ファンが選ぶ!スピッツおすすめの曲ランキング10

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファンが選ぶ!スピッツおすすめの曲ランキング10

少し遠回しな言葉の使い方が色んな感情を連想させ共感することができます。自分が学生の頃から社会人の始めん方でもよく聞いており特に恋愛関係で楽しいとき、苦しいとき色んなシーンで聴いて助けてもらった記憶があります。

 

 

第10位.スピッツ「魔法のコトバ」

スピッツ / 魔法のコトバ

魔法のコトバ二人だけにはわかる夢見るとかそんな暇もないこの頃思い出しておかしくてうれしくてまた会えるよ約束しなくても この歌詞が付き合ってる二人にしかわからない言葉であったりで少し温かい気持ちになったりするのだけど、逆に付き合ってた人と別れてあの人とはこんなに繋がっていたんだ。て少し懐かしくも切ない気持ちになったりする。自分自身も付き合ってる頃は、何となく楽しい気持ちで歌ったりしてたけど、好きな彼女と別れたあと聴くと少し切ない気持ちになったり、また会えるよていう歌詞で元気付けられたりしたことがすごく思い出に残っている。

 

 

第9位.スピッツ「愛のしるし」

スピッツ / 愛のしるし

当時、スピッツがPUFFYに提供してた楽曲。PUFFYで有名になってPUFFYの歌い方(少し気だるいゆるい歌い方)でなれていたけど、スピッツボーカル草野マサムネの軽くてやわらかい声と少しスローなテンポがPUFFYとはまた違った印象を与えてくれた。PVも、色んなキャラクターを装おって楽しい雰囲気である。PUFFYで作った曲のイメージを壊さないで、かつスピッツらしい曲に仕上がっててどちらがいいというよりもどちらも聴きたくなる。あとは、スピッツが他のアーティストに提供した最初の歌ということですごくイメージに残っている。

 

 

第8位.スピッツ「スカーレット」

スピッツ / スカーレット

ギターのソロ?から始まっていきなり(離さないこのまま時が流れても)とサビが歌われる。歌詞も好きな人を大事に思う気持ちが歌われてるようでいきなり入り込める。カラオケで歌いたくて、スゴく練習した記憶があります。さっきも書いたようにいきなりサビがくるのでかっこよくてうまく歌えると気持ちいいし、乗ってくる(笑)。サビにつながるところも徐々に盛り上がってきてテンポがスゴくいい。スピッツらしい少し遠回しな歌詞が帰って想う人への大切な気持ちを表している。そんなに長い曲でもなくてテンポもいいのでスピッツをカラオケで歌うときはオススメ。

 

 

第7位.スピッツ「ロビンソン」

スピッツ / スカーレット

『思い出のレコードと大げさなエピソードを疲れた肩にぶらさげてしかめつらまぶしそうに』とか『片隅に捨てられて呼吸をやめない猫もどこか似ている抱き上げて無理やりに頬よせるよいつもの交差点で見上げた丸い窓はうす汚れてるぎりぎりの三日月も僕を見てた』とか歌詞が直接的でなく色んな感情を思う。スピッツのヒットした歌の1つで多くの人が歌えるのも好感。カラオケに行ってランキング上位に入ってるのをよく見かけます。歌詞に曲名のロビンソンというコトバが一回も出ない。ロビンソンてロビンソンクルーソーかな?なぜこの曲名なんだろうて思う。

 

 

第6位.スピッツ「君が思い出になる前に」

スピッツ / 君が思い出になる前に

別れることが決まってる彼女についての歌かなぁて思います。『君が思い出になる前にも一度笑ってみせて』という歌詞は、いつか想い出にしないといけないきみの笑顔を焼き付けたい、そんな気持ちがすごく共感できます。付き合ってた人との別れは、悲しく寂しいものなんですけど、最後に見たいのは笑顔の彼女。大好きだった笑顔の彼女をしっかり焼き付けて、いい想い出にしたい。スゴく切ないです。自分はスゴく思い入れのある歌でカラオケでは歌いたいけど軽く歌えない。少し別れることを意識してしまったとき、大切な人といるときにたまに歌う歌です。

 

 

第5位.スピッツ「チェリー」

スピッツ / チェリー

スピッツと言えばこの歌ですね。スピッツの歌て切ない別れの歌が多いような気がするのは自分だけでしょうか?この歌もスゴく楽しかった日々を思い出して、別れた彼女を思い出してるように感じます。ようやく心が落ち着いて、少し懐かしみながら、また会えるといいな、て思ってるような。あと表現として『生まれたての太陽と夢をわたる黄色い砂』とか『いま、急かされるように飛ばされるように通りすぎてく』とか独特の比喩表現がスピッツワールドを作ってて入り込んでしまいます。この歌も、多くの人が知っているのでカラオケで歌いやすいですね。

 

 

第4位.スピッツ「楓」

https://youtu.be/Ec2DIxkcjYs
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

ピアノで始まるしっとりした歌。ボーカル草野マサムネの歌声が更にしっとりさせる。何となく冬に聴きたくなる歌。マサムネの歌うのもいいんですけどSuperflyと秦基博が二人でカバーして歌ったときがあって聴いててゾクゾクしました。二人の高音でのハモりが最高でした。メロディーも、ゆっくり流れて歌詞もしっかり考えながら聴けるんですけど、この歌も独特の比喩表現が多くて嵌まります。スピッツの比喩てスゴくかっこいいですね。『心のトゲさえも君が笑えばもう小さく丸くなっていたこと』とか『風が吹いて飛ばされそうな軽いタマシイで他人と同じような幸せを信じていたのに』とかかっこいい。彼女さん亡くなったのかなぁとか考えてしまいます。

 

 

第3位.スピッツ「ホタル」

スピッツ / ホタル

『時を止めて 君の笑顔が胸の砂地に 浸み込んでいくよ闇の途中で やっと気づいたすぐに消えそうで悲しいほどささやかな光。』で始まる歌。これも、サビからですね。ホントにスピッツはサビから始まる歌多いですね。この歌も比喩表現が多くて色んな感情が見えます。少し荒んだ心のなかで彼女だけが自分を示してくれる。自分自身が迷い混んでる中で確かなものは彼女の存在。て、感じですかね。メロディー自体はアップテンポで小気味いいのですが、歌詞からは深い奥深い心の暗い部分が感じられます。その中の光を大事にしたいて感じですかね。

 

 

第2位.スピッツ「スターゲイザー」

スピッツ / スターゲイザー

なんか、好きな彼女にラブレターでも書いてるような歌に感じます。これも、スピッツの歌でよくあるのですがいきなりサビから始まりますね。これ、カラオケで歌うときタイミング合わせるの難しくて何回か歌い直したことあります(笑)。曲自体はアップテンポで小気味よいです。サビの『遠く遠くあの光まで届いてほしい』て、思いの強さを感じてとても好きな歌詞です。自分も歌ってて力が入ります。スターゲイザーて、名前から何故か宇宙を連想してしまいます。スピッツの歌て、宇宙とか夜をイメージしてしまうのが多いように感じるのは僕だけでしょうか?

 

 

第1位.スピッツ「遥か」

スピッツ / 遥か

この歌が自分がスピッツの歌のなかで一番好きです。当時大好きだった彼女とカラオケに行ってよく歌いました。あまり上手くない自分が唯一90点を越えることが出来る歌でした。元々は、当時付き合ってた彼女が好きで歌ってて、自分も好きになって何回も練習しました。少しずつうまく歌えるようになるのが嬉しくて、彼女に上手いて言ってもらえるのが嬉しくてたくさん歌いました。歌詞のなかで『丘の上に立って 大きく風を吸い込んで今 心から言えるよ ニオイそうな I love you』て言うのが好きです。比喩の多いスピッツの歌でスゴく分かりやすい表現でかえってカッコいい。あと、最後に『遠く、遠く、遥かな場所へ』て言うところが静かにフェードアウトしていくようでしんみりします。かなり好きな歌です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました