大笑いして、大泣きしてしまいます。泥棒とのシーンは、何度見ても飽きずにドキドキ出来ますし、1人で見ても、カップルや夫婦で見ても、家族で見ても楽しめる映画になっていると思います。(30代女性)

約20年も前のコメディ映画で映画ですが、クリスマスを笑って過ごしたい方、お子さんのいる家庭におすすめです。 これクリスマスに見る映画なのか、は疑問ですが、ロマンチックに過ごすより、子どもや家族と大爆笑して過ごすクリスマスも楽しいです。(40代女性)

小さい時から大笑いして見ていて、クリスマスになると絶対に見たくなる。そして何回見ても笑える。クスッと笑えるようなことや現実ではありえないようなことが多く見ている側もとても楽しくなる。誰が見ても笑える映画だと思う。(10代女性)

名子役マコーレ・カルキンを一躍有名にした作品で、何度見ても心から楽しめる作品です。一人で見ても良し、家族と一緒に見ても良しの作品です。マコーレ・カルキンの可愛らしさはさることながら、先の読めないストーリー展開も面白いところが魅力です。(40代女性)

古い映画ではありますが、名作と言っても過言ではないと思います。シリーズ作品で展開はどれも同じで大家族の末っ子であるケビン(主人公)がクリスマス旅行に連れて行ってもらえず、家で一人でお留守番をすることになります。そんな中、ケビンの家に入ろうとする泥棒2人組に気づき、自ら知恵を駆使し家を守る。泥棒とケビンのやり取りも面白く、最後ほろっとする場面もあります。毎年クリスマスになると絶対観たくなる作品です。(30代女性)

クリスマスになると必ず見たくなります。大家族のため、兄弟喧嘩が多い家族ですが、最後には家族皆んなでクリスマスをお祝いするハッピーエンドが大好きです。ストーリーもシンプルなので、子供も一緒に楽しめる映画のだと思います。(30代女性)

サンタクロースがやってくる日。クリスマス。家族で楽しくパリで過ごすはずが、ひょんなことから主人公の男の子一人だけが置き去りに。そこにやってきた泥棒を撃退すべく、子供らしいアイディアで攻防を繰り広げるところが本当に楽しい作品だから。(30代女性)

主人公の男の子がとても上手くいたずらっ子の役を上手に演じていました。泥棒との対決がとても面白くて、痛快な映画です。家族が男の子だけを残して旅行に行ってしまいますが、その家族のあわてっぷりもけっこう笑える感じで楽しい映画です。(40代女性)

この作品の時のマコーレカルキンは本当に本当にかわいくて、こんな可愛い子がこんなエグい事を思いついて実行出来るなんてすごいなと思うしスカッと爽快感のある映画です。劇中流れる曲もクリスマスを感じさせるものばかりでこの映画を見ると、クリスマスを家族で過ごしたくなります。(30代女性)

心温まるホームコメディです。クリスマスを舞台に家族の離別と、ハラハラさせるようなスリル感も楽しめる面白さがあります。 主人公のマコーレカルキンも良い演技をされており、見て損はない作品です。 笑い、ドキドキ、感動が詰まった映画です。(30代女性)

自分自身も、幼い頃に見た映画ですが、子どもながらにすごく印象に残った作品でした。 子どものころ、怒られないなら、1人になりたいと思ったことがある方もたくさんいると思いますが、実際に1人になり、最初は楽しんでいましたが、泥棒が来てしまい、一生懸命頭をひねらせて、作戦をたて子どもだけで、戦って行く姿がとても心打たれる作品です。(30代女性)

記念すべきホームアローンシリーズの第1作で、個人的にはこれが一番面白いです。あの手この手で泥棒を追い払うケビンが今となっては恐ろしいと思いつつもキュートで憎めません。広いおうちに1人残されても逆に楽しんでいるケビンはちっちゃくても男の子だなあと思わされます。矢島晶子さんの吹き替えもぴったりです。(20代女性)

劇中の曲が耳心地の良いものが多く、聞いているとクリスマスのワクワク感が高まってきます。主役の男の子がとっても可愛くて癒され、そんな小さな男の子が1人で泥棒を撃退するのはとても痛快で見ていてとても楽しいです。(30代女性)

内容はたわいもないものですが、当時のマコーレー、カルキンさんの愛らしさは天使です。 それと映像全体がとても美しくて、外国の大きな家にとても憧れます。 家族と再会した時のほっとする瞬間は、私も家族の大切さを改めて感じさせてくれるぬくもりある映画だと思います。(40代女性)

子どもの頃にクリスマスに家族で観て以来とても好きになり、毎年クリスマスになるたびにホームアローンを観たいと親に言っていました。 主人公の子どもが仕掛ける罠に泥棒が見事に引っかかっていくシーンが爽快で仕方がありません。(20代女性)

 

 

15.34丁目の軌跡

クリスマス映画「34丁目の軌跡」がおすすめの理由

シンプルに、サンタさんがいてほしい。いやいる。 心の底から心があったまるストーリー。 忘れかけた何かを思い出さしてくれる作品。 子役の子が、それは素晴らしい演技をしてくれている。 クリスマスシーズンになると見たくなる。(40代女性)

 

 

16.7月24日通りのクリスマス

クリスマス映画「7月24日通りのクリスマス」がおすすめの理由

大沢たかお、中谷美紀などキャストが豪華!監督は電車男も手がけた方。長崎とリスボンが舞台で、旅行で訪れたくなる街並みが映っている。自分に自信がない人でもこの映画を観ると、頑張ってみようと勇気をもらえるところが魅力。(20代女性)

 

 

17.An American Girl Story アメリカン・ガール・ストーリー

クリスマス映画「An American Girl Story アメリカン・ガール・ストーリー」がおすすめの理由

他人が幸せだと自分もとても気分がいいです。ゆとりある古き良き時代のアメリカの日常の一コマを見ることができて、とても幸せな気分になることができるのでした。主役の子がとても個性的で、思いやりのある優しい子、見終わったあとほっこりしました。(30代女性)

 

 

18.アーサー・クリスマスの大冒険

クリスマス映画「アーサー・クリスマスの大冒険」がおすすめの理由

サンタクロースの息子がプレゼントが届いていない女の子にプレゼントを届けるストーリーですが、何としてでも届けようとする優しい気持ちが描かれていて、心温まる作品です。 サンタさんを信じて手紙を書いていた頃を懐かしく思い出せますし、子供が観ても人の温かみを感じられるので、幅広い年代にお勧めです。(20代女性)

 

 

19.アダムスファミリー

クリスマス映画「アダムスファミリー」がおすすめの理由

OPがクリスマスだから、クリスマス映画に推薦したら怒られるだろうか?ブラックユーモア溢れてる変人家族だけど、彼らは家族を心から愛しているそういうのがよくわかるから、小学生だった私はこの映画の虜になってしまった。子供の時でも十分笑えたけれど、大人になってまた見てほしい。(30代女性)

 

 

20.キャロル

クリスマス映画「キャロル」がおすすめの理由

クリスマスで賑わいを見せる百貨店の売り場で出会った2人の女性の、甘く切ない禁断の恋物語です。ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラーの繊細な演技が光るとても美しい映画です。特にルーニー・マーラーのキュートで女性らしい演技は必見!「ドラゴン・タトゥーの女」のときの、ハートボイルドな雰囲気とはひと味違う魅力を感じます。(20代女性)

 

 

21.クーパー家の晩餐会

クリスマス映画「クーパー家の晩餐会」がおすすめの理由

アメリカのクリスマスの雰囲気を味わえる作品だと思います。普段生活している中で意識していない幸福を見つめ直すことの大切さを考えさせられます。暖かい部屋で温かい飲み物を飲みながらゆっくりほっこり鑑賞したいです。(20代女性)

 

 

22.クランプス 魔物の儀式

クリスマス映画「クランプス 魔物の儀式」がおすすめの理由

クリスマスを家族と過ごしていた少年に襲いかかってくる、恐怖体験をテーマにしたホラー映画です。ヨーロッパ中部に受け継がれてきた伝説の謎解きと、得体の知れない怪物との間で繰り広げられるバトルに引き込まれていきました。(30代男性)

 

 

23.クリスマス・キャロル

クリスマス映画「クリスマス・キャロル」がおすすめの理由

クリスマスの定番といえば「クリスマス・キャロル」ですね。強欲で無慈悲なスクルージのもとを訪れる現在・過去・未来の精霊たち。過去を振り返って純真な心を取り戻し、未来をのぞいて孤独で冷たい死を目の当たりにし、スクルージはとうとう改心するのです。一生分のクリスマスを取り戻そうとするスクルージとともに、見ている私たちも一緒に叫びたくなってしまいます。(40代男性)

 

 

24.クリスマス・クリスマス

style=border:none

クリスマス映画「クリスマス・クリスマス」がおすすめの理由

伊藤歩が可愛い!歴代の伊藤歩出演作の中で一番可愛らしく撮れているのではないでしょうか。クリスマスの奇蹟と倦怠期のカップルの模様を描いた90分のコメディで、とてもコンパクトで観やすいです。生瀬勝久、古田新太に近藤芳正。映画、ドラマのファンはこのメンツを見ただけでどんなテイストか想像がつくでしょう。そんなテイストです。ゆるいカップルがゆるいクリスマスにゆるく観る映画かもしれません。観た後は、各々好きにしてください。あと、伊藤歩ファン、必見です。(30代男性)

 

 

25.クレイジー・パーティー

クリスマス映画「クレイジー・パーティー」がおすすめの理由

大口取り引きの獲得を狙って繰り広げられていく、ルール無用のクリスマスパーティーの模様がコミカルなタッチで映し出されていきます。聖なる夜を静かに祝うはずが、人間の欲望が剥き出しになっていく展開が皮肉な味わいでした。(30代男性)

 

 

26.ザ・スター はじめてのクリスマス

クリスマス映画「ザ・スター はじめてのクリスマス」がおすすめの理由

イエスキリストを身籠ったマリアを守るために奮闘する、年老いたロバを主人公にしたアニメーション映画です。残酷なヘロデ王の魔の手が迫る中でも、聖なる夜にこの世界に生まれた新しい生命には心温まるものがありました。(30代男性)

 

 

27.すべては君に逢えたから

クリスマス映画「すべては君に逢えたから」がおすすめの理由

幸せを願う男女の6つのストーリーが交錯する、最高にロマンティックな東京駅発、ラブストーリーです。クリスマスツリーがいい感じでした。それぞれの物語があり、それぞれ違った感動がありました。涙する場面も多々ありました。(30代女性)

 

 

28.ダイ・ハード

クリスマス映画「ダイ・ハード」がおすすめの理由

クリスマスと言えばナカトミビルでクリスマスパーティからの夫婦喧嘩からのテロリストから襲撃受ける映画を見るのが定番。要するにダイハードはクリスマス映画ですよ。ドンパチやって賑やかですごくクリスマスらしい。オススメです!!(30代女性)

 

 

29.ダイ・ハード2

クリスマス映画「ダイ・ハード2」がおすすめの理由

これをクリスマス映画に選ぶのは少し抵抗がありますが、やはり今まで見た映画のクリスマスで、最高の高揚感で終えたのはこの映画のラストなので選びました。テロリストから空港を守り、飛行機を守り、そして愛する妻を守り、「Let it snow」流れる中抱き合う姿が最高です。(50代男性)

 

 

30.ホーム・アローン3

クリスマス映画「ホーム・アローン3」がおすすめの理由

ホームアローンの過去作では悪役は2人でしたが、この作品では4人となっています。よって撃退するための細工が非常に多種多様になっており、とても面白くなっています。また悪役の4人もそれぞれキャラが濃く飽きない内容となっていますし、ストーリーもよくできている。ラジコンを使うあたりとてもセンスを感じさせます。 また若かれしスカーレット・ヨハンソンも見ものです。(20代男性)

 

 

31.ポーラーエクスプレス

クリスマス映画「ポーラーエクスプレス」がおすすめの理由

全てCGのファンタジー映画。音楽と映像美がとても素晴らしいと面白います。この映画を観たときは高校生で、とっくにサンタクロースを信じていませんでしたが、それでも見終わると心が暖かくなってサンタはいると信じたくなりました。子どもだけでなく、大人も楽しめる映画だと思います。(20代女性)

 

 

32.ホワイト・クリスマス

クリスマス映画「ホワイト・クリスマス」がおすすめの理由

第二次世界大戦を乗り越えたふたりの戦友が、旅芸人となって各地を巡るミュージカル映画になります。道中知り合うふたりの姉妹への仄かな思いと、クリスマスイブのショーで披露される歌と踊りが美しさ溢れていました。(30代男性)

 

 

33.三十四丁目の奇蹟

クリスマス映画「三十四丁目の奇蹟」がおすすめの理由

ニューヨークのデパートにある日突然に出現した、奇妙な老人が巻き起こしていく騒動をコミカルなタッチで描き出していきます。サンタクロースを裁判所に引っ張り出していく滑稽さからは、いくつになっても純真無垢な心を持ち続けていく大切さを考えさせられました。(30代男性)

 

 

34.戦場のメリークリスマス

クリスマス映画「戦場のメリークリスマス」がおすすめの理由

主演は故デビッドボウイで監督は故大島渚です。音楽は坂本龍一で坂本龍一もヨノイ大尉役で準主役を務めています。古い作品ですが、男どおしの禁断の友情を超えた愛情を第二次世界大戦下の熾烈な状況下とともに繊細に描いた作品です。初めは見ても意味がわからないかもしれませんが何度も見ると深い意味が噛み締められる作品です。ラストシーンの原軍曹役のビートたけしで私は何度も泣きました。(40代男性)

 

 

35.大統領のクリスマスツリー

クリスマス映画「大統領のクリスマスツリー」がおすすめの理由

ニューヨークを舞台にした大人の切ないラブストーリーです。三人の姉妹の想いと様々な人間関係が交錯するいろいろと考えさせられる映画です。見終わった後に大切な人に会いたくなる、すごく人を愛したくなる、いろんな想いが溢れ出す作品です。(40代女性)

 

 

36.天使のくれた時間

クリスマス映画「天使のくれた時間」がおすすめの理由

ウォール街で誰もが羨む様な生活を手にして、成功を収めた主人公ですが クリスマスの夜に不思議な青年と出会い、朝に目がさめると そこには13年前に分かれたはずの恋人と結婚をして家庭を築いていた、もう一人の自分でした。 「あの時YESと言っていたらどうなっていたのだろうか?」 自分にとっての幸せとは何なのか? どれが正解というわけではなく、自分にとっての何かに 気づくという大切さを見せてくれる ちょっと大人なクリスマス映画です。(30代男性)

 

 

37.東京ゴッドファーザーズ

クリスマス映画「東京ゴッドファーザーズ」がおすすめの理由

クリスマスの夜に突然赤ん坊を拾ったホームレス3人組が、赤ん坊の両親を探すために街中を奔走する物語。クリスマスの賑わいをうまく表現した映像美と、アニメならではの躍動感でコミカルさとドタバタ加減を盛り上げている点が面白く、そして最後には幸福感を得られる、暖かい良作。(30代男性)

 

 

タイトルとURLをコピーしました