コミュニケーションに関する本おすすめ90選

スポンサーリンク

Contents

スポンサーリンク

コミュニケーションに関するおすすめの本

 

1.デール・カーネギー「人を動かす」

コミュニケーションに関する本 デール・カーネギー「人を動かす」がおすすめの理由

タイトルは『人を動かす』という大層なものに聞こえますが、書いてあること自体は、コミュニケーションにおいて非常に基本的なこと、つまり、相手の立場を思いやり「尊敬」と「共感」を持って接すること、という古今東西を超えて活きるエッセンスが、筆者の様々な具体的エピソードを交えて語られており、特に10代後半から20代前半で対人関係に悩める若者におすすめです。(20代男性)

「人を動かす」というタイトルから自分の思うがまま相手を動かすテクニックを書いた本と思われる方もいらっしゃるかもしれません。実際はまったく違い、むしろ自分の振る舞いを変えていかなければならぬと説く本です。 初版の発刊から90年以上経った現代においても内容は色褪せるどころか重要性を増しているようにすら思います。技術の発展により人々のコミュニケーションの取りかたは当時と比較し大きく変わりましたが、人間の本質は何も変わっていないのかもしれません。(30代男性)

自分の望んだとおりに人に動いてもらうためには何が必要で、どのようなことをすればよいのかが書いてあります。仕事で部下を持った時、チームとしてメンバーをまとめたい時、営業先との交渉をうまく成功させたい時など色々な場面で使えることが書いてあり、読んでみる価値はあるとお思っているためです。また、仕事だけでなく、プライベートでも役立つことが書いてあるのも、おすすめする理由の一つです。(30代男性)

この本がおすすめな理由は人との付き合い方の基本がわかるからです。なんとなく一緒にいて楽しい人など周りにいると思いますがかなり当てはまると思います。当たり前のことのように感じるけどなかなか行動に移すのが難しいことが体験談を通して記載されているので読みやすいです。(10代男性)

世界中で読み続けられているビジネスにおけるコミュニケーションを考える上での名作中の名作です。 カーネギーですと「人を動かす」以外にも「道は開ける」などが有名ですがそれ以外にも多数のコミュニケーションやマネジメントのヒントとなるような作品を残しています。 その中でも特に私は本作がおすすめです。自分が求める結果をもたらすためには、人とどう接することが求められるのか?たくさんの事例が詰め込まれた人生のヒント集です。(30代女性)

 

 

2.田村耕太郎「頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法」

コミュニケーションに関する本 田村耕太郎「頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法」がおすすめの理由

職場での人間関係で、頭にくることがが多くありました。複数のコミュニケーションに関する本を読んでみましたが、あまりピンときませんでした。そんな時、テレビでこの本の存在を知り、読んでみました。目から鱗とはこの事。思考を整理でき、とてもためになりました。(30代女性)

題名のインパクトで強烈な内容を想像しそうですが、内容は著者の田村耕太郎氏の実体験による反省とその結果が主な内容です。 小生意気な新入社員時代、政治家時代、そして現在と得た教訓から外野からの言葉や行動に惑わされない為の思考と心構えが書かれています。 誰しもある他者に対するイライラやムカムカを乗り越える為の一冊です。(40代男性)

そのタイトルに思わず手にとってしまいました。なぜならまるで、会社での自分に対して声を掛けられたように思えたからでした。 仕事をしている上で必ず出てくる人間関係の摩擦。それをいかに解消、もしくはコントロールして、自分の思うように行動するかのハウツーです。あまりに具体的な人間関係図はきっとどんな方でも一つは思い当たると思います。最高のパフォーマンスを実現するには、アホと戦う暇などないと気づかされる作品でした。(30代女性)

 

 

3.佐々木圭一「伝え方が9割」

コミュニケーションに関する本 佐々木圭一「伝え方が9割」がおすすめの理由

誰しもがこの本のタイトルを見てピンと来ることがあると思います。 実際に読んでみたら、自分はこうして欲しいのに相手が動いてくれないと思っていたことが 伝え方次第では相手にこんなに印象が違うのかとすぐにでも実践できるような伝え方が細かくシュチュエーションに合わせてかいてあります。(20代男性)

とても有名なコピーライターが著書のこの本は読みやすいので一時間暗いで読んでしまいました。 話す方法というよりも、話す言葉を選ぶというのが主で参考になりました。 あとは実際にコミュニケーションを取っているときにどれだけ実践できるのか?だと思います。(40代女性)

 

 

4.五百田 達成「不機嫌な長男・長女無責任な末っ子たち 「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション」

コミュニケーションに関する本 五百田 達成「不機嫌な長男・長女無責任な末っ子たち 「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション」がおすすめの理由

私は長女ですが、心当たりがある事もあります。全てが当てはまるわけではありませんが、楽しめました。 親からしてみれば上の子は初めてでわからない事だらけ。 次の子は慣れているから直ぐに対応ができる。 これは共通しているので、受けとる子供からしてみればそれによって性格が決まってくるのは当然かもしれません。(40代女性)

おすすめの理由として、まず単純に読んでいて面白いです。「長子・中間子・末子・一人っ子が設定された様々なシチュエーションで、どんな態度を取る傾向にあるか」が分かりやすく書かれています。更に「こういう場面では、こんな風な言葉をかけると相手の心に響くだろう」と言うことが書いてあり参考になります。みんながみんな当てはまるわけではないと思いますが、周りの人を思い浮かべて「あ、あの人末っ子だ!あ〜確かにこんな感じだな〜」なんて考え、1人で楽しく読むことができます。(20代女性)

 

 

5.「“内向型”のための雑談術―自分にムリせずラクに話せる51のルール」

コミュニケーションに関する本 「“内向型”のための雑談術―自分にムリせずラクに話せる51のルール」がおすすめの理由

大学を出て就職が決まった時、内向的な性格の自分が周りとうまくコミュニケーションを取れるか不安で、こちらの本を買った。 具体的なシーンごとに、どういう風にコミュニケーションを取れば良いのかが書いてあり、わかりやすかった。 また、実際に会社で働き始めて、本書に書いてある内容を少しずつ実践したところ、内向的な私でも職場で円滑な人間関係を築けたので、この本には感謝している。 内向的な性格に悩んでいる人にぜひおすすめしたい。(20代男性)

 

 

6.和田秀樹「「いい人」をやめる9つの習慣」

コミュニケーションに関する本 和田秀樹「「いい人」をやめる9つの習慣」がおすすめの理由

この本を読む前は「私が我慢すれば…」という考えを持っていました。こう考える人は多いと思います。でも他人に「いい顔」して何になるのでしょう?と私に気づくきっかけをこの本が与えてくれました。もし、嫌われることを恐れている方、本音を言えず我慢に我慢を重ねている方に読んで頂きたいです。「いい顔」をやめるとあなたの長所が見えてくるかもしれません。(20代女性)

 

 

7.「「オバサン」はなぜ嫌われるか」

コミュニケーションに関する本 「「オバサン」はなぜ嫌われるか」がおすすめの理由

女性の扱いほど難しいものはない。オバサンと言えば怒るし、オバサンだから席を譲ってなど、都合の良いように使い分ける。女性の社会進出が進み、ますますオバサンとの闘いは増えるだろう。野田聖子の代理出産の話まで、とても勉強になる内容だった。(30代女性)

 

 

8.「「言葉にできる」は武器になる。」

コミュニケーションに関する本 「「言葉にできる」は武器になる。」がおすすめの理由

言葉には外に向けた言葉と内なる言葉があり、外に向けた言葉がより相手に伝わる為に相手を動かす為には内なる言葉に向き合う必要ようがあるとゆう本。 言葉の内なる言葉にフォーカスして、内なる言葉とは? またその言葉との向き合い方など需要性を教えてくれている。この本を読み、自分の内なる言葉に意思して向き合うようになれば、必ず発信する言葉の質が変わり、相手への伝わり方も変わる。言葉に神秘的な力まで感じられる本です!(30代男性)

 

 

9.内藤 誼人「「人たらし」のブラック心理術 初対面で100%好感を持たせる方法」

コミュニケーションに関する本 内藤 誼人「「人たらし」のブラック心理術 初対面で100%好感を持たせる方法」がおすすめの理由

人間関係を良くしていく為に役に立つ本です。 「人たらし」な人は昔から羽柴秀吉のように、人を惹きつけて、愛されてきました。 人との付き合い方に悩んでいる人、嫌だけどどうしても付き合っていかないとダメな人がいる人におススメです。(30代女性)

 

 

10.山崎雅保「「未熟な夫」に、もうガマンしない!」

コミュニケーションに関する本 山崎雅保「「未熟な夫」に、もうガマンしない!」がおすすめの理由

未熟な夫とありますが、妻も未熟、双方の関係を作者は心理カウンセラーの立場から語っています。この本を読んで一番に感じたのはコミュニケーションの仕方で、様々な問題が解決できるのではないかと思わせられました。どうしても夫婦として関係を保つ事が無理であるならば、一人で歩むことも良しとする、著者は語っています。私は未熟なもの同士やはり、コミュニケーションの仕方が変われば理解し合えるのではないのかと、思いながらこの本を読み終えました。(60代女性)

 

 

11.「CAの私がVIPのお客様に教わった話し方のエッセンス」

コミュニケーションに関する本 「CAの私がVIPのお客様に教わった話し方のエッセンス」がおすすめの理由

この本がいいのは、社会的に成功している人達が考えるコミュニケーション術ではなく、他人から見た成功者たちのコミュニケーションが、分析してかかれていること。つまり私たちと同じ目線で感じたことが書かれているため、ちょっとした普通とは違うコミュニケーションを見逃さずに全て書かれており、読めば言葉の使い方、コミュニケーションがさりげないながらも劇的に変わる本なのです。(30代女性)

 

 

12.ナガオカケンメイ「D&DEPARTMENT に学んだ、人が集まる「伝える店」のつくり方 学びながら買い、学びながら食べる店」

コミュニケーションに関する本 ナガオカケンメイ「D&DEPARTMENT に学んだ、人が集まる「伝える店」のつくり方 学びながら買い、学びながら食べる店」がおすすめの理由

品質に対する徹底した拘りがあるからこそ、本物の価値がわかる人たちが集まります。そしてその作り手の思いを正しく伝えていくことが、目先の利益よりも大事だということがよくわかります。あらゆるビジネスに応用できる考え方が学べる一冊です。(50代男性)

 

 

13.デイビッド・セイン「mini版 会話がとぎれない英語の雑談18のルール」

コミュニケーションに関する本 デイビッド・セイン「mini版 会話がとぎれない英語の雑談18のルール」がおすすめの理由

いわゆる英会話本。 会話中心なので、難しい単語も使っていないため、中高レベルの英語を理解していれば理解できる。 例えばあいさつの次に天気の話題とか、基本的に日本語のコミュニケーションの仕方とあまり変わらないなと感じた。 あとはそれがぱっと英語で言えるかどうかの問題だろう。 この本にはその手のフレーズが沢山乗っているので、ある程度丸暗記でいいかもしれない。 もっていると便利な1冊。(40代男性)

 

 

14.平木典子「アサーション・トレーニング-さわやかな〈自己表現〉のために-」

コミュニケーションに関する本 平木典子「アサーション・トレーニング-さわやかな〈自己表現〉のために-」がおすすめの理由

コミュニケーションがうまくいかないとき、ストレスがたまってイライラするとき、相手を変えようとしても変わるものではありません。自分の考え方をちょっと変えたり、物の言い方をちょっと工夫するだけで、コミュニケーションがうまくいくようになったり、ストレスを溜め込まずに済みます。この本にはそんな考え方の基本が書いてあります。(40代女性)

 

 

15.「あそびの冒険」

style=border:none

コミュニケーションに関する本 「あそびの冒険」がおすすめの理由

有名マジシャンが執筆したマジック、心理などを詳しく書いた本。一度絶版したが、多くのファンの署名活動で再版が実現したもの。本格的なマジックの手法だけでなく、心理や確率を利用した本格的なバーマジックも紹介されていて、対人コミュニケーションを楽しむ術が詳細に書かれている。ファンしか持っていないという希少性にも価値があり、5巻セットでしか購入できないという点もおすすめの理由。(50代男性)

 

 

16.小倉 広「アドラーに学ぶ職場コミュニケーションの心理学」

コミュニケーションに関する本 小倉 広「アドラーに学ぶ職場コミュニケーションの心理学」がおすすめの理由

アドラーの本はいくつも出版されています。 しかしその中でも人との距離の図りかたが一番参考になる本です。 そもそも自分と他人は違う生き物なので気持ちの上では全く同じわけもありません。 かといって遠すぎる存在でも人間関係が薄くなってしまいます。 加減を知る事ができる一冊。(40代女性)

 

 

17.水野 敬也「ウケる技術」

コミュニケーションに関する本 水野 敬也「ウケる技術」がおすすめの理由

著書の水野さんの本はほとんど読んでいます。 もともとお笑い芸人を目指していた時期もあったとの事ですが、水野さんは話して人を笑わすよりも、文章で笑わす方があっていたのかもしれません。 彼のかく本はどれもみな面白いです。 その中でもこの本はブログネタです。 かしこまって書くものよりも身近に感じられ笑ってしまいます。 非常にオススメです。(40代女性)

 

 

18.「うまくいっている人の考え方」

コミュニケーションに関する本 「うまくいっている人の考え方」がおすすめの理由

この「うまくいっている人の考え方」という本は、読むとそれまでの考え方が変わるような本だと思います。とても大切なことがたくさん書かれている素晴らしい本です。私にとって、人生のバイブルになりました。ぜひおすすめしたい一冊です。(30代女性)

 

 

19.「おじさん、語学する」

コミュニケーションに関する本 「おじさん、語学する」がおすすめの理由

語学教材ではなく、こうすれば会話が弾むのではという著者の考えがかかれている。例文を暗記するのに飽きた時に、息抜きに読んだ。語学習得の一番の近道は、恋人を作るとか、相手を想いやる気持ちが大事だと改めて感じた。(30代女性)

 

 

20.東邦出版「おやこ手話じてん」

コミュニケーションに関する本 東邦出版「おやこ手話じてん」がおすすめの理由

手話を覚えたい人にとって、基本的な内容が解りやすく説明してある本です。また、小さな子供でも解る内容(数字の指文字や日常の挨拶など)も書いて有り、手話が必要なお子様や、手話に興味を持った子供や夏休みの読書の本に選ばれたりするのも良いかも知れません(30代男性)

 

 

21.「お客様には聞かせられない 銀行員のぶっちゃけ話」

コミュニケーションに関する本 「お客様には聞かせられない 銀行員のぶっちゃけ話」がおすすめの理由

銀行員のお話しではあるのですが、銀行の支店のお話しということで 読まないといけないところはあります。また、銀行員と一口に言っても、 その職制や職能によって、見えるところ、見てるところ、見るところも 違います。リテールの一般職と思われる方の見聞として読む必要はあり ます。確かに、テラーさん(主に先端のカウンターで接客)の気遣いや 業務量と数的責任が、近年重くなりながらも、制服着てしまうと、 キャリアは無関係に、「外から」はみな同じに見られますので、 その息抜き的に、多少面白おかしく職場を眺めるのもいいかもしれま せん。それと同時にフロントでの人の見配り、内・外に向けた瞬時の 判断の接し方など、意図していないかのようにライトに書かれています。 事業会社のオフィスや流通小売の店舗とは、少しは人との接し方が違う 空間であることも感じ取っていただければいいかなと思う作品です。(50代男性)

 

 

22.「さあ、才能に目覚めよう」

コミュニケーションに関する本 「さあ、才能に目覚めよう」がおすすめの理由

この本は自分の才能に焦点を当て、その才能から強みを生かし人生に活用していくアドバイスが書かれています。 人は苦手な部分を克服しようとしがちですが、それよりも得意なことを伸ばした方が効率的でありうまくいくことを知ることができました。(20代女性)

 

 

23.山本ゆり「スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件」

コミュニケーションに関する本 山本ゆり「スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件」がおすすめの理由

何か本を読みたいなと思った時に、タイトルが印象的で目について読みました。生活の中でおこるさまざまな出来事などを話し言葉で書いてあるので、とても身近に感じます。共感したり、笑ったり、学んだり、読みやすくて楽しい本です。(20代女性)

 

 

24.「そのままでいい」

コミュニケーションに関する本 「そのままでいい」がおすすめの理由

インスタグラムでも話題の本です。たくさんの人から集めた心に響く言葉や川柳が凝縮されていて、素人さんの言葉を集めたとは思えないステキな本です。悩んだ時や苦しくなった時にタイトル通り「そのままてまいい」と励まされる本です。(30代女性)

 

 

25.小林正観「ただしい人から、たのしい人へ」

コミュニケーションに関する本 小林正観「ただしい人から、たのしい人へ」がおすすめの理由

小林正観さんの本は多数読みましたが、この本は特に印象的でした。まず、正義感・使命感を持つ、正しいと思っている事は悲しみの原因に繋がっているので、正しいかどうかを判断するのではなく、楽しいかどうかで判断してほしいというメッセージが書かれていました。これを読んだ後、心が軽くなって、楽しい方を選択する道があるんだと学びました。(40代女性)

 

 

26.豊田直子「だれでもできるやさしい手話」

コミュニケーションに関する本 豊田直子「だれでもできるやさしい手話」がおすすめの理由

挨拶からはじまり、気持ちの表し方、レストランでの対応まで、写真とイラストで分かりやすく手話が覚えられます。また、手話を始める際の注意点、や「顔の表情も大切」など表現するときの約束事も詳しく紹介され、実際に使ってみたくなります。2020年東京オリンピック・パラリンピックが近づく中、何かボランティア活動に参加できれば、と思っている方にピッタリです。(50代女性)

 

 

27.對馬 陽一郎「ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本」

コミュニケーションに関する本 對馬 陽一郎「ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本」がおすすめの理由

私は発達障害ではありませんが、そういった人たちだけでなく幅広い人にも対応できる本だと思います。 優しく書かれているので悩んでいる人、読んでみることを強くおすすめいたします。 私も少し気持ちが楽になりました。(40代女性)

 

 

28.山﨑武也「ちょっとしたことでかわいがられる人」

コミュニケーションに関する本 山﨑武也「ちょっとしたことでかわいがられる人」がおすすめの理由

この本は、人に好かれる、人に信頼される、人を動かすような人の特徴を綴っている本です。ざっとまとめてしまうと、気さくで明るくて気の利く人ということになるのですが、文面を読んでみると改めてこんな人はやっぱり好かれるんだなと感じれる本です。自分の行動を見直すことが出来ます。(20代女性)

 

 

29.「ツイてる!」

コミュニケーションに関する本 「ツイてる!」がおすすめの理由

ビジネスや自己啓発などでも役立つようなことが、作者自身の言葉でユーモラスに書かれています。くすっと笑いつつも納得できることが多く書かれています。難しいことを難しい言葉で書くのではなく、自分でも簡単にできそうなことが書かれているのでおすすめです。(20代女性)

 

 

30.中谷彰宏「なぜあの人の話に納得してしまうのか」

コミュニケーションに関する本 中谷彰宏「なぜあの人の話に納得してしまうのか」がおすすめの理由

人に納得してもらう説明をするためにはどうしたらよいかについて中谷彰宏さんが書かれた本です。 うまくいく場合と、いかない場合の例が書いてあり、それに対してなぜそういう結果になったかのかが説明してあります。 内容がとても濃いので、読むだけでは全ては覚えられないと思います。 自分が人に説明をした後に、振り返って分析するための手助けをしてくれる一冊です。(30代女性)

 

 

31.「なぜか「人に好かれる人」の共通点」

コミュニケーションに関する本 「なぜか「人に好かれる人」の共通点」がおすすめの理由

人と会うのが緊張する、なかなか人と馴染めないなど 人付き合いに苦手意識を持っている方にお勧めしたいです。 人は、思っているよりも、自分のことを気にしていません。 あまり気を遣い過ぎると、相手にも気を遣わせてしまう ことを、この本から学びました。 気を遣い過ぎず、時には上手な嘘をつき、 程よい距離感を保つことで、うんと人付き合いが楽になります。(20代女性)

 

 

32.メンタリスト Daigo「なぜかまわりに助けられる人の心理術」

コミュニケーションに関する本 メンタリスト Daigo「なぜかまわりに助けられる人の心理術」がおすすめの理由

私は自己啓発本が好きで良く読むのですが当たり前のことが当たり前に書いてある本が多く「おぉ〜」と思う本出会うことはなかなかありませんでした。でも、この本は人間の心理を正確に捉えているだけでなくかなり驚く事実がたくさん書かれていました。これを読んで知らぬ間に好かれている友達の理由や法則がわかった気がします。そして私も実践しています。(20代女性)

 

 

33.「なぜか好かれる人の考え方」

コミュニケーションに関する本 「なぜか好かれる人の考え方」がおすすめの理由

この系統の本を多く読んできましたが、プライベートとビジネスシーンでのコミュニケーションテクニックが混合した内容になっていて、あまり役に立たない本が多く存在していると思います。しかしこの本は、ビジネスシーンのコミュニケーションテクニックに特化し、心の持ち方やマインドに関しても明記されているのでとても為になる本だと思います。(30代男性)

 

 

34.佐野正幸「ねじれた白球」

コミュニケーションに関する本 佐野正幸「ねじれた白球」がおすすめの理由

ほとんどが実在したプロ野球選手がモデルのそれぞれが独立した短編小説ですが、私はあえて選手ではなくて一女性ファンが主人公になった『悲しきメガホンガール』という章が一番心に刺さりました。 私も当時、人生の余暇時間の大半を野球観戦に費やす時期がありまして、その時に奇跡的に出会った女性を大切にせず結局自然消滅させてしまった過去を思い出しながら読むと、この本の主人公の女性と私が実際出会った女性のタイプはかなり違いますが自分のやってしまった当時の過失を悔やんでも悔やみきれない思いにさせられました。(40代男性)

 

 

35.アルボムッレ・スマナサーラ「ブッダの教え一日一話」

コミュニケーションに関する本 アルボムッレ・スマナサーラ「ブッダの教え一日一話」がおすすめの理由

仕事で何か嫌なことがあったり、友達や家族と喧嘩したり気まずくなったりなど人間関係に疲れた時に読むと、少し気が楽になる本です。実際に本を読んでみるとブッタの寛大な考えを知り、今までの自分の考え方を見直すこともでき、少し気が楽になれました。(20代女性)

 

 

36.野口 敏「マジで会話が苦手でも、「楽しい人」になれる本 」

コミュニケーションに関する本 野口 敏「マジで会話が苦手でも、「楽しい人」になれる本 」がおすすめの理由

難しくなく、気軽に読める本です。 さらりと読めるのでストレスになりません。 会話自体を気楽に考えられるようになります。 私は会話が苦手なのでためになりました。 忙しくて読書をする暇がない人にもさほど時間をとられないのでおすすめです。(40代女性)

 

 

37.「マンガでやさしくわかるアドラー心理学」

コミュニケーションに関する本 「マンガでやさしくわかるアドラー心理学」がおすすめの理由

嫌われる勇気というドラマを見てアドラー心理学に興味をもち読んでみました。考え方やコミュニケーションの方法、参考になることがいっぱいで、読んだ後心が少し軽くなりました。最近うまく行かないなと思っている人にぜひ読んでみてほしいです。(30代女性)

 

 

38.「マンガでやさしくわかるアドラー心理学2 実践編」

コミュニケーションに関する本 「マンガでやさしくわかるアドラー心理学2 実践編」がおすすめの理由

人気のアドラー心理学がマンガで分かりやすく説明してあります。しかも主人公の具体的な出来事に基づいて書かれているので、共感しながら読むことができます。読み終わってから気負わずに自然体でいられる気がします。(30代女性)

 

 

39.大嶋信頼・森下えみこ「マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法」

コミュニケーションに関する本 大嶋信頼・森下えみこ「マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法」がおすすめの理由

人間関係・コミュニケーションで悩みや生きづらさを抱えている人に特におすすめしたいです。 人に相談して余計にもやもやしたり、周りに流されて結婚したほうがいいのか悩んだり、どこの職場に行っても周りからの当たりがきつかったり。 ありふれた悩みの根本的な原因と簡単なメソッドがマンガでとてもわかりやすく描かれていて、読んでいるだけでもスッキリしてきます。(30代女性)

 

 

40.内藤 誼人「もっとすごい! ホメ方 仕事で、仲間うちで、男女関係で 相手を知らぬ間に操る奇跡の心理術」

コミュニケーションに関する本 内藤 誼人「もっとすごい! ホメ方 仕事で、仲間うちで、男女関係で 相手を知らぬ間に操る奇跡の心理術」がおすすめの理由

素直に相手を褒めれる人はなかなかいないと思いますが、好きな人も嫌いな人でも褒めてあげれるように自分が変われば相手も変わってる…というような実践的な内容が書かれています。 ビジネスでも学校生活でも、プライベートでもどこでも使えるのでおススメです。(30代女性)

 

 

41.カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」

コミュニケーションに関する本 カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」がおすすめの理由

過去にドラマ化もされた本です。心を大きく揺さぶられた作品です。なんでもないような毎日の価値というのがどれほど大切なのかを考えさせられました。人が生きるためには、何かを犠牲にしなくてはいけないというのをもう一度考えさせられました。(30代女性)

 

 

42.岩槻まなみ「一瞬で心を開く【魔法の会話術! 】〜女性のためのメンタリズム・コミュニケーション〜」

コミュニケーションに関する本 岩槻まなみ「一瞬で心を開く【魔法の会話術! 】〜女性のためのメンタリズム・コミュニケーション〜」がおすすめの理由

著書が対人恐怖症ということもあり、なんだか寄り添ってもらえた気がしました。 コミュニケーションをとるのが下手なので目から鱗です。 心が温かくなったような?気もしたし。 悩んでいる人に読んでもらいたい。 オススメです。(40代女性)

 

 

43.「英語は「インド式」で学べ!」

コミュニケーションに関する本 「英語は「インド式」で学べ!」がおすすめの理由

パッと見は語学の本に見えるのですが実はそうではなく、英語を使ってコミュニケーションをとる際に使える便利な考え方を日本語で教えていく内容です。 インド人の英語でのコミュニケーションを例に挙げ、簡単で適した言葉の伝え方が記載されています。会話の際に応用できる新たな発見が出来るので是非オススメしたいです。(20代女性)

 

 

44.加藤 諦三「加藤諦三の文章の書き方・考え方」

コミュニケーションに関する本 加藤 諦三「加藤諦三の文章の書き方・考え方」がおすすめの理由

人に読ませる文章を書きたいという人は多いですが、その多くはなかなか書けないと嘆いています。それはその人に文章の才能がないのではなく、考え方が間違っているのだと著者は言います。それさえ正せば、誰でも文章は書けるようになる、その考え方を学ぶことができます。(50代男性)

 

 

45.河田真誠「革新的な会社の質問力」

コミュニケーションに関する本 河田真誠「革新的な会社の質問力」がおすすめの理由

誰もが知っているようで、実はできていないことを気づかせてくれる一冊です。 無理なく前向きに、発想を良い方向に変換できるコツのようなことが書かれていました。 WIN×WINの関係を築きたい、そんな人におすすめです。 僻地や海外にお住まいでなければ、書店などでこの本を購入されることをおすすめします。 書店で購入すると、特典として現在は本には書かれていないような講演内容の動画をプレゼントしてくれます。 プレゼント内容は変わりますが、本屋さんで購入すると何から特典が付くので、ぜひお近くの書店で購入してみてください。(30代女性)

 

 

46.矢口拓宇「患者さんがみるみる元気になる リハビリ現場の会話術」

コミュニケーションに関する本 矢口拓宇「患者さんがみるみる元気になる リハビリ現場の会話術」がおすすめの理由

当方、リハビリにコミュニケーションのハウツーがあったなんて知りませんでした。 しかしながらさすがは専門分野ですね。 普段のコミュニケーションにも役にたつことばかりです。 読んで見る価値あると思います。 とてもオススメです。(40代女性)

 

 

47.片田珠美「許せないという病」

コミュニケーションに関する本 片田珠美「許せないという病」がおすすめの理由

もともと他人との距離感を測ることが苦手で長い間マイペースに生きてしまったところで結婚、同時期に接客の仕事に携わることになり、コミュニケーションについて向き合う機会が増え悩みに悩んだ日々を送っていました。様々な自己啓発系の読み物を読んだのですが、この本は自らも母と祖母との関係に長年悩まされてきた精神科医である筆者がどうしても納得できない人がいたらそれがどのような関係性であれその感情を打ち消すことは不要であると断言しています。これで心が軽くなる方はたくさんいらっしゃると思います。ぜひご一読いただきたいです。(40代女性)

 

 

48.野口 嘉則「鏡の法則」

コミュニケーションに関する本 野口 嘉則「鏡の法則」がおすすめの理由

人生の生き方・周りの人とのコミュニケーションの仕方が学べる一冊。これまで気づかなかったようなことに気づけ、日々のとらえ方が劇的に変わります。内容もメインが物語で大変読み進めやすいだけでなく、後半部は筆者からのアドバイスや実践できるステップなどがあり、大変役に立ちます。(20代女性)

 

 

49.ネルケ無方「曲げないドイツ人決めない日本人」

コミュニケーションに関する本 ネルケ無方「曲げないドイツ人決めない日本人」がおすすめの理由

ドイツ人禅層が語る日本人とドイツ人の違いの中で、日本人のコミュニケーションの仕方が書かれていました。日本人は無理に自分を主張しなくても良い、黙っていても通じ合えるし、相手も話を聞いてくれていると語っています。ドイツでは相手の話を黙って聞いていると、なぜ何もいわないと責められるようです。国が違うとこんなにも違うのだと思わせられました。他国を知り日本の問題点を考える事ができる本だと思いました。(60代女性)

 

 

50.三枝理枝子「空の上で本当にあった心温まる物語」

コミュニケーションに関する本 三枝理枝子「空の上で本当にあった心温まる物語」がおすすめの理由

この本はANAの元客室乗務員が書いた本です。とてもハートフルになる上に、空の上という限られた場所で起きたことが短編ストーリーのように書かれています。 コミュニケーションといえば、どのようにコミュニケーションを取ればいいか、などの本が出回っていますが、この本を読むと相手への気遣いこそがコミュニケーションの第一歩なのだと気付かされます。(20代女性)

 

 

51.神岡 真司「賢く人を操れる「ブラック」会話術」

コミュニケーションに関する本 神岡 真司「賢く人を操れる「ブラック」会話術」がおすすめの理由

例題が色分けされているので分かりやすい。 ブラックとの事ですが、普通じゃない?と思うことも。 でも、それって操っているんだと再確認できた本です。 人間関係、この本を読んで損はないかもしれません。。 オススメいたします。(40代女性)

 

 

52.「今日から子どもと心がかよう魔法のことば」

コミュニケーションに関する本 「今日から子どもと心がかよう魔法のことば」がおすすめの理由

当時、元大手総合商社から転職し、現役私立中学校教諭だった著者が、マザー・テレサも学び一流スポーツ選手も活用している心理学的コミュニケーション手法「NLP」を使った子育て本。でありながらアマゾンのビジネス書部門で一位になった本と聞いて購入。たしかに子供を色んな設定の相手に置き換えて読んでみると身近な人間関係に繋がる部分がたくさんありました。文体もことばもやさしくておすすめです。(50代女性)

 

 

53.「最強の心理学」

コミュニケーションに関する本 「最強の心理学」がおすすめの理由

この本のいいところは、人とのコミュニケーションの取り方、シチュエーションに応じた解決事例を書いてくれています。 また、すぐに使えるコミュニケーション方法が記載されており、本を読みだしてすぐに、『ちょっと~見せてくれない?』 といってしまいます。 それが結構あたってたりするので、最近読んだ本の中では一番楽しめました。(20代女性)

 

 

54.ムーギー・キム「最強の働き方」

コミュニケーションに関する本 ムーギー・キム「最強の働き方」がおすすめの理由

「仕事ができる人になる」ためのスキルが紹介される著書です。実際は、「意識次第で人は変われる」「日々のコミュニケーションが大切」と説くもので、すぐ実践できる身近なスキルが多く安心できます。 メモの取り方、即リプライ、声、整理など実践したいことが多々あります。(30代男性)

 

 

55.「雑談力が上がる話し方」

コミュニケーションに関する本 「雑談力が上がる話し方」がおすすめの理由

雑談が苦手な人は多いと思うのです。 私自身、どうしても雑談が苦手で、職場の人となじめないこともありました。 そこで、この本を読むことで、少しは人と会話を楽しむことが出来るのではないかと思ったのです。 勉強になります。(30代女性)

 

 

56.「史上最強よくわかる人間関係の心理学」

コミュニケーションに関する本 「史上最強よくわかる人間関係の心理学」がおすすめの理由

人間関係についてイラストで分かりやすく説明してあるこの本がおすすめです。難しい事は書いてありません。 職場に話が合わない先輩がいてコミュニケーションをとるのに大変苦労しました。 どうにか改善しないといけないと思い書店で人間関係の書籍を探していたら、この本を見つけました。 職場だけではなくあらゆる人間関係について解説してあるので時々読んでいます。(40代女性)

 

 

57.「子どもがのびのび育つ叱り方ストレスになるほめ方」

コミュニケーションに関する本 「子どもがのびのび育つ叱り方ストレスになるほめ方」がおすすめの理由

加藤諦三さんが書かれた本です。小さい子の失敗に対して、よく挑戦したね。とほめることが大切という言葉が印象的でした。子どもが何かをやったことに対して、自信をもたせることが、どんな事にもひるまずに、挑戦する大人をち作る事に繋がることを、教えて頂けました。(30代男性)

 

 

58.「子どものやる気を引き出す魔法のことば」

コミュニケーションに関する本 「子どものやる気を引き出す魔法のことば」がおすすめの理由

加藤諦三さんが、書かれた本です。子どもが頑張ったことを認めると、子どもは素直になる。という言葉が印象的でした。子どもは常に注目を求めていて、それを親が認める事が、親と子の健全なコミュニケーションであることを、教えて頂けました。(30代男性)

 

 

59.河井 英子「子どもの心を荒らす親 整える親」

コミュニケーションに関する本 河井 英子「子どもの心を荒らす親 整える親」がおすすめの理由

感情のコントロールができる子どもに育てるには親は子どもとどう接したらいいのか書いてある本です。子どもがちょうどイヤイヤ期(反抗期)でどうしたらいいのか悩んでいる時に出会いました。子どもが荒れるのはストレスもありますが、親の叱り方にも原因があることや、他にも色々書いてあり、とても勉強になりました。(40代女性)

 

 

60.「自分でできる対人関係療法」

コミュニケーションに関する本 「自分でできる対人関係療法」がおすすめの理由

本では、対人関係療法という視点から、まず現時点での自分の「対人関係の質」をチェックすることから始めます。自分にとって、身近な存在である「重要な他者」との関係が良好であるかを認識していき、もし良好でなければ、自らの健康も損なわれてしまうというデメリットがあるという事を理解していきます。コミュニケーション上手になる為の基本的な事から、様々な困難に直面した時などの対策について、精神科医で医学博士である著者がわかりやすく紹介しています。(30代女性)

 

 

61.「自分に自信がないあなたでも必ずうまくいく 素のコミュニケーション術」

コミュニケーションに関する本 「自分に自信がないあなたでも必ずうまくいく 素のコミュニケーション術」がおすすめの理由

特に対人恐怖症ぎみの人におすすめの内容。本に書いてあることを素直に実行していくうちに、徐々に人間関係が怖くなくなっていく。人とももっと気軽に話せるようになり、いつのまにかありのままの自分でいいと心から思えるようになる、素敵な本です。(40代女性)

 

 

62.アービンジャー インスティチュート「自分の小さな「箱」から脱出する方法」

コミュニケーションに関する本 アービンジャー インスティチュート「自分の小さな「箱」から脱出する方法」がおすすめの理由

自分が知らず知らずのうちに、自分の「箱」の中の価値観に縛られ、周りの人々を公平な目で見ることができなくなるという事実をわかりやす言葉で説明しています。また、その自分だけの価値観から脱出して、周りの人を大切にする方法も説明されており、この本を読むことで自分の自分勝手さに気づかされます。(30代女性)

 

 

63.屋久ユウキ「弱キャラ友崎くん」

コミュニケーションに関する本 屋久ユウキ「弱キャラ友崎くん」がおすすめの理由

学校での立ち位置が低いところにある主人公が、カースト上位の女子に指導を受けて徐々にそのカーストを上げていくテクニックの数々が非常に現実味があってよかったです。 特に目線の配り方や、姿勢の面は特に重要だと再確認しました。 高校デビューや中学デビューを考えている皆さんにも読んでいただきたい一冊です。(30代男性)

 

 

64.池上彰、竹内政明「書く力 私たちはこうして文章を磨いた」

コミュニケーションに関する本 池上彰、竹内政明「書く力 私たちはこうして文章を磨いた」がおすすめの理由

人にはそれぞれ自分の好きな表現というものがありますが、それに固執してしまうと読み手にとって有益な文章になりにくいと言います。良い文章とは、受け手のことを考えて書いた文章のことを言い、どうすればそういう文章が書けるかが学べます。(50代男性)

 

 

65.「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」

コミュニケーションに関する本 「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」がおすすめの理由

西原理恵子さんの毎日母さんの映画をみて彼女の生き様には圧巻させられました。私にも娘がいてまだまだ思春期は先ですが、これからすぐこんな時期がきて今が本当に可愛い時期なのだと日々大切に過ごさなくてはと思いました。(40代女性)

 

 

66.「女は覚悟を決めなさい」

コミュニケーションに関する本 「女は覚悟を決めなさい」がおすすめの理由

男性脳と女性脳の違いが書かれて、とても興味深い本でした。わたしは現在未婚ですが、結婚前にはおすすめの本だと感じました。今まで男性の性格に理解できないところも多かったですが、この本が解決してくれました。男性はこういうもんなんだと知っているのと知らないでいるのとは違うので、夫婦がお互いに分かりあうために、また上司と分かりあうための必読書です(笑)(20代女性)

 

 

67.「傷つけあわない関係をつくるシンプルな習慣」

コミュニケーションに関する本 「傷つけあわない関係をつくるシンプルな習慣」がおすすめの理由

心理カウンセラーの心屋仁之助さんの著書です。 職場の人間関係、親子関係、夫婦関係に焦点を当て、言い争いをしたり傷ついてしまう原因と対策について書かれています。 私もカウンセラーとして人のお話を聴いていますが、本に紹介されている事例は本当によくあるシチュエーションです。 人が傷つくのは誰が悪いわけでもないことが納得でき、自分とも人とも温かい関係を築いていく勇気がもらえる内容です。(40代女性)

 

 

68.リチャード・カールソン「小さいことにくよくよするな!」

コミュニケーションに関する本 リチャード・カールソン「小さいことにくよくよするな!」がおすすめの理由

人とのコミュニケーションを取る時の問題が様々あるが周りの人を変えるのではなく自分の心の持ち方を変えることで世界が変わるという本です。この本を読んでから日々を生きると普段の何気ないことに幸せを感じれるようになります。(20代男性)

 

 

69.秋山進「職場の「やりづらい人」を動かす技術」

コミュニケーションに関する本 秋山進「職場の「やりづらい人」を動かす技術」がおすすめの理由

自分の考えが正しいと思い込んでいる上司。その自信はどこから来るのだろう。「もう少し頭を使いなよ」とか「普通はこうするんだよ」とか、もう少し他の言い方できないかなあ。一人だけ浮いてるこの上司について、少しは分かったかな?(30代女性)

 

 

70.沢渡 あまね「職場の問題地図」

コミュニケーションに関する本 沢渡 あまね「職場の問題地図」がおすすめの理由

仕事の進み方を地図になぞらえて説明するユニークな発想の著書です。仕事が特定の「人」に依存しすぎることへの問題が示されるなど、組織の中で仕事の進捗が停滞した際、何が問題なのかを実践的に考える材料となるでしょう。(30代男性)

 

 

71.内藤誼人「人たらしのブラック心理術」

コミュニケーションに関する本 内藤誼人「人たらしのブラック心理術」がおすすめの理由

「人たらし」なんてタイトルがついていますが、内容は人との円滑なコミュニケーション術を説いた、きわめてまともな本です。人に好かれる方法、相手を喜ばせる方法がかかれています。内藤さんの著書は、軽く読めるけどなかなかに深いことが書かれていて、「なるほど!」と納得することが多いです。(40代女性)

 

 

72.植木理恵「人の心がまるごとわかる心理学」

コミュニケーションに関する本 植木理恵「人の心がまるごとわかる心理学」がおすすめの理由

『人の心がまるごとわかる心理学』(植木理恵著, 2011, 223p. 中経の文庫) 各方面で活躍中の心理学者の著者が、・自己発見・コミュニケーション・恋愛・家庭子育て・ビジネス、の5つの話題について身近な例を解説する。総じてコミュニケーションの啓蒙書といえる。サクサク読める。すぐ読めるから、読んで損はない。(50代男性)

 

 

73.「人は見た目が9割」

コミュニケーションに関する本 「人は見た目が9割」がおすすめの理由

衝撃的なタイトルに思わず手を伸ばした一冊です。人は内面の美しさを大切にという風潮がありますが、まず外見で興味を持たれないと内面を知ってもらう機会もないのだな、と気づかされました。ここで言う外見とは、仕草や姿勢等のノンバーバルサインのことです。考えさせられる一冊でした。(20代女性)

 

 

74.反田 克彦「人見知りが治るノート」

コミュニケーションに関する本 反田 克彦「人見知りが治るノート」がおすすめの理由

認知行動療法って何?謎が解けました。 人見知りのメカニズムもキチンと解説されているので根本的な事から理解できます。 人見知りにメカニズムがあったことにびっくりですが、ためになりました。 コミュニケーションの参考に。オススメいたします。(40代女性)

 

 

75.「図解版 なぜ、占い師は信用されるのか?」

コミュニケーションに関する本 「図解版 なぜ、占い師は信用されるのか?」がおすすめの理由

この本に書いてある事を熟読し、コールドリーディングを巧みに操る事が出来れば、霊感がゼロでも占い師になれるんじゃないかという気がしてきます。 そのくらい、コミュニケーション術を書いた本の中では優れた1冊だと思います。(30代女性)

 

 

76.石川幸子「世界のどこでも、誰とでもうまくいく!「共感」コミュニケーション」

コミュニケーションに関する本 石川幸子「世界のどこでも、誰とでもうまくいく!「共感」コミュニケーション」がおすすめの理由

JICAで難民支援や開発援助に30年以上関わって来た著者のコミュニケーションの仕方が書かれています。100か国以上の人たちとコミュニケーションをとっていく中で、学んだ事をこの本はまとめて書いて有ります。いかに信頼関係を結ぶことができるか、交渉能力を身に着ける事ができるか、とても勉強になる一冊です。(60代女性)

 

 

77.岡田昭人「世界を変える思考力を養うオックスフォードの教え方」

コミュニケーションに関する本 岡田昭人「世界を変える思考力を養うオックスフォードの教え方」がおすすめの理由

オックスフォードと書いてあるのでやや難しそうな印象がありますがとても分かりやすく読みやすいです。 主にオックスフォード流コミュニケーションの取り方をベースにしていますがプレゼンに効果的な応用術や日本と海外のコミュニティの違いなど幅広く丁寧に書かれています。(30代女性)

 

 

78.「選ばれる人財!愛嬌力トレーニング」

コミュニケーションに関する本 「選ばれる人財!愛嬌力トレーニング」がおすすめの理由

何事にもポジティブワードを用いることで、場面を明るくすることができ、社内外問わず、人間関係が円滑になるということがわかりやすく書かれています。また、こんなときどんな風に考えるとよいか?というのをシーンごとにQ&A方式で確認できるようになっているため、実際の仕事の現場に当てはめて考えやすいところも魅力的です。常に手元に置いて、仕事ができると、より個人としての信頼も上がるのではと思い、おすすめします。(20代女性)

 

 

79.芳麗「相手も、自分も気持ちよく話せる秘訣」

コミュニケーションに関する本 芳麗「相手も、自分も気持ちよく話せる秘訣」がおすすめの理由

コミュ症で出不精であった作者が、インタビューの仕事を通じて3000人と話しをして発見したコミュニケーションをどのように取るべきかをわかりやすく解説されている。 コミュニケーションの取り方に不安を抱いている方だけでなく、ビジネスシーンでも活用できる一冊となっている。(40代男性)

 

 

80.気くばり調査委員会「相手もよろこぶ 私もうれしい オトナ女子の気くばり帳」

コミュニケーションに関する本 気くばり調査委員会「相手もよろこぶ 私もうれしい オトナ女子の気くばり帳」がおすすめの理由

本屋さんで中身をみて買いました。 「こんな時はこうしてみましょう」といった感じで、気遣いをパターンが事細かくのっています。 挿し絵もなんだか昭和の感じ?で何となく日本の昔の雰囲気があります。 きっと、古風を演出しているのかもしれません。(40代女性)

 

 

81.野口 敏「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」

コミュニケーションに関する本 野口 敏「誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール」がおすすめの理由

途切れない事が良いのではなくて、お互いの気持ちが疎通するかが焦点だと思います。 この本では題名こそ「途切れない」となっていますが、本質が書いてあります。 会話はテクニックも必要だと思うので読んでみて損はないと思います。(40代女性)

 

 

82.「誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方やっぱり大事!!46のルール」

コミュニケーションに関する本 「誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方やっぱり大事!!46のルール」がおすすめの理由

就職活動を始める前に、話し方を上手にするために読んでみました。自分の気持ちを伝えることが下手なので、友達にもしっかり自分の考えを伝えることができませんでした。この本は、自分の気持ちをどう話せば伝わりやすいかなどが書かれているので、とても参考になりました。(20代女性)

 

 

83.冨野喜幸「伝説巨神イデオン」

コミュニケーションに関する本 冨野喜幸「伝説巨神イデオン」がおすすめの理由

この本は「人はなぜ調和がとれぬのか?」がベースになっています。ふたつの知的生命体が接触することにより戦争がはじまります。そして最後は宇宙規模の破壊がおこり、全てがリセットされます。リセットをしたのは無限エネルギー体・イデ。イデはふたつの知的生命体は同じ人間であると示すように、異星人同士で輸血が出来たり、異星人同士の恋人達に新しい命を授けたりします。しかしイデの願いも虚しく、最後はエゴとエゴのぶつけあいとなり、登場人物が全員死亡します。「私達もリセットされるかもしれない。」こんな社会情勢では、見捨てられるかもしれない。そう感じました。調和をとっていけば善き方向へいける事がたくさんある。「調和」の大切さを訴える本です。(40代女性)

 

 

84.樋口裕一「頭がいい人、悪い人の話し方」

コミュニケーションに関する本 樋口裕一「頭がいい人、悪い人の話し方」がおすすめの理由

私生活で誰もが思い当たる他人への話し方や接し方が書かれていて、非常に共感できた。また、それらを気づかぬうちに自分で行っていないかを確認する「自覚のポイント」や逆に該当する周囲の人への対応策も書かれていて、自分の見直しや改善点を見いだせた。(40代男性)

 

 

85.「読むと心がラクになるめんどくさい女子の説明書」

コミュニケーションに関する本 「読むと心がラクになるめんどくさい女子の説明書」がおすすめの理由

仕事のストレスってたしかにあるけれど、実際は仕事自体はほぼ慣れればルーチンになります。でも、人間関係だけはそうは簡単に行きません。ひとりずつは良い人かもしれませんが、数人集まると女子はモンスターに変身するのです。だからといってそれだけで仕事を辞めるわけには行かないのがつらいところです。わたし自身も個性的な女子にいつも圧倒されていましたが、この本を見つけてさっそく買ってしまいました。色んなタイプに分かれて解説されていて興味深く読み進めることが出来ました。これは女子という生態を知るのにもいいので、悩めるか弱き女子だけでなく、男性諸君にもお読みいただきたいです。苦手でも知識を持っているだけで対処の仕方が見えて来ます。(40代女性)

 

 

86.「悩みがスッキリ消える 嫁姑が幸せになれる100の知恵」

コミュニケーションに関する本 「悩みがスッキリ消える 嫁姑が幸せになれる100の知恵」がおすすめの理由

昔から嫁姑問題は誰もが耳にすることです。昔はお姑さんのいいなり時代から現代はお姑さんの方が遠慮してしている時代へと変わってきたようです。同居が少なく別居も多い時代と流れていますが私はこの本を読む事でお姑さんだけではなくご近所さんの年配の方とのお付き合いにも活かせると思いました。うまくやろうと思わない事、そして共に生きる事の心を教えてくれます。人生長く生きて来たお姑さんへの理解も読み取れると思います。(60代女性)

 

 

87.「反応しない練習」

コミュニケーションに関する本 「反応しない練習」がおすすめの理由

1年半ほど上手くいっていない職場の先輩との人間関係の悩みに限界になっていたときに手に取った本です。 著者の草薙龍瞬さんはインド仏教指導僧の方で、ブッダの教えを元に人間関係や自分自身の悩みに対する「接し方」を説いています。 読んだ後に感じたのは、自分の事だけではなく相手も何故こういう態度なのか、といった事がわかりました。 今の私には一番必要な本でしたし、職場で同じ悩みを持つ人に貸してあげたいと思います。(30代男性)

 

 

88.「本音で生きる」

コミュニケーションに関する本 「本音で生きる」がおすすめの理由

仕事や日々の生活の中で人間関係に悩んだときにこの本を読むと心がスカッとして、堀江さんのさばさばした考え方でもう悩むのをやめようという気持ちになります。どうしたらいいのか迷いや自信のない方におすすめです。(20代女性)

 

 

89.渡辺和子「面倒だから、しよう」

コミュニケーションに関する本 渡辺和子「面倒だから、しよう」がおすすめの理由

人とコミュニケーションを取るときに、問題が発生するのは、いかに相手の気持ちに寄り添えるかだと思います。ノートルダム清心学園理事長であった渡辺和子さんが書かれた本ですが自分自身を受けれる事、感情をコントロールすることなど人との関わり中で大事な事なのだと思わさました。(60代女性)

 

 

90.「話を聞かない男、地図が読めない女」

コミュニケーションに関する本 「話を聞かない男、地図が読めない女」がおすすめの理由

自分は女性ですが、男性だけではなく女性相手でも、なぜうまく伝わらないのか分からない人がいました。昔から男性脳、女性脳などという言葉を知っていましたが、なるほどこういう事かと理解しました。過信するのは危険ですが、一つの指標になりうる本です。(20代女性)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました